「インドネシア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インドネシア」に関する情報が集まったページです。

インドネシアEC市場、3倍の1000億ドルへ 25年までに東南ア最大
インドネシアでは新たなテクノロジーに精通した世代がEC市場を押し上げ、雇用の拡大と消費の多様化が進むと予測されている。(2019/5/17)

製造ITニュース:
GCPが国内2カ所目のクラウド拠点を大阪に開設、シャープなどが採用
グーグルがクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」の大阪GCPリージョンの正式運用を開始した。同リージョンは、2016年に運用開始した東京に次ぐ、日本国内で2カ所目のクラウド拠点となる。(2019/5/15)

Google Cloud Platform、大阪リージョンの正式運用をスタート 国内2カ所目
Google Cloud Platformの「大阪GCPリージョン」の正式運用が始まった。日本国内では「東京GCPリージョン」に続き、2カ所目のリージョンになる。(2019/5/14)

富士通がarrowsブランドの通訳端末「arrows hello」を発売
富士通コネクテッドテクノロジーズが通訳機「arrows hello AT01」を家電量販店で発売する。SIMは非対応で、Wi-Fi接続時は28言語、オフラインでは日本語/英語/中国語の3言語を双方向で翻訳できる。カメラで文字を撮影すると文字を認識して翻訳してくれる機能を搭載している。(2019/5/14)

製造マネジメントニュース:
米中問題、増大する開発費……危機感にじむ三菱自は拡大路線から決別
三菱自動車は2019年5月9日、東京都内で決算説明会を開き、2019年3月期(2018年度)の連結営業利益が前年度比14%増の1118億円となったことを発表した。(2019/5/10)

アドウェア入りアプリ50本、インストール回数は計3000万回――不正アプリをダウンロードしないためには
Avast Softwareは、「Google Play Store」でアドウェアが仕込まれたアプリ50本を発見したという。問題のアプリでは全画面広告を執拗(しつよう)に表示したり、別のアプリをインストールするよう仕向けたりしていた。(2019/4/24)

あずきバーが春の装いに! さわやか「ゆずあずきバー」&ほろにが「コーヒーあずきバー」4月22日より発売
どっちがお好み?(2019/4/19)

どう見てもガンダムエクシア……! インドネシアで発見された「どう見てもガンダムな石像」をプラモで再現
数百年前に作られた(とされる)石像をその日のうちにプラモで再現。(2019/4/18)

エコカー技術:
日本電産がオムロンのカーエレ子会社を1000億円で買収、車載モーターの制御系強化
日本電産は2019年4月16日、東京都内で会見を開き、オムロンの100%子会社で車載電装部品を手掛けるオムロンオートモーティブエレクトロニクスを買収すると発表した。買収額は1000億円で、2019年10月末の手続き完了を予定している。(2019/4/17)

電気自動車:
電動バイクの交換式バッテリーで二輪車4社が協力、普及に向けて標準化推進
ホンダ、川崎重工業、スズキ、ヤマハ発動機の4社は2019年4月4日、日本国内における電動二輪車の普及を目指す「電動二輪車用交換式バッテリーコンソーシアム」を創設し、協働を開始したと発表した。(2019/4/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
欧州に7万円台の5Gスマホを投入、2019年のXiaomiは「脱中国」「脱低価格」
599ユーロという低価格で5Gスマートフォン市場を本気で攻める。Xiaomiが2019年に狙っているのは、先進国市場の本格展開だ。5Gスマートフォン市場でXiaomiをシェア1位に押し上げる効果も期待できる。(2019/4/7)

SuiteWorld 2019 Report:
社員30人で年商10億を達成 骨伝導技術で世界に挑むベンチャー、BoCoを支える「クラウドERP」とは
ネバダ州ラスベガスで開催されているNetSuiteの年次ユーザーカンファレンス、「SuiteWorld 2019」には、急成長中の顧客新興企業が世界中から参加している。その1社として、独自の骨伝導技術を武器にグローバル市場に挑むBoCoの謝端明社長に話を聞いた。(2019/4/5)

「密接さ」に懸念:
米ボーイング機、半年で2機の墜落事故 FAAと業界の関係にメス
米航空機大手ボーイングの新型旅客機が半年で2機の墜落事故を起こし、「航空王国アメリカ」に対する信頼が揺らいでいる。2件の事故原因は調査中だが、新型機に導入された「MCAS」と呼ばれる失速防止装置が墜落を誘発した可能性が浮上している。ボーイングと米連邦航空局(FAA)は、機体の安全性や新型機の認可の過程に問題はないとしているが、「世界一」を自任する米航空当局と業界との緊密な関係にメスが入ろうとしている。(2019/4/3)

