デジタル変革がもたらす働き方:
PR:遠隔で現場作業を、デジタル化で建設現場のテレワーク化目指すコベルコ建機の挑戦
ワークスタイル変革の流れでデジタル技術により遠隔地でも自由に働けるテレワーク化が進んでいる。新型コロナウイルス感染症への対応でも注目を集めたテレワークだが、この流れに取り残された形となっているのが、実際にモノを動かす「現場」である。しかし、この「現場のテレワーク化」に向けて独自のシステムを開発しているのが建設機械メーカーのコベルコ建機だ。同社の取り組みを紹介する。(2020/6/3)

ITmediaの記事配信システムを作った男 ベルリンからエンジニアの舞台裏とテレワーク原体験を語る
ITmediaの記事公開システムを最初に構築したエンジニアによる回想。(2020/6/5)

コロナ禍でも移行を止めるな 大型基幹システムを“途中から完全テレワーク”でクラウド化したJERAのDX
東京電力フュエル&パワーと中部電力から火力発電事業を受け継いだJERAは「重要戦略」と位置付けた主要基幹システムのクラウド移行を完了した。事業を受け継ぐ時点で「システムは一から作り直すと決めていた」という同社のDX戦略とは何か。また移行途中でコロナ禍に見舞われ、情シスが全員テレワークになってもプロジェクトを進めた方法とは。(2020/6/5)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国「感染リスク判定アプリ」、“病歴・飲酒・喫煙データ収集構想”に波紋
日本では開発の遅れが取り沙汰される新型コロナウイルスの「接触確認アプリ」だが、中国では2月初旬から運用が開始されている。ここでは中国アプリのこれまでと現状、第2波に備えた拡充構想とそれに対する市民の反応をレポートする。(2020/6/5)

Linux基本コマンドTips(402):
【 git rm 】コマンド(応用編その1)――削除したファイルを元に戻す
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回はファイルを削除してGitの管理対象から外すことができる「git rm」コマンドです。(2020/6/5)

建設業で効果的なZETA通信の基礎や最新動向(1):
建物内の設備管理を容易にするZETA通信のマルチホップ機能とは?
本連載では、ICTシステムに関する企画やコンサルティング、設計、構築などを手掛けるNECネッツエスアイ ビジネスデザイン統括本部 デジタルタウン推進本部 事業推進マネージャー 川崎孝史氏が、通信規格「ZETA」の基礎知識や最新動向、建設業での活用方法を紹介する。第1回目では、ZETAの概要や通信業界での位置付け、特徴的な機能に触れる。(2020/6/5)

行政サービス完全デジタル化へ NECが官庁向けクラウドサービスの提供を開始
NECが政府向けクラウド事業を強化する。パブリッククラウド版は7月から、ISMAP対応の高セキュリティ版は「NEC Cloud IaaS」のセキュリティ強化版として11月から提供する。(2020/6/4)

FAニュース:
自動搬送システムを低コストで運用できる高精度位置検出マークを開発
大日本印刷は、自動搬送ロボットなどの位置を高精度に検出するマーク「DXマーカ」を開発した。ガラス基板上のマークは耐久性に優れており、角度±1度以下と高精度の位置検出が可能なため、低コストでモノの動きをデータ化できる。(2020/6/4)

Linux基本コマンドTips(401):
【 git rm 】コマンド(基礎編)――ファイルを削除する/Gitの管理対象から外す
本連載は、Linuxのコマンドについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回はファイルを削除してGitの管理対象から外すことができる「git rm」コマンドです。(2020/6/4)

アズビルが解き明かす「BAS」解体新書!(2):
【BAS徹底解剖】BEMSのクラウド化〜現在から将来に向けた対応〜
建物には、空調、照明、監視カメラEV/ESさまざまな設備機器が導入されている。それらを効果的に運用するシステムとしてビルディングオートメーションシステム(Building Automation System、BAS)が存在する。本連載では、制御・計測機器メーカーで各種ビル設備サービスを展開するアズビルが、「建物の頭脳」ともいえるBASやシステムを活用したエネルギー管理システム「BEMS」を紹介し、今後の可能性についても解説する。第3回目は、BEMSのクラウド化について紹介していく。(2020/6/4)

