• 関連の記事

「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「知財コンサルタントが教える業界事情
・連載「先進企業が目指すグローバル成長期のPLM
・連載「自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識
・連載「モノづくり最前線レポート
 

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(3):
競争戦略の優劣を診断する5つの条件とは?
最終回は正しい競争戦略を持っているか自己診断する内容だ。イケア、パッカー、ZARAといった成功事例も語られる(2009/3/18)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(2):
ビジネスの競争に勝つ戦略はたった2つしかない
競争優位とは、ROICを評価指標として、プレミア戦略か低コスト戦略かを決定し、価値連鎖の活動から生み出すものだ(2009/2/19)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(1):
ものづくり企業の犯す間違った競争戦略を正す!
同じポジション、アイデアで競争しているから収益性が低い。これこそ日本製造業の抱えている深刻な疾患だ(2009/2/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。