• 関連の記事

「製造ITニュース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の「製造ITニュース」最新記事一覧です。

製造ITニュース:
2023年に1兆6700億円規模に、国内クラウド基盤サービス市場予測
矢野経済研究所は、IaaSおよびSaaSの国内クラウド基盤サービス市場の調査結果を発表した。将来的には、市場規模拡大によって成長率は若干低下するものの比較的高い成長を続け、2023年には1兆6700億円に達すると予測する。(2020/5/29)

製造ITニュース:
スマートグラスを活用した遠隔作業支援サービスを提供
日本システムウエアは、産業用スマートグラス「RealWear」を活用した、データセンターの遠隔作業支援サービスを提供開始した。データセンターの常駐スタッフがRealWearを装着し、リアルタイムでユーザーの指示を受けながら作業を代行する。(2020/5/26)

製造ITニュース:
RPAとIoTで機器情報を自動収集するソリューション、感染症対策にも活用
UiPathとIoT-EXは、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者の特定やIoT機器制御を可能にするソリューション「Proximity Automation」を共同開発した。従来ヒアリングなどで時間を要していた濃厚接触者候補の特定が、数分程度で実施できる。(2020/5/25)

製造ITニュース:
ERPとMESの垂直統合テンプレートの機能強化版、生産順序計画や製造指示が可能に
SCSKは、同社の生産管理テンプレート「atWill Template」の機能強化版を発売した。小日程計画や生産順序計画、製造指示、実績機能などの進度管理機能、ワークフロー機能などを追加している。(2020/5/22)

製造ITニュース:
製造業の技術文書活用、図面認識などを効率化するAIを提供開始
電通国際情報サービスは、技術文書活用、図面識別、AIモデル開発自動化の3分野でAIを活用した製品を開発し、2020年5月から提供開始する。(2020/5/20)

製造ITニュース:
国内ERP市場予測を発表、2018〜2023年度CAGRが9.5%で成長
アイ・ティ・アールは、国内ERP市場の市場規模推移と予測を発表した。2018年度の売上金額は前年度比9.1%増の1004億円、2019年度も同13.4%増と予測。今後はSaaS市場が急拡大し、2022年度にはパッケージ市場を上回る見込みだという。(2020/5/19)

製造ITニュース:
異なるシステム間を連携し、人とシステムの対話で業務を効率化するツール
ウイングアーク1stは、コミュニケーションツール「DEJIREN」を発売した。異なるシステムやサービスの連携をプログラミングなしで自動化し、人がシステムに依頼して必要なデータの要求や処理を実行するなど、業務効率化に貢献する。(2020/5/18)

製造ITニュース:
DXに向けレガシーシステムのモダナイゼーション支援サービスを強化
NECは、企業のデジタルトランスフォーメーションを促進するため、レガシーシステムのモダナイゼーション支援サービスを体系化し、支援体制を強化した。サービス提供と人材活用により、顧客のデジタル資産を生かしながら、DXを進めていく。(2020/5/15)

製造ITニュース:
IoTで5Gを活用するための光アクセスネットワーク仮想化制御試験に成功
沖電気工業、東京大学、三菱電機は、さまざまなIoTサービスを効率よく提供できる「PON通信リソース管理、制御技術」を共同開発し、同技術による光アクセスネットワーク仮想化制御試験に成功した。(2020/5/13)

製造ITニュース:
国内IoT市場予測、2024年には12兆6000億規模に
IDC Japanは、国内IoT市場について、産業分野別予測とユースケース別の分析結果を発表した。国内IoT市場のユーザー支出額は、2019年から2024年まで年間平均成長率12.1%で成長し、2024年には12兆6363億円に達すると見込んでいる。(2020/5/11)

製造ITニュース:
チップからクラウドまで、ルネサスの組み込み向け基盤がAzureをサポート
ルネサス エレクトロニクスの組み込み向けシステムプラットフォーム「Renesas Synergy」の「AE-CLOUD2」キットと「RX65Nクラウド通信評価キット」が「Microsoft Azure」のサポートを開始する。(2020/4/30)

製造ITニュース:
NTTコムが製造業のスマート化支援に本腰、中核は3つのアプローチ
NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、企業のデータ利活用に必要な全ての機能をワンストップで利用できる「Smart Data Platform」を活用し、2020年度から製造業に特化した業界協調型デジタルプラットフォームやDXソリューションの展開を始める。(2020/4/24)

