「トレーニング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トレーニング」に関する情報が集まったページです。

トレーニングの成果出てきた? 青木源太アナ、“筋肉の先輩”杉浦太陽と上腕見せつけナイスバルク!
これはいい上腕。(2019/8/1)

ガーミン、シリーズ最軽量のGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を8月1日に発売
ガーミンジャパンは、8月1日にGPSランニングウォッチ「ForeAthlete 45/45S」を発売。32〜36gという軽量モデルで、トレーニング機能や健康管理をサポートする機能も充実している。価格は2万4800円(税別)で、計4色をそろえた。(2019/7/18)

スピン経済の歩き方:
「二段階認証うんぬん」発言から読み取れる、セブンの危機的状況
不正アクセスの問題を受けて、7payの社長は記者からの質問に詰まってしまった。「二段階認証も知らないのか」「信じられない。それでも社長?」といった声が飛び交っていたが、メディアトレーニングを行っている筆者の窪田氏はこの会見をどのように見ているのか。(2019/7/9)

AI:
松電舎がAI活用の外観検査ソフト、トレーニング最短1時間
松電舎は、AIを活用した「AI-Detector」の販売を開始すると発表した。個数カウント、加工不良、有無検査などの外観検査をAIにより自動化した。(2019/7/5)

車載ソフトウェア:
日産がクルマとソフトの両面を知る技術者育成を強化、研修施設を公開
日産自動車は2019年7月3日、車載ソフトウェア開発に関する社内研修施設「日産ソフトウェアトレーニングセンター」(神奈川県厚木市)を報道陣向けに公開した。日産は自動車工学に精通したソフトウェア開発人材の丁寧な育成で、競合他社との差別化を図る狙いだ。(2019/7/4)

LiveWorx 2019:
AR活用でトレーニングコストを年間50万ドル削減、Aggrekoが取り組んだ業務改革
米国マサチューセッツ州ボストンで開催されたPTC主催の年次テクノロジーカンファレンス「LiveWorx 2019」の分科会セッションにおいて、電力や温度制御の専門企業であるAggrekoがAR(拡張現実)を活用した技術者トレーニングの取り組みについて紹介した。(2019/6/20)

「ムキムキやん」「さすが珍獣ハンター」 イモトアヤコ、自然との戦いが生み出した“腕の筋肉”にファン驚き
生きてるだけでトレーニングになる生活してるもんな。(2019/6/11)

医療機器ニュース:
自宅のTVで実施する運転技能向上トレーニング・アプリを開発
東北大学は、自宅のTVで実施できる運転技能向上トレーニング・アプリを開発した。高齢者を対象に効果を検証したところ、自動車運転技能、認知力(処理速度)と抑制能力、ポジティブ気分(活力)が向上した。(2019/6/6)

医療技術ニュース:
骨格筋細胞のマイクロ構造をMRIで可視化する技術を開発
慶應義塾大学は、MRIを用いて骨格筋細胞のマイクロ構造を可視化する技術を開発した。この手法が確立されれば、運動器の機能、疲労、トレーニング、疾患などの定量評価が可能になると期待される。(2019/5/28)

「Yahoo! JAPAN ID」オフラインでも活用 スポーツジムの入退館など管理
ヤフーは、Yahoo! JAPAN IDをオフラインで活用する実証実験を、ティップネスが運営するトレーニングジム「FASTGYM24」と連携して始めた。ジムの会員情報とYahoo!IDを連携させ、入退館やトレーニングメニューの管理などを行える。(2019/5/13)

「腐女子、うっかりゲイに告る。」 “普通”とは何かを問いかける3話 「敬愛するフレディを、声のいい気持ちの悪いゲイのおっさんだと思ってたのかい?」が突き刺さる
肉まんを揉んで女体に慣れるトレーニング……主人公がゲイだとこんなに切ないシーンに。(2019/5/11)

東芝情報システム:
製造終了LSIの再供給、設計データが不完全でも可能
 東芝情報システムは、「TECHNO-FRONTIER 2019(テクノフロンティア)」(2019年4月17〜19日、千葉・幕張メッセ)で、製造終了となったLSIの再供給を可能にする「ディスコンLSI再生サービス」や、自由にアナログ回路を構成できるプログラマブルデバイス「analogram」を利用した学習用トレーニングキットを展示した。(2019/4/24)