4月2日、Google+終了。月間ユーザー5億人、大統領やAKBも活用した「巨大SNS」の夢はなぜ破れたのか?
Google+が失ったものと、残したもの。(2019/4/2)

郊外1号店は幸楽苑HDが運営:
1人焼き肉の「焼肉ライク」が郊外初出店 加速する「5年で300店」の野望
1人焼き肉専門店「焼肉ライク」が郊外に初出店した。焼肉ライクは国内で「5年で300店」という野心的な目標を掲げる。郊外店は都心のお店とどう違うのか? 実際に行ってみた。(2019/3/29)

日本全面支援、インドネシア初の地下鉄 試乗会盛況、参加者一日で5万人
インドネシア初となる地下鉄を含む都市高速鉄道が3月末、首都ジャカルタでの開業が予定される。(2019/3/19)

スマートファクトリー:
PR:次世代ネットワークMECHATROLINKによる、さらなる展開と現場革新のこれから
スマートファクトリー化が加速する中、装置内のモーション制御ネットワークにも高度で柔軟性のある機能が求められるようになってきている。その主要規格であるMECHATROLINKの新技術展開は今後どのようになるのだろうか。MECHATROLINK協会に、2019年度の取り組みについて聞いた。(2019/3/14)

海外に100店超:
海外で増え続ける「一風堂」 運営会社に聞いた進出の苦労とラーメンの味
「一風堂」を運営する力の源(HD)が海外展開を進めている。海外の店舗数が国内を抜きそうな勢いだ。現地でラーメンをどのようにつくって売っているのか?(2019/3/8)

ムスリム女子が和の装い! 古都で「和柄ヒジャブ」がじわり増えるワケ
着物とヒジャブが奇跡のマッチ!(2019/3/15)

AIに取り組み始めた企業は33%:
企業はAI導入で競争力2.5倍を期待、MicrosoftがAIに関する調査結果を発表
MicrosoftのAIに関する調査によると、企業がAIを採用する理由の多くは競争力の強化や従業員の生産性を向上させるためだ。AIによって、自社の競争力が導入後3年間で2.5倍に向上することを期待していた。(2019/3/4)

「内省と対話」を繰り返して得たもの:
麻布、東大、興銀……エリートコースをあえて捨てた男の仕事論
25万部超えのベストセラー『1分で話せ』の著者、Yahoo!アカデミア学長の伊藤羊一さんに、ポスト平成時代の働き方を聞いた。(2019/3/1)

4K・8K映像基礎解説:
4K・8K映像とインタラクティブ性の融合が製造業にもたらす新たな世界
2018年12月に国内で4K・8K放送がスタートし、本格的な高解像度のテレビ放送の時代が始まった。本稿では、この4K・8K映像という新しい技術の概要や、インタラクティブ性との融合によって製造業にもたらされるであろう2020年代の新たな世界について解説する。(2019/2/28)

世界を「数字」で回してみよう(56) 働き方改革(15):
外国人就労拡大で際立つ日本の「ブラック国家ぶり」
ここ最近、連日のように報じられている「外国人労働者の受け入れ拡大」。メディアで報じられている課題はともかく、この外国人就労拡大で際立っているのが、日本の「ブラック国家ぶり」です。このブラックぶりは、驚きを通り越して、むしろすがすがしいほどなのです。(2019/2/26)

スタバもマックも:
ストロー廃止はもう古い 昔ながらの「牛乳配達」モデルが注目されている
プラスチック製ストローを廃止しようという動きが話題になった。世界中でストロー廃止の動きが注目されているが、いま米国発の新たなプラスチックゴミ対策が話題になっている。どんな対策かというと……。(2019/2/22)

大山聡の業界スコープ(14):
米中貿易摩擦は自暴自棄、長続きはしない
昨今の米中貿易摩擦に関する展開を見ていると、半導体/エレクトロニクス業界への影響が無視できなくなってきた。この問題がどこまでエスカレートするのか、どんなことに留意すべきか。現状を整理しながら、米中貿易摩擦の落ち着きどころについて考えてみたい。(2019/2/15)

