• 関連の記事

「TomTom」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TomTom」に関する情報が集まったページです。

次世代モビリティの行方(5):
バズワード化するMaaS、そして自動運転ビジネス化への道のりは近くて遠い
これまでスタンドアロンな存在だった自動車は、自動運転技術の導入や通信技術でつながることによって新たな「次世代モビリティ」となりつつある。本連載では、主要な海外イベントを通して、次世代モビリティの行方を探っていく。連載第5回では、「第3回ReVisionモビリティサミット」での議論から、自動運転領域における日本の現在地を見据える。(2019/6/28)

自動運転技術:
ソニーがNVIDIAの自動運転プラットフォームとつながる、TRI-AD採用のHILSとも連携
ソニーは、NVIDIAのユーザーイベント「GTC 2019」(2019年3月19〜21日、米国カリフォルニア州サンノゼ)において、解像度がフルHDや4Kの車載カメラ8台を自動運転プラットフォーム「DRIVE AGX Xavier」に接続するデモンストレーションを実施した。自動運転に対応できる高画質な複数のカメラ映像を取り込み、遅延なく同時に表示できることをアピールした。自動運転システムの開発で広く用いられているNVIDIA製品と車載向けCMOSイメージセンサーを連携させることにより、量産される自動運転車での採用につなげる。(2019/3/22)

CES2019:
車両1台で2万円のコスト削減、パナソニックの仮想化活用Androidコックピット
パナソニックは、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、1つのSoC(System on Chip)でメーターやセンターコンソールのディスプレイ、サラウンドビュー、リアシート向けのエンターテインメントを動作させるコックピットドメイン制御プラットフォーム「SPYDR 2.0」を発表した。(2019/1/10)

つんつんのハリネズミに会いに来て ハリネズミの写真&グッズを集めたイベント「つんつんマルシェ」 名古屋で開催
イベント名もかわいいです。(2018/11/22)

CEATEC 2018:
トヨタのカーナビからLINEを送れる、オープンソースのSDL対応カーナビを日本投入
トヨタ自動車とLINEは2018年10月15日、千葉市内で記者説明会を開き、LINEの各種サービスに対応したディーラー装着用車載情報機器(カーナビ)を同年12月から日本で発売すると発表した。ライン装着用では2019年夏以降、一部改良などの機会にさまざまな車種でSDL対応カーナビを設定する。(2018/10/16)

大山聡の業界スコープ(10):
自動車メーカーのビジネスモデルは今後どうなる?
本連載で以前「車載半導体市場の現状と今後のゆくえ」について述べた。昨今の自動車業界が自動運転や電動化などで注目度が高まっていること、これに伴って車載半導体に求められる内容が変わりつつあること、などについて言及した。その中で、より注目すべき点として、自動車メーカー自身のビジネスモデルも変曲点を迎えつつあること、その要因がエレクトロニクス業界との融合であることを忘れてはならない。今回は、そちらについて述べてみたいと思う。(2018/10/11)

TomTomのデータ利用は継続:
Apple、iOSの地図アプリを根本的に再構築へ
AppleはiPhoneの地図アプリ「マップ」を、自前のデータを使って根本的に再構築する。(2018/7/2)

交通規則には従えても:
ドライバーの意図はくめない? 自動運転の課題
2017年は自動運転技術の開発が、さらに加速した1年となった。公道での試験運転が増えるにつれ、「交通規則には従えても、人間のドライバーの意図にはほとんど従えない」ことが露呈してきた。(2017/12/28)

自動運転技術:
Tom Tomがゼンリンと日本で交通情報サービスを提供、製品化は2018年度
ゼンリンとゼンリンデータコム、位置情報サービスを手掛けるTom Tom Internationalは、日本向けの交通情報サービスを共同開発する。(2017/10/31)

中国国外のApollo参加メンバーへAzureを提供:
Microsoft、自動運転車向けオープンプラットフォーム「Apollo」に参加 インテリジェントクラウドで提携
Microsoftと中国のBaiduが、自動運転車開発におけるインテリジェントクラウド分野で提携。MicrosoftはBaiduが主導する「Project Apollo」に参加し、中国国外のApolloのメンバーに対してMicrosoft Azureを提供する。(2017/7/20)

