「レクサス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「レクサス」に関する情報が集まったページです。

うぉぉでけぇぇ! トヨタ、4列シートの高級巨大ワゴン「グランエース」ズドンと発表【写真45枚】
東京モーターショー2019で実車お披露目。(2019/10/8)

ハイスペックAMGモデルも メルセデス・ベンツ、SUV「GLC」新型を発表 音声認識や自動発進などの支援システム搭載
ハイパフォーマンスな「AMG」モデルも用意。(2019/10/4)

色気たっぷりの専用カラー レクサス、最上級クーペに限定モデル「LC PATINA Elegance」発売、生産数わずか100台のみ
優雅で豪華なラグジュアリークーペに仕上がっています。(2019/9/30)

ひょぇぇお値段4億5000万円から レクサスがガチ豪華ヨット「LY650」発売、ワールドセレブ狙い撃ち【写真22枚】
かっけぇぇぇ!(2019/9/20)

2019年、これまでの10大データ流出【後編】
トヨタ販売店の顧客データ最大310万件流出など、世界のデータ流出事件
データ流出は世界中の企業で発生している。国内企業も例外ではない。2019年に判明した10大データ流出事件を振り返る本連載の後編は、トヨタ自動車で発生した不正アクセスなど、残る3つの事件を紹介する。(2019/9/17)

安全システム:
LED素子300個なみの配光制御を12個で、ヘッドランプにブレードミラーを採用
小糸製作所は2019年9月9日、トヨタ自動車の「レクサスRX」で新開発のヘッドランプ「ブレードスキャンADB」が採用されたと発表した。(2019/9/13)

日産GT-R、トヨタGRスープラ、ホンダNSXが並ぶ 「Super GT」2020年シーズンを戦う新型マシンを揃って発表
オイオイオイ……たまんねぇな!(2019/9/12)

ミクさんギュっと詰まってる! ボカロやごちうさ、まどマギなど「シスフェス2019」痛車写真まとめ第3弾
今回はコスプレも一緒に。(2019/9/12)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
不具合が多いのに売る時とアフターサービスが評価されている、あのブランド
調査対象外のブランドは、きっと不具合とか関係なく愛されている。(2019/9/5)

安全システム:
新車ユーザーに不具合経験を調査、品質トップはダイハツ、ワーストはVW
J.D.パワー ジャパンは2019年8月21日、2019年日本自動車初期品質調査の結果を発表した。この調査では新車購入後2〜9カ月のユーザー2万1728人を対象に8分野233項目について不具合の経験を聴取し、100台当たりの「不具合指摘件数」(PP100)を算出。今回で9回目の調査となる。その結果、不具合指摘件数が最も少ない自動車メーカーは2年連続でダイハツ工業となった。(2019/9/2)

バンドリ勢が強い……! デレマス、ニパ子、ごちうさなど「シスフェス2019」で見かけた痛車写真まとめ第2弾
がっつりフルラッピング痛車がずらり。(2019/9/2)

トヨタ、自動運転で中国Pony.aiと提携 9月にレクサスで公道実験
トヨタが中国の自動運転技術企業Pony.ai(小馬智行)と自動運転パイロットで提携する。9月には北京と上海の公道で、Pony.aiのシステムを搭載したレクサスによる実証実験を開始する。(2019/8/27)

黒色ボディーにクロムがキラリ NV350キャラバンに「ちょい悪迫力仕上げ」の特別モデル
ドォォォン、威風堂々の存在感。(2019/8/22)

今度の新色は「海苔」!? レクサスの最上級クーペ「LC」にスゲー名前の限定色
ペブルビーチ2019で発表。あの「レクサス・インスピレーション・シリーズ」の第3弾ですよ。(2019/8/19)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
400万円オーバーのBセグメント DS3クロスバック
一般に高級ブランドというものは、長い歴史があり、ブランド論がとやかく言われる前から「高級品」として世の中にイメージが共有されているものである。DSは2010年代という、技術もマーケティングも高度に発達した時代にこれに挑もうとしている。そこは大変興味深い。DS3クロスバックがこれにどう挑むのか。(2019/8/19)

35キロをたった20分で 仏発明家、ジェットエンジンで空を飛ぶフライボードでドーバー海峡横断に成功
空を飛ぶ乗り物ってワクワクしますよね。(2019/8/6)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(7):
【直伝】流し撮りの成功率を上げる方法(2)「一脚を効果的に使う」
後編は「一脚のメリットと撮り方のコツ」を具体的に説明します。(2019/7/31)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(6):
流し撮りの成功率を上げる方法(1)「集中する」
撮れれば快感! 前編は原点に立ち返って「集中する」具体的な方法を紹介します。(2019/7/30)

