「南アフリカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「南アフリカ」に関する情報が集まったページです。

IHSアナリストと振り返る半導体業界:
2019年は転換の年、2020年は“半導体不足”の時代に突入
半導体業界にとって2019年は、市場全般の低迷に加え、米中貿易問題、日韓貿易問題といった政治的な要素にも大きく影響を受けた年となった。IHSマークイットジャパンのアナリスト5人が、2020年の展望を交えつつ、2019年の半導体業界を振り返る。(2019/12/25)

製造マネジメントニュース:
日立が日立化成と画像診断事業を売却、MHPSの保有株式も三菱重工へ譲渡
日立製作所が日立化成と画像診断事業を売却する。三菱重工業との間で係争になっていた三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の南アフリカプロジェクトに関する和解成立を受けて、日立が保有するMHPS株式を全て三菱重工に譲渡することも発表した。(2019/12/19)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが瞬時に株取引、為替暴落の危険も 金融業界で進むAIの取り組み
他業界に比べてAI導入が進む金融業界。自動株取引や不正検知など、実際のAI活用事例を紹介する。(2019/12/13)

こんなに表情豊かなの? オモシロ動物写真コンテストの受賞作品を一挙公開
大喜利を始めたくなるクオリティー。(2019/12/3)

KAMIYAMA Reports:
「新興国」と一括りにできない理由
いまでも「新興国(エマージング)」は、米国金利が上がっても下がっても、原油や資源価格が上がっても下がっても大丈夫なのか、などと質問を受ける。しかし投資において、新興国を一括りに分析することが難しくなってきたと考える。(2019/12/6)

2019年の振り返りと2020年の抱負を幹部が語る:
Twitterにあって他の動画プラットフォームにない提供価値は「話題化」と「話題に乗る」
令和への改元やラグビーワールドカップ2019日本大会をはじめとする大イベントをはじめ、2019年も日本で圧倒的な存在感を示したTwitter。現況と2020年に向けたビジネス展開について幹部が語った。(2019/11/28)

米国のHuawei制裁は「経済にとって有害」、5G基地局からのデータ漏えいは「不可能」
ファーウェイ・ジャパンが記者会見を開き、同社が日本にもたらした経済効果を解説。米国との貿易摩擦による影響についても議論された。米国がHuaweiを5Gインフラから排除させるようしている方針について、現代中国研究家の津上氏は「非常に有害だ」と危機感を募らせる。(2019/11/21)

南アのケンタでプロポーズしたカップルに世界中から祝福の声 マクドナルド「新婚旅行プレゼントしたい」など大手企業からも続々申し出
祝い金だけでなく指輪や食料品などの提供を申し出る企業の姿も。(2019/11/19)

今日のリサーチ:
ラグビーワールドカップ2019日本大会、日本代表戦5試合の視聴人数は8700万超え――ビデオリサーチ調査
ビデオリサーチが「テレビ視聴率調査」から全国の視聴人数を推計しました。(2019/11/7)

「デクラークが生で見れたのは嬉しかった」 オードリー若林、実姉とラグビーW杯を生観戦
中学時代はラグビー部だった若林さん。(2019/10/28)

これが未来か ラグビー「自由視点映像」の没入感が話題に キヤノンにすごさを聞いてみた
キヤノンの技術は世界一ぃぃぃ!(2019/10/26)

「日本代表として参戦だにゃ〜!」 ラグビーワールドカップを全力で応援する猫ちゃんがかわいい
そこだにゃ! ジャッカルだにゃ!(2019/10/26)

スピン経済の歩き方:
ラグビーW杯の成功で見えた「武道ツーリズム」のポテンシャル
南アフリカに敗れてしまったものの、イベント的には大きな盛り上がりを見せているラグビーW杯。大喜びしている人たちが山ほどいる中で、筆者の窪田氏は「スポーツツーリズム」に大きな可能性があるのではないかとみている。スポーツの中でも、特に期待しているのは……。(2019/10/23)

