「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

3Dプリンタニュース:
粉末床溶融結合法3Dプリンタ用の樹脂材料が日本発のUL認証を取得
ULは、アスペクトが製造する3Dプリンタ用樹脂材料にUL認証を発行した。アスペクト製の粉末床溶融結合法3Dプリンタで造形したサンプルの試験の結果、難燃グレード「V-0」を取得した。(2020/6/5)

瑕疵担保責任じゃダメですか?:
「契約不適合責任」を盛り込んだ契約書作りのポイント、教えます(サンプル付き)
「ユーザーはどこまでも無限に作業を命じてくるのではないか」「受け入れ試験を真面目にやらないのではないか」――改正民法の「契約不適合責任」にまつわるベンダーの不安にお答えしましょう。(2020/6/4)

Go AbekawaのGo Global!〜蔡樺編(後):
試験のために勉強する人にとって、勉強は苦しいこと。でも……
私は、負けたくない――グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回も、中国出身の蔡樺さんにお話を伺う。紙モデルで培ったものづくりへの喜びをエンジニアとして開花させた蔡さんが今後日本でやってみたいことは、なんと「ケーキ作り」だった!(2020/5/29)

産業動向:
JR東海が工事費約66億円をかけリニア走行試験装置を新設
東海旅客鉄道はリニアの安全性向上や状態監視システムの構築、建設の効率化を目指し、工事費約66億円をかけ、リニア走行試験装置を開発した。(2020/5/22)

ヒソカ「95点…!!」 ハンター試験で遭遇しそうな「顔面まち針クッション」がシュールすぎる
カタカタカタカタ。(2020/5/21)

「Ninja ZX-10R」エンジン3基を搭載 川崎重工「空飛ぶ軽トラ」大型ハイブリッドドローンを試作
浮上試験に成功したと発表しています。(2020/5/20)

AI:
AI画像認識で操船者の負担軽減、東亜建設工業が船舶監視システム
東亜建設工業は、AIにより他船舶を自動識別する監視システムを港湾工事へ試験的に導入し、実用性の検証を行った。同システム活用により、港湾を行き交う他船舶の船種を高い確率で検知でき、港湾工事における航行監視の効率化・負担軽減が可能となる。(2020/5/20)

新建材:
防水工不要の100年もつプレキャストPC床版、高速リニューアル工事の工期を短縮
大林組は、高速道路リニューアル工事で工程短縮と耐久性向上を実現する防水機能を持ったプレキャストPC床版を開発した。既に構造検討や性能確認実験、輪荷重走行試験を経て、実橋へ適用するのに十分な防水性能や強度などが確認されている。(2020/5/19)

外出自粛で聴取者は増えた? 「ラジスマ」の手応えはどう? radiko青木社長に聞く
試験サービスの開始から10年経過したIPサイマルラジオ「radiko(ラジコ)」。災害時はもちろん、最近の「外出自粛」の際によく使われているという。サービスの近況を、運営会社であるradikoの青木貴博社長に聞いた。(2020/5/19)

Windows 10の「DNS over HTTPS」機能がWindows Insiderで利用可能に
正式リリース前の機能を試験的に利用してもらう制度向けに実装。Microsoftは「よりプライベートなインターネットエクスペリエンスを創出する一助」と述べている(2020/5/15)

高3全国模試、オンライン化へ 駿台とAI教材開発社が夏に実施 結果は試験終了直後に
駿河台学園とatama plusは、大学入学共通テストの対策模試をオンライン開催すると発表した。期間中はPCを通して好きな日に好きな場所で模試が受けられる。結果は試験終了直後に通知する。(2020/5/12)

製造ITニュース:
IoTで5Gを活用するための光アクセスネットワーク仮想化制御試験に成功
沖電気工業、東京大学、三菱電機は、さまざまなIoTサービスを効率よく提供できる「PON通信リソース管理、制御技術」を共同開発し、同技術による光アクセスネットワーク仮想化制御試験に成功した。(2020/5/13)

LINE、トークの分類機能を試験提供 個人・企業からの連絡をフォルダに仕分け OpenChatにも対応
LINEが、トークルームの分類機能を試験提供。カテゴリーは個人(1対1)、個人(グループ)、企業、OpenChatの4種類。設定を適用すると「トーク」タブの上部にフォルダが表示され、該当する連絡を自動で振り分ける。(2020/5/8)

