「機械学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「機械学習」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

体当たりッ!スマート家電事始め:
秋に登場するApple純正「睡眠」機能はApple Watchの市場を広げるか β版を試して分かったこと
Appleが今秋「iPhone」と「Apple Watch」にスリープトラッキング機能を追加する。パブリックβで試したところ、Appleはルーティーン(定型動作)の実践で睡眠時間と質を確保する考えのようだ。(2020/8/14)

Eta Compute:
組み込みAI開発を一元化するソフト「TENSAI Flow」
Eta Computeは、同社の超低消費電力AI(人工知能)チップ「ECM3532」向けに、組み込みAI開発を一元化できるコンパイラを発表し、ツールチェーンの成長を拡大させている。(2020/8/14)

合理化が始まるのか?:
スタートアップがひしめくAIチップ市場の現状
AI(人工知能)チップ市場は現在、“深層学習が全て”という状態にある。深層学習は、実世界の中でAIアプリケーションを役立てるという機械学習の枠組みの中で、最も成功している分野である。(2020/8/13)

Mozilla Corporaton、約250人をレイオフ コロナ禍で
Firefoxを手掛けるMozilla Corporationが約250人のレイオフと台湾オフィスの閉鎖を発表した。コロナ禍の長期化で決断せざるを得なくなったとミッチェル・ベイカーCEO。(2020/8/12)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
なぜ? 中国アプリTikTokに米トランプ大統領が異例の圧力
中国発の動画共有アプリ「TikTok」に対して、米国のトランプ政権が異例の圧力をかけている。圧力をかける根拠は、アプリが「プライバシーを侵害し、安全保障上の脅威となっている」というものだが、その証拠は見つかっていない。なぜTikTokが標的とされたのだろうか?(2020/8/12)

AI・機械学習の用語辞典:
バーニーおじさんのルール(Uncle Bernie's rule)とは?
用語「バーニーおじさんのルール(Uncle Bernie's rule)」について説明。ニューラルネットワークの重みパラメーター数の10倍以上の訓練データが最低限必要であるとする経験則を指す。(2020/8/12)

PR:「クリック1つで拡張」 PaaSフル活用、データ分析基盤を構築 ヤマトHDの決断
(2020/8/11)

石野純也のMobile Eye:
「Pixel 4a」を試す Pixel 4に迫るカメラ性能、ミッドレンジ市場で台風の目になるか
8月20日に「Pixel 4」シリーズの廉価版となる「Pixel 4a」が発売される。Pixel 4の64GB版と比べて半額以下となる4万2900円(税込み)。カメラ性能や処理能力を中心にチェックした。(2020/8/8)

ソニー、会話するときだけ外音を自動取り込みできるヘッドフォン ノイキャン性能も進化
ソニーがノイズキャンセリングやユーザーの声を検知して他人と会話したいときだけ外音を取り込む機能を搭載したヘッドフォン「WH-1000XM4」を発売する。店頭予想価格は4万円前後(税別)。(2020/8/7)

マルウェアが激増、人材は不足……セキュリティ業界で「AI×機械学習」が注目される背景
AIや機械学習を活用したセキュリティ対策が注目を浴びて久しい。初めて登場したのは10年ほど前だが、2020年に入ってからもなお、業界のトレンドとなっている。人手によるセキュリティ対策や、従来型のセキュリティソリューションによる対応では足りない理由を、最近の攻撃動向を踏まえながら解説する。(2020/8/6)

「DWH」を賢く選ぶ【前編】
「DWH」(データウェアハウス)はなぜ生まれたのか? なぜ必要なのか?
「DWH」(データウェアハウス)はどのように生まれたのか。なぜDWHが必要なのか。歴史を振り返りながら、DWHの存在意義を探る。(2020/8/6)

身の丈に合った「一人働き方改革」のすすめ:
プログラミングを味方につける――定型業務を自動化し、生産性を大きく向上する
プログラミングは、業務を格段に効率化する最適な手段です。今回は「どのプログラミング言語を学ぶべきか」「どうすれば効果的に学習できるのか」が分からず、始めの一歩を踏み出せない方に向けて、プログラミング学習のイロハを紹介します。(2020/8/14)

Innovative Tech:
動画内の物体を高速で追跡する技術「D3S」 トラッカーのベンチマークで高成績
領域検出まで行う高性能なトラッカーが誕生した。(2020/8/5)

Wi-Fi 6は4機種を投入:
ジュニパーがAI機能の「Mist」をWANにも拡張、「全ての構成要素がそろった」
ジュニパーネットワークスは、同社のAI機能「Mist」を無線LAN、有線LANに加え、WANに拡張した。これで機械学習/AIにより自律運用ネットワークを目指す同社の取り組みは、全ての構成要素がそろったことになるという。(2020/8/5)

