「復興」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「復興」に関する情報が集まったページです。

純烈、金文字入り特攻服で“氣志團風”ヤンキースタイルを披露 「めちゃめちゃイケてるぅ〜」「はじめ分かんなかったです!」
普段のスーツ姿から一変。(2019/9/15)

エスパー少女が唯一伝えられない感情 「好き」を思わぬ形で言ってしまう漫画がカワイイ
大切なことは直接。(2019/9/12)

東大修士の「林業女子」 震災復興の現場で活躍
東北とほとんどかかわりのなかった東京大大学院の修士号をもつ「林業女子」が移住し、町の特産品である杉の残材を利用した木質ペレットによるバイオマスエネルギー事業育成の中核となって活躍している。(2019/9/11)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(64):
福島編:歴史とテクノロジーが融合する街「会津若松」は、そこそこ利便性の良い田舎
マッチングイベントはキャンセル待ち――会津若松が○○好きの女性に人気の理由とは?(2019/9/5)

物流のスマート化:
PR:段ボールも自社で自由に作る時代! 物流現場の人を生かす「オンデマンド段ボール」
100年以上にわたり梱包資材や店頭販促物などの開発や製造に携わってきたタナックスが、段ボールと梱包の常識を変えるべく取り組んでいる。規格品をたくさん仕入れて倉庫にストックしておくものだった段ボールだが、実はオンデマンド化できる技術が既にある。数個〜小ロットの製品、長尺・異形の製品、多数のラインアップを取り扱うようなメーカーや通販事業者を悩ませていた梱包や物流の問題が、これで一気に解消する。長い歴史で積み重ねた技術を生かしつつも、これまでのやり方にはこだわらない、タナックス流の製品とは。(2019/9/2)

FAニュース:
特定メーカーに依存しないスマート工場の構築へ、「Team Cross FA」が発足
FAプロダクツとオフィス エフエイ・コムは、スマート工場の建屋からIT、人、設備に至るまでのソリューションをワンストップで提供するコンソーシアム「Team Cross FA」を設立する。メーカー主導ではなく、さまざまな技術を持つベンダーがチームを組んで、スマート工場の技術を提供することが最大の特徴になる。(2019/8/28)

「弱虫ペダル」×羽生結弦選手! 「ツール・ド・東北 2019」コラボイラストで次元を超えた共演
羽生選手「東北の皆さんを小野田くんや御堂筋くんたちと応援できることが、とてもうれしく、幸せです!」【第1弾&第2弾画像の追記あり】(2019/8/21)

予想外の驚き求めて NHK「ドキュメント72時間」、テレ東「家ついて行ってイイですか」の舞台裏
成り行き任せの進行による予想外の結末や感動、驚きに人気が集まっている。NHKのドキュメンタリー「ドキュメント72時間」、テレビ東京のバラエティー「家、ついて行ってイイですか?」はそんな番組の代表格だ。共通しているのは「リアルな日常を撮りたい」という強い思い。舞台裏をうかがった。(2019/8/20)

【経済インサイド】会津若松に外資や大企業が続々 ITビジネスの地方創生モデルに
人口減少など課題が山積の福島県会津若松市で、ITやデータ分析関連の拠点づくりが進んでいる。(2019/8/20)

月刊乗り鉄話題(2019年8月版おかわり):
ひょっこり? キリキリ? 三陸鉄道リアス線の真ん中あたりが楽しい
祝・復旧! JR山田線とJR大船渡線もついでに巡って、ついにJR東日本の路線を全線踏破。(2019/8/19)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(7):
信用失墜が企業の「死」――親密取引先の破綻で連鎖倒産した“建機レンタル業界の異端児”
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/16)

月刊乗り鉄話題(2019年8月版):
「そこは蒸気機関士の意地なんです」 「SL銀河」で感じた鉄道マンのカッコ良さ
JR東日本もスゴいけど、現場の意地もスゴかった話。4時間乗り続けても飽きませんでした。てへ。【写真30枚】(2019/8/15)

