「三菱UFJリサーチ&コンサルティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

よくわかる人工知能の基礎知識:
キホンから分かる製造業のAI事例 検査・検品に“AI研究員”も
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回は、製造業のAI導入状況や、活用事例を紹介する。(2019/11/18)

今日のリサーチ:
ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。(2019/10/14)

GDP速報値 市場予測上回るも、「本当に厳しいのは10〜12月」
 4〜6月期の実質国内総生産(GDP)速報値は、個人消費や設備投資など内需の堅調さを支えに3四半期連続のプラス成長を確保し、市場の事前予測を上回る強い結果だった。ただ、原動力の一つとなった個人消費は改元に伴う10連休など一過性の要因で押し上げられた側面もある。景気の先行きについては、10月に控える消費税増税後の消費動向が懸念されるほか、泥沼化する米国と中国の対立が企業の設備投資意欲などに影を落としかねない。(2019/8/9)

新入社員、飲み会敬遠:
「社内バー」効能は 壁一面に100本もの酒
会社の上司や同僚と仕事終わりに酒を酌み交わす「飲みにケーション」。働き方改革が進み、仕事とプライベートの時間をきっちり分ける人が増える現代に、飲み会を再評価する動きが出てきた。(2019/7/12)

「無制限の有休」は奏功しなかった:
ピアプレッシャーという“病巣”――「休暇制度の充実」だけでは働き方改革を実現できない
4月から施行された働き方改革関連法案によって有休が義務化されるなど「休暇制度の充実」が進んだ。一方、米国では期待されていた施策である「無期限の有休制度」が廃止されつつある。その背景にあるのは、同僚からの圧力「ピアプレッシャー」だ。(2019/6/18)

Googleがデジタルスキルトレーニングを提供 「はじめてのAI」「YouTube運営」など全て無料で学習可能
「Grow with Google」。(2019/4/23)

管理職になりたがらないワケ:
女性の“成長意欲が低い”は本当か?
女性の活躍に関してはさまざまな調査や研究が行われているが、「活躍」を阻害する要因の1つとして女性側の意欲の低さが指摘される。確かに、女性の「昇進意欲」の低さはさまざまなデータが示しているものの、それが女性の仕事への意欲全般が低いと言えるのだろうか?(2019/2/5)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
製造業者に新たな事業機会を――ものづくりベンチャーとのマッチング事業(愛知県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第14回。愛知県豊田市の産業振興の取り組み「ものづくりベンチャーとのマッチング事業」を紹介する。(2018/3/8)

製造業IoT:
IoTミシン、外観検査、自走する大画面――豊田の製造業とベンチャーがタッグを組むプロジェクト
豊田市のモノづくり企業とベンチャーによる共同開発プロジェクトの成果発表が行われた。工業用ミシンのIoT化や低コストの外観検査システム、ロボットディスプレイの開発結果が発表された。(2018/3/1)

スピン経済の歩き方:
マスコミの「メダルの期待がかかります」報道がスポーツをダメにする
平昌五輪で、ようやく日本人選手がメダルを手にした。一般的なスポーツ報道は、一流のプレイヤーたちがみせる妙技やチームワークなどにフォーカスを当てるのに、なぜか日本は違う。とにもかくにも「日本人選手の勝利」にフォーカスを当てる。なぜそのような報道をするかというと……。(2018/2/13)

自然エネルギー:
鶏ふんや食品加工かすでバイオマス発電、北海道と三重県で事業性評価
NEDOは地域特性に沿ったさまざまなバイオマスエネルギーの利用拡大に向け、2014年度から企業に事業性評価を委託し、導入要件や技術指針などを取りまとめる事業を進めている。新たに2つテーマを採択した。(2017/7/12)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
インドネシアで日本の電子コミックは普及するのか
電子書籍の販売サイト「eBookJapan」を運営しているイーブックイニシアティブジャパンが、インドネシアでも展開している。人口増などで経済発展が見込まれるインドネシアで、日本の漫画は受け入れられるのか。同社の担当者に、勝算などを聞いた。(2016/9/5)

