「教育機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「教育機関」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

オンライン学習やWeb授業を「ニューノーマル」に 教育市場におけるインテルの取り組み
インテルが教育市場における取り組みを説明するセミナーを開催した。新型コロナウイルスの感染拡大により、遠隔授業に関する課題がさまざま明らかとなる中で、同社はどのようなことに力を入れているのだろうか。(2020/7/3)

コロナ禍で追い風:
インテル、教育現場のIT化に注力 PC供給、教員用研修で支援
“コロナ禍”で需要が高まるオンライン学習市場は、文部科学省の「GIGAスクール構想」の後押しもあり、活気づいている。インテルは教育市場における今後の取り組みについて記者会見を開いた。(2020/7/3)

DISが「おてがる遠隔授業パック」を提供開始 インテルがモニター校を募集
ダイワボウ情報システムが、インテルとの連携のもと教育機関における遠隔授業に必要な機材を一括導入できるパッケージの販売を開始する。それに伴い、インテルがこのパッケージのモニター校を募集する。(2020/7/1)

「オンライン授業」実践ガイド【第1回】
「オンライン授業」を難しくする3大課題とは? 新型コロナで脚光のIT活用法
新型コロナウイルス感染症の拡大が、ITを活用した「オンライン授業」の必要性を顕在化させた。だがオンライン授業にハードルを感じる教育機関や教員は少なくない。何が課題なのか。(2020/7/27)

製造ITニュース:
労働災害を“リアルに”追体験、安全教育市場に期待の危険誘発体感装置
VR専門企業として安全教育、研究支援、アミューズメント技術などのVRシステムの開発を進めてきたソリッドレイ研究所は2020年6月8日、VR技術を用いた危険誘発体感装置「セーフマスター」の新製品の販売を開始した。(2020/6/19)

ASUS、軽量設計の11.6型Chromebook「ASUS Chromebook C223NA」の一般向け販売を開始
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けに販売を行っていた11.6型Chromebook「ASUS Chromebook C223NA」の一般向け販売を発表した。(2020/6/12)

東京都渋谷区が「Surface Go 2」LTEモデルを1万2500台導入 教育機関向けWi-Fiモデルは5万2580円(税込み)から
全ての児童・生徒にLTE通信機能付きWindowsタブレットを貸与している東京都渋谷区が、その後継端末として「Surface Go 2」のLTEモデルを導入する。その台数は、合計で1万2500台だという。【画像一部差し替え】(2020/5/13)

N高、noteでオンライン授業のノウハウを公開 “ネットの高校”経験生かす
N高等学校は、教育機関がオンラインで授業を行うための知識や経験といったノウハウをnoteで順次公開すると発表した。(2020/5/8)

「課題が出せない」「試験が受けられない」――学校向けSaaS「Classi」がつながりにくい状態に 生徒から不満の声相次ぐ
教育機関向けSaaS「Classi」の各種サービスでつながりにくい状態が発生している。ゴールデンウイーク明けでオンライン教育のみ再開する動きもある中で、「課題が提出できない」「試験が受けられない」など、利用する生徒からは不満の声が上がっている。(2020/5/7)

自宅待機時の教育やテレワークの支援
新型コロナウイルス対策中の学校を支える製品・サービスリンク集
政府は新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、全国の小中高校に対して臨時休校措置を取るよう要請した。こうした中、さまざまなベンダーが教育機関の支援策を打ち出している。主要な支援策を紹介する。(2020/4/24)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(72):
Windowsの標準機能でできる、突然始まったリモートワークのためのリモートITサポート
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、企業や教育機関の要請に従いリモートワークやリモート教育に切り替えた人は多いと思います。中には、リモートワーク環境やモバイル環境が十分に整備されていない中、リモートワークを開始したところもあるでしょう。IT部門の担当者自身もまた、出社せずに、リモートワークでのヘルプデスク対応やトラブル対応が求められるかもしれません。事前に準備をしていなかったとしても、Windowsの標準機能である程度対応できます。(2020/4/21)

反復練習をコンセプトに:
プログラミングを「体で覚える」 LABOTが学習サービス「写経」を期間限定で無償提供
LABOTは、タイピングゲームのようにソースコードを入力することでプログラミングを学習するサービス「写経」を、新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン学習を余儀なくされている教育機関や、自宅待機中の新社会人向けにライセンスを無償提供する。(2020/4/15)

