「トレンドマイクロ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

産業制御システムのセキュリティ:
「工場の要塞化」を提案するトレンドマイクロ、持続性を確保する新製品を発表
トレンドマイクロは2019年11月12日、産業制御システム向けセキュリティ製品のラインアップを大きく拡充し、2020年1月14日から順次受注開始すると発表した。(2019/11/13)

トレンドマイクロから最大12万件の顧客データ流出 元従業員が不正に持ち出し
トレンドマイクロの元従業員が最大12万人分の顧客情報を不正に持ち出し、第三者に提供していたことが判明。持ち出されたのは個人向けセキュリティ製品を利用している海外の顧客データ。日本の顧客や法人は含まれていないという。(2019/11/6)

トレンドマイクロ、海外ユーザーの詐欺被害で謝罪 元従業員が個人情報を第三者に販売
従業員(当時)が個人情報を持ち出し、第三者に提供していたとのことです。(2019/11/6)

影響は最大12万人――トレンドマイクロ、海外で内部不正行為により顧客情報が流出
トレンドマイクロは2019年11月6日に、同社で内部不正行為により情報が流出したことを発表した。現在日本への影響はないという。(2019/11/6)

IoTセキュリティ:
IoT関連のアンダーグラウンド市場調査――攻撃代行などビジネスが活発化
トレンドマイクロが「IoT関連のアンダーグラウンドビジネス概況」の調査結果を発表した。DDoS攻撃の代行サービスをはじめ、サイバー犯罪者によるサービスや情報の売買が活発になっていることが明らかになった。(2019/11/1)

コンテナを狙った攻撃事例も紹介:
「コンテナセキュリティ」とは――コンテナを活用する人が知っておくべき6つのポイント
エンジニアならば避けては通れない技術となった「コンテナ」に“脅威”はないのだろうか? “コンテナセキュリティ”が考慮すべき6つのポイントや、どこで脅威が混入する可能性があるのかをトレンドマイクロに聞いた。(2019/10/16)

「個人情報ばらまかれてるけど大丈夫?」 Twitterで不審なDM報告、新手のスパム手口か URLは開かないで
実際にどのような危険があるのか、トレンドマイクロに聞きました。(2019/10/9)

ラズパイのセキュリテイ対策(前編):
あなたのラズパイは穴だらけ? ユーザーが検討すべき脅威への対策
インターネットに接続されている世界のRaspberry Piは、どれほどセキュリティリスクにさらされているのか。また、Raspberry Piをサイバー攻撃の呼び水にしないためにどのような対策を施せば良いのか、トレンドマイクロでセキュリティエバンジェリストを務める岡本勝之氏の分析概要を聞いた。(2019/9/30)

産業制御システムのセキュリティ:
工場セキュリティで成長目指すMoxa、トレンドマイクロとの協業製品は2020年初投入
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは、工場セキュリティを切り口とし、日本向けの提案を強化する。トレンドマイクロとの協業などを生かし、より簡単で便利な工場のセキュリティ対策を訴求する方針である。(2019/9/27)

法人向け「ウイルスバスター」の脆弱性を狙った攻撃 トレンドマイクロが修正プログラムの導入を呼びかけ
トレンドマイクロが、同社のセキュリティソフトの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用した攻撃があったと発表し、最新の修正プログラムを適用するよう呼びかけた。(2019/9/10)

トレンドマイクロが法人向け「ウイルスバスター」の脆弱性が攻撃に利用されているとしてアップデートを呼びかけ
管理コンソールへ管理者権限でログオンできてしまい、検索設定など任意の設定を変更されてしまう恐れがあります。(2019/9/10)

サンドボックスを回避する不正プログラムも:
攻撃活動の痕跡を残さない「環境寄生型攻撃」が拡大 トレンドマイクロが分析
トレンドマイクロが公開した「2019年 上半期セキュリティラウンドアップ:法人システムを狙う脅迫と盗用」によると、攻撃活動の痕跡を残さない環境寄生型攻撃が拡大している。(2019/9/6)

AI技術でネット詐欺対策を強化した「ウイルスバスター」シリーズ最新版
トレンドマイクロは、9月5日に総合セキュリティソフト「ウイルスバスター」シリーズ最新版を発売。未知の不正サイトをAI技術で分析し、脅威を防ぐ機能を新搭載する。(2019/9/4)

