「ロボット掃除機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

未来につなぐ中小製造業の在り方:
“脱下請け”で世界に勝つ中小製造業へ、浜野製作所とO2が資本業務提携
人手不足などによる中小製造業の事業承継問題が深刻化する中、中小製造業をネットワーク化する新たな取り組みが加速している。中小製造業である浜野製作所と、製造業の運営および支援事業を展開するO2は資本業務提携を行い、中小製造業の人材育成およびネットワーク構築に取り組むことを発表した。(2019/5/14)

ロボット:
バスケットコート4面分を自動清掃するロボット、竹中ら4社がレンタル開始
竹中工務店とカナモト、豊和工業、朝日機材の4社は、自動的に床を清掃する吸引型ロボット「AXキュイーン」を共同開発した。工事現場や閉店後の店舗、社員が退社した後のオフィスなどへの導入を想定して、2019年5月27日からレンタルを開始する。(2019/5/13)

【Amazonタイムセール祭り】iPad ProやMacBookも! セール初日の注目商品をチェック
iPad Proがいきなり来た。(2019/5/11)

アンカー、63時間限定のAmazon「タイムセール祭り」で最大43%オフ 35製品以上が対象
アンカー・ジャパンは、5月11日から63時間限定で開催されるAmazon「タイムセール祭り」で人気のスマホ関連製品や家電製品などを最大43%オフで販売。ロボット掃除機「Eufy RoboVac 11S」やモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」など、35製品以上が対象となる。(2019/5/10)

お掃除ロボだってかまってほしい きっと物を大切にしたくなる擬人化漫画
失敗して落ち込んでしまう姿がなんともかわいい。(2019/4/17)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
組み込みAIからUSB Type-Cまで「embedded world 2019」レポート ―― 電子版2019年4月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版 2019年4月号を発行致しました。今回のCover Storyでは、2019年2月末にドイツで行われた組み込み技術の展示会「embedded world 2019」の現地レポートをお届けします。その他、お掃除ロボットの分解記事やサーミスタに関する解説記事などを掲載しています。電子版は【無料】でダウンロードできますので、ぜひご覧ください。(2019/4/15)

あの会社のこの商品:
35万台も売れている「モップ」は、何がスゴいのか
バンダイの子会社シー・シー・ピーの「コードレス回転モップクリーナー」が売れている。2015年7月に発売したところ、当初の売り上げはイマイチだったが、あるきっかけで人気に火がついた。何がきっかけで……。(2019/4/8)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
据え置きだけではもったいない! 「Home」をモバイルして離島へGO!
「Home」と名乗るガジェットは、大抵モバイル向きではありません……が、あえてモバイルしてみるとどうなるのでしょうか。旅行で訪れた宮古島(沖縄県)で試してみました。(2019/4/3)

あっちこっち動いても落ちません! ロボット掃除機を華麗に乗りこなすオポッサム
口をパクパクしているのは「掃除機ライド、サイコー!」って言ってるのかも。(2019/4/3)

製品分解で探るアジアの新トレンド(37):
欧米製から“自前”へ、通信チップにも進出し始めた中国
以前は主に欧米製のチップが採用されていた、Wi-FiやBluetoothなどの通信チップ。最近は、優れた通信チップを設計、製造する中国メーカーも増えている。(2019/4/1)

アンカー、63時間限定のAmazon「タイムセール祭り」で35製品以上を最大43%オフ
アンカー・ジャパンは、63時間限定で開催されるAmazonのビッグセール「タイムセール祭り」に合わせ、35製品以上を最大43%オフで販売。タイムセール祭り初登場の完全ワイヤレスイヤフォン「Soundcore Liberty Air」やモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」などをそろえる。期間は3月30日9時〜4月1日23時59分。(2019/3/30)

人とロボットの共存に向けた技術解説:
PR:ぶつからないロボットに欠かせない! 超音波センシングのススメ
人とロボットの共存には、ロボットは障害物を検出することが不可欠です。障害物を検出する技術はいくつかありますが、超音波センシング技術の利用をオススメします。超音波センサーを使う利点や超音波センシングシステムの構成要素をご紹介しましょう。(2019/3/11)

