運用コストを減らす3つのポイントとは:
「インフラ怖い」が生んだSREの業務負担――freeeはどう改善したか
本番環境にKubernetesを活用するfreeeでは、SREに運用管理業務が集中して疲弊してしまった。そこで、開発チームにサービスの運用管理業務を任せることで改善していったという。その方法とは?(2019/7/19)

自然エネルギー:
まちづくりを再エネ由来電力100%で実現、大和ハウスが国内初のプロジェクト
大和ハウス工業が千葉県船橋市で進めているまちづくり事業において、建築施工からユーザーの暮らしまで、再生可能エネルギー由来電気100%で運用すると発表。日本初の取り組みだという。(2019/7/19)

ビジネスとブロックチェーンの関係 AWSジャパンに聞く
ソニー・ミュージックがAWSとブロックチェーンを組み合わせた著作権処理・管理システムを発表した。実ビジネスにブロックチェーンを組み込むということはどういうことなのか。AWSジャパンに聞いた。(2019/7/19)

韓国への輸出管理強化は中長期的に技術移転の加速をもたらす
日本の経済産業省が進めている韓国向け輸出管理の運用見直し。韓国が日本に依存している部品や素材の国内生産や調達先の多角化を進めるきっかけになるかもしれない。(2019/7/19)

スマート工場最前線:
スマート化するパナソニック神戸工場――設備がつながり、双腕ロボットが働く
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は、ビジネスモバイルPC「Let's note」やフィールドモバイルPC「TOUGHBOOK」の生産拠点である神戸工場を報道陣に公開し、スマートファクトリー化に向けた最新の取り組みを披露した。(2019/7/19)

河川管理:
三井共同建設コンサルタントら3社、河川の氾濫状況の予測システムを開発
三井共同建設コンサルタントと京都大学防災研究所、NECの3社は、降雨を入力として河道流量から洪水氾濫までを解析できる「RRIモデル」を用いた全国版リアルタイム氾濫予測システムを開発した。(2019/7/19)

WaaS時代はマスター管理で疲弊しない:
PR:Windows 10を導入するなら知っておきたいマスター管理効率化テクニック
「Windows 10」は従来と異なる提供ポリシーのため、導入や運用を今まで通りで進めるリスクは予想以上に大きい。だからこそWindows 10の特性を理解した運用が重要だ。カギは日本であまり知られていないある技術にある。(2019/7/19)

老朽化したインフラ設備をAIやIoTで維持管理、沖電気工業の「インフラモニタリングソリューション」
インフラ構造物や設備の維持管理業務に向け、商品提供や技術開発を強化する。(2019/7/18)

1〜2人乗りで短距離スイスイ「超小型EV」今度こそ広まるか
1〜2人乗りで手軽に移動できる「超小型電気自動車(EV)」への注目が高まっている。自動車メーカー以外も開発を本格化しているが、10年ほど前から存在しながら広まっていない経緯もあり、普及には法整備や、シェアリングなどのサービス展開がカギとなりそうだ。(2019/7/18)

ロボット:
維持管理計画にも役立つビル壁面を走行する“打音検査ロボット”、5分で1m2を点検
高松建設と青木あすなろ建設は、「壁面走行ロボットによる外壁点検システム」を開発し、2019年8月から実物件で運用を開始する。ビル壁面の点検にロボットを採用することで、足場の仮設が不要となり、コスト削減や点検期間の短縮がもたらされる。(2019/7/17)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(5):
仮想サーバ1800台を無停止でフルクラウド化する――ゼンリンデータコムが明かすVMware Cloud on AWSの活用ポイント
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ゼンリンデータコムの事例では、VMware Cloud on AWSを活用した移行のポイントをお届けする。(2019/7/18)

カスタマーエクスペリエンス(CX)の観点で比較
ネット通販と実店舗はどちらが優れているか? TargetのPOS障害から考える
小売り大手Targetで起きたPOSシステムの障害は、電子商取引システムがその隙間を埋められる可能性を示した。まだネット通販が実店舗に取って代われる段階には至っていないものの、その状況に近づきつつある。(2019/7/18)

コストと互換性に課題も
AWSからAzure、AzureからAWSへ移る「クラウド移行ツール」の魅力と注意点
MicrosoftやAWSなどのクラウドベンダーは、「Azure Site Recovery」「AWS Server Migration Service」といった自社クラウドサービスへの移行ツールを充実させることで、他ベンダーのユーザー企業を獲得しようとしている。(2019/7/18)