Googleがデジタルスキルトレーニングを提供 「はじめてのAI」「YouTube運営」など全て無料で学習可能
「Grow with Google」。(2019/4/23)

「機械学習はまだ主流じゃない」、企業のセキュリティ対策のトレンドとは? シスコが調査
シスコの「2019年版 最高セキュリティ責任者ベンチマーク調査」によると、社内で利用しているセキュリティ製品のベンダー統合と最適化、社内のネットワーク担当チームとセキュリティ担当チームの連携強化、セキュリティ啓発を目的としたトレーニングの実施などが重点的に実施されていることが分かった。(2019/4/23)

AIアプリの開発を加速:
AIのトレーニング時間を60%以上短縮する新手法を開発、米大学
ノースカロライナ州立大学の研究チームが、ディープラーニングネットワークのトレーニング時間を、精度を損なうことなく60%以上短縮する「Adaptive Deep Reuse」という手法を開発した。(2019/4/17)

VRニュース:
熟練作業者の技能伝承はARで、PTCが「Vuforia」の新製品を投入
PTCジャパンは、工場などの現場における熟練作業者の作業内容をARデバイスで直接キャプチャーし、トレーニング用のデータとして活用できるARソリューション「Vuforia Expert Capture」を発表した。(2019/4/10)

デザインの力:
パナソニックの歩行トレーニングロボが“介護施設の人気者”になった理由
パナソニックが開発を進める「歩行トレーニングロボット」。健康寿命延伸を目指した製品だが、施設での実証現場でも当初は使ってもらえなかったという。それが現在は順番待ちが生まれるなど、状況が大きく変わった。その背景には「デザインの力」があった。「歩行トレーニングロボット」のデザインへの取り組みを紹介する。(2019/3/28)

ビジネスのクラウドシフトをサポートするコース構成に:
PR:クラウドネイティブ技術の習得が求められる今、日本マイクロソフトがパートナー向け教育コンテンツ「mstep」を大幅に拡充した理由
日本マイクロソフトは、同社がパートナー向けに提供しているトレーニングコンテンツ「mstep」の内容を大幅に拡充した。クラウドシフトを反映し、Microsoft Azureと各種のクラウドサービス群に関するノウハウを、迅速にビジネス提案に生かせるコンテンツ構成になった点がリニューアルのポイントだとする。その具体的な内容を担当者に聞いた。(2019/3/27)

仮想アシスタントやチャットbotを活用
AI×フィットネス:Fitbit、Shft、Planet Fitnessの新アプリはここがスゴイ
AI技術の導入で続々と新たなサービスが登場するフィットネス業界。パーソナライズしたサービスを提供し、ユーザーの健康管理やトレーニングの効果を高めている。Fitbitから仮想アシスタントに至るまで、その状況を紹介する。(2019/3/23)

実用例や課題を紹介
医療分野での仮想現実(VR)は患者ケアをどう変えるか
医療の専門家は、患者に対するケアと医師のトレーニングの改善に仮想現実(VR)を取り入れている。実際の利用例に加え、VR技術を医療分野で使うための課題を紹介する。(2019/3/22)

BIM/CIM:
トプコンとオートデスクがBIM/CIMでISV契約、トレーニングも含めた一気通貫ソリューションを提供
トプコンと、オートデスクは、建設・土木分野における「働き方改革」の実現に向け、戦略的パートナーシップ契約(ISV:インディペンデント・ソフトウェア・ベンダー バンドル契約)を締結した。これまでの業務提携から一歩踏み込み、なかなか進まない現場レベルでのBIM/CIM活用を目指し、トプコンの全国4拠点でのトレーニングやサポートも含めた一気通貫のソリューションを提供する。(2019/3/13)

ひろみちお兄さん、半月板損傷で入院していた トレーニング中に「バキッ!」で動けず
現在は退院して自宅でリハビリ中とのこと。(2019/3/6)

インド最強の村:
村人はマッチョだらけ! 貧困脱出へ「筋肉は裏切らない」
男性の多くが筋力トレーニングに日夜励む村が、インドの首都ニューデリー近郊にある。村の運動施設には若者が集まって日々、汗を流しており、「インド最強の村」(米CNNテレビ)との異名もとる。トレーニングに余念がない理由は、肉体を鍛えることで村人たちに職が生まれているため。流行語となった「筋肉は裏切らない」をまさに地でいく世界がインドにあった。(ニューデリー 森浩)(2019/2/26)

