「NEC(日本電気)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NEC(日本電気)」に関する情報が集まったページです。

マネーロンダリング対策を手掛ける合弁会社 NECとSBIグループ会社が設立
NECとSBIセキュリティ・ソリューションズが、合弁会社「SBIデジトラスト」(東京都港区)を設立したと発表した。(2019/10/16)

IoT機器のプログラム改ざんを高速検知する「軽量プログラム改ざん検知 開発キット」――NECが2019年11月から提供開始
NECは、IoT機器にプログラム改ざんの検知機能を組み込める「軽量プログラム改ざん検知 開発キット」を発表。軽量かつ高速検知が可能で、ハードウェア制約や遅延時間制約の厳しい機器にも実装可能。動作中のプログラムも検査でき、長期間稼働するIoT機器の対策も可能だ。(2019/10/11)

奈良の平城宮跡がスマート公園に カメラ、センサー、AIで人の流れを測定 NECが実験
NECが、平城宮跡歴史公園にセンサーとカメラを設置し、来園者の属性や人の流れをAIで解析する実証実験を行う。同公園では、年間約140万人の来園者が見込まれ、移動の円滑化が課題になっている。解析結果を環境の整備や運営の効率化に生かす。(2019/10/10)

NEC、名古屋市庁で自律走行ロボット使った実験 窓口案内を人の代わりに担当
日本電気が、名古屋市庁に自律走行ロボットを導入する実証実験を行う。職員の人手不足などに対応する狙いで、ロボットは来庁者を希望の窓口まで案内する。実施期間は10月から2020年1月まで。(2019/10/7)

製造IT導入事例:
AIを活用したプラント向け異常予兆検知システムを製油所へ納入
NECは、プラント向け異常予兆検知システムをJXTGエネルギー水島製油所(岡山県倉敷市)のボイラー設備へ納入する。2019年10月に稼働開始の予定だ。(2019/10/4)

顔認証後にコード決済、スマホで本人確認書類のICチップ読み取り NECが「Digital KYC」を強化
NECは、金融サービスの本人確認をオンライン上で実現する「Digital KYC」を強化。顔認証技術を活用したQRコード決済時の高額取引でのセキュリティ向上、改正犯収法に基づく本人確認書類のICチップ読取機能などの機能を強化したソフトウェアキット本年度中に提供開始する。(2019/10/3)

NEC、16時間駆動に対応した直販専用13.3型モバイルノート「LAVIE Direct PM(X)」など2製品
NECパーソナルコンピュータは、2019年秋冬モデルの13.3型モバイルノートPC「LAVIE Direct PM(X)」など計2製品を発表した。(2019/10/1)

NECの8ビットパソコンの名機「PC-8001」のミニ版が発売 同じく1/4スケールのハル研究所製「PCG8100」も
ノートPCの同梱商品だった「PasocomMini PC-8001」がついに。(2019/10/1)

「PasocomMini PC-8001」が10月5日発売 「PCG8100」のミニチュア版とセットで2万4800円
NECブランドのPC事業40周年に合わせてハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」とPC-8001の周辺機器「PCG8100」のミニチュア版のセットが一般販売されることになった。PCG8100のミニチュア版は単品販売も行われる。(2019/9/29)

じぶん銀行、NECの本人確認サービス「Digital KYC」を採用 顔情報でキャッシュカード発送が最短で3営業日に
じぶん銀行はNECの金融機関向け本人確認サービス「Digital KYC」を採用。本人確認方法として顔情報を用いるアプリをリリースし、申し込みからキャッシュカード発送までの期間を最短3営業日に短縮した。(2019/9/27)

IoTで空港業務を効率化 荷物運搬車の位置と整備士の動線を把握――NECとJAL、羽田空港で共同実証
NECと日本航空(JAL)は、羽田空港(東京国際空港)で、IoTを活用して空港業務を効率化する実証実験を実施。屋外での荷物コンテナ運搬車の位置把握にはLoRaWAN、屋内での整備士の動線把握にはBLEを活用し、有効性を確認した。(2019/9/30)

AIや顔認証など最新技術を自社の製品に、NECがビジネス創出を加速する施策を開始
NECはビジネスパートナーに向けた施策「NEC 共創コミュニティ for Partner」を開始する。NECの技術資産を活用したソリューションの共創や販売連携に加え、パートナー企業同士の連携強化などについて支援する。(2019/9/26)