老後2000万円問題はピンチかチャンスか
老後資金が年金以外に2000万円必要という金融庁レポート。国民の間では「年金だけでは足りないなんて、いまさら言われなくても当然」といった覚めた意見や、「これを機に資産運用を始めなければ」という意見も。資産運用サービス各社は、ユーザーの関心が高まっているのを肌で感じている。(2019/7/18)

1〜2人乗りで短距離スイスイ「超小型EV」今度こそ広まるか
車両の電動化やIT化の進展で「モビリティ」の概念が変わりゆくなか、相次ぐ高齢ドライバー事故もあり、既存の車に代わる移動体が必要とされてきたためだ。(2019/7/17)

製造業IoT:
日立は「水をより安全に届ける」、上下水道事業のデジタル化を提案
日立製作所は、日立インダストリアルプロダクツ、日立ハイテクソリューションズとともに、水道技術の国際会議「第11回水道技術国際シンポジウム」に出展した。(2019/7/17)

Microsoft Focus:
Instagramの写真から商品検索、購入へ――データとAIが導く小売業の新たな形とは
データの活用やAIによって、小売業が大きく変わりつつある。具体的にどのように変わったのか、専門家に聞いた。(2019/7/17)

「SAP HANA」の基礎知識【後編】
「SAP HANA」を選ぶべき利用シーンとは? 判断ポイントを紹介
組織が「SAP HANA」を選択すべきかどうかの選択は、用途に依存する。導入すべきかどうかを判断するヒントを紹介する。(2019/7/17)

「秘密鍵暗号化していた」 ビットポイント、“二重のセキュリティ対策”でも起きた仮想通貨不正流出
同社が運営する仮想通貨のホットウォレットには二重のセキュリティが施されていたにもかかわらず、不正流出は起きてしまったという。(2019/7/16)

サーバの消費電力量で料金が決まるインフラ構築サービス レノボが提供
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズが、データセンターの消費電力量で料金が変わるデータセンター構築サービスを始めたと発表した。(2019/7/16)

なぜ韓国は「ホワイト国」から外されるのか(時系列まとめ)
経済産業省の韓国向け輸出管理の運用見直しが各方面に大きなインパクトを与えた。当日の新聞には、「報復」「禁輸」など刺激的な見出しが踊ったが、実際には安全保障を全面に出した内容だった。7月前半の動きをまとめた。(2019/7/16)

チャレンジするマーケター:
エンワールド・ジャパン片山 旭氏が語る、マーケターからカスタマーサクセス スペシャリストへの道
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇する気鋭のマーケターへのインタビューをお届けする。(2019/7/17)

ベテラン記者が裏側を読み解く:
AWS、MS、Google――群雄割拠の“クラウド戦国時代”を制するのは誰だ?
企業向けのクラウドは、ここ数年で圧倒的に充実し、IaaSやPaaSなどその機能や運用の選択肢も増えた。顧客やニーズの変化を受け、大手ベンダーはときに競い合い、ときに手を組む。その裏側に見える各社の狙いや、未来への展望を探った。(2019/7/16)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(4):
6年間の大規模オンラインゲーム運用によるトイルをなくしたい――AWS移行でサムザップのSREはNoOpsを実現できたのか
2013年から6年にわたって配信してきたオンラインゲーム「戦国炎舞 -KIZNA」では、それまで基盤としてきたプライベートクラウドで、一部ゾーンでのサービスが終了するのをきっかけにAWSに移行し、複数の課題を解決した。(2019/7/16)

DC-DCコンバーター活用講座(29):
DC-DCコンバーターの安全性(4)傷害の危険性と安全設計
前回に引き続き、DC-DCコンバーターの安全性に関して説明します。今回は、DC-DCコンバーターの「傷害の危険性」「安全性設計」「医療安全性」を取り上げます。(2019/7/11)

「Azure IoT」サービスを一挙紹介【前編】
「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」「Azure IoT Central」の違いとは?
企業が自社のIoTデバイスを効率的に管理/監視できるようにする手段として、Microsoftが提供しているサービス群が「Azure IoT」だ。「Azure IoT Hub」「Azure IoT Edge」など4種のAzure IoTサービスを紹介する。(2019/7/16)

SBペイメントサービスと連携:
サイトコア、キャッシュレス対応のEC機能「Sitecore Experience Commerce」を日本で本格展開
「Sitecore Experience Commerce(SXC)」が日本で本格展開。ソフトバンク子会社のSBペイメントサービスのオンライン決済サービスと連携する。(2019/7/12)

