「Internet of Things」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Internet of Things」に関する情報が集まったページです。

日立がストレージソリューションの新サービスを発表、企業のDX推進を支援
新ストレージでは独自のインターコネクトスイッチを活用して多種多様な環境を1つのシステムの中で統合。従来機の機能は全て網羅し、さらに基幹系システムとクラウド環境をシームレスに連携させて、DX実現に向けたデータやIoTの活用を支援する。(2019/10/11)

試合中のデータをリアルタイムで取得
ラグビー選手の脳振とうは「IoTマウスピース」と「SAP HANA」で防げるのか
ラグビーなどの激しいスポーツで、選手の命に関わる脳振とうをいかに防ぐか。「SAP HANA」をベースにした「PROTECHT」は、IoTマウスピースで取得したデータから頭部への衝撃を計測し、脳振とうの防止に役立てる。(2019/10/10)

自律型ドローンの現状と課題【後編】
クラウドとAIが実現する「つながるドローン」とは?
自律型ドローンに関する法規制や技術的制限などの課題は完全には解決されていないが、用途を選べば現実的なコストで運用できる可能性がある。特にクラウド接続可能な「つながるドローン」は大きな可能性を秘めている。(2019/10/10)

「エッジコンピューティング」事例集【後編】
ゲーム配信の遅延に悩んだ企業が「エッジコンピューティング」を採用した理由
ネットワーク事業者のNetwork Nextが目指したのは、インターネットを介したゲームの遅延をなくし、全プレイヤーがリアルタイムで同じ体験をできるようにすることだった。どのように実現したのか。(2019/10/8)

顔が見えなくても人物を追跡、AI映像解析ソリューションを販売開始 日立
日立製作所と日立産業制御ソリューションズは、防犯カメラなどの映像から全身特徴によって特定の人物を高速検索する「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売する。後ろ姿など、顔が映っていない映像からでも全身特徴を判別する。(2019/10/7)

自律型ドローンの現状と課題【前編】
「自律型ドローン」とは? 簡単には解決できない技術的限界を解説
米国では「自律型ドローン」の実用化に向けて活発な議論が進み、食事の配達や工業設備の点検などさまざまな用途に期待が集まっている。ただし、いまだ技術的な限界も少なくない。(2019/10/4)

「エッジコンピューティング」事例集【中編】
垂直農法の企業は「エッジコンピューティング」で植物栽培をどう改善したのか
AeroFarmsはエッジコンピューティングを園芸に取り入れることで、室内環境を細かに監視し、植物栽培の生産性を飛躍的に高めた。どう実現したのか。(2019/10/2)

IoTで空港業務を効率化 荷物運搬車の位置と整備士の動線を把握――NECとJAL、羽田空港で共同実証
NECと日本航空(JAL)は、羽田空港(東京国際空港)で、IoTを活用して空港業務を効率化する実証実験を実施。屋外での荷物コンテナ運搬車の位置把握にはLoRaWAN、屋内での整備士の動線把握にはBLEを活用し、有効性を確認した。(2019/9/30)

AI人材育成に欠かせない、たった1つの視点:
数値化する世界のサバイバル術 -AI時代に求められる数理的素養とは-
「ビジネスマンがデータ分析など勉強する暇があったら語学でもやっておけ」という輩がいれば、それは全くの時代遅れだ。世界が数値化し、AIによってあらゆるビジネスの可能性が広がる現代において、文系であれ理系であれ、営業職であれ情シスであれ、「数理的な素養」が不可欠になる時代はすぐそこに来ている。しかし、今から数学やデータの解析手法を従業員に学ばせることはあまりに酷ではないか――。(2019/9/27)

AIや顔認証など最新技術を自社の製品に、NECがビジネス創出を加速する施策を開始
NECはビジネスパートナーに向けた施策「NEC 共創コミュニティ for Partner」を開始する。NECの技術資産を活用したソリューションの共創や販売連携に加え、パートナー企業同士の連携強化などについて支援する。(2019/9/26)

