「リアルタイム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ソフトバンクと住友電工が5G実証実験 工場の生産性向上へ
ソフトバンクと住友電気工業は、11月12日に工場での5G活用に向けた実証実験に合意。住友電工の工場内に設置されたカメラやセンサーからリアルタイムに情報収集し、データをAIで分析して生産性や安全性を向上させるソリューションの構築を目指す。(2019/11/12)

センサーの位置合わせ不要、可搬型の侵入監視システム開発 沖電気工業 
OKIは、特定領域への人物侵入をリアルタイム検知する「可搬型のエリア侵入監視システム」を開発した。監視機器を現場に設置する際の、センサーの位置合わせ作業を不要とした。クラウドと連携させれば、遠隔からの監視も可能。(2019/11/13)

なぜAdobeがカメラアプリを作るのか? 「Photoshop Camera」の狙いを聞く
2020年にリリース予定のスマホ向けカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」は、Photoshopでレタッチしたかのようなエフェクトを、リアルタイムまたは撮影後に自動適用して楽しめる。なぜAdobeはこのようなカメラアプリを投入するのか? 同社CPO(最高製品責任者)兼 Creative Cloud担当エグゼクティブバイスプレジデントに聞いた。(2019/11/8)

「DiDiヒートマップ」を東京で先行提供 タクシー需要エリアをリアルタイムに表示
DiDiモビリティジャパンは、タクシー乗務員向けアプリへ「DiDiヒートマップ」機能を提供開始。過去のデータを基に、タクシー需要の見込みエリアとその需要の高さを色の濃淡でリアルタイム表示する。まずは東京エリアで先行し、大阪エリアなどにも順次展開する。(2019/11/6)

KDDIが“5Gプレサービス”を披露 ドローンレースをリアルタイム中継
KDDIが、5Gを活用したドローンレースの映像配信やリアルタイム中継を行うサービスを提供した。レースの様子をドローンが上空から撮影し、超低遅延4K伝送システムを用いて、会場内の大型モニターに4K映像をリアルタイムで中継した。KDDIは「エンタメを5Gネットワークでどう変えるか」をアピールする。(2019/11/6)

「お家でもできる!モンスター討伐キャンペーン!」 ドラクエウォーク、台風や首里城火災で迅速対応
 位置情報を使うスマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストウォーク」でとられた災害対応が注目されている。大きな被害をもたらした台風19号では、外出を控えてもらうため、室内で遊べるキャンペーンを実施。設定をリアルタイムで変更できるスマホゲームの特長を生かし、利用者の安全などに配慮した対応で、開発元のゲームソフト大手スクウェア・エニックスは、ゲーム利用者の安全性確保を向上させる姿勢だ。(2019/11/5)

「嵐」が“5大”SNS解禁 ジャニーズのグループで初
 来年末で活動を休止することを発表している人気アイドルグループ「嵐」が3日、東京都内で今後の活動に関する会見を開き、デビュー20周年の節目にSNS(会員制交流サイト)での情報発信を解禁すると発表した。デジタルメディアへの発信を規制してきたジャニーズ事務所に所属するグループでは初の試みという。メンバーの松本潤さん(36)は「ファンとの距離を縮め、リアルタイムでしか味わうことのできないスピード感を届けていきたい」と話した。(2019/11/5)

日立物流とKDDI、物流センターの最適化に向けた5G実証実験
日立物流とKDDIは、物流高度化へ向けた5G実証実験を開始することに合意。次世代物流センター構築の一環として画像認識技術などを駆使し、リアルタイムかつ安全・安心な職場環境の構築や倉庫内のあらゆる状況変化を一元で管理・監視などを行う。(2019/10/28)

亡くなった伝説的ピアニストの演奏を学習したAIによるコンサート動画が公開 人間とのリアルタイムな合奏も
伝説的ピアニスト「グレン・グールド」の音楽表現に限りなく近い演奏が可能に。(2019/10/27)

ドローン:
ドローン運航管理システムを相互接続するための試験環境を構築
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、「福島ロボットテストフィールド」において、ドローン運航管理システムを相互に接続するための試験環境を構築した。ドローンの飛行計画やリアルタイムな情報を他の事業者と共有できる。(2019/10/24)

KDDIらがタグラグビーの5G実証試験、選手や観客の情報を可視化
KDDIらは、東大阪市花園ラグビー場で開催された「au 5Gタグラグビーエキシビションマッチ」で5G実証試験を実施。4K高精細映像をリアルタイム伝送し、選手のバイタルデータや観客の盛り上がりを可視化して選手と観客が一体となったスポーツ観戦体験を提供した。(2019/10/21)

