• 関連の記事

「IBM Cloud」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IBM Cloud」に関する情報が集まったページです。

IBM Champion for Cloud 2019が評価:
PR:IBMのRed Hat買収の成果「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」によって、複雑なマルチゾーンのOpenShiftクラスタの構築はどれほど簡単になるのか?
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。今回はIBM Champion for Cloud 2019に選出された平岡大祐氏に、その知見・ノウハウを体感できる記事を執筆していただいた。昨今のDXトレンドなどについて聞いたショートインタビューとともに、3回にわたって「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」の実践的な活用方法をお届けする。(2019/10/18)

機密データの半分は暗号化されていない:
「企業はクラウドのデータセキュリティへの適切な対応を怠っている」 タレス調査
タレスが実施した「クラウドセキュリティ調査レポート2019」では、クラウドの普及が進んでいる一方で、クラウドのデータセキュリティに対しておろそかになっていることが明らかになった。(2019/10/18)

転換期のハイブリッドクラウド【第4回】
「Anthos」などマネージド「Kubernetes」をハイブリッドクラウドに使う意味は
ハイブリッドクラウドの構築に「Kubernetes」を活用しようとする動きがある。Kubernetesを用いる利点と、関連する製品/サービスを紹介する。(2019/10/18)

「コンテナプラットフォーム」の次は?:
IBMによるRed Hatの買収は、OpenShiftの製品戦略に影響を与えるのか
IBMによるRed Hatの買収は、ハイブリッドクラウドに向けたRed Hatが有する資産の中核といえる、「Red Hat OpenShift Container Platform」の製品戦略に影響を与えるのか、与えないのか。同製品の今後と合わせ、レッドハットのクラウドプラットフォームビジネスユニット製品担当バイスプレジデントであるジョー・フェルナンデス氏と、同クラウドプラットフォームビジネスユニットの製品担当、マリア・ブラッチョ氏に聞いた。(2019/10/2)

日本IBMが日本航空の新システム基盤を構築、3つのクラウド基盤を統合運用
日本IBMは、日本航空のハイブリッドクラウド基盤とその統合管理システムを構築し、全面的な運用を開始した。統合管理基盤でプライベートとパブリック、専有と共有など、性質やベンダーが異なるクラウド基盤をまとめて管理する。(2019/9/30)

IBMのダグ・デイヴィス氏に聞いた:
「FaaS、PaaS、CaaSの間の垣根を取っ払う」Knativeの可能性と課題とは
「FaaS、PaaS、CaaSの区別などどうでもいい」。Knativeが持つ最大の魅力はこう言えることだと、CNCFサーバレスワーキンググループでCo-chairを務めるIBMのダグ・デイヴィス氏は話す。一方、Buildのプロジェクトからの離脱などの心配要因もある。デイヴィス氏に、Knativeの可能性と課題を聞いた。(2019/9/24)

日本IBM、新型メインフレーム「z15」発表 データ漏えい防ぐ新機能搭載
日本IBMがメインフレームの最新モデル「IBM z15」を発表。17年に発売した「z14」の処理能力を高めたモデルで、サイズを19インチフレームに小型化した。外部と連携した環境下で使われるデータを保護する機能「IBM Data Privacy Passports」を搭載する。(2019/9/13)

Computer Weekly製品ガイド
最新ハイブリッドクラウド管理製品の選択
クラウド管理問題の解決を目指す企業が考慮すべきさまざまな要因を解説する。(2019/9/3)

「パブリック」と「プライベート」、2つのクラウドの垣根があいまいに?
(2019/8/30)

「量子安全」なテープストレージも:
IBM、量子コンピューティング時代に対応した安全な暗号サービスをクラウドで提供へ
IBMは、将来の量子コンピューティング時代を見越した一連のサイバーセキュリティの取り組みを発表した。クラウドで転送中のデータの暗号化や、TLS/SSLの実装の強化などを2020年までに進める。量子コンピュータによる暗号解読に対応したテープストレージも開発した。(2019/8/27)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(13):
6人で仮想サーバ850台、150VLANのプライベートクラウド運用からハイブリッド化へ――東レシステムセンターが直面した課題と解決策
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。東レシステムセンターの事例では、ハイブリッドクラウド化のポイントを中心にお届けする。(2019/8/29)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(11):
NISSHA(日本写真印刷)が全社APサーバのクラウド化を実質4カ月で完了できた理由
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。NISSHAの事例では、クラウド化プロジェクトの背景、歴史、方策、効果、パートナーに求める5つのことを中心にお届けする。(2019/8/22)

