「画像認識」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「画像認識」に関する情報が集まったページです。

マスクやサングラス着用でも顔認識 防犯&マーケティング向けAIサービス
トリプルアイズは、同社の画像認識プラットフォームを導入した防犯&マーケティングAIソリューションシステムを発表した。日本防犯システムが販売を行う。(2019/12/9)

顔認証:
顔写真1枚登録で99%以上の高精度を実現した顔認証システムを開発、JCV
日本コンピュータビジョン(JCV)は、顔写真を1枚登録するたけで、高速・高精度な顔認証を行えるソリューション「JCV Total Building Access Solution」を開発した。(2019/12/9)

「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」レポート:
「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」の現状とこれからについて、「TikTok Ads Annual Marketing Event 2019」で明らかになった内容をまとめた。(2019/12/8)

3月14日開業、高輪ゲートウェイ駅に初導入「QR改札」って何? 何がいいの?
「QRなんて、交通系ICより遅いだろ、邪魔そう」「いや、Suicaにできない特別なきっぷをQR化するのでは」などの声。(2019/12/6)

AWS re:Invent 2019:
AWSを5Gキャリアのエッジロケーションに設置、モバイルデバイスから利用できる「AWS Wavelength」発表 国内ではKDDIが提携
AWSが米ラスベガスで、年次イベント「AWS re:Invent 2019」を開催。5GキャリアのエッジロケーションにAWSのインフラを設置する「AWS Wavelength」を発表した。5Gのモバイルデバイスから非常に小さなレイテンシで、エッジロケーションに置かれたAWSのコンピュートやストレージなどにアクセスできるようになる。(2019/12/5)

安全で低遅延:
遠隔モニタリングを手軽に、P2Pプラットフォーム
AnyConnectは「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で、IoT(モノのインターネット)ビデオデバイス向けのP2P(Peer to Peer)接続ソリューションのデモを展示した。(2019/12/4)

第6回鉄道技術展2019:
オムロンがAI、ロボティクス、IoTを活用した近未来の駅のカタチを提案
オムロン ソーシアルソリューションズは「第6回鉄道技術展2019」に出展し、AI(人工知能)、ロボティクス、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を活用した“人と機械が融和する新しい駅のカタチ”を提案していた。(2019/12/3)

学習プロセスを効率化:
新商品の事前学習は不要 画像認識型無人レジシステムが実証実験へ
東芝テックとNTTコミュニケーションズは、効率的な商品画像の学習ができる「画像認識型無人レジシステム」の実証実験を行う。NTT独自のAI技術により、少数の商品画像で学習でき、事前の画像認識作業を削減できる他、未登録商品は購入時のスキャン画像を基に商品情報を自動生成する。(2019/12/2)

IIFES2019:
バラ積み部品を高速認識、オムロンがロボットハンドに搭載できる3D認識技術を披露
オムロンは「IIFES2019」(2019年11月27〜29日、東京ビッグサイト)において、ロボットハンドに搭載し、バラ積み部品を高速に認識する3D画像センシング技術を披露した。また、より小型の部品を認識できる技術も参考出品した。(2019/12/2)

AIでリアルタイムに交通量を調査 服装などのトレンド情報も収集可能
Intelligence Designは、IoT端末を用いて安価に交通量調査を行える自動化サービス「IDEA counter」を発表した。(2019/12/2)

製造業IoT:
東芝Nextプランはフェーズ2へ、2020年からは工場のようにIoTサービスを量産
東芝が技術戦略説明会を開催。同社 執行役専務 CTOの斉藤史郎氏と、コーポレートデジタイゼーションCTO&デジタルイノベーションテクノロジーセンター長の山本宏氏が登壇し、2018年に発表した「東芝Nextプラン」に対して技術戦略がどのように進捗しているのかを説明した。(2019/11/29)

変革の最後の一手は:
足かけ10年の組織変革 コニカミノルタが語る「DX推進」に必要なもの
コニカミノルタは、複合機とITサービスの進化型統合プラットフォーム「Workplace Hub」をDXの一環として展開している。同社で“画像IoT”の技術開発をけん引する江口俊哉氏にDX推進に向けた取り組みを聞いた。(2019/11/27)

手書き文字をAIが電子データ化、月額3.3万円のクラウドOCRサービス開始 NTT西
ディープラーニングAIによる画像認識技術と文章の前後関係を判定する自然言語処理の組み合わせに加えて、ゆがみや傾きの自動補正、訂正マーク部分の文字飛ばしにも対応。中堅中小企業向けのサブスクリプションサービスとして提供する。(2019/11/26)