医療技術ニュース:
ナノサイズのリアルタイムpHセンサーを開発
京都大学は、生命現象や細胞内環境を精密計測するための超高感度センサーとして注目されるナノ量子センサーを発展させ、ナノサイズのリアルタイムpHセンサーを開発した。(2019/10/18)

Googleのリアルタイム字幕機能「Live Caption」、Pixel 4に搭載 Pixel 3以降にも年内に
間もなく日本でも発売される「Pixel 4」に、動画にリアルタイムで字幕をつける「Live Caption」機能が搭載される。まずは英語のみ。年内にはPixel 3以降のPixelシリーズでも使えるようになる見込み。(2019/10/17)

Googleがワイヤレスイヤフォン「Pixel Buds」発表 リアルタイム翻訳も可能
2020年に米国で発売。(2019/10/16)

Google、完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を179ドルで来春発売 日本でも
Googleが、完全無線イヤフォン「Pixel Buds」を来春179ドル(約2万円)で発売する。Googleアシスタントで接続したスマートフォンを操作でき、リアルタイム翻訳も可能だ。(2019/10/16)

無限に時間を消費してしまう恐怖 東京の交通網をリアルタイムに再現した3Dマップ「Mini Tokyo 3D」がやばすぎる 
あぁー、時間が溶けるぅー。(2019/10/10)

「エッジコンピューティング」事例集【後編】
ゲーム配信の遅延に悩んだ企業が「エッジコンピューティング」を採用した理由
ネットワーク事業者のNetwork Nextが目指したのは、インターネットを介したゲームの遅延をなくし、全プレイヤーがリアルタイムで同じ体験をできるようにすることだった。どのように実現したのか。(2019/10/8)

「つらいことはしない」:
番組視聴者数を秒単位で分析 テレビ東京のGCP活用事例
テレビ東京では社内に構築していた視聴データ分析基盤を、Google BigQueryなどを活用して新たに構築し直した。なぜ、GCPを選んだのか。どのように視聴者数をリアルタイムに分析しているのか。テレビ東京でテックリードを務める段野祐一郎氏が語った。(2019/10/8)

「デジ損」から会社を守る 最終回:
すぐできるパーソナライズ(その4):行動履歴に応じたパーソナライズ
過去の、そしてリアルタイムの行動履歴に応じてコンテンツを出し分けることは、獲得できるはずだった顧客の取り逃がし、すなわちデジ損(デジタル機会損失)削減に大きな効果を発揮します。(2019/10/8)

楽天モバイル、テニスの国際大会「楽天オープン2019」を5Gでライブ配信
楽天モバイルは、10月4日〜6日にテニスの国際大会「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2019」の試合を5Gを通じてライブ配信。5G商用化に向けた実証実験の一環として、臨場感ある試合の模様を8K映像でリアルタイム配信した。(2019/10/7)

モビリティサービス:
スズキがセニアカーをIoTで見守り、まずは位置情報と転倒から
スズキとNTTコミュニケーションズは2019年10月2日、「セニアカー」(電動車いす)の状態をIoT(モノのインターネット)でリアルタイムに確認し異常を知らせるサービスの実証実験を実施すると発表した。(2019/10/7)

組み込み基礎解説:
組み込みLinuxと「Yocto」の深イイ関係、そしてクラウドネイティブへ
ウインドリバーがIoT時代を迎えて需要が拡大する組み込みLinuxとその最新技術について説明。本稿では、同社の小宮山岳夫氏の説明内容に基づき、組み込み機器の定義や、リアルタイムOSと組み込みLinuxの使い分け、IT機器向けと組み込み機器向けのLinuxの違い、組み込みLinuxで存在感を増す「Yocto」、クラウドネイティブと関係性などについて解説する。(2019/10/7)

顔が隠れていても“全身の特徴”から人物を特定するAI 日立が開発 監視・警備用途に販売
日立製作所が、身体的特徴をリアルタイムに解析するAIを活用し、防犯カメラなどの映像に写る人物を割り出せる「高速人物発見・追跡ソリューション」を発売すると発表した。(2019/10/4)

ドコモら、横浜都心臨海部で「AI運行バス」の実証実験 時刻表を気にせずリアルタイムに配車
NTTドコモらは、横浜都心臨海部で横浜MaaS「AI運行バス」実証実験を実施。今回はアプリなどを用い、観光施設やグルメスポット、イベント情報を検索した結果から直接「AI運行バス」を予約して回遊できる実証実験を行う。(2019/10/3)

ディープラーニングで廃棄物発電を安定化 ごみ焼却施設で実証実験実施
NTT Comは、ごみ焼却施設の廃棄物発電を安定化させる技術を開発し、実証実験を実施している。ディープラーニングを活用して1分先のごみ焼却状況を予測するシステムを構築し、発電機のタービンを回すための蒸気量をリアルタイムでモニタリング可能にした。(2019/10/2)

