「接客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「接客」に関する情報が集まったページです。

大手携帯3社、実店舗の営業再開へ 店員はゴーグル装着、透明シールドで防御
政府が首都圏を含む全都道府県の緊急事態宣言を解除したことを受け、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは携帯ショップの通常営業を順次再開すると発表した。機種変更や新規契約などの手続きはオンラインで行うよう呼びかけている。(2020/5/26)

ジェットコースター大声厳禁、入場制限や検温で対応も 遊園地協会が営業再開に向けたガイドライン発表
オリエンタルランドやUSJが賛同。(2020/5/25)

キャバクラ界に新星現る! りゅうちぇる、キラッキラの“歌舞伎沢ちぇる美”に変身
サロンかアルマンド入れさせてください……!(2020/5/22)

新型コロナで打撃の百貨店に変革 通販、事前注文でドライブスルー受け取りなどネット活用
新型コロナウイルスの感染拡大で、打撃を受けている地方の百貨店が、インターネットを活用した販路を開拓している。通販や、事前に注文してドライブスルー形式で商品を受け取れる仕組みなどで、売り上げの減少幅を抑えようとしている。(2020/5/22)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
“コロナ後”に焼き肉店が過去最高の売り上げ 中国で奮闘した日本人社長、汗と涙の全記録
中国では営業を再開する飲食店が増えてきた。深セン市などで複数の焼き肉店を展開する日本人経営者は倒産を覚悟していた。しかし、再開後、過去最高の売り上げを記録するほどまでに復活した。(2020/5/22)

Apple Store、「マスク必須、体温チェック」で再開へ 日本はまだ
一部のApple Storeで営業が再開された。(2020/5/18)

「能力適合型社会」から「能力発見型社会」へ:
「ブランク」や「ドロップアウト」は無意味ではない いま見直すべき、「採用の常識」とは?
就職や転職の際に、多くの企業が重視するのが、その人材が社会や企業の求める能力や規範に合致しているかどうかという点だ。そのため、規範から外れていたり、「ブランク」や「ドロップアウト」の経験があったりする人が生きづらさを感じることも少なくない。ビースタイルホールディングスの調査機関「しゅふJOB総研」の所長を務め、「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催する川上敬太郎氏は、こうした社会を「能力適合型社会」とし、一人一人の能力の方へ着目する「能力発見型社会」への移行を提唱する。(2020/5/14)

全92劇場で臨時休業中:
イオンシネマ、16県で営業再開 5月18日から27劇場で
イオンエンターテイメントは、臨時休業中の映画館「イオンシネマ」について、5月18日から16県の27劇場で営業を再開すると発表。検温などの感染防止対策を徹底しながら営業する。(2020/5/13)

BAS:
入口から執務室まで“3密軽減”と“非接触”を実現、日立が顔認証とEVを連携した新サービス
日立製作所と日立ビルシステムは、ビルやマンションなどで、エントランスから、エレベーター、執務室などの専有スペースまで、非接触で移動できる“タッチレス”ソリューションを開発した。(2020/5/13)

銭湯に“オンライン番台” 感染防止策で画面越しに「いらっしゃい」
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大阪市の銭湯が、モニター画面越しに接客を行う「オンライン番台」を導入した。銭湯は休業要請の対象外となっているが感染防止は必要だ。取り組みは利用客からも好評という。(2020/5/13)

銭湯に「オンライン番台」 感染防止策で画面から「いらっしゃい」
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、大阪市の銭湯が、モニター画面越しに接客を行う「オンライン番台」を導入した。(2020/5/12)

コロナ対応に厳しく臨んだ店ほどお客は集まる説は、本当か
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの店が休業に追い込まれている。自粛解除が徐々に進む中で、「お客は戻ってくるのだろうか」と不安を感じている人も多いかもしれないが、今後は……。(2020/5/11)

緊急事態宣言の延長で:
ワタミ、休業店舗の従業員をスーパーに出向 人事交流で課題解決図る
ワタミは、スーパーマーケットを展開するロピアと出向基本契約を締結したと発表。休業中の店舗の従業員を、客数増加で人手を必要としているスーパーに出向させる人事交流を始める。(2020/5/7)