「課題が出せない」「試験が受けられない」――学校向けSaaS「Classi」がつながりにくい状態に 生徒から不満の声相次ぐ
教育機関向けSaaS「Classi」の各種サービスでつながりにくい状態が発生している。ゴールデンウイーク明けでオンライン教育のみ再開する動きもある中で、「課題が提出できない」「試験が受けられない」など、利用する生徒からは不満の声が上がっている。(2020/5/7)

土木管理総合試験所が描く土木のビジョン:
“土木テック”の最先端では何が起きているか?インフラAI点検の「フランチャイズ構想」
長野県長野市に拠点を置く土木管理総合試験所は、インフラの維持管理が抱える慢性的な人手不足や人材を採用しても売り上げが伸ばせなくなっている現状に対し、100年後にも持続可能なインフラの維持管理を実現すべく、自社だけに限らない多様な業種との共創も見据えた“土木テック”の研究を進めている。ロボットや点群、AIといった土木テックによって、従来はマンパワーに依存していたインフラ点検が効率化され、長期的な視点で防災・減災や国土強靱化につながると期待されている。(2020/5/1)

製造マネジメントニュース:
代替部品選定需要増加でOKIエンジが電子部品の気密性試験サービスを開始
OKIエンジニアリングは、電子部品の信頼性試験サービス強化の一環として、中空パッケージ部品の気密性試験サービスを開始することを明らかにした。これによりMIL規格(米国軍規格)指定の11の試験メニューをワンストップで対応可能とし、従来は4週間かかっていた試験期間を2週間程度に半減し、製品開発時間削減が可能になるという。(2020/4/27)

材料技術:
構造材料のデータシートの2019年度分を公開
物質・材料研究機構は、「構造材料データシート」2019年度分を5冊のデータシートとして2020年3月31日付けで発行した。ステンレス鋼、アルミニウム合金の疲労試験結果を収めた疲労データシートなどを公開している。(2020/4/17)

車両デザイン:
空飛ぶクルマ用シート、ミズノのシューズ技術「ウエーブプレート」で衝撃緩衝
ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ)とミズノ、CARTIVATOR、SkyDriveは2020年4月7日、空飛ぶクルマ(電動垂直離着陸型無操縦者航空機)向けに軽量で衝撃緩衝装置を備えた乗員用シートを開発し、性能確認試験を開始したと発表した。(2020/4/10)

188カ国で学校閉鎖 オンライン学習に課題、「試験ができない」「成績が付けにくい」
新型コロナウイルスの感染拡大により、世界188カ国で全国的な学校閉鎖が行われている。インターネットを使った授業が広く行われている国もあるが、「試験ができない」「成績が付けにくい」などさまざまな課題がある。(2020/4/7)

製品動向:
NTTドコモとSAPジャパン、中小建設業者向け経営情報の一元化システムの開発に着手
NTTドコモとSAPジャパンは、中小建設企業向けのクラウド統合基幹業務システム「ランドログERP」の共同検討を進めている。今後は、現場での検証に協力してもらえる試験導入企業と、金融や人事など他のシステムも統合するためパートナー企業を募り、2020年度下期の提供開始を目指す。(2020/4/6)

産業動向:
大成建設が地盤加熱型の微生物浄化技術を実用化
大成建設は、電極兼用注入管を用いて地盤を加熱し、汚染地下水に含有する揮発性有機化合物(VOCs)を短時間で浄化する技術を開発し、実証試験を経て実用化させた。(2020/4/3)

「CCNA」改定のポイント【後編】
改定版「CCNA」に加わった新分野と変わらないネットワークの基礎知識は?
ネットワーク担当者の登竜門とも言えるCisco認定試験の「CCNA」の内容が改定された。受験者は具体的にどのような項目を新たに学習する必要があるのか。(2020/3/30)

リニアに「表情」ができた! リニア中央新幹線の試験車「改良型L0系」公開、より磨きをかけた先頭ノーズとアタマに注目
早く乗りたい……!【画像17枚】(2020/3/26)

3Dプリンタニュース:
フェイスシールドや検査用スワブを3D技術で、Carbonが新型コロナ対策に貢献
Carbonは、同社Webサイト上で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する取り組みについて報告。政府や世界中の顧客・パートナー企業からなるネットワークと協力し、フェイスシールドや検査キット用スワブの設計、臨床試験、製造を進め、高まる需要に迅速に応えるという。(2020/3/26)

