「肥満」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「肥満」に関する情報が集まったページです。

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが斬る! “予防”というインセンティブなき「国民皆保険の欠陥」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は堀江氏の国民皆保険への見解についてお届けするとともに、糖尿病予防につながるインセンティブの可能性を探る。(2019/10/12)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが課題だらけの医療業界を斬る! 「大学の医学部で経営も教えるべき」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は医療業界の課題を指摘するとともに、一般の人が気付いていない糖尿病の怖さについて語った。(2019/10/11)

猫との別れ、災害―― 今からできる“備え”や“盲点”をまとめた漫画が猫との暮らしを考えさせられる
いつか来る、その日まで。(2019/10/5)

ジュースに含まれている糖分を角砂糖に換算するアプリ Twitterで「欲しい」と話題になりリリースが決定
とんでもない量の糖質が含まれていると分かります。(2019/7/26)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
仕事のパフォーマンスがあがる「最強の座り方」
現代人は1日の約60%を座って過ごすとされ、なかでも日本人は座り時間が世界トップクラスというデータもある。座り方を変えるだけで仕事の効率もよくなるという。(2019/7/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
埼玉発「ぎょうざの満洲」 消費増税に負けない“独自すぎる”ビジネスモデルに迫る
埼玉県発祥の「ぎょうざの満洲」。東京だけでなく関西にも進出し、着実に成長している。消費増税も恐れない独自のビジネスモデルに迫る。(2019/7/9)

組み込み開発ニュース:
超微小量センシング技術で「見える化」、Society 5.0の構築に貢献
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は、未来社会「Society 5.0」の構築に貢献する超微小量センシング技術に関して、4つの研究テーマを採択した。これまで活用できなかった超微小な測定量を「見える化」し、新しいサービスの創出を目指す。(2019/5/31)

海外医療技術トレンド(46):
Medtech×AIのゲートウェイとして注目されるモントリオール
本連載で取り上げたカナダは、医療AIのリード役も担っている。今回は、ケベック州モントリオールの最新動向を紹介しよう。(2019/5/10)

キャットフードには「主食」と「おかず」の2種類がある 猫ごはんに特化した解説マンガが面白くてためになる
ずっと一緒だニャ。(2019/4/29)

仮想アシスタントやチャットbotを活用
AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ
AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。(2019/3/23)

医療技術ニュース:
肥満を調節する新しい酵素を発見、肥満予防に期待
東京大学は、脂質の一種とこれを生合成するL型酵素の働きをマウスを使って調べ、このL型酵素が肥満を調節する新たな酵素であることを明らかにした。(2019/3/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
ゴーン妻の“人質司法”批判を「ざまあみろ」と笑っていられない理由
日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の逮捕・勾留に関して、キャロル夫人がいわゆる「人質司法」を批判した書簡を人権団体に送った。刑事司法制度において「自白偏重主義」を貫いてきた日本は、海外からどんな国であると認識されているのか。(2019/1/17)

不老効果のある人魚を食べる世界で――姿が老いない“美しい国”の漫画に反響 「ステキ」「深いお話」「何回も読んでしまう」
この世の美しさとは。(2019/1/14)

医療技術ニュース:
肥満を抑制する原因遺伝子として「Ly75」を同定
名古屋大学は、肥満を抑制する遺伝子「Ly75(Lymphocyte antigen 75)」を同定した。また、Ly75の遺伝子型とmRNA発現量、白色脂肪組織重量との間には因果関係があることを明らかにした。(2019/1/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスの成功を握るのは、価格戦略だ!
マーケティング理論と行動経済学が、価格戦略の武器になる。(2018/11/22)

猫ちゃんのお腹のタルタルはただの肥満じゃなかった!? ポヨヨンお腹の立派な役割を解説する漫画に驚き
太ってるわけじゃなかった。(2018/11/17)

朝食を抜くと太るメカニズム、名古屋大が解明 原因は「体内時計の乱れ」
名古屋大学の研究グループが「朝食を食べないと体重が増える」メカニズムを、ラットを使った実験で解明したと発表。(2018/11/2)

医療機器ニュース:
相撲取りの内臓を高品質に撮影できる超音波画像診断装置、肝硬変検査にも役立つ
シーメンスヘルスケアは、超音波画像診断装置の新製品「ACUSON Sequoia(アキュソン セコイア)」を発表。これまで“ハイエンド”としてきた「ACUSON S3000」と比べてさらなる高機能化を図っており“プレミアムハイエンド”に位置付ける。(2018/10/29)

