「タクシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タクシー」に関する情報が集まったページです。

NAVITIMEとJapanTaxiが連携、ルート検索結果からタクシーを呼べるように
ナビタイムジャパンとJapanTaxiは、3月25日に「NAVITIME」と「JapanTaxi」のAPI連携を開始。NAVITIMEのルート検索結果からそのままJapanTaxiアプリに加盟するタクシーを呼ぶことができる。NAVITIMEアプリへタクシーの乗車位置を変えると所要時間を短縮できる場合に通知する新機能が追加される。(2019/3/25)

JapanTaxi、「車載タブレットで乗客の顔写真撮影」で行政指導 乗客に明示へ
個人情報保護委員会がJapanTaxiに行政指導。タクシーに搭載したタブレットのカメラで乗客の顔写真を撮影して性別を推定していたことについて「カメラの存在や利用目的の通知が不十分」と指導を受けたという。(2019/3/25)

JapanTaxiタブレット搭載のタクシーが「d払い」のコード決済に対応
JapanTaxiの「広告タブレット」または「決済機付きタブレット」 を搭載するタクシーが、NTTドコモの「d払い」のコード決済に対応。JapanTaxiアプリを介さずにd払いできるようになった。(2019/3/19)

元AKB48大島麻衣、タクシー運転手の“タメ口”対応に「私はお客だ」 炎上騒ぎに発展も怒り収まらず
「私はお客だ」は言っちゃダメだ……。(2019/3/13)

“生活の足”にスマホ予約OKのオンデマンド型乗合タクシー――第一交通と富士通が共同提供
第一交通と富士通は、公共交通手段の確保が困難な地域向けに、電話やスマホアプリで予約ができる「オンデマンド型乗合タクシー」を開始。予約や配車管理に富士通の「SPATIOWLオンデマンド交通サービス」を活用。利用者と送迎可能な車両を自動マッチングし、配車管理を効率化する。(2019/3/12)

たまたま乗ったタクシーで聞いた“愛猫との思い出” 運転手のおじさんとの会話を描いた漫画に感動の声
いつまでも心の大事な場所はあの子のもの。(2019/3/11)

JapanTaxiの初乗り運賃相当分が半額に、Origami Payのキャンペーン第4弾
Origamiは、3月11日から「オリガミで、半額。」キャンペーン第4弾を開催。JapanTaxiのタブレット搭載タクシーでOrigami Payを使って支払うと、初乗り運賃相当分が何度でも半額となる。対象車両は北海道、東京、神奈川、埼玉、大阪、兵庫、京都、福岡県内を走行する広告タブレット/決済機付きタブレット搭載タクシー車両で、期間は3月17日まで。(2019/3/6)

生産性の向上につながるか:
AI活用 駅の売店が無人、クリーニングにも広がる
外国人労働者の受け入れを目的とした改正出入国管理法が昨年12月に成立するなど深刻な人手不足が問題となるなか、職場で人工知能(AI)を活用しようという動きが強まっている。駅ではAI無人決済システムを取り入れた売店の実証実験や無人タクシーの走行実験が行われ、AIを活用した服の自動識別システムを導入したクリーニング店なども登場した。生産性の向上に向けた「切り札」となるか。(松崎翼)(2019/2/27)

IT用語解説系マンガ:食べ超(157):
MaaSで道交法をどうこうする10のおまじない
「IT導入のおかげで音速を超えられました」とタクシー運転手さんも笑顔です。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/2/20)

猫「ヘイ、タクシー!」 タクシーを止めているのかな? 懸命に前足を伸ばす猫ちゃんが面白かわいい
予約しておけばよかったかにゃ?(2019/2/14)

「0円」や「占い」……タクシー、驚きの活用続々
働き(飲み)過ぎて終電に乗り遅れ…。何かとお世話になっているタクシーだが、目的地までの送迎だけでなく、特性を活用した「企画タクシー」が続々誕生している。昨年末話題になった料金タダの「0円タクシー」に続き、密室空間を利用した「占いタクシー」も出現。普段はタクシーを利用しない学生からも注目され、若いドライバー志望者が増えている。(2019/2/12)

