• 関連の記事

「SCADA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Supervisory Control And Data Acquisition:監視制御データ表示

産業用ロボット:
求められるロボットは「アーティフィシャルワーカー」、早ければ5年後にも登場へ
技術商社のリンクスは2019年11月22日、東京都内で開催したユーザーイベント「LINXDays 2019」に合わせて記者会見を開き、同社 社長の村上慶氏が事業戦略について説明。今求められているロボットは「アーティフィシャルワーカー」とし、必要な要素として「ピッキング」「移動」「判断」の3つを挙げた。(2019/12/2)

BAS:
ビル設備の状況を3Dで表示する制御システム、三菱電機エンジが2020年1月発売
三菱電機エンジニアリングは、ビル設備の状態を3次元グラフィックでリアルタイムにモニタリングできる新しい制御システムを発売する。(2019/11/26)

産業用画像技術:
ネットワークカメラで工場業務を効率化、キヤノンが狙う“工場の新たな目”
キヤノンは、同社が製品展開しているネットワークカメラや画像処理技術と、自社で培う製造技術などを組み合わせ、2018年から製造現場(FA)向けの画像ソリューションに力を入れる。製品やソリューションの拡充を進める一方、シーメンスやユニバーサルロボットなどのパートナーを増やし、具体的な用途の開拓に取り組んでいる。その戦略を聞いた。(2019/10/28)

PCセントリックからデータセントリックへ:
PR:業界ごとに最適な“ソリューション”を提供――インテルが、ニュータニックスと組む理由
半導体大手としての技術力を生かし、IoTや5G時代に向けた新たなチャレンジを進めているインテル。その取り組みのカギとなるのが、「パートナー企業との連携・協業」という“業界ごとのエコシステム形成”だ。これにより、各業界特有の課題解決策や新たな価値の創出を強力に推進している。ではIT業界で、ニュータニックス・ジャパンと連携する理由とは何か。インテル 執行役員 インダストリー事業本部長 張磊氏と、インダストリー事業本部 エンタープライズ事業統括部長 糀原晃紀氏に話を聞いた。(2019/8/9)

2億台のデバイスに影響か――組み込み用リアルタイムOS「VxWorks」に11件の脆弱性を発見
VxWorksはルーターやプリンタ、SCADA、エレベーターなど幅広い機器に使われている。発見された脆弱性は「WannaCryマルウェアの拡散に利用されたEternalBlueの脆弱性に似ている」という。(2019/7/30)

IoTセキュリティ:
「VxWorks」にゼロデイ脆弱性、「URGENT/11」は2億個のデバイスに影響
米国のIoTセキュリティベンダーであるアーミスは、ウインドリバーのRTOS「VxWorks」のゼロデイ脆弱性を発見したと発表。バージョン6.5以降のVxWorksで、IPnetスタックを用いるものが対象となる。(2019/7/30)

製造業IoT:
PR:製造業を変えるネットワークの力、“手離れの良い”無線LANで工場はさらに進化する
製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの実現において、データの懸け橋を担うネットワーク機器の存在は欠かせない。特にミッションクリティカルな製造現場での利用では、単に機器同士のつながりを実現するだけでなく、その通信方式やセキュリティ対策などにも目を向けなければならない。アライドテレシスのプライベートイベント「Exchangeカンファレンス2019」では、つながる時代の到来を迎えた今、必要とされる次世代ネットワーク技術の最新動向や知見の数々が披露された。(2019/6/24)

IIoTの課題解決ワンツースリー(3):
IIoTで乱立する専用ツール、統合ソフトウェアが持つ意味
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介する。第3回では、個別のIIoTツールを組み合わせるのではなく、IIoT統合ソフトウェアが実現する価値について説明する。(2019/6/17)

製造マネジメントニュース:
三菱電機が米ソフト会社を買収、FAソリューションの開発力を強化
三菱電機は米国のソフトウェア会社ICONICSを買収し、100%子会社化する。ICONICSのソフトウェア技術と同社のFA技術を融合させ、FA-IT統合ソリューション「e-F@ctory」を強化するソフトウェア製品の拡充を図る。(2019/6/5)

