• 関連の記事

「Infor」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Infor」に関する情報が集まったページです。

目指せアミューズメント施設運営のデジタル変革、セガが基幹業務プラットフォームを刷新
セガは、会計管理や販売管理、倉庫管理、物流管理に向けた新基幹業務プラットフォームをインフォアジャパンのERP「Infor LN」で構築し、2020年の夏ころに本稼働させる。新規ビジネスへの対応と業務の効率化促進が目的。(2019/4/15)

製造ITニュース:
データ抽出から可視化まで、ワンストップで提供するクラウドBIプラットフォーム
インフォアジャパンは、クラウドBIプラットフォーム「Birst」を日本市場で提供開始することを発表した。(2019/4/15)

デジタル変革に直結するERPの技術動向と導入戦略
「ERPはアジャイル開発」が標準に? まだ枯れていない「ERP」のトレンド
ERPシステムは数十年前から存在しているが、技術開発の動向は停滞していない。デジタルトランスフォーメーションに取り組もうとしているなら無視はできないERPシステムのトレンドについて、専門家の予想を紹介する。(2019/4/3)

Panorama Consultingの「Clash of the Titans 2019」調査
ERP市場が激戦化:SAPが依然リードも、OracleとMicrosoftが追い上げ、Inforも台頭
ある調査によると、SAPは“ティア1”ERP市場をリードし続けているが、OracleとMicrosoftが追い上げを見せている。Inforも躍進しており、この市場では明らかにディスラプション(創造的破壊)が起こっている。(2019/4/1)

バイト先に苦手なギャル系の客が来た――意外な注文内容がかわいい漫画にギャップ萌えする人続出
人を見た目で判断しちゃいけないよね。(2019/3/17)

高機能な製品は、現場のトレーニングで苦労する場合も
クラウドERP 10製品を徹底比較 辛口ユーザーが語るメリットとデメリット
ERP市場でしのぎを削るクラウドERPベンダーを調査すれば、自社に最適なソフトウェアを決定する複雑なプロセスがほんの少し楽になるだろう。代表的な10社のクラウドERP製品をレビューする。(2019/3/13)

自動索引生成やIoTデータの高速取り込み
徹底解説:Oracle Database 19cは何ができるのか?
「Oracle Database 19c」は最新のソフトウェアが安定して動作することを目指している。それだけでなくデータベース管理者にとって便利な追加機能も提供する。(2019/3/1)

製造ITニュース:
クラウドやBIなどの成熟が追い風、進化しながら変容するERP市場とインフォアの戦略
「ERPという単語を単体で切り取って考えたり、ERPをクラウドにただ載せ替えただけのことを『クラウド』と表現したりするのは好きじゃない」と断言するのは、2018年11月にインフォアジャパンの代表取締役社長に就任した飯尾光國氏だ。(2019/2/4)

長所と短所を見極める7つの観点
いまさら聞けないクラウドERPとオンプレミスERPの違い、できることとできないこと
ERP製品の購入を検討するに当たっては、SaaS ERPと従来型のオンプレミスERPの違いを理解しておくことが重要だ。機能や特性など、両者を大きく分ける7つの観点で比較し、できることとできないことを理解しよう。(2019/1/4)

導入にかかる時間がどれだけ短縮できるか
SAP、Infor、Microsoft、Oracleを比較――4大ERPの特徴を導入支援と投資対効果で見る
SAP、Infor、Microsoft、OracleといったベンダーのERPシステムを検討している企業向けに、各ERPベンダーが提供する導入戦略によってERPの投資対効果がどうなるか考察する。(2018/12/20)

インフォアジャパン:
管理機能とモビリティ対応を強化した「Infor EAM 11.3.2」
インフォアジャパンは、設備資産管理ソリューション「Infor EAM(オンプレミス版/クラウド版)」の最新版「Infor EAM 11.3.2」の提供開始を発表した。(2018/7/9)

MONOist IoT Forum 大阪(後編):
中国がバブル崩壊を防ぐ救世主として選んだIoT
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 大阪」を開催した。後編では、IHS Markitのランチセッションと、その他の講師の講演内容をお届けする。(2018/2/13)