「感染対策」にとどめず成果へ結び付けるために:
「監視」や「名ばかり管理職」はもういらない 「ニューノーマルのテレワーク」に必要なものとは?
ニューノーマルの最たるものといえるテレワークだが、最近では社員の監視システムが登場するなど、旧来の「時間管理」の延長で運用する企業も少なくない。しかし、これでは新しい時代を企業が生き抜くことは難しいだろう。ようやく定着の兆しを見せるテレワークを「感染防止策」にとどめず成果に結び付けるには? 大関暁夫氏が解説する。(2020/6/4)

製造業にダイナミズムをもたらすデジタル変革(2):
「システムズエンジニアリング」と「BOM連携」で進める製造業のデジタル業務改善
デジタル化がどのように製造業の企業活動の変革を導くのかを解説する本連載。第2回は、デジタル技術の活用による業務(オペレーション)改善について、「システムズエンジニアリング」と「部品表/材料表(BOM)連携」という2つの観点から紹介する。(2020/6/4)

「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【前編】
「Commvault」と「Veeam」とは? 2大バックアップ製品の長所と短所
データの損失は事業継続性の観点で企業にとっては致命的になる。そこで役立つのがバックアップ/リカバリー製品だ。その主要ベンダーCommvault SystemsとVeeam Softwareの製品の違いを探る。(2020/6/4)

IT関連業務の外部委託コストを最適化――ガートナーがフレームワークを発表
国内企業は、海外企業と比べIT関連業務を外部委託する傾向がある。企業が全社のコストを見直している今、ITリーダーたちは、ITの外部委託コストの削減はもちろんのこと、将来を見据えた根源的な対策を取る必要がある。(2020/6/3)

東京国立博物館、再開でオンライン予約システム導入 サーモカメラで検温も
東京国立博物館は2日の営業再開に伴い、オンライン来館予約システムを導入した。来館時にはサーモカメラによる検温も行う。オンライン予約は別の博物館でも導入が広まりそうだ。(2020/6/3)

新型コロナウイルスがコールセンターに与えた影響【前編】
コールセンターのテレワーク化に成功する企業、苦労する企業の決定的な違い
コールセンターの業務を在宅勤務などのテレワークに移行できるかどうかは、機材の整備状況だけではなく、各企業の文化が大いに関係している。成否を分けるポイントとは。(2020/6/3)

HR Techの現在地:
テクノロジーは全てを解決しない 人事担当者が知っておくべき「HR Tech」の実像
膨大な数のサービスが登場した「HR Tech」だが、企業の人事課題を何でも解決する“魔法の杖”として過信するのは禁物だ。熟慮せずに導入したことにより、何も解決せず、またかえって担当者の負担が増大してしまうケースも少なくない。本記事では、複数のあ企業で人事責任者を“複業”し、人事領域に詳しい高橋実氏が、人事担当者として知っておくべき「HR Techの実像」を解説する。(2020/6/3)

Computer Weekly製品ガイド
エッジコンピューティングに伴うパラダイムシフト
オフィスエッジとモバイルエッジの次に来るのは産業エッジだ。コンピューティングパラダイムのシフトについて解説する。(2020/6/3)

みずほFG、システム運用で日本IBMとタッグ 運用子会社に65%出資受け入れ 内製から脱却へ
みずほFGが、システム運用子会社の発行済み株式数の65%を日本IBMに売却すると発表。以後は日本IBMの主導のもとで、運用管理業務の効率化を図る。取引は6月末までに完了する予定。(2020/6/2)

NEC、政府向けクラウドサービス提供へ 官公庁のデジタル化を推進
NECが日本政府のクラウド活用をサポートする各種サービスを7月から提供。官公庁のデジタル化を推進したい考え。(2020/6/2)

ECサイトの迅速な立ち上げを支援:
コロナ禍がD2Cを後押し セールスフォースが最短2週間でECサイト立ち上げ可能なライセンスパッケージ提供
セールスフォース・ドットコムが提供開始した「Eコマース特別ライセンスパッケージ」の中身と同社が今これを提供する意義について解説する。(2020/6/2)

BAS:
ダッソー2020年事業戦略、「アフターコロナでオン・クラウドの販売強化」ゴドブ社長
ダッソー・システムズは、2020年の事業説明会で、アフターコロナの市場でカギとなるクラウドに着目し、日本国内で「3DEXPERIENCEプラットフォーム・オン・クラウド」の販売を強化していく方針を明らかにした。(2020/6/2)

