• 関連の記事

「カンバン方式」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「カンバン方式」に関する情報が集まったページです。

製造IT導入事例:
単一BOMで全社混乱した悲劇をなくすために、サンデンが挑むPLMの導入
PTCジャパンは2019年3月7日、プライベートイベント「PLMフォーラム2019 Spring」を開催。同社製PLMシステム「Windchill」の導入を現在進めているサンデン・リテールシステムが事例講演を行い、PLM導入の勘所を説明した。(2019/3/8)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(12):
価値創造時代のプロジェクトマネジメントは「自在な発想」で楽しもう
今、ICTにはこれまでにないサービスを創出したり、ビジネスプロセスを革新的に変えたりする価値創造が求められている。価値創造を目的としたプロジェクトでは旧来のプロジェクトマネジメントにはない「自在な発想」が必要だ。今回は新しいプロジェクトマネジメントの在り方について述べたい。(2019/1/28)

“共有”しても“共有”できていない問題を解決:
働き方改革で「ハドルミーティング」が注目される理由
「無駄な会議」は企業における典型的な課題だ。そうした中で注目を集めているのが「ハドルミーティング」だ。会議の効率化だけでなく、チーム内のコラボレーションにも好影響を与えるというハドルミーティングとは、どのようなものなのだろうか?(2018/8/22)

モノづくり最前線レポート:
「品質は工程で作り込む」トヨタが描く品質とIoTの幸せな関係
生産設備から社会インフラ、各種災害対策まで「メンテナンス」「レジリエンス」に関する最新の製品や技術、サービスを一堂に集めた展示会「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018」(2018年7月18〜20日、東京ビッグサイト)の特別講演に日本科学技術連盟理事長でトヨタ自動車技監の佐々木眞一氏が登壇した。(2018/7/26)

シリーズ「モノづくりの現場から」(日立製作所 大みか事業所):
「試作できない工場」が取り組んだ全体最適化、日立大みかの目指すスマート工場の姿
スマート工場の目標を端的に言えば、「新手法を取り入れた生産性向上」である。このテーマに2000年代前半から取り組む日立 大みか事業所のシステム設計担当者が発した「現在が変わって、初めて意味がある」という言葉の真意を探る。(2018/7/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」【番外編】:
トヨタの改革に挑む叩き上げ副社長
これまであまり脚光が当たることがなかったトヨタの「モノづくり」。ところが、潮目が変わりつつある。先の決算発表の場に河合満副社長が登場したのだ。河合氏は生産現場から叩き上げで副社長にまで上り詰めた人物。現場のラインに長年従事していた叩き上げならではの知見を生かした改革が今まさに生産現場で始まっているのだ。(2018/3/22)

初めてのガントチャート(4):
「みんなでガント.com」「Brabio!」「Jooto」とExcelガントチャートを比較する
プロジェクト管理や生産管理などで工程管理に用いる表「ガントチャート(Gantt chart)」の作成を通じて、プロジェクトマネジメントのABCを学ぶ本連載。最終回は、ガントチャート作成Webサービス「みんなでガント.com」「Brabio!」「Jooto」の基本機能を紹介し、Excelガントチャートと比較します。(2017/10/16)

こっそり始めるGit/GitHub超入門(12):
開発者のスケジュール管理に超便利、GitHub Issues、Label、Milestone、Projects使いこなし術
本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説しています。今回は、イシューとプルリクエストの連携やテンプレート設定、GitHub Projects、ラベル、マイルストーンなどを紹介します。(2017/4/28)

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(10):
現場の「見える化」だけでは不十分、必要なのは「言える化」だ
須藤たちが進めようとしている社内改革プロジェクトの目的は2つだ。まずは「エバ機不正を解明すること」。そして「企業風土を改善すること」。プロジェクトを手伝うTコンサルは、組織として問題を顕在化することが重要だと説く。つまり、よく言われる「見える化」とともに、問題を指摘できる「言える化」も鍵になるのだ。(2017/2/21)

こっそり始めるGit/GitHub超入門(8):
2017年、GitHubを始めるために最低限知っておきたい各機能
本連載では、バージョン管理システム「Git」とGitのホスティングサービスの1つ「GitHub」を使うために必要な知識を基礎から解説していきます。前回から、GitHubの使い方を紹介している。今回は、検索、Pull requests、Issues、Gist、Projects、Pulse、Graphs、ダッシュボードなど、GitHubの各機能の概要を解説します。(2017/1/5)