水に浮かぶのは「体脂肪率何%」まで?
太りたくないけど沈みたくないワガママを叶えて。(2018/10/17)

AIの大衆化、エコシステムのデジタル化、自家製バイオハッキングなど:
Gartner、人とマシンの境界をあいまいにする5つの先進技術トレンドを明らかに
Gartnerは最近発表した「先進技術のハイプサイクル」レポートの最新版で、35の技術とトレンドを選び、人とマシンの境界をあいまいにする5つの先進技術トレンドとしてまとめた。(2018/8/22)

メタボ指導がきっかけ:
大和証券Gが実践、ベテラン社員が活躍し続けるための経営改革とは?
大和証券グループ本社は2008年度から本格的な健康経営をスタート。労働人口が減り続ける中、とりわけベテラン社員の活躍がますます重要になるという課題認識があったという……。(2018/7/12)

医療技術ニュース:
日本の給食が肥満を減らすことを実証
東京大学は、日本の思春期生徒の代表的サンプルを用いて、給食が過体重・肥満を減らすという効果を初めて実証した。今後は、個人レベルのデータの解析や給食が肥満を減らすメカニズムの究明が期待される。(2018/7/2)

ネスレ、食事写真をAIが栄養解析するサービス LINEで無料提供
ネスレ日本は5月28日、食事分析やDNA検査に基づく健康アドバイスを提供する新サービスを、LINE上で無料提供すると発表した。食事を撮影してLINEで送るだけでその写真をAIが自動で解析。カロリーや栄養価を即時に診断し、不足する栄養分をアドバイスしてくれる。(2018/5/28)

飲料メーカーがここまでやるのか:
コーヒーの「ネスレ」が無料でDNA検査サービス、真の狙いは
ネスレ日本がDNA検査や食事分析などを通じてユーザー個人の健康状態を把握、商品を提供するサービスを始める。消費者のプライベートに売り込む同社独自のマーケティング手法だ。(2018/5/28)

世界を「数字」で回してみよう(49) 働き方改革(8):
私を「疾病者」にしたのは誰だ? 労働と病(やまい)の切っても切れない関係
現代の社会において、労働と病(心身の)の関係は切っても切り離せません。会社組織には、「労働者」を「疾病を抱える労働者」へと変貌させる機能が備わっているのかと思うほどです。今回は、「労働者の疾病」に焦点を当ててシミュレーションを行ってみました。(2018/5/22)

土曜インタビュー劇場(ぼっち公演):
なぜオジサンは「孤独」の犠牲者になりやすいのか
会話をあまりしなくて、困ったときに頼れる人がいなくて、近所付き合いもしないオジサンがいる。こうした「孤独」な状況になぜ追い込まれたのか。『世界一孤独な日本のオジサン』の著者、岡本純子さんに話を聞いた。(2018/4/21)

多角化の一環:
RIZAPが「野菜」にコミットした本当の狙い
RIZAPはアパレルやエンタテインメント関連の事業に次々と乗り出している。2018年4月から野菜に関するあるサービスにコミットすると発表したが、その中身とは?(2018/3/30)

医療技術ニュース:
「やせ過ぎ」からの脱却が長寿に貢献、日英で10年間の追跡調査
東北大学は、高齢者の長寿に関する日英のデータ分析結果を発表した。「やせ過ぎ」「家族や友人とのつながりの少なさ」「喫煙の多さ」が高齢者の寿命を縮めていると分かった。(2018/3/28)

人口8000人の町を舞台に:
なぜ沖縄の離島でデジタル医療改革が進んでいるのか?
沖縄本島の西方に浮かぶ久米島。人口8000人足らずのこの島で今、デジタル技術を活用した医療改革が行われているのをご存じだろうか?(2018/3/27)

もぐもぐ……だれにもわたさないぞ! 食いしん坊リスさんがドーナツを頬張る姿がかわいい
アメリカらしさを感じます。(2018/3/12)

米マクドナルドが「ハッピーセット」見直し 日本は「現時点では未定」
米国では「ハッピーセット」のメニューにチーズバーガーが載らなくなるなどの変更が予定されています。(2018/2/16)

建築誌『建築知識』が猫を大特集 寿命を5歳伸ばすため家=建築にできることは何か?
またもやガチな猫特集。(2018/2/12)