プライベートクラウドへの移行計画の立て方【後編】
「プライベートクラウド」移行を経営陣に納得させるためにやるべきこと
プライベートクラウドへの移行を実行に移すためには、経営陣の承認を取り付ける必要がある。IT担当者は何をすればよいのか。(2020/6/2)

草間一人氏が解説:
「Kubernetes-native」へと舵を切るCloud Foundry、その理由と展望は?
Cloud Foundryは、「Kubernetes-native」への移行という大きな変革の途上にある。具体的にはどのような取り組みが進行しているのか。背景と展望を含めて、PaaS研究会を主宰する草間一人氏が解説する。(2020/6/1)

テレワーク時代のセキュリティを考える:
PR:クラウドベースの多層防御と、エンドポイントからクラウドまで、脅威対策を“点”から“線”にする新しいアーキテクチャとは
テレワークの採用が広がる今、求められるクラウドベースのセキュリティ対策とは? 入口のメールから、事後対処としてのEDR、さらにエンドポイントだけではなく、全レイヤーをカバーして脅威の全体像を明らかにするXDRを紹介する。(2020/6/1)

製造業DXの鍵−デジタルサプライチェーン推進の勘所(1):
日本製造業のサプライチェーンマネジメントは旧態依然、デジタル化は可能なのか
サプライチェーンにおける業務改革を推進していくために、デジタルがもたらす効果や実現に向けて乗り越えなければならない課題、事例、推進上のポイントを紹介する本連載。第1回は、サプライチェーンのデジタル化への期待について、サプライチェーンマネジメント(SCM)の切り口から紹介する。(2020/6/1)

クラウドニュースフラッシュ
新型コロナウイルス感染拡大でも急成長する“あのクラウド”とは
国内の企業は、重要なシステムにどのくらいパブリッククラウドを使用しているのか。新型コロナウイルスの感染が拡大する中でもクラウド市場が成長を続ける理由は。クラウド関連のニュースを紹介する。(2020/5/29)

ニューノーマル時代、システム構築・運用をどう変えるか?:
PR:システム構築・運用業務をリモートで行うための「5つの条件」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な拡大による影響でテレワークやリモートワークが急速に広まったが、その利便性を実感できていない、あるいは環境の変化に戸惑いを感じている業界や職種は多い。他ならぬSI業界がそうだ。「管理不足」「高負荷」「属人化」に悩まされ、出社を余儀なくされたり、出社できないことでプロジェクト活動が停止に追い込まれたりしている。新しい常識が求められるニューノーマル時代にあって、システム構築・運用業務の取るべき針路とは。(2020/6/1)

@IT20周年企画「経営トップに聞く、DXとこれからの20年」:
「企業とエンジニアは“人の根源的な喜び”に貢献せよ」――コニカミノルタ 代表執行役社長 兼 CEO 山名昌衛氏 
グローバルでDXの潮流が高まり、パンデミックによりビジネスそのものの在り方も問われている今、経営者が自ら、「テクノロジーを前提とした変革」と「サステナビリティに向けた戦略」を語り、迅速に実行できるか否かが試されている――本連載ではDX実践企業の経営者に「ITに対する考え方」を聞く。初回は2003年の経営統合以来、“事業のトランスフォーム”を追求し続けているコニカミノルタ 代表執行役社長 兼 CEO 山名昌衛氏に話を聞いた。(2020/6/1)

悪名高いマルウェアも存在
在宅勤務用ネットワークの45%にマルウェア発見 テレワークはなぜ危険か
新型コロナウイルスの感染対策として在宅勤務が広がる中、在宅勤務用のネットワークをいかに安全にするかが重要になっている。だが現状はセキュリティが十分に確保されているとはいえないようだ。(2020/5/30)

DXに向けたクラウドデータプラットフォーム、日鉄ソリューションズが提供開始
日鉄ソリューションズは、SnowflakeとLooker、Matillionとパートナー契約を締結した。各社のサービスを連携したクラウドデータプラットフォームは、データを迅速に収集し活用できる状態を実現し、目まぐるしく変化を続ける市場でDXビジネスを迅速にスタートできる。(2020/6/1)

