「KDDI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「KDDI」に関する情報が集まったページです。

KDDI、1都3県でWi-Fiスポットを順次無料開放 台風19号接近を受け【追記あり】
ソフトバンクは台風第19号による影響が確認され次第、千葉県全域でWi-Fiスポットを無料開放する方針。(2019/10/11)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクが台風19号の対策を発表 移動基地局車や充電サービスなど
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアは、台風第19号の接近に伴う対策を発表した。移動電源車や移動基地局車の配備を進める。ショップで無料で充電可能なサービスも提供する。(2019/10/11)

携帯3キャリア、台風対策発表 移動基地局車を配備 ショップでは無料充電サービスも
NTTドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社は、10月12日〜13日に日本列島に上陸すると見られる台風19号に備えた対策・支援体制をそれぞれ発表した。(2019/10/11)

GIS:
技研商事インターナショナル、クラウド型GISに主要動線分析機能
技研商事インターナショナルは、KDDIと開発したクラウド型GIS「KDDI Location Analyzer」に、道路の歩行者量や自動車通行台数を把握する「主要動線分析機能」を追加した。(2019/10/11)

折りたたみスマホ「Galaxy Fold」 auが独占販売、税込約24万円
KDDI(au)が韓国Samsung Electronicsの折りたたみスマートフォン「Galaxy Fold」を25日に発売すると発表した。(2019/10/10)

aptX HD対応イヤフォンが付属 「AQUOS sense3 plus サウンド」がauから登場
KDDIが、「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」を、2019年12月上旬以降に発売する。価格は4万円台の予定。aptX HDに対応したパイオニア製のイヤフォンが付属する。約6.0型のIGZO液晶ディスプレイや4000mAhバッテリーによる高いスタミナも特徴に打ち出している。(2019/10/10)

auがミッドレンジの「Xperia 8」を発売 5万円台、シンプル仕様のホームも
KDDIがソニーモバイルの「Xperia 8 SOV42」を10月下旬以降に発売する。価格は5万円台の予定。Xperia 1や5の特徴を継承しつつも、カメラやプロセッサなどのスペックを抑えたミッドレンジモデル。アスペクト比が21:9と縦長の約6.0型フルHD+液晶を搭載する。(2019/10/10)

「Xperia 5」がauから登場 幅68mmボディーに6.1型有機ELや3眼カメラを搭載
KDDIが「Xperia 5」を10月下旬以降に発売する。価格は9万円台(税込み)の予定。縦に長い21:9のディスプレイを、幅68mmのボディーに搭載した。背面にはトリプルカメラを搭載し、映画品質をうたう動画の撮影が可能な「Cinema Pro」アプリも用意した。(2019/10/10)

Mobile Weekly Top10:
MNOが運営するMVNOはあり? なし?/楽天モバイルがMNOサービスの「サポーター」を募集
10月からMNOとして一歩を歩み出した楽天モバイルですが、当面の間はMVNOサービスも並行して提供する見通しです。その他、KDDI、沖縄セルラー電話やソフトバンクも関連会社を通してMVNOサービスを提供しています。「MNOによるMVNOサービス」に良い顔をしていないのが、多くのMVNOに回線を提供しているNTTドコモです。(2019/10/8)

KDDI総研、データポイズニングされても正しく学習できる手法を開発 レコメンドシステムの信頼性向上に
KDDI総合研究所は、外部からの不正操作を排除しながら、ユーザーのECサイト上での行動履歴から嗜好を正しく学習する機械学習の手法を開発したと発表した。(2019/10/8)

“CiscoのクラウドPBX×KDDI電話網”でテレワークを支援――KDDI、「Cisco Webex Calling」を提供開始
KDDIは、クラウド電話サービス「Cisco Webex Calling」をKDDIの電話網と組み合わせて、2019年10月31日から提供開始する。テレワークなどで固定電話番号での発着信が可能になる。クラウドライセンスから保守まで、KDDIがワンストップで提供する。(2019/10/8)

「au PAY」の登録者数が600万人を突破
KDDIは、10月5日にスマホ決済サービス「au PAY」の登録者数が600万人を突破したと発表。セブン-イレブンでの利用開始を記念した「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」や「セブン銀行ATMチャージキャンペーン」を実施している。(2019/10/7)

KDDIらがアスリート支援システム プレーをスマホで撮るとAIが解析 センサー内蔵サッカーボールで球速測定
KDDIとアクロディアが、AI技術を用いてアスリートの技術向上を支援するシステムを開発。スマホで撮影した映像をAIが解析する。(2019/10/7)