「ただの本物で草」「何回見ても笑顔のベジータ混じってる」 ガリットチュウ福島の“ラグビー日本代表集合ものまね”がジワジワくる
みんないい顔してやがる……!(2019/10/21)

「故意でないのはわかっている」「健闘を祈っているよ」 ラグビー稲垣啓太、“危険タックル”の南ア・ムタワリラとの肩組み2ショットに反響
稲垣選手は南アフリカ代表チームにエールを送っています。(2019/10/21)

日テレラグビー班の紅一点! “勝利の女神”笹崎里菜アナ、インスタに南ア戦の勝利を祈る声が続出
笹崎アナも頑張って!(2019/10/20)

ビジネスを通して実現したいこと:
ラグビー選手から起業家へ 前日本代表キャプテン・廣瀬俊朗が示す「セカンドキャリア」の作り方
空前のラグビーブームに沸く一方、まだまだ課題があるのが、選手たちが引退した後の「セカンドキャリア」だ。ラグビー日本代表のキャプテンをかつて務めていた廣瀬俊朗さんは選手たちの「セカンドキャリアの道筋を示したい」と語る。廣瀬さんに、日本代表を率いてきたリーダーシップの秘訣や、引退後のキャリア、起業した経緯について聞いた。(2019/10/20)

スコットランドの暴れん坊に日本刀を贈呈、ラグビー日本代表リーチ・マイケル主将の粋な計らいが話題に
日本対スコットランド、激戦の後に訪れる美しきスポーツマンシップ。(2019/10/16)

キングカズ&三浦りさ子、ラグビーW杯スコットランド戦を生観戦 歴史的瞬間に立ち会い「感動しました!」
少年ようなキングカズ。(2019/10/14)

史上初の決勝トーナメント進出 ラグビー日本代表がスコットランドに勝利でネットに歓喜あふれる
日本代表がスコットランドに28対21で勝利し1次リーグを4連勝。(2019/10/13)

スマートファクトリー:
住友ゴムがタイヤ生産をスマート化、日立「Lumada」とPTC「ThingWorx」を採用
住友ゴム工業、日立製作所、PTCジャパン、AIやIoTを活用したプラットフォームにより、高品質かつ高効率なタイヤ生産を実現するシステムをグローバルに構築するための本格的な協業を開始する。今後は、2025年までに同システムを住友ゴムの国内外12拠点のタイヤ製造工場に導入する計画である。(2019/10/4)

「奇跡とは言わせない」 ラグビー日本代表が世界ランク2位のアイルランドに勝利、ネットが感謝の声であふれる
日本代表が優勝候補のアイルランド代表に19対12で勝利。(2019/9/28)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界の水源を荒らす、中国の「ペットボトル飲料水」事情
小泉進次郎環境大臣の発言で地球温暖化問題などがあらためて注目されそうだが、「ペットボトル飲料水」の問題も深刻だ。需要拡大に合わせて水をくみ上げる中国企業に、ニュージーランドなどの水源地が反発。できる限り資源を守ることを考える必要がある。(2019/9/26)

HPCクラウド:
PR:製造業の設計開発はさらなる進化へ、クラウドCAEがもたらす力
製造業のクラウド活用が設計、開発、試作/検証などのR&D領域にも拡大しつつある。その需要を捉えるべく、マイクロソフトがクラウド「Microsoft Azure」を基盤に展開を図っているのが「Azure Big Compute」と呼ぶCAE・HPCソリューションだ。(2019/8/30)

世界を読み解くニュース・サロン:
「声認証」は安全なのか 世界で高まる“詐欺防止”への期待
セキュリティの重要性が高まる中、「声紋認証」があらためて注目されている。金融機関などが導入し、詐欺被害を食い止める効果があった。今後、さらに高精度の認証が可能になり、より幅広い分野で活用されていくだろう。(2019/8/22)

