「手のひらサイズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「手のひらサイズ」に関する情報が集まったページです。

Seagate、小型でスタイリッシュなUSB外付けポータブルSSD
Seagate Technologyは、USB 3.0接続に対応したポケットサイズの外付けポータブルSSD「One Touch SSD」を発表した。(2019/10/9)

手のひらサイズの子猫を8キロの巨猫に育てるまで 子猫の育て方や病気について知る漫画が役に立つ
猫と暮らす、全ての人に読んでほしい。(2019/9/14)

リアルなかわいさ! 手のひらサイズのフィギュア「アニア」シリーズからねこモチーフが登場です!
ちょっと動くところがまたうれしい。(2019/8/27)

JR秋葉原駅構内で「レトロゲーム遊び放題祭り」開催 レトロゲームのポップアップストア
手のひらサイズのアーケード筐体型ゲーム機「レトロアーケード」シリーズなどが販売されます。(2019/8/12)

手のひらサイズ「テプラ」にスマホ専用モデル登場 アプリで文字や画像を配置
専用テープのバリエーションも増えて、より便利になっています。(2019/8/8)

公衆電話が手のひらサイズのフィギュアになったガチャコレクション タカラトミーから
タカラトミーは、11月中旬から「NTT東日本 公衆電話ガチャコレクション」を発売。受話器のフックや返却口が動き、ボタンも押せるギミックを搭載する。ラインアップは「アナログ公衆電話機」や「デュエットホン」など。(2019/8/7)

キングジム、スマホアプリから印刷できる「テプラ Lite LR30」を発売
キングジムが、スマホアプリから操作ができる手のひらサイズのラベルプリンター「テプラ Lite LR30」を8月20日に発売する。Bluetooth経由で接続し、スマホアプリでラベルのテンプレートを選べる。(2019/8/7)

「からくり計算器」「ゲームボーイシンセサイザー」「手のひらサイズお絵かきマシン」──“自作”の祭典「Maker Faire Tokyo 2019」で見た個性的な作品たち
「Maker Faire Tokyo 2019」に並ぶ作品の中から、記者が気になった展示の一部を紹介していく。(2019/8/4)

特選プレミアムコンテンツガイド
格安・極小PC「Raspberry Pi」の試したくなる活用例
さまざまな人の創作意欲を刺激してきた手のひらサイズの小型コンピュータ「Raspberry Pi」。多岐にわたるその活用例の中から、ビジネスに生かせる注目すべき使い方を紹介する。(2019/7/31)

「めちゃきれい」「癒やされる」 レジンで作った“手のひらサイズの美ら海”、その美しさで29万“いいね”集める
美しい海が手のひらサイズで。(2019/7/14)

ポケットに入るアート 歌川国芳の金魚がリアルな小型フィギュアに!
雨にあわてふためく、金魚の表情に注目です(2019/6/20)

「PCエンジン mini」発表 往年の名機、手のひらサイズに
往年のゲーム機「PCエンジン」を手のひらサイズに縮小した「PCエンジン mini」発表。「イース I・II」をはじめとしたなつかしのゲームを収録する。(2019/6/12)

ファブレスではない強み:
ポケットに入る高性能なPCしか作らない 「OneMix」シリーズのこだわりを社長に聞く
超小型PC「OneMix」シリーズを手がけるOne-Netbook Technologyの幹部が、日本での本格展開を機に初来日を果たした。同社の社長と副社長に話を聞いた。(2019/5/23)

ソニー、水やサビに強いBluetoothスピーカー「EXTRA BASS」の新モデルを発売
ソニーは、重低音を楽しめるポータブルBluetoothスピーカー「EXTRA BASS」の新モデル3種類を5月18日に発売する。「SRS-XB32」と「SRS-XB22」は水やサビに強く低音を重視している。SRS-XB12は手のひらサイズの小型設計にストラップも付属する。(2019/4/25)

4万4800円(税込):
手のひらサイズの超小型スマホ「Palm Phone」発売 写真で実機をチェック
+Style(プラススタイル)は、Palm製の小型スマートフォン「Palm Phone」を、4月24日に発売する。幅50.6×高さ96.6mmという、クレジットカードとほぼ変わらない手のひらサイズを実現した。3.3型のHD液晶ディスプレイを搭載する。(2019/4/18)