KDDI、海中でのデータ通信に成功 青色LED光無線通信を使用
KDDI総合研究所は、青色LED光無線通信技術を用いた海中の実証実験に成功。防水対策を施した海中のスマートフォンから陸上に向けたライブ映像の配信と、陸上から海中のスマートフォンに向けたSNSメッセージ配信を実施した。(2019/10/3)

KDDI総研、海中でスマホの無線通信に成功 青色LEDで地上と交信、ライブ配信など実現
KDDI総研が、青色LED光無線を用いて海中に通信環境を構築する実証実験を実施。ダイバーは水深5メートルまでの深さで、陸上へのライブ映像配信などを実現したという。同研究所は今後も研究開発に努めるとしている。(2019/10/3)

総務省、“半額免除施策”の販売手法を見直すようKDDIとソフトバンクに要請
総務省は10月1日、KDDIとソフトバンクに対し、割賦で端末を販売する際の手法を見直すよう要請した。問題視するのが、KDDIとソフトバンクが提供する、半額免除プログラム。同プログラムの収支やSIMロック解除の状況について報告することも要請している。(2019/10/1)

au、月額料金が6カ月間1000円割引になる「スマホ応援割20」
KDDIは、10月1日に「スマホ応援割20」の提供を開始。新規契約・機種変更時に「auフラットプラン20N」へ加入または契約していると、申し込み翌月から6カ月間、月額料金が1000円割引となる。(2019/10/1)

KDDIもSIMロック即日解除に一部対応 総務省の要請を受け
KDDIが、同社の端末を回線契約なしで購入した顧客を対象に、端末のSIMロックを即日解除できるようにした。(2019/10/1)

KDDI、5G商用基地局の設置を開始 2023年度末までに5万局以上を全国展開へ
KDDIは、2020年3月に予定している第5世代移動通信システム「5G」の商用サービス開始に向け、第1号の基地局を設置し、電波発射を開始した。今後、全国に5G商用基地局を展開し、2023年度末までに5万3626局、基盤展開率93.2%を目指す。(2019/10/1)

「Go!Go! au WALLET クレジットカード大還元祭」開催 毎月200人に1万円分のau WALLET ポイントをプレゼント
KDDIフィナンシャルサービスが、10月1日から「Go!Go! au WALLET クレジットカード大還元祭」を開催。2020年1月31日までの期間中、月6回以上買い物をしたユーザーの中から毎月抽選で200人に1万円分のau WALLET ポイントをプレゼントする。(2019/9/30)

KDDIが埼玉県と福岡県に5G基地局を設置 2023年度末までに全国5万局超の構築を目指す
KDDIが、2020年3月に商用サービスの開始を予定している5G用の基地局を埼玉県と福岡県に設置。9月30日から順次、試験端末を使用使ったフィールドトライアルを実施する。2023年度末までには、全国に5万3626局を展開する計画だ。【訂正】(2019/9/30)

KDDI、端末最大半額プランを見直し 政府指摘で割引幅縮小へ
KDDI(au)は携帯電話端末を48カ月の分割払いで購入すれば「最大半額」にするとうたったプランを11月にも見直す方針を固めた。端末代の割引幅は半額より小さくなる見通し。対象を自社回線の契約者に限定し、月額390円の利用料も撤廃する。現行プランの仕組みや広告表示に対する政府の指摘や批判を受け、全面的な見直しを余儀なくされる。(2019/9/30)

消費者庁、携帯端末代金「最大半額」の広告に注意喚起
消費者庁は26日、一部の携帯電話事業者による端末代金の「最大半額」の広告で消費者が不利益を被る恐れがあるとして、注意喚起すると発表した。KDDI(au)とソフトバンクが今月発表した端末購入プランで端末代の割引を受けるには月々の利用料がかかるなど半額以上の経済負担が生じるため、広告が誤解を与えかねないと判断した。(2019/9/27)

石川温のスマホ業界新聞:
高市総務相「SIMロック解除は早急な検討が必要」――12年続く不毛な議論は早急に終わらせ、通信の未来を描く会議にすべき
総務省の「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第18回会合が行われた。ソフトバンクとau(KDDI・沖縄セルラー電話)の新しい購入プログラムを端緒として、急きょ「SIMロック」が議題となったが、12年間、一体何を議論してきたのだろうか……。(2019/9/27)