日本モレックス IP20アンマネージドイーサネットスイッチ:
PROFINET対応イーサネットスイッチ
日本モレックスは、産業用イーサネットPROFINET対応の「IP20アンマネージドイーサネットスイッチ」を発表した。IP20規格に準拠し、工場や現場など厳しい作業環境での使用に適している。(2019/5/28)

IoTセキュリティ:
ITとOTの融合で生じるリスク低減に、トレンドマイクロがIoTビジネスを強化
トレンドマイクロは2019年3月27日、事業戦略発表会を開催し2019年におけるサイバーセキュリティの動向予測と同社の重点施策を説明した。同社はITとOTを含めたIoT化が進むビジネス環境において、事業横断型のソリューション提供やIoT関連ビジネスを推進する方針だ。(2019/3/28)

IIoTの課題解決ワンツースリー(2):
SCADAはIIoTソフトウェアプラットフォームへ進化、その実態に迫る
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多い。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介する。第2回では、IIoTソフトウェアプラットフォームの役割を果たすSCADAの特徴について紹介する。(2019/4/2)

PTCジャパン主催 IoT/AR勉強会:
IoT活用のための5つのステップを一気通貫で! 「ThingWorx」の利点とは
PTCジャパンは「IoT/AR製品アップデート」と題した記者向け勉強会を開催し、同社が考える“IoT活用における5つのステップ”を軸に、インダストリアルIoTプラットフォーム「ThingWorx」および産業用ARファミリー「Vuforia」による業務改革の流れ、そしてここ最近の機能強化ポイントについて解説した。(2019/3/6)

被害を受けるとビジネスに多大な影響が
攻撃が相次ぐ産業制御システム、脅威から守る基本の「き」
産業制御システム(ICS)への脅威が広がりつつあり、企業はそのリスクの高まりを理解しておく必要がある。本稿では、企業がICSのセキュリティについて認識しておくべき点を取り上げる。(2019/1/25)

ビル制御システム:
ビル制御システム向けの“サイバーセキュリティ対策”で、トレンドマイクロと共同検証
アライドテレシスは、ビルの電源監視システムを対象に、トレンドマイクロの「Trend Micro Safe Lock」と、アライドテレシスの「SDN(Software-Defined Networking)」を組み合わせたサイバーセキュリティ対策の共同検証を実施した。(2018/12/11)

ET2018:
産業用IoTを一歩前に、トレンドマイクロとMoxaが合弁会社設立
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」のマイクロソフトブース内に出展し、同社機器を使い、遠隔稼働監視ソリューションを提案した。また、2018年11月15日に発表したトレンドマイクロとの合弁会社設立などについても紹介した。(2018/11/20)

IIoTの課題解決ワンツースリー(1):
「人任せガラパゴス化」した日本、IIoT化に向けて現場が抱える課題
産業用IoT(IIoT)の活用が広がりを見せているが、製造現場や日本の産業界ではそれほどうまく生かしきれていない企業も多いのが現実である。IIoT活用を上手に行うためには何が課題となり、どういうことが必要になるのか。本稿ではIIoT活用の課題と成果を出すポイントを紹介する。第1回は現状の課題を洗い出す。(2018/10/30)

FAニュース:
「日本の製造業はSCADAの真価を分かっていない」リンクスが提案を強化
技術商社のリンクスは2018年10月24日、スマートファクトリー化の流れが進む中で、SCADAへの取り組みを強化する。2017年に取り扱いを開始したオーストリアのCOPA-DATAのSCADA「zenon」の提案を本格化する。(2018/10/25)

IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題(3):
想像してみよう、もしもIIoTの世界でセキュリティ対策をしなかったら?
工場や重要インフラで利用されつつある「インダストリアルIoT(IIoT)」の世界に着目し、IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題について解説する本連載。第3回では、IIoTの世界で適切なサイバーセキュリティ対策を施さなかったらどうなるのかを想像することで、セキュリティ対策(投資)の必要性に対する理解を深めたい。(2018/10/25)

