「Windows 10」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Windows 10」に関する情報が集まったページです。

ASUS、Ryzen 7+GTX 1660 Tiを搭載したタフ設計の15.6型ゲーミングノート
ASUS JAPANは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを搭載したタフ設計の15.6型ゲーミングノートPC「ASUS TUF Gaming FX505DU」を発売する。(2019/6/19)

東京・虎ノ門に「Dell Cafe(デルカフェ)」がオープン 6月19日まで
デルが、東京都港区にあるカフェで最新のビジネス向け製品を触って試せるイベントを開催している。アンケートに答えると、カフェで提供されているコーヒーが1杯無料で楽しめる。(2019/6/18)

エイサー、スリムデスクトップPC「Aspire X」など2シリーズにOffice付属モデルを追加
日本エイサーは、スリム筐体採用デスクトップPC「Aspire X」など2シリーズにOffice付属モデルを追加した。(2019/6/18)

山市良のうぃんどうず日記(155):
Windows 10からの挑戦状、再び――これまでEducationエディションではWDAGが使えなかった
Windows 10には教育機関向けエディションとして「Education」と「Pro Education」があります。これらは、それぞれEnterpriseとProエディションをベースに構築されたもので、機能的には対応するエディションと同等です。しかし、機能的には同等ですが、実際には一部の機能が使えないことがあります。(2019/6/18)

Tech TIPS:
【Windows 10】コマンドプロンプトからPython環境を一発でインストールする
Windows 10 May 2019 Updateでは、コマンドプロンプトやPowerShellで「python」と入力すると、Microsoft Storeが起動して、簡単にPython 3.7がインストールできる。ただし、注意すべき点もある。(2019/6/17)

従来モデルよりも処理速度を向上
新型「MacBook Pro」、Apple初の8コア搭載モデルはどれだけ「プロ向け」か
Appleは「MacBook Pro」の最新モデルを発売した。そのハイエンドモデルはApple初の8コアプロセッサ搭載MacBookで、従来モデルよりも高速化を図った。(2019/6/15)

ファイルの配置場所やIPアドレスに注意:
「WSL 2」初期プレビュー版が使用可能に、Windows 10の最新プレビュービルドで
Microsoftは、「Windows 10 Insider Preview Build 18917(20H1)」で、「WSL 2」の初期プレビュー版を試せるようにした。公開に当たってWSL 2独自の変更点を紹介した。(2019/6/14)

Windows 10 The Latest:
完全なLinuxがWindows 10上で稼働する? 「WSL 2」とは
MicrosoftがBuild 2019でWSLの強化版「WSL 2」を発表した。WSL 2は、現行のWSLと何が違うのかだろうか。Microsoftの開発者向けBlog「Devblog」で公開された情報から、WSL 2の概要を解説する。(2019/6/14)

Android端末、iPadとiPhoneでセキュリティキーとして使用可能に
iOS端末で、Googleアカウントにログインするための2段階認証用セキュリティキーとしてAndroid端末が使えるようになった。(2019/6/13)

テキスト入力一本勝負(前編):
11型iPad ProとSurface Goをキーボードセットで比べてみた
テキスト入力のツールとして、タブレットと専用キーボードの組み合わせが注目を集めている。今回はその代表的なモデルである、11型iPad ProとSmart Keyboard Folioの組み合わせ、そしてSurface Goとタイプカバーの組み合わせについて、前後2回に分けて使い勝手を検証する。(2019/6/13)

Tech TIPS:
【Windows 10】Microsoftアカウントを作成する
Windows 10のサインインアカウントとしても利用可能な「Microsoftアカウント」の作成手順を解説しよう。既存のメールアドレスを使うこともできるが、新規にメールアドレスを作成する方法で手順を紹介する。(2019/6/13)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(50):
Windows 10の更新管理のためのWSUS最新事情
「Windows Server Update Services(WSUS)」は、古くからWindowsおよびMicrosoft製品の更新管理を担ってきたWindows Server標準の役割の一つです。短いリリースサイクルで進化していくWindows 10にWSUSがどのように対応してきたのか、最新情報をまとめました。(2019/6/13)

Apple、MS公式ストアで「iCloud for Windows app」を配信開始
AppleのクラウドiCloudを公式のアプリストアからダウンロードできるようにし、オフラインで使いやすくなるとMicrosoft。(2019/6/12)

従業員のPC操作をリアルタイム記録:
「働き方改革のための業務分析サービス」をクラウドで提供 日立ソリューションズ
日立ソリューションズは「働き方改革向け業務可視化・分析サービス powered by Work Style Analyzer」を提供開始する。従業員のマウスやキーボードの操作状況、利用したアプリケーション名やファイル名、Webサイト名などをリアルタイムで収集し、業務に関する問題の分析や課題の把握を支援する。(2019/6/12)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】ポリシーテンプレートで共有PCの勝手な設定変更を禁止する
共有PCのWebブラウザは、設定が勝手に追加・変更されることでトラブルにつながることがあります。そこでGoogle Chromeの「ポリシー」という仕組みを活用すれば、利用者には変更できないように設定を強制できます。Windows OS版を対象として最もシンプルな設定手順を説明します。(2019/6/12)

「Windowsサンドボックス」を理解する【後編】
Windows 10の新機能「Windowsサンドボックス」を使うには?
Windows 10の新たな機能「Windowsサンドボックス」は、どうすれば利用できるのか。その方法を説明する。(2019/6/12)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
すぐ分かる「WSUS設定」ガイド:Windows 10更新管理を効率化するための手順
Windows 7のサポート終了を受け、Windows 10への移行が急速に進んでいる。移行に際し、特に多数のPCを抱える組織では、新たな更新プログラムの運用管理に配慮する必要がある。その最適化に欠かせないWSUS構築の手順を解説する。(2019/6/12)

「dynabook Day 2019」7月9日開催 最新デバイスやソリューションが結集
Dynabookが7月9日、東京都新宿区でプライベートイベントを開催する。同社が「dynabook」ブランドで展開している最新デバイスやソリューションが展示される他、講師を迎えてセミナーも開催する。(2019/6/11)

エイサー、薄型軽量のCore i7搭載14型スリムノート
日本エイサーは、14型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したスリムノートPC「SF314-56-N78U/SF」を発売する。(2019/6/11)

「Windows 10 May 2019 Update」が「Windows Update」の手動確認で更新可能に
Windows 10の最新大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update」が、「Windows Update」を手動チェックした全ユーザーに開放された。(2019/6/10)

マウス、第9世代Core+GTX 1650を標準搭載した17.3型ノートPC
マウスコンピューターは、第9世代CoreプロセッサとGeForce GTX 1650を装備した17.3型ノートPC「m-Book W890」シリーズを発売する。(2019/6/10)

Microsoft、Azure AI採用のフライトシム新作を2020年提供へ
Microsoftが人気シミュレーションゲーム「Microsoft Flight Simulator」の久しぶりの新作を2020年に「Xbox Game Pass」で提供すると発表した。Azure AI、衛星データ、4K撮影データでリアルで美しいシミュレーションを楽しめるとしている。(2019/6/10)

管理性やセキュリティにも配慮
Dellの新「Latitude」 1時間で最大8割充電できる“持ち出したくなる”ノートPC
Dellはビジネス向けノートPC「Latitude」シリーズを新しい外観と機能で刷新した。オフィスの内外で仕事をする従業員を支援しやすくなる、と専門家は評価する。(2019/6/9)

2019年上半期に新PCが次々登場
「ThinkBook」はモバイルワークにうれしい機能満載、Lenovo新ブランドの実力は
Lenovoは2019年5月末から8月にかけて新ブランドと新製品を次々に市場投入する。「ThinkBook 13s」「同14s」や「ThinkPad X1 Extreme」第2世代、「ThinkCentre M90n Nano」の特徴を探る。(2019/6/8)

深紅のKoi Editionも:
Core i7入り超小型PC「OneMix2S Platinum Edition」が発売
中国One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix2S」のバリエーションモデル「OneMix2S Platinum Edition」と「同Koi Edition」が6月7日から発売される。(2019/6/7)

CERT/CC、WindowsのRDPに関する脆弱性を公開 Microsoftは反論
脆弱性を悪用されればリモートセッション上でロック画面を回避される恐れがあるとCERT/CCは指摘。これに対してMicrosoftは、修正すべきセキュリティ問題とはみなさないという見解を示した。(2019/6/10)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】スクリーンショットができない
Windows 10では、キーボードの[PrintScreen]キーを押すことで、デスクトップ全体の画面を画像データとして保存できる。しかし[PrintScreen]キーが見つからなかったり、[PrintScreen]キーを押してもスクリーンキャプチャーができなかったりすることもある。その原因と対策をまとめた。(2019/6/7)

より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【後編】
IEモード以外の「Edge」新機能「プライバシーコントロール」「Office連携」とは
Webブラウザ「Microsoft Edge」次期バージョンの強化点は、「Internet Explorer」の互換モードだけではない。他の主要な2つの強化点を紹介する。(2019/6/7)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(81):
Web、Mobileに続く第3のポータル、「Azure Portal App」のプレビュー開始
Microsoft AzureポータルにWebブラウザなしでアクセスすることができる、Windows向けの「Azure Portal App」がプレビューとして利用可能になりました。(2019/6/7)

Tech TIPS:
【Windows 10】信頼性モニターで故障発生の予兆を検知
アプリが頻繁に落ちる、最近PCの性能が落ちているような気がする、といったとき、Windows 10の「信頼性モニター」を確認してみよう。エラーが頻繁に発生しているようならば注意が必要だ。「信頼性モニター」の見方を解説する。(2019/6/6)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの「ユーザー」切り替え機能で共有パソコン利用のトラブルを回避する
共有PCのWebブラウザは、ブックマークや設定が勝手に追加・変更されることでトラブルにつながることがあります。Chromeで複数のユーザーを作成すれば、使い方あるいはスタッフごとにブックマークや設定などを分離して、スムーズに運用できます。(2019/6/5)