消費者庁、携帯端末代金「最大半額」の広告に注意喚起
 消費者庁は26日、一部の携帯電話事業者による端末代金の「最大半額」の広告で消費者が不利益を被る恐れがあるとして、注意喚起すると発表した。KDDI(au)とソフトバンクが今月発表した端末購入プランで端末代の割引を受けるには月々の利用料がかかるなど半額以上の経済負担が生じるため、広告が誤解を与えかねないと判断した。(2019/9/26)

au PAYで「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」開催 チャージでau WALLET 残高もプレゼント
KDDIは10月1日からスマホ決済サービス「au PAY」において「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」を開催。セブン銀行ATMからau WALLET 残高チャージで1万円相当のプレゼントも行う。(2019/9/25)

新端末購入プログラムを巡る「SIMロック解除」の動き “100日ルール”は見直しに?
auとソフトバンクの端末購入プログラムは、他社ユーザーに開放した一方、100日間はSIMロックを解除できない。これを受け、総務省ではSIMロック解除のルール見直し進めている。20日の有識者会議で、ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが見解を述べた。(2019/9/20)

auで買う「iPhone 11」の強みは? KDDI高橋社長が語る
KDDIが東京・新宿で「iPhone 11」ファミリーの発売記念イベントを開催。同社の高橋誠社長が、auでiPhoneを買うメリットを改めて紹介した。(2019/9/20)

auの「AppleCare+」サービス、iCloud(50GB)が追加料金なしで利用可能に
KDDIは9月20日から、iPhoneとiPad向けの保証サービス「故障紛失サポート with AppleCare Services & iCloudストレージ」を提供する。従来提供している「故障紛失サポート with AppleCare Services」に、iCloudストレージ50GBが加わった。修理サービスは4年間で4回まで利用できる。(2019/9/20)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクとKDDIが分離プランで「最大半額割引」を投入――改正法の抜け穴を見抜けない総務省は節穴か
ソフトバンクとKDDI(au)が、「48回払い」と「端末返却」を前提とする端末購入支援プログラムをリニューアル。従来と異なるのは回線契約を必要としない点で、改正法の「抜け穴」を付いたともいえる。早速、異義をとなえる人も出てきた。(2019/9/20)

携帯キャリア3社、台風15号による通信障害から復旧 千葉県内で携帯電話サービス再開
KDDI、ソフトバンク、NTTドコモの大手携帯キャリア3社は、台風15号の影響で発生した通信障害から復旧し、千葉県内全域で携帯電話サービスを再開したと相次いで発表した。(2019/9/19)

加盟店を相互開放:
メルペイ、LINE Pay、d払いの「Mobile Payment Alliance」にau PAYが参画
KDDIは、9月18日にメルペイ、LINE Pay、NTTドコモのモバイルペイメント加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance」へ参画を発表。店舗業者はいずれか1つのサービスのQRコードを設置するだけで、メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAYを導入できるようになる。(2019/9/19)

3キャリア共に復旧:
ドコモが台風15号に伴う障害から回復 千葉県内の一部エリアでは制約も
KDDI、ソフトバンクに続き、NTTドコモも台風15号に伴うエリア障害から回復した。ただし、千葉県の一部地域では、本格的な復旧までの間、サービスが利用しづらくなる場合がある。(2019/9/19)

「メルペイ・LINE Pay・d払い」陣営にau PAYが参加 スマホ決済ではドコモとKDDIが協力関係に
ソフトバンク系のPayPayとの対抗軸ができてきました。(2019/9/18)

iPhone 11シリーズなどの購入で3000ポイント付与 auのキャンペーン
KDDIは、9月13日に「iPhone au WALLET キャンペーン」をスタートした。対象のiPhoneを購入したユーザーにau WALLET ポイントを3000ポイントプレゼントする。期間は12月1日まで。(2019/9/17)

携帯各社が台風15号に伴う支援措置 速度制限解除や支払期間延長など
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの携帯電話3社は、台風15号の被害に対する支援措置を発表。データ通信の速度制限解除や利用料金の支払い期限延長、修理費用の軽減などを行う。(2019/9/17)

千葉県沖に船舶型基地局、KDDIが導入 沿岸部の通信障害を解消
KDDIが、台風15号の影響により復旧が遅れている千葉県沿岸部で携帯電話サービスを提供するため、館山市沿岸に電話基地局を積んだ船を停泊させている。(2019/9/17)

iPhone 11シリーズ、携帯キャリア3社が予約受付開始 価格はほぼ横並び
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手キャリア3社が、iPhone 11シリーズの発売日と販売価格を発表した。3社とも9月13日に事前予約を始め、20日から販売する。(2019/9/13)