いまさら聞けないOPC UA入門(1):
なぜ工場ネットワークで「OPC UA」が注目されるのか
スマート工場化など工場内でのIoT活用が広がる中、注目度を高めているのが「OPC UA」だ。本稿では、OPC UAの解説を中心に工場内ネットワークで何が起きようとしているのかを紹介する。第1回は工場内ネットワークの仕組みと、なぜ「OPC UA」が注目を集めているのかについて説明する。(2018/10/11)

製造業IoT:
PR:半導体工場を襲った40時間の生産停止、“工場IoT化”の壁をどう乗り越えるか
工場など製造業のIoT活用が加速しているが、現実化が進むほど効果を得るにはさまざまな障壁にぶつかるケースが多い。セキュリティ問題やネットワーク接続、データ連携の課題など、これらの課題に対する現実的な解決策を示すセミナー「Moxa IIoT Solution Day」が2018年9月に開催された。本稿ではその講演の様子をお伝えする。(2018/10/3)

AIをどう生かす? 複雑化したインフラはどう管理する?:
PR:DX推進に不可欠な「データ中心の自律型IT」とは?〜HPE「Discover Forum 2018 東京」リポート
AI、IoT、ブロックチェーンなど、新たな技術を使ったデジタルトランスフォーメーション(DX)のトレンドが加速している。ただ、製造、流通、小売りなど従来型企業がDXを推進するためには、既存のITと新しいITで構成される「ハイブリッドIT」をうまく管理していくことが求められる。そのポイントになるものとは何か?――2018年7月25日に開催されたヒューレット・パッカード エンタープライズの年次イベント「Discover Forum 東京 2018 」におけるキーパーソンの講演に、その解を探る。(2018/8/21)

電力インフラをどう守る?:
PR:エネルギー業界のセキュリティ対策は、「何をすべきか」から「どう実行するか」のフェーズへ
電力業界でも活用が進みつつあるIoT。それに伴い、制御システムのセキュリティ対策の重要度が増している。Splunk Services Japanの矢崎誠二氏は、もはやIoTや制御システムのセキュリティは「何をすべきか」で悩む段階は過ぎ、具体的に対策をどう進めるかという段階に差し掛かっているという。対策の実現に不可欠なのが「データ」だ。(2018/8/13)

製造マネジメントニュース:
イメージング技術と監視制御システムの連携により、スマート工場実現を促進
キヤノンは、生産現場の自動化分野でアヴィバと協業を開始する。アヴィバの監視制御システムとキヤノンのイメージング技術の連携により、スマート工場の実現を推進する。(2018/7/30)

企業動向:
キヤノンとアヴィバがFA領域で協業し、スマート工場の実現を推進
キヤノンは、FA領域において英国アヴィバと協業を開始し、キヤノンのイメージング技術によって、スマート工場の実現を推進すると発表した。(2018/7/19)

IoTセキュリティ:
SCADAツールユーザーの危機を未然に防いだテナブル、日本市場を重要視
 クラウド型脆弱性管理プラットフォーム「Tenable.io」を提供する、Tenable Network Security(以下、テナブル)が、同社のパートナー企業であるSchneider Electricにおける最新事例を明かしている。(2018/7/11)

ユージン・カスペルスキー氏が記者説明会:
地政学的な動きに翻弄されるサイバーセキュリティ
ロシアのセキュリティ企業Kaspersky Labの創立者兼CEO、ユージン・カスペルスキー氏が記者説明会を行い、昨今の脅威の動向に加え、米国政府の措置に対する見解などを語った。(2018/6/14)

EcoStruxure:
シュナイダーがスマート工場向け施策など注力、「ARアドバイザー」展開も強化
シュナイダーエレクトリックが日本では初開催となるユーザーイベントを開催した。多方面に展開する同社が「One Schneider」として取り組む、デジタル化への対応とエネルギー効率の最適化について紹介された。(2018/5/30)

高度なマルウェア「VPNFilter」、54カ国で感染拡大 一斉攻撃の恐れも
感染したデバイスに対して「kill」コマンドが実行されれば、大量のルータが同時に使用不能に陥る恐れもある。(2018/5/24)

修正パッチを早急に公開:
シュナイダーのSCADAソフトなどに脆弱性、Tenable Researchが発見
Tenable Network Securityのデータサイエンスチームは、シュナイダーエレクトリックの「InduSoft Web Studio」や「InTouch Machine Edition」に重大な影響を及ぼす脆弱性を発見。これを受け、シュナイダーエレクトリックは修正パッチを早急に公開した。(2018/5/24)

