• 関連の記事

「沖電線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「沖電線」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
ゴムのように伸び縮みするフレキシブル基板を発売
沖電線は、伸縮するフレキシブル基板「伸縮FPC」を発売した。伸縮性に加えて、耐熱性もあり、部品のはんだ付けに対応する。人体などの複雑な動作にも追従可能なため、ウェアラブルデバイスなどでの利用を見込んでいる。(2019/6/24)

沖電線 HSDSケーブルシリーズ:
最大5Gビット/秒対応の送差動伝送標準ケーブル
沖電線は、デジタルインタフェースケーブルとして、さまざまな用途に使用できる差動伝送標準ケーブル「HSDSケーブル」シリーズを発表した。最大5Gビット/秒までの高速伝送に対応し、汎用性を高めた。(2019/5/7)

沖電線、耐熱性と透明性を両立させた透明フレキシブル基板を開発
沖電線は、耐熱性と透明性に優れたフレキシブル基板「透明FPC」を開発した。(2017/6/5)

沖電線 ORP-MIXサービス:
高屈曲ロボットケーブルの短納期・少量生産を実現するオーダーメイドサービス
沖電線は、高屈曲ロボットケーブル「ORPケーブル・シリーズ」をベースとした、短納期・少量生産のオーダーメイドサービス「ORP-MIXサービス」を2017年2月1日から開始すると発表した。(2017/2/9)

実装技術:
従来比40%の薄型化と10倍以上の曲げ耐性を実現、沖電線の多層FPC
沖電線は、従来製品に比べて約40%の薄型化を可能にするとともに、折り曲げ耐性を10倍以上に高めた多層フレキシブル基板(FPC)を開発し、販売を開始した。(2014/8/18)

FAニュース:
沖電線、6Gbpsで20m伝送できる「CleanEyeカメラリンクケーブル」を発売
伝送速度6Gbpsの高精細画像を従来ケーブルの3倍の20mまで伝送可能。画像検査装置向けに販売。(2014/1/10)

FAニュース:
沖電線、ケーブルの仕様・設計図を自動作成してくれる無料Webサービス開始
導体サイズ、用途、定格(電圧、温度)、心数、シールドの有無を選ぶと、その条件に当てはまるケーブルの仕様・設計図が自動的に表示される。(2013/7/25)

第3回カーエレ展/第2回EV・HEV展:
電動システムに加えて充電器の新製品が続々と
『第3回国際カーエレクトロニクス技術展』と『第2回EV・HEV駆動システム技術展』が、2011年 1月19日から21日まで東京ビッグサイトで開催された。注目を集めるEV/HEV関連では、電動システムの展示だけでなく、EV用充電器の新製品も数多く見られた。(2011/4/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。