車両デザイン:
設置が難しすぎるトヨタ「JPN TAXI」の車いす用スロープを改善、既販車も対象
トヨタ自動車は2019年2月4日、タクシー専用車「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の車いす乗降用スロープについて、同年3月に一部改良を実施するとともに、販売済みの同モデルにも改善部品を提供すると発表した。車いすの乗客やタクシー事業者から、車いす乗降用スロープの設置作業が複雑で、実際の使用場面で困難な状況が生じていると指摘を寄せられていた。(2019/2/5)

乗り降り自由&乗り放題の「さっぽろ観光あいのりタクシー」でキャッシュレス観光――札幌市ら5者が共同実証
札幌市は、NTTドコモらと共同で、観光客向けの相乗りタクシー「さっぽろ観光あいのりタクシー」の実証実験を開始する。一人1日3000円で、乗り降り自由で市内を周遊できる。観光施設の電子チケットと併せて、チケットレス、キャッシュレスでの観光を楽しめる仕組みを提供する。(2019/1/28)

観光地で電子チケット広がる 乗り放題のAIタクシーと連携、外国人旅行者向けに 札幌でドコモが実証実験
札幌市、NTTドコモなどは、乗り放題のAIタクシーと電子チケットを活用し、外国人旅行者が観光地を効率良く回れるようにするサービスの実証実験を始めた。(2019/1/25)

大阪にもUberがやってきた 「Uber Taxi」大阪圏で開始、“霊感タクシー”の未来都とタッグ
霊感タクシーもUberで呼べるようになるのか……な?(2019/1/25)

Uber大阪進出 タクシー配車スタート
Uberが大阪のタクシー会社・未来都と協力し、大阪市を中心としたエリアでUberアプリを通じたタクシー配車サービスを始めた。Uberとタクシー会社の連携は、名古屋に次いで2例目。(2019/1/24)

ボタンを押すだけで配車できる「タクシーダッシュボタン」 新潟、宮城、沖縄で運用開始
モバイル・コマース・ソリューションは、スマートフォンやPCを使わずにタクシーを呼べる配車用のIoTデバイス「タクシーダッシュボタン」を製品化。高齢者を中心とした配車依頼をスムーズにするとともにタクシー会社の負担軽減を目指し、まずは新潟・宮城・沖縄で運用を開始した。(2019/1/21)

ボタン押すだけでタクシー呼べる「タクシーダッシュボタン」 一部地域で運用スタート
「玄関のチャイムを鳴らすように、ボタンをピッと押せばタクシーが呼べる」――そんなIoTデバイス「タクシーダッシュボタン」が登場。(2019/1/18)

千鳥、「TAXi」最新作で“岡山弁丸出し”吹き替え 大阪時代の“伝説のタクシー”を思い出す
クセが強い!(2019/1/18)

街中を走行する“IoTタクシー”による子どもたちの見守り実績が30万回を突破 見守りエリア拡大へ
ottaは、IoTを活用した見守りサービスの“動く基地局”として街中を走行する「IoT見守りタクシー」による子どもたちの見守り実績が、30万回に達したと発表。タクシーによる見守りは全国7都市で実施中で、今後、見守りエリアは順次拡大予定だという。(2019/1/16)

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」が「d払い」に対応
タクシー配車アプリ「JapanTaxi」と、NTTドコモの決済サービス「d払い」が12月21日に連携を開始。タクシーの乗車でも200円(税込)毎に1ポイント「dポイント」が貯まり、1ポイント1円(税込)として乗車に利用できるようになる。(2018/12/21)

「業界のUberに対するアレルギーは強い」:
Uber、福島など東北でも配車サービス展開へ 訪日客誘致で支援
米ライドシェア(相乗り)大手のUber Technologies[UBER.UL]が日本市場攻略に向け、布石を着々と打っている。同社は19日、名古屋、大阪に続き、福島、宮城、青森の東北3県でもアプリによるタクシー配車サービスを2019年から始めると発表した。(2018/12/19)

