「研修」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「研修」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

アルバイトの接客、VRで研修 松屋が導入 声の大きさや目線判定、クリアすると先に進める“ゲーム感覚”
VRを活用した新人アルバイト向け接客トレーニングのソリューションを松屋が導入。トレイを運ぶ動作や「いらっしゃいませ」などの声掛けの大きさ、目線などを判定し、基準に達していれば次に進めるゲーム感覚のシステムで、トレーニングの質の向上や均質化を図る。(2019/9/25)

AUTOSARを使いこなす(12):
AUTOSAR人材の育成に向けた提言(後編)「研修」の前提を一緒に見直しませんか?
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載の第11回では、AUTOSARの人材育成に関わる「研修」の現状について取り上げる。(2019/9/2)

プログラミング教育実施直前の夏休み、教員も研修中
2020年度の小学校でのプログラミング教育必修化を前に、現場に立つ教員はどのような準備をしているのか。都内の小学校で行われた研修会で当事者に話を聞いた。(2019/8/29)

社員研修には好印象 留学生が見た日本企業
来春日本の大学・大学院を卒業、修了予定の外国人留学生に、就職活動状況や職業観を調査しました。日本企業にどのようなイメージを持っているのかを尋ねました。(2019/8/20)

AUTOSARを使いこなす(11):
AUTOSAR人材の育成に向けた提言(前編)「研修」で目指すものを一緒に見直しませんか?
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載の第11回では、AUTOSARの人材育成に関わる「研修」の現状について取り上げる。(2019/8/20)

ZEB:
構造部材全てが木材――大林組が高層純木造耐火建築物の建設に着手
大林組が柱/梁/床/壁などの構造部材の全てが木材という高層純木造耐火建築物の建設に着手した。大林組グループの研修施設として新たなイノベーションや企業文化を育んでていく。(2019/8/16)

職場とカプセルホテル同居「すぐ休める」 ファーストキャビン展開
カプセルホテル大手のファーストキャビンが、オフィスとホテルの複合施設を増やしている。社屋の空きスペースを提供した企業側も会議・研修旅行の販売や、自社社員に向けた福利厚生の充実につながると期待する。(2019/8/9)

「そもそも何をすれば……」プログラミング教育に黄信号、準備の遅れ深刻
来年度から小学校で必修化される「プログラミング教育」の円滑な実施に黄信号が点灯している。文部科学省が行った調査では全国の教育委員会の5割以上が基本的な内容を理解していないことが判明。学校現場でも「そもそも何をすべきか分からない」と困惑の声が広がっている。全面実施まで残り1年を切る中、教員研修や先行授業など、準備の本格化が急がれる。(2019/7/16)

専門家のイロメガネ:
テレビ局が吉本興業を出入り禁止にすべき理由
吉本興業の芸人による闇営業。この事件で最も重要なことは、事務所のあずかり知らない所で所属芸人が詐欺集団の会合に参加したことであり、芸人をマネジメントすべき吉本興業がそれを防げなかったことだ。本来研修を受けるべきは芸人ではなく、吉本興業の経営陣ではないのか。(2019/7/9)

車載ソフトウェア:
日産がクルマとソフトの両面を知る技術者育成を強化、研修施設を公開
日産自動車は2019年7月3日、車載ソフトウェア開発に関する社内研修施設「日産ソフトウェアトレーニングセンター」(神奈川県厚木市)を報道陣向けに公開した。日産は自動車工学に精通したソフトウェア開発人材の丁寧な育成で、競合他社との差別化を図る狙いだ。(2019/7/4)

プロジェクト:
建物まるごと研修素材「東急コミュニティー技術研修センター」本格稼働
東急コミュニティーが、東京都目黒区上目黒に「東急コミュニティー技術研修センターNOTIA」を新設。従業員の技術力や提案力を高め、マンションやビルなどの資産価値向上につなげていく。(2019/6/17)

体調不良:
新入社員は「5月病」ならぬ「6月病」に要注意
新入社員は「5月病」ならぬ「6月病」に要注意?! 精神的に不安定となるのは「5月」。定説のようになってきたが、そんな時期に異変が生じているようだ。企業の最新調査では、研修から本格業務に移行するタイミングと重なり、体調不良を訴える人が「6月」に相次ぐという結果に。(2019/6/13)