「発想の転換がすごい」 スライドさせて印刷するプリンタ、ネットで大反響 苦節5年、開発の舞台裏
紙の上でスライドさせると、文字や画像などを印刷できる――そんな手のひらサイズのプリンタ「RICOH Handy Printer」が登場。ネット上では「プリンタに用紙を投入して印刷する」のではなく「プリンタ本体を動かして印刷する」という発想の転換が話題に。開発の舞台裏を聞いた。(2019/4/17)

アイ・オー、手のひらサイズのUSB外付けポータブルSSD
アイ・オー・データ機器は、コンパクトボディーを採用したUSB接続対応ポータブルSSD「SSPH-UT」シリーズを発表した。(2019/4/10)

リコー、紙の上でスライドさせて印字できる手のひらサイズのモノクロハンディープリンタ
リコーは、QRコードやバーコードなどの印刷にも対応したハンディータイプのモノクロインクジェットプリンタ「RICOH Handy Printer」を発売する。(2019/4/4)

「メガドライブミニ」9月19日発売 6980円
「メガドライブ」を手のひらサイズで復刻した「メガドライブミニ」が9月19日に6980円(税別)で発売。コントロールパッドを2つ同梱した「メガドライブミニ W」も8980円(同)で同時発売する。当初は18年内の発売を予定していたが延期していた。(2019/4/1)

植木鉢の上に名所が乗っかった「植木街」がカプセルトイで登場 ニューヨークもパリも手のひらサイズでかわいい
パリもコペンハーゲンもいつか行ってみたい名所ばかり。(2019/3/4)

医療技術ニュース:
血管内皮の機能を総合的に評価できる血管チップを開発
東京大学は、血管内皮の機能を総合的に評価できる、手のひらサイズの「血管チップ」を作製した。血管新生因子「EGFL7」の機能を明らかにするとともに、血管チップが血管内皮の総合的な機能解析に有用であることを実証した。(2019/2/19)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(後編)
スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではなかった。後編ではキヤノン「Powershot SX740HS」を取り上げる。(2019/2/9)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ポケットに入る超望遠、イマドキのコンデジはここまで進化していた(前編)
スマホとデジ一眼が注目される一方、話題に上らなくなってきたコンパクトデジカメ。でも、市場から消えたわけではない。今回はソニーとキヤノンの新製品を取り上げ、その実力をチェック。(2019/2/8)

ポケットにアート作品を キタンクラブから「はしもとみお 猫の彫刻」が登場
手のひらサイズの小さな猫ちゃん。(2019/2/4)

Colorful、重量55gの手のひらサイズ筐体を採用したUSB 3.1外付けSSD
リンクスインターナショナルは、USB 3.1接続対応の外付けSSD「P100 1TB」の取り扱いを開始する。(2019/1/31)

手のひらサイズのお友達 フェリシモからふわふわのハリネズミ型コインケースが登場
お出かけのおともに、もこもこふわふわのハリネズミはいかが?(2019/1/16)

electronica 2018でMaximがデモ:
手のひらサイズのPLCで実現する「エッジでの自律性」
Maxim Integratedは「electronica 2018」で、同社の最新の産業用IoTプラットフォーム「Go-IO」のデモを披露した。手のひらに収まるサイズの超小型PLCのレファレンスデザインである。(2018/12/25)

ドコモの段ボール製プログラミング教育ロボ「embot」 小学校先生から熱視線
手のひらサイズの段ボールロボットが、これからプログラミング教育に取り組んでいく先生たちの注目の的となった。(2018/12/10)

グラスの底やマンホールが土俵に 手のひらサイズのAR力士がはっけよい! 「AR HAKKEYOI」公開
ありとあらゆる“円”で取り組み。(2018/11/29)

手のひらサイズのUSBミニ洗濯機が発売 バケツや洗面台に水を張って中に入れるだけで洗える
旅行先やアウトドア、ちょっとした別洗いなどに。(2018/11/14)

かわいすぎ……! 手のひらサイズの赤ちゃんウサギが心をわしづかみにされる愛らしさ
かわいいという言葉では言い表せないかわいさ。(2018/11/10)

女子高生AI「りんな」、スマホのカメラで「目」を獲得 ユーザーと同じ世界を見て会話可能に
胸ポケットにしまったスマートフォンに宿るAIが、あなたと同じ世界を見て話し出す。現在開発中で、一般公開時期は未定。(2018/11/5)

「しゅげぇ」「かわいい」ヤマハのバイクをあみぐるみと羊毛フェルトで作ろう! 公式サイトでレシピ公開、第1弾はNIKEN
手のひらサイズのNIKENかわいい。(2018/10/27)