「Windowsサンドボックス」を理解する【前編】
Windows 10新機能「Windowsサンドボックス」とは 怪しいアプリも安全にテスト
Windows 10に組み込まれた「Windowsサンドボックス」は、アプリケーションやファイルを隔離された状態でテストできる。この新プログラムと機能について解説する。(2019/6/5)

半径300メートルのIT:
バグにも負けずデータ消失にも負ケズ Windowsアップデート“適用タイミング”の見極め方
OSのアップデートはなるだけ早く適用したいもの。とはいえ、最近のWindows Updateの不具合を含め「そうは問屋が卸さない」事情も分かります。事故やマルウェアを防ぎ、OSを最善の状態に保つ“タイミング”を考えてみました。(2019/6/4)

山市良のうぃんどうず日記(154):
突然消滅したMicrosoft TechNet/MSDNブログ(日本語)の捜索
2019年3月までに、MicrosoftのTechNetブログやMSDNブログにあった各種製品やサポートチームの公式ブログの多くが突然閉鎖されました。本稿は先月(4月)そのことをお伝えするために書いたものですが、記事の完成直前、4月中旬に行方不明になっていた日本語ブログの多くが復元されたため、修正を加えて今回の記事としました。(2019/6/4)

PR:「Synology Active Backup for Business」なら無償でビジネス用途でも的確にバックアップ
ビジネスPCのバックアップは、費用面や管理面で課題も多い。しかし、Synology NASユーザーなら無償で使える「Synology Active Backup for Business」を使えば、その課題を解決できるかもしれない。(2019/6/6)

ライフサイクルを.NET Core 3.0と同期:
Microsoftが「PowerShell 7」のプレビュー版を発表、開発計画の詳細も
Microsoftは、PowerShell Coreの次期バージョン「PowerShell 7」の最初のプレビュー版を発表、詳細な開発計画も明らかにした。.NET Core 3.0対応やWindowsとの互換性向上が特徴。(2019/6/3)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第3回):
PR:Windows 10のデータ管理 データ保護はMicrosoft 365の連携技におまかせ
前回までは、Windows 10のモダン管理を使った展開、管理に関する方法を解説しました。今回は、「データ保護」にフォーカスします。モダンPCは、そもそも社外でインターネットに接続して利用するのが前提の環境です。Windows 10の機能とMicrosoft 365の各種機能を連携させ、PCを社外で利用する際にデータ漏えいを防ぐ機能を紹介します。(2019/6/3)

アクセシビリティーも向上
「Chrome OS 74」の注目機能とは? Android/Linuxアプリ利用がより快適に
Chrome OSバージョン74は、組織向け機能やアクセシビリティー、セキュリティなどを強化した。AndroidアプリとLinuxアプリ向けの機能を強化し、使い勝手の向上を図る。(2019/6/1)

Microsoft、「Windows 10」向け定額ゲームサービス「Xbox Game Pass for PC」
特別なコンソール不要なゲームサービス「Project xCloud」を計画中のMicrosoftが、Windows 10向け定額ゲームサービス「Xbox Game Pass for PC」を発表した。MicrosoftのHaloシリーズや、セガや米Bethesdaなどによる100本以上のゲームにWindows搭載PCで利用できる。(2019/5/31)

ベンチマークテストも:
「OneMix2S さくらピンクエディション」開封レビュー!
中国One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix2S」の国内正規版が、代理店のテックワンから5月31日に発売される。早速、カラバリモデルをチェックした。(2019/5/31)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:待望の機能アップデート「Windows 10 May 2019 Update」の主な変更点
Windows 10の2019年春の機能アップデート「May 2019 Update」がやっと提供開始となった。仮想マシンによるソフトウェアテスト環境「Windowsサンドボックス」など大きな機能追加が行われている。どのような機能変更があるのかをまとめてみた。(2019/5/31)

より企業向けに進化する「Microsoft Edge」【前編】
「Microsoft Edge」で「Internet Explorer」向けアプリが動く「IEモード」とは?
Microsoftは「Microsoft Edge」の次期バージョンに、「Internet Explorer」(IE)の互換モードを導入する。これを使えば、社内のIE向けレガシーアプリケーションをEdgeで実行できるようになる。(2019/5/31)

「残り1%のアプリをどうするの?」の声に応える支援サービス:
PR:Windows 10への全面移行を後押しする「Desktop App Assureサービス」とは
Windows 7のサポート終了まで残り1年を切ったことで、いよいよWindows 10への移行作業を本格化させている企業が増えてきている。多くのアプリケーションは移行後も問題なく動作するが、頭が痛いのは不具合が出てしまった場合だ。塩漬けにすべきか、どうするか――そんな悩みを抱える企業に手をさしのべる新たな支援策とは?(2019/5/31)

Windows To GoやPrint 3Dも削除へ:
Microsoft、「Windows 10 May 2019 Update」以降の削除機能リストを公開
Microsoftは、「Windows 10 May 2019 Update」で削除された機能と今後削除予定の機能をまとめたリストを公開した。(2019/5/30)

パソコン工房、「micro:bit」付属の15.6型スタンダードノート 100台限定で税別6万9800円
ユニットコムは、同社製15.6型ノートPCに教育用マイコンボード「micro:bit」を付属したセットパッケージを発売した。(2019/5/30)

「Oculus Quest」でVR体験が“爆上げ” 約5万円で最高級を楽しめる新時代に突入 その魅力に迫った
5月21日に発売した新製品「Oculus Quest」の注目ポイントを解説します。(2019/5/30)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(49):
Windows 7のサポート終了まで残り半年、選択が迫られるレガシーPCの今後
Windows 7は半年後の「2020年1月14日」に延長サポートが終了し、製品のサポートライフサイクルの終了を迎えます。互換性やコストなど、さまざまな理由でWindows 7を大量に、あるいは一部で使い続けてきた企業は少なくないと思いますが、ライフサイクル終了後についてすぐに検討する必要があります。(2019/5/30)

Windows 7とOffice 2010の延長サポートが終了:
PR:MouseProを使った“攻めのPCリプレース”で生産性を高める方法
来る2020年にWindows 7やOffice 2010の延長サポートが終了を迎え、そのまま利用し続けるとセキュリティなどのトラブルも予想される。ただ、リスク回避の観点だけでなく、これを好機と捉えてPCやオフィスアプリの更新といった“攻めのリプレース”で生産性を高める方法もある。(2019/5/30)

Microsoft Storeページに誘導:
「Windows 10 May 2019 Update」では初心者でも容易に「Python」を導入可能
MicrosoftのPythonチームによれば「Windows 10 May 2019 Update」では、「Python」を初心者でもインストールしやすくなったという。Microsoft Storeを用いており、今後は他のプログラミング言語にも同様の対応を広げる計画だ。(2019/5/30)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
HPの「VR Backpack」、新モデルは30%性能アップ、少し値下げで今夏登場
HPがVRヘッドセットと接続して背負うバックパック型ウェアラブルワークステーション「HP VR Backpack G2」を発表した。日本でも販売しているBackpack G1の後継モデルで、性能は30%アップし、米国での販売価格は500ドル安くなった。今夏登場予定。(2019/5/29)

SIMカードがPCをセキュアに――VAIOが2019年6月3日に「VAIO Secure SIM」の受け付け開始
VAIOは、「VAIO Secure SIM」のサービス受け付けを2019年6月3日に開始する。VAIO Secure SIMを利用すると、ノートPCなどのモバイル端末から企業ネットワークや各種クラウドサービスに、PCを開くだけで安全に接続できる。(2019/5/29)

VAIO、リモートアクセスソリューション「VAIO Secure SIM」の受け付けを6月から開始
VAIOは、ビジネス向けリモートアクセスソリューション「VAIO Secure SIM」の受け付け開始日をアナウンスした。(2019/5/28)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
ASUS、14インチのセカンドディスプレイ搭載ノートPC「ZenBook Pro Duo」
ASUSが、キーボードの上に14インチのセカンドディスプレイ「ScreenPad Plus」を設置し、タッチパッドをキーボードの右に配置したノートPC「ZenBook Pro Duo」を発表した。(2019/5/28)

EURO DRESS MODELも登場:
Let's noteの2019年夏モデル発表 CPUの強化やドライブレスモデルの追加
パナソニックは5月28日、同社製モバイルPC「Let's note」シリーズの店頭向け最新モデル「同LV8」「同SV8」「同XZ6」「同RZ6」を発表、6月14日から発売する。主な強化点はCPUの高速化やSSDの増量、新ボディーカラーの採用などだ。(2019/5/28)

半径300メートルのIT:
WindowsマシンとiPhoneを“力の限り併用”する方法を、仕事しながら検証してみた
仕事を支える“相棒”ともいえるPCやスマートフォン。ある日慣れた機種が突然使えなくなっても、WindowsとAppleを両方、それも同時に使うことで回復できないか――? そんな検証を全力でやってみました。(2019/5/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(136):
意外と誤解している人が多い「曜日」の話
Windowsの毎月定例の更新日は「Patch Tuesday」ともいわれる「毎月第2火曜日」です。ただ、この火曜日というのは米国時間であって、時差の関係で日本ではその翌日の水曜日になるわけですが、第2水曜日と誤解している人がいまだに多いようです。そんな誤解と「タスクスケジューラ」につい最近まで存在した信じ難いバグが重なると……。(2019/5/28)

ハノーバーメッセ2019:
PR:産業用IoTの中心地で見たもの、ハノーバーメッセ2019に見る製造業の生きる道
インダストリー4.0の進捗確認の場とされているハノーバーメッセは毎年、産業用IoTの新たなトレンドが生まれる場所として注目を集めている。その中で2019年はどのような傾向が生まれたのだろうか。日本マイクロソフトが開催したハノーバーメッセのレビューセミナー「産業用IoTの現在地:今、製造業は何をすべきか」の内容をお伝えする。(2019/5/27)