子どもたちに伝えたいこと:
村上世彰を、森永卓郎の息子が直撃――「お金の恐さ」を子どもにも経験させることが重要
現在シンガポールに住みながら、投資家としての活動を続けている村上世彰氏。角川ドワンゴ学園が運営する通信制高校「N高等学校」(N高)が設立した「N高投資部」の特別顧問に就任した。村上氏がN高投資部の特別顧問として生徒に伝え、教えたいことは何なのか。日本の金融教育についてどんな考え方をしているのか。その狙いについて、経済評論家の森永卓郎氏の長男で、ライターとしても活動している森永康平氏がインタビューした。(2019/7/12)

ビジネスパーソンのための入門Libra:
Libraが投機対象にならない理由
Libraが発表された直後、ビットコインのような値上がりを期待する声がネットで見られた。しかし果たして、Libraを買うともうかるのだろうか? Libraコインだけでなく、もう一つのLIT(Libra Investment Token)についても解説する。(2019/7/12)

海外医療技術トレンド(48):
米国NISTのIoTセキュリティリスク管理指針と医療機器
IoTデバイスのセキュリティリスク管理は医療機器業界の共通課題である。重要情報インフラに関わる医療機器ユーザーの技術標準化視点に立ったサイバーセキュリティのガイドライン整備を進めてきた米国のNIST(国立標準技術研究所)が2019年6月25日、IoTデバイスのセキュリティに関連する新たなガイドラインを公表した。(2019/7/12)

銀行員が解説 ドラマ「集団左遷」のリアル【後編】:
不正行為は本当にできる? 現役銀行員が語る「隠蔽」と「情報管理」
ドラマ「集団左遷」のリアルをテーマにしたコラムの後編。現役銀行員の筆者が「不正行為はできるのか」「情報の取り扱いについて」を解説します。(2019/7/12)

会社をダメにする「仕事ごっこ」:
もう、やめない? 部下に理不尽強い続ける“管理職ごっこ”
「管理職らしくふるまうために、コミュニケーションの壁、情報の壁をつくる」「情報がほしければ、礼儀作法をわきまえて「お前から頭を下げてこい」な空気を作る」――会社にはびこる、こんな“管理職ごっこ”、もうやめませんか?(2019/7/17)

Gartner Insights Pickup(116):
CIOは、ITコスト最適化をどう進めるべきか
「IT予算の削減」は、あらゆる企業のIT部門にとって、避けられない命題になっている。CIOは、CEOやステークホルダーに対する説得力を高めるために、率先してITコストの最適化を進める文化を確立しなければならない。(2019/7/12)

特集:EDRの理想と現実(2):
ツールありきではなく、運用ありきで――DeNAがEDRを導入した理由と製品選定のポイント
「防御」の次を見据え、脆弱性検査やCSIRTなどのセキュリティ対策を内製化してきたDeNAでは、2018年にEDR製品を導入し、自社での運用を開始した。背景には、さまざまなゲームやWebサービス開発に必要な多様な環境でも誤検知を減らし、スピードや利便性を損なうことなくセキュリティを一歩一歩高めていきたいという同社ならではの考え方があったという。(2019/7/12)

PR:スマホカメラが10倍になるとここまでデキル! ハイブリッド10倍ズーム対応のOPPO「Reno 10x Zoom」を使い倒す
2018年に日本に参入してから、多種多様なスマートフォンを投入してきたOPPO。そんな同社が満を持して投入する、2019年のフラグシップモデルが「Reno 10x Zoom」だ。本機は何が新しいのか? デザイン、カメラ、パフォーマンスの視点からレビューする。(2019/7/12)

カメラで自動顔認証、電子申告ゲートを国内6空港の税関検査場に導入 NEC発表
カメラの位置を意識せず、ゲート内を歩くだけで本人確認が完了する。既に成田国際空港第3旅客ターミナルで運用されており、新たに新千歳空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に導入される。(2019/7/11)

CAEニュース:
タイヤの設計開発期間を数カ月短縮、TOYO TIREの設計基盤「T-MODE」はAIを融合
TOYO TIREは、AI(人工知能)技術を融合した新たなタイヤ設計基盤技術「T-MODE」を発表。「タイヤの設計開発にかかっていた期間を数カ月単位で短縮できる」(同社 執行役員 技術開発本部長 商品開発本部長の守屋学氏)としており、2019年末から同社内での本格的な運用を開始する方針である。(2019/7/11)