トレーニング中にやたら声を出すワンコ 気合十分に「ワンッ、ワンッ」と吠える姿が面白い
ルームランナーのトレーニングで絶叫せずにはいられない犬。(2019/2/19)

協働ロボット:
ユニバーサルロボットは成長継続に自信「協働ロボットは不確実な時代にこそ必要」
ユニバーサルロボットが、新たに開設した日本オフィス(東京都港区)で記者会見を開催。来日したユニバーサルロボット 社長のユルゲン・フォン・ホーレン氏が同社の事業戦略について説明し、併せて報道陣向けに新オフィスのトレーニング室とアプリケーション室を公開した。(2019/2/18)

体を鍛えるニャ トレーニングマシンに興味津々な猫・すずめちゃんとうなぎちゃん
お昼寝にもちょうどいいニャ。(2019/2/14)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(2):
ケーススタディーから学ぶ「マインドフルネストレーニング」の実践と活用法
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2019/1/17)

なぜミクシィがジムをやるのか:
ミクシィが手掛ける「トレーニングジム」、19年1月開業へ 競合とどう戦う?
ミクシィ子会社のスマートヘルスが、2019年1月23日に、女性専用トレーニングジム「ココサイズ」を開業する。健康状態を向上する「コンディショニング」に特化したメニューを提供する点が特徴。人工知能(AI)を活用して体の状態を診断するサービスも実施する。(2018/12/19)

DNNの学習を成功:
IBMの8ビットAIに向けた取り組み
IBMは、「8ビットの浮動小数点数を使用して、深層学習モデルとデータセットのスペクトル精度を完全に維持した深層ニューラルネットワーク(DNN)のトレーニングを初めて成功させた」とするAIチップを披露した。(2018/12/11)

i-Construction:
建設ICT市場の成長を目指す「アクティオ版i-Construction」、ICT土工体験会から探る
建設機械レンタル大手のアクティオは2018年11月30日、ICT建機やドローン測量など、アクティオが提供する建設向けICT製品群を一堂に集めた体験会「i-Constructionプレスセミナー」をアクティオ千葉トレーニングセンターで開催した。(2018/12/6)

「手足がめちゃくちゃ長い」 冨永愛、スタイル維持の体幹トレーニングがうっとりする美しさ
トップモデルは何しても美しい。(2018/12/5)

日本の製造業を創造業に変える! マインドフルネス(1):
GoogleやIBMなどが能力開発に取り入れている「マインドフルネス」とは?
「マインドフルネス」をご存じだろうか。「念」や「気付き」に由来するそのトレーニング法が注目され、近年ではGoogleやIntel、IBMといった世界的企業がビジネスパーソンの能力開発に活用している。何かに行き詰まった思考から抜け出し、自分自身の能力を最大限に引き出すマインドフルネストレーニングについて解説する。(2018/11/30)

Amazon、AWSでのオンライン「機械学習大学」を無料で開講
Amazonが社内エンジニア向けに提供している機械学習の講座を、AWSトレーニングの1つとして公開する。45時間以上のオンライン講座を無料で受講でき、AWS認定(こちらは有料)テストも受けられる。(2018/11/27)

アジア各国などと比べてIT活用に劣る:
日本は最新ITによる職場変革が進まず「人材採用」や「トレーニング」にも遅れ、IDCが調査
IDC Japanは「働き方の未来」に関する調査の分析結果を発表した。日本はアジア太平洋地域に比べて、最新ITを利用した職場の変革が遅れており、デジタルスキルを備えた人材が不足しているにもかかわらず、トレーニングや人材の採用に消極的であることが分かった。(2018/11/20)

ML推論、モデルの分散トレーニング、CGに最適化:
Google Cloud Platformで「NVIDIA Tesla T4 GPU」を用いたα版サービスを提供開始
Googleは「Google Cloud Platform」において、大手クラウドベンダーとして初めて「NVIDIA Tesla T4 GPU」を用いたサービスの提供を開始した。まずは限定的なα版サービスとして扱う。機械学習(ML)推論とモデルの分散トレーニング、コンピュータグラフィックスに最適化されているという。(2018/11/14)

現場で行うべき基本の4ステップ:
バイトが長く働く鍵は「初日の受け入れ方」
新人アルバイト・パートを迎える初日の受け入れ体制や初期トレーニングのあり方は、アルバイト・パートの採用後の定着やモチベーションを大きく左右します。本稿ではそのために基本となる4つのステップを紹介します。(2018/11/6)

