「軍事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「軍事」に関する情報が集まったページです。

米陸軍、「HoloLens 2」ベースの軍事ヘッドセット「IVAS」プロトタイプを披露
米陸軍がMicrosoftの「HoloLens 2」ベースで開発中の軍事ヘッドセット「IVAS」をCNBCの記者に体験させた。2022年には実用化の見込みとしている。(2019/4/8)

貿易協議の行方を複雑にしている?:
譲歩重ねる中国 「レッドライン」試す米国
米中両国による貿易協議が大詰めを迎え、中国が譲歩の動きを重ねている。外資系企業の技術保護に関する法律を可決させるなど、先月からトランプ米政権の要求を踏まえた歩み寄りの姿勢が鮮明だ。だが、米国側は台湾海峡に軍艦を航行させ、軍事外交面で圧力をかけている。中国の「レッドライン(譲れない一線)」を試すかのような動きに映るとも指摘され、貿易協議の行方を複雑にしている。(2019/4/8)

ITはみ出しコラム:
「一線を越えたARの軍事利用」に反対するMicrosoftの従業員たち
米Microsoftが大幅にスペックアップした「HoloLens 2」を発表。進化したAR(拡張現実)のテクノロジーは、軍事にもどんどん入り込みつつあります。そんな中、同社が米陸軍省と交わした契約について、従業員有志が反対運動を始めました。(2019/3/3)

MIL規格準拠のApple Watch Series 4専用衝撃吸収ケース、トリニティから
トリニティは、2月15日に米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を備えたApple Watch Series 4専用「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売。フレキシブルな素材のため着脱が簡単に行えるほか、装着したまますべての機能を利用できる。(2019/2/14)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
「赤い彗星」のシャアはなぜスピード出世できたのか?
ガンダムの世界において、地球連邦軍とジオン軍は、同じ軍隊という組織でありながら、パイロットの評価も昇進の早さもまるで違う。“赤い彗星”の異名を持つジオン軍のエース、シャア・アズナブルはなぜスピード出世できたのだろうか。(2019/2/5)

横須賀トンネルめぐり1日旅(2):
「目には見えない見どころ」を探せ! 「横須賀トンネル旅」やってみた【観音崎・久里浜・衣笠編】
横須賀は本当にトンネル天国! 横須賀トンネルめぐり1日旅の第2弾は「軍事要塞トンネル」「計画倒れした鉄道遺構」「お化けトンネル」を巡ります。見えないのに見どころってどういうことやねん。(2018/11/20)

兵役は「時間の無駄」:
「中国に勝てない」、徴兵廃止の台湾で若者が軍離れ
台湾の若者にとって兵役は「時間の無駄」で、中国に対して台湾が経済的もしくは軍事的に立ち向かう可能性は低い、という。(2018/11/2)

「ロシアは戦争状態」:
スパイ騒動で浮かび上がるロシア軍の「戦時モード」
国外では、ロシアの軍事スパイはヘマばかりするとして嘲笑の対象になっている。だが、ロシア政府の外交政策に対する軍の影響力は増大しており、軍が「秘密工作(ブラック・オペレーション)」を止める可能性はほとんどない。(2018/10/16)

トリニティ、MIL規格のApple Pencil/Apple Watch向けアクセサリーを発売
トリニティは、7月27日に米国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を備えたアクセサリーを発売。Apple Pencil専用キャリーケースとグリップケース、Apple Watch対応衝撃吸収ケースとスポーツバンドをラインアップしている。(2018/7/27)

京大「軍事研究を行わない」 方針公表
京都大学は、「軍事研究を行わない」とする基本方針を発表した。(2018/3/29)

iPhone X向けミリタリーグレード準拠の耐衝撃ケース「Wave Grip Case」
KODAWARIは、3月19日に米国軍事規格「MIL-STG-810G」取得済みのiPhone X用耐衝撃ケース「Wave Grip Case」を発売。レザーのような肌触りと優れたグリップ感を誇り、カメラホールはアルミニウム仕上げとなっている。(2018/3/20)