モビリティサービス:
事故発生を自動検知し周辺状況も把握する自動車保険、支払いまでの期間も半減へ
あいおいニッセイ同和損保は、テレマティクス技術を活用した新たな事故対応サービス「テレマティクス損害サービスシステム」を開発した。システム導入による効果として、これまで対物賠償保険金の支払いまでにかかっていた時間を約50%短縮できるという。(2019/8/13)

Google Cloud Next '19 Tokyo:
Googleが“激戦”クラウド業界に投じた切り札 「Anthos」とは何か
AWSやAzure、IBM Cloudなどの競合がひしめくクラウド業界に、Googleが新たな一石を投じている。それまでの自社製品一択の戦略からマルチクラウド戦略への転換を支える新製品の流れを追った。(2019/8/7)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(8):
クラウドや仮想化に夢見る時期は過ぎた――創立120周年の福井銀行が明かす地銀分散系システム変革の歴史
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。福井銀行の事例では、VMware on IBM Cloudを活用した移行の背景とポイントをお届けする。(2019/8/6)

将来のクラウド活用やDXを見据えた選択を:
PR:「オールフラッシュはまだ高い」は本当か? 限られた予算でデータ管理を“モダナイズ”するための最適解
オールフラッシュのメリットは十分に理解しているが、問題は価格──。中堅・中小企業からはそんな声を聞く機会が増えてきた。オールフラッシュストレージは、エントリー向けの最小構成モデルでも導入時に500万円を超えるケースがほとんど。そんな中、ネットアップが中堅・中小企業でも手が届く新たなオールフラッシュモデルを提供開始した。最小構成で270万円からという新モデル「AFF C190」を投入した狙いを、ネットアップの神原豊彦氏と大野靖夫氏に伺った。(2019/8/8)

Weekly Memo:
データセンターをマルチクラウド利用の起点に――クラウドサービス最新事情
大手のデータセンター事業者が相次いで興味深い取り組みを発表した。その動きから、企業におけるクラウドサービス利用の最新事情を探ってみたい。(2019/7/29)

お台場で建設が進む巨大データセンター「TY11」の中をのぞいてみた
エクイニクスが東京都内に開設した最新のデータセンター「TY11」を報道陣に公開。世界各地との高速接続をかなえる設備をはじめ、コスト効率から周辺環境へのメリットにまで配慮したという中身とは。(2019/7/25)

ベテラン記者が裏側を読み解く:
AWS、MS、Google――群雄割拠の“クラウド戦国時代”を制するのは誰だ?
企業向けのクラウドは、ここ数年で圧倒的に充実し、IaaSやPaaSなどその機能や運用の選択肢も増えた。顧客やニーズの変化を受け、大手ベンダーはときに競い合い、ときに手を組む。その裏側に見える各社の狙いや、未来への展望を探った。(2019/7/16)

転換期のハイブリッドクラウド【第2回】
AWS、Azure、IBM、国産 「VMware」ベースのハイブリッドクラウド製品の違いは
ハイブリッドクラウドの運用を実現する手段として、オンプレミスで幅広く利用されているVMware製品ベースの仮想環境を、クラウドにも構築する製品がある。ベンダーによる製品特性の違いを考察する。(2019/7/23)

これから始める企業のためのコンテナ実践講座(終):
マネージドサービス? 自前構築? Kubernetesを本番環境で使うにはどうすればよいのか
大量のコンテナ管理や負荷分散を実現する「Kubernetes」について概要から本番活用の仕方まで解説する本連載。最終回は、Kubernetesはどのような環境で構築すればいいのかについて、具体的な方法やポイントを解説します。(2019/7/1)

IBMのクラウド戦略は第2章へ 真のハイブリッド、マルチクラウドに注力
IBMが先行するAWSに追いつくためには「第2章」の戦略が必要になる。(2019/6/25)

IBM Cloud、接続拠点を大阪に新設 閉域接続サービスを西日本へ展開
IBMは、大阪に「IBM Cloud」の接続拠点を新設し、企業のリモートネットワーク環境とIBM Cloud間をプライベート接続する「IBM Cloud Direct Link」を提供開始。DC事業者や通信会社経由の接続や、専有ポートによる専用線接続を提供する3サービスを用意する。(2019/6/25)