衛星データとAIで、駐車場用スペース自動検出 さくらインターネットとakippaなど協力
衛星データとAIによる画像認証を活用し、駐車場用のスペースを自動検出するためのプログラムを、さくらインターネットと、AIコンサルティングのRidge-i (リッジアイ)、駐車場予約アプリのakippaが共同で開発中だ。(2020/8/5)

Innovative Tech:
“実在しないリアルな顔”を自在に編集できる「StyleRig」 StyleGANで生成した顔の向き、表情、照明を制御
存在しない顔を自由に動かせるようになる。(2020/8/5)

求人全体の傾向よりも悪化が顕著に:
米国で技術職の求人が低迷 新型コロナの影響で
Indeed Hiring Labは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大以降の米国における技術職の求人トレンドの調査結果を報告した。(2020/8/5)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
見えてきた中央銀行デジタル通貨の「想像図」
日本でも中央銀行デジタル通貨(CBDC)をめぐる検討が本格化する。日本政府のいわゆる「骨太の方針」に、「中央銀行デジタル通貨を検討する」と記された。これにより、日本の中央銀行である日本銀行はデジタル通貨検討のチームを結成した。これまで日本銀行はデジタル通貨の発行には慎重な姿勢だったが、今後は変わるかもしれない。(2020/8/5)

ブロックチェーンは「デジタル公証役場」:
ブロックチェーンを活かす法体系とは?
ブロックチェーンを使いこなすことを考えたとき、課題は技術面だけではなく、法律面にある。ブロックチェーンを公証役場的な保証の仕組みをデジタルに構築できるものと捉えた場合、現在の法体系にはどんな課題があるのか。JBA(日本ブロックチェーン協会)理事の福島良典氏(LayerX CEO)による寄稿。(2020/8/5)

製造業DXの鍵−デジタルサプライチェーン推進の勘所(3):
機械学習で販売計画の精度はどこまで向上できるか、人の意志決定は不要なのか
サプライチェーンにおける業務改革を推進する中で、デジタルがもたらす効果や実現に向けて乗り越えなければならない課題、事例、推進上のポイントを紹介する本連載。第3回は、SCMにおけるDXの打ち手の1つとして、改善効果が高く成功体験を得やすい領域である「販売計画」における取り組みについて紹介する。(2020/8/5)

AI・機械学習のデータセット辞典:
アクティブに更新され続けている、お勧めの機械学習データセット一覧サイト
「300個以上のデータセットを紹介している大型サイト」「毎週/毎月のようにアクティブに更新されているサイト」という条件に該当するお勧めのデータセット一覧サイトとして「arXivTimes/DataSets」「Awesome Public Datasets」「UCI Machine Learning Repository」の3つを紹介する。(2020/8/5)

MLPerf Training v0.7:
NVIDIAとGoogle、AI指標でトップ性能達成を主張
機械学習の業界標準ベンチマーク「MLPerf」の第3ラウンド(「MLPerf v0.7」)において、8種類の機械学習モデルを対象としたスコア結果が発表された。ライバル同士であるNVIDIAとGoogleは、いずれもトップ性能を達成したと主張する。(2020/8/4)

3Dプリンタ買っちゃいました:
光造形3Dプリンタで作る、世界で一つだけのフィギュア リアルな人体モデルを作る最短の方法
思い通りの人体モデリングができない? それでも大丈夫。(2020/8/3)

“エッジAIカメラ”でオフィスの「3密」を回避――野村総合研究所が発表
野村総合研究所(NRI)は、オフィスにおける新型コロナウイルス感染症対策として、AIカメラでマスク着用の有無を判断する「NRI AI Camera for Office」の提供を開始した。撮影画像は、カメラ側でエッジ処理し、画像データを含まない解析データだけをクラウド側に送信するため、機微情報の漏えいリスクを最小化できる。(2020/8/3)

電子ブックレット(製造マネジメント):
DXを実現するPTCのテクノロジー/トーヨータイヤ材料開発にAI採用
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は2020年3月から6月にかけて掲載された、製造業のITシステムやサービスの導入事例などを抜粋した「製造IT導入事例ニュースまとめ(2020年3〜6月)」をお送りします。(2020/8/3)