レイコップがロボット掃除機を投入 2つのモップが回転して“水ぶき”
レイコップ・ジャパンが水ぶきロボットクリーナー「RAYCOP ミズロボ」を発売。2つの円形モップを回転させながら移動し、ガンコな床の汚れも落とすという。(2019/3/7)

製品分解で探るアジアの新トレンド(36):
勝負は決まった? 魅力ある「お掃除ロボット」市場での半導体情勢
現状、お掃除ロボットに強い半導体メーカーはどこか? 今回は、さまざまなお掃除ロボットを分解、調査して浮き彫りになってきた事実をレポートする。(2019/3/1)

新しいダイソンのロボット掃除機は何が変わった?
ダイソンが発売したロボット掃除機の新製品「Dyson 360 Heurist」。デザインや機能は従来機のそれを踏襲しているが、中身はほぼ一新。クラウド連携も個人情報保護の観点から仕様を変更していた。(2019/2/28)

製造業のIoTスペシャリストを目指そうSeason2(6):
働き方改革で注目される「RPA」とは何か?
製造業でIoTを導入したプロジェクトを成功させるには、幅広い知識が必要です。今回はIoT(Internet of Things)の本筋から少しだけ離れて、今話題の「RPA」について取り上げます。(2019/2/28)

ダイソン、部屋の間取りを記憶するロボット掃除機「Dyson 360 Heurist」
ダイソンはロボット掃除機の新製品「Dyson 360 Heurist」を発売する。処理能力やメモリ容量を拡大し、室内のマップを保存、活用するロボット掃除機。(2019/2/27)

IoT時代のセキュリティ絶対防衛ライン:
他人の声で自宅を解錠できる? Apple「HomePod」で試してみた スマートスピーカーがIoTの弱点になるか
各業界のIoT関連サービスが抱える問題点、そして有効な対応策とは? セキュリティの専門機関が情勢を伝えます。(2019/2/26)

ロボット開発ニュース:
処理能力が30倍の新型ルンバ、部屋データでスマートホームの基盤を狙う
アイロボットジャパンは2019年2月19日、ロボット掃除機「ルンバ」のフラッグシップを担う新型モデル「ルンバi7」「ルンバi7+」を発表した。家の間取りをマッピングし部屋の状況を記憶する機能を備え、「家のマップデータ」でスマートホームのプラットフォームになることを狙っている。(2019/2/20)

「もう床掃除を気にする必要はない」 家の間取りを覚える「ルンバi7+」発売 自動ゴミ収集機も
アイロボットジャパンが新しいフラグシップモデル「ルンバi7+」を発表した。家の間取りを記憶して掃除効率を上げたほか、ゴミ捨ても半自動化。「もう床掃除を気にする必要はない」という。(2019/2/19)

ロボット掃除機がストーブ動かし火災に 東京消防庁「ストーブの電源コード抜いて」
東京都内でロボット掃除機が電気ストーブを動かし、家具などに接触して燃える火災が2件相次いで発生。東京消防庁は「ロボット掃除機から目を離す場合は電気ストーブの電源コードを抜くように」と注意を呼びかけている。(2019/2/12)

家電製品を容易にスマート化:
SMK、リモコン用IRデータライブラリーを提供
SMKは、家電製品などのリモコンから送信される赤外線データをデータベース化した「SMK IRライブラリー」の提供を始めた。(2019/2/6)

IT用語解説系マンガ:食べ超(156):
エドテック導入でお掃除ロボも東大合格
オオカミに育てられた私も、エドテック導入環境で学び、蛸と話せるようになりました。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/2/6)

終了:【Amazonタイムセール祭り】GoPro HERO6がセールに登場! セール2日目の注目商品をピックアップ
他にもゲーミングモニターやコードレス掃除機など多数セール対象に。(2019/2/2)

製造業IoT:
日立は冷蔵庫もコネクテッド、下側の引き出しはなぜ2つとも冷凍室になるのか
日立アプライアンスが冷蔵庫の新製品「R-KX57K/R-KW57K」を発表。冷蔵庫下部の2つの引き出しを、それぞれ冷凍室、冷蔵室、野菜室として使える「ぴったりセレクト」などの新機能を採用した。また、Wi-Fi機能により通信接続が可能で専用の「日立冷蔵アプリ」を利用できるコネクテッド家電モデルも用意した。(2019/1/25)