アメ車なのにめっちゃ静かやん!? ルックスそのまま“フォード公認”EV仕様「マスタング」爆誕
マッチョなアメ車がEVに大変身。(2019/7/7)

市販化は目前? レクサス、新型「LCコンバーチブル」試作車を一般公開 最上級モデルのオープン型
レクサスの最上級クーペをオープンカーにした新型モデル。(2019/7/6)

欧州勢のベンチマークに:
レクサス澤代表 ミニバン「LM」を投入する狙いは?
高級車ブランド「レクサス」のトップを務める澤良宏プレジデント。就任から3年目を迎え、ドイツ勢が勢力をふるうプレミアムカー市場において「ベンチマークされ始めたと感じている。やっていることが響き始めた」という。初のミニバン「LM」を投入する狙いなど今後の展望を聞いた。(2019/7/5)

Google系列のWaymo、ルノー・日産と自動運転分野で提携
Google系列の自動運転企業Waymoが、ルノー、日産自動車と独占契約を締結した。フランスと日本で、自動運転実現の可能性を検討していくとしている。(2019/6/21)

モビリティサービス:
ルノー日産がウェイモと「独占契約」、まずは日本とフランスから無人運転サービス
ルノー(Renault)、日産自動車とウェイモ(Waymo)は2019年6月20日、無人運転車を使ったモビリティサービスに関する独占契約を締結したと発表した。ウェイモは、フランスでルノーと、日本では日産自動車とのみ、ドライバーレスモビリティサービスの実現可能性を検討する。(2019/6/21)

これはいい真っ黒具合! レクサス制作「MIB仕様のRC F」が上陸、映画「MIB:インターナショナル」とコラボ
特別展示は京ミッドタウン日比谷のショールームで6月14日から30日まで。(2019/6/10)

WWDC 2019:
Macの性能を新次元に 新Mac Proの魅力とデザインに迫る
数々の話題が盛り込まれたAppleの世界開発者会議「WWDC 2019」だが、そこで発表されたモンスターPC「Mac Pro」を林信行氏とクリエイターの真鍋大度氏が読み解く。そこから見えてきたものは――(2019/6/5)

「まぶしくないハイビーム!?」を世界初搭載 新型「レクサス RX」発表、3列シート対応のラグジュアリーSUV
目つきも「ギラッ」と鋭くフェイスリフト。(2019/5/31)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(5):
プロ直伝「サーキット流し撮りがうまくなる」お勧めレース5選
例えば「富士SUPER TEC 24時間レース」に行けば、24時間撮りまくれます(笑)。(2019/5/30)

レースフォトグラファー奥川浩彦の「サーキットへ行こう」(4):
新設「鈴鹿PAスマートIC」がキモ 今後数年は使える「新・鈴鹿サーキット渋滞回避テクニック」
さぁSUZUKAへ行きましょう〜。鈴鹿PAのトイレも「必聴」ですよ。(2019/5/23)

これがロシア流カスタム道……! 英ベントレー「コンチネンタルGT」を無限軌道に魔改造した「ウルトラタンク」がめっちゃ楽しそう
2500万円もする高級車になんてことを!(2019/5/16)

BMW・ベンツに“無料”で乗れる「0円マイカー」始動 条件は「レンタカーの管理」
DeNA SOMPO Mobilityが、個人間カーシェアサービス「Anyca」で「0円マイカー」のオーナー募集を始めた。駐車場を提供したり、レンタカーを管理したりすると高級車を無料で使える。(2019/5/16)

さすがスズキさん! オランダスズキ発「スイフトスポーツ・カタナ」が激シブすぎて困る
まさかの「刀」コラボ。【写真43枚】(2019/5/10)

鋭い目つきのゴツいフェイス トヨタ、3列シートSUV「ハイランダー」新型を発表 
燃費向上、新ステムの搭載も明らかに。(2019/4/19)

うぉぉ新色に「湾岸ブルー」!?!? 「日産GT-R」2020年モデルが“あの世代”を直撃しまくり
真夜中を走りたくなる色! Pure editionで1063万1520円から。(2019/4/17)

