「東京オリンピック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京オリンピック」に関する情報が集まったページです。

Keysight Worldでデモ展示:
ウイルスの侵入ポイントを探る、車載向けテスト
キーサイト・テクノロジーは2019年7月11日、同社のユーザー向けイベント「Keysight World」で、車載部品向けのサイバー攻撃テストソリューションや、パワー半導体の動特性を評価するアナライザーなどのデモを行った。(2019/7/17)

Computer Weekly日本語版
5Gは有害なのか無害なのか――異なる研究結果が生まれる理由
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/7/17)

五輪前に急拡大のキャッシュレス決済 業者乱立にリスクも
政府の推進策に加え、2020年東京五輪・パラリンピックに向け急増する訪日客を取り込む動きが活発化したことで、決済手段や業者が乱立。(2019/7/16)

これからは:
良いものをより安く、からの脱却
今までの調達購買部門の役割・機能は「購入品のQCDの確保」と言われてきました。いわゆる「良いものをより安くタイムリーに。」ということです。 しかし時代とともにそれも変わってきています。(2019/7/16)

プロジェクト:
浅草とスカイツリーを結ぶ水辺整備推進、東武鉄道と墨田区が連携
東武鉄道と墨田区は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて隅田川エリアの水辺整備を推進する。浅草と東京スカイツリータウンを結ぶ東西エリアで、親水テラスや鉄道高架下、コミュニティー道路、公園、橋梁歩道橋を一体整備。公共空間の恒常的なにぎわい創出を目指す。(2019/7/16)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年6月版:
オリンピックに便乗した攻撃が始まった
2019年6月のセキュリティクラスタは、「オリンピックのチケット抽選と攻撃」「サークルKサンクスのドメインを対象とした高額オークション」「政府の『e-Gov』Webサイトのhttps対応」の他、「入力をサーバに送信するIME」が話題となりました。(2019/7/16)

シンガポール発のユニコーン企業:
リテールテックのTraxが日本市場に本格参入 画像認識で店舗の棚を見える化
店舗の商品棚の前で撮影した写真を機械学習で画像認識し、在庫状況や商品棚上のシェア、 品切れ情報などが簡単に確認できるようになる。(2019/7/15)

働く人の約7割が「東京五輪開催中は会社を休みたい」 理由は?
(2019/7/12)

東京ビッグサイト「南展示棟」誕生! 夏コミで気になる「ポスター掲示」「トイレ」「待機列」をチェックしてきた
東京ビッグサイトに「南」ができました。……南って!?【追記あり】(2019/7/12)

製造マネジメントニュース:
「2020東京がなければ新規事業もなかった」、2000億円超の収益を得るパナソニック
パナソニックは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックに関連するビジネスについて、累計販売額が2000億円を超える見通しであることを発表した。(2019/7/12)

ポケモンGOがスポーツ庁の「Sport in Life」認定第1号に 「生活スタイルの一部としてスポーツを推奨する取り組み」として認定
多くのユーザーに楽しく歩くきっかけを提供したため。(2019/7/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
高度化する“監視”の目 「顔認証」が叩かれるワケ
どんどん進歩する「顔認証」技術。犯罪捜査などで役立っている一方、人権侵害や乱用の懸念も広がっている。今、世界でどんな議論が起きているのか。そして、私たちは顔認証技術の拡散をどう捉えていくべきか。(2019/7/11)

“DoS攻撃並み”のトラフィックでまひ寸前! 福岡大学NTPサービスの悩み
福岡大学が提供している公開NTPサービスは、最大で約265Mbps、毎秒33万クエリと“DoS攻撃並み”のトラフィックに。1つの大学の手に余る規模になってしまったが、そう簡単にサービスを停止できない事情があるという。(2019/7/10)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
銀座進出した無印良品 高級百貨店ひしめく中で輝く深いワケとは?
無印良品が4月、東京・銀座に大型店舗オープン。集客で好調なスタートを切った。高級百貨店ひしめく中で存在感を増す理由とは?(2019/7/10)

VAIO、900グラムを切る12.5型モバイルPCなど新製品 「販売の約72%が法人」 働き方改革による需要増に期待
VAIOが12.5型ノートPCや、VAIO設立5周年記念モデル、コミュニケーションロボットなどの新製品を発表した。(2019/7/9)

注意が必要:
フィットネスブームの陰で、スポーツジムのトラブル相次ぐ
空前のフィットネスブームが続いている。トレーナーがマンツーマンで指導し、「短期間で効果が出る」とうたう「パーソナルジム」も増えているが、こうしたスポーツジムで、解約などをめぐるトラブルが急増している。背景には……(2019/7/9)

「デジ損」から会社を守る 第4回:
すぐできるパーソナライズ(その2):地域に応じたパーソナライズ
海外からのアクセスに日本語ページを表示させてしまい、せっかく興味を持ってくれた訪日予定者の離脱を招くのは、とてももったいないことです。(2019/7/9)