トリニティ、 iPhone 8/X対応の完全防水&衝撃吸収ケースを発売
トリニティは、防水・防塵・耐衝撃性能を兼ね備えた「カタリスト 完全防水ケース」、米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の性能を誇る「カタリスト 衝撃吸収ケース」を発売する。対応機種はiPhone 8/8 Plus、iPhone X。(2018/2/15)

iPhone X向け、黄ばみ防止機能付きの耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」
KODAWARIは、米国軍事規格「MIL-STG-810G」を取得したiPhone X用耐衝撃ケース「Sentinel Contour Case」の取り扱いを開始。ポリカーボネートシェルと黄ばみ防止機能を持つクリアTPUを採用し、マイクロテクスチャー処理でウォーターマークを防止する。(2018/1/25)

米国軍事規格に準拠したiPhone X向け耐衝撃ケース「Chroma Case」
KODAWARIは、米国軍事規格「MIL-STG-810G」を取得したiPhone X用耐衝撃ケース「Chroma Case」の取り扱いを開始。ポリカーボネートとTPUの2層構造で落下時の衝撃を吸収する。(2018/1/11)

トリニティ、iPhone X向け衝撃吸収&Apple Watch Series 2/3向け防水ケースを発売
トリニティは、12月15日に米国国防総省の軍事規格「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能を兼ね備えた「カタリスト iPhone X 衝撃吸収ケース」、Apple Watch Series 2/3対応の「カタリスト Apple Watch 完全防水ケース」を発売した。(2017/12/15)

燃料電池車:
GMの燃料電池車に米国陸軍・海軍が注目、静粛性や走行距離の長さが軍事での強みに
General Motorsは、米国の合衆国陸軍協会の年次総会において、商用車向けの燃料電池車プラットフォーム「SURUS」を披露した。(2017/10/16)

iPhone 8/7対応の耐衝撃ケース2種がKODAWARIから登場
KODAWARIは、米国軍事規格「MIL-STG-810G」を取得したPACHWORKS製の耐衝撃ケース2種を発売。iPhone 8/8 Plus、iPhone 7/7 Plusに対応する。(2017/9/22)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
軍事用語として誕生したVUCA――激変するビジネスの戦場でリーダーはいかに立ち振る舞うか
ビジネス環境が、不安定で不確実性が高く、複雑かつあいまいな「VUCA」の時代とは、どのような時代なのか。また、VUCAの時代において、リーダーにはどのような役割が求められるのだろうか。(2017/7/27)

AbemaTVが「鉄チャンネル」を新設 鉄道や工場など“鉄”に関連するコアな番組を放送
鉄道以外に工場地帯の夜景や旧車・名車、軍事演習に刀などのテーマが取り扱われます。(2017/5/8)

AbemaTVに「鉄チャンネル」登場 鉄道、工場、名刀から軍事演習まで
AbemaTVは、鉄道や工場などコアなファン向け作品を配信する「鉄チャンネル」を5月15日に開設する。(2017/5/8)

在日米海軍司令部が日米地域交流事業中止報道について見解発表 「世界情勢とは無関係」
「日米交流事業が中止 北朝鮮への軍事圧力影響か」と題し、テレビ神奈川が報じていました。(2017/4/13)

トリニティ、iPhone 7/7 Plus&Apple Watch Series 2対応の防水・耐衝撃性ケース発売
トリニティは、iPhone 7/7 PlusとApple Watch Series 2に対応した「カタリスト 完全防水ケース」を発売。防水・防塵の国際規格「IP68」を取得し、米国軍事規格「MIL-STD-810G」に準拠する耐衝撃性能を備えている。(2017/3/24)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
米国政府のクラウド推進政策とサイバーセキュリティを読み解く
トランプ政権発足後の米国において、ビッグデータ化する政府システムの共通基盤としてクラウド利用を推進する姿勢は変わっていない。今回は、軍事・非軍事分野に関わる政府クラウドの調達基準や技術要件、サービスレベルアグリーメント(SLA)の標準化への取り組みを解説する。(2017/1/27)

スピン経済の歩き方:
電通や東芝といった大企業が、「軍隊化」してしまうワケ
電通の女性新入社員が「過労自殺」したことを受け、「オレの時代はもっと大変だった。いまの若い者は我慢が足りない」と思った人もいるだろう。上の世代にとっては“常識”かもしれないが、なぜそのような考え方をしてしまうのか。(2016/10/11)