OSSのポイントソリューションの組み合わせと比べて、人月を4分の1に削減:
PR:スキルを持ったエンジニアが不足する今、ビッグデータ分析、IoT/AIビジネスを成功させるための現実解とは
独自のアーキテクチャを備えたデータベース製品「InterSystems Caché」やアプリケーション統合製品「InterSystems Ensemble」で独特の存在感を放つインターシステムズ。2018年1月、デジタルトランスフォーメーションを支える統合データプラットフォームの新製品「InterSystems IRIS Data Platform」を発表した。どのような特長があり、企業が持つ課題をどのように解決するのか、話を聞いた。(2018/5/14)

産業用カメラ展|キヤノンITS:
新世代10GigE対応、過酷な環境で使えるBaumer製の産業用エリアセンサーカメラ
光技術総合展示会「OPIE'18」の産業用カメラ展に出展したキヤノンITソリューションズは、Baumer Optronic製の産業用カメラシリーズおよびビジョンセンサーについて訴求していた。(2018/5/9)

第4次産業革命基礎解説:
乗るしかない、この第4次産業革命というビッグウエーブに
本稿では、第4次産業革命という言葉の持つ意味、第4次産業革命を推し進める「デジタライゼーション」と「デジタルツイン」、第4次産業革命で重要な役割を果たす世代、そして第4次産業革命において日本の持つ可能性などについて解説する。(2018/4/13)

薄れ始めたITとOTのギャップ:
PR:止められない「OTならでは」のセキュリティ対策とは?
産業用制御システム(ICS)やSCADA、Operational Technology(OT)のセキュリティに対する関心が高まっている一方で、「これらはITと切り離されており、エアギャップがあるから安全」という声も根強い。しかし本当にそうだろうか?(2018/4/11)

FAニュース:
三菱電機のFAシステム事業、2025年度に売上高1兆円の生産体制を構築へ
三菱電機がFAシステム事業の戦略について説明。同事業の2017年度売上高は、自動化やIoT化に向けた国内外の旺盛な設備投資需要を受けて好調で過去最高を更新する見通し。中長期の事業目標として2025年度の売上高を9000億円以上するとともに、生産能力としては2025年度時点で売上高1兆円の体制を整備するとした。(2018/3/28)

シュナイダーエレクトリック:
IoT基盤が製造業に提供する効率化、工場ならば最大30%
シュナイダーエレクトリックが同社IoT基盤、「EcoStruxure」を工場やプラントに積極展開する。「最大30%の効率化」をうたい、HMIやPLCといった製品ビジネスだけではなくソリューションビジネスも強化する考えだ。(2018/2/28)

スマートファクトリー:
デジタル化で勝負を挑むシュナイダー、機械向けとプラント向けでIoT基盤を訴求
シュナイダーエレクトリックはデジタル変革への取り組みと日本での現状について説明会を開催し、同社のIoT基盤「EcoStruxure」を機械向けとプラント向けで展開する方針を示した。(2018/2/14)

太陽光:
既設太陽光向けのストリング監視、SCADA未導入でも低コストに
住友電気工業は、2018年2月より既設太陽光発電所向けに、後付け可能なストリング監視ソリューションを販売開始する。SCADA(Supervisory Control And Data Acquisition)未導入の既設サイトでも、低コストに監視が始められることが特長だ。(2018/2/1)

産業制御システムアプリ、セキュリティ問題は悪化の一途
IOActiveが34社のSCADAアプリケーションをGoogle Play Storeから無作為に抽出してテストした結果、計147件のセキュリティ問題が見つかった。(2018/1/12)

IoTセキュリティ:
「WannaCry」の拡散続く「クローズドな環境だから安全という思い込みが脆弱性」
トレンドマイクロが「2017年国内サイバー犯罪動向」の調査結果について解説。製造業と関わる大規模なサイバー攻撃事例となるランサムウェア「WannaCry(ワナクライ)」は現在も拡散が続いている。「IoT活用やITシステムとの連携を考慮すれば、クローズドな環境だから安全という思い込みは脆弱性に成り得る」(同社)という。(2018/1/11)