最適解を組み合わせ、顧客のビジネスを加速:
PR:「移行すれば終わり」ではない 移行後も続くクラウドの悩みにNECが示す解決策
かつてないスピードで市場が変化する中、成功を収めるには、企業自身が変わらなければならない。ビジネスを支えるICTには「即応性」「柔軟性」「拡張性」が求められ、オンプレミスからクラウドへシステムを移行する動きもある。しかし、いざオンプレミスのシステムをクラウドに移行させようと考えるとさまざまな不安や悩みが浮上する。NECが示すその解決策とは。(2019/9/24)

NECネッツエスアイ、全社員5000人に「Slack」を導入 組織横断的な共創と業務効率化を促進
NECネッツエスアイは、「Slack」の全社導入に踏み切った。ビジネスコラボレーションハブとして活用し、組織を横断した共創機会の創出や、業務プラットフォームの一元化による業務効率の向上を目指す。多様な働き方を支える分散型ワークの支援ツールとしても活用する。(2019/9/18)

セブン銀行とNEC、顔認証で本人確認できる新型ATM発表 スマホ決済が普及しても「ATMはオワコンではない」
セブン銀行とNECは、顔認証技術に対応したカメラや、本人確認書類を読み取れるスキャナーなどを搭載した新型ATMを発表した。(2019/9/12)

製造IT導入事例:
ワクチン製造時の無菌操作をVRで習熟、NECが提供
NECは、感染症ワクチン製造工程における無菌操作トレーニング向けVRソリューションを武田薬品工業に提供する。無菌室内の設備を再現した仮想空間上で、機器を用いた無菌操作を体感学習できる。(2019/9/11)

用途はセキュリティだけじゃない:
PR:令和は「顔認証」システムが大ブレイク!? NECが世界に誇るビジネスの全貌に迫る
「セキュリティ環境が必要な部屋の入退室」「イベントやコンサート会場での本人確認」「空港の出入国管理」――このようなイメージが強い「顔認証」システムだが、実は利用シーンが広がってきているという。主な用途や今後の顔認証システムの可能性について、NECの担当者にITmedia ビジネスオンラインの記者が話を聞いた。(2019/9/11)

激化する人材争奪戦:
NEC「新卒年収1000万円」の衝撃 年功序列の廃止か、「3流国への没落」か
NEC、ソニー、NTTコミュニケーションズ、DeNA、富士通……。高い報酬を払ってでも新卒の優秀な技術者を採用したいという機運が高まってきた。年功序列に縛られた日本企業は果たして変われるのだろうか?(2019/9/6)

PR:デザイン×機動性×生産性の三位一体! NEC「VersaPro UltraLite タイプVG/VH」でワークスタイル変革
「働き方改革」が叫ばれる昨今、いつでもどこでも仕事がこなせる「テレワーク」に注目が集まっています。テレワークに適したツールの1つがモバイルノートPC。今回は、テレワークに便利な機能を備えたNECの「VersaPro UltraLite タイプVG/VH」をご紹介します。(2019/9/6)

閉域環境とパブリッククラウドを連携、地方公共団体向け「NEC公共IaaS」 NEC
NECは2020年春、地方公共団体向けのクラウドサービス「NEC公共IaaS」の提供を始める。マイナンバー管理などの閉域環境を維持しながら、パブリッククラウドと連携可能。顔認証とパスワード入力の2要素認証によるログオンサービスなども提供する。(2019/9/5)

地方行政のクラウド化を推進:
地方公共団体向け「NEC 公共IaaS」の提供を発表、閉域環境をパブリッククラウドと連携可能
NECは、地方公共団体向けにクラウドサービス「NEC 公共IaaS」を提供する。地方公共団体の閉域ネットワーク環境を維持しながら、パブリッククラウドとのセキュアな連携が可能だという。(2019/9/5)

ラグビーワールドカップ2019日本大会、“ファン獲得”へ来場者のID情報を活用
「ラグビーワールドカップ2019日本大会」では、“ファン獲得”に向けたCX(カスタマーエクスペリエンス)基盤として、NECの「ファンマーケティングソリューション」を導入する。大会チケットの購入時に登録されるID情報を基に来場者属性などを“見える化”し、日本ラグビーのファン拡大、発展につなげる。(2019/9/3)

クラウド型防犯カメラを搭載した「まちを見守る自販機」、NECとアサヒ飲料が開発 映像を遠隔地から確認可能
NECとアサヒ飲料が上部に監視カメラを搭載した自動販売機を共同開発した。カメラに通信機器が付属し、撮影した映像をクラウド上に送信・保管する仕組み。設置場所付近でトラブルが起きた際に、警察などが映像を遠隔地から確認できるのが特徴。(2019/8/30)