GWが勝負のランドセル販売、新型コロナで休業もLINE通話で接客
例年であればゴールデンゴールデンウイークに販売のピークを迎えるランドセルだが、新型コロナウイルスの感染拡大により店頭で販売ができない状況にある。セイバンでは、LINEで商品選びを支援するサービスに人気が集まっているという。(2020/5/7)

ネットで接客する“オンラインバー”は夜のお店を救うか 女装サロンバー「女の子クラブ」の店長に聞いた
新しいバーのかたちやコミュニケーションが生まれる?(2020/4/25)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモはiPhone SEをオンラインのみで販売――営業短縮要請のダブルパンチでキャリアショップは淘汰の危機
総務省が、大手キャリアが加盟する業界団体に「新型コロナウイルス」感染拡大対策の強化を要請した。これに伴い、各社はキャリアショップの営業時間短縮に加えて業務内容の制限などを行った。ドコモが「iPhone SE」の事前販売予約をWeb限定としたことにより、ドコモショップは特に苦しいことになりそうだ。(2020/4/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「コロナ手当」を美談で済ませず見直すべき、非正規雇用の“当たり前”
新型コロナウイルスによって、医療や小売、物流などで働くエッセンシャルワーカーが理不尽な状況に陥っている。流通各社が従業員に一時金を出す動きが報じられているが、そもそも「非正規=低賃金でいいのか」という議論も進めるべきだ。当たり前を疑うことが求められている。(2020/4/24)

スマホだけで事前決済できる「サキペイ」提供開始 初期費用0円キャンペーンも
アルファノートは、4月20日に決済サービス「サキペイ」を提供開始。SMSを活用して事前に支払いを行うため、専用端末やインターネット環境を所有していなくても利用できる。初期費用・月額費用の0円キャンペーンも行う。(2020/4/23)

スピン経済の歩き方:
コロナ不況を乗り切るために「コンビニバイトの時給アップ」が必要なワケ
新型コロナウイルスの感染拡大によって、「コロナ不況がやってくるのではないか」といった声が出てきた。そうした状況のなかで、筆者の窪田氏は「コンビニバイトの時給をあげるべき」と主張する。どういう意味かというと……。(2020/4/21)

新型コロナ禍で増える“リモートキャバクラ”に新店舗 LINE・Skype・Zoomで接客「スマキャバ」
新型コロナの影響で客足が減る“夜の街”では、ビデオ会議を活用したリモート接客が広がっている。4月20日には、キャバクラ嬢が「LINE」「Skype」「Zoom」を使って遠隔地にから接客するサービス「スマキャバ」がスタートした。(2020/4/20)

4児の母が直面したテレワーク+家庭保育の壁! 仕事・家事・育児の同時並行が案の定うまくいかなかった漫画
未就学児にいまの状況をわかってもらうのは難しい……!(2020/4/20)

教えて! キラキラお兄さん:
やりがいって何ですか?
有名ECサイトのプロダクトマネジャーが見失った「やりがい」とは。そして、どうやってそのやりがいを取り戻していったのか。これは、一人の男の再生の物語。(2020/4/20)

全国のauショップとUQスポットで時短営業 総務省の要請を受けて
KDDIは、4月17日から5月6日まで全国のauショップの営業時間を短縮する。総務省からの感染拡大防止に関わる取り組み強化の要請を受けたもの。UQコミュニケーションズも、UQスポットの営業時間を短縮する。(2020/4/17)

新型コロナウイルス対策の一環:
全国の「ドコモショップ」が「通信サービス利用に必要な業務」のみ受け付け 4月21日から5月6日まで
総務省の要請を受けて、NTTドコモが4月21日から全国の「ドコモショップ」の受け付け業務を「通信サービス利用に必要な業務」に制限する。その他の手続きは、My docomoやドコモインフォメーションセンターで受け付ける。(2020/4/17)

新型コロナウイルス対策の一環:
全国の「ソフトバンクショップ」「Y!mobileショップ」が5月6日まで営業時間を短縮 4月21日からは受け付け業務を限定
総務省の要請を受けて、ソフトバンクが全国の「ソフトバンクショップ」「Y!mobileショップ」の時短営業を行う。4月21日からは、ショップ店頭で受け付ける業務も制限する。(2020/4/17)

