「野菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「野菜」に関する情報が集まったページです。

圧倒的不審者の工房:
ひたすら豆腐を固くして砥石で研ぎまくる → 簡単に野菜を切断する鋭利な「豆腐包丁」が完成
豆腐も煮れば締まる → 豆腐も圧倒的不審者にかかれば包丁になる。(2019/10/12)

お湯をかけて1分混ぜるだけ「じゃがりこdeポテトサラダ」発売 ファミリーマートで
じゃがりこに“ポテトサラダのもと”が入ってよりポテトサラダの味わいに。(2019/10/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

エネルギー管理:
九電が世界最大級の植物工場を検討、再エネを活用したレタスの提供やVPPも検討
九州電力が天候に左右されずに植物を栽培できる植物工場の事業化検討を開始。レタスなどの野菜栽培だけでなく、バーチャルパワープラント(VPP、仮想発電所)のリソースとしての利用や、再エネ電源との組み合せによる低環境負荷のレタス提供なども検討するという。(2019/9/26)

今のギャグ漫画は「テレビを基準にするやり方だとちょっとまずい」――『トマトイプーのリコピン』大石浩二に聞く、「面白かったね」で終わらない方法
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第99回。(2019/9/22)

モグモグしてる姿がクセになる 一心不乱にキュウリを食べ続けるリス科最大級の動物
なんかすっごくおいしそう。(2019/9/22)

メニュー写真が食材の“野菜のみ”な中華料理店 「なぜ料理前の写真を撮った」「野菜図鑑かと」とツッコミの嵐
てっきり野菜図鑑かと。(2019/9/18)

「レタスですね?」「メモ帳です」 ヴィレヴァンで売ってるメモ用紙がどこから見てもただのレタス
包装フィルムもリアルです。(2019/9/15)

禁煙や野菜料理で「社内コイン」を獲得 健康経営を支援する社内通貨システム――富士通総研、実証サービスを開始
富士通総研は、健康経営を支援する社内通貨システムの実証サービスを2019年10月から開始する。社内コインの獲得にゲーム性を取り入れ、楽しみながら健康増進に取り組める。獲得した社内コインは、社食や近隣施設で利用可能。データの集約・管理にはブロックチェーンを活用する。(2019/9/10)

「天丼てんや」、「天丼」「上天丼」など税込価格を据え置き、店内・持ち帰りを統一
一方、「野菜天丼」は店内値上げに。(2019/9/9)

10円違うメニューも:
「天丼てんや」が消費増税対応を発表 「天丼」と「野菜天丼」に差
「天丼てんや」が消費増税の対応を発表した。売れ筋の「天丼(並)」などは価格を据え置き、店内と持ち帰り価格を統一する。一方で、野菜天丼などは店内価格は持ち帰りする場合より10円高い。(2019/9/9)

花よりじゃがりこ!? 「じゃがりこ学園」のアイドル「J5」を決める擬人化イラストコンテストが開催
サラダ、チーズ、じゃがバター、たらこバター、明太もちチーズの「J(じゃがりこ)5」。(2019/8/24)

【ナニコレ?】「お盆に飾る、キュウリやナスで作った動物」の名前
(2019/8/13)

色とりどりの夏野菜でお仏壇まわりを華やかに カゴ盛りの「お供え野菜ローソク」がお盆にピッタリ
色鮮やかでかわいい。(2019/8/12)

「イチゴは野菜だからいちごバターも野菜」 屁理屈をこねながらドカ食いするパンダがパワーアップしてる
思わず説得されちゃいそうになります。(2019/8/1)

ご飯の代わりにサラダ 吉野家「ライザップ牛サラダ」がヒット、販売100万食を突破
新規客の獲得にも成功したとのこと。(2019/7/23)

講談社の「野菜の本」回収・交換へ 厚労省が危険とする野菜「コンフリー」が掲載されていた
『からだにやさしい旬の食材 野菜の本』と、その元となった『旬の食材 春・夏の野菜』が回収の対象に。(2019/7/19)

【Amazonプライムデー】生茶ペットボトル半額に!
野菜ジュース半額もよさそう。(2019/7/16)