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」と「Yahoo!乗換案内」が連携 タクシー運賃割引キャンペーンも
タクシー配車アプリ「JapanTaxi」と「Yahoo!乗換案内」が連携。ルート検索で表示されたタクシー運賃・時間の目安の下に「アプリで配車」ボタンが表示され、スムーズにタクシーを呼ぶことができる。(2018/12/13)

Amazonの「Alexa」、日本でも“スキル名言わずに命令”が一部可能に
AmazonのAIアシスタント「Alexa」が、スキル名を指定しなくても忖度して目的のスキルを起動してくれるようになった。「Alexa、タクシーを呼んで」でタクシーを手配できる。(2018/12/10)

タクシー配車アプリ、普及弾み 「0円」「日台連携」…サービスの拡充相次ぐ
 効率的で、利便性の高い交通手段として期待されるタクシー配車アプリの普及拡大に向けた動きが加速している。(2018/12/7)

タクシー配車アプリ、普及弾み 「0円」「日台連携」……サービスの拡充相次ぐ
タクシー配車アプリの普及拡大に向けた動きが加速している。DeNAは5日、神奈川県内で展開していたタクシー配車サービスを東京都内に拡大し、運賃を広告主などが負担する「0円タクシー」の運行を開始。大和自動車交通は同日、台湾最大手タクシー会社との提携で、配車アプリの国際連携サービスに乗り出した。(2018/12/7)

うぉぉ、料金0円!! しかもカッコイイ! 「どん兵衛タクシー」登場 何でタダなの? どこまでタダなの?
都内50台のレア車両、配車アプリ「MOV」で呼べる。(2018/12/6)

モビリティサービス:
乗車料金を0円に設定するには、タクシーの媒体価値とスポンサーの期待
ディー・エヌ・エー(DeNA)は2018年12月5日、東京都内で会見を開き、タクシー配車アプリ事業を東京都内に拡大すると発表した。これまでは神奈川県内のみだった。これに合わせて、タクシーを広告媒体として扱うことで乗客が支払う乗車料金を無料にする新しいビジネスモデルも導入する。(2018/12/6)

「0円タクシー」都内でスタート DeNAが広告モデルで仕掛ける、配車アプリの新戦略
ディー・エヌ・エー(DeNA)は12月5日、タクシー配車サービス「MOV」で、「0円タクシー」の提供を始めた。(2018/12/5)

運賃が0円のタクシー、DeNAが都内で運行 スポンサーの試供品など車内提供
DeNAが、乗車料金が無料になる「0円タクシー」を運行する。同社と外部スポンサー企業の広告宣伝費で乗客の料金をまかなう。(2018/12/5)

“日本が知らない”海外のIT:
NYに広がる“格安ライドシェア” 相乗りアプリ「Via」が見つけた市場の隙間
米国の大都市で格安ライドシェアサービス「Via」が人気だ。タクシーより価格が安く、バスより便利に乗車できるとあり、オフィスワーカーたちが公共交通機関の代わりに使っているようだ。(2018/12/5)

近未来すぐそこ 奇想天外な「空飛ぶタクシー」アウディ&エアバスが開発、超期待!
「Pop.Up Next」。10年以内の実用化を目指します。(2018/12/4)

Uber、タクシー配車で大阪進出 2019年1月から
Uber Japanが2019年1月をめどに大阪でタクシー配車サービスの提供を始める。(2018/12/3)

Uber、他社の配車システムと日本初連携 タクシーの状態把握し、配車を効率化
Uber Japanとリアライズ・モバイル・コミュニケーションズが配車システムを連携させる。Uberが各タクシーの状態を把握できるようにし、配車を効率化する。(2018/11/28)

“個タク”にもAI配車とデジタルサイネージ ソニーなど設立の「みんなのタクシー」、都内個人タクシー組合と提携
ソニーらが設立した「みんなのタクシー」のサービスが、都内を走る個人タクシーにも提供される。(2018/11/27)