「ステータス」も重要な要素
Windowsよりも「Mac」を使いたくなる4つの理由
企業内のクライアントデバイスといえば「Windows」搭載PCが一般的だ。だがIT部門は、「macOS」を搭載した「Mac」を選択肢から排除すべきではない。企業でMacを使う4つの理由を見ていこう。(2019/5/26)

大枚はたいても元は取れる
「ThinkPad X1 Extreme」、ベテランレビュアーが手放しで褒める高性能ノートの実力は
「ThinkPad X1 Extreme」は、長年数々のノートPCをレビューしてきた筆者が「自分のメインPCを上回る性能を持つ、現行世代のハイエンドノートPCに出会ったのはこれが初めて」とまで手放しで評価する製品だ。(2019/5/25)

サイコム、デュアル水冷ゲーミングPCに全コア5GHz動作のCore i9オーバークロック仕様モデル
サイコムは、OCカスタマイズ設計のCore i9-9900K搭載ゲーミングPCを発売した。(2019/5/24)

「Windows 10 May 2019 Update」に既知の不具合 手動更新は慎重に
Windows 10の最新大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update」について、さまざまな不具合が報告されている。(2019/5/24)

国内IT市場、2019年はプラス成長で18兆807億円規模、2023年まで2.4%で堅調 クラウドシフトへの対応が鍵――IDC調べ
2019年の国内IT市場は、PC更新需要やシステム改修需要などにより、前年比3.4%のプラス成長の見込み。以降も、クラウドシフトや5G関連のIT投資が伸び、市場全体で堅調な拡大が予測されるという。ITサプライヤーには、クラウドシフトに対応したビジネスモデルの変革が求められている。(2019/5/24)

ITの教室:
【WSL入門】第4回 bashの展開機能と正規表現の基礎
WSLのメリットには、さまざまなコマンドで利用できる「正規表現」とシェルのbashの展開機能がある。この2つを理解することで、WSLの利用価値が大きく向上する。WSL入門の最終回として、この2つの機能を紹介しよう。(2019/5/24)

エイサー、法人向けのCore i7搭載ミニタワーPCなど2モデル
日本エイサーは、ミニタワー型筐体を採用した法人向けデスクトップPCの販売を開始する。(2019/5/23)

エイサー、Windows 10 Pro搭載の11.6型モバイルノート2製品 2in1モデルも
日本エイサーは、法人向けの11.6型モバイルノートPC計2製品の販売を開始した。(2019/5/23)

Kubernetes対応へ:
「Windows Server バージョン1903」が正式リリース、半期チャネルの最新版
Microsoftは、Windows Serverの半期チャネルの最新リリース「Windows Server バージョン1903」の一般提供を開始した。Windows ServerコンテナのKubernetes対応や、Server Coreにおける互換性などが改善されている。(2019/5/23)

Windowsタスクスケジューラに未解決の脆弱性、悪用コードも公開
コンセプト実証の悪用コードをGitHubで公開した人物は、さらに複数の未解決の脆弱性情報を公開すると予告している。(2019/5/23)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Microsoftに買収されたExpress Logicとは
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2019年4月の業界動向の振り返りとして、Microsoftに買収されたExpress Logicの話を紹介する。(2019/5/23)

これから始める企業のためのコンテナ実践講座(4):
Kubernetesを手元で試せる「Minikube」「MicroK8s」とは
「コンテナ技術」やコンテナ実行環境の「Docker」、大量のコンテナ管理や負荷分散を実現する「Kubernetes」について概要から本番活用の仕方まで解説する「これから始める企業のためのコンテナ実践講座」。第4回は、Kubernetesのパッケージマネジャー「Helm」と手元で試せる「Minikube」「MicroK8s」を紹介します。(2019/5/23)

アイ・オー、ゲーム動画配信にも向くUSB外付けHDMIキャプチャーデバイス
アイ・オー・データ機器は、USB接続対応の外付け型HDMIキャプチャーデバイス「GV-US2C/HD」を発売する。(2019/5/22)

「Windows 10 May 2019 Update」が早くも一般公開 SACもリリース
Microsoftが次期大型アップデート「Windows 10 May 2019 Update」を一般公開した。また半期チャンネル(SAC)もリリース済みだ。(2019/5/22)

「Windows 10 May 2019 Update」(ビルド1903)一般提供開始
Microsoftが「Windows 10」の大型アップデート「May 2019 Update」(バージョン1809)を5月21日に提供開始した。今回からインストールするタイミングをユーザーが最長35日間延長できる。(2019/5/22)

ITの過去から紡ぐIoTセキュリティ:
Windows XPへの「例外措置」、サポート終了なのに繰り返される理由は?
Microsoftが5月、サポート期間内のWindows 7とWindows Server 2008だけでなく、サポートが終了しているWindows XP、Windows Server 2003に対しても修正プログラムを用意。サポート切れなのに修正プログラムを提供するのはなぜ?(2019/5/23)

8.4型2560×1600ピクセル表示:
超小型2in1 PCの最新モデル「OneMix3」をチェック 発売は7月下旬予定
「OneMix」シリーズなど超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyの最新モデルが「OneMix3」だ。試作機を入手できたので、早速見ていこう。(2019/5/23)

JEITAが「Windows 7の延長サポート終了に関する注意喚起」を公開
JEITAが延長サポート終了を迎えるWindows 7について注意喚起を促すページを公開した。(2019/5/21)

エイサー、Pentium Gold搭載のベーシック15.6型ノートなど2製品
日本エイサーは、15.6型フルHD液晶を内蔵したベーシックノートPC「A315-53-N24U/K」を発売する。(2019/5/21)

Chromium版「Edge」のmacOS向けプレビュー公開 デザインやショートカットをMacに最適化
Microsoftが次期Windows 10のアップデートで追加する予定のChromium版EdgeのmacOS版がCanary Channelでリリースされた。キーボードショートカットなどのUIやデザインがMacに最適化されている。(2019/5/21)

半径300メートルのIT:
MSが“おきて破り”の緊急対応 今さらXPのパッチを出した深刻な脆弱性とは
Microsoftはこのほど、早急な対策が必要な脆弱性情報「CVE-2019-0708」と対応パッチを公開しました。同社が採った「例外的な対応」からは、今回の脆弱性の深刻度がうかがえます。(2019/5/21)

Tech TIPS:
【Windows 10】タスクバーが使いやすくなるカスタマイズ8種
Windows 10のタスクバーを使いやすくするカスタマイズ方法を紹介する。タスクバーをカスタマイズすることで、Windows 10の使い勝手を向上させよう。(2019/5/21)

Surface Goの“正しい”使い方:
立って使う2in1 PCなら「Surface Go」っていいじゃん
日本マイクロソフトの2in1 PC「Surface」シリーズ。人気モデルの「Surface Pro 6」に続き、最も小型な「Surface Go」を試してみた。(2019/5/20)

少数だが確実にあるニーズ
Windowsから「Linuxデスクトップ」へ乗り換えたくなる4つの理由
Linuxは、クライアントOSとしてはWindowsほど普及していないものの、使い方によっては大きなメリットを提供する。Linuxデスクトップが役立つユースケースを詳しく見てみよう。(2019/5/19)

モバイル端末の長所と短所を比較
「ファブレット」と「タブレット」は何が違う? 6つのポイントで比べた
業務用のモバイル端末を選ぶ際、タブレットにすべきか、「ファブレット」と呼ばれる画面の大きいスマートフォンのどちらにするか迷う場合がある。本稿ではそれぞれの違いについて説明する。(2019/5/18)

Dial回せば円満に?:
Surface Pro 6で暗い影を落とした夫婦関係を修復する方法
日本マイクロソフトの2in1 PCで人気の高い「Surface Pro 6」。実際にSurface Proを使っているユーザーにリサーチして、その悩みと解決方法を考えてみた。(2019/5/17)

Tech TIPS:
【Windows 10】サインインできないシステムを初期化する
Windows 10を初期化したい場合、[Windowsの設定]−[更新とセキュリティ]−[回復]画面の「このPCを初期状態に戻す」など幾つかの方法がある。ただ、パスワードが分からないような場合は、この方法は使えない。そこで、パスワードが分からないWindows 10を初期化する方法を紹介する。(2019/5/17)

追加費用なしでアプリ互換性問題を解決:
PR:Desktop App Assure サービスが Windows 10 と Office 365 へのアプリ互換性問題を支援
Windows 10 および Office 365 ProPlus に移行したら、もしくは、新しいバージョンに更新したら「アプリケーションの表示が変わってしまった」「一部の機能が使えなくなった」「そもそも動作できなくなってしまった」、といった互換性の問題でお困りではありませんか? 「Microsoft FastTrack Desktop App Assure サービス」が問題解決を支援します。(2019/5/17)

2in1 PCの原点に返ってみる:
2in1 PCの最前線「Surface Pro 6」を試して分かった驚き
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCの「Surface」シリーズ。その豊富なラインアップの中から、人気モデルの「Surface Pro 6」をチェックした。(2019/5/16)

できること、できないこと:
Microsoft、「WSL 2」への質問にブログで回答
Microsoftは2019年5月に発表した「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の新版「WSL 2」に関して寄せられた質問の一部を取り上げ、ブログで回答した。例えば仮想化ソフトと同時に利用できるかといった質問に対する回答だ。(2019/5/16)

マウス、ペンタブ入力対応で16.4時間駆動が可能な14型スリム2in1ノート「m-Book U」
マウスコンピューターは、2in1機構を備えた14型スリムノートPC「m-Book U」シリーズの販売を開始する。(2019/5/16)

