「試験」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「試験」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

人とくるまのテクノロジー展2019:
シミュレーション全盛時代に衝突試験用ダミー人形はどう変わっていくのか
ヒューマネティクス・イノベーティブ・ソリューションズ・ジャパンは「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)において、最大150チャンネルの計測が可能な自動車衝突試験用ダミー人形「THOR-50Mダミー」をアピールした。(2019/5/23)

総務省から実験試験局免許を取得:
「802.11ah(Wi-Fi HaLow)」の実証実験を公開
802.11ah推進協議会は、IoT(モノのインターネット)通信システムに向けたWi-Fi規格「IEEE 802.11ah(Wi-Fi HaLow)」について、総務省から「実験試験局免許」を取得した。「ワイヤレスジャパン2019」でその実証実験を公開する。(2019/5/23)

QRコード決済の統一規格「JPQR」、各事業者が導入へ 8月から実証実験
PayPay、メルペイなどが、QRコード決済の統一規格「JPQR」を普及させる取り組みに参加。8月から岩手県、長野県、和歌山県、福岡県で、統一規格を使った決済サービスを試験導入する。(2019/5/22)

就活の極意:
面接で主張するのは「経験」より「自分らしさ」
就職活動は、最後は面接で終わります。エントリーシートや筆記試験、グループディスカッションを突破しても、面接を突破できなければ企業から内定を獲得することはできません。そのため、面接対策に多くの時間を掛ける必要があります。(2019/5/22)

これからは過去問ではなく未来問?:
AIが予測した司法予備試験問題の60%が的中 サイトビジットの「未来問」
サイトビジットは、司法予備試験向けにAIで予測した試験問題の的中率が60%だったと発表した。2020年1月に実施される大学入試センター試験に向けた未来問の開発も予定している。(2019/5/22)

司法予備試験の問題、AIが“6割”的中 「合格ラインと同水準」
AIを使い、司法予備試験の問題の約60%を的中させたと、ベンチャー企業のサイトビジットが発表した。「合格ラインと同水準」という。(2019/5/20)

九州電力が送電線建設工事にパワードウェア「ATOUN MODEL Y」を試験導入
ATOUNのパワードウェア(装着型ロボット)が九州電力の日向(ひゅうが)幹線新設工事の現場に試験導入された。(2019/5/20)

PCで受験する英検CBT、試験会場を全国47都道府県に拡大
日本英語検定協会はPCで受験する「英検CBT」「英検2020 1 day S-CBT」の2020年度実施会場として「テストセンター」を47都道府県に設置すると発表した。(2019/5/16)

太陽光:
ブロックチェーンで再エネ電力を融通、中国電力と日本IBMが共同実証
中国電力が日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)と共同で、再生可能エネルギーで発電された電力を顧客間で融通するシステムの実証試験を開始した。(2019/5/16)

CIM:
斜面対策工にCIM導入、アンカーの3Dモデルに地質などの属性情報を付与し次施工に活用も
熊谷組は、斜面対策工事にCIMを用いた新たなシステム「のり面CIM」を開発した。国土交通省九州地方整備局が発注した「阿蘇大橋地区斜面対策工事」に試験適用し、その有効性が確認された。(2019/5/16)

太っているね:
恋人はいるの? 面接時に不適切な質問を受けた人は14.5%
採用試験の面接で、不適切だと思う質問や発言をされたことがある人は、どのくらいいるのだろうか。この質問に対し、「ある」と答えたのは14.5%。連合調べ。(2019/5/15)

auの2年ぶりタフネススマホ「TORQUE G04」 よりハードな耐久試験をクリア【写真追加】
KDDIが、京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G04」を発売する。防水、防塵(じん)、耐衝撃などに加えて、ディスプレイに銅球を落下させる試験もクリアしている。2400万画素の背面カメラで背景をボカした写真が撮影できる。(2019/5/13)

新工法:
クレーンの吊り荷が旋回するのを制御する「ジャイアン」、京成線高架橋工事に適用
戸田建設は、タワークレーンの揚重作業用に開発した吊り荷旋回制御装置「ジャイアン」を移動式クレーンによるプレキャスト床版の試験施工に適用し、営業線が近接する条件下での実用性および安全性を確認した。(2019/5/13)

