「Oracle(オラクル)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

関連キーワード

開発者などのユーザーにも熱い視線:
AWSに対抗する価格と高パフォーマンスを 日本オラクルCEOが新戦略を語る
日本オラクルのCEOに就任したばかりのケネス・ヨハンセン氏が初めてメディアの前に登場。Oracleが年次イベントで発表した大々的な戦略転換や、日本市場におけるクラウド展開、今後の見通しについて語った。(2019/10/2)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(56):
Oracle DBで必須、まずは「超入門『PL/SQL』」で基本をしっかり押さえよう
人気過去連載を電子書籍化して無料でダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第56弾では「超入門『PL/SQL』全9回を1冊のPDFとしてまとめた。Oracle Databaseに拡張されたSQLであるPL/SQLの基本を紹介する。(2019/9/25)

OracleとVMwareが提携、VMware環境でのOracleをサポート開始 「Oracle Cloud VMware Solution」も発表
米Oracleと米VMwareが提携。Oracleは、VMware環境でOracleのソフトウェアを実行している顧客のサポートを行う。OracleがVMware環境での同社ソフトウェアにサポートを提供するのは初めて。(2019/9/19)

Oracle OpenWorld 2019:
Oracle Database 20cが登場、一部機能を期限なく無料で試せる「Always Free」を開始
Oracleは年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」において、自律型データベースの機能拡充や「Exadata」ポートフォリオの拡大、Oracle Autonomous DatabaseとOracle Cloud Infrastructureの一部機能を期限なしで無料で試せる「Always Free」、顧客データの自動保護ソリューションを発表した。(2019/9/18)

Oracle OpenWorld 2019:
オラクル、来年にはリージョン数でAWSを抜くと宣言 現在の16から倍以上の36へ
米Oracleが年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」を開催。その基調講演で会長兼CTOのラリー・エリソン氏が、来年にはリージョン数でAWSを抜くと宣言した。現時点でグローバルに16のリージョンを展開しているが、来年中に36へと倍以上になる。(2019/9/18)

Oracleのクラウド上でVMwareの仮想マシンを稼働可能に、両社がパートナーシップ拡張
OracleとVMwareはパートナーシップを拡張、Oracle Cloud Infrastructure上でのVMware Cloud Foundationの稼働が可能になる。vSphere上で稼働しているワークロードは、OracleのGen 2 Cloud Infrastructureに移行可能となった。(2019/9/18)

Oracle OpenWorld 2019:
打倒AWSの切り札になるか Oracleがクラウドとデータベースを全世界で無料提供
「Oracle Cloud Free Tier」は、Oracle Cloud InfrastructureやOracle Autonomous Databaseの機能を一部無料かつ無制限で提供。エリソン会長は、発表にAWSへの強い対抗意識をのぞかせた。(2019/9/19)

Oracle OpenWorld 2019:
Oracle Cloudを期限なく無料で使える「Always Free」発表 1GBのVM2つ、Autonomous DB2つなど提供
米Oracleの年次イベント「Oracle OpenWorld 2019」が開幕。ラリー・エリソン会長が、Oracle Cloudの無料トライアル「Oracle Cloud Free Tier」に、期限なしで利用可能な「Always Free」を追加すると発表した。(2019/9/17)

Oracle Open World 2019:
Oracle、データベースインフラの最新版「Oracle Exadata X8M」を発表
Oracleはサンフランシスコで開催中の年次イベントで、「Oracle Exadata」の新製品を発表した。新技術を取り入れ、先代モデルから処理速度を強化した仕様だ。(2019/9/17)

Oracleのマーク・ハード共同CEOが病気療養のため休職
2014年からOracleの共同CEOを務めているマーク・ハード氏が健康上の理由で休職する。休職中はラリー・エリソン会長とサフラ・カッツ共同CEOが経営を担う。(2019/9/12)

システム/データベース停止による損失を最小化するために:
PR:システムを止めない、ビジネスを止めないためのベストプラクティスを探る――「Oracle Private Cloud Infrastructure」がもたらすインパクト
日本オラクルは「第2回 Oracle Private Cloud Infrastructure Users Forum(東京)」を開催。クラウド化に最適なプラットフォーム「Oracle Private Cloud Infrastructure」の最新情報とMAA(Maximum Availability Architecture)、データベース(DB)/アプリケーションの災害対策サイト構築をテーマに、製品の実運用、構成、活用事例を紹介した。(2019/9/9)

現状は自動運転車ではなくオートマ車
データベースの自動化はデータベース管理者を滅ぼすのか
Oracleのマーク・ハードCEOは、Oracle Databaseの自動化によってデータベース管理者は全員失業すると言い放った。現実問題として、データベースはそこまでの自動化を実現しているのだろうか。(2019/8/30)