これからのERP選び
SAP、Oracle以外にもまだまだあるERP 8製品を比較
ERP導入の成否は企業に重大な影響を及ぼすため、購入前に十分な下調べが必要だ。現在入手できる主要なERPシステムの概要を見てみよう。(2018/2/9)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
問題は実効支配とコンセンサスマネジメント――武闘派CIOにITガバナンスを学ぶ
情報システムがオフィスに閉じていた時代と違い、多くの日本企業がグローバルに拠点を展開している。しかし「ITガバナンス」は、一筋縄ではいかない。クラウドファーストとグローバルITガバナンスの現実解を議論する。(2018/1/24)

製造マネジメント インタビュー:
ウェディングケーキとクラウドERPのおいしい関係、一番上のトッピングはAI
業界特化でERPを展開する「マイクロバーティカル」を特徴とするインフォアは、クラウドERPの「Infor CloudSuite」にAIプラットフォーム「Coleman」を追加した。Coleman投入の狙いなどについて、インフォアで研究開発部門の最高責任者を務めるソマ・ソマスンダラム氏と、インフォアジャパン社長の三浦信哉氏に話を聞いた。(2017/11/6)

失敗しない製品選択
タレントマネジメントのリーダー製品は? 注目7製品“強み”の読み解き方
適切なタレントマネジメントシステムを選ぶだけで、ビジネスの様相が一変する可能性がある。自社のニーズには何が最適だろう。(2017/10/17)

MONOist IoT Forum 名古屋(後編):
人も共に成長する工場へ、ジェイテクトが描く「IoE」4つのステップ
MONOistを含むITmediaの産業向け5メディアは、セミナー「MONOist IoT Forum in 名古屋 〜先進企業の事例からひもとく製造業『第4次産業革命』の今〜」を開催した。後編では、ジェイテクトの特別講演とその他の講演内容をお届けする。(2017/8/4)

人工知能ニュース:
クラウドアプリケーションに業界特化型AIプラットフォームを導入
米インフォアは、企業向けの業界特化型AIプラットフォーム「Coleman」を、同社のクラウドアプリケーション群Infor CloudSuiteに導入すると発表した。人との対話や画像認識によって作業効率を高め、高度な洞察を提供する。(2017/8/1)

PR:製造業が抱える「物流」問題を解決する「Infor SCE」の魅力
WMS市場で長い歴史と確かな実績を持つ「Infor WMS」を核として、インフォアが今後のサプライチェーン実行系システムに要求される、グローバル物流対応や生産性向上、新テクノロジーへの対応を盛り込んだソリューションが「Infor SCE」だ。(2017/7/20)

インフォア Infor CloudSuite Industrial Machinery:
大規模組み立て製造業向けSaaS型クラウドERPの国内提供を開始
インフォアジャパンは、同社の大規模組み立て製造業向けSaaS型クラウドERP「Infor CloudSuite Industrial Machinery」の日本国内での提供を開始した。(2017/7/14)

製造ITニュース:
大規模組み立て製造業向けのクラウドERP、マルチサイトに対応
インフォアジャパンは、同社の大規模組み立て製造業向けSaaS型クラウドERP「Infor CloudSuite Industrial Machinery」の日本国内での提供を開始した。グローバル企業に必要なマルチサイト機能や生産、品質管理の機能を備えている。(2017/6/30)

製造ITニュース:
インフォアのクラウドERPは「オンプレミスとの併存が容易」
インフォアジャパンが、クラウドベースのERPの最新動向について説明。ERPのクラウド化が進む中で必然的に生まれる、オンプレミスとクラウドが併存するハイブリッドERPについて、同社のソリューションを使えば構築が容易なことを訴えた。(2017/6/16)

製造IT導入事例:
米自動車メーカーがサプライチェーン実行管理ソリューションを導入
米Fordは米Inforのサプライチェーン実行管理ソリューション「Infor SCE」を、Fordの独子会社Ford-Werkeを通じてヨーロッパ7カ国で導入した。これにより、サプライチェーン全体の最適化に加え、可視性も向上する。(2017/2/6)

インフォア Infor SCE:
米Fordが欧州7カ国にサプライチェーン実行管理ソリューションを導入
インフォアは、自動車メーカーFordがサプライチェーン実行管理ソリューション「Infor SCE」を、子会社のFord-Werkeを通じて欧州7カ国に導入したことを発表した。(2017/2/1)

