「インターネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

スマートファクトリー:
設備停止が命取りになる装置産業、日本製紙が予知保全に取り組むまで
「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019」(2019年7月24〜26日、東京ビッグサイト)のモノづくり特別講演会に、日本製紙 北海道工場 白老事業所 工務部長代理兼白老電装課長である藤山道博氏が登壇。「製紙工場における設備保全の取り組みとIoT(モノのインターネット)活用」をテーマに独自の保全ソリューション「e-無線巡回」を導入した効果や、今後の取り組みを紹介した。(2019/8/20)

人類はこれを解決できるのか
成功しつつある2つのAIプロジェクトに共通する悩み
複数国でサービスを展開するインターネットプロバイダーとSAPは、AIの導入によって成果を出しつつある。だが彼らには共通する悩みがあり、まだ解決の糸口は見えていないようだ。(2019/8/19)

ふぉーんなハナシ:
“L”再び――iPhone XSでIIJmioの「eSIM」を使ってみよう(設定編)
インターネットイニシアティブ(IIJ)が、β版ながら個人向けのeSIM通信サービスを始めました。使ってみないわけには行かないので、IIJの協力のもと試してみることにしました。この記事では、iPhone XSで通信できる状態にまで持って行きます。(2019/8/18)

誰でも、どこでもマッスル飯 「低GI」食品→眠くなりにくく、手軽に栄養補給
健康志向やフィットネスブームで、タンパク質や良質な炭水化物を気軽に摂取でき、ダイエットやボディーメークにも効果的な“マッスル飯”が注目を集めている。以前はインターネットやスポーツジムなどでしか手に入れることができなかったが、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでもコーナーが設けられるなど、市場が広がっている。(2019/8/15)

スマホ依存は「情報習慣病」 太古の人類の性質、現代に引き継ぐ 岡ノ谷一夫東大教授
インターネットに没頭してしまう、メールやSNSを神経質なほど気にする。少し前まで存在しなかった道具が、私たちの生活パターンまで変えている。依存症に陥る若者も多い。言葉の起源を研究する東京大の岡ノ谷一夫教授は「情報習慣病」と呼んでこの現象を説明する。太古の人類が生きるために身に付けた性質をいまもなお、現代人が受け継いでいるのだという。(2019/8/14)

「ラスボス」小林幸子ができるまで 転落からネットの人気者に
10歳の天才少女歌手として前の東京五輪の年に世に出てから55年。波瀾(はらん)万丈の歌手生活の末、インターネット世代の若者たちにも愛されるなど芸能界で唯一無二の存在になった。(2019/8/9)

海賊版サイト対策、アクセス警告方式は「困難」 端末側のフィルタリングなど推奨 有識者検討会が報告書
総務省が「インターネット上の海賊版サイトへのアクセス抑止方策に関する検討会」の報告書を公開。「アクセス警告方式」について、全てのユーザーから事前に同意を得ることが難しいと指摘。一方、ユーザーの端末側での対策は「即時性が高い」との見解を示した。(2019/8/8)

32ビットマイコン「RX651」:
ルネサス、IoT機器に向け64端子マイコンを追加
ルネサス エレクトロニクスは、32ビットマイコン「RX651」グループに、64端子の小型パッケージ品を追加した。小型IoT(モノのインターネット)機器などの用途に向ける。(2019/8/8)

ふくおかFG、地銀初のネット銀行参入 「みんなの銀行」20年度中に開業へ
ふくおかフィナンシャルグループが、2020年度中をめどにインターネット専業銀行「みんなの銀行」を開業する計画を発表。地方銀行のネット銀行参入は初めて。(2019/8/7)

トランプ大統領、エルパソ乱射でインターネットとゲームを批判
ドナルド・トランプ米大統領が週末に発生した2件の銃乱射事件に関する会見で、エルパソの事件の容疑者がネットに人種差別的なマニフェストを投稿したことに触れ、「インターネットとソーシャルメディアの危険は無視できない」と語った。(2019/8/6)