プロジェクト:
清水建設が500億円を投じ、潮見に研究・研修施設や「渋沢邸」など2万m2を整備
清水建設は、東京・江東区潮見に土地代も含めた500億を投資して、研究・研修施設、歴史資料館など新たなイノベーションセンターを計画している。敷地内には、同社の相談役だった渋沢栄一氏の邸宅も青森県六戸町の星野リゾート青森屋敷地内より移築。2代・清水喜助氏が手掛けた建築物として後世に伝えていく。(2019/6/13)

防止法の意味:
上司はつらいよ パワハラ防止法の施行が与える管理職への影響
いわゆるパワハラ防止法が可決、成立しました。ハラスメント研修では、官公庁や大手から中小企業までさまざまな職場、それも管理職向けのセミナーを行っている立場から考えます。(2019/6/3)

ビル設備:
三菱ビルテクノがリニューアル専用の研修棟「練」開設、2020年までに70人の技術者育成
三菱電機ビルテクノサービスは、3.3ヘクタールの広大な敷地を有する自社の研修施設に、昇降機のリニューアル工事に特化した研修棟を新設した。新研修棟の名称は、繰り返し手をかけ質の良いものにするの意味を込め、「練(れん)」とし、高まる技術者不足の解消に向け、2020年までに据付技術者70人の育成を目標としている。(2019/6/3)

個人利用だけでない「AR」「VR」とHMDの使い道【前編】
社員研修や人材採用に「VR」(仮想現実)をどう生かせるのか?
コンシューマー用途が目立つ「VR」(仮想現実)技術を、ビジネスに生かそうとする動きがある。ベンダー各社の製品から、その動向を追う。(2019/5/24)

文科省、小学校プログラミング教育の研修教材を公開 Scratch活用、YouTubeに動画も
2020年度から導入予定の小学校のプログラミング教育について、文科省が教員向けの研修教材を作成し、Webサイトで公開した。PDFデータをダウンロードできるほか、YouTubeで動画版の教材を閲覧することもできる。(2019/5/22)

文科省、「情報I」の教員用教材を公開 高校の必修科目化で
文部科学省が高等学校の新必修科目「情報?」の教員研修用教材を公開した。(2019/5/20)

社内でAI人材を育成 法人向けオンラインAI研修サービス、Aidemyが正式公開
Aidemyが法人向けオンラインAI研修サービスを正式公開。従来のオンライン講座に加え、コンサルティングサービスを加えた。(2019/4/16)

メカ設計ニュース:
DMM.comが初級技術者向け機械加工研修を開始
DMM.comは、初級技術者向けの「機械加工研修」を開始した。第1弾としてアウトソーシングテクノロジーが運営する「自動車大学校」の研修生へ提供し、「DMM.make AKIBA」で優れた技術者を育てる。(2019/3/29)

製造マネジメントニュース:
昇降機据え付けの危険も体験できる、三菱電機が研修センターを稼働
三菱電機は、昇降機の据え付け技術者を育成する研修センター「匠」を2019年4月1日から稼働する。実習用昇降路や危険体感設備を備え、実際の据え付け現場で起こり得る危険を体験でき据え付け技術者の作業品質や危険感度の向上を支援する。(2019/3/22)

スピン経済の歩き方:
「バイトは教育で真人間にしろ」が、ブラック企業につながる理由
バイトテロ騒動で、コンビニや外食産業が揺れている。こうした事態を受けて、「バイトも研修を受けさせるべきだ」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。どういうことかというと……。(2019/3/12)

竹中技術実務研修センター「想」に躯体の“ハイブリッド工法”“PC工法”の実物大モックアップを新設
竹中工務店は、兵庫県川西市の体験型研修施設「想」を増築し、躯体のハイブリッド工法/PC工法の実物大モックアップを新設し、新たな研修プログラムをスタートさせた。(2019/3/8)

“データサイエンティストの卵”が企業のデータを分析 研修ベンチャー、PoCサービス提供
データサイエンティスト育成スクールの受講生が、企業のデータ分析を請け負う――こんなサービスが提供された。(2019/2/26)

医療機器ニュース:
AIを用いた画像診断の共同研究に向け、パートナーシップを締結
シーメンスヘルスケアと徳洲会は、AIソリューションを用いた画像診断の共同研究、検体検査工程の完全自動化、人材最適化に向けた超音波研修プログラムに関するパートナーシップ契約を締結した。(2019/2/22)

「件名に『緊急』と記載されても緊急度は上がりません」 AWSへの問い合わせガイドラインが話題に 「新人研修に使える」「苦労が垣間見える」
AWSが公開している「技術的なお問い合わせに関するガイドライン」がネット上で話題に。「いろいろやっていますが、うまくいきません」といった質問を引き合いに、どのように質問すれば早期解決につながるかをアドバイス。(2019/1/30)

