「マグネット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「マグネット」に関する情報が集まったページです。

なぜ私の周りには「厄介な人」がこんなにも現れるのか?――漫画『きょうも厄日です』山本さほインタビュー(3)
「『変態磁石』って呼ばれてます」(2020/7/18)

スカートで自転車に乗ってもめくれない! 「自転車用マグネット付巻きスカート」のクラウドファンディングが7月10日に開始
3色同時展開。撥水等級4で機能性もばっちり!(2020/7/9)

夜の街のムードあふれる「スナック看板マグネット」第2弾が登場 つなげて壁に並べれば雑居ビル風にも
宅飲みする時のマストアイテム。(2020/7/7)

「Mi Smart Band 5」は画面が大きく、マグネット式充電採用、エヴァのウォッチフェイスも
Xiaomi(小米科技)が「Mi Smart Band 5」を発表した。カラー有機ELディスプレイが先代より20%大きくなり、バンドから外さずに充電できるようになった。中国では間もなく189元(非NFCモデル。約2900円)で発売し、それ以外の地域では7月発売の予定だ。(2020/6/12)

山崎実業のマグネット傘ホルダーが狭い玄関にうれしいアイテム 濡れた傘を掛けやすいデザイン
T字型スタンドやシンプルな傘立て新作も。(2020/5/22)

不二家のお菓子がグッズになった! ペコちゃんチョコのマグネットフックや日常使いできるミルキーの巾着袋にキュンとする
キッチンがちょっとなつかしい雰囲気に。(2020/3/22)

山崎実業のTOWER新作「折り畳みガスコンロカバー」が、狭いキッチンで活躍しそう
マグネットキッチンホルダーも夢が広がる。(2020/3/10)

第4回[次世代]火力発電EXPO:
磁力で吸着し配管内面を自由自在にチェックするクローラー式点検ロボットを開発
関電プラントは、シーエックスアールとともに、磁力で鋼製配管の内面に、吸着し上下左右問わず状態を確かめられる小口径管内点検ロボット「M2クローラー」を開発した。(2020/3/4)

医療技術ニュース:
マイクロマシンを使って疑似生体組織を構築
産業技術総合研究所は、人工組織の構築を目的としたマイクロマシンを開発した。磁力を利用して細胞を目的地まで供給する。細胞には特定の処理を施す必要はない。マイクロマシンの大きさや形は変化できる。(2020/2/28)

磁力でくっつく「マグネットファスナー」をYKKが開発 “金具がかみ合わないイライラ”を解消
手元を見ずに扱えて、片手でも閉じやすいとのことです。(2020/2/20)

狼犬「もっとなでて……?」 ゴッドハンドで磁石のように吸い寄せられる甘えん坊な狼犬がかわいい
変わらぬ吸引力。(2020/2/16)

へいからいぬがあらわれた! ブロック塀から顔を出しちゃう柴犬マグネットが登場
どこかで見たことあるわんこたち。(2020/2/3)

キー配置を物理的にカスタマイズできるマグネット着脱対応キーボード
スイッチサイエンスは、キーレイアウトの物理的カスタマイズができるマグネット着脱式キーボード「DUMANG DK6」「同 Ergo」を発売する。(2020/1/31)

暮らしをちょこっと良くする:
狭め+収納スペース少なめの賃貸のお風呂に、マグネットのラックをつけると便利になりました
2019年、自宅の湯船に浸かった回数……2回!(2020/1/10)

社会インフラテック2019:
点検ロボが集結、3Dスキャナー「BLK360」搭載の最新機や小型潜水艦
イクシスは、「社会インフラテック2019」で、インフラ構造物を対象にした点検ロボットを多数出展した。ワイヤ吊り下がりやマグネット張り付け、水中対応など、構造物の性質に応じて使い分け、全ての社会/産業インフラの点検をロボットに置き換えることを目指している。(2020/1/10)

人と猫は磁石のような関係? 触れようとすると近づいたり離れたりする猫ちゃんのイラストに共感の声
避けられたときは切ない。(2020/1/2)

心拍から発電も? 磁石みたいな“電石”が液体に 電池いらずの生体センサー実現に光
国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)と産業技術総合研究所が、半永久的に静電気をためられる液状物質を開発した。小さな振動を電気信号に変換できる柔軟な素材として、脈拍・心拍センサーなど生体センサーへの応用が見込めるという。(2019/11/8)

スピン異常ホール角は25%:
異常ホール効果で得たスピン流で磁化をスイッチ
東北大学は、鉄白金(FePt)合金のスピン異常ホール効果によって生成されたスピン流を用いて、磁石の極性をスイッチングさせることに成功した。(2019/10/25)

“水道屋マグネット”を並べてバボちゃんに マンション住民が無言の連携で作る話題のアートが着々と進化
Twitterで話題を呼んだ6月から、毎月どんどん絵柄が楽しげに。(2019/10/7)

非常階段がミニチュアになった マグネットでくっつけられるカプセルトイとして登場
どう使うかはあなた次第。(2019/8/16)