製造ITニュース:
KDDI、海外展開する法人向けにトータルITソリューションを提供
KDDIは、海外で事業展開する法人向けのトータルITソリューション「KDDI GX Platform」の提供を開始した。IT環境への対応や人材の確保など、各国でのIT環境整備を一元的にサポートする。(2019/2/14)

渋谷豊の投資の教室:
今こそ考える? ゴールド(金)投資の魅力
株式市場が軟調だと、自然とリスクに強そうな投資に目が向く。特に、歴史的に価値を保ってきたゴールド(金)は、実際に手に取って触れられる資産ということもあって、気になっている人が多いだろう。(2019/2/12)

なんだこの微妙な空気感! 猫のしっぽをつかみたいオウムと、つかまれたくない猫さんの攻防が面白い
ごまかしてるのが超かわいい。(2019/2/10)

60カ国を7項目で評価:
日本がサイバーセキュリティの安全性ランキングで首位、英比較サイトが算出
英国の比較サイトComparitech.comが発表した世界60カ国のサイバーセキュリティ安全性ランキングで、日本が最も安全な国と評価された。2位以下はフランス、カナダ、デンマーク、米国の順だった。(2019/2/8)

Google Homeの通訳機能、日本でも利用可能に
Google Homeやスマートディスプレイで、日本語を含む26カ国語の通訳機能が使えるようになった。例えば日英通訳では、日本語を言うと英語に、英語を言うと日本語に翻訳して音声出力する。(2019/2/6)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(10):
インドネシア市場におけるIT導入の現在地とその将来性
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。最終回となる第10回では、2019年のインドネシア製造業の動きと、インドネシアの将来的なIT化の話題について取り上げる。(2019/2/5)

なぜコインハイブ「だけ」が標的に 警察の強引な捜査、受験前に検挙された少年が語る法の未整備への不満
検挙された少年が当時の状況や「Coinhive事件」の問題点について語ってくれました。(2019/1/30)

ポイント連携機能を備えた訪日外国人向けアプリ「Ponta JAPAN Wi-Fi」登場 2月上旬に配信開始
ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が、「Ponta」を提供するロイヤリティマーケティングと協力して、新たな訪日客向けWi-Fiスポットアプリを開発。Wi-Fiスポットへの無料接続機能に加えて、Pontaや「Ponta Global Alliance」に参画する海外ポイントサービスと連携したポイントサービスも利用できる。(2019/1/31)

スマトラ島の防災センター、火山噴火や洪水などの災害を一元管理する富士通の「総合防災情報システム」を導入
インドネシアの北スマトラ州防災局の防災センターが、富士通の「総合防災情報システム」を導入。災害現場で職員がスマホアプリで報告する被災状況を、防災センターの大型ダッシュボードにリアルタイムに表示する。複数箇所で発生した災害も一元管理でき、災害発生時の迅速な初動体制の確立を支援する。(2019/1/30)

中国人が6割超の県も:
訪日観光に忍び寄る「中韓リスク」 危険度上位の都道府県は?
米国との貿易摩擦で経済成長の減速感が強まってきた中国。米国に次ぐ経済大国だけに、その波紋は大きく、2018年に訪日外国人が初の3000万人を突破し、拡大する日本の観光ビジネスにも影を落としかねない。訪日客の消費は地方の貴重な財源となっているため、中国がくしゃみをすると風邪をひくリスクの高い自治体も。10月の消費税増税も控え、地域経済の先行きは警戒が怠れない。(2019/1/24)

工場ニュース:
インドネシアに加工油脂製品の新工場を建設
カネカは、グループ会社のPT.Kaneka Foods Indonesiaに、総額約50億円規模となる加工油脂製品の新工場を建設する。これにより、加工油脂の生産能力をこれまでの約5倍となる年間1万5000トンに引き上げ、製菓、製パン素材の事業拡大を図る。(2019/1/22)

「Googleマップ」のナビ、一部地域で「制限速度」と「ネズミ捕り」アイコン表示開始
Googleマップのナビゲーション画面に、走行中の道路の制限速度とスピード違反取り締まりスポットが表示されるようになったと複数のメディアが報じた。北米など一部の地域でローリングアウトしていることをGoogleが認めた。(2019/1/21)

ハイブリッドクラウドではセキュリティがカギ:
企業の44%が正式な戦略なくハイブリッドクラウドを実装、アジア太平洋地域で
NTTコミュニケーションズは451 Researchの調査結果を引用し、「アジア太平洋地域の企業の44%は、正式な戦略を立てないままハイブリッドクラウドの実装を進めている」と指摘した。(2019/1/18)