耐衝撃性を備えたiPad mini(第5世代)用ケース URBAN ARMOR GEARから
プリンストンは、URBAN ARMOR GEAR製のiPad mini(第5世代)用METROPOLISケースを発売。ハニカム構造で高い耐衝撃性と軽量化を両立し、米国防総省が定めた試験法規格「MIL-STD-810G, Method 516.6 Procedure IV」をクリア。カラーバリエーションはブラック、コバルト、マグマの3色を用意している。(2019/5/10)

「リアルで心臓がドキドキする」 ニューヨーク市警、VR訓練を試験導入 過去の事件をシミュレート
実際に発生した事件の状況をVR空間で再現し、警官の動きや射撃の訓練を行えるという。(2019/5/9)

DNS利用時の安全性が向上:
IIJがDNSの試験サービスを無償提供、「DNS over TLS」と「DNS over HTTPS」を利用
IIJは、「DNS over TLS(DoT)」や「DNS over HTTPS(DoH)」を利用する「IIJ Public DNSサービス」のβ版を無償公開した。DNSサーバ(キャッシュサーバ)とユーザー端末との通信を暗号化する。従来のDNSプロトコルよりも安全性を高められる。(2019/5/9)

現場管理:
クオリカが開発したヘルメット装着のウェアラブルIoT、設備現場で実証
クオリカが2018年11月に提供を開始した市販ヘルメットに装着するウェアラブルIoTデバイス「iBowQube(アイボウキューブ)」が、日笠工業の現場に試験導入され、三信電気を含めた3社共同で実証実験を進めている。実験では、現場から離れた場所にある管理本部とのコミュニケーション連携やバイタルセンサーによる作業者の体調管理などの有効性を確認する。(2019/5/8)

麹町中学・工藤勇一校長の提言【前編】:
なぜ宿題は「無駄」なのか?――“当たり前”を見直した公立中学校長の挑戦
宿題もなく、クラス担任もなく、中間・期末試験もない――。学校の「当たり前」を見直し、メディアや教育関係者、保護者などから注目されている公立中学校が東京都にある。(2019/5/8)

ロボット:
100m2を4時間で自動墨出しをするロボット、試験導入で3割の生産性向上
竹中工務店は、自走式の墨出しロボットを建設現場に試験導入し、従来比で約3倍の生産性向上を達成した。今後、他社とのオープンイノベーションを通じ、墨出しロボットの製品化を目指す。(2019/5/7)

材料技術:
強度設計や材料選択の基盤となる、データシート5冊を発行
物質・材料研究機構は、2018年度分の構造材料データシートとして、「長時間クリープ試験材の微細組織写真集」「アルミニウム合金の疲労データシート」など、新たに5冊を発行した。(2019/4/23)

日本マイクロソフト、今夏に週休3日制を試験導入
日本マイクロソフトは、今年8月の全ての金曜日を休業日とする週休3日制を試験的に導入すると発表した。(2019/4/22)

第5回国際ドローン展:
“電線を自動追尾”しながら4K撮影、アルプスアルパインが東芝のAI画像解析を用いて関電で試験導入
アルプスアルパインは、「第5回国際ドローン展」で、関西電力、東芝デジタルソリューションズと共同で2019年2月に試験導入した送電線のドローン点検システムを披露した。(2019/4/22)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(15):
ひかり電話を契約したらVPNが通信断! 原因は?
2024年のISDNサービス終了を控えて、電話やFAXで使っているISDNを「フレッツ 光ネクスト」の「ひかり電話」へ移行するための試験をした。すると、VPNの通信断という思わぬトラブルに遭遇した。プリミティブな障害である。今回は通信断の原因とひかり電話導入の留意点について紹介したい。(2019/4/22)

200m先からでも読み取れる「XPANDコード」 iOS向けリーダーアプリが登場
XPANDは、4月4日からQRコード、XPANDコード、JANコードが読めるiOSアプリを提供開始した。XPANDコードは、主に公共交通や公共空間などで活用されている横長の読み取りコード。埼玉スタジアム2002では遠距離からXPANDコードを読み取る試験を実施した。(2019/4/18)

「救急車を呼ぶべき?」にチャットbotが回答 「埼玉県AI救急相談」、10連休に備えて試験導入
埼玉県はチャットbotによる救急相談の自動応答サービス「埼玉県AI救急相談」を試験導入する。症状により緊急度を判定する。(2019/4/18)

