「サービス終了」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サービス終了」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

さらばハッカドール 「ハッカドール THE あにめ〜しょん」アプリのサービス終了日に全話一挙放送
君たちのことは忘れない……。(2019/8/12)

「ヤプログ!」2020年1月31日でサービス終了を発表 8月1日から「新規ブログ開設の停止」など始まる
一つの時代が終わる。(2019/8/3)

1プッシュで商品届く「Amazon Dash Button」、8月末でサービス終了
ボタンを押すだけで日用品を注文できる「Amazon Dash Button」のサービスが、8月31日に終了する。端末の販売は2月末に終了していた。(2019/8/2)

「7pay」決済音作ったヒャダインがサービス終了記事を無言で投稿 「幻のライブみたいな感覚」「どんまい……」
涙。(2019/8/1)

人材業界の競争が激化:
アルバイト求人情報の「an」、サービス終了へ 50年以上の歴史に幕
アルバイト求人情報の「an」が終了へ。11月にサービスを終えると運営会社が発表した。市場の競争激化が理由。(2019/8/1)

開始から2カ月:
「7pay」がサービス終了 9月末で
セブン・ペイが提供するコード決済サービス「7pay」が開始から2カ月でサービス終了を決定。現在、この件に関する記者説明会を東京都内で開催中だ。(2019/8/1)

7pay、9月末でサービス終了 セブン&アイHDが正式発表【記者会見のライブ映像あり】
セブン&アイ・ホールディングスは、不正ログインの被害が相次いだモバイル決済サービス「7pay」を9月末で終了する。(2019/8/1)

7pay、9月末でサービス終了か 共同通信報道 きょう緊急会見
モバイル決済サービス「7pay」(セブンペイ)が9月末で終了──共同通信が報じた。(2019/8/1)

スマホゲーム「叛逆性ミリオンアーサー」9月にサービス終了 開始から1年たたず
1年も持たずに終了となります。(2019/7/24)

マウスコンピューター、スマートホーム製品の販売終了 サービス終了後は利用不可に
製品群を利用するためのクラウドサービスも2022年6月30日に終了し、製品群は以後利用できなくなる。(2019/7/22)

auのプリペイド携帯、サービス終了へ 使用していた電話番号は機種変で引き継ぎ可能
2021年12月15日をもって終了。(2019/7/6)

よくフリーウェアについてきた「JWordプラグイン」、7月31日でサービス終了
いろいろな意味で感慨深い。(2019/7/2)

ピクシブ運営のお絵描きサイト「drawr」が12月2日にサービス終了 「pixiv Sketch」への移行ツールを公開中
Flashを使用したサービスでした。(2019/6/24)

「モンスターハンターフロンティアZ」、12月18日にサービス終了 「サービス継続が困難」
カプコンが「モンスターハンター フロンティアZ」のサービスを12月18日に終了すると発表した。(2019/6/19)

「テクテクテクテク」サービス終了 運営は「データ引き継ぎ」を呼びかけ
ドワンゴのスマートフォンゲーム「テクテクテクテク」が、6月17日にサービスを終了した。(2019/6/18)

サービス終了間近の「テクテクテクテク」、後継作品を検討 データの引き継ぎ機能を示唆
引き継ぎ希望者に、サービス終了後の手順を案内しています。(2019/6/13)

「サドンアタック」、9月サービス終了 公式Twitterアカウントに感謝の声続々
2010年にネクソンよりサービス開始。(2019/6/12)

ゲーム「バトルガール ハイスクール」が2019年7月にサービス終了 2年前にはアニメ化も
星守との軌跡、約4年で幕。(2019/5/31)

ライブ配信サービス「SHOWROOM」の演者狙った悪質なスカウト行為 運営が注意喚起
「SHOWROOMがサービス終了するかもしれない」と事実無根のうわさを流すスカウトも。(2019/5/30)

「配信者への悪質なスカウトがあった」SHOWROOMが注意喚起 「サービス終了かも」などのうわさ流される
SHOWROOMが、配信者を狙った悪質なスカウトが行われているとの声明文を発表。「サービス終了するかもしれない」といったうわさを流し、他社サービスに引き抜こうとする悪質な例もあったという。同社はスカウトを受けた人に対し、慎重に検討するよう呼び掛けている。(2019/5/30)