DNAでスポーツを選ぶ時代? 得意分野が分かる遺伝子検査に挑戦してみた
「この遺伝子型は非常にまれで、全体の10%しかいない」「急激なエネルギーや素早い動きは不向き」「語学のスキル習得には時間がかかる」。そんなぁ……(2018/2/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はなまるうどん」は「吉野家」を超えるかもしれない
「はなまるうどん」の業績が絶好調だ。今回は「丸亀製麺」の787店に次いで、うどん業界第2位につける「はなまるうどん」が2年連続の赤字という苦境を克服して、再び成長軌道に乗った理由を解説する。(2018/2/1)

健康関連食品で3800億円を目指す:
ローソン、“低糖質メニュー”を充実させた実験店舗オープン
ローソンは実証実験として、糖質を抑えたロカボメニューを充実させた店舗を東京都・丸の内にオープンした。商品開発などに生かし、健康関連商品を拡大していく計画だ。(2018/1/16)

日本腎臓学会のテキストマイニング事例
医師が論文検索に「TensorFlow」活用、人間なら心が折れる作業も深層学習で効率化
医師が診療ガイドラインを策定するための論文検索に深層学習を活用した。用いたのはGoogleが開発した「TensorFlow」。人間の労力を減らし、人間が見落としていたものを発掘するなどの効果が得られた。(2018/1/11)

タニタ、ジョジョとコラボした奇妙な体組成計の予約受付を再開ッッ
君がッ 表示を変えるまで測るのをやめないッ!(2017/10/3)

CEATEC JAPAN 2017:
“かむ”を見直して肥満予防、シャープの「バイトスキャン」 小顔効果も
イヤフォンのように耳にかけるだけで食事中のかむ回数や速度を計測できる「bitescan」(バイトスキャン)が登場。シャープブースで体験できる。(2017/10/3)

茶碗によそった“ごはん”のカロリーが分かる炊飯器
アイリスオーヤマが10月に発売する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」(KRC-ID30-R)は、茶碗によそったご飯のカロリーをすぐに教えてくれる便利な炊飯器だ。(2017/9/21)

誰でもぽっこりお腹になれるウェストポーチ「DADBAG」登場 たるみ具合やムダ毛まで再現する凝りよう
着ければ誰でもビール腹。(2017/9/20)

「牛乳は超危険!」って本当? Google検索最上位に出てくる記事を検証してみた
「牛乳」と検索してびっくり。(2017/9/13)

肥満に影響する遺伝的変異193カ所を特定 理化学研究所など
理化学研究所などが、大規模なヒトゲノムの解析で、肥満に関わる遺伝子変異を193カ所特定したと発表。特定の病気と太りやすさの関係も判明したという。(2017/9/12)

犬の味覚は人間の5分の1? 犬が好きな味と「手作り食」で注意したいこと
犬が喜ぶ食事とは。(2017/9/4)

こんなものまでIoT化!? 警告を発して早食いを防止する「フォーク」
IoT化の波は「フォーク」にまで来た。フォークにセンサーを埋め込み、ネットワークにつなげることで早食いを防止するという。(2017/8/26)

楽天、遺伝子検査のジェネシスヘルスケアに14億円出資
楽天が、遺伝子検査サービスを手掛けるジェネシスヘルスケアに出資。遺伝子検査はDeNAやヤフーなども参入している。(2017/8/21)

タニタ、ボイス満載のジョジョコラボ体組成計を発売 軽肥満だと「故障ではない、誰か敵スタンドの仕業だッ!」
個人データ消去時は「この虹村億泰のスタンド ザ・ハンドが削り取ってやる!」。(2017/8/9)

医療技術ニュース:
寒い地域には産熱効率の高い痩せ型遺伝子が多いことを初めて実証
九州大学は、現代人において、遺伝子による体の産熱反応の違いを実証した。世界で初めて、生理学的な産熱反応とUCP1遺伝子タイプとの明確な関連を示し、「産熱能力が高い遺伝子を持つことが寒冷地で生き残るのに有利だった」との推論を導いた。(2017/8/7)

ノキア、日本市場に9年ぶり再進出 1万円を切る「Wi-Fi対応体重計」など ヘルスケア注力
ノキアが9年ぶりに日本の一般消費者向け市場に再進出する。(2017/6/21)

糖尿病と闘う高校生を支える介護犬、 おそろいのガウンで卒業式に出席
介護犬と共に過ごした楽しい高校生活が無事に終了。(2017/5/14)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。