米ファストフード店、お肉で作った野菜「肉ニンジン」を生み出す “野菜”摂取量を増やすナナメ上のアイデア
あまり野菜を食べられないなら肉を野菜にすればいいじゃない!(2019/7/8)

おやつに夢中すぎてボール状に……! コロコロと転がるハムちゃんがキュンとくるかわいさ
大好きなキュウリをガードするハムちゃんです。(2019/7/8)

「アイスの実」が京都吉兆とコラボ かぼちゃやにんじんなど野菜を使ったフレーバー
フレーバーはかぼちゃ、さつまいも、にんじん、とうもろこしの4種類(2019/6/23)

ドミノ・ピザ、狂気の「1キロチーズピザ」 完食できるか、女2人で注文してみた
ポイントはきゅうり。(2019/6/22)

吉野家でQUICPayで支払うと「生野菜サラダとみそ汁」が無料 6月10日〜6月23日
吉野家は対応店舗で「QUICPay」を使うと生野菜サラダとみそ汁が無料になるキャンペーンを実施する。期間は6月10日〜6月23日。テークアウトにも適用できる。(2019/6/11)

変な形の大根がかわいく変身! 形の悪さで廃棄になってしまう野菜の売り方がナイスアイデア
廃棄を減らして笑顔にもなるステキな発想です。(2019/6/8)

ローソンマチカフェに「トマトラテ」登場 カゴメ「高リコピントマト」と牛乳を合わせたドリンク
体によさそう。(2019/5/29)

「想像した上をいく回転」「どこの体操選手?」 よく回る清野菜名、久々のアクション練習動画で身体能力を引き出しまくる
早くSASUKEに出てくれ!(2019/5/20)

圧倒的不審者の工房:
紙くずを混ぜ続けてミニチュア包丁を作ってみた → キュウリをスパッと切断する硬く頑丈な包丁が完成
作業時間の字幕が最小「3時間」、最大「7日間」という衝撃。(2019/5/19)

「自分がサンドイッチであることを見失っている」 セブンのサンドイッチ、レタスが強すぎる商品名にツッコミ続出
いずれはレタス産レタスのレタレタレタスになるとの声も。(2019/5/17)

宇宙ビジネスの新潮流:
宇宙で野菜や培養肉を地産地消!? プロジェクト「Space Food X」に迫る
宇宙で食料の地産地消も視野に入れた官民のプロジェクト「Space Food X」が始動。日本ならではの戦略とは。(2019/5/8)

「バカうま」「キャベツ1玉なくなった」 “ジェネリック叙々苑サラダのたれ”を小説家が開発、その作り方とは?
自宅で叙々苑を感じられるウマさ。(2019/5/1)

“千切りキャベツ50グラム”をつかむロボットアーム、強化学習で実現 東大松尾研とロボコム
決められた量の千切りキャベツをつかめるロボットアームを、東大松尾研とロボコムが共同開発した。人間が手作業で行っている弁当や総菜の生産ラインなどの自動化を目指す。(2019/4/26)

ロッテリアが肉肉肉の時代に喝! 肉なしバーガーこと「ソイ野菜ハンバーガー」を期間限定発売
大豆パティでカロリー約30%オフ。(2019/5/2)

野菜から日用品まで、気象データとPOSデータで「本日の売上傾向」予測――日本気象協会が小売向けにサービス開始
日本気象協会は、小売事業向けの商品需要予測サービス「売りドキ!予報」を開始。気象データとPOSデータをAIで解析し、7分野で最大550カテゴリーの商品について気象条件に伴う売上傾向を予測する。関東エリアでサービスを開始し、夏には全国に展開する。(2019/4/24)

高知の常識「ちくわにきゅうりを1本丸ごと詰める料理」、Twitterで衝撃 ちくわを心配する声相次ぐ
県外勢からは「ちくわが破けない?」「きゅうり4分の1に切るでしょ」の意見が。(2019/4/19)

食材宅配の電話注文にAIオペレーターが24時間対応――オイシックスとNTT Com、実証実験を開始
有機野菜などの食材宅配サービスを展開するオイシックス・ラ・大地は、NTTコミュニケーションズと共同で、「AI応対コンタクトセンター」を活用した電話注文受付の実証実験を開始。電話受付から事務処理までのプロセス全体を自動化し、AI応対への顧客満足度などを分析する。(2019/4/16)

