「健康」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!健康→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で健康関連の質問をチェック

関連キーワード

金銭面、健康面…… 将来への不安はあっても、約2割が「何も対処しない」
これは辛い結果だ……。(2019/10/17)

ストレスによる健康リスクが高い業種ランキング、1位は?
ストレスチェック会社のHRデータラボは、ストレスの実態に関する調査結果を発表した。3万118人のデータを分析したところ、健康リスクが高い業種は……?(2019/10/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
髪の毛1本で病気を発見? 日本発「毛髪診断」が秘める可能性
健康診断には痛みや不快感が伴うことも少なくないが、その概念を変えるかもしれないプロジェクトが日本で進んでいる。「毛髪」の細胞から入手する健康データを分析する取り組みだ。私たちもこの研究に参加できる。日本発の技術が世界を驚かせるかもしれない。(2019/10/10)

国立がん研究センターなど病院に広がる「Azure」「Teams」 日本マイクロソフト、医療業界へのクラウド普及に自信
日本マイクロソフトが、ヘルスケア領域におけるクラウドサービスの導入事例を公表。がん手術の動画を「Azure」に集約している国立がん研究センターの例などを紹介した。同社は18〜20年の3年間で、ヘルスケア業界全体のクラウド利用率を4割から7割に引き上げるなどの目標を掲げており、進捗(しんちょく)は順調という。(2019/10/9)

「赤身肉と加工肉の削減に健康効果ほぼない」 加大学の調査研究の結果が賛否を呼ぶ
適度な加工肉の摂取は健康を害さない可能性を提示。(2019/10/9)

ヤフーが社食に「揚げ物税」導入 揚げ物を値上げして社員の健康増進
揚げ物の値上げ分で魚料理を値下げします。(2019/10/8)

医療機器ニュース:
労働生産性の向上に向けて、社員の肩こり対策の実証研究を開始
オムロン ヘルスケアとバックテックは、低周波治療器「HV-F013」と肩こり・腰痛対策サービス「ポケットセラピスト」を使用した実証研究に向け、導入効果検証を希望する協力企業の募集を開始した。(2019/10/8)

【経済インサイド】売り上げ健闘のペットボトル紅茶 理由は冷夏だけじゃない
 国内ペットボトル飲料市場で今夏、ちょっとした異変が起きた。気温が上がる夏場に販売数量が落ちるミルクティーを筆頭に、ストレートティーやフルーツティーなど、ペットボトル紅茶が健闘したのだ。その背景にあったのは、大人世代の健康志向に寄り添う味づくりと、暑さが長続きしなかった夏の不調、そして国内を席巻する“アイツ”の存在とみられている。(2019/10/1)

プロジェクト:
吹田市“健都”内アライアンス棟の整備・運営で、JR西日本不動産開発や大林組ら交渉権者に
吹田市が「健康・医療」の街づくりを進める健都で、アライアンス棟の施工予定者に大林組が選定された。同棟は、賃貸ラボ・オフィス、シェアラボ、クラスタ交流施設などの複合施設となる見通しで、2022年春の竣工を目指し、2020年冬に工事着手する。(2019/9/27)

【100歳時代プロジェクト】ネット活用「遠隔共食」 健康長寿阻む「孤食」解消へ
多くの人が100歳まで生きられるようになりつつある現在、さまざまな理由により、高齢者が独りで食事をする「孤食」が健康長寿の阻害要因と指摘されている。(2019/9/26)

視点:
デジタル化時代のヘルスケア企業の長期ビジョンと中期経営計画
中長期のヘルスケア業界を形作る4つのキートレンドを組み込んだ上で、デジタル技術をいかに取り込んでいくかを明確にする必要がある。(2019/9/25)

タニタがオリジナル「タニタ体操」を法人向けにサービス開始 オフィスワーカーの健康づくりエクササイズ
ラジオ体操のように、軽快な音楽に合わせて行う短時間エクササイズです。(2019/9/19)