Oracle Cloudが丸ごと顧客のデータセンターで動く 野村総研も取り入れた、新たなITインフラの実力とは
米Oracleが7月、新サービス「Oracle Dedicated Region Cloud@Customer」を発表した。「Oracle Cloud」の提供基盤をユーザー企業のデータセンター内に構築し、社内で利用できるようにするもの。競合サービスとはどんな違いがあり、日本市場ではどんな顧客に支持されるのか。(2020/8/3)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]番外編1 「0」の取り扱い
連載の通常の流れとは別の番外編。「0」の取り扱いについて3つのポイントを解説。0で割ること、0乗、0の階乗について説明する。(2020/8/3)

医療技術ニュース:
神経伝達物質を単一分子レベルで高速検出、識別できる手法を開発
大阪大学と科学技術振興機構は、量子計測とAI解析を組み合わせることで、脳内の神経伝達物質を単一分子レベルで検出、識別する手法を開発した。神経伝達物質の計測が可能になったことで、神経疾患の詳細な理解につながることが期待される。(2020/8/3)

アナログ回路設計講座(37):
PR:ADASから自動運転へ ―― レーダーの性能は十分なのか?
先進運転支援システム(ADAS:Advanced Driver Assistance Systems)の導入により、自動車への搭載が進んでいるレーダーシステム。ADASは今後、さらに進化を続け、自動運転システムとなっていく見込みだが、レーダー技術はその進化に対応できるのだろうか? レーダー技術の最新動向を紹介する。(2020/8/13)

CIOに聞いた国内企業のIT投資傾向、2020年は遠隔操作や自動化を推進する5G、AIに集中か――IDC調査
ITサービス/アウトソーシングを利用する国内企業のCIOなどを対象にした調査によると、2020年のIT投資は大企業ほど増加傾向にあり、コロナ禍の影響を踏まえて、AIや5Gなどの遠隔操作や自動化を推進させるようなテクノロジーに対する投資が積極的に行われる傾向にあることが分かった。(2020/7/31)

特徴的な格子構造を発見:
ディープラーニングで生成された「ディープフェイク画像」を周波数領域で見破る ルール大学
ルール大学の研究チームが、ディープラーニング技術を用いて生成されたフェイク画像を識別する方法を開発した。(2020/7/31)

Gartner Insights Pickup(168):
デジタルビジネスの成功に向けてAIを使いこなすための5つのポイント
インフラストラクチャ&オペレーション(I&O)のリーダーは、デジタルビジネスの取り組みの大きな起爆剤として、AIを戦略的に活用する必要がある。本記事では、インフラストラクチャという側面からAIにどう取り組むべきか、5つのポイントを紹介する。(2020/7/31)

オールフラッシュの高速処理基盤を気軽に導入:
PR:AI開発や金融機関をはじめニーズが拡大している中小規模のオールフラッシュとは?
「大容量で高速、ハイエンド向けで高価」だったオールフラッシュ。新たに登場した中小規模向けのオールフラッシュは、高処理性能はそのままに低価格を実現する。その詳細とは。(2020/7/31)

AIがスマホのバッテリー劣化や買い替えのタイミングを予測 携帯市場らが実験
携帯市場と電気通信大学は、スマホのバッテリー(リチウムイオン電池)の劣化状況をモニタリングし、劣化予測や買い替えタイミングをAI予測するアプリ開発に向けた実証実験を開始。2021年1月のサービス化を目指し、まずはiPhoneで実施する。(2020/7/30)

Adobe Experience Cloud事業責任者が語る:
ベールを脱いだAdobeの「ヘッドレスサービス戦略」とは?
Adobeがデジタルトランスフォーメーション(DX)支援の中核製品と位置付けるAdobe Experience Cloudは、企業にどんな価値を提供するのか。事業責任者へのグループ取材で明らかになった今後の戦略を解説する。(2020/7/30)

製造マネジメント インタビュー:
帝人は日立との「情報武装化」でマテリアルズインフォマティクスを加速する
帝人が、新素材の研究開発におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けて、日立製作所との協創を始める。帝人と日立は今回の協創をどのように進めていこうとしているのか。両社の担当者に聞いた。(2020/7/30)

AI・機械学習の用語辞典:
みにくいアヒルの子の定理(Ugly Duckling theorem)とは?
用語「みにくいアヒルの子の定理(Ugly Duckling theorem)」について説明。何らかの仮定/前提知識がないと、分類やパターン認識は不可能であることを指す。(2020/7/30)

キャリアニュース:
2020年第2回G検定、前回から倍増し1万2552人が受験――合格率は68.96%
日本ディープラーニング協会が「2020年第2回 G検定」の結果を発表した。前回検定の約2倍で過去最多となる1万2552人が受験し、8656人が合格。合格率は68.96%だった。(2020/7/30)