Modern Cloud Day Tokyo:
クラウド業界に“遅れてきた巨人”日本オラクルの進撃 その可能性は?
日本オラクルが2019年8月に開催した「Modern Cloud Day Tokyo」では、日本市場におけるクラウド戦略を強化する試みが次々と発表された。競合にやや遅れた点を認めつつ、逆転を狙う同社の戦略を追う。(2019/8/14)

Oracle Cloudのサーバレス「Oracle Functions」が正式リリース。Azureのイベントとの連携も可能
Oracle Cloudのサーバレスコンピューティングを実現するFaaSの「Oracle Functions」がリリースされた。それをイベントドリブンで呼び出せるイベントサービスの「Oracle Cloud Infrastructure Events」の提供も始まった。(2019/8/8)

豪雨で水没寸前だったサーバをクラウド移行 「獺祭」の旭酒造・桜井社長が語る「テクノロジーとの向き合い方」
日本酒「獺祭」の蔵元である旭酒造は7月から、顧客管理システムを米OracleのIaaSに段階的に移行している。2018年の西日本豪雨で被災し、BCPの重要性を実感したためという。旭酒造の桜井一宏社長に、今後のテクノロジー活用の展望を聞いた。(2019/8/8)

イベントドリブンや断続的なワークロードに最適:
Oracle サーバレスのFaaS基盤「Oracle Functions」の一般提供を開始
Oracleは、「Oracle Cloud Infrastructure」のFaaS(Functions as a Service)基盤「Oracle Functions」の一般提供を開始したと発表した。(2019/8/7)

少数精鋭の「DX専門部隊」も:
クラウド事業を強化する日本オラクル 幹部が語る、DX推進事業「4つの柱」とは
AWSやMS、Googleといった競合のひしめくクラウド業界。そんな中、日本オラクルが、「新ビジネス創出を支援する」というDX支援の取り組みを紹介した。数年の試行錯誤から生み出したという、その中身とは。(2019/7/31)

日本オラクル、クラウド導入の専門集団「DX推進室」結成 企業・自治体のデジタル化を支援
日本オラクルが、同社のクラウドサービスを活用し、社会課題の解決や新規事業創出などを支援する部門「Digital Transformation推進室」を6月に設立したと発表。新規事業担当者やデータアナリストなど約10人が所属し、企業や自治体のデジタル化を支援するという。自社サービスだけでなく、AWSなど他社サービスとの連携にも対応する。(2019/7/29)

「獺祭」の旭酒造、販売管理システムを「Oracle Cloud」に移行 西日本豪雨の教訓でBCP強化
旭酒造が販売管理システム基盤に「Oracle Cloud Infrastructure」を導入。これまで製造・販売に関する全データをオンプレミスで管理していたが、事業継続計画(BCP)の一環でクラウドへの移行を決めた。(2019/7/24)

システム更新でアクセシビリティー向上
SKILCRAFT製造元が「Oracle ERP Cloud」を導入 視覚障害者がより働きやすく
自動化によって仕事を奪うのではなく、守りたい――。多数の視覚障害者を雇用するIBVIの「Oracle ERP Cloud」導入事例から、同社が重視したビジネスプロセス改善のポイントに迫る。(2019/7/19)

Oracleの四半期パッチ公開、データベースなどに極めて深刻な脆弱性
データベースやJava SE(Standard Edition)を含む多数の製品を対象として、計319件の脆弱性が修正された。(2019/7/17)

標準運用付きクラウドサービスが鍵に
SAPやOracleにも「2025年の崖」? 利用企業に立ちはだかる5つの課題とは
クラウド活用が一般化しつつあり、「自社もクラウドに」と基幹システムの移行を考える企業は少なくないだろう。だが特に「SAP ERP」や「Oracle EBS」を利用する企業は注意が必要だ。それはなぜか。(2019/7/23)

悲願のID統合管理を実現
OracleとMicrosoftがクラウドで提携、両社の顧客にとってのメリットは?
これまでライバル同士だったOracleとMicrosoftがクラウドの相互接続で提携することを発表した。顧客と両社、どちらにとっても利益をもたらす提携だ。(2019/7/11)

製造ITニュース:
マイクロソフトとオラクル、クラウド間の相互運用機能を提供
マイクロソフトとオラクルは、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と「Oracle Cloud」間の相互運用に関する提携を発表した。両クラウドが直接接続できるようになる他、ネットワークやIDの相互運用が可能になる。(2019/7/4)

「なるべく既存DBアプリを生かして運用を続けたい」に応える
DBAの希望「もう少し11gが必要だけれど、運用は楽にしたい」は実現可能か
アップグレードもシステム改修も「すぐには手を付けられない」。古いOracle Databaseで業務アプリを構築した企業にとって保守サポートの終了は頭の痛い問題だ。延命しながら運用を効率化する第三の選択肢を取材した。(2019/6/28)