空前のフィットネスブーム 業態多様化トラブル増
健康志向の高まりや来年に東京五輪・パラリンピックを控え、フィットネスブームに沸いている。市場規模は過去最高を更新し続け、平成29年には4610億円に。業態の多様化がブームを後押しするが、解約などをめぐるトラブルも目立つようになっている。(2019/9/18)

カメラで見守り、顔認証で支払い……。パナが吹田でスマートタウン
画像認識技術を活用した見守りや地域の医療機関と連携し、住民が健康アドバイスを受けられるなどのサービスを計画する。(2019/9/18)

人工知能ニュース:
豚の音声で健康状態や発情兆候、哺乳回数を検知するシステム開発へ
三菱ケミカルホールディングス、Hmcomm、宮崎大学は、豚の音声から健康状態や母豚の発情の兆候、哺乳回数を検知するシステム開発に向けた共同研究を開始する。熟練度の違いから生じるノウハウの平準化を目指す。(2019/9/18)

野口綾子、第1子妊娠をマタフォトで報告 37歳の高齢初産に「不安と喜びが入り交じりながら」
母子ともに健康でありますように。(2019/9/15)

味を損なわない工夫も:
ファミマが普通の「ソース焼きそば」を“健康強化枠”に 開発の狙いとは?
ファミマが2019年度下期に強化する商品群を発表。一見すると普通のソース焼きそばが「健康」カテゴリーに。どういった点で「健康」に気を使っているのか。(2019/9/14)

医療機器ニュース:
AI技術を活用した冠動脈内腔自動検出の成果
GEヘルスケア・ジャパンは、小倉記念病院との共同研究により、AIを活用して全自動で全ての冠動脈内腔を速やかに同定できるようになったと発表した。(2019/9/13)

Oracleのマーク・ハード共同CEOが病気療養のため休職
2014年からOracleの共同CEOを務めているマーク・ハード氏が健康上の理由で休職する。休職中はラリー・エリソン会長とサフラ・カッツ共同CEOが経営を担う。(2019/9/12)

ガッツリ系を攻略:
ファミマが“満腹需要”にロックオン! 健康志向が強まる中で、なぜ?
ファミマがガッツリ系の弁当やラーメンを強化する。「がっつり」「大盛り」「にんにく」というキーワードが並ぶ。健康志向が強まる中で、どんな狙いがあるのか。(2019/9/12)

禁煙や野菜料理で「社内コイン」を獲得 健康経営を支援する社内通貨システム――富士通総研、実証サービスを開始
富士通総研は、健康経営を支援する社内通貨システムの実証サービスを2019年10月から開始する。社内コインの獲得にゲーム性を取り入れ、楽しみながら健康増進に取り組める。獲得した社内コインは、社食や近隣施設で利用可能。データの集約・管理にはブロックチェーンを活用する。(2019/9/10)

「一つ一つ素敵な思い出ばかり」 療養中の「HY」宮里悠平が脱退、ファンに19年間の感謝を伝える
宮里さんは5月から療養中でした。(2019/9/5)

医療機器ニュース:
スマホアプリに、電子血圧計の測定値QRコードを読み取る機能を追加
エー・アンド・デイは、自社のBluetooth通信対応ICT健康機器に対応したスマートフォン健康管理アプリケーションに、医用電子血圧計で測定した血圧値のQRコードを読み取る機能を追加した。(2019/8/30)

パナソニックVS. シャープ 軍配は? 脱臭除菌で激突
パナソニックとシャープが、鉄道会社や自動車メーカー向けに除菌や脱臭効果をうたった微粒子イオンの発生装置販売でしのぎを削っている。近年は健康志向の高まりを背景に移動空間の快適性を求める需要が増えているといい、電機大手のライバル同士による販売合戦がますます加熱しそうだ。(2019/8/28)

今日のリサーチ:
サポートサイト優良企業、トップは化粧品・健康食品通販のオルビス――トライベック・ブランド戦略研究所調査
トライベック・ブランド戦略研究所は、「顧客サポート調査2019」の結果を発表しました。(2019/8/26)

