「シャープ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

シャープ、SIMフリー「AQUOS zero2」向けにAndroid 11プレビュー版を提供
シャープは、SIMフリー版スマートフォン「AQUOS zero2(SH-M13)」向けにAndroid 11の「Developer Preview Program」を提供開始。OS更新時のアプリの動作検証や、アプリや端末との互換性の確認などを行えるようになる。(2020/7/2)

Mobile Weekly Top10:
シャープのマスク、ようやく抽選倍率が100倍を切る/「Android化」が進んだiOS 14?
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、シャープがマスクの生産に取り組んでからしばらくたちました。先日行われた第9回目の抽選で、ようやく倍率が100倍を切ったそうです。(2020/7/2)

シャープ、7種のセキュリティ対策をまかなえる中小企業向けUTM「BP-X1CP」
シャープは、中小企業向けのゲートウェイセキュリティ対策機器「BP-X1CP」シリーズの発表を行った。(2020/6/30)

「パン」が買えるスマートバス停、北九州市に登場 シャープ、西鉄バス北九州らが実証実験
パ、パンが買える……!? 待ち時間や観光がちょっと楽しくなりそうです。(2020/6/29)

シャープのマスク、第9回の抽選倍率が100倍未満に
シャープが抽選方式で販売しているマスクは、第1回から第8回までの抽選では全て倍率が100倍を超えていた。しかし第9回は増産効果もあって100倍を下回った。第10回の応募締め切りは6月30日正午で、7月1日に抽選を行う。(2020/6/26)

第1子妊娠中の藤井リナ、体重15キロ増量を報告 顔はシャープなままで「妊婦の不思議やで!」
食べ過ぎで妊婦糖尿とも診断。(2020/6/26)

倍率は毎週100倍超え “シャープのマスク”はなぜ誕生? いつまで続く?
シャープのマスクが大きな注目を集めている。4月21日から個人向けに不織布マスクの販売を開始したが、抽選の倍率は毎週100倍を超えており、入手難易度は非常に高い。なぜシャープがマスクの生産を始めたのか? マスク販売はいつまで続くのか? 同社に詳細を聞いた。(2020/6/25)

手のひらを冷やして体温上昇を抑える シャープ×デサントの「CORE COOLER」一般販売開始
公式通販サイト、直営店、ロフトで先行販売スタート。(2020/6/19)

シャープのマスク抽選販売、次回から8万4000箱に 倍率100倍程度目指す
シャープは6月19日、次回抽選からマスクの販売数を8万4000箱に増やすと発表した。過去7回分の累計応募総数は831万2238件。「当選倍率を100倍程度に緩和するため」としている。(2020/6/19)

ミッドレンジ向け「Snapdragon 690 5G」発表 シャープやMotorolaが対応スマホ発売へ
米Qualcommが6月16日(現地時間)、Snapdragon 600シリーズとして初の5G対応プロセッサとなる「Snapdragon 690 5G」を発表した。Snapdragon 690 5Gは「5Gのユーザー体験をより幅広く提供するもの」として位置付けられ、安価な5Gスマートフォンへの搭載が期待される。シャープ、HMD Global、LGエレクトロニクス、Motoroka、TCL、Wingtecが採用を表明している。(2020/6/17)

「在宅勤務・テレワーク」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、シャープAQUOS・42V型フルハイビジョン液晶テレビなどの賞品をプレゼント。(2020/6/16)

auとUQ mobileの「AQUOS sense3 basic」が6月19日発売 価格は2万7000円台(税込み)
KDDI(au)とUQコミュニケーションズ(UQ mobile)が、6月19日からシャープ製のスマートフォン「AQUOS sense3 basic」を販売する。価格(税込み)はau向けが2万7830円、UQ mobile向けが2万7720円。AQUOS sense3からスペックをやや落としており、おサイフケータイや指紋センサーを搭載しない。(2020/6/15)

