「福島県」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「福島県」に関する情報が集まったページです。

気象庁、一部地域で「洪水警報・注意報の発表基準」を暫定的に引き下げ 台風19号による被災状況を考慮
気象台が発表する洪水警報・注意報の発表基準について警戒を高めるためとしています。(2019/10/18)

「幸楽苑」復活! 台風の影響で休業した約240店舗が20日より順次再開
小田原工場で増産体制。(2019/10/18)

台風19号災害対策特設ページを政府が開設 被災者支援情報をまとめて見られる
避難用物資の運搬やライフラインの状況などが、地域別にまとまっています。(2019/10/17)

台風19号による通信障害、KDDIはほぼ解消
台風19号の影響を受け、つながりづらい状態が続いていたau携帯電話サービスがほぼ復旧。土砂崩れが発生した宮城県丸森町は、立ち入りができ次第、復旧作業に努めるという。(2019/10/16)

台風19号被害 携帯やネットで通信障害継続
台風19号による停電や通信設備の故障などの影響で、関東や東海、東北などの広い範囲では、15日昼時点で携帯電話や固定電話、インターネットの光回線などの通信障害が継続している。(2019/10/15)

台風19号〜江戸川区に見る各自治体に必要なこと
(2019/10/15)

かんぽ不正販売、中途半端な民営化に問題あり
かんぽ商品の不適切販売をめぐり、日本郵政グループが揺れている。9月30日に発表した中間報告では、保険業法などの法令や社内規定に違反した契約の実態が次々と明らかになり、コンプライアンスへの意識の低さが露呈した。不正を放置した経営陣の責任も重大だが、不適切販売の原因はもっと根深いのである。(2019/10/15)

携帯3キャリアで通信障害発生中 台風19号の影響で
台風19号の影響で、携帯電話3キャリアにおいて通信障害が発生している。その状況をまとめた。(2019/10/15)

通信キャリア3社、台風19号被災地域の利用者向けに利用料金の無償化や修理などの支援策
災害救助法が適用された地域が対象です。(2019/10/13)

大雨特別警報、さらに5県 茨城、栃木、新潟、福島、宮城に【現在は解除されました】
大雨特別警報は1都11県に。その後岩手県にも大雨特別警報が発表されました。【追記あり】(2019/10/12)

群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県に「大雨特別警報」発令【現在は解除されました】
命に関わる非常事態です。情報収集に努め、直ちに命を守る行動をとってください【追記あり】。(2019/10/12)

呼ばれると転びながらでも駆け寄ってくるペンギンさん 周りが見えなくなるけなげな姿がかわいい
踏まれたペンギンも元気です。(2019/10/10)

常磐線で運転士なしの運行へ 自動運転装置、来年度末に導入
ボタンを押すだけで発車と走行、停止が可能になる。(2019/10/9)

ネット印刷で広がる「フリーペーパー」 灯台・縄文・歓楽街……個性光る紙の妙
印刷物を無料で配布するフリーペーパーやフリーマガジン。自治体や企業のイメージアップを図る媒体というイメージがあるが、個人で制作するケースも増えている。ネット印刷が普及し、安く印刷できるようになったためで、制作者のこだわりが詰まっているのが魅力だ。(2019/10/8)

須田慎一郎が語る〜森山栄治元助役の人物像
関西電力役員に多額の金品を渡していた元助役とはどんな人物?(2019/10/7)

トリップアドバイザー「日本の動物園・水族館ランキング」 高知県立のいち動物公園が初の1位に
水族館ランキングは「美ら海水族館」の連覇です。(2019/10/6)

関電が金品受領問題で会見〜「恫喝した」森山元助役という人物
明確にされていない森山氏の背景。(2019/10/4)

複数事業者のドローンを同時に飛行、運航管理システムの相互接続試験環境を構築
NEDOらは「福島ロボットテストフィールド」で、同一空域内で複数事業者のドローンが安全に飛行するための、運航管理システムとの相互接続試験の環境を構築した。2020年2月まで相互接続試験を実施して、運航管理システムの機能を検証する。(2019/10/4)

抗議や電凸、「権利」と「犯罪」の線引きは? 過度な行為は立件も
ある意見が自分の意見とは異なることを主張したり、デモを行ったり−。特定の事象をめぐり、人々が「抗議」すること自体は、憲法21条(集会、結社及び言論、表現の自由)で保障された権利だ。だが暴力や脅迫をにじませるなど、事が一線を越えれば話は別になる。正当な「抗議」とは何なのだろうか。(2019/10/4)

2020年春の花粉飛散量は全国的に少なめとの朗報 信じていいの? 信じちゃうよ?
やったあああああ。(2019/10/3)