TechFactory通信 編集後記:
北朝鮮関与のランサムウェア「WannaCry」は実験だった
製造業にとっても大きな脅威となったランサムウェア「WannaCry」について、カスペルスキーの分析官が「攻撃実験の失敗だった」という見解を示しました。増加するサイバー攻撃に製造業はどう対処していくべきなのでしょうか。(2017/12/28)

SCF2017:
SCF2017に見る、オートメーションのエッジリッチ化とシンプル化
産業用オートメーションと計測技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017 TOKYO」では、さまざまなオートメーションの最新技術が示された。傾向として明確に見えてきたのが「エッジリッチ化」と「シンプル化」の動きである。(2017/12/22)

SCF2017:
まず「つなぐ」のか、それともスマート工場か、選択肢を提供するシュナイダー
シュナイダーエレクトリックグループは「SCF2017/計測展2017 TOKYO」において、機器の連携を“まず”実現する「Pro-face」ソリューションと、総合的なスマート化を推進する「シュナイダーエレクトリック」ソリューションの両面を訴求。どちらの面からも最適なソリューションを提案できる総合力を訴えた。(2017/12/20)

SCF2017:
AIでエッジをリッチに、元祖スマートファクトリー「e-F@ctory」の進化
三菱電機は「SCF2017/計測展2017 TOKYO」において、工場内制御をエッジコンピューティングで高度化する製品群を訴求。進化する「e-F@ctory」の姿をアピールした。(2017/12/14)

企業のクラウド移行なども要因に:
2018年に想定されるサイバーセキュリティの10項目、A10ネットワークスが予測
A10ネットワークスは、「2018年のサイバーセキュリティ状況に関する10の予測」を発表。「デジタルセキュリティが基本的人権問題になる」「コアネットワークを狙った大規模攻撃でモバイル通信事業者が部分的、または完全にダウンする」といった項目を挙げた。(2017/12/12)

2017国際ロボット展:
AIと人が一緒になってつくる次世代工場の姿を紹介
三菱電機は「2017 国際ロボット展(iREX2017)」に出展し、同社の工場向けIoTシステム「e-F@ctory(イーファクトリー)」が実現する知能化ロボットによるスマートファクトリーの実演デモを披露した。AIとロボットによる自動化ソリューションも紹介した。(2017/11/30)

FAニュース:
生産現場のデータ活用を促進するエッジコンピューティング製品群を開発
三菱電機は、FA-IT統合ソリューション「e-F@ctory」に対応するエッジコンピューティング製品群を開発する。データ収集から分析、リアルタイム診断による予防保全や品質向上など、生産現場の改善につなげる。(2017/11/20)

IoTセキュリティ:
ウクライナのサイバー攻撃被害「こうすれば防げた」
20万人が停電の被害を受けた、2015年末のウクライナのサイバー攻撃被害。これは「電力網のIoT化」が遠因であったが、どうすれば防げたのだろうか。米WindRiverは「多層防御ならば防げたかもしれない」という可能性を指摘した。(2017/11/20)

IoTセキュリティ:
“東西南北”に広がるIoTのネットワーク、ウインドリバーが多層防御を提案
ウインドリバーがIoTセキュリティへの取り組みについて説明。“東西南北”に広がるIoTのネットワークに対して、「セキュアなデバイスとサービス」「セキュアな通信」「セキュリティの監視と管理」という3つのレベルと「セキュアプロセス」から成る多層防御のコンセプトでIoTセキュリティに対応する考えだ。(2017/11/13)

製造業IoT:
PR:深刻化する人手不足、製造現場の「現場力」を高めるデータ活用に必要なもの
製造や設計など製造業において人手不足が深刻化している。製造業が品質を維持し新たな成長を実現していくためには、先進技術を活用した効率化の実現と新たな付加価値創出が必須となりつつある。その中で重要なカギを握るのが「データの活用」である。インダストリー4.0やConnected Industriesなど産業革新実現のカギを握る「データ」の活用方法とその基盤について紹介する。(2017/11/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。