いろんな果物と野菜の断面が次々と現れて消える 不思議なストップモーションアニメが謎の中毒性
たった38秒の映像ですが、かなりの手間がかかっています。(2019/4/7)

「ずっと見ていられる」「フォルムがたまらない」 レタスをむしゃむしゃ食べるマナティーがかわいい
もぐもぐするお口もお顔も前足も全部がかわいい。(2019/3/30)

「メルペイ」にクーポン機能 セブン-イレブンのおにぎりが11円 ガストやはま寿司も
「メルペイ」にクーポン機能が追加。第1弾は「セブン-イレブン」「ガスト」「はま寿司」で、対象商品をよりお得に購入できる。今後「すき家」「牛角」「温野菜」「プロント」「ジョナサン」などで利用できるクーポンを配布していく予定だ。(2019/3/29)

春野菜&春スイーツ盛りだくさん! 浦安ブライトンホテル東京ベイのブッフェ「春の菜食&桜色Sweetsピクニック」を実食レポート
なんてゴージャスなピクニック。(2019/3/22)

糖質気になる人向け「ファミマライザップ」に新商品 「サラダチキン」ブラックペッパー味やスイーツも
糖質は控えたい、でもスイーツは食べたい……! というあなたにも。(2019/3/19)

ご当地めし:
今すぐパンとトマトを買ってきてほしい! スペインのご当地めし「パン・コン・トマテ」が驚きのおいしさ
今夜はこれとワインで決まりでしょ。そうでしょ?(2019/3/10)

カゴメ、トマトジュースなど値上げ
720ミリリットルペットボトルと1000ミリリットル紙容器の野菜飲料を値上げ。(2019/3/5)

「甘蕉」「土筆」「竜髭菜」ってなんて読む? 普通は読めない野菜や果物の難読漢字
10個読めるだけでもすごい。(2019/3/3)

スマートアグリ:
桃太郎トマトの収量を1割向上、創業180年の種苗メーカーが農業IoTに取り組む
NTTテクノクロスとタキイ種苗は、IoTを活用したトマト農家への新しい栽培アドバイスの方法を開発するために共同実験を行うと発表した。実験結果を基にした栽培アドバイスをトマト農家に行い、出荷品質を満たした収量を1割向上させることを目指す。(2019/2/27)

ナマケモノってこんなに甘えん坊なの? 大きく口を開けてキュウリを食べるナマケモノがかわいい
シャリシャリムシャムシャ。(2019/2/14)

製造業IoT:
日立は冷蔵庫もコネクテッド、下側の引き出しはなぜ2つとも冷凍室になるのか
日立アプライアンスが冷蔵庫の新製品「R-KX57K/R-KW57K」を発表。冷蔵庫下部の2つの引き出しを、それぞれ冷凍室、冷蔵室、野菜室として使える「ぴったりセレクト」などの新機能を採用した。また、Wi-Fi機能により通信接続が可能で専用の「日立冷蔵アプリ」を利用できるコネクテッド家電モデルも用意した。(2019/1/25)

カルビー×ロッテリア バーガーやポテトとコラボしたスナック菓子がおいしそう
「ベジたべる」と「野菜ハンバーガー」のコラボ商品が新登場。(2019/1/25)

ボタン1つで野菜室が冷凍庫に 日立アプライアンスのコネクテッド冷蔵庫
日立アプライアンスから、2つの引き出しを冷凍、冷蔵、野菜室から自由に設定できる冷蔵庫が登場。無線LANを内蔵し、スマートフォンと連携するコネクテッド家電でもある。(2019/1/24)

実写なのにキャベツが作画崩壊? ドラマ版「がっこうぐらし!」の演出に「不自然」「買ってきたのを置いただけ」とツッコミ殺到
なぜキャベツは作画崩壊してしまうのか。(2019/1/22)

イモとカボチャが楽器に変身! TOTOの名曲「アフリカ」を演奏する動画がYouTubeで人気
野菜オカリナで奏でる名曲。(2019/1/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。