「農林水産省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

本物そっくり「人工肉」に注目 味や抵抗感払拭に課題も
動物から採取した細胞を培養する「培養肉」の研究が本格化し、植物を材料とした食肉代替品も相次いで商品化。(2019/6/11)

本物そっくり「人工肉」に注目 味や抵抗感払拭に課題も
本物の肉の味や食感を人工的に再現した「人工肉」が注目されている。動物から採取した細胞を培養する「培養肉」の研究が本格化し、植物を材料とした食肉代替品も相次いで商品化。世界の人口増加に伴う食糧危機の“救世主”として期待されているが、味や心理的抵抗感の払拭といった課題もある。(2019/6/11)

マックの塩と読売の夕刊、同じトラックで輸送 業種またいで効率化
マクドナルドの食塩と読売の夕刊を2トントラックに乗せて共同輸送することで、配送を効率化取り組みを、日本マクドナルドと読売新聞グループ本社などが共同で始めた。(2019/6/4)

当事者性の欠落がもたらすもの:
川崎殺傷で問う「事件と引きこもり」報道の危うさ 当事者団体に聞く
川崎の無差別殺傷事件などで「引きこもり」というワードが浮上。属性と犯罪を結び付けるような報道に当事者団体が危惧している。真の問題点について聞いた。(2019/6/4)

マクドナルドと読売新聞、異業種が共同輸送 相乗りするのは「塩と新聞」
輸送効率が上がるとのこと。(2019/6/3)

ソーラーシェアリング入門(15):
深まるSDGsとソーラーシェアリングの関係性、「儲かる」を越えた価値の創出へ
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は昨今注目があつまっているSDGsとソーラーシェアリングの関係性について考察します。(2019/6/3)

ソーラーシェアリング入門(13):
日本との国際協力に期待も、韓国のソーラーシェアリング事情
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は2019年3月に韓国で開催された「日韓営農型太陽光発電政策・技術交流会」に筆者が参加した内容を踏まえ、韓国のソーラーシェアリング事情について解説します。(2019/4/18)

廃棄ゼロの推進:
ファミマが一部季節商品を「完全予約制」に 気になる恵方巻は?
ファミマが2019年度から発売する一部季節商品を完全予約制に切り替える。廃棄ロス削減が目的。対象となる商品は?(2019/4/11)

大山聡の業界スコープ(16):
5Gが開花する「令和」時代、日本の“IoT維新”に期待
2019年4月1日、「平成」の次の元号が「令和」に決定したと発表され、2019年5月1日から「令和」時代がスタートする。半導体/エレクトロニクス業界に身を置く筆者としては、令和時代は5G(第5世代移動通信)が普及し始めるタイミングであり、これによってわれわれの生活に大きな変化が起こり得る時代になるのではではないか、という気がしている。(2019/4/9)

山から食卓へ「顔が見えるジビエ」実現? 長野市が富士通のシステム導入、一括管理へ
ジビエの地域資源化を目指す長野市は、新設したジビエ処理施設「長野市ジビエ加工センター」に、富士通の「ジビエ商品管理システム」を導入。ジビエに個体識別番号を付与して、捕獲から販売までを一元管理することで、食品トレーサビリティーを提供し、安全・安心なジビエの安定供給を図る。(2019/4/8)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

自然エネルギー:
ブランド牛のふん尿を再エネに、兵庫県に1.4MWのバイオガス発電所
ブランド牛「但馬牛」などで知られる兵庫県養父市に、家畜のふん尿などを活用するバイオメタンガス発電所が完成。地域のバイオマス資源を活用して発電を行い、農業振興への貢献も目指すプロジェクトだ。(2019/3/29)

「機械化、自動化は避けて通れない話」:
生産性高めるスマート農業 最新技術で耕作面積増加にも対応
ロボット技術やICT(情報通信技術)で作業の効率化を図るスマート農業が今、日本の農業を大きく変えようとしている。日本の農業は、小規模農家が多いために生産性が低く、農業従事者は少子高齢化で減少の一途をたどっている。「日本の農業は機械化が遅れている上に、農業就業人口が減少していますから1人当たりがカバーしなければならない面積が増えている。機械化、自動化は避けて通れない話です」(農林水産省の別所智博技術会議事務局長)(2019/3/29)