「Disney Mobile on docomo」端末の販売が8月31日に終了 サービスは2021年8月22日まで継続
NTTドコモが2021年8月22日に「Disney Mobile on docomo」を終了する。端末はサービス終了後も使用できるが、ディズニーマーケットなどの各種アプリやコンテンツなどのサービス、サポートは利用できなくなる。それに先駆けて、同ブランドの端末販売は2019年8月31日で終了する。(2019/5/23)

Google、VRコンテンツ作成サービス「Jump」終了へ
Googleが、2015年のGoogle I/Oで発表したVRコンテンツ作成サービス「Jump」を6月中に終了する。「代替ソリューションが多数登場し、使用が減少したため」という。ユーザーがGoogle Cloudに保存しているコンテンツはサービス終了後に削除するので、ダウンロードを勧めている。(2019/5/20)

サービス終了したゲームのヒロインが戦う「終幕彼女」、単独開発中止に シナリオはラノベで公開予定
なんとも皮肉な結果に……。(2019/5/14)

サービス終了の「Yahoo!ジオシティーズ」発掘に役立つChrome拡張が登場 サイトアーカイブを自動で検索・表示
アーカイブさえ残っていれば、Yahoo!ジオシティーズ終了で読めなくなったページへすぐにアクセス可能。(2019/5/9)

ZOZO前澤社長“大誤算”?「ゾゾ離れ」招いた割引サービス終了、新事業は先行き不透明
 月旅行計画や1億円バラマキなどで世間を騒がせた末にツイッターを休止してから77日。ZOZO(ゾゾ)の前澤友作社長(43)は黙り続けてはいられなかった。同社がタイトルスポンサーを務める米ゴルフツアーでタイガー・ウッズ(43)の参戦が決まったことでツイートを再開。決算説明会でも中国進出など複数の新事業をぶち上げた。ただ、足元をみると、最終利益は20%減となり、「ゾゾ離れ」を招いた有料会員サービスも終了に追い込まれた。先行きについてもアナリストは不透明感が強いと指摘する。(2019/5/7)

セガ、女性向けアイドル育成ゲーム「Readyyy!」サービス終了 リリースから約3カ月で
2月1日にリリースしたばかりでした。(2019/4/26)

Y!mobileのPHSが“幕引き”へ 2023年3月末で「PHSテレメタリングプラン」を終了
Y!mobileの「PHSテレメタリングプラン」(組み込み機器向け)が2023年3月末をもってサービスを終了することになった。これにより、Y!mobileのPHSサービスの完全終了が決まった。(2019/4/24)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(15):
ひかり電話を契約したらVPNが通信断! 原因は?
2024年のISDNサービス終了を控えて、電話やFAXで使っているISDNを「フレッツ 光ネクスト」の「ひかり電話」へ移行するための試験をした。すると、VPNの通信断という思わぬトラブルに遭遇した。プリミティブな障害である。今回は通信断の原因とひかり電話導入の留意点について紹介したい。(2019/4/22)

ドコモ、訪日旅行客向けプリペイドSIM「Japan Welcome SIM & Wi-Fi」を9月30日に終了
NTTドコモが訪日旅行客向けデータ通信専用プリペイドSIMサービスの終了を決定。それに先立ち、4月15日からデータ通信の利用開始可能期間を150日から90日間に短縮。6月13日には新規申し込みの受け付けと、利用可能期間を15日間から20日間に延長する「利用期間拡大キャンペーン」を終了する。(2019/4/12)

老舗電子書籍サイト「パブー」、9月末で閉店 購入・ダウンロード済みの本はサービス終了後も利用可能
6月30日に新規作品の公開停止、9月30日に販売終了、11月30日にログイン機能停止(購入済み作品が入手不可に)と、段階を踏んで閉鎖します。(2019/4/2)

「Yahoo!ジオシティーズ」終了 「貴重な資料消えた」──ネットから惜しむ声
ネット上では、「貴重なFlashを保管していたサイトが滅びてしまった」「資料が喪失した」など、サービス終了を惜しむ声が上がっている。(2019/4/1)

「Apple News+」のベースになったTexture、サービス終了へ
Appleが北米で提供開始した定額制雑誌サービス「Apple News+」のベースになったTextureが5月28日にサービスを終了する。(2019/3/30)