PR:世界と戦うために――日本ラグビー選抜チームを支えるボーダーレスモバイルWi-Fi「スカイベリー」
世界最高峰のプロラグビーリーグ「スーパーラグビー」で各国を転戦する日本チーム「サンウルブズ」は、120の国と地域でシームレスに利用できるボーダーレスモバイルWi-Fi「スカイベリー」(Skyberry)によって通信環境の課題を解決したという。(提供:a2network株式会社)(2019/8/16)

HAPSモバイル、Facebookの南アフリカ実証飛行デモンストレーションに参加
ソフトバンクの子会社であるHAPSモバイルは、成層圏通信プラットフォーム「HAPS(High Altitude Platform Station)」事業の普及・発展を目指し、Facebookと協力。その一環として、Facebookが南アフリカで実施したHAPSの実証飛行デモンストレーションに参加した。(2019/8/15)

世界を読み解くニュース・サロン:
仕事中の「30分の昼寝」で、パフォーマンスはどれほど変わるのか
「昼寝」の重要性が見直されている。仕事のパフォーマンス向上や、勉強、長時間の運転にも効果的だとされる。睡眠時間がとにかく短い日本でも、企業などで昼寝を取り入れるケースが出てきた。導入を考えてみてはどうだろうか。(2019/8/15)

13万5000馬力、時速1600キロオーバー!? 音速を超える世界最速のクルマ「ブラッドハウンド」テスト走行を2019年秋に実施へ
本番は2020年後半を予定しています。(2019/7/14)

Spotify軽量版「Spotify Lite」、新興国市場で公開
音楽ストリーミング最大手のSpotifyが、通信環境が悪くても快適に音楽を楽しめると謳う軽量版アプリ「Spotify Lite」を主に新興国市場で公開した。データ使用上限設定機能付き。(2019/7/9)

イノベーター列伝:
「メイド・イン・アフリカ」を世界へ ガーナの村を支援する日本人女性の奮闘――SKYAH 原ゆかり氏
新市場の創造を目指す挑戦者を紹介します。(2019/6/27)

今日のリサーチ:
CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査結果を発表しました。(2019/6/24)

「冷蔵庫が汚いかどうかで、その人のデータ管理能力が分かる」と判明
カスペルスキーの調査によると、個人情報や機密データを含む文書を職場に保管している人はグローバルで72%(日本で59.2%)で、ほぼ同数の71%がアクセス権限を保証する責任は上層部やIT部門、セキュリティチームにあると回答するなど、セキュリティ意識の甘さが露呈した。(2019/5/27)

KFC南アフリカが「ケンタッキーをタダで食べ続けた男」のエピソードを否定
(2019/5/16)

空でも飛ぶつもりか!? 最高2200馬力のヒルクライム専用カスタム「GT-R」がいろいろぶっ飛んでて最高
ミニ四駆っぽさもある。(2019/5/6)

データ損失による罰金も:
企業のデータ消失は平均2.13TBで損害額100万ドル、Dell EMCが調査
デルとEMCジャパンが調査した「グローバル データ保護インデックス」によると、日本企業が管理しているデータは2年間で約6.9倍に増加した。それに伴い、回復不能なデータ損失の量も増えている。(2019/4/18)

南アフリカの国立公園に入り込んだ密猟者、ゾウに殺されライオンのエサに
遺体はライオンに食べられたようで、頭蓋骨とズボンのみが発見されたのこと。(2019/4/13)

Gartner Insights Pickup(103):
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に打ち勝つ
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に陥る組織が増えている。従業員への働き掛けのハック、ナッジ、プロッドにより、目標を見失って迷走しているデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを立て直すべきだ。(2019/4/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
松坂大輔を悲劇の負傷に追い込んだ、“過剰ファンサービス”の行方
中日ドラゴンズの松坂大輔投手が、右肩を負傷した。ファンから右腕を強く引かれ、その影響によって右肩に炎症が見つかったわけだが、この“事件”は球団だけでなく、プロ野球界にも波紋が広がりつつある。どういうことかというと……。(2019/2/14)