あなたの会社は大丈夫? 『倒産の前兆』を探る(6):
トラックレンタル業界の“異端児”が繰り広げた「違法すれすれの錬金術」――見せかけの急成長が招いた倒産事件
成功には決まったパターンが存在しないが、失敗には『公式』がある。どこにでもある普通の企業はなぜ倒産への道をたどったのだろうか。存続と倒産の分岐点になる「些細な出来事=前兆」にスポットを当て、「企業存続のための教訓」を探る。(2019/8/15)

小泉進次郎議員、滝川クリステルが結婚&妊娠を発表 「一緒に移動したこともなかった」と“秘密の恋愛”を告白
おめでとうございます!(2019/8/7)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(8):
クラウドや仮想化に夢見る時期は過ぎた――創立120周年の福井銀行が明かす地銀分散系システム変革の歴史
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。福井銀行の事例では、VMware on IBM Cloudを活用した移行の背景とポイントをお届けする。(2019/8/6)

欅坂46・平手友梨奈とTAKAHIROが福島県の学生と「100人のサイレントマジョリティー」を完成させるまで 5時間密着、1万字レポート
【画像100枚&動画6本】残念ながら抽選に外れてしまった福島県の学生さん達に見てほしい。(2019/8/3)

秋元康の声掛けで福島県双葉郡に前田裕二、林真理子、佐久間宜行ら集結! 超豪華な授業で中高生の教育復興支援
各業界の第一線で活躍するスターの授業に子どもたちは目を輝かせていました。(2019/8/2)

小室哲哉さん、1年半ぶりの公の場 福島県双葉郡教育復興ビジョンで「僕も久々に元気をもらった」と笑顔見せる
優しい表情はそのままに子どもたちと交流しました。(2019/8/2)

6県を通る1400キロのルートも:
周回遅れだった日本の「自転車ツーリズム」 訪日客を呼び込む“切り札”となるか
遅れがちと指摘される日本の自転車政策が動き出した。外国人観光客の需要などを見込んで「ナショナルサイクルルート」が創設される。お手本は、自転車客誘致に成功した「しまなみサイクリングロード」だ。サイクリングを楽しめる環境づくりは進んでいくのか。(2019/7/31)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
これからのマネジメントに必要な「人間観」「組織観」
日本の労働環境は大きな転換点を迎えている。こうした時流を受け、リーダー自身も「人」や「組織」の捉え方を変えなければいけない。(2019/7/25)

3周年の「ポケモンGO」が直面した課題
スマートフォンゲーム「ポケモンGO」は、7月22日に日本での配信開始から3周年を迎えたが、イベントはトラブル続き。運営する米Nianticの姿勢を疑問視する声が相次いでいる。(2019/7/24)

新潟県民のソウルフードを使ったランチパック「イタリアン風味」がまさかの2バージョン展開 「正しい判断」「戦争を回避した」と県民から称賛の声
ポケモンみたいだ。(2019/7/18)

長岡花火大会のチケット整理券配布方法を巡り物議 運営側「安全対策上やむを得ない」と理解求める
整理券が配布する可能性があることは事前に告知されていました。(2019/7/16)

ポケGOに「ONE PIECE」の“麦わら帽子ピカチュウ”登場 熊本復興支援でコラボ
「Pokemon GO」と漫画「ONE PIECE」が熊本の復興プロジェクトでコラボレーション。特別なピカチュウが期間限定で登場する。(2019/7/16)

長崎の平戸城で泊まれる! 日本初の「城泊」施設、2020年夏開業へ
海に面して眺めの良い“やぐら”を宿泊施設化。(2019/7/12)

AIで洪水被害をシミュレーション、ウェザーニューズらが熊本市に今秋導入
ウェザーニューズと損害保険ジャパン日本興亜、One Concernの3社は、AIを活用した洪水の被害予測シミュレーションシステムを2019年秋から熊本市に試験的に導入する。(2019/7/8)