Windows 10 The Latest:
Chrome互換に生まれ変わる次期Microsoft Edge その実力は?
HTMLレンダリングエンジンをこれまでのEdgeHTMLから、Google ChromeのベースとなっているBlinkに変更することが明らかにされた「Microsoft Edge」。そのプレビュー版が公開された。本稿ではそのファーストインプレッションをお伝えする。(2019/5/16)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(48):
Windows 10 バージョン1903が一般向けに間もなくリリース、SAC-T廃止後の企業内展開への影響は?
2019年5月末、「Windows 10 May 2019 Update(バージョン1903)」が一般向けに正式にリリースされ、Windows Updateを通じて機能更新プログラムの配布が開始される予定です。今回が「半期チャネル(対象指定)」(SAC-T)が廃止されて初めてのリリースとなります。企業のWindows 10クライアントへの影響について再確認しましょう。(2019/5/16)

Tech TIPS:
【Windows 10】カレンダー表示を一時的に和暦にして令和対応を確認する
Windows 10のカレンダーや電卓アプリなどの日付表示を西暦から和暦に変更する方法を紹介する。(2019/5/14)

「信ぜよ、だが確認せよ」
Windows 10の「May 2019 Update」以降はアップデート時期を自由に選べる
2019年5月下旬公開の「Windows 10」次期アップデートは、IT管理者によるインストールの管理機能が復活する。その重要度について、専門家が解説する。(2019/5/15)

プロシューマー向け13.3型モバイルノートPC「LAVIE Pro Mobile」登場 カスタマイズモデルは「LTE」「16GBメモリ」対応
NECパーソナルコンピュータの軽量モバイルPC「LAVIE Hybrid ZERO」の13.3型モデルが、新たな名前を得てモデルチェンジ。いわゆる「プロシューマー」をターゲットに、実用性を重視した設計となっている。(2019/5/14)

2019年夏にプレビュー版を公開:
Microsoft、オープンソースの「PowerToys」プロジェクトを始動
Microsoftは、Windows 10用にパワーユーザー向けの新生「PowerToys」を提供するオープンソースプロジェクトに乗り出した。(2019/5/14)

古田雄介のアキバPickUp!:
10連休中にRyzen躍進! ショップによってはシェアがIntelを超える
PCパーツの一式買いが多かった連休中、全体的に品薄なCore iシリーズを尻目に各ショップでRyzenの売れ行きが目立っていたという。中にはシェアが逆転したという声も。(2019/5/14)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(135):
雲の上のWindows 10、夢のDaaSはハードルが高い
2019年3月21日、Microsoft Azureで新サービス「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー提供が開始されました。これは、Windows 10 EnterpriseなどのVDI環境をクラウドからマネージドサービスとして提供する「Desktop as a Service(サービスとしてのデスクトップ)」です。このサービスに注目している人は多いと思いますが、プレビューだからといって誰でも試用できるわけではありません。(2019/5/14)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「SIビジネスに取りつく“3匹のお化け”」
SIビジネスに取りつく“3匹のお化け”は見えていますか? その存在に気付かないでいると、ビジネスに重大な危険を招きかねません。有効な“お化け”退治の方法とは?(2019/5/24)

オープンソースへ:
Microsoft、ターミナルアプリ「Windows Terminal」を発表
Microsoftは、コマンドラインツールやシェルのユーザー向けに新しいターミナルアプリケーション「Windows Terminal」を発表した。2019年冬に正式リリースを予定する。(2019/5/10)

日本マイクロソフト、オフィス向け大画面デバイス「Surface Hub 2S」国内予約受付を開始
日本マイクロソフトは、Windows搭載大画面デバイス「Surface Hub 2S」の予約受付開始を発表した。(2019/5/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10次期大型アップデート「May 2019 Update」での注意点とChromium Edgeの最新動向
リリースが目前に迫ったWindows 10の次期大型アップデート「May 2019 Update」と、βテストが続いている次期標準ブラウザ「Chromium Edge」の最新動向をチェックした。(2019/5/10)

Windows 10 The Latest:
Windows 10向け「令和」対応パッチ、適用すると何がどう変わるのか?
5月1日の改元と前後して、Windows OS向けに「令和」対応更新プログラム(パッチ)の提供が行われた。新元号に対応するとはどういった意味なのか、どのような変更が行われたのかについて解説する。(2019/5/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの決算から見えるWindows 10とIntelとの関係
Microsoftが、同社初の時価総額1兆ドルを突破した。その要因を細かく見ていこう。(2019/5/9)

Tech TIPS:
【Windows 10】「霰」が読めなくてもIMEパッドで簡単漢字入力
読めない漢字や特殊な記号など、Microsoft IMEの日本語変換では入力できないような場合、IMEパッドを利用するとよい。手書き入力を利用すれば、うろ覚えの漢字であっても、マウスで描くだけで、候補が表示されるので、楽に入力可能だ。(2019/5/9)

持ち運べるクリエイティブノートPC:
スリムかつ狭額縁デザインで写真や動画編集がはかどる「DAIV-NG5510」を試す
プロ写真家や映像クリエイターに高い評価を受けているマウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」シリーズ。その中で、狭額縁デザインを取り入れたスリムモデル「DAIV-NG5510」を徹底チェックした。(2019/5/8)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Windows 10」のパフォーマンスを無料で向上させる6つの裏技
ちょっとした設定変更で「Windows 10」を高速化したり、PCのバッテリーの持ちを良くしたりできる可能性がある。今回はWindows 10の利便性を向上させる6つの方法を紹介する。(2019/5/8)

Windows 10搭載PCでもAmazon Alexaがハンズフリーで利用可能に
5月7日、AmazonはWindows 10搭載PC向けに提供しているAlexaアプリをアップデートし、音声のみでAlexaを利用できるハンズフリー機能に対応した。(2019/5/7)

Build 2019:
Microsoft、「Windows Terminal」を発表 タブ機能、コマンドプロンプト、PowerShell、SSHなどを統合
Microsoftが、Windowsに対応した新しいコマンドラインインタフェース「Windows Terminal」を発表。タブによっていくつもの画面を開き、コマンドプロンプトやPowerShell、Windows Subsystem for LinuxやSSH経由で他のサーバへの接続などが可能。(2019/5/7)

Amazon Alexa、Windows 10でもハンズフリーに
Amazonの音声アシスタントAlexaのWindowsアプリが、ウェイクワードで起動できるようになった。PCをディスプレイ付きスマートスピーカー代わりに使える。(2019/5/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
残り8カ月とタイムリミットが迫る「Windows 7 EOS」を考察する
2020年1月14日に、Windows 7やWindows Server 2008といったOSの延長サポート(EOS)が終了する。Windows XPのときのような騒動を回避すべく、さまざまな対策が行われているが、その現状を見ていこう。(2019/5/7)

山市良のうぃんどうず日記(152):
ディスク容量不足解消のためクリーンアップ、まだ終わっていなかった
前回は更新、シャットダウン、再起動に異様に時間がかかるMicrosoft Azure上のWindows Server 2016仮想マシンの問題の改善を試みました。その際に実行した「コンポーネントストア」のクリーンアップは、筆者の経験上、果てしなく時間がかかり、Azureの課金が心配だったので断念しました。今回はその経験の話。なぜかWindows 7のディスク不足も巻き込む一騒動でした。(2019/5/7)

高効率な運用体制はどう作るか
Windows 10移行で変わるセキュリティ対策、運用設計のポイントは
Windows 10で大幅に強化されたセキュリティソリューションをどこまで効果的に使えるか? スキルの高いエンジニアやSOCチームがいない中堅・中小企業が、セキュリティと業務効率化を同時に解決する方法を取材した。(2019/5/8)

デバイスの更新頻度を指定
Windows 10の「LTSC」「SAC」「Insider Program」にPCを割り当てる方法
MicrosoftはWindows 10搭載PCをサービスチャネルに割り当てるためのさまざまなツールを提供している。多層戦略に従った割り当て方法を紹介する。(2019/5/5)

Windows 10 バージョン1809にも新元号「令和」パッチが提供開始
Microsoftが「Windows 10 バージョン 1809」用の新元号“令和”対応パッチの配布を開始した。現状は、オプションパッチとしての提供となる。(2019/5/3)

自動更新、余計なソフト、互換性……
社内PCなのにゲームがプリイン――専門家が語る「Windows 10」の困った話
「Windows 10」は、エンドユーザーだけでなくIT管理者もてこずることがあるOSだ。3人のエキスパートに、Windows 10の管理で苦労する問題を聞いた。(2019/5/3)

エントリーグレードのTuring登場:
GeForce GTX 1650はライトゲーマー層に福音をもたらすのか
NVIDIAが、モバイル向けのGeForce GTX 1600シリーズと同時にアナウンスしたのが、デスクトップPC向けのGeForce GTX 1650だ。その性能はいかほどのものか、AMDのGPUと合わせてテストをしてみた。(2019/5/1)

「統合エンドポイント管理」(UEM)早分かりガイド【前編】
ベンダーがひしめく「統合エンドポイント管理」(UEM)市場、主要11社を紹介
統合エンドポイント管理(UEM)は、比較的新しい製品分野だ。本稿では、主要UEMベンダー5社と各社が提供するUEM製品、加えて他の注目すべきUEMベンダー6社を紹介する。(2019/5/1)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
引導を渡されるWindows 8、生き続けるペイント
いよいよ平成が終わり、新元号による日常が始まる。そのような中で、ひそかにWindows 8が葬り去られようとしている一方、命脈を保ち続けるアプリケーションもある。(2019/4/30)

「パスワードの定期的変更は、古びた時代遅れの極めて価値の低い対策」、Microsoftが次期大型アップデートでポリシー変更
Microsoftは、Windows 10の次期大型アップデート「Windows 10バージョン1903」と「Windows Serverバージョン1903」のセキュリティベースライン設定のドラフト版を公開した。そこで「パスワードの定期的な変更を促していたポリシー」の廃止が盛り込まれた。(2019/4/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Sets」騒動に見るWindowsのユーザーインタフェースあれこれ
MicrosoftがWindows 10への導入を考えていた「Sets」。紆余(うよ)曲折を経て、組み込みが断念されたようだ。その経過をたどり、そこから浮かび上がってきたことをまとめた。(2019/4/26)

