「レクサス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レクサス」に関する情報が集まったページです。

名機「2JZ」エンジンを搭載 1200馬力オーバー「レクサス RC F」ドリフトカーが誕生
500キロ以上の軽量化にも成功。(2020/8/7)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
ダブルシャークフィンや目立つLiDAR、今だけの貴重な見た目かも
「あれっ、なんか付いてるぞ」という感じがちょっと楽しい。(2020/7/22)

表面的な数字に踊らされると判断を誤る:
「トヨタVSテスラ」の構図は本当か? 「時価総額」という数字のマジックにだまされるな
テスラの時価総額がトヨタを抜き、自動車業界トップに躍り出た。日本が世界に誇る「あのトヨタ」が新興企業に打ち負かされてしまった。このようなニュアンスの記事を何度も目にしたが、その表面的な数字だけで物事を語ってしまう傾向に強い違和感を覚えている。「時価総額」という数字のマジックにだまされてはいけない――。(2020/7/15)

福田昭のデバイス通信(255) 2019年度版実装技術ロードマップ(63):
車載用HMIデバイスの改良が安全な運転を支援
今回は、運転操作の品質を低下させないように、あるいは品質を向上させるように工夫した車載用HMIデバイスの一つとして「ステアリング・スイッチ」を紹介する。(2020/7/10)

AIで危険も予知……!! 新型「レクサス LS」初公開 凄腕ドライバー仕込みの運転支援機能を搭載
テーマカラーは「銀影(ぎんえい)ラスター」、名前もスゴいぜ……!(2020/7/8)

安全システム:
トヨタが新型LSで4つのLiDARを採用、高速道路出口まで運転支援
トヨタ自動車は2020年7月7日、レクサスブランドのフラグシップセダン「LS」の新モデルを世界初公開した。日本での発売は2020年初冬を予定している。(2020/7/8)

静粛性を大幅に向上:
レクサス、新型「LS」を初公開 AIで状況判断を助ける高度運転支援技術を採用
トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」の主力セダン「LS」の新型モデルを発表した。最新の高度運転支援技術を採用。日本では2020年初冬に発売する。(2020/7/7)

ひぇ……! 橋がポッキリ折れる インドで重機を積んだトラックが巻き込まれた崩落事故の映像がこわい
「グニャ」と橋が折れるシーンが怖すぎる……!(2020/7/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ようやくHVの再評価を決めた中国
中国での環境規制に見直しが入る。EV/FCVへの転換をやれる限り実行してみた結果として、見込みが甘かったことが分かった。そこでもう一度CO2を効率的に削減できる方法を見直した結果、当面のブリッジとしてHVを再評価する動きになった。今後10年はHVが主流の時代が続くだろう。(2020/6/29)

レクサス「LC500」に優雅なコンバーチブルモデルが登場 観光名所「青の洞窟」をモチーフにした特別モデルも
ソフトトップの動き出しに「タメ」を作るなど、優雅さに力を入れています。(2020/6/19)

トヨタ、CarPlay対応「LEXUS IS」発表
LEXUSのCarPlay対応は2019年から。(2020/6/18)

かっけぇぇ! 写真で見る「新型レクサスIS」 迫力マシマシの新デザイン
口が「ガッ」と開いていますよ……。【写真30枚】(2020/6/17)

安全システム:
レクサス「IS」がマイナーチェンジ、日本では2020年秋発売
トヨタ自動車は2020年6月16日、マイナーチェンジしたレクサス「IS」の新モデルを世界初公開した。日本での発売は2020年秋を予定している。2019年に新設したトヨタテクニカルセンター下山(愛知県豊田市)など世界各地で走り込み、走行性能を改善した。進化した先進運転支援システム(ADAS)も採用する。(2020/6/17)

2020年秋ごろ発売:
レクサスの新型「IS」初公開 “走り込み”で大幅改良、運転を滑らかに
トヨタ自動車は6月16日、高級車ブランド「レクサス」のスポーツセダン「IS」の新型車を発表した。日本では2020年秋ごろに発売する。(2020/6/16)

高級車の電子キー解錠機器を販売、窃盗ほう助疑いで業者を摘発
兵庫県警が、高級車の窃盗グループに電子キーの代わりとなる機器を譲渡し、犯行を手助けしたとして、鍵店を営む男を窃盗ほう助の疑いで書類送検していたと分かった。悪用された機器の販売元が摘発されるのは異例という。(2020/6/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型ハリアーはトヨタの新たな到達点
トヨタは、売れ筋のSUVマーケットにまた強力な新兵器を投入する。SUVバリエーションの最後のピースであるハリアーだ。結論からいえば、新型ハリアーは、多面的なその調律に成功し、トヨタブランドの範疇(はんちゅう)の高級というものが、バラバラの要素ではなく、一つの方向にキチンと収斂(しゅうれん)して、なるほどと思わせるものになっていた。(2020/6/8)

