「フランチャイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「フランチャイズ」に関する情報が集まったページです。

ミスド運営元、元バイトの「厨房立ち入り動画」に法的措置検討 調理器具に触れる様子が拡散
5月17日午後、ミスタードーナツの元アルバイトの男性が福岡県内の店舗の厨房に入り、内部を撮影。調理器具に触れる様子などの動画を「ツイキャス」で配信した。これを踏まえ、ミスド運営元のダスキンが法的措置を検討していることを明らかにした。(2019/5/21)

全国より高い平均日商:
苦戦していた「沖縄ファミマ」が稼ぎまくるようになった経緯が面白い
沖縄にあるファミマの全店平均日商は全国平均より高い。なぜ沖縄のファミマの稼ぐ力は高いのか。地元に密着した独自の商品開発力やマーケティング施策に迫る。(2019/5/17)

「音楽以外の要素もロックの一部!」復活発表前にマキシマムザ亮君が語っていた、ホルモンを紐解くインタビューを解禁!
コッテリ=生き様です!(2019/5/22)

キャッシュレスのポイント還元 決済事業者のA型、B型とは何か?
キャッシュレス・消費者還元事業へ、キャッシュレス関連企業の登録が進んでいる。現在、仮登録が116社あり、うち58社が登録済みだ。しかし、決済事業者にはA型とB型の二種類があることを知っているだろうか? この二種類の違いは?(2019/5/14)

専門家のイロメガネ:
現役フランチャイズオーナーが教える、FC加盟のリアル
FC加盟して脱サラ、起業する。加盟店会議では、予定した収益を大きく下回る加盟店から本部を非難、糾弾する怒号が飛び交うこともある。しかし、FC加盟でいったい「何を買っているのか?」を考えると、オーナーの責任も見えてくる。(2019/5/14)

ロイホが一斉休業! 何があったのか聞いてみた たまに休業しても売り上げはアップ
2018年から年3回ほど一斉休業しています。(2019/5/10)

キャリアニュース:
テクノロジー、メディア、通信業界に関する世界と日本の予測レポート
デロイト トーマツ グループは、テクノロジー、メディア、通信業界に関する世界の将来予測に日本独自の考察や分析を加えた「TMT Predictions 日本版」を発表した。(2019/5/10)

競合がたくさん:
復活できるのか? 再上場で注目される、ジーンズの「リーバイス」
リーバイスを展開するリーバイ・ストラウス社は、創業166年になる老舗ブランド。そんな歴史的な企業が、最近また注目されている。その理由は、2019年3月に同社がニューヨーク証券取引所に再上場したからだ。(2019/4/30)

小売・流通アナリストの視点:
「24時間からの撤退」を突き付けられたコンビニ本部の“生存戦略”
コンビニ本部と加盟店が対立し、クローズアップされる24時間営業の是非。今、コンビニ本場が取るべき「生存戦略」とは――。(2019/4/26)

ファミマ、恵方巻など季節商材を完全予約制に 「廃棄ゼロ」目指す 加盟店支援策を発表 
加盟店支援にファミマが本腰。(2019/4/25)

事態の収束に躍起:
コンビニ人手不足で本部と加盟店が対立、世耕経産相が仲裁に意欲
人手不足でアルバイトが集まらず、24時間営業が難しくなるなど労働環境が悪化するコンビニ加盟店と本部とが対立している問題で、「腰を据えて議論する」と仲裁役を買って出ているのが世耕弘成経済産業相だ。(2019/4/25)

ミニストップ、加盟店と本部の利益分配を見直し 24時間営業問題など「変化への対応不十分」と反省
「加盟店と本部の共存共栄」を目指すとのこと。(2019/4/23)

「イートインで食べる」の申し出で10%、申し出ナシなら8% 軽減税率の扱い、コンビニ各社共通の方針固める
申し出なくても、イートインの使用禁止には当たらないそうです。(2019/4/17)

広告運用担当者の業務負荷を軽減:
AIで運用型広告の入稿作業を一括自動化、ブレインパッドが「AdPencil」を発表
国内最大規模1億件超の入稿実績を生かし、AI技術を用いたキーワードグルーピングと媒体横断での一括入稿業務を実現。(2019/4/17)

全国315店「ミスターミニット」:
駅で見かける“青い看板” 靴修理職人が極める「おもてなし術」の秘密
駅で見かける修理サービス専門店「ミスターミニット」。来店客の要望に応じた修理をスピーディーに手掛ける職人たちは、どのように技術を身に付けているのか。店舗に行って話を聞いた。(2019/4/17)

8割は育児中の主婦:
内職チェーンの「内職市場」 人口減で手作業の重要性は拡大
内職市場社長・作野薫さんに聞く(2019/4/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ::
「変」の哲学で成長 名古屋発「世界の山ちゃん」の絶妙な名付けと看板の戦略
名古屋生まれの居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」。屋号だけでなく「幻の手羽先」や「鳥男」の看板などもユニーク。飛躍した背景にある「変」の哲学とは?(2019/4/16)