先端ガジェットが集まる「+Style」に11製品が登場――軍事技術を応用したディスプレイ付きゴーグルなど
もの作り支援プラットフォーム「+Style」に8月に登場予定の新製品がお披露目された。軍事技術を応用したウェアラブルグラスなど、11製品が新たにラインアップに加わる。(2016/7/27)

おとりで誘い込む脅威対策
“ハニーポット”を上手に使う「能動的多層防御」のコツ
サイバーセキュリティの多層防御の真の意味を理解するには、その起源となった軍事戦略「縦深防御(defense in depth)」を理解しなければならない。大事なのは、脅威は進入するものという前提を持つことだ。(2016/7/11)

彼らは戦場でなくても一番乗り
勇猛果敢な米海兵隊でさえ悲鳴を上げる──Windows 10 vs.“古参”PC
軍隊向けITデバイスでは、導入計画から予算確保、調達、そして、部隊配置まで長い時間を要する。そのため、最新技術の導入では常にタイムラグの問題で悩むことになる。Windows 10もその例外ではない。(2016/5/25)

「世にも奇妙な物語」春の特別編に窪田正孝 諸星大二郎原作のドラマ「夢みる機械」で番組初出演
西島秀俊主演の「通いの軍隊」、松重豊&高橋一生ダブル主演の「クイズのおっさん」も放送決定。(2016/5/17)

ビジネスシーンでも使える――天然牛革の耐衝撃iPhoneケース「LEVEL Case Prestige Edition」
ビジネスシーンにも合うデザインと、耐衝撃性能を両立したiPhoneケースが欲しい。そんな人におススメなのが、KODAWARIから発売されている「LEVEL Case Prestige Edition」だ。全面にあしらった天然牛革と、米国軍事規格を取得した耐衝撃性能を特徴としている。(2016/5/9)

“割安”か“オーバースペック”か?
とにかく壊れないWindows“タフ”タブレット「TOUGHPAD FZ-G1」、軍事レベルの性能は“買い”か?
「TOUGHPAD FZ-G1」は優れた耐久性とパフォーマンスを兼ね備えたタブレットだ。構成部品がパワーアップした新モデルなら、価格に見合うだけの性能を、長期間使い続けることができるだろう。(2016/5/8)

FAニュース:
コンピュータ・オン・モジュール開発向けのオープンフォームファクタを発表
アドバンテックは、AAEON、Avalue、ARM、NXP、Texas Instrumentsとともに、新しいオープンフォームファクタ「RTX(Rugged Technology eXtended)」を発表した。軍事、輸送、鉱業、および重工業向けソリューションに適しているという。(2016/4/12)

米軍事情報を盗んで中国へ、中国籍の被告が罪認める――米司法省
被告は中国国内の人物と共謀して米Boeingなどのコンピュータに侵入し、重要情報を盗んで米国から中国へ不正に送っていたことを認めたという。(2016/3/25)

何だ? ここは戦場か? 本物の戦車や装甲車が走り回るロシアのサバゲーがどうみても軍事演習な件
これよりマウス攻略作戦を開始します!(2016/2/15)

「ルンバ」のiRobotが軍事部門を売却、家庭用ロボットに注力
掃除ロボット「ルンバ」を開発する米iRobotが、軍事開発部門を4500万ドル(約52億円)で売却。家庭用ロボットに注力する。(2016/2/5)

一番危険なユーザーからシステムを守る最善策
シンクライアント端末で築く“セキュリティ最終防衛ライン”
軍事作戦でもITセキュリティ対策でも最も危ういのは“人”が関与する部分だ。どんなに強固な城壁を築いても高度な仕組みを導入しても使うユーザーに悪意があれば無意味だ。その弱点を守る有効な戦術とは。(2016/1/6)

軍事用レーダー技術を応用してノイズ低減、英iFI AudioのUSBパワーサプライユニット「micro iUSB3.0」
英iFI AudioのUSBパワーサプライユニットの新モデル「micro iUSB3.0」が登場。新技術を多数搭載し、ノイズを低減する。(2015/9/16)