日本IBM、大阪にクラウドサービスの接続拠点を開設 西日本で初
日本IBMは大阪に西日本初となるネットワーク接続拠点を開設したと発表した。(2019/6/21)

転換期のハイブリッドクラウド【第1回】
Microsoft、AWS、Google、IBM、Oracleの「ハイブリッドクラウド」の本気度は?
主要クラウドベンダーは、ハイブリッドクラウドにどう向き合い、どのような製品を提供しているのか。クラウドベンダーのハイブリッドクラウドに対するスタンスや製品展開の方向性を整理する。(2019/6/24)

見え隠れするMSの真意
AWSやGoogleとは違う、MicrosoftのAIプラットフォーム戦略
オープンソースソフトウェアも活用し、AIプラットフォームの強化を続けるMicrosoft。バイスプレジデントのガスリー氏は、競合他社とは異なる戦略があると語る。(2019/6/19)

Common SQL Engineを更新して多様なデータソースに対応:
IBM、最新DB「Db2 V11.5」でAIやデータサイエンスへの対応を強化
IBMは、RDBMSのメジャーアップグレード版「Db2 V11.5」を発表した。企業がAIやデータサイエンスをデータベース管理プロセスに導入し、AIをより容易にアプリケーションに組み込み、データからより大きな洞察を引き出せるように設計した製品。新たに製品系列を3つのエディションに整理した。(2019/6/6)

DXは今のビジネスの必要条件:
20年以上Yahoo! JAPANを運営するヤフーは「モダナイゼーション」にどう取り組んでいるのか?
日本の企業はデジタルトランスフォーメーションにどう関わるべきか。モダナイゼーションにどう取り組むべきか。20年以上Yahoo! JAPANを運営するヤフーの事例や、ベンダーとして多くの企業の相談に乗ってきた日本IBMの講演、そして、両者の議論から探る。(2019/6/4)

「Dell Technologies World 2019」から分析:
衝撃のEMC買収から3年 Dell Technologiesが遂げた“意外な成長”の理由
2016年、DellによるEMCの買収劇は、市場に大きな衝撃を与えた。それから3年、度重なる買収劇で生まれたDell Technologiesはどう生き残ったのか? 長年取材を続けるジャーナリストが、その戦略展開を分析した。(2019/5/22)

IBMテクノロジーの“認定インフルエンサー”、「IBM Champions」からのメッセージ:
PR:もっとスケーラブルなWordPress実装をKubernetesクラスター上にデプロイする
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。2008年に創設され、2018年までにグローバルで計650名、うち日本人は計51名が選出されている。では彼らが見ている“テクノロジー最先端の風景”とはどのようなものなのか?――編集部では、2018年にIBM Championsに選ばれた三人に記事執筆を依頼。「言葉」ではなく、具体的な「知見・ノウハウ」を通じてメッセージを発信してもらった。ぜひ実際に頭と手を使って、彼らの視点を体感してみてはいかがだろう。(2019/5/21)

PR:月間約725億ページビューを誇る日本最大級のインターネットサービスを支え、高度なビジネス要件を満たすプライベート・クラウド基盤構築に向けた挑戦
1996年にサービス提供を開始し、2018年2月の時点で、月間約725億ページビューのインターネットサービスへと成長した「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフー株式会社(以下、ヤフー)。同社は、プライベート・クラウド基盤のストレージにIBM Cloud Object Storageを導入しました。日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)の検証用データセンターを活用し、本番環境と同様、複数拠点間での冗長化構成でIBM Cloud Object Storageを活用したストレージを構築する検証を実施。それを経て、まずは、最も機密性を求められるデータ保存領域である「高セキュリティエリア」に導入。インフラの運用管理性が大幅に向上し、今後「社内システム用エリア」など適用領域を拡張していくことを計画しています。(2019/5/14)

特集:日本型デジタルトランスフォーメーション成功への道(10):
クラウドに対する淡い期待を5つ持っていませんか?――富士フイルム柴田氏が明かす、現実とのギャップの解消方法
近年、既存システムのクラウド移行を検討する企業が増えている。移行のハードルも下がってきており、「データを外に出せない」「セキュリティが心配」といった不安は着実に解消されつつある。一方で、クラウドに移行したにもかかわらず、「コストが増えた」「手間が増えた」といった声が聞こえてくるのは、なぜなのか? 自社に最適なサービスを選択し、「コスト削減」「ビジネスへの寄与」を実現するには何から始め、何をすればいいのか? どうすれば移行を成功させ、社内できちんと成果を評価してもらえるのか? 富士フイルムホールディングスの取り組みから「成果につながるクラウド移行」実現のポイントを探る。(2019/4/26)

