「店舗」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「店舗」に関する情報が集まったページです。

ラグビーW杯、「日本 対 スコットランド」開催決定 台風19号の影響で中止も検討されていた
一部店舗が休業するなどの影響を鑑みて飲料持込可。(2019/10/13)

サンマ不漁で定食チェーン悲鳴! 大戸屋、やよい軒は販売なし
秋の味覚として欠かせないサンマが記録的な不漁となり、スーパーでも昨年の約2倍の店頭価格で売られている。定食チェーンも大きなあおりを受けており、冷凍で対応する店舗や提供を見合わせる店舗などさまざまだ。「サンマ定食」はどうなるのか。(2019/10/12)

イトーヨーカドー、台風19号の影響で初の「計画休業」 124店舗の臨時休業を決定
休むからこそ得られる安心がある。(2019/10/11)

セブン-イレブン、1000店舗を閉店・移転へ リストラ断行でイトーヨーカドー、そごう・西武も閉店加速
セブン&アイが事業構造改革を断行します。(2019/10/10)

誰にも会わず、いつでもすぐにDVDやCDを借りられる店舗、ゲオが全国展開へ
ゲオはスマートフォンで注文や決済を行い、店内のロッカーで商品を受け取れる非対面式ロッカー型レンタルショップ「GEO SPEED」(ゲオスピード)の展開を始める。通勤や買い物の途中で店舗に立ち寄りさえすれば、いつでも誰にも会わずにDVDやCDを受け取れる。(2019/10/10)

地名の検索すらできない 経産省公式「ポイント還元対象店舗検索アプリ」の使いにくさ嘆く漫画に大反響
業種別の絞り込みもできません。(2019/10/10)

加盟店を中心に実施:
ローソンが元日休業にチャレンジ 都心を中心に全国100店舗規模で
ローソンが元日休業を実験的に行う。都心を中心に全国100店舗規模で実施。休業の形態は店舗によって異なる予定。(2019/10/9)

弁当・総菜の発注量をAIが決定 西友が全国で実施へ 需要を高精度で予測しフードロス防ぐ
西友が弁当や総菜の発注業務の一部を、日立製作所のAIを用いて自動化すると発表した。10月に全国の店舗で導入を始めた。過去の発注量や廃棄量などのデータを分析し、店舗別・商品別の発注量を自動で算出する。フードロスの防止などが狙い。(2019/10/9)

10年で売り上げ5倍 ニッチな下着ネット通販の舞台裏
福井県あわら市の「すててこ」は下着専門のインターネット通販会社。アパレルのネット通販は多いが、下着に特化してニッチ(隙間)をねらい、売り上げを10年で5倍に急拡大させた。秘密は3代目社長による、実店舗からの大胆な転身にあった。(2019/10/9)

一風堂が無料でラーメンを大盤振る舞い 創業日の10月16日に「振る舞いラーメン祭」
国内34店舗限定。(2019/10/8)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
価格がコロコロ変わる! ビックカメラが「電子棚札」を導入したら何が見えてきたのか
ビックカメラでは自動で価格が変わる「電子棚札」の導入を進めている。全店に展開する予定で大手チェーンでは珍しい動きだ。実際に導入してどんな効果が出てきたのか、店舗に行ってみた。(2019/10/8)

マウス、名古屋ダイレクトショップを移転
マウスコンピューターは、同社店舗「名古屋ダイレクトショップ」の移転を発表した。(2019/10/7)

消費税率10%、ポイント還元策の加盟店は“西高東低”
消費税率が10%に引き上げられ、7日で1週間となる。キャッシュレス決済に伴うポイント還元策に加盟している店舗数は、人口1万人あたりで比較すると西日本が多く、東日本が少ない“西高東低”の傾向があることが分かった。(2019/10/7)

10月10日10時オープン:
1杯1180円の重箱ラーメン 味にも内装にもこだわった銀座の“高級”一蘭 オープンの狙いを探る
一蘭が10月10日に「銀座一蘭」をオープンする。限定メニューとして、重箱に入った高級ラーメン「天然とんこつラーメン(銀座重箱)」が提供される。麺やチャーシューだけでなく、内装にもこだわりがある店舗。一蘭では高価格帯のラーメンが登場し始めており、競合もホテルのルームサービスなどを開始している。(2019/10/4)

