「接客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「接客」に関する情報が集まったページです。

琉球銀行、電話システムをクラウドに移行 定年後に復帰した62歳が担当 「まだできる」の声に奮起
琉球銀行が、オンプレミス環境に構築していた電話対応のシステムを、7月からクラウド型の「Amazon Connect」に全面移行。店舗にかかってくる電話を全て同システムに転送し、自動応答で用件を聞いた上で、オペレーターが対応する仕組みを取り入れた。構築したのは、同行を定年退職後に再雇用された62歳の喜納(きな)兼次郎さん。喜納さんに、導入の背景と経緯を聞いた。(2019/7/22)

FOOMA JAPAN 2019:
協働ロボットでホットスナックの調理と提供を自動化、大手コンビニ3社も検討中
コネクテッドロボティクスは、「FOOMA JAPAN 2019(国際食品工業展)」において、コンビニエンスストアなどのホットスナックの注文から調理、来店客への提供までを自動化する「ホットスナックロボット」を披露した。(2019/7/19)

270円から421円へ:
くら寿司が新作“高級”バーガー発表 強気に値上げしたワケ
くら寿司が新作のハンバーガーを発表した。チーズや具材を改良して、高品質路線に走った。発売当初は270円だったのに、421円へと強気の値上げをしたワケとは?(2019/7/17)

25年の歩みを社長に聞く(後編):
PR:小回りが利く対応力とお客さまからの学びで生まれる「なくてはならないエプソンPC」を目指して
エプソングループの中でPC事業を担うエプソンダイレクト。1993年の設立から一貫して守り続けてきたこと、それを踏まえた上での新たなビジネス領域への挑戦、そして、今後の事業方針について栗林社長に聞いた。(2019/7/16)

画像認識:
ゼンリンデータコム、接客行動可視化の実証実験
ゼンリンデータコムが、TOFセンサーによる位置情報と画像認識技術を用いた「接客行動の可視化・分析」の実証実験を実施。2018年12月から2019年1月にかけて約1400人の来店客を対象に行った。(2019/7/9)

Weekly Memo:
デジタルビジネスの“先行指標”――アクセンチュアにみる「コンサル×AI」の行方
企業はこれからAIなどを活用したデジタルビジネスをどのように進めればよいのか。アクセンチュアが進めるデジタルビジネスを基に考察してみたい。(2019/7/8)

三井住友銀行「Tシャツ勤務」が他企業に波及!? 「アウト」「セーフ」な着こなし術
三井住友銀行が一部行員にTシャツやジーンズでの業務を認めた。お堅いイメージの銀行がドレスコードをなくす思い切った試みに出たことで、今後は他の企業にも「Tシャツ勤務」が波及する可能性もある。リラックスして働けそうな半面、一つ間違えるとだらしなくなってしまう。セーフとアウトの境界線を専門家に聞いた。(2019/7/4)

72言語に対応:
窓口のインバウンド対応に特化した「翻訳機」 キングジム、参入の狙いは?
キングジムは7月19日、対話型翻訳機「ワールドスピーク」を発売する。外国人観光客を対面で接客する場所に2台1組で設置して使用。窓口接客を伴う幅広い法人向けに訴求する。(2019/7/3)

ネットと社会の闇を知る2人がまさかの邂逅 バーチャルYouTuber・DWUと『闇金ウシジマくん』作者の対談動画がディープすぎた
ガールズバー勤務経験が生きた!?(2019/7/1)

PR:カインズが“IT小売企業”に生まれ変わる ホームセンターの未来を変えるデジタル戦略、あなたのスキルが欲しい
(2019/7/1)

バーチャルYouTuberが接客 創業127年の老舗・萩原が挑む、新世代の集客術
バーチャルYouTuberを店頭集客に利用する新しいビジネスが生まれている。リアル店舗の新しい取り組みを紹介しよう。(2019/6/30)