何だこのテールランプは!? レクサスが新型「IS」をチラ見せ、6月10日発表へ
7年ぶりのフルモデルチェンジ、「FR」は無事継続のようです。【6月7日更新】発表日延期。(2020/6/2)

本当に使える「設計者CAE」とは:
PR:国内外で採用多数、メッシュレスCAE「SimSolid」が設計者に選ばれる理由
メッシュレスにより、解析の圧倒的な高速化、簡易化を可能にした「Altair SimSolid」を活用する設計現場が増えている。選ばれる理由はどこにあるのか、そして、設計現場では具体的にどのように活用されているのか。「本当に使える『設計者CAE』 大手メーカーも絶賛、SimSolidによる開発期間短縮セミナー」の内容を基に、SimSolidの魅力に迫る。(2020/5/15)

レクサス、バーチャル工場見学など「おうちで楽しめる」コンテンツを無料公開
ペーパークラフトなども配布しています。(2020/5/3)

元F1王者も参戦 国際GTレースをゲームで代替イベント「SRO E-Sport GTシリーズ」開幕 ランボルギーニやメルセデスなど参戦
あのジェンソン・バトンも出場します。(2020/4/26)

え? 生産終了? 27年の歴史に幕、レクサスの高級スポーツセダン「GS」に最後の特別仕様車
2020年8月に生産を終了します。【写真13枚】(2020/4/24)

元祖「都市型SUV」がフルモデルチェンジ トヨタ、4代目「ハリアー」ドカンと登場
クーペSUVに進化、うひょひょーこりゃかっこいいぞぉぉ!【写真28枚+α】(2020/4/13)

トヨタのクルマサブスク「KINTO ONE」に最大7年の新プラン 最安値設定でヤリスが月1万6390円から
「ローン」と何が違うの……?(2020/4/13)

車載セキュリティ:
テンセントのハッキングチームがトヨタ車の脆弱性を報告、トヨタは既に対策済み
トヨタ自動車は2020年3月30日、既に販売された一部のレクサス車とトヨタ車について、社外から脆弱性の指摘があり、対策を施したことを発表した。(2020/3/31)

トヨタ「新型コロナ」自社工場で感染者を確認 ホンダや日産など国内メーカー「COVID-19」対応発表まとめ
国内の自動車・バイクメーカーのコロナ対応情報をまとめました(2020/3/22)

555件の不具合発生:
トヨタ、「ノア」「ヴォクシー」など11万台リコール エンストの恐れ
トヨタ自動車は、ミニバン「ノア」「ヴォクシー」やレクサス「LS」など計30車種11万2934台のリコールを届け出た。(2020/3/4)

製造マネジメントニュース:
トヨタから副社長が消え執行役員に一本化、「チーフオフィサー」を本格運用へ
トヨタ自動車は2020年4月1日付で実施する役員体制の変更について発表。副社長と執行役員を同格として執行役員に一本化するとともに「チーフオフィサー」「カンパニープレジデント」「地域CEO」「各機能担当」に分け、それぞれの役割をより明確化させる。(2020/3/4)

トヨタ、自動運転技術企業Pony.aiに4億ドル出資
トヨタが自動運転技術の中国新興企業Pony.aiに4億ドル(約441億円)を出資した。両社は2019年から協業しており、今後も自動運転技術開発とモビリティサービスの展開での協力をさらに推進していく。(2020/2/27)

早見沙織が「アホだな〜」 トヨタのクルマを声優が熱演 岡本信彦パパにパークマンサー彼が出会う
エンジン音でいちゃつくんじゃない!(2020/2/21)

安全システム:
レクサスの安全システムをトヨタ車で民主化、ハード変更せずにコストを抑制
トヨタ自動車は2020年2月3日、東京都内で記者向けに説明会を開き、運転支援システムパッケージ「Toyota Safety Sense」や今後の安全システムの展開を発表した。(2020/2/4)

何この豪華タッグ!! 「レクサス」×「ななつ星 in 九州」の豪華コラボツアーが開催
価格は2泊3日2人ペアで112万円から〜。あと、レクサスオーナーさん限定です。(2020/2/3)

安全システム:
プロジェクター化するヘッドランプ、動くモノに追従した部分消灯が課題に
オートハイビームは軽自動車にも搭載されるなど広く普及しているが、プレミアムブランドや上位車種向けのヘッドランプは、部分的に消灯する技術の高精度化が進む。消灯する範囲を最小限に抑えるほど、他のより多くの部分にヘッドランプの光が当たり、歩行者や自転車、障害物を認知しやすくなる。各社の取り組みから、ヘッドランプの最前線を追う。(2020/1/30)

VRニュース:
東京の小学生がトヨタ自動車九州をバーチャル見学、「次はエジプトがいいな」
トヨタ自動車とANAホールディングスは2020年1月28日、港区のレクサスインターンショナルギャラリー青山において、84人の小学5年生向けに工場見学型デジタル授業を実施した。東京都内にいながら、福岡県宮若市にあるトヨタ自動車九州 宮田工場を見学するというものだ。現地の説明員とリアルタイムにやりとりしながら、クルマづくりを学んだ。(2020/1/29)