富士通、DX促進に向けてソフトウェアデファインドストレージを販売開始
同社のデータ管理ソリューションは、柔軟なストレージの拡張や管理負荷の軽減、システムのライフサイクル全体を通したコストの削減を実現する。また、ハードウェアに同社のPCサーバを採用すれば、最新の技術を取り入れたストレージ環境を構築できる。(2020/5/29)

富士通「首かけエアコン」を法人向けに提供 着用者の健康を守るリモート管理機能も
着用者の危険が検出されたら、遠隔で温度調節するといった運用が想定されています。(2020/5/29)

VR:
ニコン・トリンブルが建築施工現場用MRを販売、施工BIMを推進
ニコン・トリンブルは、Microsoft製HoloLens 2に厚生労働省規格に適合したヘルメットと骨伝導ヘッドセットを組み合わせた施工現場用デバイス「Trimble XR10」の販売を開始した。MR技術を多様な現場に提供し、施工BIMを推進するソリューションとして活用できる。(2020/5/29)

マイナンバーカードで給付金10万円をスマホから申請、さらに5000円還元もゲットする方法
特別定額給付金の申請と受け取りが始まっています。マイナンバーカードがあれば、申請はスマホで済みます。オンラインでの申請方法について解説しましょう。(2020/5/31)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIがデジタルトランスフォーメーションの起爆剤に? “ミニDX”から始める企業変革
ここ数年で「デジタルトランスフォーメーション」(DX)という言葉をよく聞くようになった。具体的にDXとは何を指しているのか。同様に注目されている技術の一つであるAIとの関係も見ていきたい。(2020/5/29)

「IT後進国ニッポン」の病巣に迫る【後編】:
IT業界の「多重下請け問題」を変える真の方法とは? 1次請けから3次請けまで経験した社長が提唱する「0次請け」
IT業界で常態化している多重下請けが、日本のソフトウェア開発を米国や中国よりも遅れさせ、かつ、優秀なエンジニアが育たない状況を作り出している――。こんな危機感を持って、業界の構造改革に向けて取り組んでいるのが、東京都渋谷区に本社がある情報戦略テクノロジー。高井社長はIT業界で1次請けから3次請けまで経験している。その経験から、業界の構造改革のためには、企業の事業部門と直接ビジネスをする「0次請け」と、エンジニアのスキルシートの統一化が必要だと訴えている。(2020/6/5)

特集:2020年、AI活用の成否を分かつ技術とは(1):
もはやPoCばかりやっている場合ではない――企業が抱くAIへの誤解と課題
Deep Learningがブレークスルーとなった昨今の「第3次AIブーム」。2020年は、企業の「AI」活用において、ブームのままPoC(概念実証)で終わるのか、本番で稼働するシステムやサービスに適用できるのかの分水嶺(れい)となるだろう。その成否を分かつものは何なのだろうか。本特集では、現在の機械学習・Deep Learningにおけるさまざまな課題の中でも技術的なものを中心に整理し、その解決策としてAutoML(機械学習自動化)、MLOps(機械学習基盤)といった技術を解説。加えて、それらを活用している企業の事例を紹介する。初回は、日本ディープラーニング協会の理事に、2020年現在のAI活用における課題について聞いた。(2020/5/29)

クラウド提供/クラウド利用、2つの顔で語る:
PR:今こそ取り組む「デジタルビジネスのためのクラウド基盤」
NECは企業のクラウド活用を支援する「NEC Cloud Solutions」のメニューに「VMware Cloud on AWS」を加えている。どのような意義があるのか。ユーザーが得られるメリットは何か。同社の担当者に話を聞いた。(2020/6/1)

リモートワーク、シフト勤務体制でも「運用が回る」基盤への変革を:
PR:変化する社会環境、「ニューノーマル」時代に向けた運用管理の属人性からの脱却に挑む
社会全体で新たな働き方への動きが求められる中、ビジネスを支えるIT基盤、運用管理にも変革が求められている。新たな社会環境、新たな働き方においても、IT運用管理業務を効率化していくには何を変える必要があるのか。変革を進める際の課題はどこにあるのか。どうすれば解決できるのか。そのポイントを探った。(2020/5/29)