すでに目標金額の200%達成:
”落とさない“マグネット内蔵リング付き手帳型スマホケース「…to」、クラウドファンディングで予約受付中
Studio Y Creationがクラウドファンディングサイト「Makuake」で「『...to』手帳型リング付スマートフォンケース」のプロジェクトを進行している。フラップをコンパクトに折り畳められ、リングに指を通せば安定した操作で「落とさないスマホケース」をうたうこのケースは、すでに目標金額の200%を達成している。(2019/8/14)

人工知能ニュース:
振動環境発電を最大化する磁石の配列を組み合わせ最適化で導出
富士通研究所は、組み合わせ最適化問題を高速で解く次世代アーキテクチャ「デジタルアニーラ」を活用し、環境発電で使用する磁気デバイスの最適な設計解を求める技術を開発した。(2019/8/9)

インフィニオン XENSIV TLE5109A16ファミリー:
低磁場でクラス最高の精度を持つ角度センサー
インフィニオン テクノロジーズは、AMR技術に基づく角度センサー「XENSIV TLE5109A16」ファミリーを発表した。角度誤差が大きくなる10〜20mTまでの低磁場でも誤差を最大0.2度に抑えるため、低磁力、安価な磁石でシステム開発ができる。(2019/8/2)

環境発電デバイスの発電効率向上:
デジタルアニーラ活用、磁石の磁束密度を最大化
富士通研究所は、組み合わせ最適化問題を高速に解くことができるアーキテクチャ「デジタルアニーラ」を活用し、発電効率に優れた磁気デバイスを設計するための技術を開発した。(2019/7/23)

マウス、マグネット着脱式キーボード付きのCeleron搭載10.1型WindowsタブレットPC
マウスコンピューターは、ノートPC風に使える着脱式キーボードを付属する10.1型タブレットPC「MT-WN1004」シリーズを発売した。(2019/6/21)

Spigen、新「iPad Air」向け手帳型ケース「スマートフォールド」発売
Spigenは、6月10日に10.5型の「iPad Air(第3世代)」向け手帳型ケース「スマートフォールド」を発売。手触りのいい高品質PUレザーと耐久性に優れたポリカーボネート素材を使用し、3段折のスタンド機能を備える。マグネット式のカバーで簡単に開閉でき、オートスリープ機能で無駄なバッテリーの消耗も防ぐ。(2019/6/10)

旭化成エレクトロニクス:
軸貫通配置で誤差±0.1度の磁気式回転角度センサー
 旭化成エレクトロニクスは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、2極着磁磁石の横に置く「Off Axis配置」でも誤差±0.1度の高精度を実現した磁気式回転角度センサー「AK7454」や、AR/VRのコントローラーに活用できる3D磁気センサー「AK09940」などを展示した。(2019/5/9)

磁石の異常ホール効果を活用:
東北大学、FeSn薄膜で柔軟なホール素子を実現
東北大学金属材料研究所は、鉄スズ(FeSn)磁石の微結晶薄膜を室温で作製し、これがフレキシブルな磁気センサー(ホール素子)として利用できることを実証した。(2019/3/5)

低電力磁気メモリ応用へ期待:
東工大ら、室温で電場による磁化反転を実証
東京工業大学らの研究グループは、強磁性と強誘電性が共存するセラミック結晶について、室温で電場による磁石の極性を反転(磁化反転)させることに成功した。次世代磁気メモリの実現に弾みをつける。(2019/2/13)

マグネットで着脱できるiPhone向けアタッチメントレンズ 広角とマクロ
ROOXは、2月8日にiPhone向けアタッチメントレンズ「USHADOW X1 レンズシステム」のクラウドファンディングをスタート。クリップ式ではなく専用ケースとマグネットで着脱できる(2019/2/12)

付属パーツで形状カスタマイズもできる7ボタンゲーミングマウス
サードウェーブは、マグネット固定式のアタッチメントパーツを付属したUSBゲーミングマウス「DN-915684」を発売した。(2019/2/4)

材料技術:
重希土類フリーのIPMモーター、世界最高レベルの出力と低トルク変動を実現
ジェイテクトは、重希土類であるジスプロシウムとネオジムを用いないことでレアアースの使用を抑えるとともに、独自の技術で製造工程を簡略化して性能を向上させた埋込磁石型モーター(IPMモーター)を開発したと発表した。2019年1月から、自動車部品用アクチュエータ向けに生産を始める予定だ。(2019/1/25)

親指サイズの超小型バッテリー「FingerPow」のクラウドファンディングがスタート
TS TRADEが、親指サイズの超小型モバイルバッテリーのクラウドファンディングを開始。コードレスかつマグネットで接続でき、micro USB/USB Type-C/Lightningコネクタに対応。バッテリー容量は600mAhで、チャージベース本体は5000mAhの単体バッテリーとしても利用できる。(2018/12/28)