「脱・総合居酒屋」で月商3倍も:
昭和「ワタミ型」、平成「鳥貴族型」 令和で成功する居酒屋の4条件とは?
酒離れや中食業界の台頭などで苦戦続ける居酒屋業界。昭和はワタミのような総合居酒屋、平成は鳥貴族のような専門居酒屋が伸びた。令和の時代に生き残る居酒屋チェーンの条件とは?(2019/6/28)

“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」がLINE「Clova」と連携、今秋以降発売へ 天気予報など読み上げ
“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」の量産モデルに、LINEのAIアシスタント「Clova」と連携する機能が追加。天気予報やスケジュールの読み上げに対応する。(2019/6/27)

AWSを使って問診票作成、薬剤師の接客改善――盛り上がる「クラウド×医療」
テクノロジーを駆使して医療を効率化・高度化する「ヘルステック」の分野が活性化している。「AWS Summit Tokyo 2019」に、「クラウド×医療」ビジネスを手掛けるベンチャー2社が登壇。AWSを活用した事業内容とその意義を紹介した。(2019/6/26)

その全貌を明らかにする:
スシローが次世代型店舗オープン 効率化目指す“すごい”テクノロジーの全容に迫る
スシローがテクノロジーを駆使した次世代型店舗をオープンする。作業の効率化と客の満足度向上の両立を狙う。どのようなテクノロジーが導入されているのか?(2019/6/25)

ユニークな人事評価制度の全容とは:
見知らぬ客同士に会話させたら店員の評価UP!? 立ち飲みチェーンの狙いとは
名古屋発の立ち飲みチェーンがユニークな人事評価制度を導入している。見知らぬ客同士に会話を成立させたら評価がアップする。どういった狙いがあるのか。(2019/6/24)

世界を「数字」で回してみよう(59) 働き方改革(18):
リカレント教育【前編】 三角関数不要論と個性の壊し方
今回から前後編の2回に分けて、働き方改革の「教育」、具体的には「リカレント教育」を取り上げます。度々浮上する“三角関数不要論”や、学校教育の歴史を振り返ると、現代の学校教育の“意図”が見えてきます。そしてそれは、リカレント教育に対する大いなる違和感へとつながっていくのです。(2019/6/24)

PR:外国人の約半分が感じた日本人への衝撃の事実 切ない現実をシュールに描いた動画「FEEL JAPAN」
うわっ……私の口臭きつすぎ……?(提供:サンスター株式会社)(2019/6/21)

湯島に「BAR LonRon」がオープン 人気レイヤー多数所属する12COMPANYのコンカフェ2号店に行ってみた
オープン初日に突撃。コンカフェはいいものだ。(2019/6/15)

平日の仕事終わりに:
月2496円で1日1杯 ビールの「サブスクリプション」サービスの狙い
スプリングバレーブルワリーは6月17日から、月額制で1日1杯ビールを提供するサブスクリプションサービスを開始。東京・銀座の1店舗で実施する。(2019/6/13)

「シャンパンパン〜! うぉい! うぉい!」 きゃりーぱみゅぱみゅ、ホストクラブでシャンパンコールに大興奮
絶対楽しい。(2019/6/12)

水曜インタビュー劇場(旋風公演):
行列ができた「ワークマンプラス」、その後どうなったのか?
カジュアルウェアの新業態「ワークマンプラス」が好調である。2018年9月にオープンしたところ、レジに行列ができて、入場制限をかけることも。日本中に旋風を巻き起こしたわけだが、その後はどうなったのか。同社に取材したところ……。(2019/6/12)

「その彼氏、将来性がないよ」「ほら、肩くらいもんでよ」──“セクハラ・パワハラVR”、戦慄の10分間を記者が体験
セクハラ、パワハラを体験できるVRコンテンツをグリーが開発。法人向けに提供している。声を荒げる上司に詰め寄られる場面から始まる“戦慄の10分間”を体験してきた。(2019/6/10)

「SOD女子社員酒場」が初の出張営業 ボートレース江戸川に紳士たちが集結してしまう
何だよこれ最高かよ。(2019/6/7)

今日のリサーチ:
チャットbot利用者の4分の3が便利さを実感、一方で不満を感じたことがある人も約半数――NTTレゾナント調査
チャットbot利用経験者を対象にした調査結果です。(2019/6/7)