「三億円事件ツアー」で犯人と握手! ぶっ飛びタクシー会社三和交通のぶっ飛びツアーに参加してきた
三和交通今回もマジやばい。(2018/11/27)

DeNA、タクシー配車サービスの名称を「MOV」に 都内進出で「タクベル」から変更
DeNAがタクシー配車サービス「タクベル」の名称を12月5日から「MOV」(モブ)に変更する。(2018/11/15)

証拠集めが不可欠:
タクシーが道を間違えたとき、無駄に増えた料金は支払い拒否できる? 弁護士に聞いてみた
(2018/11/8)

JapanTaxi、広告目的での位置情報利用を停止 「説明が不十分だった」
JapanTaxiが配車アプリで乗客の位置情報を広告配信のために取得・利用することを停止した。ネット上でユーザーへの説明や同意を得るプロセスが不十分といった指摘が相次いでいた。(2018/11/1)

導入事例|Volocopter:
ドイツの空飛ぶタクシー開発ベンチャーがPTCの「Windchill」を採用
PTCは、ドイツのベンチャー企業であるVolocopterが自律飛行輸送システムの開発に、PTCのPLMソリューション「Windchill」を採用したことを発表した。(2018/11/5)

環境さえ整えば「決済」も変わる――JapanTaxiが目指すタクシーの未来(後編)
国内のタクシー配車アプリとして高いシェアをほこる「JapanTaxi」。このアプリには「JapanTaxi Wallet」というコード決済機能も内包しているが、開発元のJapanTaxiは社外のコード決済サービスへの対応も積極的に進めている。前編に引き続き、同社のCMO(最高マーケティング責任者)から話を伺った。(2018/10/31)

JapanTaxiアプリ、広告目的の位置データ取得を停止 「ユーザーへの説明が不十分だった」
(2018/10/31)

「図書館タクシー」に乗ってきた! 本を……朗読!? はぁ? 実は「超リラックスしちゃえる」新体験だった
3台のみの限定施策、出会えたらラッキー。「何が狙い?」を聞いてみた。(2018/10/30)

「捕まえる」存在から「寄ってくる」存在に――JapanTaxiが目指すタクシーの未来(前編)
最近「JapanTaxi」というタクシー配車アプリが注目を集めている。このアプリを開発したJapanTaxiとは、どのような会社なのか。アプリによってタクシーの利用動向に変化はあったのか。同社のCMO(最高マーケティング責任者)に話を伺った。(2018/10/29)

タクシー車内で“耳で聴く本”提供 日本交通とオトバンク
日本交通とオトバンクは、車内でオーディオブックが楽しめるタクシー「本のない図書館タクシー」を都内で運行する。期間は10月29日〜11月11日まで。(2018/10/26)

いたずらするか? 飴ちゃんいるか? 大阪「霊感タクシー」第2弾がスタート、今回はハロウィンがテーマ
トリック・オア・トリート!(2018/10/24)

DeNAの配車サービス、都内進出へ 18年内めど
DeNAは、同社のタクシー配車サービスを、2018年内をめどに東京都23区を中心としたエリアでも提供する計画だ。神奈川県内と合わせ、約9500台を配車できるようにする。(2018/10/16)

タクシーの怨念か? 「空車」が大量に夜景写真に写り込む事案が発生
空車空車空車空車空車空車空車空車なんじゃこりゃぁぁぁぁ。(2018/10/12)

横浜の観光地めぐる「乗り合いタクシー」 配車にAI活用、ドコモらが実証実験
NTTドコモが、AIを活用した“乗り合いタクシー”の実証実験を横浜で開始した。配車時の車両やルート決めにAI技術を活用しているという。(2018/10/5)

タクシーを呼べる「魔法の笛」だとぉ!? 三和交通がクラウドファンディングで開発 なんで思いついちゃったのか聞いてみた
この魔法はファイガより便利かもしれない。(2018/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。