「お! あの中銀カプセルタワー行くの!?!?」 日本交通が夏休みキッズ向け「都内の名建築巡りタクシーツアー」実施
建築萌えっ子(大人も)集まれ〜。夏休みの自由研究はコレ一発でOKかも。(2019/7/8)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
「1カ月分が1週間で売れた」 モトローラの「moto g7」シリーズが好調の理由
モトローラの新たなSIMロックフリースマホ「moto g7」シリーズが好調に売れているという。ダニー・アダモポウロス社長は、「1カ月分が1週間で売れた」と話す。moto g7シリーズがユーザーに評価された理由、キャリア参入、FeliCa、5Gも含めた戦略を聞いた。(2019/7/8)

組み込み開発ニュース:
キングジム、最適な翻訳エンジンを自動選択する72言語対応の対話型翻訳機を発売
キングジムは、対話型翻訳機「ワールドスピーク」を2019年7月19日から販売開始すると発表した。2台1組の据え置きタイプが特長で、ホテルや観光施設の窓口業務での利用など法人顧客向けに展開する。(2019/7/5)

業界動向:
2018年度の上場建設会社受注・業績動向、都市部の再開発案件が伸長に貢献
帝国データバンクは、主要上場建設会社58社の2018年度の受注・業績動向を公表した。2018年度は、官公庁工事の注文が減少したが、首都圏を中心とした再開発案件といった民間需要が拡大し、多くのゼネコンが好調な業績となった。(2019/7/5)

Go AbekawaのGo Global!〜Renaud Deraison編(後):
自身の地平線を越えよ、Nessus開発者が持ち続ける「エンジニアとしての信条」
「悪さをするより新しいシステムを作る方が楽しかった」というTenable共同設立者 兼 CTOのRenaud Deraison氏。10代から現在に至るまでセキュリティへの情熱を持ち続ける彼の目にエンジニアの未来はどう映っているのか。(2019/7/4)

72言語に対応:
窓口のインバウンド対応に特化した「翻訳機」 キングジム、参入の狙いは?
キングジムは7月19日、対話型翻訳機「ワールドスピーク」を発売する。外国人観光客を対面で接客する場所に2台1組で設置して使用。窓口接客を伴う幅広い法人向けに訴求する。(2019/7/3)

7月に「スムーズビズ」 東京都、五輪混雑緩和へ仕事の工夫
五輪期間中の混雑緩和のため、東京都が進める「スムーズビズ」の推進期間が7月22日から、始まる。大会期間中に国内外からの来訪者で混雑が予想される東京の中心部に、仕事やビジネスの人や車まで集中することを避けるため、ビジネスの進め方を工夫して交通をスムーズにしようという試み。(2019/7/1)

21年度を境に反転:
売れ筋はサプライズトイ、玩具市場「女児」で復調
国内の玩具市場が、復調基調にある。市場規模は平成13年度から減少基調だったが、21年度を境に反転。30年度は女児向け玩具で、海外発の新ジャンル「サプライズトイ」が“誕生”したこともあり、前年度比5%増の8398億円だった。(2019/7/1)

熱きシニアたちの「転機」:
ワンマン社長の奴隷、3500万円の借金地獄――“31歳無職の男”は「伝説の居酒屋カリスマ」にどう成り上がったのか【後編】
3500万円の借金地獄から、アッという間に大金持ちになった男の波乱万丈な成功物語の完結編――。(2019/7/1)

デーイジー、デーイジー:
「2001年宇宙の旅」の「HAL 9000」を、2019年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、手塚治虫が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2019年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第5回は「2001年宇宙の旅」だ。(2019/7/1)

G20対策で東京の駅トイレからサニタリーボックスがなくなった? 鉄道各社に対応を聞いた
JR東日本、JR西日本、東京地下鉄(東京メトロ)、西武鉄道、東京都交通局(都営地下鉄)に聞きました。(2019/6/27)

LINE PayからVisaのクレジットカードが発行可能に 初年度3%還元
LINE PayがVisaとオリコの協業のもと、LINEアプリVisaのクレジットカードを発行できるようになった。8月からLINE Pay上で予約を開始する。初年度のポイント還元率は3.0%。(2019/6/27)

デジタルネイティブのためのフォントとデザイン:
空へ誘う旅はフォントがいっぱい
電車の次は空。空港はどんなフォントとデザインで彩られているのか。(2019/6/27)

五輪へ目光らせる防犯カメラ 競技会場と最寄り駅 警視庁が運用開始
昨秋からカメラの設置を始め、「有明エリア」や「東京体育館エリア」など競技会場がある区域ごとに最大25台程度、合計140台を信号機のポールなどに据え付けた。(2019/6/27)