「Oculus Quest」、来年初頭にコントローラ不要に 指の動きをポジショントラッキング
FacebookのスタンドアロンVRヘッドセット「Oculus Quest」で、来年初頭にコントローラなしに素手で操作できるようになる。ヘッドセットの4つのカメラセンサーでハンドトラッキングし、リアルタイムで手指をVRで再現する。(2019/9/26)

名古屋オートモーティブワールド2019:
日本市場では「自動車向けが最重要」GHSのRTOS
グリーン・ヒルズ・ソフトウェア(GHS:Green Hills Software)は、名古屋オートモーティブワールド2019(ポートメッセなごや/2019年9月18〜20日)で、同社のリアルタイムOS(RTOS)「INTEGRITY」および仮想化技術「Multivisor」などを用いた、パートナー企業のソリューションを紹介した。(2019/9/24)

実写とレイトレーシングで現実感アップ、ソニーが技術開発
ソニー・インタラクティブエンタテインメントがレイトレーシング技術で作成したリアルなCGを実写映像とリアルタイムに組み合わせる技術を披露した。リアルなCGを使った映画やゲームの制作が容易になる。(2019/9/18)

医療機器ニュース:
手術室内外の映像をリアルタイムに一元化して活用できるプラットフォーム
ソニーは、メディカルイメージングプラットフォーム「NUCLeUS」の提供を開始した。病院内の多様な機器の映像をIPネットワーク経由でリアルタイムに一元化し、多用途に記録編集、管理、活用ができる。(2019/9/17)

11日午前2時から:
Appleスペシャルイベント視聴方法 今年はYouTube配信も
次期iPhoneの発表がうわさされる米Appleスペシャルイベントをリアルタイムで視聴する方法を紹介。(2019/9/10)

11日午前2時から Appleの発表会をリアルタイムでチェックする方法
日本時間で9月11日午前2時から、Appleがスペシャルイベントを開催する。今回は「iPhone 11」シリーズや「Apple Watch」「Apple TV」などの発表が予想される。発表会の様子をリアルタイムで確認する方法を紹介する。(2019/9/10)

「プッシュページ」を使ったメカニズムを解明:
オープンソースWebブラウザのBrave、GoogleによるGDPR規制回避策を明るみに
Brave Softwareは、Googleのリアルタイム広告入札システムに関する新しい証拠を規制当局に提出した他、Googleが、GDPRに基づく個人情報保護規制を回避するのに使用しているとみられるメカニズムを明らかにした。(2019/9/9)

検査・維持管理:
機械式立体駐車場での危険な状況をリアルタイムで監視
大日本印刷は、画像カメラに写り込んだ注意すべき人物や物体をリアルタイムで表示する、機械式立体駐車場向けシステムを開発した。「DNPセキュア監視サービス」の1つとして、2019年12月に提供を開始する。(2019/9/9)

深夜ドラマ人気 「セミオトコ」「だから私は推しました」「百合だのかんだの」……Twitterで話題
深夜ドラマが元気だ。今夏シーズンは、実力派の脚本家が手がけるオリジナルドラマ「だから私は推しました」や「セミオトコ」「百合だのかんだの」が並ぶ。小説やコミック、海外ドラマなどの原作ものではなく、脚本家が自由につむぐドラマには、現代の女性像などがリアルに描かれているのも特徴。リアルタイムでSNSで話題になるなど、若者を中心に人気のようだ。(2019/9/6)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
AI国際会議のイベントで圧勝、状況を先読みして実時間で意思決定する新技術とは
自動運転に用いられるAIには、環境変化に即座に対応するため、リアルタイムかつ“先読み”的な意志決定が求められる。こうした要件は、従来のAI技術では困難だった。そこで注目されるのがAI国際会議のイベントで優勝したチームの新技術だ。(2019/9/6)

Kyashが2%還元を終了 キャッシュレス還元対応でポイントサービス開始
Kyashは、これまでの2%還元を9月30日で終了し、新たに決済金額の1%をリアルタイムに付与するKyashポイントを開始する。「キャッシュレス・消費者還元事業」に対応し、対象加盟店での利用で5%または2%のポイント還元を実施。(2019/9/5)

医療技術ニュース:
腫瘍の正しい位置に放射線が照射できているかをリアルタイムで確認
名古屋大学、量子科学技術研究開発機構、兵庫県立粒子線医療センターは、放射線画像化検出器を用いて、粒子線がん治療ビームが腫瘍の正しい位置に照射されているかをリアルタイムで確認することに成功した。粒子線がん治療への応用が期待される。(2019/9/5)