モノづくり最前線レポート:
量子コンピュータとAI、先進技術における日本の最新動向と位置付け
日本最大級の産学官連携イベント「イノベーション・ジャパン2019」(2019年8月29〜30日、東京ビッグサイト青海展示棟)において、科学技術振興機構(JST)事業セミナーで、JST研究開発戦略センター(CRDS)がAI技術および量子コンピュータ技術の最新動向について紹介した。(2019/9/27)

Google Doodleが女性初のエベレスト登頂成功者、故・田部井淳子に敬意のロゴ
80歳の誕生日をかわいいGIFで祝福。(2019/9/24)

社長ってマンションの高い階に住んでそう→平均は意外?にも「5.35階」 都道府県別トップは大阪
ちなみにマザーズ上場企業の社長は高い傾向。(2019/9/19)

ソフトブレーン・フィールド調査:
「レシート」116万枚からスーパーを分析 何が見えてきた?
3年連続でマイナス成長のスーパー業界。コンサルティングや人材派遣を手掛けるソフトブレーン・フィールドがレシート約116万枚から売り上げ状況を分析。首都圏以外では、地元スーパーの検討が目立った。大手チェーンでは、オーケーが強さを見せた。(2019/9/17)

いやなぜその人選 アニメ「このすば」初の公式バスツアー開催、カズマ役の福島潤さんと荒くれ者役の稲田徹さん出演
荒くれ者(機織り職人)。(2019/9/12)

製造マネジメントニュース:
「2019年度 GOOD FACTORY賞」受賞企業を発表、オムロンなど
日本能率協会は、優良工場表彰制度「2019年度 GOOD FACTORY賞」の受賞企業として、オムロン、オリンパス、花王、コニカミノルタ、ダイキン工業、デンソー、東レの7社、7工場を発表した。(2019/9/12)

「神対応」「JR最高すぎませんか?」 とある新幹線の運転士が子どもに「帽子」をかぶせてあげる最高に粋な姿が撮影される
子どもを笑顔にする仕事。(2019/9/11)

史上最強「台風15号」Twitterに爪あと続々…… 羽田空港では壁が倒壊、各地で暴風被害相次ぐ
関東に上陸した台風としては観測史上最強に。(2019/9/9)

【国際情勢分析】インドネシアが新首都建設へ 世界の首都移転その後
実現にはリーダーシップと強い意志が求められるといえそうだ。(2019/9/9)

山岳トンネル工事:
鹿島が「ロックボルト引抜き試験」をワンマン化、わすか3分で測定完了
(2019/9/6)

買収から2年、技術融合の成果アピ―ル:
電池事業を本格化する村田製作所、蓄電池工場を公開
 村田製作所が、電池事業の展開を本格化させている。ソニーの法人向け電池事業を買収して約2年が経過した2019年8月28日、東北村田製作所の郡山事業所(福島県郡山市)を報道関係者に公開。技術融合による初製品である「家庭用蓄電システム」など、電池事業に関する最新の取り組みを説明した。(2019/9/10)

物流のスマート化:
ドローンとUGVで「宅配クライシス」を克服、楽天が起こす新たな産業革命とは
楽天の自社イベント「Rakuten Optimism 2019」のビジネスカンファレンスで、同社 常務執行役員の安藤公二氏が「あなたの生活がどう変わる:ドローンと地上配送ロボット」をテーマとした講演を行った。(2019/9/6)

IoTでイノシシを捕獲 福島県国見町とKDDI、共同実証へ
福島県国見町とKDDIは、農作物の鳥獣被害対策の一環として、センサーや監視カメラを活用したイノシシの自動捕獲システムの実証実験を開始。わなに侵入したイノシシを遠隔操作で捕獲する他、システムに捕獲をまかせる自動捕獲も可能。捕獲の効率化が見込めるという。(2019/9/6)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(64):
福島編:歴史とテクノロジーが融合する街「会津若松」は、そこそこ利便性の良い田舎
マッチングイベントはキャンセル待ち――会津若松が○○好きの女性に人気の理由とは?(2019/9/5)

市販プロジェクターで“非破壊検査”、宇宙線でピラミッドを「透視」──イノベーション・ジャパン2019で見た注目技術
大学やベンチャー企業のテクノロジー見本市「イノベーション・ジャパン2019」で展示されていた技術を紹介していく。(2019/9/3)

蓄電、車載、医療など幅広く展開:
「電池事業を村田の中核に」村田製作所、中島氏
村田製作所は2019年8月28日、リチウムイオン2次電池などを製造する東北村田製作所の郡山事業所(福島県郡山市)を報道関係者に公開した。現地で事業に関する説明を行った同社の専務執行役員モジュール事業本部長の中島規巨氏は、「電池事業は産業のコメ。村田のポートフォリオの中核を担えるように育てていきたい」と話し、電池事業を主力事業の一つとして展開する方針を示した。(2019/9/3)