Tech TIPS:
【Windows 10】迷惑なシステムサウンドや通知音をオフにする
Windows 10の起動音が社内で大きく鳴り響いたり、プレゼンテーションの際などにメールの着信音が鳴ってしまったりして恥ずかしい思いをしたことはないだろうか。こうしたシステムサウンドや通知音は、必要がなければオフにしておくのがよい。その設定手順を紹介しよう。(2019/4/26)

Google、「Chrome 74」の安定版公開 Windowsでもダークモードに対応へ
Windowsでダークモードが利用できるのは、まだ少数のユーザーにとどまっている。(2019/4/25)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:【大胆予想】春・秋 機能アップデートの位置付けが大変更!?
これまで毎年4月にリリースされてきた春の機能アップデートが、2019年は延期されて5月末に提供される予定だ。こうした機能アップデートの評価期間や提供期間の変更の影には、春と秋の機能アップデート自体の位置付けの変更があるのではないだろうか?(2019/4/25)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(47):
Windows 10のOSイメージ展開の新常識(その3)――応答ファイルの作り方
Windowsのインストールに対し「システム準備ツール」を実行してイメージを一般化すると、物理/仮想マシン環境にイメージ展開するだけで新しいWindowsの稼働環境を短時間で構築できます。その際、効率化の鍵となるのが「応答ファイル」です。今回は、Windows 10の一般化されたイメージ用の応答ファイルの作り方を説明します。(2019/4/25)

用途はセキュリティ対策だけではない
患者の気持ちをリアルタイム検知 「顔認証技術」の医療利用シーン4選
医療機関で顔認識技術を利用すれば、患者の感情を分析したり、入院患者の居場所の特定を容易にしたりできる可能性がある。デバイスや施設のセキュリティ対策だけではない、顔認識技術の利用方法について考える。(2019/4/26)

2019年のメールセキュリティ侵害 5大要因の概要と対策【後編】
メールセキュリティ担当者が「iPhone」「Androidスマホ」を無視できない理由
前後編にわたり、メールセキュリティに関する5つの主な問題を取り上げる。後編ではアカウント乗っ取り、IoT(モノのインターネット)機器とモバイルデバイス、境界セキュリティにまつわるリスクを紹介する。(2019/4/25)

平成のうちに知りたい元号のこと:
「令和」公表後のシステム対応、どうなってる?
令和まであとわずか。だが、まだシステム対応は終わらない。(2019/4/24)

「ペイント」、Windows 10の次期アップデート(ビルド1903)でも命拾い
Microsoftが「間もなくMicrosoft Storeに移動する」と警告している描画アプリ「ペイント」が、Windows 10の次期大型アップデートでもプリインストールされるとMicrosoftの中の人がツイートした。(2019/4/24)

エイサー、第8世代Core搭載で1kgを切る法人向けのスリム14型ノート「TravelMate X5」
日本エイサーは、薄型軽量筐体を採用した14型ノートPC「TravelMate X5」シリーズ3製品を発表した。(2019/4/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(134):
令和7981年12月31日、それはWindows最後の日
2019年4月1日、5月1日からの新元号が「令和」に決定、発表されました。Windowsの場合は、Windows Updateで新元号対応が行われるはずだから大丈夫、と安心していませんか? Windows(3.0)が登場したのは平成が始まってからのこと。改元はWindowsにとって初めてのイベントであり、新元号に対応するための変更が想定外のところに影響しないとも限りませんよ。(2019/4/23)

Vol.2:
PR:セキュリティを高めて「働き方改革」を促す
Windows 10では、セキュリティ機能が大幅に進化しているが、デフォルトのソフトだけでは安心できない。特に「働き方改革」が進んでいる中、PCのセキュリティをいかに高めるかということは大きな課題だ。HPは独自のソリューションとインテルのテクノロジーを融合して、その答えを導き出した。(2019/4/26)

Vol.1:
PR:Windows 10への移行で運用はどう変わる?
2020年1月にWindows 7のサポートが終了するのに伴い、Windows 10への移行が迫られている。なぜ移行が不可欠なのか? スムーズな移行と運用のためのヒントとは? その理由について、詳しくひもといていこう。(2019/4/26)

マウス、長野県の魅力がつまったスクリーンセーバーを配布 同社製PCユーザー限定
マウスコンピューターは、同社が主催したフォトコンテストの作品を収録したスクリーンセーバーの公開を開始する。(2019/4/22)

XAML IslandsやWinUI 2.1などを利用可能:
Microsoft、「Windows 10 May 2019 Update」対応のWindows 10 SDKを公開
Microsoftは、最新版「Windows 10 May 2019 Update」(Windows 10 バージョン1903)に対応した「Windows 10 SDK」を公開した。(2019/4/22)

PR:高性能と高機能を両立 これぞゲーミングPCの王道「G-Tune15周年記念モデル」実力検証
2019年1月28日で15周年を迎えたマウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」。それを記念して高い性能と機能を兼ね備えたモデルが登場した。注目の「NEXTGEAR i690PA4-SP」を見ていこう。(2019/4/18)

PR:最新のWindows Server IoT 2019搭載「LAN DISK Z」がエンタープライズクラスのNASを変える
Microsoftは2019年2月26日、サーバクラスのデバイス向け組み込みOSの最新バージョン「Windows Server IoT 2019」を発表した。Windows Server IoT 2019とはどんなサーバOSなのか、この新OSにいち早く対応したアイ・オー・データ機器の「LAN DISK Z(HDL-Z)」シリーズから見ていこう。(2019/5/23)

「NuAns NEO [Reloaded]」の交換費用を割り引く「バッテリー修理キャンペーン」開催
トリニティは、4月19日に「NuAns NEO [Reloaded]」の有償修理時におけるバッテリー交換費用割引をスタート。FeliCa消去が伴うバッテリー交換費用は通常価格9350円(税別、以下同)を5000円、伴わない場合は通常価格4350円を3500円とする。上限は先着100台で、液晶修理などが伴う場合は別途費用が必要だ。(2019/4/19)

サードウェーブ、ゲーミングPC「GALLERIA」など17機種に「Minecraft」付属モデルを追加
サードウェーブは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズなどに「Minecraft for Windows 10」を標準付属したモデルを発売する。(2019/4/19)

インバースネット、Core i9+RTX 2070を搭載したハイスペックゲーミングノートを発売
インバースネットは、Core i9を標準搭載した15.6型ゲーミングノートPC「ZN」シリーズの販売を開始した。(2019/4/19)

まさかこんなに使えるヤツだったとは:
「Surface Laptop 2」にもっと光を! プレミアムなモバイルPCを使って実感したこと
日本マイクロソフトが手がける2in1 PCが「Surface」シリーズだ。登場から7年近くがたち、ラインアップも豊富になったSurface各モデルの魅力に改めて迫る。まずは「Surface Laptop 2」からだ。(2019/4/19)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(13):
気軽にバージョンアップして大丈夫? 最新版「Office」運用で気を付けたい落とし穴
Microsoft製品の「2020年問題」で見落とされがちな、「Office 2010」のサポート終了が迫ってきました。「最新版を選べば、サポート期間も長いしメリットも大きいのでは」と考える人は多いかもしれませんが、運用の面では気を付けてほしい点があります。(2019/4/19)

ITの教室:
【WSL入門】第3回 WSL活用の落とし穴:LinuxからWindowsフォルダへのアクセス完全マスター
WSLを活用するには、bashのヒストリー機能をマスターするのが近道。またWSLとのWin32相互運用性を理解するのが重要だ。今回はこの2つについて解説する。(2019/4/19)

知っておくと便利なOSファイル圧縮機能
Windows 10をHDDでも“爆速”で起動できる「コンパクトOS」のすすめ
「Windows 10」をHDDから起動するPCがあるなら、ディスク容量を圧縮する機能「コンパクトOS」を使うと、OSの起動が高速になる。(2019/4/22)

Microsoftでも制御不能か
「Windows 10」が“危ないOS”になるかどうかはサードパーティー次第?
「Windows 10」搭載ノートPCで、中国企業が開発したソフトウェアの欠陥が見つかった。それを受け、サードパーティー製ソフトウェアの安全性に懸念が生じている。(2019/4/19)

エイサー、タフ筐体を採用した文教向けのCeleron搭載11.6型ノートPC
日本エイサーは、文教市場向けの11.6型ノートPC計2製品の販売を開始する。(2019/4/18)

Microsoft、先代より60%スリムな「Surface Hub 2S」を6月に9000ドルで発売へ
MicrosoftがWindows 10搭載大画面端末の2代目に当たる「Surface Hub 2S」を6月に米国で発売する。価格は8999.99ドル(約100万円)。先代より60%薄くなり、明るさは40%増。昨年5月に予告していたパネリングや回転機能は2020年の「Surface Hub 2X」までおあずけだ。(2019/4/18)

Tech TIPS:
【Windows 10】ウィンドウ自動整列機能「スナップ」を無効にする
Windows 10では、デフォルトで有効になっている「スナップ」機能によって、ウィンドウを画面の端にドラッグするとデスクトップの右半分や左半分に整列されてしまう。意図せずに整列されてしまうことがあり、使いにくいことがある。いっそのこと「スナップ」機能を無効化してしまおう。(2019/4/18)

CADニュース:
インテルCore Xシリーズ搭載のクリエイター向けミドルタワーPC、3機種を発表
エプソンダイレクトは、ハイスペックデスクトップPC「Endeavor Pro9000」をベースとしたクリエイター向けモデル3機種を発表した。(2019/4/18)