うぉぉぉ、いろいろ最強! レクサス版アル・ヴェル「LEXUS LM」マジで登場、後部座席ウルトラゴージャス
これはすごいレクサス顔ぉぉぉ。(2019/4/16)

落ちそうで落ちない奇跡のバランス 高級車「レクサス」が立体駐車場から転落しかける珍事故が話題に
バランスが絶妙すぎる。(2019/4/16)

お台場「痛車天国2019」:
軽トラELFがエルフのえるちゃん仕様に!? 「痛車天国2019」五等分の花嫁、エヴァなど痛車写真まとめ
アスカのスクーターが超イカすぅ!(2019/4/7)

「うぉぉ! ストラトスだぁぁ」「ぐふ、●億円!?!?!」 ヘリテージカーの祭典「オートモビル カウンシル 2019」が開幕
博物館みたいですよ〜。幕張メッセで4月6日〜7日開催。(2019/4/5)

最大310万件の顧客情報が流出 トヨタ自動車、トヨペットやレクサスなど傘下8社が不正アクセスを受ける
東京地区のトヨタグループが狙われたもよう。(2019/3/30)

トヨタの販売子会社に不正アクセス 最大310万件の顧客情報が流出の恐れ
トヨタの販売子会社が不正アクセスを受け、顧客情報最大310万件が流出した可能性。流出した可能性があるのは、氏名、住所、生年月日、職業など。(2019/3/29)

華やか、ハイテク、すげーデザイン 国内4社が示した「ウチの80年代名車チョイス」がなかなか渋い
オートモビル カウンシル2019でスバル、トヨタ、日産、ホンダの4社がコラボ展示。(2019/3/22)

NTT DATA Innovation Conference 2019レポート:
海抜零から山を創りあげ、5年以内に世界初登頂することがMITで生き残る道
テクノロジーは1年で廃れ、アプリケーションは10年で置き換えられるが、強いビジョンは100年を超えて生き続ける。デジタルトランスフォーメーションの時代を生き抜くためにはビジョンが不可欠だ。(2019/3/20)

えっ、後輪駆動なのかぁぁ!! ホンダが新型EVハッチバック「Honda e」発表、エコなだけでなくかなり楽しそう!
2019年初夏に欧州で予約開始。【写真15枚】(2019/3/6)

車名すごい「アドレナリン」だぜ スバルが2ドアクーペのコンセプトカー「新作VIZIV」をジュネーブで公開
アドレナリンどばどばなまで興奮させてくれることに期待。(2019/2/20)

製造マネジメントニュース:
「MaaSは新車販売に劇的なマイナス影響なし」、トヨタ友山氏が語る戦略
トヨタ自動車は2019年2月6日、東京都内で会見を開き、2019年3月期第3四半期(2018年度4〜12月期)の連結決算を発表した。(2019/2/7)

製造マネジメントニュース:
頭金なし満期後の買い取りなしで自家用車、「プリウス」が月額5万円から
トヨタ自動車は2019年2月5日、自動車をサブスクリプション方式で利用できる個人向けサービスを提供する新会社「KINTO」を設立したと発表した。出資比率はトヨタの完全子会社であるトヨタファイナンシャルサービスが66.6%、住友商事グループの住友三井オートサービスが33.4%となる。(2019/2/6)

トヨタの定額乗り換えサービス、あす開始 「レクサス」は月額18万円
トヨタ自動車が、クルマを定額制で乗り換えられるサブスクリプションサービス「KINTO」を都内で始める。今夏以降、全国展開する計画だ。(2019/2/5)

新会社・KINTO設立:
トヨタがクルマの定額サービス 月額4万円台から
自動車業界にもサブスクリプションモデルの波が――。トヨタ自動車はクルマの月額定額サービスを2月6日から開始する。複数のレクサスの乗り換えなども可能だ。(2019/2/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
レクサスUX コンパクトSUVと呼ばないで!
レクサスUXは走りそのものに関しても、内外装のデザインに関しても出来は良い。ただし、「Creative Urban Explorer」という車両コンセプトについては疑問を抱いてしまう……。(2019/1/21)

こいつぁタダの高級車じゃない レクサス、ガツンと過激な骨太クーペ「RC F」デトロイトショーで初公開
5リッターV8エンジン+リアウイングが過激っ。(2019/1/17)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
箱根駅伝を走ったセンチュリーGRMNは“ワル”なクルマだった
ある意味、後部座席に乗るよりも運転席に乗る方が難しいクルマです。(2019/1/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。