プロジェクト:
三井不動産が商業施設「COREDO室町テラス」をオープン、店舗デザインに台湾の書家や建築家が参画
三井不動産は、再開発プロジェクト「日本橋再生計画第2ステージ」の旗艦プランに位置付けられている大規模複合ビル「日本橋室町三井タワー」を活用した商業施設「COREDO室町テラス」を開業。これにより、同社の日本橋における再開発が大幅に前進した。(2019/10/4)

会員でなくても味わえる:
ホリエモンが立ち食い高級焼き肉店をオープン 会員制「WAGYUMAFIA」の新業態
ホリエモンが立ち食い高級焼き肉店をオープン。会員制「WAGYUMAFIA」でしか食べられない高級和牛を提供する。インバウンド客や富裕層を狙う店舗に行ってみた。(2019/10/3)

複雑化するキャッシュレス決済、店舗の負担どう減らす? 三井住友カードがAndroid決済端末を発表
三井住友カードがさまざまな決済手段に対応できるAndroid搭載端末「stera terminal」を2020年3月に発売する。19年2月から企画・開発を進めてきた決済プラットフォームも同時期にサービスを始める。(2019/10/3)

ユーザーも店舗も注目したい「キャッシュレス・消費者還元事業」
10月1日に消費税が増税され、税率が今までの8%から10%へと変更された。単純に2%の値上げとなるため、景気が低迷する日本においては消費の冷え込みにつながることが心配されている。そこで導入されたのが「キャッシュレス・消費者還元事業」だ。(2019/10/2)

京都アニメーション、実店舗を2020年3月末まで臨時休業に
以降の営業についても検討中としています。(2019/10/1)

ゆうちょPayが「Smart Code」に対応、統一コードで決済事業者の負担を軽減
ゆうちょ銀行は10月1日、スマホ決済サービス「ゆうちょPay」において、キャッシュレス推進協議会が定めるコート決済用の統一コード「JPQR」に準拠したJCBのコード決済手段「Smart Code」に対応したと発表した。Smart Codeは、コード決済事業者と各店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両社間の加盟店契約を一本化する事業。(2019/10/1)

公式アプリはまだ粗削り 「キャッシュレス消費者還元事業」活用のポイント
10月1日から消費税率が10%となり、一時的な負担軽減策として「キャッシュレスポイント還元事業」が始まりました。今後9カ月間にわたって実施されます。決済方法や対象店舗の探し方を紹介します。(2019/10/1)

ビックカメラ、31店舗に「Chromebook体験コーナー」を設置
ビックカメラは、計31店舗にChromebookの機能を体験できる「Chromebook体験コーナー」を設置する。(2019/10/1)

あえて現金ぽいイメージのある新橋で JCBがキャッシュレスイベント
JCBは10月1日から、キャッシュレス決済のイベント「#JCB みんなのキャッシュレス」を開始した。第一弾として、東京・新橋ガード下の9店舗にて、ドリンクが半額となるサービスや、キャッシュレス限定メニューを提供する。(2019/10/1)

キャッシュレス、ポイント還元浸透遠く…導入悩む店舗の思いは
10月1日の消費税増税に合わせて導入されるキャッシュレス決済に伴う「ポイント還元制度」が浸透していない。対象となる全国約200万店の中小企業のうち、同日からの参加を決めたのは4分の1程度。8%に据え置く「軽減税率」が適用される商品があるほか、店舗規模や商品の種類によって実質税率が異なるといった複雑さも一因とみられる。顧客の多くが現金派で不要と考える店もあり、今後の広がりは未知数だ。(2019/10/1)

米FOREVER 21が破産申請 店舗数を減らして事業を継続
現地の予想通りチャプター11を申請。(2019/9/30)

直立不動で身体計測:
オーダーメイドなのに販売も計測も「無人」 FABRIC TOKYOの新ブランド「STAMP」 ITワーカー市場はデニムに勝機
オーダースーツで好調のFABRIC TOKYOが新ブランドを立ち上げる。ブランド名は「STAMP」。クリエイティブワーカー向けに当初はデニムのみを展開する。販売は無人店舗で、計測も3Dスキャンを使い行う。今後は駅構内やオフィスビルなどへの出店も目指す。(2019/9/30)

製造業がサービス業となる日:
1台で月額1万円のAIカメラを96台導入するには
パナソニックは2019年9月11日、画像処理をエッジコンピューティングで行う「Vieurekaプラットフォーム」を導入した小売店舗を報道向けに公開した。納入先はサツドラホールディングスが運営するドラッグストア「サッポロドラッグストアー」(以下サツドラ)で、札幌市内の1店舗にVieurekaカメラ96台を設置した。この他にも2店舗でカメラを試験的に導入している。(2019/9/30)