写真と動画で見る「PasocomMini PC-8001」(起動・終了編)
NECが「PC-8001」を発売して40年。それを記念してハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」の起動と終了の方法を紹介する。(2019/8/29)

あまりの軽さに思わず声が出る 約837gの軽量モバイル「LAVIE Pro Mobile」を買って使ってみた
性能はよいが重たいノートPCに悩んでいた筆者がNECパーソナルコンピュータの「LAVIE Pro Mobile」と出会い、購入した。この記事は、そのいきさつを記したものである。(2019/8/27)

どうやって個人を認証――ローソンの深夜省人化実験で使われる技術とは
NECは、ローソンが2019年8月23日実施する深夜省人化実験に向けて、さまざまな技術を提供する。(2019/8/24)

旧システムから新システムへ「スムーズな移行を」 NECが製品群を強化
ハイパーコンバージドインフラやアプリケーション環境のモダナイゼーションなどを支援する製品群を強化し、順次提供を開始する。(2019/8/22)

製造マネジメントニュース:
「複数AIが交渉の利害調整をする検査環境」がIICのテストベッドに承認
NEC、フラウンホーファー、カブク、KETI、OKI、豊田通商は2019年8月21日、産総研と共同で提案していた「AI間自動交渉プラットフォーム」が、IICの標準検査環境(テストベッド)として承認されたと発表した。(2019/8/22)

AIが企業間の利害を自動調整するプラットフォーム、国際標準化へ NECらが開発
NECやOKIなどの民間企業と産総研が、AIを活用して企業間の利害調整を自動化するプラットフォームを、国際業界団体のIICに提案したと発表。産業分野で新技術や応用方法、製品などを検証する環境として承認された。(2019/8/21)

苦手な学習データを集中的に生成:
NEC、半分の学習データ量で済む深層学習技術
NECは、学習データ量が従来のほぼ半分でも、高い識別精度を維持できるディープラーニング(深層学習)技術を開発した。(2019/8/22)

NEC、従来の半分のデータ量で精度良く学習するディープラーニング技術を開発
元データの種類を問わないため、画像や音声などさまざまなデータに対し適用できるとしている。(2019/8/20)

人工知能ニュース:
ディープラーニングの学習データ量を削減、「敵対的特徴」の活用で
NECは2019年8月19日、ディープラーニングの学習に必要なデータ量を削減する新たな技術を開発したと発表した。同技術は画像や音声などデータ形式によらず適応でき、学習データセットの拡張を専門家による調整なしに実現するとしている。(2019/8/20)

中間層で得られる特徴量を変化させる:
「半分の学習データ量」で高い識別精度を維持するディープラーニング技術を開発 NEC
NECは、学習データ量が従来の半分程度でも高い識別精度を維持できるディープラーニング技術を開発した。ニューラルネットワークの中間層で得られる特徴量を意図的に変化させることで、識別に失敗しやすいデータを集中的に人工生成して識別精度を高める。(2019/8/20)

IoTネットワーク:
IoTで管理効率化や河川監視を支援、NECが杉並区でスマート街路灯の実証開始
NECが杉並区内で「スマート街路灯」の実証を2019年8月から行う。センサーやネットワークカメラを装備しIoT化したスマート街路灯によって、区内12カ所の街路灯および周辺情報を一元管理。緊急時の対処法などを検証していく。(2019/8/14)

製造業IoT:
NECがsXGP対応プライベートLTEシステムを発表、2020年初頭に出荷開始
NECは、免許不要の1.9GHz周波数帯を使用するsXGP対応プライベートLTEシステムを発表した。病院、工場、倉庫などで、特定のユーザーや用途に対応したセキュアなLTEネットワークを容易に構築可能になる。(2019/8/13)

1カ月要した作業が1時間に短縮:
“データの意味を推定”するAI、NECが開発
NECは、さまざまなデータシートに記載された数値の意味を推定するAI(人工知能)技術「データ意味理解技術」を開発した。専門家でも1カ月要していたデータ統合作業を、わずか1時間に短縮できるという(2019/8/9)

電機大手6社が減益……中国経済の減速が直撃 4〜6月期
電機大手8社の令和元年4〜6月期連結決算が7日出そろった。中国経済の減速で、自動車やスマートフォンに使う半導体や電子部品などの販売が低迷し、最終損益はこの日に決算を発表した東芝など6社が減益または赤字。増益だった日立製作所とNECも本業以外の効果に支えられた面が強く、厳しい経営環境が浮き彫りになった。米中貿易摩擦の激化で先行きの不透明感は増しており、各社は警戒感を強めている。(2019/8/8)