ソーラーシェアリング入門(12):
ソーラーシェアリング関係者は必見! 農水省の最新資料とデータを読み解く
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は農林水産省が公開した最新の資料・データを読み解きながら、近年のソーラーシェアリングの動向と今後の見通しについて解説します。(2019/3/13)

感染拡大に歯止めかからず:
豚コレラ、輸出でワクチン接種に慎重 「あくまで最終手段」
昨年9月に国内で発生した家畜伝染病「豚(とん)コレラ」の感染拡大に歯止めがかからない。政府は、卸価格への影響がないかを注視するとともに、国産全ての豚に対してワクチン接種が必要かどうかを見極めている。ただ、ワクチン接種となれば輸出にも影響するだけに、政府は「慎重に判断する」との認識を崩していない。(2019/3/6)

釣魚のオークションサービス登場、ネットで不安や疑問の声 運営と厚生労働省の見解は
釣った魚を個人間で売買できる魚専門のオークションサービス。画期的である一方、「食品衛生面でトラブルが起きないか」など疑問の声が相次いでいます。(2019/2/16)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(8):
太陽光発電所での農薬利用、「法令違反」を避けるための注意点
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の1つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に農薬を利用する場合に注意したいポイントについて解説する。(2019/2/14)

ソーラーシェアリング入門(10):
全国の実態調査で見えてきた、ソーラーシェアリングの現状と課題
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は千葉大学らが実施したソーラーシェアリングに関する全国調査の結果から見えてきた、ソーラーシェアリングの現状と課題について考察する。(2019/2/12)

ソーラーシェアリング入門(11):
自治体の動きに要注目、FITだけじゃないソーラーシェアリングの支援制度
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は「FIT制度以外に、ソーラーシェアリングの導入を支援するような補助制度はあるのだろうか?」というテーマについて考えます。(2019/2/19)

首都圏の工場を取材:
恵方巻があっという間に豚の飼料へ 食品廃棄とリサイクルの現場を歩く
食品廃棄の観点から恵方巻のイベントが批判されている。首都圏のある工場では廃棄された恵方巻が豚の飼料になっていた。どのような仕組みになっているのだろうか。(2019/2/5)

廃棄問題でゆれる:
恵方巻きという「伝統」を作ったのは誰か 販促キャンペーンの死角
華々しい宣伝の一方、廃棄問題にも揺れる恵方巻き。本来は大阪の一部の風習にスーパーやコンビニが目を付けキャンペーンで全国区に。(2019/1/31)

厚労不正の一因? 国の統計職員10年で半減 「データ重視の今後に悪影響」声も
霞が関で統計に携わる職員の数は、この10年間で半減している。人員半減は統計の重要性が軽視されていて、厚労省の統計不正問題を招いた一因ではないのか。(2019/1/25)

広島×産業×IT(前編):
宮島のストレスフリー観光、AIでどうやって実現する?――ひろしまサンドボックスが作る地方創生とITのちょっといい話
中堅中小企業が1社でITを活用するのは人的にも予算的にも難しい――そのような中堅中小企業に対して地方自治体はどのような取り組みを行っているのだろうか。広島県が企業にITを浸透させるために行った取り組みを紹介する。(2019/1/23)

ソーラーシェアリング入門(9):
農業と発電を両立させるために、ソーラーシェアリングのO&Mはどうすべきか?
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は農業と発電を両立させるソーラーシェアリングに求められる「運用保守(O&M)」の在り方について解説する。(2019/1/28)