51%の家庭で「夏のボーナスは出ない」
「夏のボーナスが出た」という人も多いと思うが、どのくらいの世帯が支給されているのだろうか。電子チラシサービスを利用している既婚女性に聞いたところ、5割は「支給されない」と回答した。凸版印刷調べ。(2016/7/7)

3400を超える商談数、参加企業からの高い評価:
PR:日本の高品質要求に応える企業が参集――「日韓中小企業商談会」の魅力とは
来る2016年6月23日、東京で「第26回 日韓中小企業商談会」が開催される。この商談会は2003年から毎年、日韓で開催されてきたもの。第25回までの商談数は3400を超え、両国参加者の評価は非常に高い。なぜ長年にわたって開催され数多くの商談を生み出しているのか、どのような魅力があるのかなど、海外取引を模索する中小企業にとって興味のあるところを、主催者と参加経験者が語り合った。(2016/5/27)

新入社員が予想、30歳時の年収は?
新入社員は将来、自分がどのくらいの年収をもらえると思っているのだろうか。この春就職した新入社員に、30歳時点で自分がもらえそうな年収を聞いたところ……。三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ。(2016/5/9)

事態が起きてからでは遅すぎる!:
PR:介護離職を防ぐために企業ができること
少子高齢化が進み、介護人口の増加はもはや確定路線となっている。いざ自分が家族を介護しなければならない状況に直面したら、仕事を続けることができるだろうか。実は今、介護と仕事の両立を諦め、仕事を辞めてしまう「介護離職」が問題となっている。実はこの問題、家族の個人的な問題と考えられがちだが、企業として待ったなしの“経営課題”でもあるのだ。(2016/4/15)

スピン経済の歩き方:
「中年フリーターが増えると日本は危ない」は本当か
メディアが「中年フリーター」が増えていることに警鐘を鳴らしている。2000年代に入ってから増え始め、2015年には273万人に達しているそうだ。しかし、筆者の窪田氏は「中年フリーター」という言葉から、スピンコントロールの要素を強く感じるという。その理由は……。(2015/12/15)

IT版「マネーの虎」始まる(?):
銀行マンや投資家らがあなたのFintechビジネスモデルをモノにしてくれるかもしれないプログラム
アイデアと技術がある若い企業を銀行などが支援。三菱東京UFJ銀行が4カ月間の集中プログラムの参加者を募集する。(2015/12/3)

エンタープライズ・ソーシャルが働き方を変える:
なぜ「メールじゃもう、ダメ」なのか――企業向けSNSが注目されるワケ
「メールよりLINEやFacebookでしょ」――個人間ではすでに浸透しているこうした流れが、企業にも押し寄せている。なぜ今、企業向けSNSが注目されているのか、その背景に迫った。(2015/3/9)

インダストリー4.0概論(後編):
インダストリー4.0はシステムインテグレーターに何を求めるのか
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。後編では、ピアーグループ(ドレスデン)社長のマイケル・アーノルド(Michael Arnold)氏の講演「ITソリューション企業から見た第4次産業革命」の内容をお伝えする。(2015/1/8)

インダストリー4.0概論(中編):
インダストリー4.0の実現に必要な技術的要素は何か
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。中編では、ドイツのフラウンホーファーIPA(生産技術・オートメーション研究所)のヨアヒム・ザイデルマン(Joachim Seidelmann)氏の講演「科学技術の観点から見たインダストリー4.0」の内容をお伝えする。(2014/12/17)

FA メルマガ 編集後記:
俺たちの“モノのインターネット”
IoTが何をしてくれるかではなく、あなたがIoTで何をするのか(2014/12/5)

3次元って、面白っ! 〜操さんの3次元CAD考〜(40):
ネコ好きなシンクタンク研究員さん、モノづくりにはまる
今回紹介するのは、シンクタンクの研究員さんによるネコグッズ開発。個人的なモノづくりが、きちんと自社の業務や政策提言にもつながるとのことなのです。さてさて……(2014/11/28)