製造ITニュース:
製造業・流通業向けの需要計画ソリューションの改良版を国内で提供開始
インフォアジャパンは、サプライチェーンの予測プロセスを簡素・迅速化する需要計画ソリューション「Infor Demand+」の提供を日本国内で開始した。製造業・流通業向けで、予測・分析機能が向上した。(2017/1/31)

Computer Weekly製品ガイド
経費プロセスを自動化すべき時と場面
経費管理ツールの利点を紹介し、SaaSがどんな状況に適しているかを解説する。(2017/1/24)

インフォアジャパン Infor EAM Cloud:
設備資産管理クラウドアプリケーションの国内提供を開始
インフォアジャパンは、設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」の国内提供を開始した。(2016/12/13)

製造ITニュース:
設備資産管理アプリケーションのクラウド版、国内提供を開始
インフォアジャパンは、設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」の、国内での提供を開始した。オンプレミス型の「Infor EAM」と同様の設備資産管理機能を、クラウド上からSaaS形式で提供する。(2016/12/2)

【インタビュー】リード研所長が聞く:
マーケティングの革新と「明日のMarketo」――フィル・フェルナンデス氏(Marketo会長兼CEO)
進化し続けるマーケティングオートメーション「Marketo」。さまざまな新機能の狙い、そして米Vista Equity Partnersに買収された後の事業の在り方についてトップに聞いた。(2016/9/1)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
ASEAN市場でプレゼンスの高い日本企業――成功のための経営戦略とIT戦略を学ぶ
巨大市場となるASEAN。文化も経済状況も異なる国の集合体で、日本企業が成功するためには、どのような経営戦略とIT戦略が求められているのだろうか。(2016/3/31)

製造ITニュース:
業界特化型サプライチェーンソリューションの新版を発売
インフォアジャパンは、業界特化型サプライチェーンソリューションの新版「Infor SCE 10.4」の提供を開始した。フルフィルメントに対応した動的なスロッティング機能などを搭載している。(2016/2/18)

PR:スピード経営時代、企業が選ぶべきクラウドERPは?
 2016年は、ERP市場が大きく動く年になるかもしれない。これまでオンプレミスが当たり前だったERPのクラウド利用が、いよいよ本格化し始めているからだ。激しいシェア争いを繰り広げるグローバル対応ERPベンダー各社の最新動向を追った。(2016/1/12)

製造ITニュース:
製造業におけるIoTの利用は順調に進行、企業の半数以上が可能性を認識
インフォアは、北米など12カ国の製造業に対して実施した「IoTの適用状況についての調査」結果を発表した。製造業におけるIoTの利用は、順調に進行していることが分かった。(2015/12/3)

製造IT導入事例:
需要計画ソリューション採用で、顧客満足度98.5%を目指す
インフォアジャパンは、英Highland Spring Groupが同社の需要計画ソリューション「Infor Demand Planning」を採用したと発表した。同ソリューションの採用により、コスト削減や需要予測精度の2桁改善が期待される。(2015/10/27)

製造ITニュース:
製造業向けERPのパートナー契約を締結、製造業への販路拡大のため
クオリカは、インフォアジャパンと製造業向けERP「Infor SyteLine」に関するチャネルパートナー契約を締結したと発表。グローバル進出する製造業への販路拡大を狙う。(2015/8/25)

IT基盤を総入れ替え
ケイト・スペード、ERPシステムのAWS移行を支えた「リーン」とは
アパレル企業のケイト・スペード ジャパンは、独立をきっかけにERPシステムを含むIT基盤の総入れ替えを行った。インフラにAWSのクラウド環境を採用し、「リーン」の手法によるシステム構築を実現した。(2015/6/30)

人生最悪の時を乗り越えて:
“名刺サイズスパコン”「Parallella Board」を作った男の話
“名刺サイズスパコン”こと「Parallella Board」のテクニカルカンファレンスが開催され、開発者のアンドレアス・オロフソン氏が来日した。5時間にも及んだ濃厚なイベントを紹介する。(2015/6/4)

組み込み開発ニュース:
“名刺サイズスパコン”「Parallella board」ユーザーイベントが開催
16コアの演算アクセラレータを搭載し、高速な並列処理プログラミングも行える“名刺サイズスパコン”「Parallella board」ユーザーイベントが開催。開発者も来日する。(2015/5/8)

