• 関連の記事

「樋口泰行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「樋口泰行」に関する情報が集まったページです。

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
“トラステッド”な日本の製造業は“イノベーティブ”で成功できるのか
顧客の信頼は守りたい。でもIoTやAIの活用に向けた変化も必要。ジレンマです。(2019/7/9)

FAニュース:
パナソニックが溶接現場の困りごと解決へ、浜松のスタートアップと協業
パナソニックは、自律型ロボットシステムソフトウェアを手掛けるスタートアップ企業のリンクウィズとの間で、溶接をはじめとする熱加工現場におけるプロセス改善に向けたソリューション開発に関する共同事業開発契約を締結したと発表した。(2019/6/18)

イノベーションのレシピ:
パナソニックがコンビニ運営に踏み出し、ファミマは無人店舗をためらわず
ファミリーマートとパナソニックは2019年4月2日、パナソニックの佐江戸事業場(横浜市都筑区)の一角に建設していた、IoT(モノのインターネット)を活用する次世代型コンビニエンスストアの実現に向けた実証実験店舗となる「ファミリーマート 佐江戸店(以下、佐江戸店)」を報道陣に公開した。(2019/4/3)

顔認証で入店・決済、ファミマとパナソニックが実証実験
ファミリーマートとパナソニックが横浜市に実験店舗をオープン。店内のカメラ映像から売り切れている商品を判断。両社員を対象に、顔認証で入店・決済できる仕組みも導入する。(2019/4/2)

製造マネジメントニュース:
パナソニックとJDAが合弁会社を設立、日本市場にSCMソリューションを提供
パナソニックとJDA Softwareは2019年4月1日、両社の合弁会社の設立に関する覚書を締結したと発表した。合弁会社では日本市場向けに工場、倉庫、流通業向けSCM(サプライチェーンマネジメント)ソリューションの提供を行う。(2019/4/2)

MONOist 2019年展望:
製造業のデジタル変革は第2幕へ、「モノ+サービス」ビジネスをどう始動させるか
製造業のデジタル変革への動きは2018年も大きく進展した。しかし、それらは主に工場領域での動きが中心だった。ただ、工場だけで考えていては、デジタル化の価値は限定的なものにとどまる。2019年は製造業のデジタルサービス展開がいよいよ本格化する。(2019/1/7)

製造マネジメントニュース:
パナソニックに48人のエバンジェリスト、モノづくりから流通まで困り事に応える
パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社は2018年12月17日、記者会見を開き、東京都中央区の同社本社に顧客接点強化のハブ拠点となる「カスタマーエクスペリエンスセンター」を設置したと発表した。CNS社が持つソリューションや製品を実際に体験することが可能な他、各分野の専門家が顧客とディスカッションしながらコンサルテーションを行う。同センターは2019年1月にオープンする。(2018/12/18)

スマート工場最前線:
総計2300機種もの異品種少量生産、パナソニック佐賀工場が生み出す価値とは
パナソニック コネクティッドソリューションズ社(CNS社)の直轄工場である佐賀工場は、2カンパニー、6事業部、17カテゴリーにわたる約2300機種もの生産を行っている。この異品種少量生産が最大の特徴となる佐賀工場は、CNS社がモノづくりソリューションを生み出すための課題発見の場にもなっている。(2018/11/14)

製造マネジメントニュース:
パナソニック樋口氏とサントリー新浪氏が語る、日本企業復活の条件
パナソニックのユーザーイベント「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」のシンポジウムに、同社 コネクティッドソリューションズ社 社長の樋口泰行氏と、サントリーホールディングス 社長の新浪剛史氏、大学院大学至善館 創設者・理事長の野田智義氏が登壇。「日本企業の復活」をテーマとするパネルディスカッションに臨んだ。(2018/11/1)

ロボット開発ニュース:
パナソニックが中国最大の火鍋チェーンの厨房を自動化も「まだ序章にすぎない」
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は、中国を中心に火鍋チェーンを展開する海底撈(ハイディーラオインターナショナル)が2018年10月28日にオープンする「北京自動化1号店」に、来店客が注文した火鍋の食材が載った皿をロボットが自動で取り出して並べる「自動おかず倉庫」を導入すると発表した。(2018/10/26)