「iPhone 11」シリーズの価格を比較 一括価格と実質価格が最も安いのは?
9月13日21時に予約がスタートする「iPhone 11」シリーズ。Appleに加え、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリアも価格を案内した。一括価格と、3キャリアの端末購入プログラムを適用した際の“実質価格”をまとめた。(2019/9/13)

auのiPhone 11/11 Pro/11 Pro Maxの価格が判明 税込み9万円弱から
KDDIが、直営店「au SHINJUKU」における「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の価格を発表した。Appleの直販価格と比べると、若干高くなるようだ。(2019/9/13)

端末半額サービスも継続:
KDDI、新料金プラン発表 楽天参入は「意識せず」 今度はポイントプログラムで“囲い込み”
KDDIが9月12日、10月からの新料金プランを発表。SNSのデータ消費がなくなるプランなどが登場。端末の半額サポートも維持する。ポイントプログラムへ新たにステージ制を導入。「通信と端末の分離」で進みそうなユーザー離れに歯止めを掛ける狙い。楽天の参入が遅れている件については「そこまで意識していない」としている。(2019/9/13)

“2年縛り”続けるau 「実質的な囲い込み」という指摘も
KDDIが「iPhone 11」シリーズなどのスマートフォンを最大半額で購入できる「アップグレードプログラムDX」を発表。購入した端末には100日間のSIMロックが設定されることから、「実質的な囲い込みではないか」という批判の声も上がった。(2019/9/12)

通信と端末の分離:
「法令に従ってやっている」 結局変わらぬ値引き合戦 KDDIはソフトバンク追従 総務省は静観?
KDDIが9月12日、新料金プランなどを発表。従来の「アップグレードプログラムEX」を他キャリアのユーザーも利用できるように変更。ソフトバンクのサービスを追従する形となった。NTTドコモも同様のサービスを展開しているが、各社ともSIMロックに制約がある。政府は「通信と端末の分離」を進めるが……(2019/9/12)

au、「アップグレードプログラムEX」で最大12カ月分の前倒し利用料が無料になるキャンペーン
KDDIは、機種代金が最大半額になる「アップグレードプログラムEX」加入者がiPhoneを12カ月利用後、期間中に新iPhoneへ機種変更すると最大12カ月分の前倒し利用料が無料になるキャンペーンを行う。期間は9月20日〜12月1日。(2019/9/12)

新「au WALLET ポイントプログラム」が2020年3月に始動 ステージに応じてポイント付与
KDDIが2020年3月以降、新たな「au WALLET ポイントプログラム」を提供する。現在のポイントプログラムでは、auの利用期間の応じてポイントを付与しているが、今後はステージに応じてポイントを付与する。ステージは4つあり、auユーザー向けの特典も用意する。(2019/9/12)

10〜11月の「三太郎の日」、Apple Payで最大10%、au PAYで最大20%を還元
KDDIは、9月12日に「三太郎の日」の10〜11月特典について発表した。「Apple Pay」の利用で最大10%、「au PAY」の利用で最大20%をau WALLETポイントで還元する。(2019/9/12)

KDDI、回線契約なしでも端末代金を最大半額に ソフトバンクに追随
KDDIは、スマートフォンの機種代金を最大半額にする「アップグレードプログラムDX」を10月1日から提供する。回線契約と端末のセット販売が禁止されることを受け、auの回線契約がない人も対象にする。(2019/9/12)

auの「アップグレードプログラムDX」登場 端末代金を最大半額免除、他キャリアでもOK
KDDIが、10月1日から新たな端末購入補助プログラム「アップグレードプログラムDX」を提供する。48回の分割払いで対象機種を購入し、25カ月目以降に端末を返却して、新たな機種に買い替えると、割賦代金の半額を免除する。ソフトバンクの「半額サポート+」と同じ仕組みだ。(2019/9/12)

KDDIが新料金プランを発表 料金据え置きで解約金が1000円に
KDDIが、2019年10月1日から新料金プランを提供する。月額料金は据え置きだが、新たに「2年契約N」を適用できる。解約金が1000円となり、2年契約Nの割引額は月額170円になる。(2019/9/12)

3キャリアで通信障害が発生 台風15号の影響
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクで通信障害が発生。関東地方を中心に、携帯電話サービスが利用しにくい状況が発生している。原因は、台風15号の伴う停電の影響など。(2019/9/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。