製造ITニュース:
サブスクビジネス参入企業は新型コロナに強い、売上高の年平均成長率も18%超に
Zuoraがサブスクリプションビジネスに関する調査結果「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」について説明。サブスクリプションビジネスに参入した企業の売上高の年平均成長率は18.1%に達しており、これはS&P 500に登録されている米国企業の年平均成長率3.7%の約5倍に当たるという。(2020/4/22)

製造ITニュース:
溶接作業の技能レベルをデータで見える化、日立建機が新計測技術を開発
日立建機は溶接技能者の技量を定量的データで可視化する新たな計測技術を開発した。同計測技術を活用した新たな訓練システム開発に向けた実証実験も実施する予定。(2020/4/21)

製造ITニュース:
生産現場のさまざまなセンサーデータを一画面上で可視化するサービス開始
NECソリューションイノベータは、生産現場の各種センサーデータを一画面上に一括表示できる「NEC IoT センサデータ可視化サービス」の提供を開始した。リアルタイムでのデータ確認や、情報収集の工数軽減による業務効率化を支援する。(2020/4/13)

製造ITニュース:
製造現場の検知・予兆を高度化、AWSが機械学習ソリューション開発企業を表彰
機械学習ソリューションを開発するブレインズテクノロジーが「APN Competency Partner of the Year -Industrial Software-」を受賞。産業分野での功績を持つ企業に贈られる賞だ。(2020/4/7)

製造ITニュース:
新型コロナが追い打ち、2020年国内ICT市場予測でデバイスが前年比22%減に
IDC Japanが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の最新状況を考慮した国内ICT市場予測(支出額ベース)を発表。2020年の市場全体の予測が前年比4.5%減の28兆2155億円となる中、COVID-19の影響が最も大きく影を落としているのが、スマートフォン、PC、タブレット端末などのデバイス市場で、前年比22%減となっている。(2020/4/6)

製造ITニュース:
AR技術を利用した鉄道車両向けボルト締結作業管理システムを実用化
日立製作所は、AR技術を利用した鉄道車両向けボルト締結作業管理システムの実用化に成功した。ボルトの位置や規定された力で締結されたかを確認できるメーターを表示し、作業記録も自動で管理できる。(2020/4/6)

製造ITニュース:
加工組み立てライン向けMESソリューションの機能強化、PLC通信規格の対応を拡張
日立ソリューションズ・テクノロジーは、加工組み立てライン向けMESソリューション「VCIM-PA」の機能強化版を発売した。対応可能なPLC通信規格やデータベースが拡充されており、VCIM-PAが導入しやすくなっている。(2020/4/2)

製造ITニュース:
クラウドや通信回線、デバイスをワンストップで提供するIoTサービス開始
KDDIは、クラウドと通信回線、通信デバイスをパッケージ化した「グローバルIoTパッケージ」サービスの提供を開始した。拡張性の高いクラウド、グローバルローミングSIM、電波法認証済み端末がセットになっており、端末1台から利用できる。(2020/4/1)

製造ITニュース:
食品製造業向け原価管理ソリューションで、レシピや経費情報を取り込み可能に
富士通九州システムズは、食品製造業向け原価管理ソリューション「QsConnect原価」の機能を強化した。外部システムとの連携が可能になり、レシピ情報、生産実績情報、経費情報の取り込みができるようになった。(2020/3/26)

製造ITニュース:
AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールを提供開始
ウイングアーク1stは、AIの精度や稼働状況をモニタリングする維持管理ツールの提供を開始した。グリッドのAI開発プラットフォーム「ReNom」上で開発して稼働するAIに対して、実行結果や解析精度をモニタリングする。(2020/3/25)

製造ITニュース:
HACCP支援サービスを提供開始、食品流通小売事業者や外食事業者向け
パナソニック産機システムズは、食品流通小売事業者や外食事業者向けに、HACCP支援サービス「エスクーボフーズ」を2020年6月1日より提供する。クラウドやタブレット上のアプリケーションを活用し、記録作業、運用管理作業の負担を低減できる。(2020/3/19)

製造ITニュース:
トヨタがブロックチェーンの協業パートナーを募る、連絡先のメルアドも公開
トヨタ自動車は、ブロックチェーン技術の有用性検証やグループ各社とのグローバルな連携、技術活用に向けてグループ6社で立ち上げた「トヨタ・ブロックチェーン・ラボ」の活動内容と今後の展開について説明。2020年度からは、パートナー企業との連携をより広げるとともに実証実験なども推進する方針だ。(2020/3/17)