IIoT向け製品を一挙公開:
5kHzの高周波も検知する加速度センサー、STマイクロ
STマイクロエレクトロニクスは、「ET&IoT Technology 2019」(2019年11月20〜22日、パシフィコ横浜)で、5kHzの高周波も検知する加速度センサーによる予知保全や組み込みAI(人工知能)を用いた画像認識など、同社が展開するIIoT(インダストリアルIoT)をターゲットにした製品とそのデモを展示した。(2019/11/26)

ET&IoT Technology 2019:
ソシオネクスト、量子化DNNエンジンをデモ展示
ソシオネクストは、「ET&IoT Technology 2019」で、AIエッジコンピューティング向け量子化DNN(Deep Neural Network)ソリューションを参考展示した。(2019/11/27)

車載ソフトウェア:
安全運転支援システムの開発をサポートするAIプラットフォーム
ディジタルメディアプロフェッショナルは、安全運転分野向けAIプラットフォーム「ZIA SAFE」を発表した。ドライブレコーダーを使った安全運転支援システムの構築を、ZIA SAFEでサポートする。(2019/11/25)

AIがオレオレ詐欺を防ぐ 音声と画像を分析して判定
特殊詐欺による被害を抑えるツールとしてAIを活用した音声認証技術と、画像認識技術に期待が集まっている。(2019/11/25)

「専門家でなくても扱えるDLソフトウェア」:
PR:ベンダーも悩むDL導入の「時間がかかる」問題 どう解決する?
DLは企業の生産性の向上が期待できる技術だ。だが実際に使い始めると幾つもの課題に直面する。それはDLサービスを提供するベンダーも同じだという。日立製作所にこうした課題への対策について話を聞いた。(2019/11/25)

Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYOレポート:
PR:小売店舗の未来形とは、AI需要予測や3D LiDARによる来店客の行動検知、指静脈決済などで貢献
日立製作所のプライベートイベント「Hitachi Social Innovation Forum 2019 TOKYO」のリテールコーナーでは「小売現場の高度化」をテーマにさまざまな展示を行った。西友との協創事例の他、3D LiDARによる来店客の行動検知、指静脈認証による決済など独自技術のデモンストレーションを披露し、来場者の注目を集めた。(2019/11/29)

ガス圧接継手をAIで検査 NTTコムウェアと清水建設が実証実験
NTTコムウェアは清水建設と共同で、画像認識AIによるガス圧接継手検査の実証実験を実施する。従来の目視検査とAIの画像認識結果を比較して判定精度や作業時間、操作性などを検証する。(2019/11/22)

AI:
「鉄筋継手」をAIで自動検査、NTTコムウェアと清水建設が2020年に試験運用へ
NTTコムウェアは、業務量が膨大な一方で、熟練者の経験に依存している鉄筋継手の検査業務を、独自のAIで自動化する技術を開発した。スマートデバイス上のアプリから撮影するだけで、継手部分の球の形状が適正化かを判定する。2020年中の実用化を目指し、同年1月から、ともに開発を進めてきた清水建設の実現場でトライアルを開始するという。(2019/11/22)

第5回ROBO-ONE autoレポート:
あの自律ロボットバトルがリニューアル、物体認識の導入で難易度大幅アップ!
2足歩行ロボットによる自律バトル競技会「第5回ROBO-ONE auto」が2019年9月28日、神奈川県立青少年センターで開催された。1年ぶりとなる今回のROBO-ONE autoは、物体認識の導入という大きな変更があったがその結果やいかに。大塚実氏によるレポートをお送りする。(2019/11/21)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(4):
サプライチェーンマネジメントは新ステージへ、全体最適の範囲を拡張せよ
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第4回は、「全体最適の範囲の拡張」を目指す次世代のサプライチェーンマネジメントについて説明する。また、その成功例となる、ZARA、コマツ、ジョンディアのケースを見て行こう。(2019/11/19)

よくわかる人工知能の基礎知識:
キホンから分かる製造業のAI事例 検査・検品に“AI研究員”も
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回は、製造業のAI導入状況や、活用事例を紹介する。(2019/11/18)

製造現場のAI活用:
PR:記者も体験! 専門知識不要のAI生成ツールが製造現場を革新する
多くの製造業がAI活用に興味・関心を持っているが、社内にデータサイエンティストがいないという理由で足踏みしているケースも少なくない。そうした中で、「専門知識がなくても、誰でもAIが作れるソフトウェア」として注目されているのが、クロスコンパスが提供するMANUFACIA(マニュファシア)である。MONOist編集部員が、AI生成の1日トライアルサービス「AI Factory」に参加し、実際にMANUFACIAの操作を体験してみた。(2019/11/25)