「AIを学びたいエンジニア」募集 京都のAIベンチャーら、社員向けデータサイエンティスト研修を提供
データサイエンティストの育成を行うデータミックスが、AIベンチャーのハカルスと共同で、エンジニア向けのデータサイエンティスト育成プログラムを開発した。機械学習やAI開発に関心を寄せるエンジニアが対象。(2019/1/22)

没入感が違う:
「こんな接客は嫌だ」をリアルに体感 そごう・西武がVRのマナー教材を開発したワケ
そごう・西武が社員研修事業に進出する。VRを使って“最悪の接客”と“適切な接客”を体験できるコンテンツを開発した。新規事業立ち上げの苦労とは?(2019/1/21)

労働政策研究・研修機構 主任調査員に聞く(後編):
現場知らぬ社員が管理職になる時代 人を育てない「フリーランス化社会」の行きつく果て
フリーランスという働き方に未来はあるのだろうか。労働政策研究・研修機構 主任調査員の山崎憲さんに米国での事例を聞き、解決策を探った。(2019/1/11)

労働政策研究・研修機構 主任調査員に聞く(前編):
「欧米に立ち遅れている」という認識は幻想 日本的雇用の“絶対的長所”にも目を向けよ
日本企業の働き方は欧米に比べて遅れているとよく言われている。労働政策研究・研修機構 主任調査員の山崎憲さんに、政府が進める「働き方改革」の焦点を聞いた。(2019/1/8)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
「危険の研修こそVRの出番」 積木製作に聞く「研修用VR」ビジネスの現状
建設現場で起こる高所からの落下や、工作機械への巻き込まれ事故など、危険な体験をVRでシミュレーションする研修用VRコンテンツが注目を集めている。こうしたコンテンツを手掛ける積木製作に話を聞いた。(2018/12/11)

今日のリサーチ:
時代のニーズに合わない教育や企業研修システムが11兆5000億ドルの経済成長を阻む――アクセンチュア調査
スキルギャップが大きいと、新技術がもたらす恩恵を十分に享受できないかもしれません。(2018/12/7)

組織ではなく個人に焦点を当てる:
先端技術の習得には教育や研修の「変革」が必要、アクセンチュアが指摘
アクセンチュアが発表した調査レポートによると、時代のニーズに合わない教育や企業研修システムによって、デジタル技術によって可能になる経済成長を達成できない恐れがあるという。新しいスキルを効果的に習得するには、教育や企業研修を3つのアプローチで変革することが必要だとしている。(2018/11/22)

医療機器ニュース:
治療する医師と同じ視点で手術を体験できる医療研修VR
ジョリーグッドとジョンソン・エンド・ジョンソンは、治療する医師と同じ視点で手術を体験できるサービス「医療研修VR」を共同開発する。第1弾として、不整脈の一種である心房細動の手技をVR化した。(2018/11/19)

buildingSMART International Summit,Tokyo:
BIM/CIMデータを官民で共有できるプラットフォーム構築を目指す、国交省のi-Construction動向
国土交通省では、ICT技術による生産性革命プロジェクトのうちの一つ、i-Constructionで、BIM/CIMガイドラインの策定をはじめ、大規模構造物でのCIMの試行、BIM/CIM発注者向け研修など、さまざまな施策を展開している。buildingSMART International Summit,Tokyoにおける国交省の講演から、最新のBIM/CIMの取り組みを探った。(2018/11/12)

激変の新卒採用サバイバル:
新卒が定着しない…… 宮城・気仙沼の中小企業が採った秘策とは
宮城県気仙沼市の中小企業が新卒採用で取り組む「マチリク」。リクルートキャリアの支援を受けて採用や研修を地域の企業間で一体化、新人の定着に成功しつつある。(2018/11/9)

組み込み開発ニュース:
自動車業界向けモデルベース開発エンジニアの育成カリキュラムを開始
パーソルテクノロジースタッフは、自動車業界を中心としたモデルベース開発(MBD)エンジニア育成カリキュラムを開始した。研修では、数値計算ソフトウェア「MATLAB」「Simulink」の基本操作から演習問題まで体験する。(2018/11/8)