製造ITニュース:
セキュアIoT環境を構築する専有型基盤を提供、工場内の機密データ活用にも貢献
NTTコミュニケーションズは、閉域網接続によりセキュアなIoT環境を提供する専有型プラットフォーム「Things Cloud Private」の提供を開始した。要件に応じた専有基盤を提供し、複雑なカスタマイズにも対応する。(2020/3/12)

製造ITニュース:
NECとシーメンスが協業、IoTデータの収集から分析までを全て“自動”で実現
NECは2020年3月9日、シーメンスとIoT領域において協業し、シーメンスのIoT基盤「MindSphere」とNECのAI技術「インバリアント分析技術」を組み合わせた監視・分析ソリューションの提供を開始したことを発表した。(2020/3/11)

製造ITニュース:
業種別対応を強化したプロジェクト管理システム、明細ごとに指図書出力が可能
富士通九州システムズは、プロジェクト管理ソリューション「QsConnectプロジェクト管理」に、製造、工事、複合事業の各業種に合わせたテンプレートを追加した機能強化版を発表した。(2020/3/11)

製造ITニュース:
製品開発支援ソリューションとコラボレーションプラットフォームを統合
電通国際情報サービスは、同社の製品開発支援ソリューション「iQUAVIS」にコラボレーションプラットフォーム「Wrike」を加えた、製造業向けプロジェクト管理ソリューション「iQUAVIS-Wrike」の提供を開始した。(2020/3/10)

製造ITニュース:
材料設計サービスや合金ライセンス販売を提供する合弁事業を開始
伊藤忠テクノソリューションズは、QuesTek Internationalと協業し、合弁事業を開始する。新たに「QuesTek Japan株式会社」を設立し、国内で材料設計サービスの提供や合金ライセンス販売に取り組む。(2020/3/6)

製造ITニュース:
SAP、ERPシステムの旧モデル保守期間を延長
SAPジャパンは、SAP S/4HANAの保守サービスのコミットメント期間と、Business Suite 7ソフトウェアのコアアプリケーションメインストリームのメンテナンス期間延長および延長保守サービスを提供することを発表した。(2020/2/26)

製造ITニュース:
IoT機器ライフサイクル全般のセキュアな管理実現のため2社が開発連携
サイバートラストとパナソニック セミコンダクターソリューションズは、IoT機器のライフサイクル全般にわたるセキュアな管理を実現するために、両社が開発連携することに合意したと発表した。(2020/2/25)

製造ITニュース:
ブロックチェーンビジネスの検証を支援するプラットフォーム提供開始
NTTテクノクロスは、ブロックチェーンを活用したビジネスの開発から検証までを支援するプラットフォーム「ContractGate PoC Service」を、2020年3月6日から提供開始する。(2020/2/20)

製造ITニュース:
富士通がローカル5Gの予備免許を取得、川崎市に実証ラボを開設
富士通は2020年2月18日、国内では初となるローカル5Gの無線局予備免許を関東総合通信局から付与されたことを発表した。(2020/2/19)

製造ITニュース:
製造現場とオフィスをリアルタイムに結ぶ、映像コミュニケーションサービス提供
東日本電信電話と田辺工業は連携して、製造、建設、インフラ業界の現場作業者と、オフィスや現場事務所など遠隔地にいる管理者、監督者、熟練者が映像と音声でリアルタイムにコミュニケーションできるサービスを提供する。(2020/2/19)

製造ITニュース:
パーソナルデータ流通と保護を両立させた、IoTサービス基盤を開発
KDDI総合研究所は、プライバシーを保護しながら、パーソナルデータの流通性を高められる「生体情報を中心とした個人向けIoTサービス基盤」を開発、実証した。(2020/2/17)

製造ITニュース:
人の聴覚特性を模した、AI音分析のPoCパッケージを提供開始
スカイディスクは、人の聴覚特性を模したAI音分析「SkyAI for Sound」を用いて、AIモデル作成の実証実験期間を短縮できる簡易パッケージを提供開始した。従来1〜2カ月ほど要していたAIモデル作成を、1週間程度に短縮できる。(2020/2/13)

製造ITニュース:
アジア太平洋地域で製造業向けVRソリューションを展開へ、B-EN-GとHTCが協業
ビジネスエンジニアリングとHTC NIPPONは2020年2月7日、VR(仮想現実)分野で協業することを発表した。B-EN-Gが展開するVR学習システム「mcframe MOTION VR-learing」の対応ハードウェアとして、HTCの業務用VRヘッドマウントディスプレイ「VIVE Pro Eye」を認定し、アジア太平洋地域において共同販売などに取り組む。(2020/2/10)

