• 関連の記事

「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略」の記事一覧です。下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「知財コンサルタントが教える業界事情
・連載「先進企業が目指すグローバル成長期のPLM
・連載「自社事業を強化する! 知財マネジメントの基礎知識
・連載「モノづくり最前線レポート
 

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(3):
競争戦略の優劣を診断する5つの条件とは?
最終回は正しい競争戦略を持っているか自己診断する内容だ。イケア、パッカー、ZARAといった成功事例も語られる(2009/3/18)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(2):
ビジネスの競争に勝つ戦略はたった2つしかない
競争優位とは、ROICを評価指標として、プレミア戦略か低コスト戦略かを決定し、価値連鎖の活動から生み出すものだ(2009/2/19)

マイケル・ポーター教授のものづくり競争戦略(1):
ものづくり企業の犯す間違った競争戦略を正す!
同じポジション、アイデアで競争しているから収益性が低い。これこそ日本製造業の抱えている深刻な疾患だ(2009/2/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。