セブン、再エネ100%店舗の実証実験開始 まずは神奈川県内の10店で
 セブン−イレブン・ジャパンは26日、自社の一部店舗で、運営に必要な電力の全量を再生可能エネルギーから調達する実証実験を順次始めると発表した。店舗に設置した太陽光パネルと蓄電池などを組み合わせ、必要な電力量をまかなう。二酸化炭素(CO2)の排出量削減により、持続可能なコンビニ運営を目指す。(2019/9/27)

FABRIC TOKYO×丸井グループ:
「買うのはネット、お店は経験の場」 激動の小売業界 “売らない”戦略で売り上げアップの謎
「売らない」戦略を取ることで売り上げの伸ばす企業が出てきている。FABRIC TOKYOでは店舗スタッフに売り上げノルマを課していないが、売り上げが毎年200%成長。丸井グループも同様の戦略を推し進める。小売りとECの境界がなくなる中で、「D2C」が注目を集めている。(2019/9/27)

セブン、再エネ100%店舗の実証実験開始 まずは神奈川県内の10店で
店舗に設置した太陽光パネルと蓄電池などを組み合わせ、必要な電力量をまかなう。(2019/9/27)

自然エネルギー:
セブンが“再エネ100%”でコンビニ運営、卒FIT太陽光やEVの蓄電池も活用
セブン-イレブン・ジャパンが神奈川県内のコンビニ10店舗において、運営に必要な電力を全て再生可能エネルギーとする実証実験を開始。太陽光発電、蓄電池、卒FIT電力の調達などを組み合わせて再エネ由来100%の店舗運営を実現する計画だ。(2019/9/27)

交通量の増加やたむろする若者が心配:
スーパーの「アピタ」と「ピアゴ」がどんどん“ドンキ化” 一方で住民から不安の声も
スーパーの「アピタ」と「ピアゴ」が“ドンキ化”している。運営会社は2022年をめどに、約100店舗を業態転換する方針だ。その一方で、生まれ変わる予定のアピタ岐阜店の周辺住民からは不安の声が出ている。(2019/9/27)

崎陽軒が「他の通販サイトで商品が転売されている」と注意喚起 「お客さまの安全に強い危惧を抱いている」
実店舗や公式の通販サイトを利用するよう呼びかけています。(2019/9/26)

9月27日開業「COREDO室町テラス」:
“日本×台湾”の書店が面白い「誠品生活日本橋」 交流を生み出す仕掛けとは
三井不動産は9月27日、東京・日本橋の商業施設「COREDO室町テラス」をオープンする。書店を中心とした台湾発のライフスタイル提案型店舗「誠品生活」が日本初出店。多様な人やモノが集まる街・日本橋の象徴の一つとなりそうだ。(2019/9/26)

「Forever21」が日本市場から撤退 10月末でECサイト・実店舗を閉店 ネットで別れを惜しむ声
「Forever21」運営元が、国内の全14店舗を10月31日に閉鎖すると発表した。ECサイトも同日までに閉鎖し、日本市場から完全に撤退する。ネットでは「寂しい」「好きだったのに」といった感想が飛び交い、9月25日午後には「Forever21」「フォーエバー21」がTwitterのトレンドに入った。(2019/9/25)

FOREVER21が日本完全撤退 10月末に全店舗とオンラインストアをクローズ
撤退までの期間は、全国の店舗とオンラインストアで最終セールを開催します。(2019/9/25)

「Forever21」が日本撤退を発表 店舗もECも閉鎖
(2019/9/25)

「丸善ジュンク堂に住んでみる」京都で初開催 「檸檬」の丸善京都本店で
「ジュンク堂に住みたい……」――こんな願いが叶う企画「丸善ジュンク堂に住んでみるツアー」が今年も11月に開かれる。6回目となる今回は、梶井基次郎の「檸檬」で知られる「丸善 京都本店」で、11月2日〜3日に開催。店舗に一泊し、本や雑誌などを自由に読むことができる。(2019/9/24)

