「パナソニック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

松下電器産業から社名変更

医療機器ニュース:
「オンライン資格確認」に対応する顔認証付きカードリーダーを発表
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、2021年3月から開始予定の「オンライン資格確認」に対応する「顔認証付きカードリーダー(マイナンバーカード対応)」を発表した。(2020/8/12)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
エコキュートの新バージョンは災害対応を強化、スマホで遠隔操作が可能に
パナソニック ライフソリューションズ社はスマホでの遠隔操作や気象警報と連動して、全量沸き上げを行える家庭用自然冷媒ヒートポンプ給湯機「エコキュート」の新バージョンを開発した。(2020/8/7)

パナ子会社、新型装着ロボ受注開始 腕と腰を同時アシスト 
パナソニック子会社でロボット開発のATOUNは、腕と腰を同時に装着して身体への負担を軽くする装着型ロボット「モデルY+kote」の受注を始めた。来年1月の出荷開始を予定している。(2020/8/5)

8万8000円:
“引きこもれる”半個室で、集中して在宅勤務 パナが発売
在宅勤務をする人向けに、約1平米の半個室を作れる「KOMORU」(コモル)をパナソニックが発売。リビングの角などに設置すれば、集中して仕事に取り組めるという。価格は8万8000円(税別)。(2020/8/4)

パナソニックが組み立て式の“半個室”デスクを発売 8万8000円
パナソニックは、約1平米の半個室空間を作れる組み立て式デスク「KOMORU(コモル)」を発表した。(2020/8/4)

太陽光:
パナソニックと中国GSソーラー、協業契約が破談に
パナソニックが中国の太陽光パネルメーカーであるGSソーラーとの太陽電池事業における協業契約を解消すると発表。GSソーラーが契約で定めた期限を超え、さらに新型コロナウイルスによる影響を考慮した期間を過ぎても、協業開始に必要な要件を満たさなかったためとしている。(2020/8/4)

FAニュース:
溶接機60年の歴史を生かす、溶接工程向け情報収集基盤をパナソニックが提供へ
パナソニック スマートファクトリーソリューションズは2020年7月31日、溶接ロボットの情報を収集、蓄積、分析することで生産性向上や品質向上、トレーサビリティー強化を実現するソリューション「iWNB(integrated Welding Network Box)」を同年8月17日に発売することを発表した。(2020/8/3)

製造マネジメントニュース:
パナソニックと中国太陽電池メーカーの協業が破談に
パナソニック ライフソリューションズ社は2020年7月30日、中国の太陽電池メーカーGS-Solar(以下、GSソーラー)との太陽電池事業における協業契約を解消することを決定したと発表した。(2020/7/31)

製造マネジメントニュース:
パナソニックは第1四半期で9年ぶりの最終赤字、車載や航空向けで新型コロナ直撃
パナソニックは2020年7月30日、2021年3月期(2020年度)第1四半期の業績とともに、延期していた2020年度の通期業績予想を発表した。第1四半期の業績としては2011年第1四半期以来の最終赤字となり、厳しい結果となった。(2020/7/31)

材料技術:
水を使わない全乾式製法を用いたセルロースファイバー成形材料技術
パナソニックはSDGsセミナーをオンライン開催し、「サーキュラーエコノミーに対応するエコマテリアル開発の取り組み」と題し、同社が開発を進めるセルロースファイバー(CeF)成形材料技術について説明した。(2020/7/22)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
天体観測の名所「美星町」で、パナソニック LS社の防犯灯が高評価な理由――
パナソニック ライフソリューションズ社は、防犯上必要な明るさを維持しつつ、上方光束をゼロにして、星空に影響を与えない「光害対策防犯灯」を開発し、岡山県井原市美星町に導入した。(2020/7/20)

パナソニック、ペットの見守りに向くネットワークカメラ
パナソニックは、ペットの様子の見守りに適したネットワークカメラ「KX-HDN215」を発売する。(2020/7/17)

FAニュース:
高度な画像検査ができる画像センサー、輪郭マッチング検査で従来比3倍の高速化
パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、画像センサー「SV」シリーズを発表した。一体型画像センサーで約50×70×50mmと小型ながら、業界最高クラスのスピードで、高度な画像処理や検査が手軽に実施できる。(2020/7/17)

製造マネジメントニュース:
ニューノーマルを「くらしアップデート」の追い風に、パナソニックの技術戦略
パナソニックは、技術セミナーとして研究開発戦略について、パナソニック 専務執行役員でCTOとCMOを務める宮部義幸氏がオンラインで説明を行った。「くらしアップデート業」を掲げる中で、これらに最適な技術基盤の構築を進める一方で、技術の活用先として新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応を進めていく方針を示した。(2020/7/16)

