「ウェアラブルコンピュータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Googleさん:
Google創業者コンビの引退は「逃げ」? 彼らはこれから何をやるのか
社内では労使問題、対外的にはプライバシーや独禁法問題が山積みのGoogleとその親会社Alphabetの手綱をスンダー・ピチャイさんに預けたペイジ&ブリンの2人はどこへ行くのでしょう。(2019/12/8)

Qualcomm、5G対応XRチップ「Snapdragon XR2」とNianticとのスマートグラス開発提携を発表
QualcommがスタンドアロンタイプのXR(VR/AR/MR)グラス向けのプラットフォーム「Snapdragon XR2」を発表した。オプションで5Gにも対応する。Nianticのアウトドア向けスマートグラス開発のための提携も発表した。(2019/12/6)

第6回鉄道技術展2019:
オムロンがAI、ロボティクス、IoTを活用した近未来の駅のカタチを提案
オムロン ソーシアルソリューションズは「第6回鉄道技術展2019」に出展し、AI(人工知能)、ロボティクス、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を活用した“人と機械が融和する新しい駅のカタチ”を提案していた。(2019/12/3)

現場特化のAndroid搭載スマートグラス「RealWear」、日本市場を狙う
スマートグラスに代わる産業用ウェアラブル・コンピュータが、日本市場で本格的に販売展開を開始する。米RealWearの製品は、Android OSを搭載し、各種アプリが使える他、屋外の過酷な建設現場での使用にも耐えるスペックを有している。(2019/11/28)

スマートファクトリー:
PR:アジアで評価急上昇、“元祖”スマート工場「e-F@ctory」が受け入れられるワケ
スマート工場化へのニーズがアジアでも広がる中、三菱電機が推進するFA−IT統合ソリューション「e-F@ctory」が拡大している。「e-F@ctoryアライアンス」を各地で設立するなど、ソリューション提案の体制強化なども進み本格的な拡大が進んでいる。2019年10月22日〜24日にシンガポールで開催されたIndustrial Transformation ASIA PACIFIC(ITAP)での三菱電機の出展内容と東南アジアでの取り組みについて紹介する。(2019/11/28)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(40):
AirPods Pro、Galaxy Fold、Pixel4…… 2019年下半期の話題製品を一挙解剖
今回は、2019年に話題を集めた製品を分解、チップ開封解析し、そこから見えてくるさまざまなことを報告したい。具体的には、「AirPods Pro」などのワイヤレスイヤフォンや「Galaxy Fold」「Pixel4」といったスマートフォン、ウェアラブル端末「Fitbit Versa2」などを取り上げる。【訂正あり】(2019/11/13)

AppleのARメガネは2023年投入 2022年にARヘッドセットが先行
Apple、2022年にARヘッドセットを、2023年までに洗練されたARメガネを発売することを目指す。(2019/11/12)

Google、Fitbitを約21億ドルで買収
Googleが、スマートウォッチメーカーのFitbitを買収することで合意したと発表した。買収総額は約21億ドル。Googleのハードウェア責任者のオステルロー氏は「Wear OSにさらに投資し、Made by Googleウェアラブルデバイスを市場に導入する」と語った。(2019/11/1)

製造マネジメント インタビュー:
グーグルからパナソニックへ、松岡陽子氏の原動力は「人の生活を助けたい」
パナソニックのフェローに、グーグル(Google)米国本社のバイスプレジデントで、スマートホーム製品「Google Nest」のCTOを務めた松岡陽子氏が就任する。松岡氏はパナソニックにどのような影響を与えるのだろうか。同社が開催した会見で松岡氏は、期待される役割など報道陣からの質問に答えた。(2019/11/1)

PR:映像で命を守れ! 医療の現場を支える天馬諮問の映像圧縮転送技術 高精細化の波にワークステーションがあった
(2019/10/30)

ハッキングコンテスト「Pwn2Own」、産業制御システムも対象に
Pwn2OwnはWebブラウザからモバイル端末へと対象を広げ、新たにIoTデバイスや産業制御システムも対象とする。(2019/10/29)

Apple、2020年にARメガネ、Arm Macを投入か
Bloombergは、Appleが2020年をARの年にするため、Apple製ARメガネを発表予定と報じている。(2019/10/22)