「恵方巻き」大量廃棄問題で農水省が業界団体へ要望 「需要に見合った販売を行ってほしい」
「もっと売ろうという姿勢が先行してしまい、結果的に大量廃棄ということは望ましくない」(2019/1/11)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(7):
雑草対策に使う前に、太陽光発電事業者が知っておきたい農薬の安全性
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、課題の1つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に利用されることもある農薬について、その安全性や関連する法制度について解説する。(2018/12/27)

手間いらず健康食材:
今年の食「サバ」 水煮缶ヒット、ブランド化も
平成最後の年を象徴する食はサバ――。平成30年の世相を反映した「今年の一皿」にサバが、家庭料理を代表する「食トレンド大賞」にサバ缶がそれぞれ選ばれた。ここ数年、魚の人気は熟成肉や鶏むね肉など、肉に押されがちだったが、魚食の良さが見直された年になった。(榊聡美)(2018/12/26)

ソーラーシェアリング入門(7):
持続的な営農への懸念も、大規模化するソーラーシェアリングの課題
農業の新しい収益源として注目が集まっている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電事業)」について解説する本連載。今回は、近年顕著に増えてきた大型のソーラーシェアリングについて、大規模化が進む理由やその課題について解説する。(2018/12/20)

【マンガ】「畜産・農業の施設へ無断で入るのはダメ」 意外と知られていない畜産農業界のNG行為とは?
大切な動植物を守るために知っておきたい情報です。(2018/12/15)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(4):
世界トップ企業が加盟する「RE100」、日本企業が「再エネ100%」を達成するには?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。第4回は日本企業の加盟も増えている国際的な環境イニシアチブ「RE100」について解説する。(2018/12/3)

ホステル「泊まり放題」の仕掛け人を直撃:
旅をするような多拠点生活で「働く」はどう変わった?
「ホステルパス」という新サービスが話題になっています。月1万5000円から登録している全国のホステルに泊まり放題になるというもの。東京〜地方、地方〜地方の多拠点生活が実現できるのです。この仕掛け人である「Little Japan」の柚木理雄さんを直撃しました。(2018/11/21)

ソーラーシェアリング入門(6):
ソーラーシェアリング事業の壁、「ファイナンス」の手法について考える
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの事業化に際して課題になることが多い「ファイナンス」の手法について解説する。(2018/11/26)

ソーラーシェアリング入門(5):
ソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイント
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングの成功に欠かせない、農作物の選定と設備設計のポイントについて解説する。(2018/11/5)

被害は推計年間2000億円 予約の“無断キャンセル”問題、対策推進協議会を5社が設立
無断キャンセルの防止や被害を最小限にするための仕組みを提供するとしています。(2018/11/2)

水曜インタビュー劇場(お帰り〜公演):
「全国のホステルに泊まり放題」が広がれば、どんな人が増えるのか
日本のホステル界で、ちょっとした異変が起きている。月額制のパスを購入すれば、全国のホステルに泊まることができるのだ。このサービスが広がれば、「旅をするような暮らし」「二拠点生活」を送る人が増えるかもしれない。(2018/10/31)

ソーラーシェアリング入門(4):
数年で大きな変化、ソーラーシェアリングを巡る政策動向
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリングを巡る日本の政策動向について解説する。(2018/10/29)

基礎から学ぶ太陽光発電所の雑草対策(6):
雑草対策に使うその前に、太陽光発電事業者が知っておきたい農薬知識
日本でも稼働から数年が経過する太陽光発電所が増える中、運用課題の一つとなっている雑草対策について解説する本連載。今回は雑草対策に利用される、農薬についての基礎知識について解説する。(2018/10/22)

日本水産の取り組みから考える:
「から揚げのおじさんだ!」 食品ロス対策が社員と子どもを笑顔にした話
まだ食べられるのに捨てられる食品ロス問題が注目されている。日本水産では、これまで仕方なく廃棄していた自社商品を年間10トン以上、児童養護施設などに寄贈している。どのような経緯で活動をするようになったのだろうか。(2018/10/19)