エコプロ2016講演レポート:
「エッジノードはより軽く」、坂村氏がIoTのアグリゲートモデルを提唱
環境とエネルギーの総合展示会「エコプロ2016」の特別講演に東京大学大学院教授の坂村健氏が登壇。「サステナブル社会を実現するIoT」をテーマに、同氏が研究を進めているTRONとIoTの関係などを紹介した。(2016/12/14)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(13):
“モノづくりの神髄”を理解すれば、必ず原価は下げられる!【中編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する連載「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」。原価低減活動に役立つ“モノづくりの神髄”を紹介する3回シリーズの中編となる今回は、「リードタイム短縮」について考えます。(2016/9/27)

もう“ごまかし”は通用しないのでは?:
PR:“感覚”ベースのExcelプロジェクト管理だと失敗する理由
現在、多くの企業がプロジェクト管理にExcelを利用しており、手作業で進捗状況を管理している。日々の進捗状況をExcelに手動で入力することで、開発担当者には手間が掛かることに加え、入力された情報はあくまで開発担当者の“感覚”であり、“ごまかし”もできてしまう。“実績”をベースにしたプロジェクト管理を行うためには何が必要なのだろうか。(2016/3/1)

「IoTを適切に使うのは難しい」――東大 坂村健教授
TRONで知られる東京大学教授の坂村健氏は、「IoTが社会を変えられるかどうかの鍵はオープン性にあるが、同時に“適切な利用”を行うための高度な判断が求められる」と述べる。(2015/12/4)

視点:
Industry 4.0 10年後を見据えた発展途上の取り組み
 Industry 4.0 は、IOTを核に、「繋がる」、「代替する」、「創造する」という3 つのコンセプトで製造業の復権を狙っている。(2015/7/21)

RPGで理解する生産管理(5):
RPGで学ぶトヨタ生産方式の本質
製造業にとって重要な要素である「生産管理」ですが、なかなか初心者には理解するのが難しい……。そんな生産管理初心者に向け、RPG(ロールプレイングゲーム)になぞらえて分かりやすく生産管理を解説する本連載。最終回となる今回は、トヨタ生産方式の本質についてご紹介します。(2015/5/25)

普通の開発者のためのリーンスタートアップ手順書(5):
実録! チーム開発が捗り過ぎるSlack+GitHub+Trelloの使い方
スタートアップではいかにお金を使わずにプロダクトを開発するかは成功につながる大きなポイントとなる。コストを掛けずにプロダクトを作っていく上で、導入すべきツールをどのように使うかを数回に分けて紹介。今回は、開発プロジェクト向けチャットツール「Slack」の特徴を解説しプロジェクト管理ツール「Trello」や「GitHub」と組み合わせた活用事例を紹介する。(2014/10/29)

実践! IE;磐石モノづくりの革新的原価低減手法(4):
効果的な原価低減推進の考え方【前編】
革新的な原価低減を推進していくための考え方や手法について解説する「磐石モノづくりの革新的原価低減手法」ですが、今回から3回にわたり「効果的な原価低減推進の考え方」についてお伝えします。(2014/9/10)

製造ITニュース:
「異常、現場からお伝えしました」――生産現場見える化はどこまで行くのか
「ものづくりNext↑2013」では、富士通やパナソニックシステムネットワークス社などが、“生産現場の見える化”について、ソリューションを提案した。(2013/11/5)

失敗しない戦略実現術、プログラムマネジメント(1):
PMのノウハウでは成功しない案件とは?
ソフトウェア開発など、ゴールが明快な案件にはPMBOKなどのプロジェクトマネジメントの方法論が効果を発揮する。では事業の立ち上げなど、ゴールの規模が大きく、売上成長や事業再構築など多様なゴールを目指す複雑な案件の場合、どのような方法論が有効なのだろう? 現場で起こりがちなストーリーを通じて、プログラムマネジメントの秘けつを共に学んでいこう。(2012/2/23)

変わりゆく中国の日系製造業(1):
中国企業に部品提供を始めた日本のサプライヤ
生産拠点から「市場」に変化しつつある中国の中で、日系製造業はどのような活動をしているのでしょうか? 現地から最新動向を紹介します。(2011/3/9)

“仕事力”があると思う企業はどこですか
仕事ができると思う有名人は誰ですか? ビジネスパーソンに聞いたところ、トップは「イチロー」、次いで「北野武(ビートたけし)」「島田紳助」と続いた。労務行政研究所調べ。(2010/11/18)

