「睡眠」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「睡眠」に関する情報が集まったページです。

「これぞ、寝落ち」「野生が消えてる」 ベッドから落ちてもそのまま寝る柴犬ワンコの強靭な睡眠力
つよい寝!(2019/5/1)

ニコニコ超会議2019:
ニコ超の“寝る”ブース、睡眠を脳波で可視化 隣がテクノ法要でも「意外と寝てる」
ニコニコ超会議2019に「寝るブース」が出現。大音量の中で人々は寝られるのか。(2019/4/27)

年収1000万円プレイヤーの朝は早い……睡眠時間も少なめ、という調査結果
いっぱい稼ぐのも大変なんだなと思いました(凡人の感想です)。(2019/4/19)

「睡眠カフェ」で寝てみた コーヒーと最高級ベッドによる仮眠の質はいかほど?
30分〜3時間の仮眠を取れる「睡眠カフェ」を漫画家サダタローがレポート。果たして睡眠の質は?(2019/4/17)

「五月病」が増える?:
睡眠不足は酩酊と同じ 「眠り」見直し、会社で仮眠も
時間外労働の上限規制などを定めた働き方改革関連法が今月、施行された。無駄な残業の削減や、有給休暇の取得義務化で時間の使い方が変化する人もいそうだ。生活習慣や職場環境を見直す絶好の機会となるが、「睡眠」はそのポイントの一つ。専門家のアドバイスや企業の先進事例を踏まえ、改めてその大切さを考えたい。 (文化部 玉崎栄次)(2019/4/15)

スマホの利用時間長くても勉強時間は短くならない LINEと神奈川県が青少年のネット利用実態を調査
スマホの利用時間が長くとも、勉強時間や睡眠時間が短くなることはなかったとのデータも。(2019/4/1)

体がドロドロに溶けて「大地」になる感覚 ヨガの「屍のポーズ」で快眠できた体験漫画に「やってみたい」の声
キミも大地になれるかも。(2019/4/1)

カラー有機EL搭載の「HUAWEI Band 3」3月29日発売 6100円
ファーウェイは、3月29日に多機能性スマートバンド「HUAWEI Band 3」を発売する。ディスプレイには大きなカラー有機ELタッチスクリーンを搭載。5気圧防水や心拍数・睡眠時間の計測などの機能を備える。市場想定価格は6100円(税別)。(2019/3/21)

安全システム:
シートベルトで眠気や体調悪化を検知、損保ジャパン日本興亜とベンチャー
損害保険ジャパン日本興亜とPOSH WELLNESS LABORATORYは2019年3月13日、シートベルトカバー型デバイスを用いてドライバーの眠気や体調を検知するサービスの提供に向けて、実証実験を開始したと発表した。(2019/3/15)

ブライダル企業「CRAZY」社長が語る:
「睡眠時間が長い社員」に報酬 異例の福利厚生はなぜ生まれ、どんな効果を生んだ?
ブライダル企業のCRAZYは、18年10月から「睡眠時間が長い社員」に報酬を付与する福利厚生制度を始めている。なぜこれを導入したのか。導入から5カ月でどんな変化があったのか。森山和彦社長が会見を開き、報道陣に語った。(2019/3/14)

「意識変わった」「風邪が減った」 しっかり寝ると報酬がもらえる「睡眠報酬制度」を導入した企業の“その後”
「睡眠報酬制度」を導入したCRAZYの森山社長は「社会実験そのもの」と話す。前代未聞の取り組みがスタートして約5カ月、社員の反応は? その成果は? 現在の状況を聞いた。(2019/3/13)

ホームIoT「au HOME」「with HOME」がスリープテックに進出 ニューロスペース、フランスベッドとコラボ
au(KDDIと沖縄セルラー電話)のホームIoTサービスが、睡眠の質を向上する「スリープテック」に進出。ニューロスペースと協業による睡眠アプリを提供する他、フランスベッドから対応睡眠センサーを内蔵したスマートマットレスが発売される。(2019/3/13)

この猫めっちゃ地熱を感じてる! 観光スポットで大胆なお昼寝をする猫さんが目撃される
しかも貸し切り状態。(2019/3/8)

音を使って眠りをサポートする“仮眠スペース” ヤマハが成田空港で実験開始
ヤマハが音を活用して眠りをサポートする仮眠スペースの実証実験を成田国際空港で始めた。時差ぼけや睡眠不足の人に試してもらい、システムの有用性などを検証する。(2019/2/27)

Apple Watchで睡眠トラッキング?
Appleは2020年までに、Apple Watchに睡眠トラッキング機能を追加するかもしれない。(2019/2/27)