高集積MRAM実現に向けて:
磁力の弱いナノ薄膜磁石を磁気のない金属から作製
東北大学材料科学高等研究所(AIMR)の鈴木和也助教と水上成美教授らの研究グループは2018年12月、磁気のない金属からナノ薄膜磁石(マンガンナノ薄膜磁石)を作ることに成功したと発表した。高集積MRAM(磁気抵抗メモリ)を実現するための材料開発に新たな視点を与える研究成果だとする。(2018/12/14)

ネオジム磁石の強化を狙う:
TDK、昭和電工の磁石合金開発事業を取得
TDKは2018年11月27日、昭和電工のネオジム磁石合金の研究開発事業をTDKが取得することで、昭和電工と合意し、譲渡契約を締結したと発表した。TDK広報によると取得の金額は非公開。(2018/11/27)

まんまるふわふわで見ているだけでも癒される 寄り添えるシマエナガのマグネットが登場
ピタっとシマエナガ同士がくっつきます。(2018/11/16)

UNiCASE、iPhoneとApple Watchを同時に充電できるワイヤレス充電器を先行販売
UNiCASEは、11月14日からiPhoneとApple Watchを同時に充電できるワイヤレス充電器「EWCP02」の先行販売を開始。充電パッドにはイタリア製ベジタブルタンニングレザーを使用し、7.5Wで充電可能。自由に角度調整ができる専用充電パッドにはしっかり固定できるマグネットが内蔵されている。(2018/11/12)

Xiaomiの新フラグシップ「Mi Mix 3」は切り欠きなしでスライド式カメラ
Xiaomiが新フラグシップAndroid端末「Mi Mix 3」を11月1日に中国で発売する。マグネット式スライドデュアルカメラ搭載で切り欠きを避け、画面占有率93.4%のほぼベゼルレスを実現。価格は6GB/128GBモデルが3299元(約5万3000円)から。(2018/10/26)

マグネットでくっつけられるバルコニーがカプセルトイで登場 フィギュア遊びがはかどると特撮ファンとアニメファンの心掴む
たくさん集めて団地にしてみたい。(2018/10/24)

マグネット吸着するiPhone XS/XS Max/XR向けガラスケース ミスターカードから
ミスターカードは、10月19日にiPhone XS/XS Max/XR対応ガラス製スクエアケース「MAGNETS PRO CASE」を発売する。本体に強力なマグネットを内蔵し、ワンタッチで簡単に着脱が可能。つなぎ目が目立ちにくく、落下の衝撃から保護する金属製フレームを採用している。(2018/10/18)

サンワ、スチールデスクなどに貼り付けられるマグネット付き4ポートUSBハブ
サンワサプライは、固定用マグネットを内蔵した4ポートUSBハブ「USB-3H417BK」「USB-3H418BK」を発売した。(2018/9/21)

エレコム、Surface Pro・Go用のマグネット着脱対応のぞき見防止フィルター
エレコムは、マグネット式装着に対応したSurface Pro用、Surface Go用のぞき見防止フィルターを発売する。(2018/9/11)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
これなら移動も車載もお手の物? 「Amazon Echo Dot」のマグネット式ホルダーを試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はマグネットで壁面に取り付けられるKIWI Designの「Dotケーススタンド」を試してみた。(2018/8/30)

「Kaby Lake-G」を採用
Intel×AMDコラボCPU搭載の「XPS 15 2-in-1」 磁気浮遊式キーボードで薄型化
Dellの2-in-1デバイス「XPS 15 2-in-1」は、CPUとGPUをワンパッケージにまとめ、磁石の力でキーを浮かせるキーボードを採用するなどして薄型化を実現した。ただしタブレットとして使うには難点が残る。(2018/8/12)

スチール面に固定できるマグネット付き4ポートUSB充電器 サンワサプライから
サンワサプライは、7月11日に強力なネオジウムマグネットでスチール面に固定できる4ポートUSB充電器を発売した。電源コードは壁面に沿わせることができる設計で、すっきりとした配線が可能。4ポートの合計出力は最大4.8Aに対応し、同時充電も行える。(2018/7/11)

「スペースインベーダー」がマグネットに 集めてゲーム画面を再現したい
ドット絵がかわいい。(2018/5/28)

たまらん! 大量の小さな磁石が大きな磁石に吸い寄せられるスロー動画が謎の気持ちよさ
ずっと見ていたい。(2018/5/20)

“牛が飲み込む用の磁石”が販売されている理由
栄養にはならなそうだけど……?(2018/5/17)

発熱を抑えて充電時間を短縮 車載用ワイヤレス充電器「XVIDA POWER 2」
XVIDA JAPANは、4月25日にマグネット式の車載用ワイヤレス充電器「XVIDA POWER 2」を発売。最新のAirFlow(空冷換気)システム実装により発熱を抑えて充電時間を短縮し、バッテリー劣化を抑制する。(2018/4/27)

マグネットボールの誤飲で幼児の内臓に穴があく事故 国民生活センターが販売者や行政に管理と指導を呼びかけ
磁力が強力なため、複数を誤飲した場合は体内で引き合って内臓を貫通するケースが。(2018/4/20)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。