インダストリー4.0概論(前編):
インダストリー4.0に必要な“十字”の連携
「新価値創造展2014」ではインダストリー4.0をテーマとしたビジョンセミナーを開催。各界3人の有識者が登壇し、「インダストリー4.0とは何か」や「どういう価値をもたらし、どういう課題があるのか」を解説した。前編では、ドイツ連邦共和国 ザクセン州経済振興公社 日本代表部代表の尾木蔵人氏によるインダストリー4.0の概要とポイントの解説を紹介する。(2014/11/27)

賞与の見通し:
冬のボーナスはいくら? サラリーマン、国家公務員の平均は
円安の影響を受け株価が上昇しているが、冬のボーナス支給額はどうなるのか。主要シンクタンクが試算したところ……。(2014/11/11)

30歳時の年収は? 出世は? 新入社員が予想
30歳であなたはどのくらいの年収を手にしていると思いますか? この春就職した新入社員に予想してもらった。三菱UFJリサーチ&コンサルティング調べ。(2014/5/16)

TPP交渉参加で日本の医療は変わるのか?(第4回)
TPPによる外国人医師・看護師の流入はあり得ない
日本が参加してから2回目となるTPP交渉会合が8月22日から始まる。TPP交渉によって外国人の医師や看護師が日本市場を脅かすことはない他、ISD条項を通じ日本政府が外国企業から提訴される可能性も極めて低い。(2013/8/22)

2014年の夏のボーナス、どうなる?
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは4月3日、「2013年夏のボーナス見通し」を発表した。ビジネスパーソンにとっては気になる数字だが、果たして夏のボーナスは上がるのか、下がるのか。(2013/4/3)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2012/12/20)

人気調査データをランキングで紹介:
民間企業の冬のボーナスは過去最低水準〜調査データランキング〜
「調査のチカラ」で人気がある調査データを紹介します。「iPad miniの人気カラーは黒か白か」や「国内家電メーカーの業績不振に対する意識調査」がランクインしました。(2012/11/22)

冬のボーナス、民間企業で働く人は36万円……公務員は?
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、2012年冬のボーナスの見通しを発表した。それによると、民間企業で働く人と国家公務員の差は約20万円であることが分かった。(2012/11/5)

出世意欲が強く、残業もいとわない大阪の新入社員
この春就職した新入社員はどういったタイプが多いのだろうか。三菱UFJリサーチ&コンサルティングが行った調査によると、昨年と同じように「安定志向が強く」「人間関係を重視」している人が多いことが明らかに。(2012/5/1)

若者の雇用はどうなる? 荻上チキさんら出演 ニコ生シノドス3月号
時事問題を専門家が解説する番組「ニコ生シドノス」の3月号。前半は「月刊シノドス・ジャーナル」と題し、三菱UFJリサーチ&コンサルティング経済・社会政策部主任研究員の片岡剛士さんの解説のもと「FRBと日本銀行の金融政策」をテーマに1カ月間のニュースを深く掘り下げる。後半では「若年雇用問題」と題し、経済学者の安藤至大さんをゲストに迎えてひきこもり問題を議論する。このほかの出演者は評論家の荻上チキさん。配信は3月12日20時0分〜。(2012/3/10)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(12月30日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/12/30)

定点観測:
「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」の“蔵書点数”を比べてみた(12月23日編)
電子書籍ストア「GALAPAGOS STORE」と「Reader Store」で購入できるeBookの点数をジャンル別に集計する本連載。両者の進ちょく具合はどうなのだろうか?(2011/12/24)

冬のボーナス、民間企業は雨、公務員は晴れか大雨
景気の先行き不透明感が漂うが、冬のボーナスはどのくらい支給されるのだろうか。三菱UFJリサーチ&コンサルティングによると、民間企業で働く人には“厳しい冬”になり、公務員には暖かい……いやさらに“厳しい冬”になるかもしれない。(2011/11/2)