ネスレの「睡眠カフェ」が常設オープンへ 決まった時間の睡眠とコーヒーを提供
昼寝は仕事のクオリティーを上げてくれるそうですよ。(2019/2/25)

ここから動きたくないワン ヒーターを独り占めのワンちゃん、全身で温風を受け止め極楽の表情
暖房×睡眠=最高。(2019/2/23)

「ツイッターを見始めた!」「二度寝だー!!」 「寝起き」をスポーツ中継風に描く漫画があるあるすぎてつらい
うーん、みみがいたい。(2019/2/20)

コーヒーと高級ベッドですっきり「睡眠カフェ」、大井町に常設へ IoTで安眠サポートも
コーヒーを飲んで30分〜3時間の睡眠を取れる「ネスカフェ 睡眠カフェ」(東京・大井町)が、3月6日にオープンする。(2019/2/18)

体を鍛えるニャ トレーニングマシンに興味津々な猫・すずめちゃんとうなぎちゃん
お昼寝にもちょうどいいニャ。(2019/2/14)

キャリアニュース:
会社員の7割以上が睡眠に不満、約8割が仕事中に眠気
ニューロスペースが「睡眠」に関する調査結果を発表した。会社員の7割以上が睡眠に不満を持っており、約8割が仕事中に眠気を感じていた。(2019/2/13)

決して起きませんニャ もみもみマッサージされても起きないにゃんこが幸せそう
お昼寝の魔力には逆らえない。(2019/2/11)

「かっこええやろ」 睡眠時無呼吸症候群の千原せいじ、ドヤ顔でマスク姿を公開するもファンからツッコミ続出
こういうときでも笑いを忘れないせいじさん。(2019/1/30)

どうやって寝たらこうなるんだ 賀来賢人の寝起きに「ブロッコリー」「扇子みたい」とツッコミ殺到
この寝癖は奇跡的。(2019/1/24)

CES2019:
音声認識に視線や感情、眠気検知を組み合わせ、より柔軟なエージェントに
Nuance Communications(ニュアンス)は、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、カメラによる視線検知と音声認識技術を組み合わせた開発中の新機能を披露した。開発技術は、POI(Point of Interest)検索やストリーミングサービス、リアルタイムな情報を得る場合にはクラウド連携が必要だが、それ以外については車載情報機器側で処理が終えられるという。(2019/1/15)

新しいお家に慣れた子犬が安心してウトウト 睡魔に勝てないワンコとそれを見守るワンコがほほえましい
眠気に負けてしまった感がすごい。(2019/1/13)

「睡眠は短時間で十分」は本当?:
「仕事中ずっと眠い」「寝ても疲れがとれない」――こんな悩みを捨て去る“眠り方改革”
ビジネスパーソンはどうすれば、睡眠の質を高め、すっきりとした状態で翌日の仕事に臨めるのか。「仕事中ずっと眠い」といった状況を防ぐ方法を、作業療法士の菅原洋平氏に聞いた。ベッド内でのスマホ操作をやめることや、起きる時間をそろえることがカギになってくるという。(2019/1/12)

C2の18年12月調査:
10〜20代男性の睡眠は6時間未満
睡眠管理アプリ「熟睡アラーム」を開発するC2は、2018年12月におけるユーザーの睡眠統計調査結果を発表。その内容は……?(2019/1/10)

Googleさん:
Mi Band 3をPixel 3のお供にした
昨年末に日本で正式に販売開始した中国Xiaomiのアクティブトラッカー「Mi Band 3」を約3週間使ってみました。バッテリーが長持ちなので睡眠トラッカーとして活躍しています。(2019/1/5)

寝顔がとても「おっさん」みたいな猫ちゃん 座禅で瞑想しているような姿が目撃される
ただの寝起き?(2018/12/24)

SEMICON Japan 2018:
「飲む体温計」、胃酸で発電し睡眠中に体温測定
東北大学の中村力研究室と慶應義塾大学の仰木裕嗣研究室は、「SEMICON Japan 2018」で、錠剤型の「飲む体温計」を展示した。胃酸で発電したエネルギーで動作し、睡眠中に基礎体温(深部体温)を測定できる。(2018/12/18)

Apple、買収した睡眠トラッカー新製品を発売
Appleは、睡眠トラッカー「Beddit Sleep Monitor Model 3.5」を発売した。(2018/12/11)

生まれてからまだ5カ月なのにこんな大きいの!? アムールトラの子どもたちが元気いっぱい
たっぷり遊んですやすやお昼寝。(2018/12/9)

「ガイル」「ポルナレフ」「マジンガー」 賀来賢人の寝起き写真がいろんなキャラクターに例えられてしまう
寝癖の方がヤンキー。(2018/11/18)