製造マネジメントニュース:
樋口流パナソニックCNS社改革は3階建て「26年前に辞めた理由を一生懸命排除」
パナソニックは2018年5月30日、4つのカンパニーの事業方針を投資家向けに説明する「Panasonic IR Day 2018」を開催。コネクティッドソリューションズ(CNS)社については、2017年4月のAVCネットワークス社からの改称と同時に社長に就任した樋口泰行氏が説明した。(2018/5/31)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ウワサの「低価格Surface」は本当に発売されるのか
「Microsoftが2018年後半に400ドルの低価格Surfaceを投入する計画」というウワサは本当なのだろうか。Surfaceシリーズのこれまでの歴史と、Microsoftの現状から、その可能性を考える。(2018/5/22)

製造マネジメントニュース:
パナソニックCNS社の樋口氏が進める改革は海外へ、北米で新会社発足
パナソニックは、北米のシステムソリューション事業を強化する。コネクティッドソリューションズ(CNS)社に関連する北米の子会社を統合し「パナソニックシステムソリューションズ ノースアメリカ社」として新たにスタートさせる。(2018/1/16)

Microsoft Focus:
Microsoftの“今”を映し出す? カンパニーストアの人気グッズとMicrosoft流クリスマスツリー
東京・品川の日本マイクロソフト本社にあるカンパニーストア「The Microsoft Collection」の人気商品と、2017年末を飾る華やかながらもスパイスの効いたMicrosoftらしいクリスマスツリーを紹介しよう。(2017/12/23)

MONOist IoT Forum 東京(2):
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ
EE Times Japan、MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。同セミナーのIoTテクノロジートラックの模様をレポートする。(2017/12/13)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
「生きるか死ぬか」の世界で日本の製造業は生き残れるのか
「勝つか負けるか」ではなく「生きるか死ぬか」。現状はかくも厳しい。(2017/12/12)

MONOist IoT Forum 東京(1):
生きる熟練者の知恵、327工場を構えるパナソニックのIoT革新
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。同セミナーのレポートを3回に分けてお送りする。(2017/12/8)

CEATEC 2017:
パナソニックが描く第2の“二股ソケット”、つながる価値は次の100年を照らすか
パナソニックは、CPS/IoTの展示会として生まれ変わった「CEATEC JAPAN 2017」に出展し、IoTサービスとして体系化した「μSockets」を披露した。2017年10月から順次、サービス提供を開始する。(2017/10/6)

Microsoft Focus:
“変わらなくてはならない”企業に何を提供できるか MS平野社長が新年度メッセージに込めた思い
新年度を迎えた日本マイクロソフト。平野拓也社長が新たに掲げた「日本の社会変革に貢献する」企業像とは。(2017/9/23)

イノベーションのレシピ:
イノベーションの量産は可能か、パナソニックが目指す“コト作り”の製造装置
パナソニックは、2017年4月に新設したビジネスイノベーション本部の戦略として、社会課題の解決に向けたイノベーションを量産化する仕組み作りに取り組む方針を示した。(2017/7/27)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
パナソニックに見る日系製造業の“勝ち筋”
今持っているものの中で強いものをそのまま伸ばせば良いのです。(2017/7/13)

悪環境での使用に耐えるタフなPC:
パナのタフブック、凍っても壊れない新製品
パナソニックは、製造や物流、災害現場など、通常のIT機器が使えない環境に役立つ頑丈なモバイルPC「TOUGHBOOK(タフブック)」の新製品「CF-33」を発表。発表会の会場では、氷漬けにしたCF-33を起動させるデモを実演した。(2017/7/7)

製造現場向け機器:
凍らせても使える現場向け堅牢PC、タブレットとしての使用も可能
パナソニックは頑丈フィールドモバイルとして展開する「TOUGHBOOK」シリーズの新製品としてデタッチャブルPCタイプのフラグシップモデルを発売する。製造現場や警察、消防領域などでの普及拡大を進め2017年度は前年度比20%増を目指す。(2017/7/6)

パナソニックCNS社:
「ソリューションでやっていくと決めた」パナソニックCNS社 樋口社長
創業地である大阪を離れ、東京への本社移転を示したパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社。樋口社長は顧客ありきの姿勢を鮮明にし、ソリューションビジネスを強める方針である。(2017/6/27)