PS5は空気清浄機に似ている? シャープ公式も「私は欲しいよPS5」と反応 流線型はエアフロー重視か
新型ゲーム機「プレイステーション5」の外観が空気清浄機などと似ていると一部で話題になっている。流線型のボディーは高性能化に伴い重要となる排熱機構(エアフロー)を重視したものと考えられる。(2020/6/12)

シャープ福山事業所の一部を取得:
三菱電機、200億円でパワー半導体新拠点を設置
三菱電機は2020年6月11日、シャープから福山事業所(広島県福山市)の一部を取得し、パワー半導体を製造する新拠点(前工程)を開設する、と発表した。投資額は総額約200億円で、2021年11月の稼働開始を目指す。(2020/6/12)

工場ニュース:
三菱電機がシャープ福山事業所の一部を取得、パワー半導体の前工程拠点に
三菱電機は、パワーデバイス製作所のウエハープロセス工程の新たな製造拠点を広島県福山市に開設すると発表した。シャープから、同社の福山事業所(広島県福山市)の一部の土地と建屋などを取得して製造ラインを構築する。(2020/6/12)

シャープが「AQUOS zero2」「AQUOS R3」をインドネシアで発売
シャープは、世界最軽量をうたうAndroidスマートフォン「AQUOS zero2」を、インドネシアにて発売した。あわせて「AQUOS R3」も7月上旬に発売する。両機種ともSharp Electronics Indonesiaの直営店や、携帯電話販売チェーン店、オンラインストアなどを通じて販売する。(2020/6/10)

製品動向:
シャープと清水建設が作業員1人で配筋検査を行える新システムを開発
これまで、配筋検査は、準備から報告書の作成まで多くの時間と労力がかかることが問題となっていた。従来の配筋検査が抱える長い作業時間や多くの人手を要すといった課題をシャープと清水建設は新システムを開発し解消した。(2020/6/9)

洗濯するたびにユーザー好みに成長する「AI標準モード」搭載の洗濯機、シャープが発売 成長具合を動物に例える機能も
スマートフォンアプリを活用してユーザーの好みを学習し、設定を自動変更する「AI標準コース」搭載の洗濯機をシャープが発売する。(2020/6/8)

シャープのマスク、新規応募は15万件 購入期間を一日延長
シャープは、第6回マスク抽選販売の応募が15万218件だったと発表した。これまでの応募総数は814万6289件。今後は当選者のマスク購入手続き期間を1日延長する。(2020/6/5)

製造マネジメントニュース:
シャープが液晶パネルとカメラモジュール事業を分社化、外部資金獲得を視野に
シャープは2020年5月29日、液晶パネルを中心としたディスプレイデバイス事業と、センサーデバイスやカメラデバイスを中心としたカメラモジュール事業を分社化すると発表した。(2020/6/1)

シャープのマスク販売、5回目も21万人が新規に応募
シャープが5回目のマスク抽選販売で新規応募者が20万8599人だったと発表した。応募総数は799万6071人。前回に続き7万人が当選した。(2020/5/29)

シャープのマスクは「107年の歴史で最大のヒット」 市場価格下落でも人気維持
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、シャープが液晶工場で生産するマスクの販売が人気を博している。現在、マスクは一時に比べて品不足が解消され、市場価格も下落しているが、同社のマスクは社名が入っているプレミア感もあり、依然として注文が絶えない。(2020/5/29)

シャープ、スマート家電アプリとガス機器を連携 マスク販売で起きた“不具合”は解消
シャープの子会社は、シャープのスマート家電を遠隔操作できるスマートフォンアプリで、大阪ガスなどのガス機器も操作できるようにした。マスク販売時、アクセス集中によって起きたスマート家電が操作できなくなる問題は、システムを分離して解消した。(2020/5/29)