アウトドアを満喫できちゃう本格派 レクサス、オフロード対応SUVコンセプト「レクサス GX オーバーランド」カナダ国際オートショーで披露
ルーフテントなどアウトドア向け装備を多数搭載しています。(2020/1/27)

一番イイヤツは約2340万円! レクサス初のミニバン「LM 300h」中国で先行発売、7人乗りと4人乗りの2種展開
安くても約1860万円……!(2020/1/21)

うそ、だろ!? 「EVスープラ」すげぇ 東京オートサロンでキラリと光っていた「ブッ飛び学生カスタム」大集合【写真37枚】
分かりやすく「本気」なのがすごくいい〜。(2020/1/14)

「うぉぉ何だこりゃ!?」「マジで意味分からん」 東京オートサロンでド目立ち「魔改造&すげークルマ」まとめ
みんな気合い入りまくり。(2020/1/12)

「異常発生を家族に通知」──クルマの運転、IoTで見守り オートバックスが月額980円で提供
カー用品量販店大手のオートバックスセブンが、車載型IoT機器を使った運転見守りサービスの提供を始めた。(2019/12/6)

製造マネジメントニュース:
トヨタは経営と現場間の階層をさらに削減、領域長は統括部長とフェローへ
トヨタ自動車が2020年1月1日付で実施する組織改正と人事異動を発表。組織改正では、幹部職の1つである領域長を「統括部長」と「フェロー」に見直すこととした。これにより、執行役員以上のトップ経営陣と、実務を担当する現場との間の階層をさらに減らして、実行力のさらなる強化とスピードアップを推し進めるとしている。(2019/12/5)

お値段も高級、ズドンと620万円から 高級巨大ワゴン「グランエース」12月16日発売【写真45枚】
やっぱでけぇぇ!(2019/11/25)

待望? カッコイイ? でも日本は後回し……? レクサスが初のEV市販モデル「UX300e」初披露
広州モーターショーで発表。日本では「2021年前半」発売予定です。(2019/11/25)

航続距離は400キロ:
レクサス、初のEVを公開 日本発売は2021年 専用アプリで充電管理も
トヨタ自動車は、高級車ブランド「レクサス」で初の電気自動車(EV)「UX300e」を発表。広州モーターショーで世界初公開した。(2019/11/22)

何この満載セレブ感 レクサスが“官能"オープン「LC500 コンバーチブル」、LAオートショーで華麗に発表【写真88枚】
「車外からの見え方」や「官能エキゾーストサウンド」を最大限に感じられるように徹底チューニングしたのだそうです。(2019/11/21)

そういえばよく分かんない……! 「TNGA」「CMF」……クルマの「プラットフォーム」って結局何のこと?
IT用語に匹敵するくらい略語だらけの世界。(2019/11/21)

車載情報機器:
電子ミラーの普及をにらみ、トヨタ「e-Palette」向けにソフトウェアも自社開発
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会にトヨタ自動車が提供する「e-Palette」に、東海理化の統合電子ミラーシステムが採用される。合計3つのカメラの映像を合成し、後方から後側方の情報を一括で表示できるようにする。(2019/11/19)

東京モーターショー2019 インタビュー:
トヨタの未来の愛車づくりは、「愛車」が伝わらないところから始まった
AIエージェントはどのように人を理解し、クルマを愛する気持ちを喚起するのか。AIエージェント「YUI」を搭載したコンセプトカー「LQ」の開発責任者であるトヨタ自動車 トヨタZEVファクトリー ZEV B&D Lab グループ長の井戸大介氏に話を聞いた。(2019/11/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショーで見ておくべきものは?
海外メーカーの撤退が相次いだ東京モーターショー。しかしユーザーとして、あるいは自動車産業に何らかのつながりを持つビジネスパーソンにとっては、多くのメーカーがこぞって商品を持ち寄る場であり、普段なかなか確認できない業界動向を直接観察するチャンスであることは変わりない。見どころを一気に紹介する。(2019/11/1)

「楽しい?」「普及する?」 「話題の電動キックボード」東京モーターショーでぜんぶ乗ってきた!
体験できるだけでなく、拠点移動もできて一石二鳥ですよぉぉ!(2019/10/31)

東京モーターショー2019:
「C-HR」のEVにeAxle採用のアイシン、ドライバーモニターでの“おもてなし”も
アイシングループは、「第46回東京モーターショー2019」に出展し、ハイブリッド車向けの電動システムをはじめとするさまざまな電動技術を披露。また、コンセプトカーの「i-mobility TYPE-C」は、ドライバーモニターの技術を活用した“おもてなし”を体験できる。(2019/10/30)

各社こだわりの華やかな衣装にも注目! 「東京モーターショー2019」美人コンパニオンまとめ第2弾
4つのエリアにまたがるTMS2019でお姉さんたちを激写!(2019/10/29)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。