医療機器ニュース:
プライバシーを侵害せずに、複数機関が保有するゲノム情報を解析
NECと大阪大学は、データを暗号化したまま解析できる秘密計算をゲノム解析システムへ適用し、複数の機関が保有するゲノム情報をプライバシーを侵害せずに解析できることを実証した。(2019/8/8)

製造ITニュース:
設備の稼働状況や生産情報を見える化する「生産情報可視化集計システム」
NECプラットフォームズは、遠隔監視制御システム「コルソスCSDJ-A」や各種PLCと連携する「生産情報可視化集計システム」を発売する。設備の稼働状況や生産情報をグラフィカルに可視化し、遠隔地からの監視も可能だ。(2019/8/7)

「空飛ぶクルマ」試作機をデモ飛行 NEC
炭素繊維強化プラスチック製で軽量化された無人の試作機が数分間にわたり、約3メートルまで浮上した。(2019/8/6)

AIがデータの「本質的な意味」を推定、NECがデータ統合に向けて開発
NECは、多種多様なデータの本質的な意味をAIで推定する技術を開発した。分野や業種の異なる複数の表データを、高い品質を保ちつつ高速で統合できるという。(2019/8/6)

車両デザイン:
NEC自社開発の空飛ぶクルマが飛んだ、ただし「機体ビジネスには参入せず」
NECは2019年8月5日、同社 我孫子事業場(千葉県我孫子市)で記者会見を開き、“空飛ぶクルマ”の浮上実験に成功したと発表した。(2019/8/6)

NECが“空飛ぶクルマ”に本腰 試作機の浮上に成功、システム開発も加速
NECが“空飛ぶクルマ”の実用化に向け、機体の制御・通信技術などの管理基盤の構築を本格化すると発表。第1弾として、無人の試作機を浮上させる実験を8月5日に行い、成功したという。今後も技術の開発・検証を進めていく方針だ。(2019/8/5)

NEC PC、ゲーミングPC市場に参入 「Project Engine(炎神)」始動
NECパーソナルコンピュータは、ゲーミングPCを開発するプロジェクト「Project Engine(炎神)」を発表した。(2019/8/5)

写真で見る「PasocomMini PC-8001」(パッケージ・接続編)
NECが「PC-8001」を発売して40年。それを記念してハル研究所が開発した「PasocomMini PC-8001」のパッケージと接続の様子を写真で簡単に紹介する。(2019/8/5)

40周年記念を受けた次の一手:
NECがゲーミングPCを投入か 「Project 炎神」稼働中
NECパーソナルコンピュータが、NECの事業の源流となった「PC-8001」の生誕40周年にちなんだ取り組みを発表。その中で、ゲーミングPCへの取り組みについての言及もあった。また、特別カラーモデルやミニチュアモデルも動画でチェックしよう。(2019/8/5)

NECの名機「PC-8001」の「ミニ版」が40周年記念ノートPCに同梱 実機同様にBASICを動かせる
ノートPCのほうも、PC-8001をイメージした配色に仕上げられています。(2019/8/5)

NEC PC、「PC-8001」ミニを発表 40周年を記念した「LAVIE Pro Mobile」特別カラーモデルとセット販売
NEC PCが、「PC-8001」の誕生40周年を記念した同機種のミニモデル「PasocomMini PC-8001」と、PC-8001のデザインをあしらったノートPC「LAVIE Pro Mobile」特別カラーモデルを発表した。(2019/8/5)

「PC-8001」40周年を記念したLAVIE Pro Mobileの特別モデルが登場 ラズパイベースのゲーム付きミニPC-8001も登場
NECパーソナルコンピュータのモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」特別モデルが登場。同社の事業の源流となる「PC-8001」をモチーフとしたカラーをまとい、当時の「NEC」ロゴをあしらっている。合わせて、PC-8001のプログラムを稼働できるミニチュアモデルを製作。一定の条件でプレゼントする。(2019/8/5)

NEC、多様なトラフィックに対応可能な5G向け仮想モバイルコアを開発
NECは、5Gモバイルコアネットワークの構築に向けた仮想モバイルコア製品を開発した。3GPPが標準化するCUPSに準拠し、他社との間で相互接続を確認済み。今後、他のメーカーの装置とも相互接続を実施するという。(2019/7/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。