シャープのマスクは「プレミアム」 市場価格下落でも人気維持
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、シャープが液晶工場で生産するマスクの販売が好調だ。マスクは一時に比べて品不足が解消され、商店街などでは安価で販売され始めている。それらと比べるとシャープのマスクは割高ともいえるが、抽選ではこれまでに778万件超の応募があり、発売当初は電子商取引(EC)サイトにアクセスが集中してIoT(人とモノのインターネット)家電の操作に影響が出る一幕もあった。質の高さに加え、マスク生産にいち早く参入したことや、社名が入る「プレミアム感」も人気の秘訣のようだ。(山本考志)(2020/5/28)

UQ mobileの夏モデル発表 「AQUOS sense3 basic」「OPPO Reno3 A」「Galaxy A41」の3機種
UQコミュニケーションズが5月25日、MVNOサービス「UQ mobile」の夏商戦向けスマートフォン新機種を6月中旬以降に発売する。ラインアップはシャープ製の「AQUOS sense3 basic」、OPPO製の「OPPO Reno3 A」、サムスン電子製の「Galaxy A41」。いずれもミッドレンジのスマートフォンだ。(2020/5/25)

シャープのマスク販売が1000万枚を突破 第4回の新規応募者は32万人
シャープが、4回目のマスク抽選販売の新規応募者が32万576人だったと発表した。当選者は7万人。累計応募者は778万7472人。(2020/5/22)

組み込み採用事例:
新4K8K放送に対応したミドルウェアを「AQUOS 8Kテレビ」に搭載
富士ソフトは、デジタルテレビ向けミドルウェア「FSDTV Middleware for ARIB」がシャープの「AQUOS 8Kテレビ」に搭載されたと発表した。新4K8K衛星放送における8K放送に対応する。(2020/5/22)

シャープの肩のせスピーカーが生活防水に ボタン1つで人の声を聞きやすく
シャープが肩にのせるウェアラブルスピーカーの新製品を7月に発売する。人の声を聞き取りやすくする「クリアボイス」機能を追加した他、IPX4準拠の生活防水で使用場所を広げた。(2020/5/21)

シャープが台湾で「AQUOS zero2」を発売 
シャープは5月20日、スマートフォン「AQUOS zero2」を台湾で発売した。販売方法はオンラインに限り、店舗での販売は行わない。市場想定価格は7万8500円前後。(2020/5/20)

シャープのマスク抽選販売、第3回応募者は65万人に 当選者は7万人へ増員
シャープは、第3回目のマスクの抽選販売への新規応募者が約65万人だったと発表した。当選者は当初予定していた6万人から7万人に増やす。(2020/5/15)

蓄電・発電機器:
雷による停電に備え太陽光から自動充電、シャープが蓄電池に新機能
シャープが住宅用太陽光発電・蓄電池と連携するクラウドHEMSサービス「COCORO ENERGY」を2020年7月1日にバージョンアップ。業界初という、雷注意報と連動し、停電に備えて必要な電力を蓄電池に自動充電する機能など、複数の新機能を追加する。(2020/5/15)

シャープ、初の有機ELテレビを発売も「AQUOSではない」
シャープが初の有機ELテレビ「CQ1ライン」を発表した。今回はあえてAQUOSブランドにしなかったという。理由は「AQUOSブランドは液晶というイメージが強いため」(2020/5/11)

「リモコンに水みせたってるねん」 リモコンに未知の世界を教えるシュールで優しいツイートが人気
リモコンのメーカー、シャープも反応。(2020/5/8)

シャープのマスク抽選販売、応募総数は680万人超に
シャープは、家庭用マスク抽選販売の応募総数が680万人を超えたと発表。これまで抽選販売を2回実施しており、現在は3回目の募集をかけている。(2020/5/8)

シャープ、マスク抽選販売の応募受付を3日に再開
シャープは5月1日、第2回目以降のマスク抽選販売について、常時応募を受け付ける方法に変更すると発表した。第2回は5万箱を販売する。(2020/5/1)

シャープのマスク抽選販売、470万人から応募殺到 4万箱に急きょ増産 倍率は118倍に
シャープがマスクの抽選販売の応募を締め切った。その結果、470万6385人と多数から応募があったため、販売する数量を4万箱に急きょ増産。当選倍率は約118倍となっている。(2020/4/28)