「インスタ映え」目的で大量食べ残し、法的責任は問えず?
飲食店で食べきれないほどの料理を注文し、大半を残す行為が批判の的になっている。いわゆる「インスタ映え」に代表されるSNSへの投稿が背景にあったとみられ、過度な客を“出入り禁止”にするなどの自衛策を取る店舗もある。こうした行為の法的責任は問えるか?(2019/9/24)

国の「キャッシュレスでポイント還元」公式サイト、対象店舗を表示するデジタル地図導入 6000ページ超のPDF廃止
「キャッシュレス・消費者還元事業」の公式サイトがリニューアル。加盟店の位置を表示するデジタル地図を追加した他、同機能のアプリ版もリリースした。決済手段や地域・店舗名を入力すると、該当する加盟店の位置を地図上に表示できる仕組み。刷新前に話題となっていた、6000ページ超のPDFファイルがダウンロードされる仕様は廃止された。(2019/9/20)

加盟店を相互開放:
メルペイ、LINE Pay、d払いの「Mobile Payment Alliance」にau PAYが参画
KDDIは、9月18日にメルペイ、LINE Pay、NTTドコモのモバイルペイメント加盟店アライアンス「Mobile Payment Alliance」へ参画を発表。店舗業者はいずれか1つのサービスのQRコードを設置するだけで、メルペイ、LINE Pay、d払い、au PAYを導入できるようになる。(2019/9/19)

大日本印刷と共同で:
ジュンク堂書店に“電子棚”登場 POPをデジタル化 「本を手に取った回数」も分析
ジュンク堂書店池袋本店に「デジタルシェルフ」が登場。大日本印刷との共同実験だ。POPや価格表示を電子化し、店舗のオペレーション改善も見込むという。棚にはセンサーを内蔵し、お客がどのような行動を取ったのかも分析する。紙の出版物は市場の縮小が進むが、歯止めとなるだろうか。(2019/9/19)

駅やコンビニで荷物受け取り 再配達解消へ アマゾンが小田急などと提携
駅やコンビニで配送された荷物を受け取る大型のロッカーと、提携企業の店舗の店員による荷物の受け渡しができる拠点を東京、神奈川の各地に開設する。(2019/9/19)

コード決済の満足度1位は「PayPay」、店舗やキャンペーンが高評価 J.D.パワー調査
J.D.パワーが「2019年QRコード・バーコード決済サービス顧客満足度調査」の結果を発表。総合満足度ランキング1位は「PayPay」で、特に「利用できる店舗・ウェブサイト」「キャンペーン/ポイントサービス」の評価が高い。(2019/9/18)

いまや年間1200万個を扱う:
「扱う宅配便の8割はAmazon」のファミマ、宅配ロッカーで店舗負担の軽減なるか
(2019/9/18)

独自の説明文を掲載する店も:
セブンの「支払い額が増える」問題 店舗にある告知文が分かりにくかった
セブン-イレブンが消費税の計算方法を変更した。買い物の方法によっては支払総額が増えるケースもある。事前の告知が十分でなかったと広報担当者は反省の弁を述べた。(2019/9/18)

セブン-イレブン店舗オーナーが本部を「おでん無断発注」で告発 → どんな問題があるのか弁護士に聞いてみた
セブン-イレブン店舗のオーナー5人が、「本部社員がおでんなどの商品を無断で発注した」として公正取引委員会に申告書を提出しました。(2019/9/18)

「AI MIRAI」の新サービス:
電通と電通デジタル、自動車販売店での試乗体験を支援する「AI試乗ソリューション」を提供
自動車販売店での試乗にAIが「同乗」。試乗に対する心理的ハードルを軽減するなどのメリットがある(2019/9/17)

「ゆうちょPay」に機能追加 店舗検索やクーポン配布が可能に
ゆうちょ銀行は、9月17日にスマホ決済サービス「ゆうちょPay」へ機能追加を実施。新たに使えるお店検索機能、クーポン機能、ユーザー入力型静的QRコード決済機能が利用できるようになる。(2019/9/17)

百貨店に集う大人の食事 大阪でフードホール戦争
 大丸松坂屋百貨店の旗艦店、大丸心斎橋店本館(大阪市中央区)が20日、リニューアルオープンする。約3年かけ、店舗内容をほぼ一新。目玉の一つが、フロアで購入した食材とお酒を楽しめる「フードホール」だ。いわば大人版フードコートで、大阪では「キタ」を中心にオープンが相次いでいた。ミナミにも拡大した格好で、食をめぐる新たな争いが激化しそうだ。(山本考志)(2019/9/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。