KDDIとメイツが提携 家庭学習支援サービスを提供へ
KDDIとメイツは、4月13日に家庭学習支援サービス提供に向けたパートナーシップ構築を発表。学習塾や中学・高校などの教育機関を対象に2020年夏の提供を予定していたが、一部前倒しで開始する。(2020/4/13)

教育機関向けSaaS「Classi」に不正アクセス 約122万人のユーザーIDなど流出の恐れ
教育機関向けSaaS「Classi」に不正アクセスがあった。約122万人分のIDなどが閲覧できる状態になっていたという。現在は復旧済みで、今後は再発防止に努める方針。(2020/4/13)

Microsoft Focus:
利用者4400万人を突破 全世界でMicrosoft Teamsが進めるテレワーク支援の全容とは
全世界にCOVID-19が猛威をふるう中、テレワークにTeamsを活用する組織が急激に増えている。大企業や中小企業から教育機関まで、さまざまな組織のニーズを見据えたTeams活用へ、日本マイクロソフトが提供する支援とは。(2020/4/3)

小学生の息子でも使いこなせる! 教育機関向け2in1 PC「dynabook K50」を試す
Dynabookの「dynabook K50」は、主に教育機関での利用を想定した「GIGAスクール構想」に準拠したデタッチャブル2in1 PC。コンシューマー向けモデル「dynabook K1」も用意されているが、今回はK50の実力を筆者の息子(小学6年生)に使わせてみつつ検証してみた。【訂正】(2020/4/2)

AWSジャパン、政府や地方自治体のクラウド化に照準 公共領域でのパートナー連携を強化し“首位固め”
AWSジャパンが2020年のパートナー戦略を発表。今年は公共領域を担当するパートナー企業の拡大に注力するという。これにより、中央省庁、地方自治体、教育機関、医療機関などへの拡販を目指す。(2020/3/25)

PR:学生に最適な学習用PCを! TSUKUMO×MSIがUnityを全力でバックアップする理由
さまざまな企業だけでなく、教育機関にも広く浸透している統合開発環境のUnityだが、快適に利用するにはPCが欠かせない。この日本で数々の推奨PCを手がけてきたProject White(以下、TSUKUMO)が、長年Unityと手を携えてきたその歩みと、教育機関にかける熱い思いを聞いた。(2020/3/24)

Google、ChromebookとG Suite for Educationを中核に据えた「Google GIGA School Package」を発表
Googleは、「GIGAスクール構想」に対応した教育機関向けソリューション「Google GIGA School Package」の発表を行った。(2020/3/18)

日本マイクロソフト、GIGAスクール構想に対応した教育機関向けライセンス「Microsoft 365 Education GIGA Promo」を4月初旬から提供
日本マイクロソフトは、Windows 10とOffice 365を教育機関向けに提供する日本独自ライセンス「Microsoft 365 Education GIGA Promo」を発表した。(2020/3/5)

ブイキューブ、Web会議システムを無料提供 教育など非営利団体向けに 5月末まで
国内大手のブイキューブが教育機関や非営利団体向けにWeb会議サービス「V-CUBE ミーティング」の無料提供を始めた。(2020/3/2)

Microsoft Focus:
プログラミング必修化で日本PC市場にバブルが来るか ついに始まった「GIGAスクール構想」
義務教育機関におけるICT教育の計画として「GIGAスクール構想」がスタートした。2023年までに小中学校の児童生徒が1人1台端末を持ち、高速大容量の通信を利用できる環境構築を目指す。これはPCでベンダーにとって大きなバブルとなるのか。(2020/3/10)

スペックは「議論して決定」:
1人1台のPCで教育のICT化を推進――日本マイクロソフトが「GIGAスクールパッケージ」を提供開始
日本マイクロソフトが、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に準拠するPCやソリューションを一括提供するパッケージを発表。教育機関向けに販売を開始した。(2020/2/4)

三谷商事、教育機関での“1人1台端末”に対応する「Chromebookオールインワンパッケージ」 1台5万円程度を想定
三谷商事は、文部科学省の「GIGAスクール構想」への対応を想定したChromebookセットパッケージを発表した。(2020/2/3)