日本IBM 三澤智光氏×Publickey 新野淳一氏の対談で探る:
PR:一般的な日本企業が、オンプレミスとクラウドの間にある「崖」を埋め、デジタルトランスフォーメーションを実現していくには
クラウドが、PoC(実証実験)やSoE(Systems of Engagement)アプリケーションのインフラとしてだけではなく、基幹システムも含めた既存システムの移行先としても検討されるようになってきた。SoR(Systems of Record)領域の既存ビジネス/システムを安全、確実にモダナイズしながら、SoE領域の取り組みを推進するには何が必要か。クラウドに求められる要件とは何か。(2019/4/15)

セキュリティ/可用性もクラウドで:
PR:中小企業のWebサイト1万件を支える社長が語る、Webをビジネスに生かすための極意
1万以上に上る中小企業のWebサイトを支えているガーディアンの青山裕一社長に、中小企業や自治体のWebサイトを成功させるコツを聞くと、「運用を開始した後、成果を出すための努力を継続することが重要」と話す。だが、人も金も少ないところは、どうすればいいのだろうか。(2019/3/27)

“テクノロジーの最先端”を体感してみよう:
PR:IBMテクノロジーの“認定インフルエンサー”、「IBM Champions」からのメッセージ
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。2008年に創設され、2018年までにグローバルで計650名、うち日本人は計51名が選出されている。では彼らが見ている“テクノロジー最先端の風景”とはどのようなものなのか?――編集部では、2018年にIBM Championsに選ばれた三人に記事執筆を依頼。「言葉」ではなく、具体的な「知見・ノウハウ」を通じてメッセージを発信してもらった。ぜひ実際に頭と手を使って、彼らの視点を体感してみてはいかがだろう。(2019/4/24)

オンプレミス寄りか、クラウド寄りか
「ハイブリッドクラウド」を実現する製品とは? 選定の勘所は?
オンプレミスとパブリッククラウドが併存するハイブリッドクラウドを構築する動きが広がっている。管理ツールを中心に、関連製品の選定ポイントや今後の注目動向などについて、ITRの甲元宏明氏の話を基にまとめる。(2019/3/26)

AWS vs. MS vs. Google(第2回)
局地戦でAWSに勝利したMicrosoftとGoogleだが……
MicrosoftとGoogleがAWSから顧客を奪うことに成功した。AWSに対する小売業界の懸念と合わせるとAWSが劣勢に立たされているように見える。だが果たしてそれだけだろうか?(2019/3/22)

オンプレミスよりも信頼性が高いのはなぜか
Amazon、Google、IBM 各ベンダーの「クラウドベースIAM」を比較する
Amazon、Google、IBMは、それぞれクラウドサブスクリプションの一部として、IDおよびアクセス管理(IAM)サービスを提供している。企業はこうしたサービスの利用を開始する前に、それらを慎重に評価する必要がある。(2019/3/19)

製鉄プラントの故障復旧をWatsonが支援 必要な情報はモバイルで検索――JFEスチール、全製造ラインに導入
JFEスチールは、「IBM Watson」を活用した製鉄プラントの制御故障復旧支援システム「J-mAIster」を開発し、全製造ラインに導入。故障などが発生した際、保全担当者がモバイル端末で過去の事例や復旧に必要な情報を効率的に検索できるようになり、復旧時間を大幅に短縮できたという。(2019/3/11)

テニスのプレイデータで、指導メソッドの高度化や観戦体験の価値向上へ――慶大と日本IBM、「横浜慶應チャレンジャー」で共同検討を開始
慶應義塾大学と日本IBMは、テニスプレイ時のデータ収集、活用と指導メソッドに関する共同検討を開始。2019年2月25日から開催される国際テニス大会「横浜慶應チャレンジャー」でデータ収集、分析を行い、大会会場や公式サイトでスタッツデータの公開も行う。(2019/2/28)

MongoDBも正式提供へ:
IBMがマネージドIstio、マネージドKnativeの提供開始を発表
IBMは2019年2月12日(米国時間)、IBMのマネージドKubernetesサービス「IBM Cloud Kubernetes Service」上でのサービスメッシュ技術Istioのβ提供開始、およびサーバレス構成技術Knativeの試験的提供開始を発表した。関連して、「IBM Cloud Database for MongoDB」のプライベートプレビュー提供も開始したという。(2019/2/14)