働く人の気持ちや動きをオフィスに反映 パナソニックが自社ビルで実験
パナソニックライフソリューションズが、ニューノーマル(新しい生活様式)時代のオフィス創造に向けた実証実験をスタート。働く人の心理データなどを基に、生産性の高いオフィスづくりを目指す。(2020/7/15)

組み込み開発ニュース:
AIカメラなどで業務時間を91%削減、パナソニックの介護施設向け新サービス
パナソニックは2020年7月13日、AIカメラや体動センサーを組み合わせたシステムをベースとする介護業務支援サービス「ライフレンズ」を同年7月から提供開始すると発表した。室内の状況を自動的に把握するシステムによって、介護施設における夜間見回りなどの業務効率化を目指す。(2020/7/15)

薄膜型とバルク型の解析を可能に:
全固体電池内部のリチウムイオン移動抵抗を可視化
パナソニックは、ファインセラミックスセンター(JFCC)および、名古屋大学未来材料・システム研究所と共同で、全固体電池の充放電中におけるリチウムイオンの動きを、ナノメートルの分解能でリアルタイムに観察する技術を開発した。(2020/7/14)

スマートウェルネス換気とIAQ:
コロナ禍に知っておきたい換気設備の基礎知識
パナソニック エコシステムズは、換気設備や空調に関するセミナーを開催し、販売に注力している第1種全熱交換型換気システムの普及を推進している。(2020/7/13)

ベンチャーニュース:
「妄想を現実に」パナソニック津賀氏が語る“社会実装型ラボ”の意味
パナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーが共同運営する「100BANCH」は2020年7月7日、周年イベントである「ナナナナ祭 2020」のオープニングプログラムとしてパナソニック 代表取締役社長の津賀一宏氏らの基調対談を開催した。100BANCHでの各種取り組みがパナソニック、ひいては社会全体に対して持つ意味などが語られた。(2020/7/8)

ベンチャーニュース:
「郵送」と「配信」で未来を体験、実験スペース「100BANCH」の周年イベント
パナソニック、ロフトワーク、カフェ・カンパニーが共同運営する「100BANCH」は2020年7月7日から同年8月7日にかけて、アクセラレーションプログラム「GARAGE Program」の成果発表などを行うイベント「ナナナナ祭 2020」を開催する。新型コロナ感染症の影響を考慮して、実験キットの郵送とオンライン配信を組み合わせた形での開催となる。(2020/7/7)

製造業IoT:
大阪ガスがパナソニックのプライベートLTEを採用、コストはWi-Fiの10分の1
パナソニック システムソリューションズ ジャパン(PSSJ)は、同社の自営等BWAシステム(いわゆるプラベートLTE)事業の展開について説明するとともに、大阪ガス泉北製造所の第一工場(大阪府堺市)と第二工場(大阪府高石市)のスマートファクトリー化事例について紹介した。(2020/7/7)

製造業IoT:
パナソニックは新組織で「現場センシング」を推進、2025年度に売上高1000億円へ
パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社が新事業「現場センシングソリューション」の戦略について説明。同事業を推進する新組織「スマートセンシング事業センター」により、現時点の売上高400億円弱を、2025年度に1000億円まで成長させる計画だ。(2020/7/3)

メカ設計ニュース:
換気時の熱ロスを削減できる「全熱交換形換気システム」とは何か
パナソニック エコシステムズは全熱交換素子によって換気時の熱ロスを可能な限り抑制する「全熱交換形換気システム」に関するオンラインセミナーを開催した。機械換気方式と全熱交換換気の手法を組み合わせることで、省エネと室内環境の快適性向上に貢献する。(2020/6/30)

デザインの力:
毛が絡みにくい円すい形ダブルブラシを搭載、パナソニックが新型掃除機発売
パナソニックは2020年7月20日、従来の掃除機よりも髪の毛が絡みにくい回転型のダブルブラシ「からまないブラシ」を搭載したコードレススティック掃除機「パワーコードレス MC-SBU840K/MC-SBU640K」を発売する。掃除機のヘッド部分に円すい型のブラシを2つ搭載することで、毛が絡みにくい機構を実現した。(2020/6/26)

サプライチェーン改革:
パナソニックはSCMソリューションの協業先になぜブルーヨンダーを選んだのか
パナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社は2020年6月24日、オンラインで記者会見を開き、同社が出資を発表したBlue Yonder(ブルーヨンダー)との協業によるサプライチェーンマネジメント(SCM)ソリューション事業の方向性について説明した。(2020/6/25)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニックLS社の電路事業の中核会社PSGSの生産体制とは?
パナソニック スイッチギアシステムズは、社内で従業員が密集しないように注意を促すとともに、訪問者へ体温計測を行うなどして、感染者の入場を防ぎつつ、住宅分電盤といった製品の製造を継続している。2020年6月17日、愛知県尾張旭市にある同社の瀬戸工場で開催された電路事業説明会では、住宅分電盤などの生産体制を明らかにした。(2020/6/25)