メカ設計ニュース:
法人、教育機関向けにデスクトップ型レーザーカッターの取り扱いを開始
SB C&Sは、法人、教育機関向けにMakeblock製のデスクトップ型スマートレーザーカッター「Laserbox」の取り扱いを開始した。ボタンを押すだけで切断や彫刻ができ、専用ソフトと複数の安全機能が搭載されているため、誰もが安心して使用できる。(2020/2/3)

エイサー、「GIGAスクール構想」仕様に準拠した学校導入向け11.6型2in1ノートPC
日本エイサーは、学習者用端末用の標準仕様に準拠した教育市場向け11.6型2in1ノートPC「TMB311R-31-A14P」を発表した。(2020/1/28)

マウス、文教向け2in1ノート「MousePro-P116B-EDU」の教育機関向けモニターを募集 計50台
マウスコンピューターは、小中高教育機関に向けた文教向け2in1ノートPCのモニター募集を告知した。(2019/11/7)

PR:マウスコンピューターが「Unity推奨PC」で学校や教育機関を支援する理由
ゲーム開発の統合環境を提供するUnityとマウスコンピューターがタッグを組み、「Unity推奨PC」を販売する。新たな取り組みにかける思いや狙い、そこに至った経緯などを両社に聞いた。(2019/10/29)

山市良のうぃんどうず日記(165):
Windows 10 ProとPro Educationの境界線は……
Windows 10 Pro Educationは、企業向けのWindows 10 Proをベースに作成された、教育機関向けのエディションです。Windows 10 バージョン1607で初めて登場したときは、Cortanaが既定で無効になっているなど、Proエディションとの明確な違いがありましたが、バージョン1703でCortanaが有効化され、これらの違いが分かりにくくなりました。この2つのエディションの違いを、Windows 10 バージョン1903で徹底比較してみました。(2019/11/6)

小中学校の授業向けIT製品徹底ガイド【第7回】
PCやタブレット選定で終わってはいけない、教育現場の「学習用ツール」の選び方
教育機関での普及が進む「学習者/指導者用コンピュータ」で使うソフトウェア「学習用ツール」には、どのような種類があるのか。タイプ別の概要と、選び方のポイントを説明する。(2019/10/9)

「学校情報化優良校」認定の取り組みとは
つくば市立みどりの学園義務教育学校がわずか1年で形にしたプログラミング教育
教育機関が積極的にIT活用を推進しているつくば市。2018年に開校したみどりの学園義務教育学校では、さまざまな場面で教育にプログラミングを取り入れている。その実態とは。(2019/9/27)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(54):
安全性と安定性の維持に最適な「Windows 10 Sモード」とは(その2)――Windows 10の“使える”機能と“使えない”機能
「Windows 10 Sモード」は、個人、企業、教育機関のPC向けに用意されたWindows 10のロックダウンモードです。前回に引き続き、Windows 10 Sモードのその他の制約について説明します。(2019/8/6)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(53):
安全性と安定性の維持に最適な「Windows 10 Sモード」とは?
「Windows 10 Sモード」は、個人、企業、教育機関のPC向けに用意されたWindows 10のロックダウンモードです。検証されたハードウェア上で、最新のWindows 10と検証されたアプリだけを実行できる環境は、セキュリティと安定性を重視したい個人や組織にとって検討すべき選択肢です。(2019/7/23)

「Minecraft」を教育に取り入れるための事例集【前編】
三鷹中等教育学校が「Minecraft」を活用 ゲームに不慣れな先生でも使える?
教育機関の間で、ゲーム「Minecraft」を教育活動に生かす動きがある。学習教材としてMinecraftを活用する際の課題や不安を解消するためのヒントとして、東京都立三鷹中等教育学校の取り組み事例を紹介する。(2019/7/25)

山市良のうぃんどうず日記(155):
Windows 10からの挑戦状、再び――これまでEducationエディションではWDAGが使えなかった
Windows 10には教育機関向けエディションとして「Education」と「Pro Education」があります。これらは、それぞれEnterpriseとProエディションをベースに構築されたもので、機能的には対応するエディションと同等です。しかし、機能的には同等ですが、実際には一部の機能が使えないことがあります。(2019/6/18)

ASUS、MIL準拠の堅牢設計を採用した教育機関向けChromebook
ASUS JAPANは、「ASUS Chromebook」シリーズに教育機関向けモデル計3製品を追加した。(2019/5/24)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
SDGsカード・シミュレーションで社会的課題の認識と解決を体験
SDGsは、2030年に向けた持続可能な開発目標で、近年多くの企業や教育機関がSDGsに取り組んでいる。(2019/5/20)