感染リスクで家に帰りづらい人と防護服完備の空きホテルをマッチング 京都のスタートアップが開発
新型コロナの影響で宿泊客が減っているホテルと、感染リスクが高い仕事に従事していて自宅に帰りづらい人のマッチングサービス開発を京都のスタートアップが始めた。(2020/4/16)

スタンドタイプもある:
レジに取り付けて新型コロナの飛沫感染防止 寺岡精工が「チェッカーガード」を発売
レジ接客時に新型コロナウイルスの飛沫感染を防止する「チェッカーガード」が登場。レジメーカーの寺岡精工が新商品を発売。(2020/4/16)

AppleとGoogleの「新型コロナ感染者と接触したかも」通知がフェイク申告を防ぐ方法は?
AppleとGoogleが新型コロナ共闘で開発中の「Contact Tracing(接触追跡)」ツールについて、何がサーバに送られるのか、フェイク申告はどうやって防ぐのかなどを両社のエンジニアさんが説明してくれました。(2020/4/15)

2日でシステム用意、即座に5千ユーロ助成金振り込み:
ベルリン、厳戒ロックダウン下の働き方
3月末から日本よりはるかに厳しいロックダウン環境下にあるドイツ、ベルリン。ベルリン在住の筆者が、フリーランサーへの素早い助成金支給や、テレワークを業務の根本に据えるドイツのスタートアップの職環境について、現状を解説する。(2020/4/15)

浸透しないテレワーク:
緊急事態宣言後も通勤者の8割「いまだに出勤」
新型コロナ感染防止のため叫ばれるテレワーク。しかし通勤者の8割が「緊急事態宣言後も出社している」と回答。リサーチ会社の調査で判明。(2020/4/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
自粛要請に振り回される「3密4業態」 ライブハウスやナイトクラブの“悲痛な声”に迫る
新型コロナの感染拡大で夜の飲食店などが苦境。現場からはどのような声が聞こえるのか。取材の結果は。(2020/4/14)

製造マネジメントニュース:
新型コロナ対応で自動車4団体、技術や人材を守る“互助会的ファンド”創設へ
日本自動車工業会(自工会)と日本自動車部品工業会、日本自動車車体工業会、日本自動車機械器具工業会は2020年4月10日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大を受けて、医療への貢献や日本経済の維持に向けた自動車産業の役割について説明した。自工会 会長の豊田章男氏(トヨタ自動車 社長)がWeb中継で語った。(2020/4/13)

緊急事態宣言で始まる「忍耐の1カ月」 スーパーや薬局は営業 パチンコ、ネットカフェは……
緊急事態宣言で生活はどうなるのか。海外のようなロックダウン(都市封鎖)は行わず、JRや私鉄、空港、高速道路など交通インフラは運行を続けるが、首都圏の鉄道では減便も検討されている。(2020/4/8)

リモート接客で話題のガールズバー、ボトルキープ代の先払いに対応 新型コロナの苦境に立ち向かう
ビデオ会議システムを使ったリモート接客を始めて話題を呼んでいる六本木のガールズバーが、ボトルキープの先払いサービスを始めた。客は公式サイトでボトルを事前に購入すると、新型コロナが収束した後で店にお酒を飲みに行ける。収益を早めに確保することで、資金繰りを改善する狙い。(2020/4/7)

「緊急事態宣言」目前でスーパー店員の悲鳴! 罵声浴びせる客も
長期戦の様相となってきた新型コロナウイルス問題。緊急事態宣言の発令が目前に迫った今、スーパーマーケットやドラッグストアでの買いだめ騒動が再燃しかねない状況だ。(2020/4/6)

「こんな歌舞伎町初めて」売り上げ10分の1の店舗も 繁華街、閑散に悲鳴
深刻化する新型コロナウイルスの感染拡大で、小池百合子都知事らが名指しで入店自粛を要請した接客を伴う飲食の場。女性従業員やスカウトを担当する男性らが感染を広げている恐れがあり、感染経路がたどりづらいことからとられた措置で、キャバクラやバーが軒を連ねる夜の繁華街から人の姿が消えている。(2020/4/6)

六本木のガールズバー、リモート接客を開始 新型コロナの影響をアイデアで打破 自粛ムードの「気分転換に」
六本木のガールズバー「RUTILE」(ルチル)がリモート接客を開始。カウンター席に置いた端末を介して、客とバーテンダーの女性がおしゃべりを楽しめる。客の良い気分転換になっているという。(2020/4/3)