Weekly Memo:
相次ぐ「クラウドERP日本上陸」の意味
基幹業務アプリケーションを手掛ける米国の有力ソフトウェアベンダー2社が先週(2015年1月第3週)、相次いでクラウドERPを「日本市場で本格展開」すると発表した。この動きは何を意味するのか。(2015/1/19)

製造ITニュース:
製造業向けクラウドERPの展開を本格化、海外子会社設立の短期化を実現
インフォアジャパンは製造業向けのクラウドERPに関する記者会見を開催。新たに産業機器メーカー向けのクラウドERPの提供を開始する他、アパレルメーカーや飲食関連メーカー向けのクラウドERPを提供する方針も明らかにした。(2015/1/14)

製造ITニュース:
自動車業界向けのSaaS型クラウドERPを日本市場で提供開始
インフォアジャパンは、自動車業界向けの豊富な機能を使いやすいUIで統合し、業界特有のニーズに対応できるようにカスタム化した「Infor CloudSuite Automotive」の提供を開始した。(2015/1/5)

組み込み開発ニュース:
ポケットに入るスパコン「Parallella board」を展示、アールエスコンポーネンツ
アールエスコンポーネンツは「第11回 ECO-MAnufacture(製造業向けエネルギー・環境対策展)」(会期:2014年11月12〜14日)に出展し、先日販売開始を発表したばかりの米Adapteva製並列処理用ボードコンピュータ「Parallella board(パラレラボード)」を展示した。(2014/11/13)

名刺サイズに32GFLOPS スーパーコンピュータボード「Parallella」国内発売
名刺サイズのスーパーコンピュータボード「Parallella board」をアールエスコンポーネンツが国内販売。(2014/11/10)

組み込み開発ニュース:
アールエスコンポーネンツ、“名刺サイズスパコン”「Parallella board」発売
アールエスコンポーネンツは米Adapteva製ボードコンピュータ「Parallella board」の販売を開始した。16コアの演算アクセラレータを搭載し、高速な並列処理プログラミングも行える。(2014/11/10)

アールエスコンポーネンツ、名刺サイズのスパコンボード「Parallella board」の国内取り扱いを開始
アールエスコンポーネンツは、米Adapteva製となる超小型スパコンボード「Parallella board」の取り扱い開始を発表した。(2014/11/10)

製造ITニュース:
インフォアジャパンが業種特化型ERPをクラウドで提供開始、アマゾンと提携
インフォアジャパンがクラウドERP「Infor CloudSuite」を日本での提供開始を発表。各業界に特化したアプリケーション群をクラウドで提供するSaaS型のサービスで、アマゾンのクラウドプラットフォーム「Amazon Web Services(AWS)」上で展開する。(2014/10/16)

製造IT導入事例:
サンフランシスコ市営交通局、運輸管理にインフォアのシステムを採用
組織全体で活用できる統合システム構築のため、インフォアの「Infor Enterprise Asset Management」を採用。最新の設備状況に関する情報を全従業員が共有でき、効率性と組織全体の接続性が向上した。(2014/9/17)

製造IT導入事例:
北欧オフィスチェアメーカーがインフォアを採用――JIT生産の可視化を強化
北欧のオフィスチェアメーカーであるScandinavian Business Seatingは、ノルウェーとスウェーデンの2工場でジャスト・イン・タイム生産を行っている。今回、Infor M3を採用することで、9カ国にまたがるサプライチェーン全体の可視化を強化した。(2014/8/18)

製造ITニュース:
インフォア、自動車業界向けのEDIシステムを発表
インフォアの発表した「Infor Automotive Exchange」は、「Infor Syteline」と連携して使用することで、内示・確定・納入指示・出荷ラベリング情報を顧客との間で共有できる。(2014/7/24)

製造ITニュース:
インフォアジャパン、製造業向けERPの最新版を日本で提供開始
インフォアの最新テクノロジー「Infor 10xプラットフォーム」を搭載。マルチサイト(複数拠点)での事業展開向けに、複数サイトを単一のデータベースに格納できるようになった。また、IFRS(国際会計基準)に対処するため、会計機能も拡張した。(2014/7/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。