IPA、情報処理技術者試験を中止 代替試験の有無、受験料払い戻し方法は未定
情報処理推進機構は、春の情報処理技術者試験などを中止すると発表した。新型コロナウイルス感染症の拡大防止が目的。代替試験の有無や払い戻し方法などは未定。(2020/3/25)

阪大発ベンチャー、新型コロナのワクチン原薬完成
大阪大学発のベンチャー企業であるアンジェスは、新型コロナウイルス感染症予防用ワクチンの原薬が完成したと発表した。早ければ秋にも人への臨床試験を始める。(2020/3/25)

4月の情報処理技術者試験は取りやめに 新型コロナウイルスの影響
代替試験の実施については可否も含めて検討中。(2020/3/24)

太陽光:
n型多結晶の太陽電池セルで世界記録、カナディアン・ソーラーが変換効率23.81%
カナディアン・ソーラーは2020年3月、大面積のn型多結晶シリコン太陽電池セルで変換効率23.81%を達成し、世界記録を更新したと発表した。ドイツの独・ハーメルン太陽エネルギー研究所(ISFH)が試験および認証を行ったという。【訂正あり】(2020/3/23)

「CCNA」改定のポイント【前編】
新旧「CCNA」を比較 受験するなら知っておきたい学習すべき内容の違い
Cisco認定試験の一つである「CCNA」の新試験がスタートした。これまでの試験と何が違うのか、ガイドブックの著者の話を基に見ていこう。(2020/3/20)

データサイエンティスト育成コースなど:
ディープラーニングの学習コンテンツを無料公開 日本ディープラーニング協会が期間限定で
日本ディープラーニング協会は、ディープラーニングのオンライン学習コンテンツを期間限定で無料提供する。データサイエンティスト育成コースやG検定対策に役立つ模擬試験、ディープラーニング入門講座、Python入門講座など全部で8講座。(2020/3/17)

医療機器ニュース:
新型コロナウイルスの感染検査が15分で完了、イムノクロマト法に基づく試薬キット
クラボウは、新型コロナウイルス感染の有無を目視かつ15分で行える「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗体検査試薬キット」の国内販売を2020年3月16日に開始する。10検体分の試験が可能な1キット当たりの価格(税別)は2万5000円。(2020/3/13)

噴射がぶおおおおおお! H3ロケットのブースター燃焼試験、360度カメラでとらえたド迫力動画
音量に注意。(2020/3/12)

加藤茶の妻・綾菜、夫のため介護を勉強 学校の実技試験に合格して「大変だけど楽しい」
夫婦愛を感じる。(2020/3/12)

研究開発の最前線:
二次電池搭載機器の試験サービスをワンストップ提供、OKIエンジが新規事業展開
OKIエンジニアリングは、リチウムイオン電池を中心とする「二次電池搭載機器向け信頼性試験・評価ワンストップ受託サービス」の提供を始める。耐充放電、耐振動、耐衝撃、耐塵(じん)などの環境試験と、構造解析・事故製品調査、性能評価を含めた44項目の試験・評価サービスをワンストップで提供する。(2020/3/11)

400年前の航路を完全自動航行でたどる旅へ:
IBMとプロメアが「AI Captain」の試験航行を実施、AIやエッジ技術でメイフラワー号を完全自動航行
IBMとプロメアは2020年3月から、AIによる船舶自動航行システム「AI Captain」の試験航行を実施する。同年内にIBMのAIやクラウド、エッジ技術を活用し、完全自動航行で400年前の米国入植への航路をたどる予定。(2020/3/6)

ネットスーパーの注文品、セブンで受け取り 都内で実験、イトーヨーカドーと連携
セブン&アイ・ホールディングスは、イトーヨーカドーのネットスーパーで注文した商品を受け取れるボックスを、都内のセブン-イレブン2店舗で試験的に導入。冷蔵・冷凍・常温の食品に対応する。(2020/3/4)

Hyperledgerのトレーニングも:
Linux Foundation、Kubernetesなどでトレーニング、認定試験を日本語提供開始
Linux Foundation Japanは2020年2月25日、日本語によるオンライントレーニングコースと認定試験の提供を開始したと発表した。第1弾として、トレーニングコースではコンテナオーケストレーションのKubernetes、ブロックチェーンのHyperledgerで計2コース、認定試験ではLinuxおよびKubernetesで計4試験を日本語提供する。(2020/2/26)