落ち目の鮨屋を世界に名だたる名店に変えた男:
「鮨屋はもう斜陽」――四代目はなぜ、ジリ貧の店を継ぐと決めたのか
鮨屋としての事業環境が厳しくなっていく中、次男には、明治から続く老舗という看板を背負う義務はない。大学に進学して普通のサラリーマンになってほしい――。そんな父の願いを知りながらも、なぜ四代目は「店を継ぐ」と決意したのか。(2019/6/28)

建設業の人材動向レポート(10):
国勢調査データから見る“地域別”の建設技術者数の推移
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、国勢調査をベースに、“地域別”の建設技術者の実態をリサーチした。(2019/6/26)

蒲田 初音鮨物語:
「絶対に一流店にしてやる」という気負いが店をダメにする 落ちぶれた店で“鮨職人”が見失っていたもの
勝が跡を継ぐ直前まで、極めて落ちぶれた状況だった初音鮨。“鮨職人”が見失っていたものは何だったのか。(2019/6/26)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
着工できないリニア 建設許可を出さない静岡県の「正義」
リニア中央新幹線の2027年開業を目指し、JR東海は建設工事を進めている。しかし、静岡県が「待った」をかけた形になっている。これまでの経緯や静岡県の意見書を見ると、リニアに反対しているわけではない。経済問題ではなく「環境問題」だ。(2019/6/21)

災害時のSNSで情報収集、災害レジリエンスの強化へ――「AI防災協議会」設立 LINE、ウェザーニューズなど
産官学が連携し、AIやSNSなどを活用して防災・減災を目指す「AI防災協議会」を設立。LINE、ウェザーニューズ、ヤフーなどの民間企業も参画する。SNSに投稿される被害情報をAIで収集・活用し、自治体の災害対策や市民の避難行動に役立てるなど、災害対応能力の高い社会の構築を目指す。(2019/6/19)

画像解析:
熊本大学×凸版印刷、“熊本城”崩落石垣の位置特定を自動化
熊本大学と凸版印刷は、熊本地震で崩落した熊本城の石垣を対象に、石がもともとあった位置を特定する「石垣照合システム」を開発した。(2019/6/11)

産業動向:
建設業の給与水準6年連続で増加、他業種より改善が進む
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2019年5月分のマンスリーレポートをリリースした。今回のトピックスでは、厚生労働省の「毎月勤労統計調査」から、建設業の給与額と労働時間の推移について、製造業や情報通信業と比較しながら紹介している。(2019/6/5)

東京五輪聖火リレーのルート概要発表 約1万人が全国857市区町村を121日間かけて巡る
聖火リレーのスタートまで300日。(2019/6/1)

「子ども最低3人産んで」桜田前五輪相の発言に批判 ネットの声は「まず子育てできる環境と経済状況を」「今の日本は産んでも育てにくい」
産める社会になってほしい。(2019/5/30)

いかにして「苦境」を乗り越えてきたか:
“絶体絶命”のファーウェイ、「伝説の創業者」のDNAに見る“それでも強気な理由”【後編】
米国の制裁に揺れる中国通信機器・端末大手のファーウェイ。絶体絶命の窮地に追い込まれたかに見える一方、創業者の任正非(じん せいひ)を筆頭にファーウェイ関係者は強気な姿勢を崩さない。(2019/5/30)

小さいけど壮大 黒部ダムのジオラマがカプセルトイになって発売
雷鳥セットやカレーもあります。(2019/5/15)

PR:昔ながらの魚菜市場が「Airペイ」で一斉にキャッシュレス対応できたワケ
岩手県の宮古市にある協同組合の魚菜市場が、ほぼ全店舗で一気にキャッシュレス対応した。しかも、クレジットカードだけでなく電子マネーやQRコード決済も利用可能。利用したのはリクルートライフスタイルが提供する、AirレジとAirペイだ。(2019/5/15)