就業中のマスク着用指示、誰が費用負担? 新型コロナで弁護団「Q&A」公開
 就業中のマスク着用を命じられたら、購入費用は本人と会社のどちらが負担すべきなのか。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、多様な労働相談が全国の弁護士でつくる日本労働弁護団(東京)に寄せられている。同団は身近な事例を盛り込んだQ&A形式の解説をホームページで公開し、不安を抱えながら働く人々の疑問に答えている。(杉侑里香)(2020/4/3)

Gartner Insights Pickup(152):
Gartnerの「2020年以降に向けた重要な戦略的展望」に見る「人、テクノロジー、ビジネス」の今後
AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。(2020/4/3)

“いま”が分かるビジネス塾:
新型コロナ対策で露呈 「社員から確実に見放される企業」とは?
各社で大きく分かれる新型コロナ対策。対処ができなければ「従業員に見放される」可能性も。危機にこそ組織の本質が問われる。(2020/4/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
新型コロナによる「自粛」、世界の人は何をしている? テレビ会議が浸透、ベビーブーム発生の予想まで
世界的に新型コロナウイルスの感染が広がる中、外出などを自粛せざるを得ない人たちが急増している。海外では、どのようなコンテンツの需要が高まっているのだろうか。「コロナウイルス・ベビーブーム」が来るなどという話も出ている。(2020/4/2)

デジタル変革の旗手たち:
DXに現場はついてきているか? 「とんかつ新宿さぼてん」のAIが導き出したもの――グリーンハウスグループ CDO 伊藤信博氏
国内外でさまざまなフードサービス事業を展開するグリーンハウスグループでは、AIカメラの画像解析によって来店客やスタッフの「喜び」を数値化し、顧客満足度向上や店舗スタッフのモチベーション向上を図っている。このような取り組みにいたった背景や成果について話を聞いた。(2020/3/31)

ディスプレイ越しで接客するシステム「TeleMo Duo」 新型コロナ対策に
Enkacが、受付業務などで広く利用可能なテレコミュニケーションシステム「TeleMo Duo」を開発した。(2020/3/30)

ロボット開発ニュース:
自動充電機能追加で稼働性能向上、ヒト型サービスロボ「EMIEW4」日立が発売
日立製作所「EMIEW(エミュー)」シリーズから新モデル「EMIEW4」を販売開始する。EMIEW3に自動充電機能を追加し、センシング機能を強化することで実用性を向上させた。(2020/3/30)

PR:「高性能マシンを使うクリエイターはテレワークなんてムリ」──そんな常識を打ち破る“リモート”ワークステーションの可能性
(2020/4/21)

コンビニオーナー“大反乱”の真相:
好調ワークマン、コンビニと一線画す「秘密のフランチャイズ」戦略に迫る
コンビニ業界で限界が指摘される「フランチャイズ」方式。他の小売り業界では果たしてどうか。作業服大手のワークマンのケースを探る。(2020/3/25)

ロボット:
サイバーエージェントや大阪大らが遠隔操作ロボットで実演販売を実施
サイバーエージェントや大阪大学は、ロボットによる接客や対話の自動化を目指した取り組みを進めている。(2020/3/25)

インスタのAR機能で試着、AIチャットbotが接客 KDDIとFacebook Japanが新ECサイト
KDDIとFacebook Japanが協業。AIやARの技術を取り入れたスマートフォン向けECサイト「フューチャーポップアップストア」を立ち上げた。5Gを活用した商品販売の手法を実証する狙い。(2020/3/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
コロナ問題で気になる「鉄道の換気」の秘密 今こそ観光列車に乗りたいワケ
鉄道事業者の新型コロナウイルス対策は「通勤電車での感染予防」と「減便」の2つ。通勤電車の換気のための「窓開け」にも歴史がある。一方、通勤電車とは違って、特急列車を運休するのは乗客の減少に対応するためで、集団感染の危険が高いからではない。(2020/3/20)

コロナ内定切りに遭った学生と、内定切りをした企業はどうなるのか?
新型コロナの感染拡大を受けて、経済にも深刻なダメージを与え始めてる。企業の業績が悪化し、ついに「内定切り」勃発したのだ。(2020/3/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。