BaiduとAlibabaから発表相次ぐ:
中国Web大手、AI製品でAmazonに対抗心むき出し
AI(人工知能)を使った音声アシスタント機能において、中国のWeb大手であるBaiduとAlibabaが、AmazonやGoogleに対抗すべく、積極的に動いている。2017年7月初頭には、AI音声アシスタント機能や自動運転の開発に向けた取り組みが、BaiduとAlibabaから相次いで発表された。(2017/7/10)

自動運転技術:
ミリ波レーダーで自動運転用の高精度地図を更新、ボッシュとTomTom
Robert Bosch(ボッシュ)とオランダの地図会社TomTomは、ミリ波レーダーを使った高精度地図の開発に成功した。ミリ波レーダーのデータを高精度地図の作成に使用するのは「世界初」(ボッシュ)となる。(2017/7/3)

Mobile World Congress 2017:
「5G」が2019年に始まる――MWCでQualcommが明確にした通信の未来
MWC 2017で、Qualcommはひときわ高い存在感を放っていた。同社は5Gがあくまで4Gの延長線上にあると考えている。そんな5Gでは、具体的にどのような技術が生まれているのだろうか。(2017/3/6)

CES 2017レポート:
「CES 2017」は自動運転車と人工知能のユートピアだった
2011年からモーターショー化してきた「CES」。2017年のCESは、ついに「自動運転車と人工知能のユートピア」となった。(2017/2/7)

自動運転技術:
コネクテッドカーの業界標準に向けて前進、HEREのロケーションクラウド
HEREは、走行中の車両のセンサー情報をクラウドで収集する規格「SENSORIS」のユニバーサルデータフォーマットの設計を、欧州のITS(高度道路交通システム)官民連携組織であるERTICOに提出した。HEREとERTICOは、SENSORISを業界標準のインタフェース規格として発展させる取り組みを強化していく。(2016/7/1)

車載情報機器:
ナビコアソフトのNNG、さらなる成長に向け新プロダクトを用意
ハンガリーのナビコアソフトベンダー・NNGの新CEOに就任したGiles Shrimpton(ジャイルズ・シュリンプトン)氏が来日経営方針を説明。ナビコアソフトの他に、新しいプロダクトラインによってさらなる成長を図るという。(2016/5/20)

コネクテッドカーの明るい未来
昨今、コネクテッドカー、自動運転車が騒がれている。これらの技術によって自動車メーカー、サプライヤーのビジネスモデルは大きく変わる可能性が高い。単に技術があるから開発するのではなく、顧客に対して持続的に価値を提供して、自社を選択してもらうためには何をどこまで提供するのか。そのためには、どのようなケイパビリティ、ビジネスモデルが必要なのだろうか。(2015/11/9)

車載情報機器:
「アップルやグーグルにカーナビの主導権を渡さない」、NNGが新プラットフォーム発表
ナビコアソフトベンダーのNNGは、車載情報機器向けのプラットフォーム「NavFusion Platform」を発表した。新たに音声認識による操作機能や、スマートフォン連携機能を強化し、自動車メーカーごとのカスタマイズが、従来よりもフレキシブルかつ容易になったという。(2015/10/22)

IFA 2015リポート:
モーターショー化していないIFAでも感じるクルマの存在感
ドイツのベルリンで開催された世界最大級の家電見本市「IFA」。毎年1月に米国で開催される「International CES」が、自動車メーカーが展示を行うなどモーターショー化している一方で、家電ショーであることを強く意識するIFAはまだそうなっていない。とはいえ、そこかしこで家電との連携が重視されつつあるクルマの存在感は感じられた。(2015/9/25)

フランクフルトモーターショー2015リポート:
日本自動車業界はフランクフルトショーの新展示「New Mobility World」を見よ
「フランクフルトモーターショー2015」で新たに設けられた展示スペース「New Mobility World」。8つの領域から成り、今まさに大きく変化しようとしている自動車業界の現状を感じ取ることができるという。筆者の桃田氏は、日本の自動車業界関係者に対し、「New Mobility Worldで意見交換し、時代の変化に対する危機感を実感してほしい」という。(2015/9/24)

自動運転技術:
アウディとBMWとダイムラーが3社連合でHEREを買収した理由
アウディ、BMW、ダイムラーのドイツ自動車メーカー3社連合が、ノキアの100%子会社で地図情報サービス大手のHEREを買収した。HEREを詳しく取材してきた桃田健史氏がその理由をひも解く。そして今回のHERE買収は、今後数年間で起こるであろう、自動車産業の構造大転換のプロローグにすぎないという。(2015/8/7)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
ドイツ自動車メーカー3社連合によるHERE買収の意味
“攻め”というより“守り”のイメージが強い買収になりました。(2015/8/4)