「お美しい」「シルエットにもドキドキ」 深田恭子、トレーニング中のすらりと伸びた脚にため息が出そう
顔も見たかった……!(2018/10/20)

ロボット開発ニュース:
油圧ならトン単位の力も出せる、ブリヂストンのゴム人工筋肉
ブリヂストンは、「Japan Robot Week 2018」において、アシストスーツや歩行トレーニング装置などに最適な空気圧式ゴム人工筋肉を展示した。(2018/10/18)

CADニュース:
DMM.make AKIBA、施設会員を対象に3D CAD「SOLIDWORKS」の無償利用サービスを開始
DMM.comが運営する総合型モノづくり支援プラットフォーム「DMM.make AKIBA」が、「起業家向けSOLIDWORKSプログラム」のメンバー組織に国内で初めて認定された。一般参加も可能なSOLIDWORKS活用トレーニングプログラムを2018年10月より実施する。(2018/10/15)

「こんな細い体で……」 仲里依紗、アスリート顔負けの“ウエイトトレーニング”にファン驚き
身体のラインがキレイすぎる。(2018/10/12)

「まじで理想の夫婦」 長友佑都&平愛梨、夫婦の2ショットトレーニング動画が休日の昼下がりに見ていたいラブラブっぷり
以前も夫婦一緒のサッカー練習や水泳対決が話題に。(2018/9/22)

57%の企業が最高データ責任者(CDO)を置く:
データ分析への投資が拡大するも、社内のアクセス制限などがネック
マイクロストラテジー・ジャパンは日本など5カ国を対象とした「グローバルエンタープライズアナリティクス調査2018」を発表した。企業にとってデータ分析が重要な位置を占めることが明らかになった半面、社内のアクセス制限や従業員のトレーニング不足など3つの課題も見えてきた。(2018/9/18)

「家事にもいろいろ役立ちます」 杉浦太陽、ムキムキ筋肉が目立つ姿で家族のためにトレーニング
ムッキムキじゃないですか!(2018/9/15)

数千億円規模の事業を目指す:
ヤマハ発動機、無人農業用車両をはじめとしたロボティクス事業でNVIDIAのチップ、ソフトウェアを採用
ヤマハ発動機は2018年09月13日、同社の戦略的事業分野であるロボティクス技術への取り組みに、NVIDIAのロボティクス/エッジコンピューティング向けコンピューティングモジュール「NVIDIA Jetson AGX Xavier」、およびロボティクスのシミュレーション/トレーニングを自動化する「NVIDIA ISAACロボティクスソフトウェア」を採用すると発表した。(2018/9/13)

「目指すはスーパーアスリート」 長友佑都の“親子トレーニング”が癒やしの極み
パパの背中を見て育ってほしい。(2018/8/30)

特選ブックレットガイド:
老舗の地下足袋メーカーが考案したトレーニングシューズ、その開発秘話
老舗地下足袋メーカーの丸五が考案したトレーニングシューズ「hitoe」。“足本来の力を引き出すこと”を目指し開発された同製品の商品化を支えた新製法とデジタル技術について詳しく解説する。(2018/8/23)

「半年続けていてもきつい」 簡単そうに見えて決して楽ではない「らくらく体幹トレーニング」がキツそう
意外ときつかった。(2018/8/18)

「もはやインストラクターの領域」 藤田ニコル、“ほぼ初”グラビアで女子必見のヘルシーボディー披露
鬼トレーニングの成果出てる。(2018/8/3)

古参技術屋の見聞考察備忘録:
“ヒップホップ”なスクラムマスターが見せてくれた、リーダーの資質
米シカゴで開催されたアジャイル開発フレームワークのトレーニングで筆者が出会ったのは、威圧的な風貌の“ヒップホップ”なブラザー。実はスクラムマスターだった彼がトレーニングに参加した理由とは……。(2018/7/29)

SPORTEC2018:
空を飛びながら体幹トレーニング VR×筋トレのフィットネスマシン「ICAROS」
ドイツ企業が開発した、VRゲームと体幹や筋肉を鍛えられるフィットネスマシンを組み合わせた「ICAROS」(イカロス)がSPORTEC2018に登場。VRを組み合わせることで、エクササイズを楽しめるものにするという。(2018/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。