悲願のID統合管理を実現
OracleとMicrosoftがクラウドで提携、両社の顧客にとってのメリットは?
これまでライバル同士だったOracleとMicrosoftがクラウドの相互接続で提携することを発表した。顧客と両社、どちらにとっても利益をもたらす提携だ。(2019/7/11)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(3):
15年間口コミサイトをオンプレで運用してきたウエディングパークが、コンテナ化、マイクロサービス化を見据えてAWSを選んだ理由
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ウエディングパークの事例では、クラウドベンダーやコンテナサービスの選定を中心に移行のポイントをお届けする。(2019/7/11)

分散ストレージソフト「Ceph」の利点【前編】
分散ストレージソフト「Ceph」とは? 「Swift」「GlusterFS」との違いは
オープンソースの分散ストレージソフトウェア「Ceph」が自社に適しているかどうかを判断するには、何を知っておく必要があるだろうか。他の類似のソフトウェアとCephを比較し、その特徴を明確にする。(2019/7/11)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(52):
新しい軽量な隔離環境、「Windowsサンドボックス」とは?
ITプロフェッショナルにとって、Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)の最も注目の機能は、新たに利用可能になった隔離環境「Windowsサンドボックス」でしょう。もちろん正式版ですが、登場したばかりの機能には不具合がつきものです。安定するまでは、プレビュー的に評価する段階と考えた方がよいかもしれません。(2019/7/11)

組み込み開発ニュース:
組み込みLinuxの10年サポートを明言、サイバートラストが製造業向けIoT事業を加速
サイバートラストは、10年間の長期サポートに対応する組み込みLinux「EMLinux」を核とするIoT機器向けのサービス「EM+PLS(イーエムプラス)」を2019年秋にリリースする。EM+PLSを構成するトラストサービス向けのマイコン開発で東芝デバイス&ストレージとの提携も発表した。(2019/7/10)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタを預かり管理・運用・保守を丸ごと代行、DMMが新サービスを開始
DMM.comは、XYZプリンティングジャパン、イグアスとパートナー契約を締結し、3Dプリンタの販売および運用代行サービスを開始することを発表した。(2019/7/10)

建設キャリアアップシステム:
技能実習生に建設キャリアアップシステムの登録を義務化、国土交通省
国土交通省は、外国人実習生の失踪が増加していることを受け、これを防ぐ目的で、建設企業が技能実習生を受け入れ時に、建設キャリアアップシステム(CCUS)に登録することを義務化する。(2019/7/10)

「フリーランス」は老後をどう設計するべきか
ITライターの小寺信良さんは55歳。老後をどう設計するのか。(2019/7/10)

ITインフラの変遷を振り返る
「コンポーザブルインフラ」は「HCI」と何が違う? 注目される理由は
HCIに続くITインフラのアーキテクチャとして「コンポーザブルインフラ」が登場した。これまでのITインフラの変遷を振り返りつつ、HCIとコンポーザブルインフラの違いについて説明する。(2019/7/10)

「SAP HANA」の基礎知識【前編】
いまさら聞けない「SAP HANA」とは何か? 主要機能と利用事例をおさらい
2010年の提供開始以来、「SAP HANA」はさまざまな変化を遂げてきた。その主要な機能と用途を紹介する。(2019/7/10)

AI+RPA=AIRPA?
AI+RPA+ローコード開発製品によるタスク自動化環境
ローコードソフトウェア企業のAppianがGoogleのAIサービスや各社のRPA製品とAppian製品を融合させる試みを続けている。これにより、ローコードでAIとRPAを利用したアプリケーションが実現する。(2019/7/10)

8Kや5G対応PCも検討中:
Dynabookが2021年度の上場を目指して新サービスを発表 ソフトとハードの両輪で
Dynabook株式会社が2019年7月9日、独自イベントの「dynabook Day 2019」にて新サービスを発表、国内株式市場に2021年度中の上場を目指すとした。(2019/7/9)

「仮想デスクトップインフラ」は安定期に:
2019年版セキュリティのハイプサイクルを発表 ガートナー
ガートナー ジャパンは「日本におけるセキュリティ(インフラストラクチャ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2019年」を発表した。「イミュータブルインフラ」などが黎明(れいめい)期にあるとされた。(2019/7/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。