• 関連の記事

「FSE(Face Sensing Engine)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FSE(Face Sensing Engine)」に関する情報が集まったページです。

ET2013ニュース:
「確実なモノづくりを支援」――Armadilloがさらに使いやすく! 組み込みやすく!
アットマークテクノは「Embedded Technology 2013/組込み総合技術展」において、試作開発から量産まで幅広く対応可能な組み込み機器向けプラットフォーム製品「Armadilloシリーズ」を全面に訴求。展示ブースでは、新製品や既存製品のアップデートに関する展示デモを見ることができた。(2013/11/21)

ESEC2013 開催直前情報:
インテリジェント&エコな組み込み機器を実現する「Armadillo-800シリーズ」
小型・省電力で、開発に必要な情報やソースコードも公開する“エコ”な組み込みプラットフォーム「Armadillo」でおなじみのアットマークテクノ。「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」では、インテリジェントカメラの実現や画像表示・動画再生に特化したプラットフォーム製品群を披露する。(2013/4/26)

ET2012特別企画ブースリポート(アットマークテクノ):
PR:手のひらサイズの賢いカメラを実現、CPUボードとカメラモジュールが一体化した「Armadillo-810」
「Armadillo」シリーズは、次の10年に向け新たな進化を遂げた――。ルネサス エレクトロニクスの最新プロセッサ「R-Mobile A1」を採用した「Armadillo-800」シリーズは、組み込み機器の可能性をさらに広げる。用途を“特化”した第1弾製品「Armadillo-810」は、“撮る”だけでなく、“考える”を実現する「インテリジェントカメラ」向けの組み込みプラットフォームだ。(2012/12/4)

顔検出専用アプリが付属:
「撮る・考える」を実現するインテリジェントカメラ向けプラットフォーム「Armadillo-810」発表
アットマークテクノは、カメラ本体にプロセッサを搭載し、撮影から一定の画像処理までをカメラ本体側で行うことができる、“インテリジェントカメラ”向け組み込みプラットフォーム「Armadillo-810」を発表。開発セットを2013年1月に発売する。(2012/11/5)

任天堂、ニンテンドーDSiの顔認識機能にOKIのミドルウェアを採用
11月1日に発売する任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDSi」に、沖電気工業の組み込み用顔認識ミドルウェアが採用された。(2008/10/31)

自分の“見た目”“モテ度”を診断──「目ヂカラ モテ度診断」開始
(2008/6/17)

顔検出機能をLSIに実装――OKI、「顔画像処理ハードウェア IP」を発売
(2008/5/12)

顔写真からチャーミングポイントを教えてくれる「チャーミー先生」
(2008/5/7)

あのデジカメ、ここが気になる:
笑顔以外もとらえてパチリ――EXILIM CARD EX-S10「オートシャッター」(前編)
笑顔を認識して自動的にシャッターを切るコンパクトデジカメも登場しているが、カシオ計算機の「EXILIM CARD EX-S10」は笑顔以外も認識してくれる。(2008/3/12)

今年のソフトの“顔”はあの顔ソフト
(2007/10/10)

芸能人の“誰似”か分かる「顔ちぇき」、利用者1500万突破──ジェイマジック
“芸能人の誰に似てる?”をケータイでチェックできる「顔ちぇき」の利用者が1カ月で1500万人を突破。ブログやクチコミで利用者が拡大したという。(2007/5/28)

“芸能人の誰に似てる?”をケータイでチェック──「顔ちぇき」登場
携帯カメラで撮った写真をメールすると、芸能人の誰に似ているかが分かる──。ジェイマジックが、沖電気工業の顔認識技術を使ったサービスを開始した。某キャリアの社長を試してみると……。(2007/4/26)

携帯カメラによるアイリス認識技術を開発――沖電気
沖電気工業は、従来は専用カメラを用いていたアイリス(虹彩)認識を、携帯電話などの可視光カメラで行う技術を開発した。2007年3月に製品化する予定。(2006/11/6)

人の顔を検知、常に画面の中央に――沖電気、顔画像処理ソフトを韓Pantechに提供
沖電気が開発した「FSE」は、顔や顔の特徴点を検出・追跡できる顔画像処理ミドルウェア。このFSEが搭載された携帯を、韓国Pantechが発売する。(2006/8/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。