医療機器ニュース:
循環器、腫瘍領域の技術開発と人材育成を目指す共同研究講座を設置
GEヘルスケア・ジャパンと神戸大学は、循環器および腫瘍学における新たな画像撮影技術や診断法の開発と、それらを担う医師、技術者の育成を目的とした共同研究講座「先進医用画像診断学部門」を設置した。(2019/8/26)

NHKの一部番組、民放ポータル「TVer」で見逃し配信 「受信契約の対象ではない」
「チコちゃんに叱られる!」「きょうの健康」などが見逃し配信されます。(2019/8/24)

「健康ミネラルむぎ茶」はなぜデカいのか? 不景気に逆行して増え続ける理由を伊藤園に聞いた
670mlもあります。(2019/8/16)

誰でも、どこでもマッスル飯 「低GI」食品→眠くなりにくく、手軽に栄養補給
健康志向やフィットネスブームで、タンパク質や良質な炭水化物を気軽に摂取でき、ダイエットやボディーメークにも効果的な“マッスル飯”が注目を集めている。以前はインターネットやスポーツジムなどでしか手に入れることができなかったが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでもコーナーが設けられるなど、市場が広がっている。(2019/8/15)

誰でも、どこでもマッスル飯 「低GI」食品→眠くなりにくく、手軽に栄養補給
健康志向やフィットネスブームで、タンパク質や良質な炭水化物を気軽に摂取でき、ダイエットやボディーメークにも効果的な“マッスル飯”が注目を集めている。(2019/8/14)

3Dプリンタニュース:
AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール
ジャパンヘルスケアは、AIによる写真解析と3Dプリンタを活用したオーダーメイドインソール「HOCO」を発表した。ユーザーがスマートフォンで撮影した写真をAIが解析し、3Dプリンタでそれぞれの足に合ったインソールを作製する。(2019/8/8)

高嶋ちさ子、出産近づき“母の顔”になった華原朋美と2ショット 「モンスター並みの食欲」に口あんぐり
健康そうで何よりだ。(2019/8/5)

調査で明らかに:
「カロリー」から「糖質・糖類」へシフト “健康気にする”市場に変化あり
「糖質オフ・ゼロ」や「糖類オフ・ゼロ」を表示する食品の市場が伸びている。一方で、「カロリーオフ・ゼロ」関連の市場は頭打ち。富士経済の調査から見えてきたトレンドとは?(2019/8/5)

ASUS、健康管理に適したスマートウォッチ「ASUS VivoWatch BP (HC-A04)」発売
ASUS JAPANが新型のスマートウォッチを発売。心拍数・健康データの測定や精神的ストレス状態のチェック、1日のアクティビティ確認をはじめ運動量のリアルタイムデータ、睡眠時間なども把握できる。(2019/8/2)

神戸市 「ヘルステック」で起業支援
神戸市は、医療や介護現場、健康増進などの課題解決を目指す「ヘルステック」分野で活躍する創業初期のベンチャー企業や起業家を対象にした事業支援プログラムを始める。(2019/7/29)

“やりがい”よりも重視すべきは……:
会社を辞める本当の理由は? 「離職招く要因」見つける新サービス
「離職」が企業の大きな課題となっている。離職理由として「やりがい」が挙がるが、大部分はそうではない。家庭や健康、人間関係の問題といった「ハイジーンファクター」だ。この部分に特化した分析サービスが発表された。(2019/7/22)

5Gと健康被害【第3回】
5Gは安全なのか悪影響があるのか、対立する研究結果の真実
5Gや携帯電話が健康に悪影響を及ぼすという研究結果と、健康に問題はないという研究結果。両者を比較検討すると、ある真実が浮かび上がってきた。また、信頼度の高い研究も進められている。(2019/7/19)