年内に中部まで拡大:
セブン沖縄1号店はここだ! 那覇・南部を中心に14店舗
コンビニエンスストア「セブン-イレブン」の沖縄県内進出を巡り、14店舗の出店計画が明らかになった。(2019/4/15)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
それでもコンビニは24時間営業をやめられない
24時間営業をやめたくないから、いろいろ手を打っているわけでもあり。(2019/4/9)

利益が少ない:
コンビニオーナーの4割は「本部に不満」、その理由は?
コンビニのオーナーは、フランチャイズ本部との関係をどのように感じているのだろうか。加盟店のオーナーに満足度を聞いたところ「満足している」と答えたのは53%に対し、「満足していない」は39%だった。経済産業省の調べ。(2019/4/5)

イノベーションのレシピ:
パナソニックがコンビニ運営に踏み出し、ファミマは無人店舗をためらわず
ファミリーマートとパナソニックは2019年4月2日、パナソニックの佐江戸事業場(横浜市都筑区)の一角に建設していた、IoT(モノのインターネット)を活用する次世代型コンビニエンスストアの実現に向けた実証実験店舗となる「ファミリーマート 佐江戸店(以下、佐江戸店)」を報道陣に公開した。(2019/4/3)

顔認証で入店・決済、ファミマとパナソニックが実証実験
ファミリーマートとパナソニックが横浜市に実験店舗をオープン。店内のカメラ映像から売り切れている商品を判断。両社員を対象に、顔認証で入店・決済できる仕組みも導入する。(2019/4/2)

旭屋書店、TSUTAYA子会社に
TSUTAYAは4月1日、旭屋書店と東京旭屋書店の株式を取得し、子会社化したと発表した。TSUTAYAのデータベースマーケティングと旭屋書店の顧客基盤を掛け合わせ、「お客様にとって価値ある新しいライフスタイル提案型の書店づくりを加速させる」としている。(2019/4/1)

ローソン、深夜時間帯の無人営業実験開始へ 深刻化する人手不足問題への対策
実施期間は7月ごろから数カ月間を予定。(2019/3/29)

深夜に“無人営業”、ローソンが実験 スマホで入店・決済
ローソンが、深夜時間帯、レジに店員がいない“無人営業”の実験を7月に始める。フランチャイズ加盟店を含む2店舗が対象。(2019/3/29)

郊外1号店は幸楽苑HDが運営:
1人焼き肉の「焼肉ライク」が郊外初出店 加速する「5年で300店」の野望
1人焼き肉専門店「焼肉ライク」が郊外に初出店した。焼肉ライクは国内で「5年で300店」という野心的な目標を掲げる。郊外店は都心のお店とどう違うのか? 実際に行ってみた。(2019/3/29)

印ホテル大手「OYO」 スマホで物件探しできる短期賃貸住宅サービス開始
ネットを活用した住宅版のサブスクリプション型サービスとして普及を狙う。(2019/3/28)

「マキシマム ザ ホルモン」2号店のオーディション番組がスタート!  “ガチンコ”すぎる展開が混沌を呼ぶ
カオスの宝石箱や〜。(2019/3/21)

「オリジナルキャラにこだわりすぎて設定を2万字考えた」アキバの“オタクのための美容室”、大阪と池袋に進出
美容師さんもオタクばかりの店です。(2019/3/15)

企業・アルバイトたたきの欺瞞:
「バイトテロ」が繰り返される真の理由 大戸屋一斉休業で問う
3月12日に大戸屋が一斉休業するなど社会問題化する「バイトテロ」。そのメカニズムと真の対応策について専門家に聞いた。(2019/3/11)

海外に100店超:
海外で増え続ける「一風堂」 運営会社に聞いた進出の苦労とラーメンの味
「一風堂」を運営する力の源(HD)が海外展開を進めている。海外の店舗数が国内を抜きそうな勢いだ。現地でラーメンをどのようにつくって売っているのか?(2019/3/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
チーズがビヨーンで大ブーム 「ハットグ」は「チーズタッカルビ」を超えるか?
韓国式チーズドッグ(ハットグ)がブームだ。提供するお店が増えて“乱戦”状態になっている。なぜここまでブームになったのか、背景を探る。(2019/3/5)

なぜ人手不足なのに24時間営業? コンビニが“絶対に休んではいけない”ことになった理由
24時間営業が始まったのは約40年前。(2019/3/6)

強さを数字で読み解く:
女子向けワイン酒場「ディプント」をヒットさせたプロントの“緻密な戦略”
プロントが運営する女性向けワイン酒場「ディプント」。2009年に1号店をオープンしてから40店舗近くまで増えた。ヒットの要因と強さの秘密を解き明かしていく。(2019/3/5)