自動運転技術 HERE インタビュー:
アウディもBMWもダイムラーも欲しがる高精度地図データの雄、HEREの現在地
HEREは、高精度な3次元地図データをはじめ、自動運転車を実用化する上で重要な技術を持つ企業だ。配車サービスのUberや、アウディ、BMW、ダイムラーの3社連合が買収に名乗りを上げるなど注目を集めているが、そのHEREの現在の事業展開はどのようなものなのか。同社のアジア太平洋地域担当本部長を務めるマンダリ・カレシー氏に話を聞いた。(2015/7/24)

自動運転技術:
自動運転に必要な高精度地図データ、デトロイト市街地で提供へ
PND(Personal Navigation Device)や地図データサービスなどを手掛けるオランダのTomTomは、デトロイトの市街地周辺(Metro Detroit)向けに自動運転技術に対応する高精度地図データを提供する。(2015/6/8)

これはゴージャス──Intelの女性向けスマートブレスレット「MICA」が米国で発売へ
2年間の通信量込みで495ドル!(2014/11/19)

VodafoneがM2Mサービスの世界トップ企業と評価 英調査会社
英Analysys MasonがM2M通信業サービスプロバイダーの世界上位12社を対象に実施した調査で、Vodafoneが業界トップ企業に認定された。(2014/1/27)

Apple、iOS 6のマップ責任者を解雇──Bloomberg報道
Appleを退任したスコット・フォーストール氏に代わってマップを統括しているエディ・キュー上級副社長が、iOS 6のマップチームの責任者を解雇し、同社にナビゲーションデータを提供しているTomTom NVにデータ改善を求めているという。(2012/11/28)

PR:世界中のネットワーク基盤が強み M2Mビジネスに注力する英ボーダフォン
ネットワークにつながるマシンは全世界で90億台、これが2020年には240億台に達するといわれる。このような急成長を遂げるM2M市場において、高い品質管理や強固なインフラ基盤などを武器にビジネス拡大を押し進めているのがボーダフォンだ。(2012/11/14)

ソフトウェアは常に最新の状態を――SkypeやAdobeなどが啓発週間
Skypeなどが実施した実態調査では、ソフトウェアの定期的な更新ができていないコンシューマーが半数近くを占めた。(2012/7/24)

海外モバイルニュースピックアップ:
恋人との関係を“見える化”するスマホアプリ
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、恋人との関係を“見える化”するスマホアプリ、読む前にコワいメールかどうかが分かるアプリ、スマホを使ってATMから現金を引き出せる「GetCash」、90秒で分かるWWDCなど。(2012/6/14)

無線通信技術 M2M:
国境を越えるとM2Mはつながらない? 1枚のSIMカードで問題解決
普及が進むM2M通信には、弱点がある。通信規格や通信に対する規制が異なる国外では、接続できない可能性があるという点だ。長年、M2M通信サービスを提供しているTelenor Connexionは、「たった1枚のSIMカードがあれば、この問題を解決できる」と話す。(2012/6/4)

Twitter、位置情報タグ「Twitter Places」を発表
foursquareやGowallaのチェックイン情報を統合した詳細な位置情報タグをツイートに追加できるようになる。(2010/6/15)

I-O DATA、MicrosoftとLinux関連の特許契約を締結
アイ・オー・データ機器とMicrosoftは、Linuxおよび関連オープンソースソフトウェアの使用について特許特約を適用する契約を締結したことを明らかにした。(2010/3/5)

Google携帯「Nexus One」について知っておくべきポイント
GoogleのNexus Oneはかっこいいデバイスではあるが、マルチタッチではないなど後れている部分もある。知っておいた方がいいNexus Oneのいい点と悪い点を幾つか挙げる。(2010/1/8)

神尾寿のMobile+Views:
“安かろう”では済まない――Google本格参入でカーナビ市場はどうなる?
携帯電話向けカーナビサービスが成長を続ける中、Android対応の“無料”ナビゲーションサービス「Google Maps Navigation」が登場。情報量や検索性において圧倒的に優位なこの“クラウド型カーナビサービス”が、市場に与えるインパクトを考える。(2009/10/30)