サッカー日本代表の人気、プロ野球を上回る。しかしJリーグは
男子サッカーの日本代表を応援している人はどのくらいいるのだろうか。三菱UFJリサーチ&コンサルティングとマクロミルの調査によると、昨年より908万人も増加。また女子ワールドカップで優勝した「なでしこジャパン」は3909万人となり、プロ野球チームの人気を上回った。(2011/10/13)

まるごと! 中堅・中小企業とIT経営:
【最終回】中堅・中小の飛躍に向けて
いよいよ最終回となった本稿では、中堅・中小企業が変革し、ビジネスを成長させるために何をすべきかについて論じる。(2011/10/13)

知っておきたいASEAN事情(4):
“東南アジアの大国”インドネシア国内市場の成長は本物?
リーマンショックの影響も少なく安定して成長を続けるインドネシア。2億超の国内市場は魅力的だが、近年、成長のエンジンが変質しつつある。この国を拠点とする際のカントリーリスクとは?(2011/10/12)

まるごと! 中堅・中小企業とIT経営:
【第4回】IT導入でやるべきこと
中堅・中小企業がITを導入する上で「やるべきこと」とは何か。今回はこのテーマについて事例を交えて解説する。(2011/9/27)

まるごと! 中堅・中小企業とIT経営:
【第3回】IT導入でやってはいけないこと
今回は、中堅・中小企業がITを導入する際にしてはいけないことを、失敗事例を紹介しながら説明する。(2011/9/13)

まるごと! 中堅・中小企業とIT経営:
【第2回】経営課題とITサービス活用方法
企業が経営課題を解決するときに、いかにITを活用すればいいのか、今回はそのポイントを解説する。(2011/7/1)

「国難後の新しい日本は?」――池田信夫さんらが震災復興を議論 「ザ・闘論」
日経CNBCの番組「ザ・闘論」で「震災復興を問う〜国難後の新しい日本は?」と題し、視聴者の意見を交えて議論する。出演者は池田信夫さん、民主党地震災害復興検討委員会復興ビジョンチームの近藤洋介事務局長、自民党参議院政策審議会の佐藤ゆかり副会長、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの五十嵐敬喜執行役員調査本部長。配信は6月13日20時20分〜6月13日22時15分。(2011/6/13)

まるごと! 中堅・中小企業とIT経営:
【第1回】ベンダの言いなりにならないために
本連載では、激変するビジネス環境を生き抜くために、中堅・中小企業がいかにITを活用して経営の舵取りをしていくか、そのエッセンスを散りばめている。初回は企業がITサービスを導入する上での勘所をお伝えする。(2011/5/19)

新入社員の64%、定年まで同じ会社で働きたい
(2011/4/28)

上がるのか? 下がるのか? 2011年夏のボーナスの見通し
2011年夏のボーナスはどのくらい支給されるのだろうか。民間シンクタンクの予想を見てみると、昨年と比べ「上がる」または「下がる」と意見が分かれた。(2011/4/13)

ベストチームとは何か:
チーム名は“笑う正直者”――システム・コーチングの現場〜その3
前回のセッションから約1カ月が経ち、「チーム笑う正直者」とのチームコーチングがこれから始まる。(2011/1/24)

激論! 若者のための労働市場改革
「若者のための労働市場改革」というテーマで討論する。出演者は、「内側から見た富士通『成果主義』の崩壊」などの著書で知られる城繁幸さん、三菱UFJリサーチ&コンサルティング経済・社会政策部主任研究員の片岡剛士さん。司会はエコノミスト飯田泰之さん。さまざまな社会問題について言論を発信している若手批評家グループ「SYNODOS」主催。配信は1月18日20時0分〜。(2011/1/17)

冬のボーナス、公務員はいくらもらえるの?
日本経団連や大手シンクタンクの調査によると、民間企業で働く人に支給される冬のボーナスは2年ぶりに増加するという。一方、公務員にはどのくらい支給されるのだろうか。(2010/11/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。