AIが肌診断、ロボットアームが商品選び――化粧品「SK-II」の新型店は、販売員が“グイグイ来ない”
化粧品ブランド「SK-II」が、テクノロジーを活用した体験型ショップ「SK-II Future X Smart Store」を東京・渋谷区にオープンする。営業期間は6月7日〜8月12日。AIやロボットアームが肌の診断や接客を担当し、販売員は“あえて一歩下がる”ことで、買い物をしやすい雰囲気を醸成する点が特徴だ。(2019/6/6)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
計測技術とおっぱいの話
まじめな話です。(2019/6/6)

人工知能ニュース:
Watsonが最適なブラジャー選びをお手伝い、サイズ測定は3Dスキャンで
ワコールは2019年5月29日、東急プラザ表参道原宿(東京都渋谷区)において、新開発の接客サービス「3D smart & try(3Dスマート&トライ)」を導入した店舗をオープンすると発表した。同店舗は翌日の5月30日から営業している。3Dスマート&トライは、3Dボディースキャナーで測定した身体のデータや下着に関する悩みなどを基に、膨大な種類の下着のラインアップの中から最適なものをAI(人工知能)が提案するというもの。(2019/6/5)

水曜インタビュー劇場(激安公演):
「ハイボール 1杯50円」で、どうやって儲けているのか 鶏ヤローのカラクリ
首都圏の繁華街を歩いていると、「角ハイボール 50円」と書かれた看板を目にするようになった。激安の雰囲気が漂うこの店は、どのような特徴があるのか。運営会社の社長さんに話を聞いたところ……。(2019/6/5)

ビジネスモデルと密接に関係:
券売機を置かないすき家が下した「セミセルフレジ」という決断
すき家が「セミセルフレジ」の導入を進めている。19年3月末時点で約400店舗に設置済みで全店への展開を目指す。新型レジの選定にはすき家のビジネスモデルが密接に関係している。(2019/6/4)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「Google Site Search」と「Yahoo!検索 カスタムサーチ」終了でサイト内検索はどう変わる?
今回は「サイト内検索」と「ライブチャット」の日米市場の採用件数を探ります。(2019/5/31)

PR:生産性向上のカギは動画活用 「MOVIE LIBRARY」で変わる社内コミュニケーション
(2019/5/28)

居合抜刀の体験もスタート:
副業の「瓦割り」ビジネスを4カ月で黒字化させて会社を辞めた男の勝算
「瓦割り」体験を提供しているお店がある。大企業に勤務していた男性が副業として始めた。オープンから4カ月で黒字化させ、会社を辞めるに至った経緯とは?(2019/5/25)

情報革命・ソーシャル革命後の潮流:
IoTはマーケティングをどう変えるのか
マーケ×IoTのこれからをウフル坂本尚也氏が語った。(2019/5/20)

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【前編】:
ユニクロはいかにして中国で勝ったのか? 「20年の粘り腰」に見る強さの源泉
2002年秋、上海に初出店し、しばらく鳴かず飛ばずだったユニクローー。なぜ中国市場で勝つことができたのだろうか? 気鋭の論者が分析する。(2019/5/20)

鳥取県の「猫の焼き芋屋さん」がすごいモフモフ! 2足歩行で接客する姿に「私も会いたい」「かわいい」の声
こんな三毛猫さん見つけたら驚いてからテンション上がるのは間違いない。(2019/5/14)

専門家のイロメガネ:
現役フランチャイズオーナーが教える、FC加盟のリアル
FC加盟して脱サラ、起業する。加盟店会議では、予定した収益を大きく下回る加盟店から本部を非難、糾弾する怒号が飛び交うこともある。しかし、FC加盟でいったい「何を買っているのか?」を考えると、オーナーの責任も見えてくる。(2019/5/14)