「Made by Google 2019」まとめ 5つのハードウェア発表
今年で4回目となるGoogleのハードウェア発表イベントで発表されたことを時系列でまとめた。無線イヤフォンの「Pixel Buds」、約1キロのChromebook「Pixelbook Go」、スマートスピーカー「Nest Mini」、Wi-Fiルーター「Nest Wifi」、そして、カメラがさらに進化したオリジナルスマートフォンの「Pixel 4」が登場した。(2019/10/16)

CEATEC 2019:
村田製作所とソニーの技術を融合、容量25mAhの全固体電池として昇華
村田製作所は、「CEATEC 2019」において、「業界最高水準の電池容量を持つ」(同社)とする全固体電池を披露。これまで製品化されている全固体電池の電流容量は1mAh以下のものが多いが、同社は最大で25mAhの電流容量を持つ製品の開発に成功。2020年度中の製品出荷を目指している。(2019/10/15)

AppleのARメガネは2020年発売? 著名アナリストが予想
AppleがARメガネに参入するという噂再び。(2019/10/10)

5Gのオフロード用としても存在感を高める「Wi-Fi 6」の最新動向
Qualcommが、Wi-FiやIoTの動向を説明する「Connectivity, Networking & IoT Day」を開催した。次世代Wi-Fiとして注目される「Wi-Fi 6」は、5G時代に欠かせない技術として今後の普及が期待されている。現在もWi-Fiは4Gのオフロードとして使われるが、5G時代の2022年には59%のデータトラフィックがWi-Fiオフロードに流れるという調査結果もある。(2019/10/4)

これからのAIの話をしよう(データリテラシー編):
AIに従うことの危険性 「正しい意思決定」という幻想から抜け出すには?
ジェフ・ベゾス氏らと共に、米Amazon.comの基礎を作り上げたとされるデータサイエンティストのアンドレアス・ワイガンド氏。企業や個人がどのようにデータを向き合っていけばいいのか、話を聞いた。(2019/10/4)

スマートオフィス:
東急不動産が新本社で実証実験、働き方改革を実現するオフィスを検証
東急不動産ホールディングスと東急不動産は、2019年8月14日から営業を開始した東京都渋谷区のオフィスビル「渋谷ソラスタ」内の新本社で、顔認証での入退館やアロマを用いた会議など、先進的な取り組みを進めている。同年10月1日からは、生産性向上に寄与する5つの実証実験を行い、優れたワークプレースを探求する。(2019/10/3)

ITはみ出しコラム:
スピーカーを超えてメガネや指輪まで もっと生活に溶け込んでいくAmazon Alexa
米Amazon.comが2019年も大量のハードウェア新製品を発表。スマートスピーカーだけではなく、Alexa対応の無線イヤフォン、メガネ、指輪、オーブンレンジまで登場しました。Alexaはますます人々の生活に溶け込んでいこうとしています。(2019/9/29)

Facebook、ARメガネと世界の3Dマップ「LiveMaps」構築を正式発表
FacebookがAR/VR関連イベント「Oculus Connect 6」で、ARメガネを開発していることを正式に発表した。このメガネで見るための3Dマップ「LiveMaps」も構築中だ。(2019/9/26)

視点:
デジタル化時代のヘルスケア企業の長期ビジョンと中期経営計画
中長期のヘルスケア業界を形作る4つのキートレンドを組み込んだ上で、デジタル技術をいかに取り込んでいくかを明確にする必要がある。(2019/9/25)

Facebook、非侵襲的神経インタフェースのCTRL-labsを買収 VR/AR部門強化
Facebookが、リストバンド型の無線操作端末を開発するCTRL-labsを買収した。このリストバンドは、脊髄から手に送られる操作指示の電気信号をデコードし、PCなどが理解できる信号に変換して無線でPCなどを操作するというものだ。(2019/9/24)

組み込み開発ニュース:
有機半導体フィルムの光センサーで放射線のパルス検出に成功
東芝は、有機半導体を用いた高感度のフィルム型光センサーを開発した。シンチレータと組み合わせることで、放射線のパルス検出が可能になる。小型軽量で、曲面状化や大面積化ができるため、工業用や医療用など幅広い分野での利用が期待される。(2019/9/19)