「エッジコンピューティング」事例集【前編】
変圧器製造のダイヘンが「エッジコンピューティング」導入 年1800時間を削減
「エッジコンピューティング」は企業にどのようなメリットをもたらすのだろうか。変圧器メーカーのダイヘンが工場にエッジコンピューティングを導入した事例から探る。(2019/9/25)

「すれ違いIoT通信」で地域見守り、NICTが無線ネットワーク構築技術を開発
Wi-SUNとWi-Fi、BLEの通信に対応したIoT無線ルーターを活用し、高齢者世帯の見守りや電子回覧板配信の実証実験を始める。(2019/9/20)

技術以外の取り組みが必要:
「ブロックチェーンビジネスのハイプサイクル」を発表、Gartner
Gartnerはブロックチェーンに関する最新レポートを発表した。ブロックチェーン技術は今後5〜10年間にほとんどの業種において、ビジネスを変えるような影響を与えるとの見通しを示した。特に銀行と投資サービス、ゲーム、小売業界の動向をまとめている。(2019/9/17)

“ディスラプションより危機感を抱くべき問題”とは?:
PR:多くの企業が見落としている「デジタルトランスフォーメーションの落とし穴」
DX(デジタルトランスフォーメーション)のトレンドが進展し、企業の間では「AI(人工知能)などを使って、いかに新たな価値を創出するか」「いかにスピーディーに価値を提供するか」といったテーマばかりが注目されている。だが、ITサービスをビジネスとして提供し、収益やブランドの継続的向上を図るためには、「利便性とスピードの追求」だけでは十分とはいえない。むしろ、多大なリスクを背負い込むことになってしまう。ではDXトレンドが過熱する中、多くの企業が見落としている「真実」とは何か?――日本ベンダーマネジメント協会 武内烈氏、ウチダスペクトラム 取締役 常務執行役員 岡田恭介氏と、編集部との鼎談(ていだん)で明らかにした。(2019/9/17)

SB C&Sが開発コストを数十分の1に削減:
PR:「世界生産性ランキング」30位の日本を変える「ローコード開発」とは
企業ITを取り巻く人材不足という課題に「ローコード開発」と呼ばれるコンセプトで一石を投じるOutSystems。ローコード開発とは何か、OutSystemsジャパンのアーノルド・コンセンコ氏とSB C&Sの荒川直樹氏に話を聞いた。その模様を前編に引き続きお届けする。(2019/9/17)

日本企業がデジタルトランスフォーメーションの波に飲み込まれないために:
PR:国内IT人材が不足、生産性向上で課題を解決する「ローコード開発」とは
企業ITを取り巻く人材不足という課題に「ローコード開発」と呼ばれるコンセプトで一石を投じるOutSystems。ローコード開発とは何か、OutSystemsジャパンのアーノルド・コンセンコ氏とSB C&Sの荒川直樹氏に話を聞いた。その模様を前編後編2回にわたってお届けする。(2019/9/17)

IoT機器にもAIを実装可能に、NEDOとOKIがディープラーニングモデルの軽量化技術を開発
NEDOとOKIは、ディープラーニングのモデルを軽量化する新技術を開発した。既存のベンチマークとされる高精度モデルに対して、認識精度の劣化を約1%に抑えつつ、演算量を約80%削減できた。演算性能や電力消費に制限のあるエッジデバイスなどにも、高度な人工知能(AI)を実装できるようになる。(2019/9/10)

アナログ回路設計講座(26):
PR:EOSの脅威からアナログ・フロント・エンドを保護する方法
本稿の目的は、システム設計者にさまざまな種類の電気的過負荷(Electrical Over Stress/以下、EOS)について理解していただくことです。システムに及ぼす影響を明らかにするために、特定の種類のEOSに絞って解説を進めますが、本稿で示す内容は、さまざまな状況に応用することが可能です。優れた設計の回路であっても、適切な保護手法を適用しなければ、EOSによって性能が低下したり回路が破損したりする恐れがあります。そのような状況を回避するためには、本稿で取り上げる事柄について理解しておくことが非常に重要です。(2019/9/9)