製造ITニュース:
KDDIの法人向けIoT回線が累計1000万回線突破
KDDIは、2001年より提供している法人向けIoT回線が、2019年11月に累計1000万回線を突破したと発表した。今後は、5GやAIなどを組み合わせたサービスを提供し、現分野での利活用を促進するとともに、IoT関連の海外での展開を拡大していく。(2020/2/6)

製造ITニュース:
生産計画立案の「なるべく」や「できるだけ」をAIで自動化、ニチレイが日立と協創
ニチレイフーズと日立製作所は、ニチレイフーズの国内工場向けに、日立製作所のAI技術を活用した生産計画と要員計画の自動立案システムを開発したと発表。ニチレイフーズのモデル工場となる4工場で検証を進め、2020年1月から順次本格運用を開始している。今後は2020年度内をめどにニチレイフーズの11の国内工場全てに導入する方針だ。(2020/2/5)

製造ITニュース:
コネクテッドカーのセキュリティ分野で富士通がUpstream Securityと協業
富士通は、Upstream Securityとコネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意した。両社はコネクテッドカーのためのセキュリティオペレーションセンター向けのソリューションを共同で開発する。(2020/1/31)

製造ITニュース:
工場の無線システムを安定稼働させるための技術仕様提供
フレキシブルファクトリパートナーアライアンスは、製造現場で使用される各種無線システムの安定化を図るために必要な通信規格の技術仕様を提供すると発表した。(2020/1/30)

製造ITニュース:
テレワーク技術を工場ネットワークに転用、ITとOTをセキュアに融合する新技術
e-Janネットワークスは、工場に安全なネットワーク環境を提供する工場ネットワークアクセスサービス「NinjaConnect ISM」を2020年2月3日に発売すると発表した。2022年度までに600工場への導入を図り、年間3億円の売上高を目指すとしている。(2020/1/23)

製造ITニュース:
サプライチェーンの高度化を支援するパートナーシップ契約を締結
キナクシス・ジャパンとアビームコンサルティングは、サプライチェーン領域において新たにパートナーシップ契約を締結した。デジタルテクノロジーを活用し、サプライチェーンのさらなる高度化を支援する。(2020/1/20)

製造ITニュース:
IoT導入に必要な作業をパッケージ化、製造業向けIoTデータ蓄積サービス
アイレットは製造業向けのIoTデータ蓄積サービス「IoTpack with SORACOM」の提供を開始した。IoT導入に必要となるセキュアなネットワークの確保やデータ蓄積基盤の構築といった作業をパッケージ化して提供する。(2020/1/10)

製造ITニュース:
5Gの低遅延サービス提供に向け、エッジコンピューティング環境を構築
KDDIは、5G(第5世代移動通信)の低遅延サービス提供に向け「Amazon Web Services(AWS)」の新しいコンピューティングストレージサービス「AWS Wavelength」を活用し、エッジコンピューティング環境を構築する。(2020/1/8)

製造ITニュース:
個別受注型製造の手配業務を効率化するソリューション発売
富士通は、個別受注型製造業での仕様品の見積もりや資材の手配などを効率化するソリューション「FUJITSU Application for ETO on SAP Cloud Platform」を発売した。(2020/1/6)

製造ITニュース:
分析に必要な処理を自動化するAIプラットフォームの最新版
SAS Instituteは、同社のAIプラットフォーム「SAS Viya」の最新版を発表した。機械学習の自動化機能を追加し、AI主導の意思決定を迅速化する。(2019/12/24)

製造ITニュース:
実装ラインの段取り替え計画立案が数秒で完了、NECがアニーリングマシンで実現
NECはが量子コンピューティング事業に本格参入する。2020年1月に「量子コンピューティング推進室」を新設し、同年4〜6月期からベクトル型スーパーコンピュータを用いた「シミュレーテッド・アニーリングマシン」の共創サービスを提供する。NEDOプロジェクトで開発を進めている量子コンピュータは2023年の実用化を目指すという。(2019/12/23)

製造ITニュース:
IoTデータ管理向け分散データベースを機能強化
東芝デジタルソリューションズは、少数のサーバ台数でペタバイト級データを管理できる技術を搭載した、ビッグデータ向け分散データベースの機能強化版「GridDB v4.3」の提供を開始した。(2019/12/23)

製造ITニュース:
ローカル5G事業への参入と実証実験ができるラボを開設
オプテージは、5Gを地域限定で利用する「ローカル5G」事業に参入すること、また、5Gの実証実験ができるラボを2019年度中に開設することを発表した。(2019/12/10)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。