ASUS、法人および教育分野向けの特設ページを開設 合わせて新モデルを投入
ASUS JAPANは、同社直販Webストア内に法人および教育機関向けの特設ページを開設した。(2019/4/17)

「改元」対応に落とし穴あり:
「令和」への改元が目前、経済産業省と日本マイクロソフトがシステム改修への注意を喚起
経済産業省と日本マイクロソフトは、改元に伴う情報システム改修などへの対応に注意を促している。特にシステム間で日付データを文字列で交換している場合は注意が必要だ。(2019/4/17)

Microsoft 365で実現するクラウド時代のセキュリティ(2):
PR:社給端末制限の緩和でコストをかけずに、安全かつ柔軟性のあるリモートワーク環境の提供を!
本稿は、Microsoft 365に含まれる「セキュリティ関連機能」にスポットを当てるシリーズです。公式ドキュメントからは読み取れない便利な機能を、日本マイクロソフトの技術営業チームが紹介します。今回は「社給端末制限」について再考し、クラウドをより良く活用するためのベストプラクティスを紹介します。(2019/4/18)

サイバーリンクが「PowerDVD 19」発売 64bit化で8K動画にも対応
サイバーリンクの動画再生ソフトがバージョンアップ。プログラム本体の64bit化を果たし、8K動画の再生をサポート。最上位バージョンではウィンドウモードでのHDR(高ダイナミックレンジ)再生にも対応した。(2019/4/16)

レノボ、Snapdragon 850搭載で最大18.6時間駆動を実現する2in1ノート「Lenovo Yoga C630」
レノボ・ジャパンは、プロセッサとしてSnapdragon 850を採用した13.3型2in1ノートPC「Lenovo Yoga C630」の販売開始を発表した。(2019/4/16)

エプソンダイレクト、第8世代Coreを採用した15.6型ビジネスノート「Endeavor NJ4300」
エプソンダイレクトは、ビジネス向けの15.6型スタンダードノートPC新モデル「Endeavor NJ4300」を発表した。(2019/4/16)

Microsoftのカーネルエンジニアが回答:
Windows 10のソースコードは何で書かれている?
実名制Q&Aサイト「Quora」で、「Windows 10の開発にどのようなプログラミング言語が使われたのか」という質問に対し、Microsoftのカーネルエンジニアが2019年3月、最新の回答を投稿した。(2019/4/16)

半径300メートルのIT:
端末選びに失敗する前に読んでほしい、家族用の「iPad Air」でセキュリティのドツボにはまった話
誰もがさまざまなタブレット端末を使うこの時代、自分の望む使い方ができるかどうかはまさに「セキュリティ次第」かもしれません。(2019/4/16)

競争はますます激化
マルチユーザーWindows 10が使える「Windows Virtual Desktop」と他のDaaSの違い
MicrosoftがDaaS「Windows Virtual Desktop」で「Windows 10」のデスクトップをマルチユーザーで利用可能にすることは、DaaS市場に大きな変化をもたらす。競争はますます激化し、他のDaaSベンダーも革新を迫られる。(2019/4/16)

山市良のうぃんどうず日記(151):
Windows Updateの“更新遅い”問題を改善したい!――Windows Server 2016の場合
評価や動作確認のために、さまざまなバージョンのWindows環境を維持している筆者は、毎月第二火曜日の翌日にある定例の「Windows Update」は悩みの種。記事のネタにもなるわけですが、特にWindows Server 2016(少数の物理/仮想マシンと少数のAzure仮想マシン)の更新には、毎回、多くの時間を取られています。なんとか改善できないものかチャレンジしてみました。それも長い時間をかけ、Azure仮想マシンの課金を気にしながら……。(2019/4/16)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
AmazonのFireタブレットをスマートディスプレイとして使う「Showモード」を試す
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はついに日本語環境でも使えるようになった、Amazonのタブレット「Fire HD 10」のShowモードを試してみた。(2019/4/15)

MSI、17.3型ゲーミングノート「GP73」にゲーミングチーム「SunSister」推奨構成モデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce GTX 1060を搭載した17.3型ゲーミングノートPC「GP73-8RE-808JP」を発表した。(2019/4/12)

CORSAIR、円形タッチパッド+ジョイスティックも装備した多機能ワイヤレスキーボード
アスクは、CORSAIR製の無線+有線接続に対応した多機能キーボード「K83 Wireless」の取り扱いを開始する。(2019/4/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Chromium Edgeは一般ユーザーが利用する価値があるのか
Microsoftが開発を進めている「Chromium Edge」について、開発者版をダウンロードして試した。そこから見えた、「Microsoft版Chrome」の方向性を見ていこう。(2019/4/12)

4つの方法を紹介
再起動しても動かない「Windows 10」アプリを再び動くようにするには?
「Windows 10」をはじめとするWindowsの使用中に発生するトラブルには、PCの再起動が有効だ。それでもアプリケーションの起動ができない不具合が残る場合は、本稿で紹介する手法を試すとよい。(2019/4/14)

Google Cloud Next '19:
Android 7以上のスマホ、Googleアカウントの二段階認証キーに Bluetooth接続で
Googleが、Android 7以降搭載のスマートフォンを物理セキュリティキー代わりに利用できるようにした。PCとBluetooth接続することで、ChromeブラウザでのGoogleアカウントログインの二段階認証キーとして使える。(2019/4/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「May 2019 Update」が完成へ Release Previewへ配信開始
Windows 10の次期大型アップデートである「May 2019 Update」が、リリースへ向けて歩みを進めている。その動きを追った。(2019/4/11)

Tech TIPS:
【Windows 10】タスクバーをさらに便利にする「ツールバー」でストレス軽減
Windows 10には、タスクバーに「ツールバー」と呼ぶショートカットを置くことができる。例えば、[デスクトップ]バーを表示すると、[コントロールパネル]などさまざまな機能を素早く起動することが可能だ。(2019/4/11)

「個人向けセキュリティソフトは10年で消える」──「PC Matic」が語る生き残り戦略
セキュリティソフト「PC Matic」を販売する、ブルースターの坂本光正代表は、「個人向けセキュリティソフトは今後なくなるだろう」という今後の予想を記者に話した。(2019/4/11)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(46):
基本のセキュリティ機能からクラウドベースのリスク評価や自動修復まで、Windows Defenderの知られざる能力
Windows Defenderは、Windows OSに付属する無料のウイルス/マルウェア対策ツールですが、無料だからといって決して簡素なものではありません。必要最小限のセキュリティ対策機能はもちろん、攻撃面を縮小し、攻撃が成功するリスクを軽減させるさまざまな機能も備えています。(2019/4/4)

マウス、Core i7+GeForce搭載で税別9万円台からの15.6型ノート
マウスコンピューターは、15.6型ノートPC「m-Book N」シリーズの新モデルを発表した。(2019/4/10)

Windows 10最新版は「ハードウェアの安全な取り外し」しなくてもUSBメモリを抜ける
Windows 10のバージョン1809以降ではそのまま抜けるモードがデフォルトです。(2019/4/10)

SIM内蔵PCで“Wi-Fi難民”防止:
PR:IT部門を「守り」から「攻め」へと変える――IT調達・運用の新しいカタチ「Marutto 365」
近年は「働き方改革」の機運が高まり、モバイルワークの重要性が高まっている。外出先でも利用可能なモバイルPCの調達やモバイル利用を想定した運用管理が求められるため、IT部門の負担は増すばかりだ。これを解消するため、パシフィックネットが提供しているのが、モバイルワークに必要な環境の構築から運用・保守をパッケージ化した「Marutto 365」だ。(2019/4/10)

「OneMix2s」の国内正規版を限定200台でモニター予約受付開始 発売は5月下旬から
超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyと国内代理店契約を締結したテックワンが、「OneMix2s」の国内正規版を5月下旬から発売すると発表、限定200台の先行モニター予約を開始した。(2019/4/9)

「Windows 10」、USBメモリなどの取り外しポリシーの既定が「クイック削除」に
「Windows 10」でUSBメモリなどの外付けドライブを取り外す際のポリシーの既定が、これまでは「高パフォーマンス」だったところがビルド1809から「クイック削除」に変更になった。規定値のままなら取り外す際、「ハードウェアの安全な取り外し」のステップが不要だ。(2019/4/9)

Chromium版EdgeのCanary版と開発者版リリース
Microsoftが12月に発表したChromiumベース「Edge」ブラウザのCanaryおよびDevチャンネル版が公開された。インストールできるのはまだWindows 10のみだ。“間もなく”Beta版もリリースの見込み。(2019/4/9)

Tech TIPS:
【Windows 7】Windows 10への移行促進メッセージをオフにする
Windows 7 SP1では、2019年4月中旬からWindows 10への移行を促すメッセージが表示される。しかし、Windows 7のサポート終了について認知しているのであれば、こうした表示は邪魔なだけだ。そこで、この表示をオフにする方法を紹介する。(2019/4/9)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(133):
由来がはっきりしないWindowsの“謎”仕様──Windowsの雑学(諸説あります)
多くの企業では新年度も始まったことですので、今回はIT系企業に入社した新人さん向けに“知らなくてもいい雑学”をご用意しました。昔からよく話題になることばかりかもしれませんが、その由来について思いを巡らせることは、コンピュータの歴史を知る良い機会になると思います。(2019/4/9)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
ROI試算で社員2人分の差、マイクロソフトに学ぶ「働き方改革」成功の秘訣
働き方改革への取り組みが加速する中、生産性とセキュリティを兼ね備えた“モダンワークスタイル”を実践している日本マイクロソフト。同社が働き方改革を成功させられた理由とは何か。デモ画面を交えた動画で紹介する。(2019/4/11)