建設業の人材動向レポート(8):
データで振り返る“平成30年間”の建設業と雇用環境
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をレポートする。今回は、2019年5月1日から新元号「令和」がスタートすることを機に、これまで「平成」の30年間で建設業の雇用環境がどの様に変化してきたかをリサーチした。(2019/4/26)

「令和に第3の用途花開く」 山中伸弥氏がiPS細胞を展望
京都大の山中伸弥教授は11日、東京都内で会見し、人工多能性幹細胞の用途について新時代への展望を語った。(2019/4/12)

ドローン:
時速100kmのドローンが衝突回避、1km四方で100機飛ばす管制システムの検証も
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と福島県南相馬市は2019年4月10日、東京都内で会見を開き、ロボット関連人材の育成などに関する協力協定を締結したと発表した。具体的な協力として、2019年度はさまざまな企業が参加して1km2のエリアで100機のドローンを飛ばす他、南相馬市ー浪江町間の13kmで長距離飛行試験を予定している。(2019/4/11)

なぜアルファベットには大文字と小文字があるのか?
どっちかだけで良くない?(2019/4/10)

コンクリ表面が“スベスベ”になる鹿島の「美シール工法」、シート貼り付けを自動化する装置を開発
鹿島建設は、2014年に積水成型工業、東京大学石田哲也教授と共同開発したコンクリートの表層品質を向上させる「美(うつく)シール工法」で使用する高撥水性特殊シート「美シート」を、型枠材に自動で貼り付ける装置を開発した。(2019/4/10)

景気を冷やさないモデルケースを:
「6兆円の消費税対策」の効果は? 税率10%まで半年、“成功体験”にできるか
10月に予定される消費税率10%への引き上げまで、半年を切った。過去に5%と8%に引き上げた際は消費や成長率の下押しを招いており、今回、政府は6兆円を超える手厚い対策を講じている。消費税率を引き上げても、景気を冷やさないモデルケースをつくり、消費税増税の“成功体験”にできるかが問われている。(2019/4/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
三陸鉄道リアス線 JR山田線移管を“予言”できた理由
3月23日、三陸鉄道リアス線が全線開通。東日本大震災で不通となっていたJR山田線沿岸区間を復旧し、三陸鉄道に移管した。この枠組みを7年前の2012年に予想していた。「どうしても鉄道で」を実現する解決方法が他に見つからなかったからだ。(2019/4/5)

激化する「新冷戦」 米国がじわりと進める強固な中国包囲網
米中の対立が激化している。米中貿易協議で表面的な融和的なムードが生まれる一方で、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)での通信覇権をめぐっての争いは激しいものになっている。3月13日、米国欧州軍司令官はドイツがファーウェイの技術を採用した場合には、ドイツ軍との通信を断つ方針を示した。(経済評論家・渡辺哲也)(2019/4/4)

「首都機能マヒ」が日本を止める:
リスクだらけの首都・東京 在京企業が本社移転を考えるべき深刻な理由
魔物のような魅力を持つ「虚大都市」東京。しかしあらゆるものが一極集中し過ぎた首都は、重大なリスクをはらんでいる――。(2019/4/2)

MVNOに聞く:
「報酬はいらない」の声が多数 mineoが“アンバサダー制度”を始める狙い
サブブランドが勢力を伸ばす影響で、個人向けMVNOの多くが苦戦を強いられている。ケイ・オプティコムの「mineo」もその1つだ。こうした状況を打破しようと、同社はユーザーがサービス創出やサポートに参加する「アンバサダー制度」を開始する。その狙いを聞いた。(2019/3/25)

ドローン:
同一空域での複数事業者のドローン運航管理システムを実証
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実証試験を実施。「運航管理統合機能」「運航管理機能」「情報提供機能」で構成されるシステムが正常に作動することを確認した。(2019/3/25)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
ハマーン・カーンの栄光と凋落に見る組織運営の要諦
ネオ・ジオンの若き指導者、ハマーン・カーン。彼女は組織運営にいかに成功し、そして失墜したのか。人口動態やガバナンスの観点から探る。(2019/3/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。