子守りもお昼寝もぼくにまかせて! 柴犬の「銀兄ちゃん」がとっても頼もしくて癒やされる
頼れるお兄ちゃんだね。(2018/11/9)

赤ちゃんが数時間おきに寝起き、頻繁な授乳タイム……アプリが記録したお母さんの生活が過酷すぎて頭が上がらない
このうえに、オムツ替えなど他の仕事もあるわけで……。(2018/11/6)

「ここでお昼寝するニャ」 かご鍋をもらったネコちゃん すっぽりと収まって満足そう
爪とぎと間違えたのはナイショだニャ。(2018/10/28)

医療技術ニュース:
歯がない高齢者は短時間睡眠、長時間睡眠のリスクが高くなる
東北大学は、歯がない高齢者は、短時間・長時間睡眠になるリスクが高いことを明らかにした。歯が0本の人では短時間睡眠のリスクが1.4倍、長時間睡眠のリスクが1.8倍になることが分かった。(2018/10/25)

「ウトウト……はわわっ」 滑らかな屋根で限界まで昼寝を試みるキツネさんから目が離せない
熱い魂が伝わってきます。(2018/10/18)

Huawei、独自OSのスマートウォッチ「Huawei Watch GT」発表 199ユーロから
Huaweiが、スマートウォッチ「Watch GT」を発表した。独自OS搭載で、一般的な使用であれば1回の充電で約2週間持つという。フィットネストラッキング、心拍計、睡眠機能も搭載し、価格は199ユーロ(約2万6000円)から。(2018/10/17)

睡眠に満足できない人多数:
寝る前の「お酒・牛乳・運動」でホントに熟睡できる? 医師に聞いた結果は……
睡眠の質に満足できない人が多いことがドコモ・ヘルスケアの調査で判明。よく眠るための工夫は「晩酌」「運動」などが挙がった。本当に効果的なのか、同社が内科医の見解を発表した。(2018/10/15)

最長25日持続のスタミナ、GPS対応のアナログスマートウォッチ「Steel HR Sport」実機レビュー 新生Withingsの実力は
GPS対応のアナログスマートウォッチ「Steel HR Sport」を試した。運動や睡眠、心拍数を計測する他、さまざまなアプリの通知に対応。最長25日持続するスタミナも魅力だ。(2018/10/10)

しっかり寝ると報酬がもらえる 日本初「睡眠報酬制度」を導入した企業
オーダーメイド結婚式をプロデュースするCRAZYが日本初の「睡眠報酬制度」を導入する。スマホアプリで社員の睡眠時間を計測。1週間のうち6時間を超える睡眠をとった日が5日以上あれば報酬を与える。(2018/10/9)

都内のブライダル企業が実施:
「睡眠時間が長い社員」に報酬 福利厚生で健康経営・生産性向上へ
ブライダル企業のCRAZYが、「睡眠をしっかり取る社員」に報酬を与える福利厚生制度を始める。一定の頻度で1日6時間以上の睡眠を取った社員に対し、社食などで使えるポイントを付与する。社員の健康促進と組織の生産性向上を図る狙い。(2018/10/9)

猫ちゃんとスヤスヤお昼寝  ボランティア男性のほっこりする写真がSNSで話題に
どの写真も幸せそう。(2018/10/8)

起きて起きて! ママと遊びたいサイの赤ちゃん、お昼寝させないためにとった作戦がワイルド
ママが好きすぎて。(2018/9/29)

平均睡眠時間、40代のほぼ半数が6時間未満 全年齢層の約2割が「睡眠での休養が不十分」 厚労省調査
できるならもっと寝たい。(2018/9/12)

Boseの睡眠サポートイヤフォン「sleepbuds」 日本でも販売開始
ボーズは9月6日、睡眠をサポートするイヤフォン「Bose noise-masking sleepbuds」の販売を日本国内でも開始した。(2018/9/6)

「心」の健康も大切:
100歳以上の長寿100人に聞いた、「健康的に楽しく生きる」コツとは?
元気に100歳を迎えるための秘訣(ひけつ)とは? ヘルスケア用品などの製造・販売を手掛けるキューサイ(福岡市)が100歳以上の男女に意見を聞いたところ、(1)身体を動かす、(2)3食欠かさず食べ、十分な睡眠を取る、(3)趣味を持ち、好奇心を失わない――の3つの共通点があることが分かった。(2018/9/4)

一緒に寝るよー 人形を寝かしつけて隣でお昼寝をする世話好きなウサギさん
新しいお友達だよー。(2018/8/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。