日本HP、スマホ写真をその場で印刷できるポケットサイズのフォトプリンタ「HP Sprocket」など3製品
日本HPは、スマートフォンからの印刷にも対応したフォトプリンタ「HP Sprocket」など3製品を発表した。(2018/10/25)

「手のひら事務用品」ガチャ誕生 クリアファイルもレタートレーも手のひらサイズ
寝ても覚めても事務用品派の人に。(2018/10/19)

PR:手のひらサイズの石原さとみがかわいい! ザ・チョコの箱にスマホを入れて“大人舌レッスン”を愉しもう
ポテンシャルの高すぎる箱。(2018/10/18)

医療機器ニュース:
対話型AIロボットを用いた高齢者の健康増進サポートの実証を実施
ハタプロと長谷工アネシス、長谷工シニアホールディングスは共同で、手のひらサイズの対話型AIロボット「ZUKKU(ズック)」を活用した高齢者の健康増進サポートの実証を実施した。(2018/10/10)

ハコスカの勇姿を手のひらサイズで 初代「スカイラインGT-R」ハイクオリティミニカーが発売決定
スカイラインGT-R誕生50周年!(2018/9/20)

手のひらサイズ「ハロ」のプラモデルが発売決定! 内部のメカを見られるスケスケ外装も付属
インテリアとしても最高!(2018/9/19)

「プレイステーション」手のひらサイズで復刻 12月発売
ソニー・インタラクティブエンタテインメントは「プレイステーション」を手のひらサイズで復刻した「プレイステーション クラシック」を12月に発売する。(2018/9/19)

ハードのアジャイル設計をかなえる:
PR:「ラズパイ」に訪れた転換期、ホビー・教育から業務用途の拡大が進む
手のひらサイズの低コストなシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)」は、もともと教育やホビー用途として開発された。そのラズパイが今、転換期を迎えている。業務用途での採用が、当初の教育用途を上回っているのだ。ラズパイを業務用途で採用することの利点とは何だろうか。(2018/9/18)

エイサー、気軽に持ち運べるポケットサイズの小型モバイルLEDプロジェクター「C200」
日本エイサーは、持ち運びに便利なポケットサイズの小型LEDプロジェクター「C200」を発売する。(2018/8/22)

手のひらサイズのHPプロジェクターが11月下旬発売 展示会でのデモ投影も実施
フェリクロスがHPブランドの手のひらサイズのプロジェクターを発売する。9月4日から開催される「第86回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2018」に実機を展示する予定だ。(2018/8/15)

レノボ、手のひらサイズ筐体モデルも用意したエントリーWS「ThinkStation P330」シリーズ
レノボ・ジャパンは、エントリークラスモデルのデスクトップワークステーション「ThinkStation P330」シリーズを発表した。(2018/8/7)

Mostly Harmless:
MicrosoftはWindows Phoneの夢を捨てていない?
Microsoftがポケットサイズのモバイルデバイス「Surface Andromeda」を開発中とのウワサに新たな動きが? 古くからのWindowsユーザーには、「もしやWin32が動くスマホか!?」と“オタク的”期待さえも高まるMicrosoftのまだ見ぬ新デバイスに思いをはせてみた。(2018/8/7)

ジェスチャー操作もできる手乗りサイズのキューブ型ロボ「ハロー!QB」
タカラトミーは、手のひらサイズのキューブ型ロボット「ハロー!QB(キュービー)」を発売する。(2018/7/26)

神社の鳥居を手のひらサイズで再現 カプセルトイ「鳥居コレクション」発売決定
机の上に千本鳥居を並べたい。(2018/7/25)

産業用途が教育用途を超えた:
「ラズパイ」最初の10年、今後の10年
手のひらサイズの安価な小型コンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ、ラズパイ)」は、2018年に“10周年”を迎えた。現在、ラズパイの用途は、当初の目的だった教育用途よりも、産業用途が上回っている。(2018/7/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftのモバイル秘密兵器「Andromeda」は、2画面折りたたみ型「Surface」なのか
モバイル市場をターゲットにしたMicrosoftの新プロジェクトといわれる「Andromeda」とは、ポケットサイズで2画面折りたたみ型の新「Surface」なのだろうか。(2018/7/3)

「NEOGEO mini」7月24日発売 1万2420円 予約受付スタート
「NEOGEO」を手のひらサイズに復刻し、40タイトルのゲームを収録した「NEOGEO mini」は7月24日に発売。価格は1万2420円(税込)。(2018/6/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。