不正アクセスでカード情報流出した「DLmarket」再開を断念 サービス終了へ
不正アクセスによりユーザーのクレジットカード情報が流出した可能性があるとして、昨年11月からサービスを一時停止していた「DLmarket」が、6月28日に終了する。安全に提供するにはシステムの抜本的な作り直しが必要だったが、かかる時間や市場環境などを総合的に判断した結果、再開を断念したという。(2019/3/27)

「DLmarket」がサービス終了 不正アクセス対策のシステム改修を断念
購入商品の再ダウンロードは個別に対応。(2019/3/26)

ドコモの「dリビング」が5月31日に終了
NTTドコモは、生活のサポートやトラブル対応などを行う月額450円(税別)のサービス「dリビング」を5月31日に提供を終了する。サービス終了に先立ち、4月23日で新規会員申込受付を停止する。また、部屋のみまもり機能のみを月額100円(税別)で利用できる「おるすばんカメラ」も併せて終了となる。(2019/3/18)

ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」 6月にサービス終了 約半年で
ドワンゴの位置情報ゲーム「テクテクテクテク」が6月17日にサービスを終了する。現在の課金規模では事業として成立しなかったという。(2019/3/13)

動画共有アプリ「TikTok」、サービス終了のうわさは「事実無根」と否定
「4月1日で終了する」といったうわさが流れていました。(2019/3/4)

Yahoo!ブログが2019年12月15日でサービス終了 「これ以上の継続が難しい」と判断
約13年の歴史に幕が下ろされる形になります。(2019/2/28)

「Yahoo!ブログ」12月15日にサービス終了 ジオシティーズに続き
Yahoo!ブログが12月15日にサービスを終了する。ヤフーは5月9日から他社ブログサービスへの移行ツールを提供。(2019/2/28)

Coinhive、3月8日にサービス終了 Moneroの価値暴落など響く
仮想通貨マイニングツール「Coinhive」の提供が3月8日に終了へ。開発元は「もはや経済的に実行困難な状況だ」としている。(2019/2/27)

仮想通貨マイニングツール「Coinhive」、サービス終了へ
経済的な理由で終了に。(2019/2/27)

Cerevo、音声解析サービス「Listnr」終了へ 「直近の利用状況を踏まえて」
Cerevoが、周囲の音を収集し、クラウド上にアップロードして解析できるデバイス「Listnr」の全サービスを終了する。(2019/2/25)

秋元康全面協力のスマホ3Dクレーンゲーム「神の手」がサービス終了 Appleのアップデート停止処置が原因
神の手でもAppleの心はつかめなかった。(2018/12/20)

スマホ検索サービス「Lookout for au」が2019年9月30日でサービス終了 「My au」に統合
auのお客さまセンターによる位置検索代行サービスなどが利用できる「Lookout for au」が、2019年9月30日をもってサービスを終了する。「My au」アプリの「位置検索サポート」が事実上の代替サービスとなる。(2018/12/12)

「Google+」2019年4月にサービス終了 約5250万人の個人情報流出のおそれで4カ月前倒し
いまのところ第三者が閲覧した形跡はないとのこと。(2018/12/11)

ついにサービス終了のポケベル、今も使っている人に「何に使っているのか」聞いてみた
いろんな使われ方がある。(2018/12/7)

ポケベル、2019年9月にサービス終了へ 平成初期に一世を風靡
最盛期には120万人を超える利用者がいたものの、近年は1500人を下回るほど減っていた。(2018/12/3)

ポケベル、来年9月に終了
全国で唯一、ポケットベルを使った無線呼び出しサービスを提供している東京テレメッセージが、来年9月にサービスを終了する。(2018/12/3)

割り勘アプリ「paymo」、2019年に終了 「経営方針変更のため」
割り勘アプリ「paymo」が2019年にサービスを終了する。運営会社は「経営方針変更のため」と説明している。(2018/11/29)

auの3Gサービス「CDMA 1X WIN」が2022年3月末をもって終了 VoLTE非対応4G LTE端末も対象
VoLTE対応4G LTE端末の普及に伴い、auの3Gサービスが終了することになった。au 3G対応の4G LTEスマートフォン・ケータイ(黒い「au IC Card」を利用する機種)についても、一部を除いて同様にサービスを終了する。(2018/11/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。