進化の分岐点を迎えるカーナビ
カーナビが進化の分岐点を迎えている。2006年以降、PNDがナビゲーション機器市場の急拡大をけん引し、携帯電話機のナビゲーション機能も大幅に性能が向上した。こうした動きを受けて、組み込み型カーナビにも変化が求められている。本稿では、まずカーナビ開発の歴史と現在の市場の状況をまとめる。その上で、次世代カーナビ用の最新プロセッサ/リアルタイムOSの動向を紹介する。(2009/7/1)

神尾寿のMobile+Views:
エコシステム拡大に拍車がかかる!? iPhone OS 3.0とiPhone 3G Sのインパクト
全世界で4000万台を超えたことが明らかにされたiPhone/iPod touchの出荷台数。そのエコシステムにiPhone OS 3.0とiPhone 3G Sが加わることで、さらに拡大が進むことは想像に難くない。ほんの2年ほど前に発売されたばかりのiPhoneは、今や社会インフラになり得るポテンシャルを持つ。(2009/6/10)

MicrosoftとTomTom、特許訴訟で和解
TomTomはMicrosoftにライセンス料を支払い、GPLに違反しない形でMicrosoft特許のライセンスを受ける。(2009/3/31)

TomTom、特許訴訟でMicrosoftに反訴
Microsoftから訴えられていたTomTomが反撃に出た。(2009/3/23)

Microsoft、カーナビのTomTomを特許侵害で提訴
Microsoftがカーナビゲーションシステム大手のTomTomを特許侵害で提訴した。(2009/2/26)

在庫管理やナビゲーションなど用途は多様
リアルタイム位置情報システムの基盤技術と応用分野
数年前から出回っているRTLSはさまざまな用途に使われている。そこで使われている技術もまたさまざまだ。RTLS技術の基礎を解説し、幾つかの主要な用途を紹介する。(2008/10/27)

Google、デジタル地図コンテンツのTele Atlasと5年契約を締結
GoogleはGoogle MapsやGoogle Earthに、Tele Atlasの地図データや関連コンテンツを取り入れる。(2008/7/2)

ワイヤレスジャパン2008 キーパーソンインタビュー:
“3Gと小型デバイスの融合”がモバイル市場に変革をもたらす――クアルコム ジャパン 山田純氏
2G端末の出荷台数がゼロになるなど、名実ともに3G大国となった日本。この高速通信インフラは今後、携帯電話だけでなく多様なデバイスに活用されると予測される。小型デバイスと3Gの融合は、モバイル市場をどう変えていくのか――。クアルコム ジャパンの山田純社長に聞いた。(2008/6/23)

神尾寿の時事日想:
次のトレンドは「つながる」――カーナビを変える2つのキーワード
パイオニアとパナソニックは、夏の新商品でいずれも“つながる”コンセプトを強く打ち出してきた。通信への対応は従来、メーカー純正カーナビが得意としてきたジャンルだ。ここに市販カーナビメーカーが参入することでカーナビは大きく変わっていく可能性がある。(2008/5/18)

シーエスアール製Bluetoothチップの出荷数が10億に到達
(2008/4/28)

欧州委員会、NokiaのNAVTEQ買収を徹底調査へ
デジタル地図サービス市場はNAVTEQほか1社による複占状態であり、この買収は市場競争を妨げる可能性があるとしている。(2008/3/29)

カーナビのTomTom、Google Mapsと提携
Google Mapsで検索した行き先を、ナビゲーションシステムに直接ダウンロードして利用できる。(2007/12/6)

神尾寿の時事日想:
携帯・カーナビ市場で重要性が増す「デジタル地図」
デジタル地図を提供する企業を“囲い込む”動きが活発になってきている。携帯電話用コンテンツやカーナビ揚データとして、デジタル地図の重要性が増しているためだ。(2007/10/3)

TomTom、「GPSの谷間」でも使えるカーナビ発表
TomTomの新カーナビは、目的地情報を音声で入力できるほか、車の動きや重力を感知するセンサーで位置計算をする技術を採用し、GPS信号が届かない場所でも連続的なナビゲーションが可能となった。(2007/8/31)

カーナビのTomTom、地図サービスのTele Atlasを買収へ
Tele Atlasは、Google MapsやMapQuestなどにデジタル地図情報を提供する企業。TomTomは、総額20億ユーロでTele Atlasを買収する意向だという。(2007/7/24)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。