業務時間50%以上削減の見込み リゾートトラストの新しい経営管理基盤
リゾートトラストは「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を導入し、経営管理基盤を新たに構築した。事前準備やデータ収集、集計処理、レポーティングについて、いずれも業務時間を50%以上削減できる見込み。(2019/6/25)

Oracle、WebLogicの臨時アップデート公開 既に攻撃が発生
米セキュリティ機関によれば、この脆弱性については既に悪用の横行が伝えられていた。(2019/6/21)

転換期のハイブリッドクラウド【第1回】
Microsoft、AWS、Google、IBM、Oracleの「ハイブリッドクラウド」の本気度は?
主要クラウドベンダーは、ハイブリッドクラウドにどう向き合い、どのような製品を提供しているのか。クラウドベンダーのハイブリッドクラウドに対するスタンスや製品展開の方向性を整理する。(2019/6/24)

RPAツール群雄割拠の時代の戦略は? Blue Prism日本法人の新社長に聞いた
老舗RPAベンダーのBlue Prism日本法人に、日本人の社長が就任した。オラクルなどの大手IT企業で活躍した経歴を持つ新社長は、日本のRPA市場をどう見つめ、どのような戦略を打つのか。(2019/6/11)

MicrosoftとOracle、クラウドの相互接続で合意 クロスクラウドのシングルサインオン、AzureからOracle Cloud Databaseへ接続など可能に
MicrosoftとOracleが、Microsoft AzureとOracle Cloudの相互接続で合意。クラウド市場で先行するAWS(Amazon Web Services)との距離を詰めるため、両社の強みを組み合わせた提携といえそうだ。(2019/6/6)

クラウド移行を共同でサポート:
MicrosoftとOracle、AzureとOracle Cloudを相互接続
MicrosoftとOracleは2019年6月5日(米国時間)、Microsoft AzureとOracle Cloudの相互接続などで提携したと発表した。同日付けで、Oracle Cloudのバージニア州アッシュバーン・データセンターと、Azure US Eastが、直接の相互接続を開始したという。他の地域においても、今後同様の相互接続を進める。(2019/6/6)

Oracle Database Applianceならではのメリットが満載:
PR:Oracle Databaseのバックアップサイトを沖縄に! 簡単導入&スモールスタートが可能な沖縄クロス・ヘッドの「OCH POWER BCPパッケージfor Oracle Database」
東京から遠く離れながらも高速なネットワーク回線で結ばれ、地震が少ない沖縄県。BCP対策のためのバックアップサイトを置くには理想的な条件が整ったこの地に、「Oracle Database Appliance」を用いたデータベース専用のBCPパッケージが誕生した。沖縄クロス・ヘッドの「OCH POWER BCPパッケージfor Oracle Database」だ。(2019/5/27)

Oracle Code Tokyo 2019:
オラクル、「Java有償化という誤解」を解き、未来を語る
日本オラクルのイベント「Oracle Code Tokyo 2019」で同社はJavaの未来を語り、有償化という誤解を解いた。(2019/5/20)

「3カ月かかった導入を1日にできる」 オラクルが次世代データセンターに賭ける新戦略とは?
日本オラクルは2019年5月8日に次世代データセンターを東京リージョンに開設したと発表した。また、大阪リージョンの次世代データセンター開設と日本における「Oracle Cloud」の戦略が発表された。(2019/5/10)

今後6カ月以内に大阪リージョンを提供予定:
「Oracle Cloud」の東京リージョン開設 日本オラクルが2つの狙いを語る
日本オラクルは、Oracle Cloudの東京リージョンを開設し、提供を開始した。(2019/5/9)

日本オラクル、東京に自社データセンター開設 「Gen2 Cloud」の核として活用、AWS・Azure対抗にも自信
日本オラクルが東京都内にデータセンターを開設。「Generation2 Cloud」の提供基盤として活用する。今後は、半年以内をめどに大阪府内にデータセンターを開設する計画。(2019/5/8)

ハノーバーメッセ2019:
産業向け提案を強化するオラクル、AIやブロックチェーンなどを本格活用へ
Oracle(オラクル)はハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、ここ数年強化してきた産業用IoT向けのアプリケーションが成熟してきたことを強調。これらのアプリケーションにAI(人工知能)関連技術やブロックチェーンなど先進技術で産業の変革を推し進める方針を示した。(2019/5/8)

菓子メーカーとコンサルティング会社の事例を紹介
「Oracle Database」から「SAP HANA」への乗り換えが増えているのは本当か?
Oracle DatabaseからSAP HANAへ移行した企業がどれだけあるかについては見解が分かれる。注目したいのは、移行によってメリットを得ている事例が実際に出ていることだ。(2019/5/2)