Facebook、Ray-BanメーカーとARメガネ「Orion」共同開発中──CNBC報道
ザッカーバーグCEOが2016年のF8で披露したARメガネ構想で、FacebookがRay-Banブランドを持つLuxotticaと提携しているとCNBCが報じた。2023〜2025年発売をめざしている。(2019/9/18)

架空世界で「認証」を知る:
コンピュータ同士がだまし合う 「ターミネーター2」に隠された認証シーン
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第20回のテーマは「ターミネーター2の認証」。(2019/9/18)

放射線のパルス検出に初めて成功:
東芝、高感度のフィルム型有機光センサーを開発
東芝は、有機半導体を用いた高感度のフィルム型光センサーを開発した。開発した光センサーと放射線によって発光するシンチレーターを組み合わせ、放射線のパルス検出に初めて成功した。(2019/9/4)

スマホ不要、耳に装着するだけで会話可能なウェアラブル端末 ソニーが発表
ソニーは、同社のクラウドファンディングサイト「First Flight」でウェアラブルコミュニケーションギア「NYSNO-100」の支援募集を開始。耳に装着すれば、スマートフォンなどを介さずに離れた場所にいるユーザーとの会話が可能となる。(2019/8/26)

架空世界で「認証」を知る:
「プリンセスコネクト!」で想像するVRデバイスと脳波認証の未来
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第19回のテーマは「近未来のウェアラブル端末と認証」。(2019/8/16)

組み込み開発ニュース:
組み込みOS業界の黒船となるか、ファーウェイの「HarmonyOS」
ファーウェイは、マイクロカーネルと分散アーキテクチャを採用した独自開発のOS「HarmonyOS」を発表。同社が2019年後半に発売する予定のスマートテレビで、HarmonyOSのバージョン1.0を採用する計画。今後3年間で最適化を進めて、ウェアラブル端末や車載情報機器など、より広範なスマートデバイスに採用を広げていく方針だ。(2019/8/16)

Facebook、脳直結出力システムに一歩近づく UCSFとの共同研究論文発表
Facebookが「F8 2017」で発表した非侵襲的脳直結コミュニケーションシステムの進捗を発表した。侵襲的方法ではあるが、脳で考えたことのほぼリアルタイム表示に成功した。(2019/7/31)

GCPの「ビッグデータ分析サービス」10選【後編】
「Googleマップ」「Gmail」を支えるシステムも GCPのビッグデータ分析サービス
Googleが提供しているビッグデータ分析サービスは多彩だ。中には「Google検索」「Googleアナリティクス」などの裏側で稼働するシステムを基にしたサービスもある。5つの主要サービスをピックアップして説明する。(2019/7/31)

富士通セミコンダクター:
容量8MビットのReRAMを製品化
富士通セミコンダクターは2019年7月30日、抵抗変化型メモリ(以下、ReRAM)として8Mビット容量品を2019年9月から販売すると発表した。同社では「ReRAMの量産製品としては世界最大容量」としている。(2019/7/30)

GCPの「ビッグデータ分析サービス」10選【前編】
「BigQuery」だけではない GCPのビッグデータ分析サービスの違いは?
Googleは「Google Cloud Platform」(GCP)のサービスとして、ビッグデータ分析サービスを提供している。主要な10種類のうち、「BigQuery」を含む5種類を紹介する。(2019/7/23)

イーロン・マスクが立ち上げたNeuralink、脳マシンインタフェースを披露
米NeuralinkがBMI(Brain Machine Interface:脳マシンインタフェース)デバイスを披露。2020年に人を対象とした臨床試験を行う方針を示した。(2019/7/18)

「ポケモンGo」のルーツ、「Field Trip」サポート年内終了
「ポケモンGo」のNianticが、同社のアプリ第1号「Field Trip」のサポートを年内に終了する。6月に「ハリー・ポッター:魔法同盟」をスタートした同社は、「世界中のたくさんのプレイヤーの方々に向けてすばらしいAR体験をつくることに集中するためには、優先順位をつける必要がある」と説明した。(2019/7/14)

AppleのAR/VRヘッドセット、開発中止か?
そろそろ製造開始かとも伝えられていたApple「ARメガネ」が開発中止になっていたという。(2019/7/12)

体当たりッ!スマート家電事始め:
オフィスに溶け込むスマートデバイス、キングジム「インフォ」開発の舞台裏
キングジムの「インフォ」は、会議中でも通知の内容を自然に確認できるスマートボールペン。ユニークなデジタル文具はいかにして誕生したのか。企画開発担当者に聞いた。(2019/7/10)