CEATEC 2018:
巨大構造物の内部がMRで分かる、NECXO東日本が教育用ツールとして展開
東日本高速道路(NECXO東日本)は、「CEATEC JAPAN 2018」において、MR(複合現実)技術を活用して高速道路の維持管理や点検の教育/研修を支援するツール「PRETES-e」を展示した。現在、北海道札幌市内で実運用を始めており、今後は東北や関東などの主要拠点でも利用できるようにしていく考え。(2018/10/22)

「野菜をもう一重覆う」など防止策強化:
モスバーガー、9月以降は食中毒被害なしも感染経路は「いまだ不明」
モスフードサービスが、食中毒事件の経過と再発防止策を改めて発表。9月中旬以降は顧客からの新たな体調不良の申し出はないという。野菜の運搬方法や社内研修のカリキュラムを変更し、再発防止を図っていく。(2018/10/3)

エネルギー管理:
テスラの蓄電池でエネマネ、ミライトが三井物産の実証に参画
ミライトは三井物産の電力系統安定化に向けた実証実験に参画。同社の研修センターに蓄電池などを設置し、ピークカットやエネルギーマネジメント、電力事業者のニーズに応じた調整電力の供給などを検証する。(2018/9/11)

日本のおもてなし術の“伝道師”:
「ローソン外国人店員研修」で500人育てた「カリスマママ教官」の愛のムチ
ローソンの外国人向け店員研修に記者が参加。指導役の女性が参加者の国の文化に配慮しつつ、厳しく丁寧に複雑なコンビニ業務をレクチャーした。(2018/8/27)

Aidemyの講座を全て受講できる:
法人向けAIプログラミング研修サービス「Aidemy Business」を提供開始――アイデミー
アイデミーは、法人向けのプログラミング研修サービス「Aidemy Business」の提供を開始した。AIやブロックチェーンなど、Aidemyで提供している全ての講座を受講できる。不明点をメールで個別に質問できるサービスも用意する。(2018/7/6)

HR Techは人事にとって魔法か、それとも脅威か:
結婚式プランナー、ITと研修を“マリアージュ”してみた
ウエディングの会社がプランナー育成のため動画共有の研修システムを導入。良い接客を評価するための基準を作るなどアナログな部分で奮闘している。(2018/6/29)

建設×VR/AR/MR:
清水建設・戸田建設が監修した死の危険を感じるVR研修。開発した積木製作に聞く
積木製作は2018年6月7日、VR(バーチャルリアリティー)技術を活用した訓練、研修コンテンツ「安全体感VRトレーニング」の建設現場シリーズを発売した。VR研修とはどういうものか、なぜVRなのか、積木製作セールスディビジョン シニアディレクターの関根健太氏に聞いた。(2018/6/14)

日立とトレンドマイクロ、不足するセキュリティ人材の育成で協業 「サイバー攻撃対応研修」を提供
日立製作所、日立インフォメーションアカデミー、トレンドマイクロが、サイバーセキュリティ分野での人材育成で協業。最初の取り組みとして「サイバー攻撃対応研修」を2018年10月に提供開始する。(2018/6/7)

トラスコ中山の「白紙の部屋」:
社員の「自主性」どうすれば育つ? 30万円もらえる「何でもアリ」の研修に学ぶ
工具の卸売企業、トラスコ中山は「白紙の部屋」と呼ぶ研修制度を設けている。従業員に30万円を提供し、1カ月間好きな仕事をすることを許可するもの。社員の自主性を育てる狙いがあるという。(2018/6/1)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
産学官民連携の知・交流・人材育成拠点――高知県産学官民連携センター(高知県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第19回。高知県で行われている、産学官民連携に関する相談窓口や交流機会の創出、人材育成研修などの取り組み「高知県産学官民連携センター」を取り上げる。(2018/4/13)

世界で活躍するための戦術:
男性もお肌の“マネジメント”でさらに活躍? 資生堂、企業向け研修を提供
資生堂ジャパンは、男性のスキンケアに特化した企業向けセミナーの提供を今月から始める。「日本人男性がさらにグローバルに活躍するための戦術の1つとして、身だしなみに加えて“肌マネジメント”の重要性を伝えていく」という。(2018/4/5)

製造マネジメントニュース:
三菱自が「過ちに学ぶ研修室」を設置、不正を風化させない社員研修に
三菱自動車は、愛知県岡崎市の技術センターに社員研修施設「過ちに学ぶ研修室」を開設した。(2018/3/30)

アイエエエ! ニンジャスレイヤーの知識を問う「ニンジャセンタ試験2018」が2月11日22時に開催
カラテ研修の成果を存分に発揮してください。(2018/2/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。