「あと5分動いてくれれば助かったのに」を解消する方法:
PR:電源トラブル対策していますか? エッジ環境に最適なUPSの形とは
企業のデジタルトランスフォーメーションが推進される中、エッジ環境の重要性が増している。そこで注意すべきは、インフラ環境における電源保護だ。停電が原因でシステムが止まってしまうと、事業継続に影響が出ることもある。その対策について考察する。(2019/9/5)

日本マイクロソフト、MaaS企業向けの支援策を開始
日本マイクロソフトは、利用者志向で革新的なサービスを提供するMaaS(Mobility as a Service)の実現に向けた支援策を開始する。MaaSリファレンスアーキテクチャや、MaaS技術者育成プログラムなどを提供する。(2019/8/28)

IoTとAIで森林管理 KDDIらが実証実験を開始
KDDIらは、IoTを活用した森林管理効率化の実証実験を実施する。シカによる植林の食害を防ぐ防鹿柵に振動検知センサー機器を一定間隔で設置し、動物の衝突や風といった防鹿柵の振動原因をAIで推定する。(2019/8/22)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(12):
IoTとドローンの活用
今回のコラムは、IoTに関連する項目として、今まで取り上げなかった「ドローン」についてです。ドローンは、遠隔操縦や自律式の無人航空機として理解されることが多いですが、その用途は多岐にわたり、無限の可能性を秘めているといってもよいと思います。また、その法的規制は複雑でもあり、日本では2015年12月10日施行の改正航空法で「無人航空機」が定義されました。(2019/8/22)

SaaS型ERP導入に失敗しないための「5つのポイント」:
第7回(最終回)SaaS型ERP導入の取り組み、その未来はどこへ?
最終回の今回は、クラウドを活用したSaaS型ERPの将来と各社の取り組みに加え、それらを導入する際の成功のポイントをまとめました。(2019/8/21)

インダストリー4.0推奨規格で通信システムを構築、製油所の通信をセキュアに 出光興産
製油所の情報セキュリティ強化を目的に、インダストリー4.0で推奨される標準通信規格「OPC-UA」による通信システムを構築。大規模生産システムでの採用は世界初となる。(2019/8/14)

ドローンでプラントの点検や建設管理を効率化 コスト削減や安全性向上も――NTTドコモと日揮、共同開発へ
NTTドコモと日揮は、石油精製や化学などの大規模プラント向けに、ドローンやIoTを活用した設備点検と建設管理のサービスを開発する。国内のプラントが老朽化し、需要が高まる設備保全や建設管理の省人化と効率化を図る。2019年度内から順次サービス開始を目指す。(2019/8/13)

海外医療技術トレンド(49):
オーストラリアの医療機器サイバーセキュリティと国際協調
本連載でこれまでも何度かオーストラリアのデジタルヘルスを取り上げたが、医療機器の分野でもユニークな動きを見せている。(2019/8/9)

重要な3つの視点:
PR:「正しいクラウド時代のデータ保護」実現に向け、情シスがとるべき道筋とは?
多くの企業でクラウドが使われるようになった一方で、管理すべき環境は複雑さを増している。日々重要になるデータを守る責務を負う情報システム部門は、どんな道筋をたどって未来へ向かえばいいのだろう。(2019/8/8)

Alibaba Groupの半導体メーカー:
中国Pingtougeが16コアの「RISC-Vプロセッサ」を開発
中国Alibaba Groupの半導体チップメーカーであるPingtouge Semiconductor(以下、Pingtouge)は2019年7月、AI(人工知能)、5G(第5世代移動通信)、IoT(モノのインターネット)、自動運転車のインフラストラクチャに向けたRISC-Vベースのプロセッサ「Xuantie 910」を発表した。(2019/8/1)