威厳のあるモコモコかっこいい! イギリスの軍隊で羊さんが下級伍長に昇進してキリッとパレード
伝統と格式をあわせ持つ羊さんにシビれる。(2015/9/4)

ロッチも絶賛:
軍事利用も想定した堅牢タブレット「Latitude 12 Rugged」
デルの11.6型Core M搭載タブレット「Latitude 12 Rugged」は米軍調達基準を満たす堅牢性が特徴だ。(2015/7/23)

もうシステム/ネットワーク中心のアプローチでは情報を守れない!:
PR:三つの重大インシデントが契機。米国防機関が実践する縦深/多層防御、データ中心型のセキュリティとは?
国際情勢が刻々と変化し、世界各地で軍事的緊張の高まりが懸念される中、恐らく情報セキュリティに最も神経を尖らせている組織の一つは、各国の防衛を担う国防機関だろう。世界最大の規模の組織を有する米国防機関は、どのようなアプローチで情報セキュリティを実践しているのだろうか?[セキュリティ対策][Database Security](2015/6/15)

電子ブックレット:
海外出張へと向かうあなたは、“1人だけの軍隊”である
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、EE Times Japanの人気連載「「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論」から、第14回をお届けします。(2015/6/7)

トリニティ、米国軍事規格にも準拠したタフなケース「Catalyst Case for iPhone 6 Plus」発売
トリニティから、防水・防じんの国際規格「IP68」を取得したiPhone 6 Plus用保護ケース「Catalyst Case for iPhone 6 Plus」を発売する。(2015/4/17)

東京大学、「軍事研究を解禁」の報道でコメント 「軍事研究禁止の方針は変わらず」
研究不正対策の一環としてガイドラインを改定したとしています。(2015/1/17)

各国の軍事情報を狙うサイバースパイ、ロシア政府が関与か
FireEyeは一連の攻撃について、「ロシア政府がスポンサーしている可能性が極めて大きい」と推測する。(2014/10/29)

知っておきたいASEAN事情(21):
8年ぶり19回目――クーデターに慣れるタイ、タイ国軍の正体は政党!?
軍事クーデターによる政変の影響を受けるタイ。製造業が多く進出しASEANのハブ的な役割を担うタイは今後どのような変化を遂げるのか。ASEAN事情に詳しい筆者が解説する。(2014/9/9)

組み込み開発ニュース:
軍用機にもオープン開発の波、標準化が加速する航空・宇宙/防衛分野
組み込みシステムが利用される分野の中で、最も要求レベルが高い分野のひとつが、「航空・宇宙」と「防衛(軍事)」だ。従来は安全性、機密性の観点から個別の作り込みがなされてきたが、近年では軍用機の世界にもオープン開発の波が押し寄せている。(2014/9/2)

最新軍事テクノロジーと未来の戦争を語る ニコ生で「終戦の日」特集
ニコニコ生放送が「終戦の日」特集を配信。「これからの『戦争』の話をしよう〜最新軍事テクノロジーと未来の戦争〜」と題して、最新軍事テクノロジーはどのように戦争に変革をもたらしているのか?を議論する。司会は宇野常寛さん。配信は8月16日20時0分〜。(2014/8/14)

尖閣諸島沖で武力衝突……3人の軍事専門家が完全シミュレーション
緊張関係が続く日本の領土をめぐる国際関係。3人の軍事専門家がシミュレーションを行った書籍を紹介します。(2014/8/12)

パパが軍隊から久しぶりに帰ってきたよ〜 → ネコの反応は……?
意外な反応!(2014/6/23)

米軍事規格に準拠、ICカードも収まる防水・防塵iPhoneケース
米国防総省軍事規格に準拠した防水・防塵の高耐久性iPhoneケース「WATERPROOF IC CARD CASE」が登場した。(2014/6/5)

タイから見た製造業の今(5):
タイ軍事クーデター下の日系製造業、影響は軽微にとどまるのか
軍事クーデターにより予断を許さない状況にあるタイ。しかしタイには多くの日系製造業が進出している。タイの現地の様子はどうなっているのか。また製造業を取り巻く環境にはどういう影響があるのか。タイ駐在の藤井氏が見た現地の姿を報告する。(2014/6/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。