スタートは社内報だった 第一生命の「サラリーマン川柳」誕生秘話
「こわごわと パソコンにらむ 五十坂」――第一生命保険の「サラリーマン川柳」。今年の募集で32回を数え、応募総数はなんと114万句を数える看板企画だが、一般に公開されていない「幻の回」があるのは知られていない。(2019/1/11)

パナソニックが床拭きロボット掃除機を発売 拭き取り部にローラーを搭載した「ローラン
パナソニックは、同社初の床拭きロボット掃除機「Rollan」を1月20日に発売する。拭き取り部にローラーを採用し、常にモップのきれいな面で掃除するという。(2019/1/9)

約60%が電子マネー決済を活用 今後にも期待――Zaimの2018年消費動向調査から
個人向け家計サービス「Zaim」を運営するZaimが2018年の消費動向に関する調査結果を発表。よく利用した決済方法のうち電子決済は約60%となり、約38%が今後とくに利用したい決済方法で「電子決済」と回答した。(2018/12/27)

World Robot Summit徹底解剖(5):
粉体グリッパーに子供部屋片付け、トイレ掃除も〜WRS2018レポートダイジェスト
2018年10月17日〜21日、東京ビッグサイトで開催された「World Robot Summit 2018(WRS2018)」。本稿では、前回レポートした「ものづくり」部門以外の3部門の競技についてダイジェスト的に結果をお伝えする。(2018/12/26)

住宅・ビル・施設Week 2018:
ビルメンテナンス用の窓を挟み込む清掃ロボットなど多数披露、JBMRC
日本ビルメンロボット協議会は、「第3回 スマートビルディングEXPO」に出展し、ビルメンテナンス用の各種ロボットを出品した。(2018/12/20)

ロボット開発ニュース:
LOVEをはぐくむロボット「LOVOT」は先端技術満載、デザインは根津孝太氏
ロボットベンチャーのGROOVE Xは、2015年11月の創業から約3年をかけて開発してきたロボット「LOVOT(らぼっと)」を発表。「人の代わりに仕事はしないが、一緒にいるとほっとする、うれしくなるロボット。LOVOTは人の愛する力を育むことができる」(同社 代表取締役の林要氏)という。(2018/12/19)

Amazonの「Alexa」、日本でも“スキル名言わずに命令”が一部可能に
AmazonのAIアシスタント「Alexa」が、スキル名を指定しなくても忖度して目的のスキルを起動してくれるようになった。「Alexa、タクシーを呼んで」でタクシーを手配できる。(2018/12/10)

終了:【Amazonサイバーマンデー】ルンバが2万9800円から! ブラーバ、ルーロなどロボット掃除機もセール中
ロボット掃除機導入のチャンス!(2018/12/8)

アンカー・ジャパン、窒化ガリウム搭載製品を紹介
ニューヨークで発表された製品群の日本での展開が明らかに。(2018/11/30)

AIBO初代開発者、独自AI搭載の実用ロボ本格運用 Pepperを“転レンタル”
AIBOの初代開発責任者だった大槻正氏は、ソフトバンクの「Pepper」に独自の顔認識人工知能を積んだ接客・警備ロボットの本格運用を開始。さらに高度なサービスを開発中で、日本の実用ロボット市場拡大に期待がかかる。(2018/11/27)

Masuoさんら起用:
Amazon「サイバーマンデー」、ライブコマース初導入 YouTuberと組みセール品宣伝
アマゾンジャパンが「サイバーマンデーセール」の詳細を発表。今年は12月7日午後6時〜11日午前1時59分に開催する。インフルエンサーを活用したマーケティング手法「ライブコマース」を初導入し、配信者のファン層の取り込みも図る。(2018/11/20)

法人向けの小型ロボ:
ソフトバンク、Pepperに続く2代目ロボット発表 自動運転の掃除ロボ「Whiz」
ソフトバンクとソフトバンクロボティクスが、自律走行が可能な清掃用ロボット「Whiz(ウィズ)」を発表。人型ロボット「Pepper(ペッパー)」に続く2代目。人・壁・障害物を自動で避けながら汚れを吸い取る点が特徴。(2018/11/19)