Canon USA、クリップカメラ「IVY REC」のクラウドファンディングをIndiegogoで予告
Canon USAが、クリップカメラ「IVY REC」のクラウドファンディングをIndiegogoでスタートすると予告した。1300万画素のCMOSセンサー搭載で防水。無線でスマートフォンと接続する。クリップ部分をファインダー代わりに使える。(2019/7/5)

ITはみ出しコラム:
ジョニー・アイブはAppleを去り、最高デザイン責任者は空席に
iMac、iPod、iPhoneなどのデザインを手掛け、Appleの再興に多大な貢献をしたジョニー・アイブ氏が退社へ。Apple最高デザイン責任者の椅子は空席になります。(2019/6/30)

歴史ある企業はなぜ変わったのか:
ANAを変えた、見えない課題を発掘する「魔法のワークショップ」とは
歴史ある大企業にイノベーションを起こす――。この難題をやってのけたのが、ANAでイノベーション推進部の部長を務める野村泰一氏だ。インタビューの後編では、ANAの役員たちも驚いたという課題発掘ワークショップについて聞いた。(2019/6/28)

IoTセキュリティ:
「Mirai」に備えよ、JPCERT/CCがIoTセキュリティチェックリストを公開
JPCERT コーディネーションセンターは2019年6月27日、IoT製品の開発者や製品の導入利用者向けに、「IoTセキュリティチェックリスト」を公開した。(2019/6/27)

ANAの改革推進トップに聞く “変われなかった現場”でイノベーションが起きたわけ
国内外の厳しい競争にさらされている航空業界。勝ち残っていくためには、働き方にイノベーションを起こし、顧客本位のサービス開発ができる体制を整えることが不可欠だ。ANAの改革をけん引する野村氏はどうやって現場にイノベーションマインドを根付かせたのか。(2019/6/24)

スマートグラス「Glass Enterprise Edition 2」が登場
Google「Glass」がビジネス仕様で再復活 太めのフレームでより眼鏡らしく
ビジネス向けの「Glass Enterprise Edition 2」は、従来モデルと比べてパフォーマンスやバッテリー持続時間、カメラ品質を向上させ、スタイルも一新した。(2019/6/16)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
小売業でリアルの逆襲始まる、製造業はどうなのか
逆襲っていいですよね。ゴジラとか帝国とかシャアとかもやってますし。(2019/6/13)

「Mi Band 4」、カラー有機ELディスプレイで価格は169元(約2600円)から
Xiaomiが日本でも販売する「Mi Band 3」の後継リストバンド「Mi Band 4」を発表した。ディスプレイが約40%大きくなり、カラーになった。価格は非NFCモデルが169元(約2600円)、NFCモデルは229元(約3600円)。(2019/6/12)

音を振動と光で表現するウェアラブル端末「Ontenna」、7月発売 ろう学校への無償提供も 富士通から
富士通が周囲の音を振動と光で表現するデバイス「Ontenna」の一般販売を7月に開始すると発表した。(2019/6/11)

JISSO PROTEC 2019:
iPhoneで分かるチップ部品小型化トレンド、0201部品の採用は2019年から
パナソニックは、「JISSO PROTEC 2019(第21回実装プロセステクノロジー展)」に合わせて技術セミナーを開催し、微小部品実装の技術動向について説明した。(2019/6/6)

Computer Weekly製品ガイド
境界のないデジタルワークプレースの実現
セキュアなデジタルワークプレースの実現に向けた手順について紹介する。(2019/6/6)

トビー・テクノロジー:
熟練者の視線を計測、安全教育や人材育成に活用
アイトラッキング(視線計測)技術の開発、提供を行うトビー・テクノロジーは、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)で、メガネ型のウェアラブル端末「Tobii proグラス2」や、据え置き型アイトラッカーの「Tobii pro X3-120」などの展示を行った。(2019/5/28)

クラウドで復活する「DWH」【後編】
アスリート向けSNSのStravaが「クラウドDWH」を導入 選定の鍵は管理の容易さ
再活性化の兆しを見せるDWH市場では、注目すべき新興ベンダーが登場している。その実力はどうなのか。新興ベンダーのクラウドDWHを活用するStravaの導入事例を基に探る。(2019/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。