ホワイトペーパー:
IoT向けストレージ製品導入戦略ガイド
モノのインターネット(IoT)がストレージを次の段階に進化させる圧力となっている。本稿ではIoTがどれほどデータを増大させ得るか、それが投げ掛ける課題、エッジ処理と分析およびクラウドが利益増大に果たすべき役割について解説する。(2019/8/6)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル解決】インターネットに接続できない
インターネットに接続できなくなった場合、何が原因なのか調べるのは結構大変な作業だ。そこで、Windows 10搭載PCからインターネットに接続できない場合の原因の調べ方とともに、対処方法を紹介しよう。(2019/8/5)

はじめての車載イーサネット(2):
車載イーサネットのフィジカルレイヤーはどのようになっているのか
インターネット経由で誰とでもつながる時代。個人が持つ端末はワイヤレス接続が大半を占めていますが、オフィスなどではいまだに有線によるローカルエリアネットワーク(LAN)が使われています。そのLANの基盤技術の1つとして広く使われているイーサネット(およびTCP/IP)が、次世代の車載ネットワーク技術として注目を浴びています。本稿では注目される背景、役割や規格動向から、関連するプロトコルの概要まで、複数回にわたり幅広く解説していきます。(2019/8/5)

「京アニに裏切られた」「原稿叩き落とす」 昨秋に書き込み集中、京アニ火災関連捜査
京アニの第1スタジオで起きた放火殺人事件で、インターネット上に「京アニに裏切られた」「原稿叩(たた)き落として裏切ること」などと投稿されていたことが31日、分かった。事件では、青葉真司容疑者(41)=殺人容疑などで逮捕状=が身柄確保の際に「俺の小説をパクった」と発言していた。京都府警は青葉容疑者宅からPCなどを押収しており、ネットへの書き込みと事件との関連について調べる。(2019/8/1)

スマートアグリ:
ラズパイで高品質なメロンを栽培、越谷市と富士通が共同研究
埼玉県越谷市と富士通は2019年7月30日、IoT(モノのインターネット)を活用したメロンの水耕栽培に関する共同研究を開始したと発表した。高収益な農産物であるメロンを安定かつ大量に栽培する方法を確立し、地域農業の振興を図る狙いだ。(2019/8/1)

Alibaba Groupの半導体メーカー:
中国Pingtougeが16コアの「RISC-Vプロセッサ」を開発
中国Alibaba Groupの半導体チップメーカーであるPingtouge Semiconductor(以下、Pingtouge)は2019年7月、AI(人工知能)、5G(第5世代移動通信)、IoT(モノのインターネット)、自動運転車のインフラストラクチャに向けたRISC-Vベースのプロセッサ「Xuantie 910」を発表した。(2019/8/1)

「さまざまな業界で培った高い経験値」が制御システムセキュリティに効く:
PR:決め手は“経験の差”日立ソリューションズだから分かる制御システムの守り方
「IoT化」によって、これまでインターネットとは無縁だった製造業現場のセキュリティリスクが高まっている。また、機器の整備やアップデートのために利用されるUSBメモリーを介してのウイルス侵入や情報漏洩(ろうえい)も増えている。さまざまなソリューションを活用しつつ、抜けや漏れのない制御システムセキュリティを確保するにはどうしたらいいだろうか。(2019/8/1)

ネットスキルを確認できる小中学生向け「ジュニアスマホ検定」が夏休みキャンペーンを実施 図書カードをプレゼント
インターネットの利用状況や情報モラルの知識・理解度を測ることができる小中学生向けWeb検定サービス「ジュニアスマホ検定」が、抽選で6人に図書カードが当たる夏休みキャンペーンを実施する。8月30日までに受検した人が対象だ。(2019/7/31)

製造業IoT:
5G対応のソフトウェアベース通信システムを提供へ、BBSakura Networksが発足
ソフトバンク子会社でインターネットエクスチェンジ(IX)事業を手掛けるBBIXと、さくらインターネットは、モバイルネットワークソリューションを提供する合弁会社のBBSakura Networksを設立すると発表した。(2019/7/31)