テクノロジーと人間の関係:
過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる人々が知るべきポイントを紹介する。(2019/11/15)

「アメリカンリビエラ」の安全に貢献
SalesforceがドローンとAIで挑むサメ襲撃対策プロジェクト「SharkEye」とは?
カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)の海洋生物学者は、ドローンと「Salesforce Einstein Vision」を使って、ホホジロザメを監視するプロジェクト「SharkEye」に取り組んでいる。(2019/11/15)

少ない画像データで「欠陥品」を高精度に判別、オムロンが製造業向けにAIの新技術
オムロンが、工場の生産ラインで部品の傷などの欠陥を抽出する画像認識AI技術と、機械学習モデル同士を統合させてAIの精度を高める独自技術を開発。製造業の現場が抱える課題を解決する狙い。(2019/11/14)

てんかん患者の発作や服薬を素早くデータ化 画像認識を活用して記録の負担を減らす
てんかんの持病がある子供の家族会とITベンチャー企業が患者家族向けのスマートフォンアプリを開発。発作や薬の情報を手で入力しなくてもデータ化して共有できる。介護の負担を減らす狙い。(2019/11/14)

ディープラーニングに向くのは「100点を取らなくていい現場」 東大・松尾研発のVC代表が語る“AIの狙い目”
ディープラーニング技術を開発・提供する企業に特化して投資するベンチャーキャピタル・Deep30代表の田添氏が、ディープラーニングに向いている領域やその可能性などを語った。(2019/11/14)

機械学習を活用し収益性改善へ:
Xilinx、8Kライブ映像を「よりリアル」に見せる
Xilinx(ザイリンクス)は、次世代の放送用機器と業務用AV機器の用途に向けた同社のソリューションなどに関し、東京都内で記者説明会を行った。(2019/11/13)

東京モーターショー2019:
過ごし方自由な自動運転車、エアバッグはさまざまな姿勢の乗員をどう守るか
自動運転中に乗員が自由にさまざまな姿勢をとることに対応した技術開発が進んでいる。自動運転技術が高度化して常時の周辺監視が不要になると、ドライバーは従来のような姿勢でシートに座る必要がなくなる。その結果、これまでと同じ形の安全装備では万が一のときに乗員を保護しきれなくなることが考えられる。サプライヤーは、車内での過ごし方が変わる自動運転車に向けた乗員保護システムの開発を進めている。(2019/11/13)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(40):
AirPods Pro、Galaxy Fold、Pixel4…… 2019年下半期の話題製品を一挙解剖
今回は、2019年に話題を集めた製品を分解、チップ開封解析し、そこから見えてくるさまざまなことを報告したい。具体的には、「AirPods Pro」などのワイヤレスイヤフォンや「Galaxy Fold」「Pixel4」といったスマートフォン、ウェアラブル端末「Fitbit Versa2」などを取り上げる。【訂正あり】(2019/11/13)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
2週間で開業した「ロボットコンビニ」 無人店舗の“その先”をつくれるか
ロボットがいる無人コンビニ「ロボットマート」(東京・日本橋)。セルフレジや接客ロボットが設置されている店舗は、どのような空間なのだろうか。わずか2週間で開業にこぎ着けたという運営会社に、開業の狙いと展望を聞いた。(2019/11/13)

既知とアイデアの組み合わせで市場を変えろ:
「Iの世界」の成長戦略 イノベーションを起こし、市場を変える
テクノロジーとビジネスモデルの両面からイノベーションを生み出す。(2019/11/12)

スマホで撮影、AIが約30秒で自動車修理費を自動見積もり――損保ジャパン、自動車保険の補償額見積もりサービスを開始
損害保険ジャパン日本興亜は、自動車保険契約者向けの事故対応サービスとして、スマホで撮影した事故車両の画像からAIが概算修理金額を見積もりする「SOMPO AI修理見積」を公式LINEアカウント内で開始した。約30秒で修理金額が分かり、保険金支払い手続きも30分程度に短縮できる。(2019/11/11)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
実はとっても相性がいい、美術とAIの“深イイ”関係
日本人は、世界で最も美術展に足を運ぶんだそうですよ。(2019/11/11)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
認証の世界も「AI対AI」の戦いに? botを見破る技術「CAPTCHA」のハナシ
認証について分かりやすく解説する連載。今回のテーマはbotを見破る技術である「CAPTCHA」。(2019/11/11)