製造業がサービス業となる日:
電圧/電力試験のサービス化を目指す、日立製作所の高電圧大電力試験所
日立製作所は国分工場の敷地内にある高電圧大電力試験所の見学会を開催した。将来的には同試験所の設備を活用した「電圧/電流試験のサービス化」を進めていくという。(2020/2/26)

産業動向:
三菱電機が110億円を投じ、人工衛星の一貫生産工場を建設
三菱電機が神奈川県鎌倉市で、110億円を掛けて建設を進めていた人工衛星の組み立てから試験までを行う「新衛星生産棟」が2020年2月19日に竣工した。(2020/2/19)

ポケモンGOの「スポットライトアワー」、内容変更に当惑するトレーナーが大量発生中
ポケモンGOで2月18日、試験的なイベント「スポットライトアワー」の3回目が行われました。特定のポケモンにいつもより多く出会えるイベントのはずでしたが……。(2020/2/18)

カンニング行為検知AIをユーザーローカルが開発 試験中の映像から怪しい動作を見つけ出す
受験者の動作で不正行為を自動で検知します。(2020/2/18)

受験者をリアルタイム監視する「カンニング検知AI」 ユーザーローカル開発
ユーザーローカルは、試験中にカンニングしている受験者をリアルタイムに自動検知するAIを開発したと発表した。監視の自動化で試験監督を補助し、公正な試験を支援する狙い。(2020/2/18)

医療機器ニュース:
AIによる内視鏡診断支援ソフトウェアが医療機器の承認を取得
昭和大学、名古屋大学、サイバネットが共同開発したAI内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-EYE」が、医療機器の承認を取得した。臨床性能試験を経て、医薬品医療機器等法に基づき、クラスII・管理医療機器として承認を得た。(2020/2/18)

鉄道にも自動運転の波 JR各社が相次ぎ試験 課題は突発的なトラブル
鉄道会社の自動運転の導入に向けた動きが加速している。人手不足を背景に各社では実証実験が進み、省人化により不採算地域でのサービス向上なども見込まれている。一方で突発的なトラブルへの対応など、安全面では課題が残る。(2020/2/17)

日航、住商「空飛ぶ車」実用化へ提携 2020年代半ばにフライトへ
2020年代半ばの実用化を目指して試験飛行などを進める。(2020/2/13)

現場管理:
岩手・大槌町で、4K映像からAIで建機数を検知する現場管理システムを試行
映像進捗管理システム開発コンソーシアムは、大槌町の水門工事現場で、4Kカメラとクラウド、AIを組み合わせた建設現場の進捗管理システムを試験的に導入した。(2020/2/13)

EV/ES:
日立の世界一高い“288.8m”エレベーター試験塔、中国・広州市で完成
日立の中国現地法人「日立電梯」は、広州市の研究開発拠点に、世界最高クラスの高さを誇るエレベーター試験塔を建設した。新設する試験塔は、世界最大のエレベーター市場が形成されている中国での開発力を高め、同国内での地盤を固めるとともに、日立ビルシステムの2020年度事業戦略でターゲットと定めるアジア・中東圏でシェアを拡大させることが狙い。(2020/2/12)

試験問題をLINEで漏洩 明石市消防局の係長「激励の意味だった」
兵庫県明石市消防局の昇任試験で、データ管理担当の男性係長が、筆記試験の出題範囲を一部の受験者にLINEで送信していたことが分かった。(2020/2/7)

TLP測定でESD特性を定量評価:
OEG、実装基板向けESD耐性試験サービスを開始
OKIエンジニアリング(OEG)は、TLP(Transmission Line Pulse)測定を用いた「実装基板向けESD(静電気放電)耐性試験サービス」を、2020年2月3日より始めた。(2020/2/4)

AI活用で創製の新薬、日本で世界初の臨床試験開始
大日本住友製薬と英Exscientiaが、AIを活用して創製した新薬候補化合物の臨床試験を日本で開始した。AIにより、業界平均で4年半かかる探索研究が12カ月未満で完了した。AIが開発に関わった新薬候補を人間でテストするのは世界初。(2020/2/2)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。