ブラシに髪の毛が絡みにくいコードレス掃除機、パナソニックが発売 「53年目の新発明」
パナソニックは、髪の毛やペットの毛が「ほとんど絡まない」という新開発ブラシを搭載したコードレス掃除機を発売する。キャニスター掃除機にも採用。(2020/6/23)

LED照明:
「東京スカイツリー」のライトアップにパナソニックLS社のLED投光器が採用、地上497mへ見に行った
夜の東京スカイツリーを灯すLED照明が2020年2月に刷新された。2020年に開催を予定していた東京五輪に合わせ、通常の「粋」「雅」「幟」の照明デザインに、躍動感が加わり、東京の新たなシンボルとして生まれ変わった。LED投光器は、パナソニック ライフソリューションズ社の製品が新規で347基も採用され、スカイツリー仕様にカスタマイズされた。普段は、滅多に人が立ち入ることが無い497メートル地点まで登り、スカイツリーのライティング増強プロジェクトの裏側を取材した。(2020/6/22)

電子ブックレット(BUILT):
パナソニック LS社 ハウジング事業の東南アジア戦略まとめ
パナソニック ライフソリューションズ社が2020年2月6日、タイ・バンコクで開催した東南アジア戦略説明会とタイ工場見学会の模様をレポートする。(2020/6/17)

パナソニック、働き方改革支援サービス「しごとコンパス」新バージョンを発表 スケジュール機能を強化
パナソニックは、同社提供のクラウドサービス「しごとコンパス」の機能拡充を発表した。(2020/6/11)

エネルギー管理:
家庭用燃料電池「エネファーム」で仮想発電所、卒FIT太陽光の自家消費促進を実証
関西電力、日本ユニシス、住友電気工業、パナソニック、東京ガスの5社は、太陽光発電付きの一般家庭に設置されたパナソニック製PEFC型家庭用燃料電池「エネファーム」を活用したバーチャルパワープラント(VPP)実証を開始した。(2020/6/10)

マーケティングをアップデートする:
パナソニックが実践するCDP活用 コモディティ化した家電を「買ってもらうための訴求」とは
CDP(Customer Data Platform)を活用した広告運用、Webサイト最適化、そして顧客理解の深化について、パナソニックの国内家電部門におけるデジタルマーケティング担当者が語った。(2020/6/5)

「電気代が高くなった」は57.5%:
「空気環境が悪いと業務に支障がある」が41.7% パナソニックが在宅勤務に向けた住環境の課題を調査
パナソニックは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に伴う在宅勤務の導入増加を受けて、「自宅で過ごす時間が長くなったことで気になった住環境の課題」に関する調査を実施した。においやカビが、業務に支障を来した原因になることが分かった。(2020/6/4)

電子ブックレット(BUILT):
「LEED」認証の最新動向など「バイオフィリックデザイン」セミナーまとめ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、パソナ・パナソニック ビジネスサービスが2020年2月、都内で開催したセミナー「バイオフィリックデザインの本質」のまとめです。(2020/6/2)

検査自動化:
溶接検査の人員を半減できる、パナソニックが自動外観検査システムを発売
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は、スタートアップ企業のリンクウィズと共同開発を進めていた溶接外観検査ソリューション「Bead Eye」を2020年5月27日に発売する。パナソニックが開発した学習済みAIエンジンとリンクウィズの3次元データ解析技術を組み合わせることで、さまざまな溶接欠陥を自動で検査できる。(2020/5/22)

サプライチェーン改革:
パナソニックは「自律的なサプライチェーン」でリカーリングビジネスに移行する
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は、サプライチェーンマネジメント(SCM)ソリューションを展開するBlue Yonder(ブルーヨンダー)に出資すると発表。8億米ドル(約860億円)の投資で20%の株式を取得することで提携を強化し、「オートノマス(自律的な)サプライチェーン」の実現を目指す。(2020/5/21)

製造マネジメントニュース:
パナソニックは新型コロナ影響で売上高2割減も「4月が底で5月から回復」
パナソニックは2019年度(2020年3月期)連結業績を発表。売上高が前年度比6%減の7兆4906億円、調整後営業利益が同12%減の2867億円となるなど、事業構造改革と新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による減販が響き、大幅な減収減益となった。(2020/5/19)