シャープのマスク抽選販売、応募総数は470万人で倍率100倍 当選通知メールの成り済ましに注意呼びかけ
大人気。(2020/4/28)

PR:5G時代の幕開けにふさわしいスマートフォン 「AQUOS R5G」を使い倒してみた
「5G」の商用サービス開始に合わせて、シャープはいち早く対応スマートフォン「AQUOS R5G」を投入した。8K動画を撮影できるカメラや6.5型IGZOディスプレイを搭載するなど、5G環境での実力をいかんなく発揮できるモデルに仕上がっている。(2020/4/27)

一部のシャープ製スマホに脆弱性 シリアル番号など漏えいの恐れ 修正ソフトを配布【訂正あり】
シャープ製のAndroid搭載スマートフォン「AQUOS」シリーズに、セキュリティ上の脆弱性が見つかった。スマートフォンの識別番号やシリアル番号などの情報が漏えいする可能性があるとして、同社はソフトウェアの更新を呼びかけている。(2020/4/24)

シャープ、マスクの販売を再開へ 先着順から抽選販売に変更、応募は4月27日から
会員登録も不要に。(2020/4/23)

シャープ、マスク販売を“抽選”に、27日に3万箱を販売
シャープは、家庭用マスクの販売方法を抽選に変更する。「COCORO MEMBERS」への事前登録は不要とし、当選した人が購入時に登録する形に。応募は4月27日の午前0時から午後11時59分まで受け付ける。(2020/4/23)

シャープ製Android端末に脆弱性 アップデートで対応
IPAとJPCERT/CCが、4月23日にシャープ製Android搭載端末に情報漏えいの脆弱性が存在すると発表した。対策方法として、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。(2020/4/23)

シャープ、マスク販売を一時中止も「22日中の再開目指す」
シャープは、個人向けマスクを販売するECサイトが発売日の朝からアクセスしにくい状態になった問題で、22日の午前10時に予定していたマスク販売を見送ると発表した。「問題を解決し、早ければ今日中にも販売を再開したい」としている。(2020/4/22)

アクセスが集中:
シャープが個人向けマスクの販売を中止 再開急ぐ
シャープが個人向けマスクの販売を中止。ECサイトにアクセスが集中して購入できない状態になっていた。見通しは告知できない状況だという。(2020/4/22)

シャープのマスク、本日10時の販売はなし 再開については「今日中の再開目指す」
がんばって……!(2020/4/22)

シャープのマスク販売サイト、アクセス集中でスマート家電の操作に影響 なぜ?
シャープが家庭用マスクをECサイトで発売したところ、購入希望者のアクセスが集中して思わぬところに影響が出た。エアコンや空気清浄機がスマートフォンで操作できなくなったという。(2020/4/21)

シャープ、IoT家電の遠隔操作に不具合 マスク販売サイトにアクセス集中で
 シャープが21日午前10時にマスクを発売した同社の電子商取引(EC)サイトが接続しにくくなっている問題で、インターネットに接続したエアコンなどの同社のIoT(モノのインターネット)家電の一部の機能も利用できなくなっていることが分かった。(2020/4/21)

シャープ、マスク販売開始でアクセス集中 → 同社のIoT家電が一時使えない状態に
意外なところに影響が……(追記あり)。(2020/4/21)

シャープのマスク販売サイトにアクセス集中、接続しにくい状態に
シャープが21日午前10時にマスクを発売した同社の電子商取引(EC)サイトが同日正午にかけ、接続しにくい状態が続いている。(2020/4/21)

シャープのマスク、販売初日にアクセス殺到でつながりにくい状態に
シャープが製造した個人向け不織布マスクを販売するECサイト「SHARP COCORO LIFE」が、発売日の4月21日朝からアクセスできない状態になっている。(2020/4/21)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。