“負の伝統”と決別、Windows 10運用を便利に:
PR:IT資産の導入・管理からの解放――悩めるIT部門の救世主「Simplitクラウドサービス」とは
「PCなどの資産は所有するものではなく、サービスとして利用すること」を意味する「DaaS(Device as a Service)」という概念が注目を集めている。横河レンタ・リースもこの概念に賛同し、IT資産の導入・運用をパッケージ化した「Simplitクラウドサービス」を提供している。「Windows 10」の大型アップデートにも柔軟に対応できるという、同サービスの実力とは――。(2019/4/9)

ユーザーが管理できる範囲を拡大:
Microsoft、Windows Updateプロセスの重要な変更を発表
Microsoftは、Windows Updateプロセスについて重要な変更を発表した。Windows Updateエクスペリエンスの向上、ユーザーが管理できる範囲の拡大、Windows更新プログラムの品質向上が目的だ。(2019/4/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
どうなるChromium×Edge、Skype for BusinessからTeamsへの流れ
Windows 10のデフォルトブラウザである「Edge」の動作ベースを「EdgeHTML」から「Chromium」へと移行が発表されてから4カ月近くが経過した。どのような状況になっているのかを見ていこう。(2019/4/8)

DaaS市場を一変させる可能性
Windows Virtual Desktopで実現できる「マルチユーザー版Windows 10」とは?
「Windows Virtual Desktop」を使うと「Windows 10」をマルチユーザーで利用できるようになる。DaaS市場の様相を一変させる可能性がある、この新しいサービスのメリットとデメリットを検証する。(2019/4/6)

ストーム、GTX 1660を搭載した静音ゲーミングPCを発売
ストームシステムテクノロジーは、第8世代CoreプロセッサとGeForce GTX 1660を搭載したミドルタワー型ゲーミングPCの販売を開始した。(2019/4/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の大型アップデートが配信ポリシー変更、より安全快適を目指す
次期Windows 10の大型アップデート「19H1」から配信ポリシーが変更され、名称も「Windows 10 May 2019 Update」となる。前回のトラブルを踏まえて、何が変わったのかを整理した。(2019/4/5)

あの作業の妨げから解放――Windows 10の更新プログラム、最大35日のインストール延期が可能に
2019年5月に配信予定の「Windows 10 May 2019 Update」からは、Windows 10の機能更新プログラムと月例更新プログラムの両方で、更新プログラム適用のタイミングをユーザーが選べるようになる。(2019/4/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 7と10を取り巻く最新動向 「サポート終了」通知を表示
2020年に延長サポートが終了するWindows 7やOffice 2010と、Windows 10を巡る最新動向をまとめてみた。(2019/4/5)

ITの教室:
【WSL入門】第2回 避けては通れないWSLとWindows 10との文字コードの違い
WSLを活用するためには、Windows OSとWSLの関係を理解するのが第一歩。基本となるWindows 10とWSLの文字コードの違いなどを理解しよう。(2019/4/5)

デスクトップの配信方式に違いが
DaaSの2大方式を比較 「サーバベース」と「クライアントベース」の違いは?
DaaSは一般的に、サーバOSのデスクトップを利用する「サーバベース」か、クライアントOSのデスクトップを利用する「クライアントベース」のいずれかに分類できる。両者のメリットとデメリットは。(2019/4/5)

ホワイトペーパー:
「脱Office」は本当に可能か、Windows 10移行が迫る今だから考える
Excelなど「Microsoft Office」に依存している企業は少なくない。このままMicrosoft Officeを使い続けるしかないのか。Windows 10移行が迫る今、改めて考えてほしい。(2019/4/5)

G-Tune、第9世代Core+RTX 2080を標準装備した17.3型ハイエンドゲーミングノート
マウスコンピューターは、同社製ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE」シリーズにGeForce RTX 2080搭載ハイエンドモデルを追加した。(2019/4/4)

Tech TIPS:
【Windows 10】プライバシー設定を見直して個人情報の送信を止める
Windows 10は、使い勝手向上のためさまざまな個人情報をMicrosoftやアプリに送信するようになっている。しかし場合によっては、必要のない情報にアプリがアクセスしている可能性もある。Windows 10のプライバシー設定を見直して、不要な情報を外部に送信しないようにしよう。(2019/4/4)

優先度高くても進まないWindows 10移行
優先度高いWindows 10移行と低いDaaS/シンクラ導入意向
Windows 7のサポート終了という節目を目前に控え、DaaSやシンクライアントに力を入れるITベンダー。しかし、企業の関心は高くない。企業はWindows 10への移行をどのように考えているのか。(2019/4/4)

ASUS、10点マルチタッチに対応した21.5型フルHD液晶「VT229H」
ASUS JAPANは、マルチタッチ操作をサポートした21.5型フルHD液晶ディスプレイ「VT229H」を発売する。(2019/4/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
クラウドシフトが進むMicrosoftの最新動向
Microsoftが開発中の「WCOS」(Windows Core OS)を利用したデバイスの最新動向と、最近のクラウドシフトについてまとめてみた。(2019/4/3)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:リリース秒読みの「19H1」はこう変わる
間もなくリリースされるWindows 10の新しい機能アップデート「19H1」。それに実装される新機能をまとめてみた。また、同時に変更となるライフサイクルなどについても解説する。(2019/4/1)

プレビュー版を提供開始
「Windows Virtual Desktop」の衝撃 Windowsをクラウド提供の意味は?
クラウドベースのデスクトップ・アプリケーション仮想化ツール「Windows Virtual Desktop」は2019年後半に提供開始する見込みで、「Office 365 ProPlus」を統合する。(2019/3/30)

NEC、「LAVIE」シリーズ2製品がAmazon Alexaに対応 アップデート適用で利用可能に
NECパーソナルコンピュータは、同社製PC「LAVIE」シリーズ2製品がWindows 10 PC向けAmazon Alexaに対応したことを発表した。(2019/3/29)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第2回):
PR:Windows 10のメンテナンス 更新プログラムの管理もMicrosoft 365におまかせ
本稿では、Windows 10の「モダン管理」を3回にわたって解説します。前回は、Windows 10をモダン管理するにあたり、最初のハードルとなる「展開と設定」について解説しました。今回は、管理者が最も関心を寄せる「更新プログラム」について考えていきたいと思います。(2019/3/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
完成が迫るWindows 10「19H1」でのもう1つの変更点
MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になりそうだ。今回は、企業向けの大きな変更点を見ていこう。(2019/3/28)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(45):
Windows 10にオンデマンド機能のOpenSSHサーバをインストールする方法
Windows 10 バージョン1803からは、OpenSSHクライアントおよびサーバ機能がWindowsに組み込まれました。Windows Server,version 1803ではOpenSSHクライアントが、Windows Server,version 1809およびWindows Server 2019からはOpenSSHサーバが同様に組み込まれています。今回は、このOpenSSHサーバ機能に注目します。(2019/3/28)

ビジネスのクラウドシフトをサポートするコース構成に:
PR:クラウドネイティブ技術の習得が求められる今、日本マイクロソフトがパートナー向け教育コンテンツ「mstep」を大幅に拡充した理由
日本マイクロソフトは、同社がパートナー向けに提供しているトレーニングコンテンツ「mstep」の内容を大幅に拡充した。クラウドシフトを反映し、Microsoft Azureと各種のクラウドサービス群に関するノウハウを、迅速にビジネス提案に生かせるコンテンツ構成になった点がリニューアルのポイントだとする。その具体的な内容を担当者に聞いた。(2019/3/27)

PR:“働き方改革”失敗に悩む企業へ 3社が伝えたい「ピンチをチャンスに変える一手」
働き方改革が思うように進まず、悩む組織は少なくない。成功した企業は一体何が違ったのか、ITmedia エンタープライズ編集部主催のセミナー「『ワークスタイル変革の失敗』を成功に変える──“社員を巻き込み、その気にさせる”方法、教えます」で行われた講演の模様をお届けする。(2019/3/27)

レノボ・ジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
先進企業の具体例に学ぶ「働き方改革」、事業生産性を26%向上させたIT活用術
働き方改革の目的である生産性向上やビジネスの成長のために、欠かせないのが“IT活用”だ。事業生産性を26%向上させた大手IT企業の事例から、成果を上げるためのデバイス/クラウドサービス選びのポイントを解説する。(2019/3/27)

サイコム、ミドルタワーPC「G-Master Spear」に「SEKIRO」推奨構成モデルを追加
サイコムは、同社製ミドルタワーPC「G-Master Spear」シリーズのラインアップに最新ゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」推奨モデルを追加した。(2019/3/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
完成間近のWindows 10「19H1」に“ファイル消失問題”は反映されているのか
MicrosoftのWindows 10で次期大型アップデートとなる「19H1」(バージョン番号は1903)が間もなく配信開始になるようだ。前回のアップデートで発生した“ファイル消失問題”の反省は生かされているのだろうか。(2019/3/26)

「BitLocker」が状況を悪化させる
「自己暗号化SSD」の脆弱性を回避するにはどうすればいいのか?
オランダの研究者が、自己暗号化SSDに潜む脆弱性を発見した。脆弱性のあるSSDに保存したデータを保護するには、どうすればよいかのか、対策を紹介する。(2019/3/26)

Dynabook、第8世代Coreも搭載可能な法人向けの小型デスクトップ「dynaDesk DT100」
Dynabookは、ビジネス向けの省スペース筐体を採用したデスクトップPC「dynaDesk DT100」シリーズを発売する。(2019/3/25)

製品ニュース:
NEC、IoTシステムの実現に最適な高性能産業用コンピュータ3機種を発表
NECは、デスクトップ型産業用コンピュータ「ファクトリコンピュータシリーズ」の新製品として、「S36W」「S37K」「D28U」の3機種を発表した。(2019/3/25)

リンクスが超小型PC「GPD Pocket2 Black(8GB)」の取り扱いを開始
リンクスインターナショナルが3月25日、GPD Technologyの7型ノートPC「GPD Pocket2 Black(8GB)」の取り扱いを開始、予約を受付中だ。発売は4月6日で、全国の家電量販店や専門店で購入できる。(2019/3/25)