面倒な勤怠管理業務を省力化できる
就業状況を一元的にリアルタイムで“見える化”して手軽に勤怠管理する方法
「働き方改革関連法」の施行により、従業員の就業管理がますます重要になっている。総務・人事部門の作業を減らすとともに、従業員や管理職に負荷をかけることなく正確な就業管理が実現できる「就業管理システム」とは何か。(2019/9/4)

ピピッとデビット:
みずほ、リアルタイムで残高がわかるスマホ決済 銀行の強み生かす Apple Payにデビット初導入で
みずほ銀行が8月29日、「みずほWallet for iOS」にデビット決済を導入。Apple Payでデビット決済を使えるサービスは初。期間限定でキャッシュバックキャンペーンも実施。キャッシュレスに生かせる銀行ならではの強みとは?(2019/8/29)

製造ITニュース:
生産設備の稼働監視AIを自動で生成するソフトウェア
東京エレクトロン デバイスは、生産設備の稼働監視AIを自動で生成するソフトウェア「CX-W」を発売した。個別の学習データがなくても、PCにインストールするだけで監視用AIを生成し、設備のリアルタイム監視ができる。(2019/8/26)

“データ活用の障壁”はこうすれば乗り越えられる:
PR:リアルタイムに「答え」が得られるデータ分析の統合基盤を構築せよ――“DX時代のデータドリブン環境”の作り方
テクノロジーを活用して新たな価値を生み出すデジタルトランスフォーメーション(DX)。その推進は、ビジネスの核となる「データ」をどう扱い、どう活用するかがカギになる。だが、データの重要性を認識していながら、うまく活用できていない企業はいまだに多い。ではなぜデータ活用が進まないのか、何が阻害要因となっているのか――DX時代に求められるデータ活用の在り方と課題解消法を、アナリティクスにおけるデータマネジメント・ソリューション分野のリーディングカンパニーである米テラデータ・コーポレーション(以後テラデータ)のテクニカルプロダクトマネージャ、渡利洋子氏に聞いた。(2019/9/4)

AI:
AIを活用したニューマチックケーソン工法での掘残し幅計測システム
鹿島建設、三菱電機、三菱電機エンジニアリングは、ケーソン内へ入出函することなくケーソン函内における刃口、土砂の境界および掘削状況をリアルタイムかつ定量的に把握できる、ケーソン掘残し幅計測システムを開発した。(2019/8/22)

監視カメラと連動、危険物をリアルタイムで警告 駐車場向け新システム
大日本印刷は、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムで捉え、追跡表示する。(2019/8/21)

動体の動きが途中で止まっても継続して追跡:
監視カメラの映像を解析して危険物をリアルタイム警告 大日本印刷が開発
大日本印刷は、監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムに捉えて追跡表示する、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。(2019/8/21)

最新の自然言語理解を活用:
NVIDIA、リアルタイム会話型AIプラットフォーム
NVIDIAは、自然な顧客対応を可能にするリアルタイム会話型AI(人工知能)プラットフォームを発表した。BERTを53分間でトレーニングし、推論は2ミリ秒で行う。(2019/8/21)

「マインクラフト」、Windows版がリアルタイムレイトレーシング対応に NVIDIA GeForce RTXで
「マインクラフト」のすべてのプラットフォームでのレイトレーシングを目指す「Super Duper」プロジェクトを断念したMojangが、NVIDIAの「GeForce RTX GPU」搭載Windows 10端末でのリアルタイムレイトレーシング実現を発表した。(2019/8/20)

製造ITニュース:
SASがIoTソリューションの新バージョンを発売、エッジからデータを直接収集
SAS Institute Japanは、「SAS Analytics for IoT」の新バージョン7.1を発売した。ストリーミングデータをリアルタイムに分析する機能を拡張し、機械学習や深層学習といった先端技術を活用して、ビジネスの価値を生成する。(2019/8/16)

製造ITニュース:
1秒間に900万件超のデータを処理できる組み込みデータベース
ソルティスターは、エッジでのリアルタイム分析ができる組み込みデータベース「SpeeDBee」を発売した。統計、FFT、機械学習機能などを搭載する。(2019/8/15)

マキシム MAX31341B:
バッテリー寿命を延長するリアルタイムクロック
Maxim Integrated Productsは、消費電力を抑える小型のnanoPowerリアルタイムクロック「MAX31341B」を発表した。180nA以下で動作し、バッテリー寿命の延長が可能できる。(2019/8/14)

製造IT導入事例:
切削工具メーカーがBIツールを導入、装置の稼働情報を即時可視化
ウイングアーク1stは、同社のBIツール「MotionBoard」を産業用切削工具メーカーであるユニオンツールが、製造装置のデータをリアルタイムで可視化するために導入したと発表した。(2019/8/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。