「5Gを見据えるが、それだけでない」:
BBIXとさくらインターネット、モバイルコアやネットワーク自動化の新会社を設立
BBIXとさくらインターネットは2019年7月29日、合弁会社「BBSakura Networks」の設立を発表した。モバイルコアやバックホールネットワーク設定自動化などの取り組みを進めるという。(2019/7/30)

製造業IoT:
つながるクルマを支えるアカマイのエッジ基盤、自動車メーカーで導入が進む
アカマイ・テクノロジーズ(以下、アカマイ)は2019年7月26日、東京都内で記者会見を開き、IoT(モノのインターネット)デバイスに向けたプラットフォーム「Akamai Edge Cloud」のサービス概要や導入事例を紹介した。(2019/7/30)

認証方法は「IDとパスワードのみ」が7割超 ネットサービス事業者の甘さ露呈
7payの不正利用が発覚する直前のタイミングで、フィッシング対策協議会が「インターネットサービス提供事業者に対する『認証方法』に関するアンケート調査結果報告書」を出した。(2019/7/29)

「特に通信サービス事業者は見直しが必要」:
国内約20万台のサーバが「DDoS攻撃に悪用される危険性」 A10ネットワークス調査
A10ネットワークスは、同社が提供する脅威インテリジェンスデータを基に、DDoS攻撃に利用される恐れのあるIoT(モノのインターネット)機器やサーバの数を調べた。日本のネットワークには、アクティブなDDoS攻撃エージェントが19万6521台もあった。(2019/7/29)

イスラエルの新興企業:
道路に埋め込むIoTセンサー、道路状況を自動で予測
イスラエルのスタートアップ企業Valerannは、2019年7月18〜19日に東京都内でソフトバンクが開催したイベント「SoftBank World 2019」で、道路に埋め込むIoT(モノのインターネット)センサー「Smart stud(スマートスタッド)」を利用した道路状況監視システムの展示を行った。説明担当者は、「道路の情報をリアルタイムで解析可能なので、これまでマニュアルでカメラを見ながら判断していた作業を全て自動化できる」と話した。(2019/7/29)

センサー融合技術などを強化:
CEVA、ヒルクレスト・ラボラトリーズを買収
CEVAは、民生用やIoT(モノのインターネット)機器向けセンサー処理のソフトウェアやコンポーネント事業を手掛けるHillcrest Labs(ヒルクレスト・ラボラトリーズ)を買収する。(2019/7/30)

「シャドーIT」の隠れた通信も落とし穴に
7pay事件で再考すべき「Webアプリケーション」のリスクと対策
「7pay」の不正アクセスなど、インターネット通信を利用するWebアプリケーションのインシデントが後を絶たない。Webアプリケーションのユーザー側と提供者側の双方から見て注意すべきリスクとは何だろうか。(2019/8/8)

本社も移転、2020年の開業を目指す:
竹芝が“未来都市”に!ソフトバンクの次世代街づくり
AI、5G(第5世代移動通信)、そして各種IoT(モノのインターネット)機器など、最先端のテクノロジーを融合した"スマートシティー"の実現が近づいている。舞台となるのは東京都港区の「竹芝地区」。ソフトバンクと東急不動産が共同で、2020年の開業を目指して開発を続けている。(2019/7/26)

導入進むビデオ判定 「機械の目」は受難の審判を救えるか
スポーツ界で誤審を防ぐためにビデオ判定を導入する動きが、さまざまな競技に広がっている。サッカーでは昨年のワールドカップ(W杯)で採用されたのをはじめ、各国のリーグで次々と導入。体操や卓球でも2020年東京五輪に向け、検討が進められている。背景には競技レベルの向上に伴い目視での判定が難しくなっていることに加え、誰でもテレビやインターネットでスロー映像を見ることができるようになり、審判の判断が絶対視されなくなったことがある。(2019/7/24)

製造マネジメントニュース:
RRIが「スマートものづくり応援ツール」を募集、中小製造業のIoT導入を推進
経済産業省は、ロボット革命イニシアティブ協議会が第3回「スマートものづくり応援ツール」の募集を開始したと発表した。中小製造業がより簡単に利用できるIoT(モノのインターネット)ツールを選定し公表することで、企業のIoT導入を支援する。(2019/7/23)