サイバーエージェント「AI Lab」に聞く(後編):
AIは人の怒りを鎮めることができるか――信頼できる「対話エージェント」の作り方
「人が信頼したくなる、思わず信頼してしまう対話エージェント」を生み出したい……そんなビジョンを掲げ、AIの研究を進める「AI Lab」。企業とさまざまな実証実験を進めているが、その実現にはいろいろな課題もあるという。(2018/11/12)

サイバーエージェント「AI Lab」に聞く(前編):
人が“生命”を感じ、信頼できる対話AI 実現のヒントは掃除ロボット「ルンバ」にある
どんなAIなら人は受け入れられるのか。AIが社会に普及していく際には、避けられない議論だ。サイバーエージェントのAI研究組織「AI Lab」では、大阪大学の石黒研と組み、実験を繰り返しながら、その答えを探しているという。(2018/11/8)

「段差を乗り越える」「持ち主を追従する」ロボット掃除機、パナソニックが試作
パナソニックと千葉工業大学は、ロボット掃除機のコンセプトモデルを発表した。AI(人工知能)技術を活用し、床上の物体を認識する他、段差に応じて自動的に本体を持ち上げて走行する。(2018/11/1)

ルンバの「間取りデータ」利用でGoogleとiRobotが提携「次世代スマートホームのために」
掃除ロボット「ルンバ」のiRobotとGoogleが提携を発表した。最新モデル「Roomba i7+」搭載の間取りデータをGoogleのスマートホームエコシステムで利用することで、より高度なスマートホーム構築を目指す。(2018/11/1)

最も長かったのはロシア:
日本人はキレイ好きじゃなかった? 世界9カ国、掃除時間が最も短かったのは日本
ドイツの掃除機機最大手メーカーのKarcherが、世界9カ国を対象に掃除に関する意識調査を実施。1週間の掃除時間が最も短い国は日本だったという。(2018/10/30)

約2万円の格安ロボット掃除機で部屋はきれいになる? 「Eufy RoboVac 11S」を試す
Ankerが発売した2万4800円(税込)の格安ロボット掃除機「Eufy RoboVac 11S」を実際に試したみた。部屋の角にあるごみは取れるのか。(2018/10/25)

CEATEC JAPAN 2018:
「アイボ」と「ミニマル」のコンビ芸 家電連携の新しい形か
犬型ロボット「アイボ」とロボット掃除機「ミニマル」は仲が良い? 日立製作所ブースで一風変わった機器連携のデモが行われている。(2018/10/17)

CEATEC 2018:
“日本のIoT市場を加速” ソフトバンクC&S、家電製品のIoT化サービス「Tuya Smart」を国内展開
ソフトバンク コマース&サービスが、家電製品のIoT化を支援する「Tuya Smart」の国内展開を始めた。(2018/10/16)

CEATEC 2018:
ロボットが人の生活に入るためには何が必要か、ロボット掃除機とaiboが夢の共演
日立アプライアンスは、「CEATEC JAPAN 2018」において、同社のロボット掃除機「minimaru」とソニーの家庭向けロボット「aibo」とのコラボレーションにより、人の住まいの中でのロボット同士のコミュニケーションの在り方を示す参考展示を行った。(2018/10/16)

世帯普及率は4.5%:
「ルンバ」は日本で普及するのか 「一家に1台」を目指す戦略とは
ロボット掃除機「ルンバ」で知られる米iRobot。日本におけるロボット掃除機出荷台数は300万台を超えたが、世帯普及率は4.5%にとどまる。日本市場のニーズに応じた「価格」「機能」を備えた新商品と戦略について、日本法人社長に聞いた。(2018/10/16)

東芝 TB67H401FTG:
2ch DCブラシ付きモーター用ドライバIC
東芝デバイス&ストレージは、2ch DCブラシ付きモーター用ドライバIC「TB67H401FTG」を開発し、量産を開始した電流リミッタ検出フラグ出力機能、過熱検出機能、過電流検出機能などを搭載している。(2018/10/17)

電子ブックレット:
サービスロボット市場が躍進、新興企業も増加
アイティメディアがモノづくり分野の読者向けに提供する「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」に掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、急速に発展を遂げるサービスロボット市場について、市場の予測と注目分野を紹介します。(2018/9/9)

FAメルマガ 編集後記:
製造現場で量子アニーリングを使うのに必要な“遊び心”と“親心”
少し違いますが、ジョブズとウォズニアックの関係性でしょうか。(2018/8/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。