ランサムウェアの攻撃が急増:
2019年も気が抜けない 第1四半期時点のサイバー攻撃をトレンドマイクロが分析
トレンドマイクロが公開した最新のセキュリティ報告書によると、2019年第1四半期(1〜3月)は、ランサムウェアによる攻撃が目立った。中でも法人を標的とするものが増えている。(2019/5/31)

SD-WANの今が分かった:
PR:クラウドファースト時代にネックになる通信経路、SD-WANが課題解決
専用線とデータセンターを前提とした企業のWANが姿を変えようとしている。きっかけはクラウドサービス(SaaS)の浸透と、モバイル端末などを利用したインターネットアクセスだ。ネットワーク構成を幾度となく素早く変更しなければならない場面が多発している。このような課題に役立つのがSD-WANだ。Dell EMCが主催し、2019年4月19日に開催したセミナーでは、Dell EMCの他、SD-WANソリューションに定評があるVMwareやVersa Networks、トレンドマイクロが登壇し、SD-WANの最新動向や各社のソリューションについて語った。(2019/5/28)

トレンドマイクロ、不正アクセスによる情報流出認める ソースコード流出は否定
トレンドマイクロは、同社のテストラボ環境がハッカーによる攻撃を受けてウイルス対策ソフトのソースコードなどが流出したと報じられた問題で、「不正アクセスを受けてデバック用ファイルが流出した」と認めた。ただ、同社が保有するソースコードや顧客情報の漏洩は「確認していない」としている。(2019/5/20)

製造ITニュース:
クラウドでOSSの脆弱性を管理、IoTデバイス向けセキュリティサービス
日本システムウエアは、トレンドマイクロのIoT機器向けセキュリティソリューション「Trend Micro IoT Security」を活用したIoTデバイス用セキュリティソリューション「Toami Edge Security」を提供開始した。(2019/5/8)

車載セキュリティ:
コネクテッドカー向けの不正侵入検知・防御ソリューションを共同開発
トレンドマイクロとLuxoft Holdingは、コネクテッドカー向けのセキュリティソリューションにおいて協業を開始する。両社の技術力と知見を組み合わせ、自動車向けの不正侵入検知・防御ソリューションを共同開発する。(2019/4/26)

IoTセキュリティ:
ITとOTの融合で生じるリスク低減に、トレンドマイクロがIoTビジネスを強化
トレンドマイクロは2019年3月27日、事業戦略発表会を開催し2019年におけるサイバーセキュリティの動向予測と同社の重点施策を説明した。同社はITとOTを含めたIoT化が進むビジネス環境において、事業横断型のソリューション提供やIoT関連ビジネスを推進する方針だ。(2019/3/28)

エンドポイントセキュリティ対策の新製品
法人向けウイルスバスターの後継「Apex One」 EDR機能を搭載
トレンドマイクロの「Trend Micro Apex One」は、事前予防(EPP)と事後対処(EDR)の機能を単一製品にまとめた法人向けエンドポイントセキュリティソフトだ。可視化機能や予測技術で差異化を図る。(2019/3/7)

約443万人がフィッシングサイトに誘導:
システムの脆弱性からユーザーの心理的弱点へ、サイバー攻撃の手口が変化
トレンドマイクロが公開した最新のセキュリティ動向によると、ユーザーをだます攻撃が増加している実態が明らかになった。フィッシング詐欺や偽装SMSなどが、2018年後半に急増した。(2019/3/1)

セキュリティインシデントは“頂上”から見よ:
予防と事後対処を統合 EDR対応の法人向けエンドポイントセキュリティ新製品「Trend Micro Apex One」
トレンドマイクロの法人向け新製品が「Apex One」として2019年7月に登場。既存のウイルスバスターコーポレートエディションからはアップグレードとして提供。事前予防と事後対処を統合した機能を提供する。(2019/2/28)

なりすましメールを判別
「文章の癖」を学ぶAIでビジネスメール詐欺(BEC)防止 トレンドマイクロ
トレンドマイクロは、AI技術を使ったビジネスメール詐欺(BEC)対策技術「Writing Style DNA」を発表した。メール作成者の文章における癖を学習し、なりすましの疑いが強いメールを検出する。(2019/2/5)

Google Playストアに悪質ポップアップ広告や画像収集のカメラアプリ29本 Trend Microの指摘でGoogleが削除
Googleの公式アプリストアで公開されていた29本のカメラ関連アプリがしつこいポップアップ広告などにつながる悪質なものだとTrend Microが指摘し、Googleが削除した。既に数百万回ダウンロードされている。(2019/2/4)