ASUS、法人および教育分野向けの特設ページを開設 合わせて新モデルを投入
ASUS JAPANは、同社直販Webストア内に法人および教育機関向けの特設ページを開設した。(2019/4/17)

デル、最大14時間駆動を実現した教育機関向けChromebook計3モデルを投入
デルは、Chrome OSを採用した教育機関向けノートPC計3モデルの発表を行った。(2019/4/1)

ベンキュー、Google製電子黒板「Jamboard」を教育機関向けに販売開始
ベンキュージャパンは、Google製電子黒板「Jamboard」の教育機関向け取り扱いを発表した。(2019/3/18)

JSOL:
電磁界解析ソフト「JMAG」の教育機関向け価格を改定、2019年7月から
JSOLは、電磁界解析ソフトウェア「JMAG」の教育機関向け価格を2019年7月1日から改定する。(2019/3/13)

ハイパーブレイン、PC内蔵型電子黒板「ANSHI Touch」を教育機関向けに販売開始
ハイパーブレインは、ANSHI JAPAN製電子黒板「ANSHI Touch」を教育機関向けに発売する。(2019/3/11)

「日本はAIのデータ活用が遅れている」 “データ流通基盤”構築へ、社団法人が設立
AI(人工知能)の研究やデータ活用を行う教育機関や企業らが共同で、一般社団法人AIデータ活用コンソーシアムを設立した。(2019/3/6)

レノボ、教育機関に向く2in1デザインの11.6型Chromebook新モデル
レノボ・ジャパンは、教育機関での利用に適した2in1筐体採用のChromebook計2製品を発表した。(2019/2/26)

落第しそうな生徒も特定
Qlik Senseを使った教育機関の予測分析は現場に何をもたらしたか
米バージニア州ラウドン郡の学区では、2018年にセルフサービスBIツール「Qlik Sense」を使った教育機関分析の試みを開始した。一人一人に合った教育を提供するための予測分析を、ラウドン郡はどう実現するのか。(2019/2/14)

ITはみ出しコラム:
教育市場で火花を散らすGoogleとMicrosoft 日本の覇権争いは2020年が本番?
毎年ロンドンで開催される教育関連のICTイベント「BETT」にて、MicrosoftとGoogleが自社のデバイスとクラウドサービスを教育市場向けにアピールしました。教育のICT活用が遅れている日本でも、2020年以降に覇権争いが本格化しそうです。(2019/1/27)

Microsoft、Surfaceで使える小学生用スタイラス「Classroom Pen」を約40ドルで発売へ
Microsoftが、教育市場向けの丈夫で安価なスタイラス「Classroom Pen」を発表した。Surfaceシリーズでの使用が前提で、20本パックを799.80ドル(約8万8000円)で2月に発売する。(2019/1/23)

再開発:
大和ハウスらが500億円を投じ、新札幌駅近くの団地跡地で5.5万m2の大規模再開発
大和ハウス工業ら6者から成るコンソーシアムは、札幌市厚別区のJR「新札幌駅」にほど近い、「市営住宅下野幌団地」跡地の約4万9000m2(平方メートル )の土地を取得した。この土地では、「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」として、総事業費500億円を投じて、開発総面積5.5万m2の大規模開発を行う。計画では教育機関2棟、医療施設4棟、商業施設、ホテル、分譲マンションの新設が予定されている。(2018/12/18)

ASUS、法人向けChromebookにスリムデザイン筐体採用14型フルHD液晶モデルを追加
ASUS JAPANは、法人および教育機関向けの14型フルHD液晶ディスプレイ搭載Chromebook「ASUS Chromebook C423NA」を発表した。(2018/12/13)

「未来のビジネスに必須なスキルを届けたい」:
コンピュータ教育から“あぶれる”子どもをなくす? MSが教育版Minecraft全国大会と若者支援を発表
日本マイクロソフトは、通常の教育機関以外の子どもも参加できる「Minecraft カップ 2019 全国大会」および若者向けIT就労支援プロジェクト「若者TECH」の実施を発表した。IT関連の教育科目が存在感を増す中、何らかの事情でそうした教育から遠ざかった子どもや若者の支援を図る。(2018/12/4)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。