特選プレミアムコンテンツガイド
格安・極小PC「Raspberry Pi」の試したくなる活用例
さまざまな人の創作意欲を刺激してきた手のひらサイズの小型コンピュータ「Raspberry Pi」。多岐にわたるその活用例の中から、ビジネスに生かせる注目すべき使い方を紹介する。(2019/7/31)

そのネットワーク管理手法が足かせに
管理を「データセンター」から「データ」に、これからのネットワークの新常識
過去20年続いてきた個々のインフラ環境に特化した形のネットワークでは、IoTやAIなど新しい取り組みや変化に対応しにくくなっている。今後20年を見据えた新しいネットワークアーキテクチャとはどういうものなのだろうか。(2019/7/29)

福田昭のデバイス通信(194) 2019年度版実装技術ロードマップ(5):
IoT用無線モジュール技術と仮想・拡張現実感技術
前回に続き、第2章のテーマ「情報通信」の後半部分を紹介する。今回のキーワードは、LPWA(Low Power Wide Area)無線ネットワークと、現実空間と仮想空間を融合させるクロスリアリティーだ。(2019/7/29)

「4G」とは位置付けが違う
「5G」のリアルタイム性がもたらす3つの重要な変化
データ伝送速度の高さとレイテンシの低さを兼ね備えた「5G」は、リアルタイム性の高いコミュニケーションを実現する。「4G」との違いを整理した上で、5Gが企業にもたらす影響を考察する。(2019/7/29)

OS「Raspbian」の最新版も登場
格安PC「Raspberry Pi 4 Model B」 最大4GBメモリと4K対応がうれしい
「Raspberry Pi 4 Model B」は従来モデルから大幅にアップグレードした。どれだけの進化があったか、その性能や特徴を紹介する。(2019/7/27)

複数設備の稼働状況をリアルタイム表示――NECプラットフォームズが「生産情報可視化集計システム」を発売
NECプラットフォームズは「生産情報可視化集計システム」の発売を、2019年8月23日に開始する。複数の設備の稼働状態や異常を集計し、リアルタイム表示する。(2019/7/26)

「Azure IoT」サービスを一挙紹介【後編】
「Azure IoT」のSphere、Digital Twins、TSI、Maps、Stream Analyticsとは?
MicrosoftのIoTサービス群「Azure IoT」には、IoTデバイスが生み出すデータを取得したり、アプリケーション開発に生かしたりするための、さまざまなサービスがある。その中から5つのサービスを紹介する。(2019/7/23)

「2024年ISDNデータ通信終了とEDI移行」まる分かりガイド【第3回】
インターネットEDIへの本格移行は時間がかかる、やるべきセキュリティ対策は?
ISDNのデータ通信が終了することを見据えて、インターネットEDIを採用するなら2022年末までには移行を終わらせるのが理想的だ。タイムリミットまでに準備すべき「接続テスト」と「セキュリティ対策」とは。(2019/7/25)

福田昭のデバイス通信(193) 2019年度版実装技術ロードマップ(4):
情報通信技術の進化が促す次世代社会「Society 5.0」
今回は、第2章の大テーマの一つである「情報通信」の前半部分を紹介する。ここでキーワードとなるのが「Society 5.0」だ。(2019/7/19)

老朽化したインフラ設備をAIやIoTで維持管理、沖電気工業の「インフラモニタリングソリューション」
インフラ構造物や設備の維持管理業務に向け、商品提供や技術開発を強化する。(2019/7/18)

「Azure IoT」サービスを一挙紹介【前編】
「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」「Azure IoT Central」の違いとは?
企業が自社のIoTデバイスを効率的に管理/監視できるようにする手段として、Microsoftが提供しているサービス群が「Azure IoT」だ。「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」など4種のAzure IoTサービスを紹介する。(2019/7/16)