NTTコムに不正アクセス 法人の工事情報が漏えいした疑い
NTTコミュニケーションズは、自社のサーバ設備が外部から不正アクセスを受け、一部の情報が漏えいした可能性があると発表した。漏えいの可能性が分かっているのは法人の工事に関する情報で、現在までに顧客管理情報や個人情報の漏えいは見つかっていないとしている。(2020/5/28)

IIJmio meeting 27:
MVNOも導入予定の5G その際に悩ましい「5Gピクト」「端末」「エリア」問題
大手3キャリアが始めた「5G」はMVNOにも開放される予定。インターネットイニシアティブ(IIJ)は5Gを利用したサービスの検討を進めている。「IIJmio meeting 27」では、IIJのMVNO事業で新技術の調査や検証、導入を担当している大内宗徳氏が、ノンスタンドアロン5Gの特徴や課題を説明した。(2020/5/28)

UiPath、RPA管理ツールのクラウド版を提供開始 サポート新製品も発売
クラウド版の管理ツールは、RPAプラットフォームの導入から保守運用までをクラウド上で実現できる。また、RPA業務サポート用の新製品群は、ビジネスユーザーやRPA初心者にも簡単に使用できる設計だ。(2020/5/28)

「日本はランサムウェア攻撃に最も弱い」:
身代金を支払うと復旧までのコストが2倍 ソフォスが「ランサムウェアの現状2020年版」を発表
ソフォスが発表した「ランサムウェアの現状2020年版」によると、ランサムウェア攻撃を受けて暗号化されたデータを復元するために身代金を払うと、支払わなかった場合と比べて、被害を回復するのに約2倍のコストがかかることが分かった。(2020/5/28)

仮想マシン時代とクラウドネイティブ時代の違い:
青山氏が語った、「クラウドネイティブ」がやがて「Kubernetesネイティブ」へ進む理由
青山真也氏は2020年5月20日、Forkwell主催のオンラインミートアップで、仮想マシン時代の開発とKubernetesによるクラウドネイティブな開発のこれからについて話した。この講演を要約してお届けする。(2020/5/28)

「IT後進国ニッポン」の病巣に迫る【前編】:
IT業界の「多重下請け地獄」が横行し続ける真の理由
IT業界の多重下請け構造にはさまざまな問題があるとして、構造改革に取り組んでいるのが情報戦略テクノロジーだ。ソフトウェアの開発において、1次請けから3次請けまでのビジネスを経験してキャリアを築いてきた高井淳社長に日本のIT業界の課題と、同社が取り組む改革について前後編の2回にわたって聞いた。前編ではソフトウェア業界やシステム開発の問題点について聞いた。(2020/5/28)

CAEニュース:
戦略的提携により、HPCクラウドサービスにハードウェアを提供
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズは、エクストリーム-DとHPCソリューションの拡販に関して提携する。レノボは高性能サーバなどのハードウェアを、エクストリーム-Dのクラウドサービス「XTREME-Stargate」に提供する。(2020/5/28)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(9):
物流施設デベロッパーにおける「モノ売り」から「コト売り」への進化
物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。第9回は、2000年代に物流施設に「所有と利用の分離」という概念を持ち込んだ物流施設デベロッパーが、どうすればサプライウェブ時代の新たなプラットフォーマーなれるのかについて取り上げる。(2020/5/28)

IoTセキュリティ:
PR:5Gで加速するIoT、その真価を発揮させるには何が必要か
あらゆるモノがインターネットにつながるIoTの普及がグローバル規模で進んでいるが、これに拍車を掛けると考えられているのが5Gだ。超高速性、多接続性、超低遅延性などの特徴を持つ5Gにより、IoTで扱われるデータの価値はさらに高まっていく。この価値の高いデータを保護しIoTの真価を発揮させるには、デバイスだけにとどまらない、ネットワークやクラウドまで視野に入れた多層防御の思想に基づくセキュリティ対策が必要だ。(2020/5/28)

クラウド移行でありがちな「失敗」とその防止策【後編】
“脱クラウド”に踏み切ったHR企業 原因は中途半端な「リフト&シフト」
アプリケーションをクラウドサービスに移行してもメリットが得られず、“脱クラウド”“オンプレミス回帰”に踏み切る企業と、クラウドサービスへの移行に成功する企業は何が違うのか。2社の事例を基に探る。(2020/5/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。