AIが“メールの癖”からなりすましを判定、ビジネスメール詐欺を防御――トレンドマイクロ、クラウド向けに提供開始
トレンドマイクロは、ビジネスメール詐欺対策の新技術として「Writing Style DNA」を開発。AIで“メール作成者の癖”を分析し、経営幹部などになりすました詐欺メールを検知する。クラウドアプリケーション向けのセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」に実装し、2019年2月15日から提供する。(2019/1/31)

組織的対策を補う技術的対策:
AIでメール作成者の癖を見抜く、トレンドマイクロがビジネスメール詐欺対策技術を開発
トレンドマイクロは、AIを活用したビジネスメール詐欺対策技術を開発した。文章作成上の癖を解析して、なりすましメールを検知する。今後、クラウドアプリケーション向けのセキュリティサービス「Trend Micro Cloud App Security」の新機能として提供する。(2019/1/30)

トレンドマイクロ、アドウェアを含んだAndroid端末向け“偽アプリ”について注意喚起 アイコンを消してバックグラウンドで動作
世界で約900万回もアドウェアアプリがダウンロードされているという事実。(2019/1/14)

子どもの7.3%、保護者の18%がフィッシング詐欺や架空請求などを経験 トレンドマイクロの実態調査
トレンドマイクロは、12月26日に「子どもと保護者のスマートフォン利用に関する実態調査」の結果を発表。インターネット利用中に子供の7.3%、保護者の18%がサイバー犯罪のトラブルを経験しており、7割以上の家庭が子どもにセキュリティ教育を実施している。一方、SNSに投稿する写真のトラブルを知っている保護者はわずか約3割に留まった。(2018/12/26)

トレンドマイクロ、Windows 7の延長サポート終了後もエンドポイント製品を継続サポート 安全なOS移行を支援
トレンドマイクロは、Windows 7の延長サポート終了後も、エンドポイントセキュリティ製品のサポートを継続する。法人向け「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」は2024年1月まで、個人向け「ウイルスバスター クラウド」は2021年12月まで、サポート期間を延長する。(2018/12/26)

被害に遭った比率が過去最高に:
4割以上の組織が重大被害を経験、トレンドマイクロがセキュリティ実態調査
トレンドマイクロが実施した「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2018年版」によると、セキュリティインシデントに起因した重大被害を経験した法人組織の割合は過去最高の42.3%に達した。インターネットに接続されていない環境での被害も増加傾向にある。(2018/12/20)

ビル制御システム:
ビル制御システム向けの“サイバーセキュリティ対策”で、トレンドマイクロと共同検証
アライドテレシスは、ビルの電源監視システムを対象に、トレンドマイクロの「Trend Micro Safe Lock」と、アライドテレシスの「SDN(Software-Defined Networking)」を組み合わせたサイバーセキュリティ対策の共同検証を実施した。(2018/12/11)

クレーンを不正に遠隔操作、10年前より「攻撃しやすい」? 専門家が注意喚起
トレンドマイクロのリサーチャーが、産業用クレーンに対してセキュリティ面から調査を実施。クレーンの模型が遠隔操作され、人をかたどった人形に吊り荷を当てるデモンストレーションも公開した。(2018/11/29)

iOS版ウイルスバスター、App Storeで公開再開
App Storeで公開停止になっていたトレンドマイクロの「ウイルスバスター モバイル」(iOS版)の提供が再開された。(2018/11/20)

ET2018:
産業用IoTを一歩前に、トレンドマイクロとMoxaが合弁会社設立
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは「Embedded Technology 2018/IoT Technology 2018(ET2018)」のマイクロソフトブース内に出展し、同社機器を使い、遠隔稼働監視ソリューションを提案した。また、2018年11月15日に発表したトレンドマイクロとの合弁会社設立などについても紹介した。(2018/11/20)

トレンドマイクロ、一部のiOSアプリ配信再開
トレンドマイクロのiOSアプリがApp Storeで公開停止になった件で、同社は11月17日、一部アプリの公開が再開されたと発表。(2018/11/19)

IoTセキュリティ:
あなたの機械、安易につなげて大丈夫? リスクと攻撃手法を知る
トレンドマイクロは2018年11月16日、東京都内でプライベートカンファレンス「Trend Micro DIRECTION」を開催した。同イベントでは、ITネットワークとつながる産業制御システムが抱えるセキュリティリスクと想定される攻撃手段、そして攻撃に対する予防対策を示す講演が複数用意されていた。(2018/11/19)