ガーミン、シリーズ最軽量のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を8月1日に発売
ガーミンジャパンは、8月1日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を発売。32〜36gという軽量モデルで、トレーニング機能や健康管理をサポートする機能も充実している。価格は2万4800円(税別)で、計4色をそろえた。(2019/7/18)

医療機器ニュース:
造影剤4製品の国内製造販売承認の承継が決定
GEヘルスケアは、第一三共が国内製造販売承認を保有する造影剤4製品の日本における独占的開発・販売権をGEヘルスケアに返還し、国内製造販売承認をGEヘルスケアファーマに承継することが決定したと発表した。(2019/7/11)

見よ、このわがままボディーを! 健康な重量級ネコちゃんのギャップが萌える
つぶらな瞳で見つめてきます。(2019/7/7)

5Gと健康被害【第2回】
携帯電話業界団体の研究結果「健康リスクが存在する証拠はない」
米国機関とイタリアの研究所が、電磁波による発がんリスクを指摘。これに対し携帯電話の業界団体GSM Associationは、携帯電話放射線は人の健康に影響を及ぼさないと否定した。(2019/7/5)

Facebook、「奇跡の治療法」や「痩せる薬」などの表示ランクを下げるアルゴリズム変更
Facebookが、ニュースフィードでセンセーショナルだったり誤解を招きそうな健康関連投稿の表示ランクを下げると発表した。「奇跡の治療法」や「痩せる薬」などを宣伝する投稿は表示されにくくなる。(2019/7/3)

50万人突破のドコモポイント投資 裏技を封じテーマ投資を始める理由
dポイントを使って疑似投資が行えるドコモのポイント投資が人気だ。利用者は50万人を超えて絶好調。これまでの世界分散型インデックス投資に加えて、ヘルスケア業界や日経225などに投資できるテーマ型投資を始める。合わせて封じる裏技の影響は?(2019/6/24)

米アダルトグッズメーカー、広告を拒否され地下鉄会社を訴訟へ 「ED治療薬の広告はOKなのになぜ」
性的な健康を目指す点はバイブレーターも同じなのに、男性向けのED治療薬だけ許されるのは性差別との主張。(2019/6/20)

医療機器ニュース:
次世代ラボの開発に向け、社会実装を目的としたコンソーシアムを設立
iPSポータルほか7社は、次世代ラボの開発に向け「COTO LABO コンソーシアム」を設立した。透明性、再現性、効率性を持つ次世代ラボを社会実装することで、ライフサイエンスにおけるデータの信頼性が高まり、ヘルスケア産業全体の発展につながる。(2019/6/20)

5Gと健康被害【第1回】
5Gが発生させる電磁放射線と健康リスクを巡る懸念
各国、各モバイル企業が5Gの導入を急いでいる。だが、5Gが発生させる電磁放射線に対する懸念については十分に議論、研究されているとは言えないようだ。われわれは5G導入を急ぎ過ぎてはいないだろうか。(2019/6/20)

Computer Weekly日本語版
5G導入は急ぎ過ぎ? 複数の機関が5Gの健康リスクを指摘
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/6/19)

FM:
健康促進と生産性向上に向け「ウェルネスサポートシステム」の開発に着手
大成建設ら3社は、オフィスで働く従業員のバイタルデータをリアルタイムで計測・分析する「ウェルネスサポートシステム」の開発に着手した。(2019/6/17)

IoTで肉牛の肥育を管理、鹿児島サンライズファームが全4000頭に導入
鹿児島サンライズファームは、同社が肥育する全ての肉牛に、牛の行動モニタリングシステム「U-motion」を導入する。センサーで収集した牛の行動データをクラウド上に蓄積し、牛の健康状態を管理する。(2019/6/14)

プロジェクト:
戸建て性能向上リノベーションで築36年が新築性能を上回る
YKK APが、福岡の健康住宅とのコラボレーションにより、戸建て性能向上リノベーション物件「福岡 橋本の家」を完工。断熱と耐震の面で新築物件の性能を上回る。(2019/6/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。