チャイナマネーに引き寄せられ:
存在感高めるAIIB、開業3年で93カ国・地域が加盟 中国主導、「質」伴わず
【北京=西見由章】中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)が16日に開業から3年を迎える。設立時に57カ国だった加盟国は、欧州や南米、アフリカにも広がり93カ国・地域に急増。存在感を高めた。(2019/1/15)

施設より安い:
日本以上の高齢化…… シンガポールで家政婦が増える事情
都市国家の島国シンガポールは、積極的な外国人労働者の受け入れを進めて経済成長し、1人あたりの所得で日本をはるかにしのぐ裕福な国となった。だが、住宅不足や格差問題が深刻化し、政府は2010年、外国人流入の伸びを抑制する方針に転換し、外国人建設労働者などは減少している。一方、「メイド」と呼ばれる家政婦は増加傾向を続けている。日本を上回る少子高齢化による介護需要の増加に対応するためだが、トラブルも増えている。(シンガポール 吉村英輝)(2019/1/11)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(9):
ジャカルタを離れて感じた地方工場区でのニーズや日本を除くアジアの勢い
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。第9回では、ジャカルタを離れ、バンドン、バタム島、チレゴンなどで実施したセミナーキャラバンで感じたことを紹介したい。(2019/1/9)

AIがファッションデザイナーになる可能性も
アパレル業界を変革する人工知能(AI) 需要予測や服の品質保証にどう活用されているか
ファッションデザイナーやアパレルショップは、人工知能(AI)技術を利用して人気商品を予想したり、製造やサプライチェーンの効率を高めたりしている。AIとファッションは、自然な組み合わせになりつつある。(2018/12/29)

イノベーター列伝:
躍進の秘訣は7年越しのブランド愛――マンダム 陳 佩蓉氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2018/12/27)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
iOS 12と新型iPhoneを取り巻く「Apple Pay」最新事情
2016年10月に日本にもApple Payが正式上陸してから2年が経過した。Apple Payの登場は「モバイル決済」というジャンルに大きな変革を促した。そんなApple PayがiOS 12と新型iPhoneでどのように変化し、モバイル決済の世界にどのような影響を与えたのかをまとめた。(2018/12/25)

Google、中国向け検閲可能検索サービス「Dragonfly」を断念か──The Intercept報道
Googleの中国向け検閲可能検索サービスプロジェクト「Dragonfly」が実質的に終了したとThe Interceptが報じた。社内外からの批判の高まりや社内のセキュリティ&プライバシーチームによる幹部への抗議が奏功したとしている。(2018/12/18)

製造マネジメントニュース:
2021年に売上高2兆円、営業利益率9%、ヤマハ発動機らしいソリューションで
ヤマハ発動機は2018年12月11日、東京都内で記者会見を開き、2019〜2021年の中期経営計画を発表した。「モビリティの変革」「ヤマハらしいソリューション」「ロボティクス活用」を注力領域と位置付け、技術の組み合わせや協業によって、新しい市場や技術の開拓を進める。中計の期間内に、M&Aを含め1400億円の投資の予算を確保した。(2018/12/12)

「ファンタビ」に登場した“あの”ナギニ、後に大蛇となる美女が明かす「クリーデンスとナギニとヴォルデモート」
ナギニを演じた超絶美女・クローディア・キムに聞きました。(2018/12/6)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(8):
現地IT市場の変化を読む――2019年に向けた取り組みと中長期的な視点
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。第8回では、2019年に向けたインドネシア市場の動きと筆者が訪問した幾つかの工場におけるIT利用の状況についてレポートする。(2018/12/5)

日本で根付くか、対戦型ゲームの競技化 北米のDFS市場から考える
「eスポーツ」として行われるゲームは幅広い。eスポーツとは別に、欧米では「ファンタジー・スポーツ」と呼ばれる架空のスポーツチームを作成するシミュレーションゲームも盛んだ。(2018/12/3)

電気自動車:
ホンダ「PCX」に電動モデル、既存のボディーに電動パワーユニットを収めEV化
ホンダは2018年11月29日、電動バイク「PCX ELECTRIC(エレクトリック)」のリース販売を開始すると発表した。原付2種のスクーター「PCX」をベースに、新開発の電動パワーユニットを搭載した。バッテリーは、着脱可能なリチウムイオン電池「モバイルパワーパック」を使用する。(2018/11/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。