デジタルサイネージ:
現場で“EC決済”や“安全教育”が可能なDSシステム、入退場管理デバイスとして「建設キャリアアップシステム」と連携
飛島建設グループおよびWill Smartの2社で開発したデジタルサイネージシステム「e-Stand」は、機能拡充を目的に、MCデータプラスとパートナープログラム契約を締結し、現場への入退場管理システム「グリーンサイト」のデバイスとして利用可能となった。既に一部の現場で試験的に運用が始まっており、導入現場を拡大していくという。(2019/4/17)

製造マネジメントニュース:
検査員登用試験でカンニング――スズキに生じた検査を軽視する姿勢
スズキは2019年4月12日、完成検査で発生した不適切行為に関する報告書と再発防止策を国土交通省に提出した。また、同社は適切な完成検査を受けていない可能性があり初回車検を受けていない約200万台の車両を対象にリコールを実施する意向を明らかにした。(2019/4/16)

やよい軒、「白米のおかわり有料化」試験導入 明日から関東圏の一部店舗で30〜100円
おかわりをする人としない人の不公平感をなくすため。(2019/4/15)

ドローン:
時速100kmのドローンが衝突回避、1km四方で100機飛ばす管制システムの検証も
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と福島県南相馬市は2019年4月10日、東京都内で会見を開き、ロボット関連人材の育成などに関する協力協定を締結したと発表した。具体的な協力として、2019年度はさまざまな企業が参加して1km2のエリアで100機のドローンを飛ばす他、南相馬市ー浪江町間の13kmで長距離飛行試験を予定している。(2019/4/11)

富裕層に有利な高等教育システム:
入試はセレブの“カネ”次第 米名門大「裏口」と「通用口」
米国で3月、大学入試をめぐる過去最大のスキャンダルが発覚した。有名女優や会社経営者、弁護士らセレブが子供を有名大学に入学させるため、仲介者を通じて試験監督やスポーツチームのコーチらに賄賂を支払っていたのだ。こうした不正行為とは別に米大学の多くは伝統的に、巨額の寄付金と引き換えに子供の入学を認めてきたとされる。経済格差への不満が広がる中、富裕層に有利な側面がある高等教育システムをめぐり議論が紛糾している。(2019/4/11)

車載電子部品:
需要伸びる車載機器の信頼性試験、ULが3億円投じ試験ラボを新設
第三者機関認証サービスなどを提供するUL Japanは2019年4月5日、同社伊勢本社(三重県伊勢市)に新設した「信頼性試験ラボ」を報道陣に公開した。同施設は同月8日から稼働を開始し、車載機器に特化した信頼性試験サービスを提供する。(2019/4/9)

増産決定:
売り切れ続出! “沖縄限定”98円天ぷら、ファミマで完売状態
沖縄ファミリーマートは2日から、県内の5店舗限定で、人気総菜店「上間弁当天ぷら店」を運営する上間フードアンドライフの天ぷらを、試験的に販売している。揚げたての天ぷらが手軽に味わえると人気で……。(2019/4/8)

三井不動産が“イスラエル軍”発ベンチャーのビル管理セキュリティシステムを実物件で検証
三井不動産は、ビルの中央監視などビルディングオートメーションシステム(BAS)向けのサイバーセキュリティ監視システムを自社保有の複合施設に試験導入し、サイバー攻撃対策や運用手法策定のための検証作業を行う。この検証を通して、街づくりを通した持続可能な社会の構築に加え、テクノロジーの活用による不動産業のイノベーションを強力に進め、安心・安全なスマートシティーの実現を目指す。(2019/4/8)

三井住友建設が開発した供用中トンネルのインバート更新で新工法、全体工程で2割短縮/施工費1割減
三井住友建設は、土木研究所と共同でSMC-Tunnelingシリーズ「クイックreインバート」を開発した。トンネルのインバート更新工事において連続したU型土留めを設置する工法で、このたび試験施工を行い実用化にめどがついたという。(2019/4/8)

“今日、何着ればいい?”の参考に 街行く人の服装をAIがリアルタイム判定――「めざましテレビ」でAI天気の試験放映を開始
日本気象協会、フジテレビ、スペクティは、フジテレビの朝の情報番組「めざましテレビ」の天気コーナーで、AIを活用した服装情報を提供する実証実験を開始。天気カメラの映像から、コートの着用率など、街行く人の服装をAIが判定する。(2019/4/5)

アニメイト渋谷店が“バーチャル店員”の試験採用を開始 Vライバーとの最終面接はiPad越し
筆記試験、履歴書&自己アピール、最終面接を経て6人のVライバーを採用します。【追記あり】(2019/4/2)