セブン-イレブン、一部店舗で「24時間営業」見直しに向けた実験を開始 朝7時〜夜11時までの営業に
本当の「セブン-イレブン」に。(2019/3/1)

19年7月を予定:
国際通りにセブン開店へ 沖縄旅行大手がコンビニ初参入
沖縄ツーリストがセブン−イレブン沖縄とフランチャイズ契約を結びコンビニ事業に初参入する。新店舗は那覇市松尾の国際通りにあるOTS本社1階。今年7月の開店を目指す。(2019/2/26)

泊まれる茶室「hotel zen tokyo」 禅の精神を取り入れたカプセルホテルが日本橋人形町にオープン
海外からの旅行者にも喜ばれそう。(2019/2/26)

なぜバイトテロは大炎上するのか:
日本のタブーに触れた「バカッター」たち
繰り返されるバカッター騒動、バイトテロは、日本のタブーである「食べ物を大事に」に触れたから炎上した。欧米で、人種差別や動物虐待が炎上しやすいように、日本では「食べ物」がポイントだ。(2019/2/25)

店舗は糸満市内:
セブン沖縄進出 金秀運営の1号店、7月開店目指す
金秀グループは「セブン−イレブン糸満兼城店(仮称)」の地鎮祭を、商業施設「サンプラザ糸満」の敷地内で開いた。セブンとフランチャイズ(FC)契約を結んだ金秀本社が運営する1号店で、7月の開店を目指している。(2019/2/20)

日本最小級のコンビニ続々:
駅ナカで売れる“三種の神器”に変化 商機を見いだす“ローソンの野望”
ローソンが駅ナカに積極的に進出している。単に目先の売り上げ増を狙っているだけでなく将来への布石でもあるという。ローソンの狙いとは?(2019/2/20)

若者の情弱化:
第二次バカッター合戦到来! バカ発見器再発動の責任は誰か
くら寿司、すき家、セブン-イレブン、そしてバーミヤン……。2013年くらいに続発したバカッター事件(Twitterによる犯罪や不適切行為自慢)と同じような行為が、ここ最近再びニュースになっています。久々のバカ発見器発動を企業リスクの視点で見てみましょう。(2019/2/14)

セブン‐イレブン、従業員の不適切動画を謝罪 「厳正な処分を検討」
当該の従業員は解雇されています。(2019/2/12)

ローソン、加盟店の不正行為を謝罪 商品のシールを貼り替え消費期限を延長
埼玉県の2店舗で店内調理商品の消費期限を故意に延長していました。(2019/2/6)

議論が混迷:
「税込み」か「税抜き」か? ポイント還元策複雑化の懸念……
10月の消費税増税時に実施される、政府のキャッシュレス決済に伴うポイント還元策の議論が混迷している。ポイントは各決済事業者がもともと持つポイント付与の仕組みを使い還元される予定だが、ポイント付与の計算に使う「価格」が、税抜きと税込みが混在する可能性があるためだ。すでに複数の還元率が存在して分かりにくいとの指摘がある中、実施段階ではさらに複雑化する恐れがある。(2019/2/5)

キャッシュレスも推進:
幸楽苑がAIを本格活用へ 何をどう役立てるのか
異物混入事件で業績が低迷していた幸楽苑HDが、矢継ぎ早に改革を打ち出し、客足が戻りつつある。1月28日の記者会見で新たにAIを活用すると発表したが、どのような戦略なのだろうか。(2019/1/28)

ティラミス専門店「HERO’S」 騒動めぐり回答 ティラミスヒーローの名でフランチャイズ募集は事実
SNSで既存のハッシュタグ「#ティラミスヒーロー」を用いて広告展開していたかについては、「当方で指定をしておらず、詳細については不明」。(2019/1/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪人は食べていなかった? “串かつ業態”ブームの真相
串かつ居酒屋チェーン「串カツ田中」の業績が好調だ。ライバルの「串かつでんがな」や「串家物語」も店舗数が増えた。串かつ業態がブームとなっている背景とは?(2019/1/22)

三浦翔平起用のティラミス専門店「HERO'S」を巡り物議 人気店「ティラミスヒーロー」とコンセプトが酷似?
既存のシンガポール発のティラミス専門店とコンセプトが似ていることから混同を招くとネットで物議に。(2019/1/21)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
スキルの向上だけでは成長は望めない――より重要になる「成長マインドセット」とは
個人やリーダーの成長を氷山に例えると、成果は氷山の一角にすぎない。氷山を大きくするためには、水面下に隠れている「スキル」や「ふるまい」、さらに「思い、哲学」が重要になる。(2019/1/21)

設備やノウハウ不足をどう扱う?
プログラミング教育に不安を抱く先生を救う、専門教材に込められた秘策とは
小学生を対象としたプログラミング教育が注目を集めている一方、教える側の設備やノウハウの不足といった課題がある。この課題を解消すべく、教育関連企業はさまざまな工夫を凝らしている。(2019/1/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。