東京五輪の報道カメラ、白黒対決に“シマウマ”参入か キヤノン・ニコンに挑むソニー
2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まであと1年余り。五輪のたびに注目を集める報道カメラのシェア争いも徐々に盛り上がりをみせている。望遠レンズの外装の色から“白黒対決”とも呼ばれる二大巨頭キヤノン・ニコンの戦いに、今回は白黒の“シマウマ”カラーが基調の望遠レンズを投入するミラーレス一眼の雄ソニーが割って入ろうとしており、こちらの動向も目が離せない。(2019/6/27)

シェア争い:
東京五輪の報道カメラ、白黒対決に“シマウマ”参入か
2020年東京五輪・パラリンピックの開幕まであと1年余り。各競技での代表争いは熱を帯びてきているが、五輪のたびに注目を集める報道カメラのシェア争いも徐々に盛り上がりをみせている。(2019/6/27)

蒲田 初音鮨物語:
「絶対に一流店にしてやる」という気負いが店をダメにする 落ちぶれた店で“鮨職人”が見失っていたもの
勝が跡を継ぐ直前まで、極めて落ちぶれた状況だった初音鮨。“鮨職人”が見失っていたものは何だったのか。(2019/6/26)

片手で栄養「スポーツようかん」ひそかなブーム 京の和菓子店社長が自ら開発
スポーツ時の栄養補給食として「スポーツ羊羹」がひそかなブームとなっている。2020東京五輪・パラリンピックを控え、注目が集まっている。(2019/6/25)

PR:外国人の約半分が感じた日本人への衝撃の事実 切ない現実をシュールに描いた動画「FEEL JAPAN」
うわっ……私の口臭きつすぎ……?(提供:サンスター株式会社)(2019/6/21)

川崎希&アレク、東京オリンピック“113万円分”のチケット抽選に「これは大変だ!!」 指原莉乃、ベッキーらも結果報告
芸能界からも歓喜と悲鳴。(2019/6/20)

東京五輪観戦チケットの抽選発表をかたる偽メール 警視庁が注意喚起
警視庁サイバーセキュリティ対策本部がTwitterで東京オリンピック観戦チケットの抽選発表を語る偽メールに気を付けるようにと注意喚起した。(2019/6/20)

五輪時の交通緩和対策、真の狙いは企業経営の効率化 「スムーズビズ」大会後も継続へ
東京五輪・パラリンピックでは大会の円滑な運営のために多くの企業が協力し、都心の混雑回避のための対策に取り組む。(2019/6/20)

東京オリンピック観戦チケットの「抽選結果発表をかたったニセメール」に注意 6月20日に抽選結果発表
必ず公式チケット販売サイトで確認を。(2019/6/19)

五輪記念の500円硬貨、Twitter投票などでデザイン決定 財務省が初の試み
財務省が2020年東京オリンピック・パラリンピックを記念する500円硬貨のデザイン案3点を発表。Twitterなどで投票を受け付け、採用するデザインを決める。(2019/6/19)

五輪チケット 当選通知の偽メールにご注意 組織委「詐欺の恐れ」
偽メールに書かれたURLからクレジットカードの暗証番号などが盗み取られる恐れがあり、正規の通知メールにはURLを盛り込まない方針だ。(2019/6/19)

和式便器はなぜなくならないのか?【漫画版】
公立小中学校の6割が和式。(2019/6/19)

Computer Weekly日本語版
5G導入は急ぎ過ぎ? 複数の機関が5Gの健康リスクを指摘
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2019/6/19)

東京オリンピック記念の500円硬貨、図柄をTwitter投票などで決定 財務省が受け付けスタート
Twitter投票でカジュアルに貨幣の図柄が決まる時代。(2019/6/18)

半径300メートルのIT:
「偽メールかどうかのチェック」よりも重要? “1億総脆弱性診断”NOTICEの結果通知を開く前に見直すべきこと
東京五輪のチケット抽せんや、総務省主導の脆弱性チェック「NOTICE」の結果通知について、“当局を装った偽メール”に注意を呼び掛ける報道が相次いでいます。攻撃に対抗するために、ユーザーにできることをまとめました。(2019/6/18)

エスカレーターで「身体的な事情で立ち止まっている」と示すキーホルダーが話題に 誕生の背景を聞いた
エスカレーターは本来立ち止まって利用するもの。無理に急がないようにしたいところです。(2019/6/17)

民泊1年 届出件数7.8倍 都市に集中、地方への普及課題
民泊の届け出件数は1年間で7.8倍と順調に増加しており、特に都市部では訪日客の宿泊施設としての活用も進んでいる。(2019/6/17)

これからのAIの話をしよう(自動翻訳編):
Google翻訳より高性能? 「日本の自動翻訳がすごい理由」をNICT隅田氏が解説
国産翻訳エンジンを使った「みらい翻訳」が高精度だとネットで話題に。なぜGoogle翻訳より高精度といわれているのか。開発者のNICT隅田氏に聞いた。(2019/6/17)

まるで人類滅亡後の景色のよう 荒廃した東京描く幻想的なイラストに反響
寂しくも奇麗な世界に妄想が捗る。(2019/6/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。