東京モーターショー2019 インタビュー:
トヨタの未来の愛車づくりは、「愛車」が伝わらないところから始まった
AIエージェントはどのように人を理解し、クルマを愛する気持ちを喚起するのか。AIエージェント「YUI」を搭載したコンセプトカー「LQ」の開発責任者であるトヨタ自動車 トヨタZEVファクトリー ZEV B&D Lab グループ長の井戸大介氏に話を聞いた。(2019/11/7)

気になるニュース&ネット記事:
機械学習/深層学習〜統計学/データサイエンス、毎日10分×1カ月で学べる無償動画
はじめてのAIから、機械学習、深層学習、自然言語処理、統計学、社会人のためのデータサイエンス(実用知識)、大学生のためのデータサイエンス(理論知識)まで、全10個の講義内容を紹介。本稿独自に考察した、学習者対象やお勧めの学習方法についても示す。(2019/11/7)

車載情報機器:
日産インテリジェントルームミラーが2020年春に次世代版、夜間の見え方改善
日産自動車は2020年春から次世代版の「インテリジェントルームミラー」を展開する。カメラの高画質化やディスプレイの画素密度向上、4枚の画像を合成するハイダイナミックレンジ(HDR)によって、夜間の視認性を特に高めた。(2019/11/6)

組み込み開発ニュース:
可視光と近赤外線を同時撮影できるグローバルシャッター搭載CMOSセンサーを発売
キヤノンは、グローバルシャッター機能搭載の2/3型CMOSセンサー「3U5MGXSBAI」を発売した。可視光域と近赤外線域で同時に撮像可能で、高速移動する被写体にも対応し、産業用撮像システムや検査装置の小型化に貢献する。(2019/11/5)

よくわかる人工知能の基礎知識:
いま知っておきたいAI活用事例――内定辞退予測、退職予測から、RPA連携の可能性まで
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。「内定者辞退予測」やRPAとAIの連携など、今話題のAI活用事例を紹介する。(2019/11/6)

壊れたルンバをリモコン式に魔改造 目と2本の腕を得て器用に物を積む第2の生へ
「パーフェクトルンバだ」「発展させたらロビタになりそう」と評判です。(2019/11/2)

「AI」で進化する自動化技術【後編】
RPAでは難しくても「AIによる業務自動化」なら実現できることとは?
業務自動化システムは人工知能(AI)技術を利用することで、高度な処理が可能になりつつある。具体的にどのような処理ができるようになるのか。(2019/10/31)

SAS Analytics Experience 2019(1):
AIプロジェクトの多くがPoCにとどまり、あるいは失敗する原因とは
「AIへの取り組みがPoC(Proof of Concept:概念検証)で終わってしまう」という嘆きが聞かれるのは日本だけではない。海外でもこの点はよく話題に上る。そこでSAS Instituteが2019年10月に欧州で開催した「SAS Analytics Experience 2019」で、「AIプロジェクトが失敗する理由」を追ってみた。(2019/10/30)

人工知能ニュース:
グーグルの量子超越性を静観する富士通、実用性重視のAI技術で2つの「世界初」
富士通研究所は2019年10月25日、川崎市中原区内にある本社で会見を開き、研究開発戦略を説明するとともに新開発のAI技術を2つ発表した。これら2つのAI技術は「実用性」を大きな目的として開発されている。(2019/10/29)

日立物流とKDDI、物流センターの最適化に向けた5G実証実験
日立物流とKDDIは、物流高度化へ向けた5G実証実験を開始することに合意。次世代物流センター構築の一環として画像認識技術などを駆使し、リアルタイムかつ安全・安心な職場環境の構築や倉庫内のあらゆる状況変化を一元で管理・監視などを行う。(2019/10/28)

産業用画像技術:
ネットワークカメラで工場業務を効率化、キヤノンが狙う“工場の新たな目”
キヤノンは、同社が製品展開しているネットワークカメラや画像処理技術と、自社で培う製造技術などを組み合わせ、2018年から製造現場(FA)向けの画像ソリューションに力を入れる。製品やソリューションの拡充を進める一方、シーメンスやユニバーサルロボットなどのパートナーを増やし、具体的な用途の開拓に取り組んでいる。その戦略を聞いた。(2019/10/28)

現場管理:
五洋建設「土壌再利用センター」に導入された管理システム、ETC車載器だけでダンプを識別
五洋建設の汚染土壌を中間処理する市川土壌再利用センターでは、トラックと作業員の入退場を管理する2つの入退場管理システムを運用している。(2019/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。