未来クル! 日本ベンチャー発のホバーバイク「Speeder」が飛行試験に成功、量産機2022年発売へ
うぉぉぉ? 区分は「中型バイク」扱い!?(2019/4/1)

コンセプトカートを遠隔操作:
ソニーとドコモ、グアムで5G活用の実証実験
ソニーとNTTドコモは、グアム島の5G(第5世代移動通信)試験環境を利用して、コンセプトカートを遠隔操作する実証実験を共同で行うことで合意した。(2019/3/29)

ドローン:
同一空域での複数事業者のドローン運航管理システムを実証
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、同一空域で複数事業者のドローンが安全に飛行するための運航管理システムの実証試験を実施。「運航管理統合機能」「運航管理機能」「情報提供機能」で構成されるシステムが正常に作動することを確認した。(2019/3/25)

選手生活→性生活、ファン→パン イチロー引退中継、AbemaTVのAI字幕が誤認識を連発 運営「試験的なため精度まだ実現できていない」
イチロー選手の現役引退会見をAmebaTVがライブ配信したところ、リアルタイム字幕AI「AIポン」の誤訳が話題に【追記あり】(2019/3/22)

エネルギー管理:
ブロックチェーンで電力を個人間で売買、大阪ガスが集合住宅で実証
大阪ガスは同社が保有する実験集合住宅「NEXT21」で、2019年3月から個人間取引の居住者実証試験を行うと発表した。個人間の電力取引におけるブロックチェーン技術の有効性の確認が目的だ。(2019/3/20)

ドコモショップでモバイルバッテリーのシェアリングサービス あすスタート
NTTドコモとINFORICHが、3月19日から都内のドコモショップ21店舗でモバイルバッテリーのシェアリングサービスを試験的に始める。(2019/3/18)

【マンガ】“試験問題に小説などを使う”のは、著作権的にどこまでセーフなの?
作者に怒られることはない?(2019/3/19)

下北沢駅にロボット駅員 あしたから 身ぶりで案内、回答中の割り込み質問にも対応
京王電鉄が対話型案内ロボットの試験運用を3月16日から始める。サービス向上と駅業務のオートメーション化を両立させるのが狙い。(2019/3/15)

アサヒ、AIで飲料生産を調整 IBMと試験運用 夏にも本格稼働
実績を積み上げながら課題も検証し、今夏の本格稼働を目指す。(2019/3/14)

キャリアニュース:
ディープラーニングの技能認定試験──第2回は245名が合格、合格率は63.3%
日本ディープラーニング協会が、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能認定試験「E資格」の結果を発表。第2回試験は245名が合格した。受験者の年代は20代が最も多く、業種はソフトウェア業が最多で30.2%を占めた。(2019/3/14)

国内初、4D施工シミュレーションを用い無人で鉄骨架構を自動組み立てに成功
前田建設工業は、タダノ、千葉大学と共同で、茨城県取手市の新技術研究所「ICI総合センター ICIラボ」の屋外フィールドで、PC上の4D施工シミュレーションに連動してクレーンを自動運転し、鉄骨架構の梁(はり)および床スラブを無人で設置する実証試験を実施した。(2019/3/12)

電気自動車:
EVをつなぐ「V2G」は電力系統の安定化に有効、東京電力らが実証成果を公表
東京電力ホールディングスなど7社が、電気自動車(EV)などの蓄電池を電力需給調整に活用する「V2G(Vehicle to Grid)」の実証試験結果を公表。太陽光発電などの再生可能エネルギー電源のさらなる普及拡大など、V2Gは電力系統の柔軟な運用に貢献できるとしている。(2019/3/8)

フォトロン FASTCAM MH6:
自動車衝突安全試験用高速度カメラ、最大6ヘッド接続による完全同期撮影を実現
フォトロンは、超小型カメラヘッドを最大6つ同時接続できるハイスピードカメラ「FASTCAM MH6」の販売開始を発表した。(2019/3/8)

少なくとも80万社は新卒採用実施:
就活成功の秘訣は「身近な」人脈の活用 プロが指南
「就活は情報戦」この言葉をよく耳にするのではないでしょうか。受験のように決められた試験日があるわけではなく、同じ問題が出るとはかぎらないのが就職活動。少なくとも80万社前後は新卒採用を行っていて、この膨大な企業数の中から自分にあった企業一社を選択するのは簡単なことではない。(2019/3/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。