• 関連の記事

「演習系山田式 機械製図のウソ・ホント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「演習系山田式 機械製図のウソ・ホント」に関する情報が集まったページです。

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(7):
自社内だけでなく海外でも通じる図面を描く
日本で量産の実績があるのに、アジア各国で同じ部品を作ると問題が発生する。いいかげんな製図もその原因の1つだ。(2008/8/21)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(6):
幾何公差? とにかく指示しときゃーいいでしょ
幾何公差の表記作法、あなたはしっかり理解している? いいかげんに幾何公差を指示するとトラブルのもとになるので要注意だ。(2008/7/18)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(5):
バリやカエリも考慮して安全な部品を作る
板金部品を設計する際は、適切なダレ方向を明確に指示しよう。何気ない表記が部品の安全性を左右するのだ。(2008/6/18)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(4):
4つの角R3は「4-R3」でファイナルアンサー?
穴やR、Cの個数表記は多くの人が勘違いしているポイントだろう。ほかにも寸法記入で勘違いしやすいポイントを解説した。(2008/5/9)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(3):
断面は、忠実に投影しない方が正しい場合もあるの?
CADでは自動で断面図を作ってくれるが、甘えてはだめだ。無駄なく正確な図面が描けているか、常に確認を怠らないようにしよう。(2008/4/9)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(2):
意外とみんな意識しない、投影図の細かい規定
何気に描いたネジだって実は間違えているかも。問題1の解答は当たり前なことばかりに見えるが普段から意識しているだろうか?(2008/3/24)

演習系山田式 機械製図のウソ・ホント(1):
投影図のウソ・ホントをかぎ分けよう
職場で慣れ親しんだ製図作法さえ、実は間違っていることがある。今回は、投影図に関する間違い探しの出題だ。(2008/3/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。