「IoTプラットフォーム」導入の基本【後編】
「IoTプラットフォーム」選定で失敗しないための評価ポイントとは
IoTプラットフォームは包括的な機能を持つものや特定の機能に特化したものなど、さまざまな製品がある。導入を検討する際にどのように製品を評価すべきかについて説明する。(2019/7/22)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
狙われた大量のIoTデバイス なぜ攻撃される? 有効な対応策は
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/7/16)

海外医療技術トレンド(48):
米国NISTのIoTセキュリティリスク管理指針と医療機器
IoTデバイスのセキュリティリスク管理は医療機器業界の共通課題である。重要情報インフラに関わる医療機器ユーザーの技術標準化視点に立ったサイバーセキュリティのガイドライン整備を進めてきた米国のNIST(国立標準技術研究所)が2019年6月25日、IoTデバイスのセキュリティに関連する新たなガイドラインを公表した。(2019/7/12)

東京都港区に「スマートシティー」誕生 東急不動産とソフトバンクが共同構築
滞在者の最適な行動や安全を支援する街づくりとして、ロボティクスやモビリティ、AR、VR、5Gなどの先端技術を生かせるプラットフォームを構築する。(2019/7/10)

VDIが安定期に、ガートナーが国内セキュリティ分野のハイプサイクルを発表
次世代ファイアウォールやVDIは安定期に入り、イミュータブルインフラストラクチャなどが黎明(れいめい)期にあるとしている。(2019/7/9)

「MMDC」の普及でエッジコンピューティングが身近に
「エッジコンピューティング」と「クラウドコンピューティング」の違いとは?
IoTのニーズが多様化するのに伴い、必要性が高まると考えられるのが「エッジコンピューティング」だ。「クラウドコンピューティング」との違いと、導入のハードルを下げる「MMDC」について説明する。(2019/7/4)

中小企業がAIで勝つために
エッジデバイスでの機械学習はデータサイエンティスト不足を解消するか
データサイエンティストは数が少なく高給であることから、企業での雇用が難しくなっている。だが、エッジデバイスのインテリジェンスが大きく向上すれば、データサイエンティストを必要としなくなるかもしれない。(2019/7/3)

「IoTプラットフォーム」導入の基本【前編】
「IoTプラットフォーム」の3つの導入モデルとは? 何を「指針」とすべきなのか
IoTでモノが生み出す大量のデータを収集・分析するには、デバイスへの接続やデータ格納など、必要な機能一式を取りそろえた「IoTプラットフォーム」が必要になる。その基本機能や導入形態を紹介する。(2019/7/8)

鯉に恋する郡山、IoTでコイ監視 NTT東日本
NTT東日本はIoTを活用した養殖漁場の環境データを可視化する実証実験を始める。IoTセンサーやネットワークカメラを活用して養殖場の環境を遠隔監視する。(2019/6/27)

物理サーバは「どれも同じ」なのか?――ユーザーが見た「品質」の中身とは:
PR:NECサーバ工場見学バスツアー 徹底レポート
デジタルトランスフォーメーション(DX)トレンドを背景に、オンプレミスとパブリッククラウドのハイブリッド環境を構築する企業が増え、IoT(Internet of Things)、AI(Artificial Intelligence:人工知能)といった新規領域の取り組みも注目される中で、ビジネスを根底で支える「物理サーバの品質」が今あらためて問われている。では長らく国内市場を牽引し、多数の販売実績を誇るNECのPCサーバ「Express5800シリーズ」の場合、どのように品質が作りこまれ、何が差異化ポイントとなっているのか?――NECが主催したサーバ工場見学バスツアーに編集部も同行。参加者と共に、その秘密を探った。(2019/7/10)

「DX」が影響か:
新規IT活用に経営層の関与強まる、ノークリサーチが分析
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象とした「新たなIT活用の意思決定者」に関する調査の分析結果を発表した。2019年は2018年と比べて、経営層の割合が増えたのに対して、現場部門や間接部門、IT管理部門の割合はいずれも減った。(2019/6/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。