IBM、Watsonを“どんなクラウドでも”実行可能に Kubernetes対応
IBMが、Watsonを「あらゆるクラウド上で使えるようにする」と発表。Kubernetesをベースにした「IBM Cloud Private for Data」の機能としてWatson Assistantなどを追加。(2019/2/13)

ウェルネスを応援するポイントサービス「ウェルちょ」 ブロックチェーンで安全性も担保――三井物産ら、共同実証へ
三井物産は、健康を意識した買い物でポイントがたまる共通ポイントプログラム「ウェルネス貯金(ウェルちょ)」を開始。たまったポイントでマッサージや健康診断などを受けられる。システム基盤には、IBMのブロックチェーン技術を活用し、高い改ざん耐性やセキュリティを担保した。(2019/2/14)

Kubernetes上で動作:
IBM、「Watsonをあらゆるクラウドで動かせるようになった」と発表
IBMが、米サンフランシスコで開催中の「IBM Think 2019」で、「Watson anywhere」を発表した。同社にとって主力の機械学習/AI製品が、他社パブリッククラウドを含むあらゆる環境で動かせられるようになったという。(2019/2/13)

クラウドは“選ぶ”から“組み合わせる”フェーズに:
PR:“真のマルチクラウド”はどうすれば実現できる?――今、あらためて直面するクラウドの課題解決に向けgrasysができること
クラウドの登場からおよそ10年が過ぎ、さまざまなクラウドベンダーが提供するサービスや機能は数百に上るようになった。だが、それらを複数のクラウドをまたがって自由に利用できるようにはまだなっていない。「真のマルチクラウド」はどうすれば実現できるのか。ほぼ全員が元プログラマー出身のエンジニアで構成されているというユニークなインフラ会社grasysの代表取締役社長である長谷川祐介氏に話を聞いた。(2019/2/12)

Cloud ACIはクラウドの機能をそのまま生かす:
シスコがCloud ACIや2ノードHyperFlex Edgeを国内発表
シスコシステムズは2019年2月6日、ネットワーク仮想化の「Cisco ACI」と、HCI製品の「Cisco HyperFlex」で、それぞれ適用範囲を広げる国内発表を行った。ACI関連ではパブリッククラウドへの拡張、HyperFlex関連では(真の)2ノード構成への対応が注目される。(2019/2/6)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(48):
話題の「サーバレス」! でもそれってそもそも何だっけ? 全体像を一気に理解しよう!
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第48弾として、Cloud Native Computing FoundationのServerless Computing Whitepaper v1.0日本語翻訳版を、『サーバレスコンピューティングとは何か』と題してお届けする。(2019/1/10)

DevOps実践では文化の適合も大切:
DevOps実践で4割以上の企業がビジネス成果、IDCが調査
IDC Japanが企業を対象に実施したDevOpsの実践状況に関する調査結果によると、DevOpsを実践している企業の割合は28.1%。その内41.4%の企業が、DevOpsの実践によってビジネス成果が出ていると回答した。51.1%がクラウドを利用し、86.2%がコンテナ技術を使用していた。(2018/12/28)

KubeCon + CloudNativeCon 2018詳報(5):
Knativeでサーバレスは、クラウドによるロックインの超越に向かう
「サーバレス」、そしてKnativeは、KubeCon + CloudNativeCon 2018における大きな話題となった。ではあらためて、サーバレスとは何なのか。多数のサーバレスOSSがある中で、Knativeが特に注目されるのはなぜなのか。(2018/12/27)

日本企業のクラウド化を阻む“最大の要因”とは?:
PR:IBM Cloudなら「国内AZ」で安全・確実に移行できる、これだけの理由
金融、製造、流通など、あらゆる業種で「既存システムのクラウド移行」の議論が進む中、企業がクラウドに求める要件も高度化しつつある。では今、多くの企業が求めている「エンタープライズシステムに不可欠な要件」とは何か? IBM Cloudはそれにどう応えているのか? 国内AZ(アベイラビリティゾーン)の提供をはじめ、リフト&シフトの技術的・心理的ハードル解消に向けて大掛かりなアップデートが施されたIBM Cloudの強化ポイントを聞いた。(2019/1/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。