隠しきれない「詐欺メールの特徴」を検知せよ:
PR:Office 365を狙うビジネスメール詐欺、見破るための具体策は?
2017年に「Office 365」をすり抜けトレンドマイクロのサービスで検知したビジネスメール詐欺の数は3000を超えていたという。見破るために企業は何をしておくべきか?(2018/11/7)

トレンドマイクロ、「Appleとの見解の相違」によりアプリ再公開に遅れ
同社は、「Appleの要件を満たして迅速にアプリを再公開できるよう積極的に取り組んでいく」としている。(2018/10/31)

トレンドマイクロ、一部のMacアプリで「ブラウザ履歴の収集」明示なし
トレンドマイクロのMac向けアプリが、Apple Storeで非公開の状態になっている。一部アプリが、ユーザーのブラウザ履歴を収集していることを明示していない期間があったという。(2018/10/25)

IoTセキュリティ:
IoT製品の脆弱性リスクを最小限に抑えるプログラムを提供開始
トレンドマイクロは、IoT製品の開発段階で脆弱性リスクを最小限に抑えるプログラムを発表した。同社が運営する脆弱性発見コミュニティー「Zero Day Initiative」で提供する。(2018/10/15)

ビットコイン要求する詐欺メール出回る 「アダルトサイトアクセス時のビデオばらまく」と脅迫
トレンドマイクロが「アダルトサイトへのアクセス時に録画されたビデオを周囲に流布させられたくなければ金銭を支払え」という内容の詐欺メールが出回っているとして注意を呼び掛けている。(2018/10/4)

製造ITニュース:
トレンドマイクロとMoxa、産業用IoT保護ソリューションの共同開発で提携
トレンドマイクロは、Technology Alliance Partner Programにおいて、産業コミュニケーションやネットワーキング分野の先進的企業であるMoxaと新たに提携すると発表した。産業用IoT(IIoT)の保護ソリューションの共同開発を目指す。(2018/9/25)

半径300メートルのIT:
ぴあ、アララ、トレンドマイクロ――情報漏えい事件の後に“支持される企業”と“たたかれる企業”の違い
一度起こってしまった情報漏えい事故は、なかったことにできない。だからこそ問われるのが、事件後に各企業がとった対応です。さまざまな“事件”を巡って彼らの評判を分けたものとは、一体何だったのでしょうか。(2018/9/19)

ウイルスバスターなど、App Storeから消える トレンドマイクロは確認中
トレンドマイクロの「ウイルスバスター モバイル」などのiOS版アプリがApp Storeに表示されず、インストールできない状態に。(2018/9/12)

Trend MicroのアプリもApp Storeから削除、ブラウザ履歴抽出の指摘受け
Trend Microのアカウントで提供されていたDr. AntivirusとDr. Cleanerなどのアプリについて、ユーザーの閲覧履歴が抽出されているという情報が浮上した。(2018/9/11)

「ウイルスを検出しました」などの“偽サポート”もAIでブロック トレンドマイクロ、AI技術で防御力向上した「ウイルスバスター」最新版を発表
ここでもAIが。(2018/9/6)

トレンドマイクロ、AI予測機能を実装した「ウイルスバスター」最新版
トレンドマイクロは、同社製セキュリティソフト「ウイルスバスター」の最新版を発表した。(2018/9/6)

国内でフィッシング詐欺が急増、クラウドサービスのアカウントが脅威対象に――トレンドマイクロ調べ
トレンドマイクロが発表した2018年上半期(1月〜6月)のセキュリティ動向によると、国内では、クレジットカード情報やクラウドサービスの認証情報を狙う「フィッシング詐欺」が急増。また、「不正マイニング」などの仮想通貨を狙う脅威は、世界的に拡大傾向にあることが判明した。(2018/9/4)

5億円以上送金してしまった例も:
ビジネスメール詐欺の経験者は約4割、トレンドマイクロが調査
トレンドマイクロは「ビジネスメール詐欺に関する実態調査 2018」を発表した。調査対象のうち、39.4%に詐欺メールの受信経験があり、送金を促すメール受信者のうち8.7%が実際に送金してしまっていた。(2018/8/15)

「.iqy」ファイル付きウイルスメール、日本語で初確認 1日で29万通、トレンドマイクロが注意喚起
トレンドマイクロは、拡張子「.iqy」ファイル付きの日本語ウイルスメールを8月に入って初めて確認した。ファイルを開くとExcelが起動し、最終的にオンライン銀行詐欺ツールに感染させられるという。(2018/8/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。