第21回 設計・製造ソリューション展レポート(4):
RFID製造ライン監視・管理、モバイル管理のいま
2010年6月23日から25日までの3日間、東京ビッグサイトにて「第21回 設計・製造ソリューション展(以下、DMS展)」が開催された。製造ライン監視・管理ソリューションを中心に紹介する。(2010/7/14)

Ericsson Business Innovation Forum 2010:
ネットワーク関連で世界最大、Ericssonの南京工場を訪問
Ericssonは中国に工場を持ち、世界中へネットワーク関連の製品を輸出している。同社はどのように製品を製造・品質管理しているのだろうか。Ericsson Business Innovation Forum 2010の最終日に、南京にある同社の工場を訪問した。(2010/6/17)

藤田正美の時事日想:
ニホンのモノづくりは負けない……そんな自信を失うかもしれない
中国やインドなど新興国の台頭が目立ってきているが、「日本は『物づくり』では負けない」と思っている人も多いのではないだろうか。しかしそんな自信も長続きはしないのかもしれない。その理由は……。(2010/4/19)

モノづくり最前線レポート(15):
アーキテクトモデルの実現とアルパインの取り組み
技術ばらしプロセスで検討フェイズ作業を27%削減! これからの製品開発に求められるアーキテクト力とブレない設計・開発のための秘策とは(2009/12/7)

シックスシグマの落とし穴(1):
例題で理解する「そもそもシックスシグマって何だっけ?」
シックスシグマは改善のための重要ワード。でも、どう導入すればいいのか、どう考えるかを理解していますか? 簡単な例題から確認を(2009/11/10)

こうすればうまくいく生産計画(6):
“かんばん方式”にまつわる誤解・曲解・勘違い
今日の製造業が抱えている根本問題は「大量・見込み生産の体制を残したまま、多品種少量の受注生産に移行しようとしている」ことにある。生産計画を困難にするさまざまな要因を乗り越え、より良い生産計画を実現する方法を検証してみよう。(2009/2/26)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
拡張と結合のための矛盾する行動で“飛躍”を遂げるトヨタ
グローバル展開を進めている日本企業にとっての手本と言える存在が、世界最大級の自動車メーカーであるトヨタ自動車である。同社の強さの秘密は、カンバン方式に代表される経営のハード面のみならず、絶え間ない自己革新を可能にする経営のソフト面にもあるという。(2009/1/8)

PR:あらゆる組織の境界を取り除くヒューマンネットワーク
ネットワークのインフラを支えてきたシスコシステムズは、人同士がネットワークでつながることで生まれるコラボレーションの支援に注力している。コミュニケーションの基盤になりつつあるネットワークの新たな役割について、シスコシステムズの木下剛シニアディレクターと慶應義塾大学SFC研究所の國領二郎所長が討論する。(2008/11/21)

三方一両得のIT論 IT部門がもう一度「力」をつける時:
【第15回】埋まらないシステムと業務の溝(1)〜ITをすぐ「システム構築」から考えない
企業に情報システムを導入する目的は、ユーザー部門の仕事が便利になるからでもなければ、IT部門の自己満足のためでもない。企業が最大限の利益を上げるためだ。本質を見極めずにやみくもにシステムを入れても失敗する。(2008/9/9)

頭脳放談:
第96回 「トヨタ生産方式」が半導体業界を救う?
先日から気になっていたTPSという単語が「トヨタ生産方式」だと気付いてビックリ。半導体業界にもTPSの波がやってきている。その理由は?(2008/5/26)

「Nケータイ」はメイド・イン・サイタマ――N905iは“人の手”が作っていた
NECが、国内向け携帯電話の生産拠点であるNEC埼玉を公開した。工場は自動化されロボットが粛々とNケータイを製造……しておらず、意外にも人の手によって1つ1つ大切に組み立てられていた。(2008/4/10)

頭脳放談:
第87回 リスクのリンクは世界を回る
地震による部品供給停止で工場がストップ。このようなリスクは洗い出しやすく対策も可能だ。しかし無関係に見えるリスクがリンクしていると……(2007/8/24)

IFS World Conference 2005レポート
自動車の生産現場にマッチするパッケージアプリケーション
IFS World Conference 2005では、自動車業界がクローズアップされている。IFSの自動車業界担当のグローバルディレクター、ジュリアン・ベーコン氏に話を聞いた。(2005/10/4)

神尾寿の時事日想:
普及進むQRコードは、使いやすさ向上が課題
iモードサイトユーザーの95%以上が認知しているQRコード。簡単な手順でより詳細な情報を入手できるQRコードの潜在市場は大きいが、現在の端末ではポイントであるはずの“使いやすさ”に課題がある。(2005/10/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。