ロボット大賞:
東北大のドローン土石流予測や大成建設の床仕上げロボが受賞、ロボット大賞
国土交通省は2018年10月12日、第8回「ロボット大賞」の受賞技術を発表した。国土交通大臣賞には、東北大学 フィールドロボティクス研究室らの「ドローンを用いた火山噴火時の土石流予測システム」が選ばれた。(2018/10/18)

流通関係者のジレンマとは?:
知ってるようで意外に知らない食品ロス問題を“そもそも”から考える
大きくクローズアップされるのになかなか解決しない食品ロス問題。そもそも、なぜ食品ロスは発生するのだろうか? 根本的な原因を考えながら、現実的な解決策を考えてみる。(2018/10/11)

ソーラーシェアリング入門(3):
多種多様なソーラーシェアリング、知っておきたい設備の基本
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回はソーラーシェアリング設備の種類やポイントについて解説する。(2018/10/2)

ソーラーシェアリング入門(2):
ソーラーシェアリングはどこまで広がったか、導入件数とその実態
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は日本での導入実績や、近年の制度改正について解説する。(2018/9/25)

IoT体調管理:
位置情報×動画の労務管理にリスバンド生体センサー「MEDiTAG」が連携、凸版印刷が提案する建設現場の体調管理
凸版印刷は、建設や製造現場の労務状況を分析できる「ID-Watchy(アイディーウォッチー)」に、リストバンドタイプの生体センサーを連携させた「ID-Watchy Bio(アイディーウォッチーバイオ)」を開発した。これまでのID-Watchyの位置情報と映像に加え、生体データを取得することで、現場の健康管理も行えるようになる。ID-Watchy Bioは2018年内をめどに製品化を目指す。(2018/9/13)

ソーラーシェアリング入門(1):
太陽光発電と農業を両立、いま「ソーラーシェアリング」が注目される理由
太陽光発電と農業を両立する手法として、近年、国内で大きな期待と注目を集めている「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」。その背景や今後の展望、運用面のポイントなどについて、千葉エコ・エネルギーの馬上丈司氏が解説する。(2018/9/10)

【マンガ】「ピーナッツはナッツではない」といわれる理由
ピー“ナッツ”って名前なのに……?(2018/8/15)

自然エネルギー:
自然電力と千葉エコ、ソーラーシェアリング事業の支援サービスを共同提供
juwi(ユーイ)自然電力オペレーションと千葉エコ・エネルギーが、ソーラーシェアリングの支援サービスを共同提供。ソーラーシェアリングに興味を持っている事業者・営農希望者・投資家のマッチング、資金調達、事業支援、O&Mまで、事業全体を一気通貫で支援するという。(2018/8/14)

国内生産量は減少傾向だが:
中食参入も ジャガイモの需要変化を見てカルビーがビジネスをシフト
カルビーはジャガイモの産地拡大に注力している。これまで北海道が大半を占めていたが、徐々に宮城県など他のエリアでもジャガイモの契約栽培が進みつつある。カルビーが調達量を増やすために躍起になるわけとは……?(2018/8/10)

スマートアグリ:
枝豆の売価が3倍になるピンポイント農薬散布技術、オプティムが農家に無償提供
オプティムが東京都内で「スマート農業アライアンス」の成果発表会を開催。減農薬による付加価値で枝豆の売価が3倍になった「ピンポイント農薬散布テクノロジー」を無償提供することで、農家にとってリスクのないスマート農業の普及に乗り出すことを明らかにした。(2018/7/30)

第34回国際農機展:
自動運転農機が“トラコンタ”でそろい踏み、いち早く展開進めるクボタ
北海道クボタは、「第34回国際農業機械展in帯広(第34回国際農機展)」において、自動運転技術を搭載したトラクター、コンバイン、田植機を披露した。(2018/7/19)

自動運転で無人走行するロボットトラクター、ヤンマーが10月に発売
ヤンマーが自動運転技術を搭載したロボットトラクターを10月から販売する。農業機械の自動運転における「レベル2」に相当するもので、農作業の効率化、省力化を狙う。(2018/6/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。