OracleのWebLogicに未解決の脆弱性報告、4月に公開した対策パッチが不完全だった可能性も
OracleのWebLogicに未解決の脆弱性があったとセキュリティ機関SANS Internet Storm Centerが同社のブログで報告した。Oracleが2018年4月に公開した対策パッチが不完全だった可能性が指摘されている。(2019/4/26)

米Oracle、定例セキュリティ更新プログラム公開 データベースやFusion Middlewareに深刻な脆弱性
Oracle Databaseをはじめ、Fusion MiddlewareやMySQL、Java SEなど多数の製品を対象に、計297件の脆弱性が修正された。(2019/4/18)

コスト削減、アプリ改修迅速化のためにDWH専用機から移行:
PR:三越伊勢丹グループで約8000人の社員が使う顧客/商品分析のDWH基盤にOracle Exadataを採用。その狙いと効果は?
三越伊勢丹グループは、現場社員がデータに基づいて販売施策などの意思決定を行う“全員分析経営”の実践で知られる。それを支えているのが、約8000人の社員が利用するDWH基盤だ。同グループは先頃、この基盤をOracle Exadataで刷新し、コストを削減するとともに、ビジネスの要求に迅速に対応可能なデータ活用基盤を整えた。(2019/4/15)

SuiteWorld 2019 Report:
“北極星”を見失うな──Oracle傘下のクラウドERP、NetSuite創業者が語る「ブレない経営に不可欠なもの」
ラスベガスでクラウドERPの雄、NetSuiteの「SuiteWorld 2019」カンファレンスが開幕した。創業者でもあるエバン・ゴールドバーグ執行副社長は、企業がブレずに成長を目指すには、「可視化」「コントロール」、そして「アジリティ」の能力が不可欠だと話す。(2019/4/3)

Panorama Consultingの「Clash of the Titans 2019」調査
ERP市場が激戦化:SAPが依然リードも、OracleとMicrosoftが追い上げ、Inforも台頭
ある調査によると、SAPは“ティア1”ERP市場をリードし続けているが、OracleとMicrosoftが追い上げを見せている。Inforも躍進しており、この市場では明らかにディスラプション(創造的破壊)が起こっている。(2019/4/1)

「データファースト」で製品強化:
「Oracle Marketing Cloud」は、マーケターが抱える5つの難題にどう取り組むのか
一貫した顧客体験を実現するためにはまずデータ、次にそれを使いこなすためのAIの力が必須。Oracleだからできる支援とは。(2019/3/26)

6カ月ごとに投入される最新リリース:
Oracle、「Java SE 12(JDK 12)」の一般提供を開始
Oracleは、ガベージコレクタなどの機能を強化した「Java SE 12(JDK 12)」の一般提供を開始した。(2019/3/22)

構築時は最適なDB環境、でも今は?
Oracle DBを快適&効率的にするために、インフラ再確認のススメ
「Oracle Database」の基盤について頭を悩ませている企業は数多い。その内容もコストや性能、安定性などさまざまだ。ただし、それらはシステム利用における必然でもある。その解消法を紹介しよう。(2019/3/12)

家庭に省エネレポートを送付するだけ、世界累計230億kWhの節電量に
日本オラクルはエネルギー使用量などに関するレポートを送付し、家庭の省エネを図るプロジェクトで、全世界で累計節電量約230億kWhを達成したと発表。これは、大阪府の全世帯に必要な1年分の電力に相当するという。(2019/3/4)

自動索引生成やIoTデータの高速取り込み
徹底解説:Oracle Database 19cは何ができるのか?
「Oracle Database 19c」は最新のソフトウェアが安定して動作することを目指している。それだけでなくデータベース管理者にとって便利な追加機能も提供する。(2019/3/1)

自らもOracle Cloudのサービス基盤として大規模に活用:
PR:“クラウド推進派”の企業にOracleのストレージ「Oracle ZFS Storage Appliance」が最適な3つの理由
「クラウドでは、それに最適化されたストレージを使うべし」──この考えの下、Oracleが自ら開発し、自社のパブリッククラウドサービスの基盤としても大規模に活用しているストレージ製品が「Oracle ZFS Storage Appliance」だ。同製品はなぜクラウドを使う企業に最適なのかを、日本オラクルの担当者らが語った。(2019/2/27)

「安定性」「セキュリティ」「無料」の全ては満たせない:
PR:セキュリティパッチ、バグ修正は今後どうなる?――Javaが動くシステムを安価に安定運用するための現実解とは
2017年9月、OracleがJDK/Java SEの提供方法を変更することを発表した。これを受けて、「JDKの有料化」という誤解が生まれてしまったが、実際はそうではない。JDK提供に関する変更点をあらためて確認しつつ、Javaを使い続ける企業に迫られる選択について解説しよう。(2019/2/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。