コラボレーションツールはビジネスにどう役立つのか
Nestle、世界中の拠点に「Workplace by Facebook」を導入
Nestleは、世界各地で働く従業員の共同作業を効率化するために「Workplace by Facebook」を採用した。コラボレーションツール選定のポイントとWorkplaceの導入効果について、同社CIO(最高情報責任者)が語った。(2019/2/11)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ドル箱の巨人キャンプを手放したくない、宮崎県の苦悩
2月1日、プロ野球の春季キャンプがスタートした。何だかんだ言っても、注目を集めているのが巨人である。報道陣の数も群を抜いて多いわけだが、そのキャンプ地、宮崎でまた大きな施設が完成した。裏では、行政の苦悩がうかがえて……。(2019/2/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
横審の“白鵬口撃”はいかがなものか 国際問題を招く可能性
横綱審議委員会による定例会合で、びっくりするような発言が飛び出した。白鵬と鶴竜の途中休場に対し、「本当にケガ?」などと“疑惑”を投げかけたのだ。引退した稀勢の里には甘く、白鵬と鶴竜にはなぜ手厳しいのか。このままでは……。(2019/1/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
赤ヘルの長野久義が広島の地にもたらす、“スゴい効果”の予感
「赤ヘルの長野久義」が広島の地へ降臨した。ここ数年の活躍を見ると、「広島で活躍できるのか?」と心配の声も出ているが、球団は“最強の補強”を手にしたと言えるだろう。どういうことかというと……。(2019/1/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
稀勢の里が「ケンシロウ」になれなかった理由
横綱、稀勢の里が身を引いた。漫画『北斗の拳』に登場するラオウの名セリフを感じさせられる言葉を口にしたので、話題になった。自身の土俵人生をラオウに重ねていたのかもしれないが、筆者の臼北氏は主役の「ケンシロウ」になるべきだったのでは? と指摘している。(2019/1/17)

海賊版サイト問題の解決を阻む「防弾ホスティング」 その歴史から現在までを読み解く
ダークウェブを日常的に調査している筆者が、防弾ホスティングについての各国の事情や歴史を解説していく。(2019/1/17)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
長野、内海――。功労者2人を“引き算”した、巨人・原監督の大誤算
まさかの結末になった。巨人のベテラン、長野久義外野手と内海哲也投手が離脱した。FAのプロテクトリストから外れたわけだが、この事態にネット上では大騒ぎに。救世主として期待された原監督の発言も、火に油を注ぐことになって……。(2019/1/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
“大炎上”を引き起こす政治家と企業の「決定的な欠陥」とは
新年早々、平沢勝栄議員の発言が炎上。近年は政治家や企業がSNSなどで炎上するケースが相次いでおり、2019年も続くだろう。自分たちの意見や表現が世間と「ずれている」と気付かないのは、ある能力が決定的に欠けているからだ。その能力とは……(2019/1/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
やはり元貴乃花親方は、“同じ穴のムジナ”だったのか
元貴乃花親方が騒動に巻き込まれている。弟子だった元幕内・貴ノ岩が弟弟子に暴力をふるい、引退することに。この“事件”についてコメントを求められても、元親方は知らんぷり。こうした対応について、関係者からは非難の声が出ていて……。(2018/12/21)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
なぜ日本のプロ野球選手に、愛煙家が多いのか
世の中は「禁煙」の動きが広がっているのに、なぜかプロ野球界はどこ吹く風といった感じ。ベンチ裏では主力選手だけでなく、スタッフもプカプカと吸っている。一方、大リーグでは禁煙化の動きが進んでいて……。(2018/12/14)

ハリウッド版「モンハン」、ハンドラー役に山崎紘菜 ミラ・ジョヴォヴィッチも絶賛「ゲームから飛び出してきたみたい」
山崎さん「期待を裏切らないように演じられたら」。(2018/12/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。