製造業IoT:
プラットフォーマーになれないパナソニックが描いた“勝ち筋”
パナソニック コネクティッドソリューションズ社はこのほど新社長に就任した樋口泰行氏が記者向けの懇談会に登壇。「現場」を基軸とした“ラストワンマイル”にこそ勝算があるとした。(2017/6/20)

有識者に聞く:
デジタル変革に求められるアナログ力とは?
「デジタルトランスフォーメーション」(DX)に成功している企業には、どのような特徴があるのだろうか。また、これからの時代でビジネスパーソンが活躍するためには、どのようなスキルが求められるのだろうか――。ガートナージャパンの有識者を取材した。(2017/6/19)

製造マネジメントニュース:
パナのコネクティッドソリューションズ社が本社を東京に移転「門真発想は限界」
パナソニックのコネクティッドソリューションズ(CNS)社の社長に就任した樋口泰行氏が投資家向け説明会に登壇。同社入社以降公の場に姿を見せるのは初となる。樋口氏は「(パナソニックの本社がある)門真発想では限界がある」と語り、顧客が集中する東京に本社を移転する方針を示した。(2017/5/31)

TechFactory通信 編集後記:
創業100年を控え、試されるパナソニックの本気度
家電中心の総合電器メーカーとして発展してきたパナソニックが、B2Bに重きを置いた改革を進めています。2018年に創業100年を迎える同社の「本気」が問われています。(2017/4/29)

製造マネジメントニュース:
パナソニックが売上高数百億円の事業部を複数創出へ「IoT時代は最大のチャンス」
パナソニックがイノベーション推進に向けたグループの研究開発戦略について説明。「IoTの時代を最大のチャンスと捉えて、新しい事業を作り出していく」(同社 代表取締役専務の宮部義幸氏)として、新設のビジネスイノベーション本部の活動により、現行37事業部と同等レベルに成長し得る事業を、数年内で複数創出していく方針を示した。(2017/4/20)

Microsoft Focus:
HoloLensで日本企業はどう変わる? 自民党のIT戦略特命委員長が体験
ヘッドマウントディスプレイ型デバイスを装着すると、現実空間に3Dの物体が浮かび上がり、つまんだり動かしたり、中を見たり、操作したりできる――。そんなマイクロソフトの「HoloLens」を体験した議員たちの感想は?(2017/3/11)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
パナソニックはIoTでもうけるために樋口氏を呼び戻した
復帰すること自体ではなく、復帰して何をするのかが重要です。(2017/3/7)

Microsoft Focus:
パナソニックに復帰のMS樋口会長、古巣で待つ新事業とは
25年振りに古巣、パナソニックに復帰する樋口泰行氏。同氏が担当するコネクティッドソリューションズは、どんな新事業を展開するのか。(2017/3/4)

日本MS樋口会長、顧問就任を撤回 パナソニック代表取締役に
日本マイクロソフトの顧問には就任せず、パナソニックの役員業務に専念するという。(2017/2/28)

日本マイクロソフトの樋口泰行会長が退任へ
現社長の平野氏に引き継ぐまで7年3カ月社長を務めていた。(2016/12/20)

スマートファクトリー:
加速するスマート工場、DMG森精機はパートナーにマイクロソフトを選ぶ
DMG森精機と日本マイクロソフトは、工作機械を中心とする制御システムセキュリティと、スマートファクトリー実現に向けて、技術提携を行うと発表した。(2016/9/12)

ESEC2016特別企画:
PR:IoTデバイスのビジネスチャンスを生み出す「Microsoft Azure Certified for IoT」
マイクロソフトの「Microsoft Azure Certified for IoT」は、OSやデバイスの種類を問わずクラウドへつながることを無料で認証するプログラムだが、単純な認証にとどまらず、さまざまな角度から「IoTビジネス」を推進するプログラムでもある。ESEC2016の会場で垣間見えたその魅力を紹介する。(2016/6/1)

Surfaceはファッションだ!:
これが未来型の百貨店か 三越伊勢丹メンズ館が「Surface」とコラボ
伊勢丹新宿本店メンズ館が、日本マイクロソフトの「Surface」とのタイアッププロモーションを実施中だ。三越伊勢丹のトップが語る「未来のデパートメントストア」って?(2016/2/18)