今日のリサーチ:
宅配便を「対面で受け取りたい」子育て世帯はわずか1%――パナソニック調査
「荷物を非対面で受け取りたい」は約70%を占めました。(2020/5/18)

宇宙開発:
パナソニックが航空宇宙事業本部を発足!? 100年後は火星のくらしをアップデート
2019年4月、パナソニック社内に「航空宇宙事業本部」が発足した。現時点では、まだ社内の部活動に当たる有志組織にすぎないが、あまり航空宇宙関連のイメージの無いパナソニックの可能性を切り開くべく積極的な活動を進めている。(2020/5/13)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニック LS社がASEAN地域で仕掛ける電設資材事業戦略、要はタイ工場
パナソニック ライフソリューションズ社は、タイ・アユタヤの工場「Panasonic Manufacturing Ayuthaya」を基点に、ASEAN地域で電設資材の販路拡大と、製造体制の強化を図っている。(2020/5/1)

製造マネジメントニュース:
人の感性や能力を拡張、パナソニックのAug Labが研究パートナー募集
パナソニックは2020年4月23日、2019年に設立した「人間の能力や感覚の拡張」をテーマとした学際的バーチャルラボ「Aug-Lab」の取り組みについて、メディア向けオンラインセミナーで紹介。1年間の活動成果を発表するとともに、さらなるオープンイノベーションを加速させるために、新たな共同研究パートナーの募集を発表した。(2020/4/27)

工場ニュース:
パナソニックが岡山工場で社内向けにマスクを生産、医療資材も寄付へ
パナソニックは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策としてマスクの自社生産や医療物資の寄付などを行うと発表した。(2020/4/22)

組み込み採用事例:
高輪ゲートウェイの駅ホーム照明は電力線で制御、G3-PLC準拠のICを採用
ルネサス エレクトロニクスの電力線通信用IC「R9A06G037」が、パナソニックの駅ホーム用照明制御システムに採用された。同ICは、照明の調光調色システムを電力線のみで制御できるため、費用と工期の削減に貢献する。(2020/4/21)

パナソニックもクリーンルームでマスク生産へ、医療機関への寄付などを検討
パナソニックは、新型コロナウイルス感染症による医療物資のひっ迫した状況を踏まえ、医療用に転用できる物資を寄付を初めとする支援策を発表した。(2020/4/20)

バイオフィリックデザインの本質:
PBSとトヨタ自動車がバイオフィリックデザインの共同研究で明らかにしたこと
パソナ・パナソニック ビジネスサービス(PBS)は、オフィスに、植物を配置し自然環境に近づけるバイオフィリックデザインなどを取り入れ、従業員の生産性向上やストレス軽減を実現するサービス「COMORE BIZ」の開発や普及を進めている。(2020/4/17)

パナは工場停止、メルカリは在宅勤務手当など対応さまざま 緊急事態宣言受け
政府の緊急事態宣言を受け、各企業は在宅勤務に向けた対応などを迫られている。パナソニックは対象地域の工場を停止、メルカリは在宅勤務手当を支給、キヤノンは賃金保障のうえ休業など対応している。一方、機密情報を扱う業務や通信事業者などITインフラに関わる業務は在宅勤務にできず難しい対応になる。(2020/4/10)

カメラ内で目的に応じた画像処理を実現可能:
ディープラーニングなどに活用可能なカメラ「VRK-C301」を発表 パナソニック
パナソニックはディープラーニングなど高度な画像解析を活用したサービス展開が可能となるカメラ「VRK-C301」の提供を開始する。CPUを搭載し、多様なアプリケーションに対応できるという。(2020/4/7)

組み込み開発ニュース:
手軽に設置できるAIカメラに新機種、処理性能3倍でPythonやAWS IoTにも対応
パナソニックは2020年4月2日、画像処理をエッジコンピューティングで行う「Vieurekaプラットフォーム」で使用するカメラの新機種「VRK-C301」の提供を開始したと発表した。従来のVieurekaカメラと比較して、高性能CPUやGPUによって画像処理性能を強化し、より高度な分析を行えるようにした。(2020/4/3)

パナソニック、画像解析にも対応した“Vieureka”対応カメラ「VRK-C301」
パナソニックは、高度な画像解析機能を利用可能なVieurekaプラットフォーム対応カメラ「VRK-C301」を発表した。(2020/4/2)

人工知能ニュース:
顔認証による入退管理システムを自社に導入、約8000人が対象
パナソニックのコネクティッドソリューションズ(CNS)社は、東京本社に顔認証による入退管理システム「KPAS」を導入した。社員証の画像を活用し、顔認証と勤怠管理との連携も行える。(2020/3/31)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。