京アニ放火 メルカリで「寄付します」出品相次ぐ 真偽不明、批判も
京アニ放火事件を受け、メルカリでは、「売上金を寄付する」とうたって京アニが制作したアニメの関連グッズが相次いで出品されている。だが、寄付行為の真偽はわからず、インターネット上では批判の声も上がっている。(2019/7/22)

京アニ放火 「安否不明」ネット・SNSで情報錯綜
京都アニ放火事件に絡み、インターネットやSNS上で安否情報が錯綜している。事件から2日が経過しても遺体の身元公表が進んでいないためだが、背景には、京都府警が遺族ら関係者の心情や状況を配慮した上で身元の確認を慎重に進めていることがある。(2019/7/22)

「2024年ISDNデータ通信終了とEDI移行」まる分かりガイド【第3回】
インターネットEDIへの本格移行は時間がかかる、やるべきセキュリティ対策は?
ISDNのデータ通信が終了することを見据えて、インターネットEDIを採用するなら2022年末までには移行を終わらせるのが理想的だ。タイムリミットまでに準備すべき「接続テスト」と「セキュリティ対策」とは。(2019/7/25)

連載「わが青春のインターネット」:
あのころ、電話線の向こうには“未来”があった―― 「パソコン通信」がくれた出会いと記憶
インターネットが一般に普及するよりもっと前、「パソコン通信」の時代を経験者に聞きながら振り返ります。(2019/8/19)

ネット投票の足音(上):
世界に先駆けネット投票実現 「紙よりもデジタルを信じる」エストニア
パソコンと向き合う水着姿の男女3人。「エストニア人はインターネットで何でもできる。投票もそう。たとえ水風呂の中でも」。男性はこう言い放つと、自らの個人識別コードをパソコンに入力。画面の指示に従い、慣れた手つきで政党と候補者を選んだ。投票を終えた男性が強調した。「デジタルは完璧ではなく、リスクもある。それでも国民は『紙』よりもデジタルを信じる」(2019/7/18)

DXを実現するネットワークの鍵となるSD-WAN
インターネットとマルチクラウドの積極的な活用でビジネスを変革するDXを推進
DXの流れを受けて、企業が提供するサービスの中心はデータセンターからクラウドに移行しつつある。それに伴って企業のネットワークの役割が重要になっている。「DXネットワーク」を実現するためには何をすればいいか。(2019/7/23)

ドコモが車内向けインターネットサービス「docomo in Car Connect」を提供 9月10日から
NTTドコモが、移動する自動車内でインターネットに接続できるサービスを9月10日から開始。dアカウントさえ持っていれば最短1日から利用可能で、データ通信量や速度の制限は設けられていない。利用には、パートナー企業が提供する通信機器(またはそれを組み込んだ自動車)が必要となる。(2019/7/12)

ドコモ、コネクテッドカー向け定額通信サービス 通信量・速度制限なしで使い放題
NTTドコモがコネクテッドカー向けにインターネットを定額で制限なく利用できるサービス「docomo in Car Connect」の提供を9月10日から始めると発表した。(2019/7/12)

小規模サービス業・小売業の7割以上がキャッシュレス決済を導入済み
ラクーンコマースは、7月10日にキャッシュレス決済の導入に関するインターネット調査の結果を発表した。7割以上がキャッシュレス決済を導入しており、導入数が最も多い決済方式はクレジットカードの9割。売上比率は10%未満が約5割と導入効果を特に感じておらず、決済手数料での利益減少や資金繰りに対する不安も多い。(2019/7/11)

7時間で100万円も……大手企業、クラウドファンディングで資金調達のわけ
食品や日用品の大手メーカーが、インターネット上で不特定多数の人から事業資金を募る「クラウドファンディング」の活用を本格化させている。大手企業が積極化させている背景には、詳細なデータ収集によるマーケティング(市場調査)への期待がある。(2019/7/10)

楽天モバイル、DMM.comのMVNO事業を買収
楽天モバイルがDMM.comのMVNO事業とインターネット事業を9月1日付けで買収する。(2019/7/9)