「IoTビジネス共創ラボ」発足、日本マイクロソフトら10社が参加――「1年で100案件創出目指す」
日本マイクロソフトら10社が、IoTビジネスの普及と拡大を目的とする「IoTビジネス共創ラボ」を発足。先進事例の共有やIoTプロジェクトの共同検証を行う。目指すはITとOTを融合する“緩やかな”組織だ。(2016/2/9)

日本マイクロソフトら10社、IoTビジネス拡大目指す「IoTビジネス共創ラボ」
日本マイクロソフトら10社が、Microsoft Azureを活用したIoTの普及とビジネス拡大を目的とする「IoTビジネス共創ラボ」を立ち上げた。製造や物流、社会インフラなどへのIoT活用を推進する。(2016/2/9)

「さっぽろ雪まつり」でオープンデータの実証実験、札幌市の狙いとは?
日本マイクロソフトと札幌市などが共同で、オープンデータの実証実験を行うと発表した。最近では自治体とITベンダーが観光分野で協力するケースが増えてきているが、札幌には特に実証実験に向く条件がそろっているという。(2016/1/21)

10月23日0時にPro 4予約開始:
「Surface Pro 4」と「Surface Book」はPC市場を活性化させるか――国内初披露の実機リポート
日本マイクロソフトが、新しいSurfaceシリーズの国内展開について発表した。発売日は「Surface Pro 4」が11月12日から順次、「Surface Book」は2016年初頭を予定する。(2015/10/23)

Surface Pro 4はWindows 10普及の立役者になるか タイプカバー、ペンも再設計
Windows 10搭載のタブレット「Surface Pro 4」が11月12日に国内で発売される。Pro 3の機能性を改善した“究極のタブレット”で、Windows 10の普及につなげたい考えだ。(2015/10/22)

Weekly Memo:
マイクロソフトが説く「テレワーク実践の勘所」
日本マイクロソフトが先週、テレワークの取り組みについて記者会見を開いた。その有効性について初公開の話があったので取り上げておきたい。(2015/8/17)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
日本MS新体制で、「Lumia」シリーズの国内展開はどうなる?
7月に経営体制を刷新した日本マイクロソフト。新社長の平野氏のもとでモバイル分野はどう変わるのだろうか。米国ではスマホ事業のリストラやLumiaの継続投入など動きが激しくなってきた。(2015/7/27)

MS新社長、方針発表:
デバイス中心から「人」中心のビジネスを加速――日本マイクロソフト、2016年度の経営方針を発表
2015年7月2日、日本マイクロソフトは2016年度の経営方針についての記者会見を実施。「個人が複数デバイスを使用する現在、デバイスやプラットフォームを越えたユーザーの利用価値・体験の向上が重要」とし、三つの重点分野を掲げた。(2015/7/3)

日本マイクロソフトの平野新社長が語る、変革へのビジョンと経営者の視点
人事発表から4カ月、日本マイクロソフトの新社長に平野拓也氏が就任。具体的なビジョンや経営方針について説明した。社長に就任したことで、物事を判断するための考え方も確立したという。(2015/7/3)

これからのWindowsは「製品ではなく体験」 日本マイクロソフト、平野新社長が就任
日本マイクロソフトの新社長に平野拓也氏が就任。「徹底した“変革”の推進」を掲げ、リリースが近いWindows 10の普及などに取り組む。(2015/7/2)

Surface 3は想定を超える初動:
「コアは変革という言葉」──日本マイクロソフト、平野“新体制”が始動
平野拓也氏が新しい執行役社長に就任し、「すべて彼が選んだ役員」と樋口前社長が述べる新しい体制が動き出した。日本マイクロソフトの変わる姿を新社長が語る。(2015/7/2)

“果物マーク”よりMicrosoftマーク?――「Surface 3」発売記念イベント、ヨドバシAkibaで開催
6月19日、MicrosoftのWindowsタブレット「Surface 3」のLTEモデルが世界に先駆けて発売された。これを記念した発売記念イベントが、ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaで開催された。【追記あり】(2015/6/19)

ビックカメラ有楽町店にWindowsエリアがオープン:
売り場拡大で対アップルに自信――Surface 3販売開始
Surface 3の発売日を迎え、ビックカメラ有楽町店に日本マイクロソフトの樋口氏らが訪れた。同店舗にはPC売り場をリニューアルした「Windowsエリア」がオープンする。(2015/6/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。