なぜ数日で採用に至らないのか:
IT分野の「非正規社員」採用意欲高める日本企業、ヘイズ・ジャパンが調査
ヘイズ・ジャパンの業界動向レポート「インサイドストーリー」によると、日本企業はIT分野の非正規社員採用について意欲的だ。正社員の採用では必要なスキルを持つ人材を確保できないことに気付き始めているためだが、採用決定に長い期間を必要としており、効率が低い。(2019/5/14)

スシロー、「Ok Google」で来店予約可能に “旬”の技術で接客を変革
大手回転すし店のスシローが、「Google アシスタント」を活用した来店予約の受付を開始。スマートフォンに「Ok Google、スシローで今から4名」などと話し掛け、行きたい店舗を口頭で伝えると予約が完了する。予約方法を充実させて他社との差別化を図り、国内回転すし市場トップの座を固める狙いがある。(2019/5/13)

コナリミサト×高野ひと深:
対談取材時の作家と編集者の関係は「ポケモンとトレーナー」? 漫画家が恐れる“呪いをかけてくる”編集者とは
『凪のお暇』作者×『私の少年』作者。飲酒トークで本音を語ります。(2019/5/11)

4Gサービスの準備は「順調」 料金は「透明性を高める」――MNO参入準備を進める「楽天モバイル」
楽天が2019年度第1四半期の連結業績を発表した。モバイルセグメントは、楽天モバイルのMNO化に向けた準備で先行投資が続いている。その「MNO化」は順調なのだろうか? 決算説明会の模様を簡単にお伝えする。(2019/5/10)

新卒採用は売り手市場だが・・・:
19年度新卒入社の初任給、東証1部企業は据え置き傾向
労務行政研究所が2019年度新入社員の初任給調査の結果を発表した。東証1部上場企業241社のうち、全学歴の初任給を引き上げた企業は35.7%だった。(2019/5/8)

こんなはずじゃ:
連休明け、もう出社したくなくなっちゃったとき
過去にない10連休――。「休み明けに仕事をしたくないなあ」と感じた人も多いかもしれないが、もっと深刻な人がいる。今年4月から社会人になったばかりの新卒入社社員、連休明けにはもう辞めたいとか出社したくないと思ってるベテランの人だ。(2019/5/8)

「握手券のあるラーメン屋って何?」「握手券10円」 Twitterで話題の店が謎のメニューを置く意外な理由
ラーメンオタクと連番したい。(2019/5/6)

CXが拡張するD2Cの可能性(前編):
ベースフード橋本 舜氏×Minimal山下貴嗣氏×ハヤカワ五味氏がD2Cの可能性を語る
スタートアップ周辺で注目を集める3社の創業者による「CXが拡張するD2Cの可能性」についてのディスカッション。(2019/5/6)

ここにしかない要素が満載:
豊洲市場の吉野家が面白い 「時給1500円」に「超少ないメニュー数」
2018年10月に吉野家の1号店は築地から豊洲市場に移転した。他店とは違うユニークな運営がされている。創業精神を受け継ぐお店に行ってみた。(2019/4/29)

かつては高級「あめ屋」:
創業1781年! 最古の駄菓子屋を支えるパワフルなおばあちゃん
副都心線・雑司が谷駅の近くにある鬼子母神堂の境内に小さな駄菓子屋がある。創業1781年、東京で最も古い駄菓子屋とも言われている「上川口屋」だ。駄菓子屋を1人で手際よく切り盛りする、パワフルな店主・内山雅代さん(78歳)の姿がそこにはあった。(2019/4/27)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「EC-CUBE」「カラーミーショップ」「ショップサーブ」他、日本では国産ECプラットフォームが強い
ネットショップ構築を支援するECプラットフォームとパーソナライゼーションの市場動向を営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから探ります。(2019/4/26)

小売・流通アナリストの視点:
「24時間からの撤退」を突き付けられたコンビニ本部の“生存戦略”
コンビニ本部と加盟店が対立し、クローズアップされる24時間営業の是非。今、コンビニ本場が取るべき「生存戦略」とは――。(2019/4/26)

一人一人に最適な商品レコメンドをリアルタイムで実現:
プレイド、「KARTE」にレコメンド機能を追加
CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」に新機能。(2019/4/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。