楽天モバイルがDMM.comから「DMM mobile」「DMM光」を譲受 9月1日付で
MNO事業への参入準備を進める楽天モバイルが、DMM.comからMVNO事業とインターネット接続事業を承継する。基本的には承継後も同じサービスを受けられるが、ポイントサービスは変更される予定だ。(2019/7/9)

Twitterに「パキパキの氷や自転車あります!」 ネット取引で覚醒剤浸透 
東京・霞が関のキャリア官僚が覚せい剤取締法違反容疑などで相次ぎ逮捕、起訴された。仕事のストレス解消などで使ったとされ、いずれもインターネットを通じて違法薬物を入手していた。密売人が売買を持ちかけるネット上のツールは従来の匿名掲示板だけでなく、Twitterなど身近なSNSにも拡大している。(2019/7/9)

参院選「ネット戦略」最新事情 自民・山田氏はLINE活用 立民はTwitter、国民はYouTubeで存在感
インターネットを利用した選挙運動が進化している。今回の参院選(21日投開票)で候補者や政党は、WebサイトやSNSだけでなく、ネット広告を活用したツールなど、斬新な方法で無党派層などにアピールしているという。2013年の公職選挙法改正で解禁されたネット選挙の最新事情を取材した。(2019/7/9)

ソフトバンクと村田製作所:
IoTプラットフォーム向け通信モジュールを開発
ソフトバンクと村田製作所は、ソフトバンクのIoT(モノのインターネット)プラットフォームに対応する小型のLPWA(Low Power Wide Area)通信モジュールを共同開発した。(2019/7/9)

重要性が高まるWAN回線の課題
「クラウドサービスに大容量アップデート」 ネットワークの限界をどう超える?
クラウドサービスの活用が増える中、セキュリティマネジメントのためにインターネット向け通信をプロキシやファイアウォールを経由させている企業にとって、大量のトラフィックやセッションが課題となっている。そこで有効なのがSD-WANだ。(2019/7/18)

「新規開発あるある」にどう立ち向かうか:
「納期だけは決まっているので、よろしく!」の解決策「クリーンアーキテクチャ」とは?
「APIはできていないし、データベースは構築どころか製品選定も済んでいないけど、納期だけは決まっているので、よろしく!」――。限られたスケジュールの中でいかに試行錯誤できるようにするか。その鍵は「クリーンアーキテクチャ」にあることを、GMOインターネットの成瀬氏が説明した。(2019/7/10)

量子インターネット実現へ:
光子から炭素へ量子テレポーテーション転写に成功
横浜国立大学の小坂英男教授らは、量子テレポーテーションの原理を用い、量子メモリに光子の量子状態を転写することに成功した。大規模な量子インターネットの構築に必要な量子中継器などへの応用が期待される。(2019/7/4)

利息は体で……ネット上に潜む「ひととき融資」のわな
「性行為ができて利息ももらえる。素晴らしい融資だ」。大阪府警に貸金業法違反(無登録営業)容疑などで逮捕された男はこう言い放ったという。男の手口は「ひととき融資」と呼ばれ、性的関係を見返りに、インターネットで知り合った女性らに金を貸し付けるというものだ。(2019/7/3)

利息は体で:
ネット上に潜む「ひととき融資」のわな
「性行為ができて利息ももらえる。素晴らしい融資だ」。大阪府警に貸金業法違反容疑などで逮捕された男はこう言い放ったという。男の手口は「ひととき融資」と呼ばれ、性的関係を見返りに、インターネットで知り合った女性らに金を貸し付けるというもの。警察は「ヤミ金の新たな手口」と警戒感を強めている。(2019/7/3)

AWS IoTとの連携も:
産業/医療IoTに注力、Xilinxの「3つの戦略」
Xilinxの日本法人であるザイリンクスは6月27日、東京都内で事業戦略説明会を実施した。Xilinxの産業/ビジョン/医療機器マーケット担当ダイレクター、Chetan Khona氏は、「産業、医療機器分野を、Xilinxで第3位の事業規模にしていく」と話し、インダストリアルIoT(モノのインターネット)やヘルスケアIoTにおける同社の事業戦略を説明した。(2019/7/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。