「現場が使いこなせるAIを」──UiPath、AIとRPAを自由に接続できるプラットフォーム「AI Fabric」
UiPathは、既存のRPAソフトにAIモデルを組み合わせられるプラットフォーム「AI Fabric」を発表した。AIの中身を知らなくても、現場の作業者がAIを使って業務を効率化できるようになるという。(2020/7/29)

AIベンチマークは首位を記録:
MediaTekが5G SoC「Dimensity」を本格展開
MediaTekは2020年7月21日、日本の報道機関向けに同社の5G(第5世代移動通信)対応SoC(System on Chip)「Dimensity」の説明を行った。(2020/7/29)

AI関連でいえば半数以上が深層学習に関する特許:
出願数増加の要因は深層学習 特許庁が「AI関連特許出願件数」の調査結果を発表
特許庁は、AI関連特許出願件数の調査結果を発表した。2018年のAI関連特許出願件数は4728件。AI関連出願が増加している最大の要因は深層学習で、2018年にはAI関連出願のうち機械学習関連が85%を占めた。(2020/7/29)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
革命かパンドラの箱か、新AIツールGPT-3の波紋
GPT-3は、英単語や短い文章をインプットすると、関連する「それらしい」テキストを自動生成するツールだ。文章だけでなく、プログラムコードや楽譜を自動的に生成するデモンストレーションも登場した。(2020/7/29)

ほぼ月刊Google Cloud(1):
Google「BigQuery Omni」に関する素朴な疑問を、米国の総責任者にぶつけてみました
Google Cloud Platformに関するさまざまな動きをまとめる連載、「ほぼ月刊Google Cloud」。第1回では、データウェアハウスサービス「BigQuery」のマルチクラウド対応やデータアナリティクス製品戦略に関する素朴な疑問を、総責任者にぶつけてみました。(2020/7/29)

人工知能ニュース:
ランダムフォレストで自動追加学習を可能にしたエッジAI向けアルゴリズムを開発
エイシングは、機械学習アルゴリズムの1つである「ランダムフォレスト」で自動追加学習を可能にしたエッジAI向けアルゴリズム「SARF」を開発した。パラメーターチューニングが少ないため、初期学習モデルが迅速に構築でき、運用上の変化にも柔軟に対応できる。(2020/7/28)

AI・機械学習の数学入門:
[AI・機械学習の数学]偏微分を応用して、重回帰分析の基本を理解する
これまでに見てきた、説明変数が1つだけの回帰分析と偏微分の基本知識を踏まえて、複数の説明変数がある重回帰分析を行うための基本的な方法を理解しよう。(2020/7/28)

AI・機械学習の無料電子書籍:
無料で読める「機械学習/ディープラーニング」の有名書籍 厳選4冊
「PyTorch公式のディープラーニング本」に加え、「Goodfellow本」「PRML本」「カステラ本」といった通称で愛される、超有名な書籍が無料で読める。厳選したこの4冊のリンク先と概要を紹介する。(2020/7/27)

非破壊で部品の品質を分析:
プラスチックの劣化が近赤外光照射で診断可能に
産業技術総合研究所(産総研)の研究グループは、近赤外光を照射してプラスチック(ポリプロピレン)の劣化状態を診断する技術を開発した。自動車部品や建築材料などに利用されているポリプロピレンの状態を非破壊で検査することが可能となる。(2020/7/27)

「Google フォト」で地図から写真を探せるようになった! その使い勝手は?
「Google フォト」では、1つ1つの写真に対してそれがどこで撮ったものが地図を表示することはできるが、地図から写真を探すことができなかった。しかしGoogle フォトアプリのアップデートにより、マップビュー機能が付いたのだ。位置情報を持っていない写真をマッピングされていて面白い。(2020/7/23)

ウェアラブルニュース:
小型センサーで走りをリアルタイム評価、アシックスがスマートシューズ新開発
アシックスはシューズ内に設置した小型センサーで、地面を踏み込んだ際に受ける反力などを計測するスマートシューズ「EVORIDE ORPHE(エボライド オルフェ)」を販売すると発表した。足の動きのセンシング技術開発などを手掛けるスタートアップ、no new folk studioと共同で開発した。シューズ内の小型センサーで、走行中のパフォーマンスをリアルタイムに可視化し、ランナーに音声で走行改善のためのアドバイスを提供する。(2020/7/27)

AIで脅威検知、世界76カ国で展開:
Vade Secure、「Microsoft 365」対応のメールセキュリティ製品を日本で展開
Vade Secure(ヴェイド セキュア)は、「Microsoft 365」で利用可能なメールセキュリティ製品「Vade Secure for Microsoft 365」を、日本国内で展開する。(2020/7/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。