産業動向:
インバウンドに伴う店舗とホテルの高い需要などを背景に、全国的に地価は上昇傾向
国土交通省は、地価動向の調査を目的とした2019年第2四半期の地価LOOKレポートを公表し、全国の大半で緩やかに、地価が上昇していることを浮き彫りになった。(2019/9/3)

電気自動車:
フォーアールエナジーが電池転用で世界初の認証取得、日産リーフの電池を再製品化
ULは2019年8月19日、フォーアールエナジーに対し、電池の転用に関する評価規格UL1974に基づき世界初の認証を発行したと発表した。(2019/9/2)

社会実装で新たな技術課題が:
AIは品質・信頼性確保が急務、「日本が先行している」
2019年8月29〜30日に開催された「イノベーションジャパン2019」(東京ビッグサイト)で、JST(科学技術振興機構)は、AI(人工知能)の最新動向を紹介するセミナーを行った。JSTは、「機械学習が社会に実装され始めているのが第3次AIブームの大きな特長だ」と述べる。(2019/9/2)

「胸の揺れる回数を1コマずつ数えて吸った」 映画「このすば」福島潤が熱く語った舞台あいさつレポ
演技のためだからね、演技のため。(2019/9/8)

トルコの「全部」が合わなかった 三瓶、ワイドナショーで“早すぎる帰国”の真相語る “ダメ人間”ぶり露呈でお説教も
ダメ人間なのか……?(2019/9/1)

予約しないと有料 JR東海、新幹線で「特大荷物」持ち込みを事前予約制へ 東海道・山陽・九州で導入
3辺の合計が160センチを超える荷物が対象となります。【訂正】(2019/8/30)

磁気抵抗効果が従来の約800倍:
東京大学、新たな電子伝導現象を発見
東京大学は、非磁性半導体と強磁性半導体からなる二層ヘテロ接合を作製し、新たな電子伝導現象を発見した。磁気抵抗効果は従来に比べ約800倍の大きさになることを確認した。(2019/8/30)

FAニュース:
特定メーカーに依存しないスマート工場の構築へ、「Team Cross FA」が発足
FAプロダクツとオフィス エフエイ・コムは、スマート工場の建屋からIT、人、設備に至るまでのソリューションをワンストップで提供するコンソーシアム「Team Cross FA」を設立する。メーカー主導ではなく、さまざまな技術を持つベンダーがチームを組んで、スマート工場の技術を提供することが最大の特徴になる。(2019/8/28)

スピン経済の歩き方:
なぜ日本企業は「セコい不正」をやらかすのか
日本企業のセコい不正が後を絶たない。品質検査データをイジったり、燃費データを補正したり、最近はそのセコい手口が消費者まで拡大されている。その背景に何があるのか。スゴ腕弁護士が分析したところ……。(2019/8/27)

ドローン:
相対速度時速100kmでの無人航空機の自律的な衝突回避に成功
新エネルギー・産業技術総合開発機構らは、福島県南相馬市の広域飛行空域で、相対速度100km/hでの中型無人航空機の自律的な衝突回避試験を実施した。中型の無人航空機が有人ヘリコプターを探知し、自律的に衝突を回避した。(2019/8/21)

全国3カ所から展開予定:
旅先で無料レンタル 「HondaGO」が”バイク離れ”にストップ
本田技研が無料バイクレンタルを開始する。8月30日から。福島・京都・神奈川の宿泊地で。若年層のバイク離れにブレーキを掛けられるか。(2019/8/20)

「少しでも多くの笑いを」 ガリットチュウ福島、詐欺注意の“ポスターものまね”で活動再開 スリム内間は“光芸人”宣言
スリムクラブ内間さん「これからは、『光』で生きます」。(2019/8/20)

【経済インサイド】会津若松に外資や大企業が続々 ITビジネスの地方創生モデルに
人口減少など課題が山積の福島県会津若松市で、ITやデータ分析関連の拠点づくりが進んでいる。(2019/8/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
総距離1000キロ以上! 今後20年の鉄道開業計画を俯瞰する
リニア中央新幹線は静岡工区問題で2027年の開業予定が揺らぎつつある。北海道新幹線や長崎新幹線の開業計画も進行中だ。北陸新幹線の敦賀延伸も間近に迫っている。現在進行中の鉄道路線計画を年度別に俯瞰してみると、鉄道建設の全体像が見えるかもしれない。(2019/8/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。