Windows 7が2023年まで使える?:
Microsoft、「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー版をリリース
Microsoftは、仮想デスクトップエクスペリエンスを「Azure」で実現する「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー版の提供を開始した。(2019/3/25)

FAニュース:
卓上型産業用タッチスクリーンPCにWindows 10 IoTモデルを追加
コンテックは、UPSバッテリーを搭載した卓上型産業用タッチスクリーンPC「PT-970」シリーズに、Windows 10 IoTモデルを追加した。操作端末や卓上設置のタッチ式受付端末、認証用端末など、幅広い用途に利用できる。(2019/3/25)

Tech TIPS:
【Windows 10】後々困らないように、分かりやすいコンピュータ名(PC名)に変更する2つの方法
Windows 10では、自動でPCの名前が付けられる。このまま使い続けてもいいのだが、ネットワーク上で見つけにくいので、分かりやすい名前に変更するとよい。(2019/3/25)

Microsoft、Windows 7の画面に「サポート終了」通知を表示へ
Windows 7のサポートが2020年1月14日で終了する。Microsoftは移行を促すため、4月からWindows 7の画面にサポート終了についての告知を表示する。(2019/3/22)

「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビュー提供開始
Microsoftが、「Microsoft Azure」で提供する仮想デスクトップ環境「Windows Virtual Desktop」のパブリックプレビューの提供を開始した。「Windows 7」でも利用できる。(2019/3/22)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(75):
ハイブリッド対応を強化した「System Center 2019」がリリース、半期チャネル(SAC)は廃止に
Microsoftのシステム運用管理製品System Centerの最新の長期サービスチャネル(LTSC)、「System Center 2019」がリリースされました。同時に、2018年2月から始まったSystem Centerの半期チャネル(SAC)は廃止となりました。(2019/3/22)

PR:チラッ……隣から視線、感じない? 社外作業中、PC画面を“守る”方法
(2019/3/22)

ビジネス向けモニターのパイオニア「デル」キーマンに聞く:
PR:無意識の効率化を実現。テレワークの生産性を高めるPCとモニターとは
(2019/3/22)

外部センサー不要のPC向けOculus Rift S、今春発売
インサイドアウト方式に対応したOculus Riftが今春、登場する。(2019/3/21)

機械学習の導入やストレージ管理機能が強化
管理者が知っておきたい「Windows Server 2019」の新機能と機能強化
「Windows Server 2019」のような重要製品のメジャーリリースは注目度が高い。あらゆる新機能をまず一通り試したい人もいれば、時間をかけて新機能を確認したい人もいるだろう。本稿で紹介する新機能と機能強化を参考に計画を立ててほしい。(2019/3/21)

Dropbox無料版に台数制限…… 改めて各社無料クラウドストレージを整理する
有料プランにアップグレードした際のメリットやコストも意識しつつ、2019年3月時点で提供されている各社クラウドストレージの個人向け無料プランを中心に整理していきます。(2019/3/20)

「Firefox 66」公開 音声付き動画の自動再生ブロックや多数の脆弱性修正
MozillaがWebブラウザの最新版「Firefox 66」を公開した。Webサイト側が動画を音声付きで自動再生する設定にしていてもユーザーがクリックするまで自動再生をブロックする機能が追加された。セキュリティ関連では「critical」6件を含む22件の脆弱性に対処した。(2019/3/20)

PR:Ryzen搭載でコスパも高い! 弁当箱サイズのデスクトップPC「Radiant SPX2700A300A」
容積が約2LというMini-STXフォームファクターのボディーにAMD Ryzenを搭載したコンパクトデスクトップPCが登場。人気の高い「DeskMini A300」をベースにサイコムらしいカスタマイズを加えた製品だ。(2019/3/15)

新しいエンドポイント保護の考え方を理解する
「Windows 10にウイルス対策ソフトは不要」は本当か
Windows 10に搭載されているマルウェア対策ソリューション「Windows Defender」に注目が集まっている。既存のセキュリティ製品と肩を並べるOS標準機能があるならば、それだけで対策は問題ない――これは正解でもあり、「大きな誤解」でもある。(2019/3/18)

Webベースの攻撃を阻止 Microsoft、ChromeとFirefox向けの拡張機能を提供
Webブラウザベースの攻撃阻止を目的とした拡張機能「Windows Defender Application Guard」を、Googleの「Chrome」と、Mozillaの「Firefox」向けに提供する。(2019/3/19)

山市良のうぃんどうず日記(149):
Windows Server 2019評価版の提供再開がここまで遅れた理由は?
2019年1月17日(米国太平洋標準時)、「Windows Server 2019評価版」ISOメディアの提供が再開されました。2018年10月初めに公開後、数日で提供中止となった評価版ですが、再開に3カ月以上かかった理由がよく分かりません。(2019/3/19)

業務に適した3D CADをレーダーチャートで探る(6):
「Solid Edge」を6つの視点で徹底評価する
「機能性」「コスト性」「操作性」「連携性」「効率性」「運用性」の6つのポイントでレーダーチャートを作成し、3D CAD製品を評価する連載。今回はシーメンスPLMソフトウェアが開発および提供するミッドレンジ3D CAD「Solid Edge」を取り上げます。(2019/3/19)

西田宗千佳の「世界を変えるVRビジネス」:
HoloLens 2から見るMicrosoftの「AR・VR戦略」
初代HoloLensの発表から3年。Microsoftは「HoloLens 2」でどのようなビジネスを考えているだろうか。同社の戦略を西田氏が解説する。(2019/3/19)

Microsoft、ChromeとFirefox向け「Windows Defender Application Guard」拡張機能公開
ユーザーが安全ではないWebサイトを開こうとするとサンドボックスに移動するMicrosoft Edgeの機能をChromeとFirefoxでも使えるようにする拡張機能がWindow Insider向けに公開された。利用するにはEdgeもインストールする必要がある。(2019/3/18)

ITの教室:
【WSL入門】第1回 Windows 10標準Linux環境WSLを始めよう
Windows 10 Fall Creators Updateから標準搭載されているWSLは、Windows 10からLinuxを利用するための仕組み。上手に活用することで、文書処理などを格段に効率よくできる。まず、インストールから始めてみよう。(2019/3/18)

PR:BYODの時代でスモールオフィス・店舗用のメッシュWi-Fiを構築する3つのポイント
Synology製無線LANルーターでWi-Fiを構築する際のポイントを丁寧に解説。(2019/3/14)

各プランの構成要素を比較
OfficeやWindows 10を“サブスク”利用できるMicrosoft 365 そのプランは?
OSとオフィススイート、管理ツールを組み合わせた「Microsoft 365」には、多様な企業のニーズに応えるさまざまなプランがある。それぞれのプランの概要を紹介する。(2019/3/17)

おせっかい再び?:
Windows 7にWindows 10への移行を促す通知が表示 4月から開始
Microsoftが2019年4月以降、Windows 7搭載PCでWindows 10への移行を促す通知を表示する施策を行うと公表した。(2019/3/16)

NVIDIAから“Tiなし”の「GeForce GTX 1660」 3万円台前後のTuringがようやく登場
手ごろな価格帯のTuring世代GPU「GeForce GTX 1660」の性能を検証。(2019/3/15)

Tech TIPS:
【Windows 10】できる人は知っているキーボードショートカット
Windows 10でキーボードショートカットを使うと、マウスを使うよりも素早い操作が可能だ。ただ、種類も多く、知っていると便利なのに意外と使われていないものも多いようだ。ここでは基本的なキーボードショートカットを紹介する。(2019/3/15)

サイバーセキュリティに特効薬なし
Windows Sandboxで実現する使い捨て可能なアプリ実行環境 利便性とリスクは?
Microsoftの「Windows Sandbox」は、使いやすいサンドボックスツールだ。この機能は、IT担当者やユーザーの仕事を楽にするかもしれない。しかし企業にはセキュリティの問題をもたらす恐れがある。(2019/3/15)

PR:どこにいても「満足できる働き方」を実現するには? 先陣を切る4社に学ぶ「テレワークのすすめ」
(2019/3/15)

PR:「15分の昼寝」で仕事の質が変わる 寝具の西川が提案する、眠りの働き方改革とは
(2019/3/15)

Microsoft、直近アップデートを自動アンインストールする機能をテスト中
Microsoftが、Windows 10の直近のアップデートでPCが起動できなくなった場合に、自動的にアンインストールする機能をWindows Insider向けに追加した。(2019/3/14)

Tech TIPS:
【Windows 10対応】コマンドラインからクリップボードへデータを受け渡しする
コマンドプロンプト上での実行結果をクリップボートにコピーしたり、逆にクリップボードからデータを受け取ってコマンドで処理したりできると便利だ。このために利用できるコマンドを紹介する。これらのコマンドをバッチファイルなどにしておくと、GUIのアプリでも、クリップボードにデータをコピーするだけで簡単にテキスト処理などが行える。(2019/3/14)

超小型PC「OneMix」シリーズが国内市場に参入
3月13日、テックワンが超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyと国内代理店契約を締結したと発表。2019年春に日本市場向けの「OneMix2S」をリリースする見込みだ。(2019/3/13)

MSI、スリム筐体ゲーミングPC「Trident X」にCore i9+GeForce RTX 2080搭載の新モデルを追加
台湾MSIは、コンパクト設計のゲーミングデスクトップPC「Trident X」シリーズのラインアップにGeForce RTX 2080搭載の新構成モデルを追加した。(2019/3/13)

デル、2万円台からのキャンペーンモデルも用意した法人向けセール「半期に一度のデル祭り」
デルは、法人向けPCなどを対象とした「半期に一度のデル祭り」の開催を発表した。(2019/3/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
8億台稼働を達成したWindows 10の“次”は何が変わる?
2019年3月、世界で稼働するWindows 10が8億台を突破した。同時にWindows 10の“次々期”開発者ビルドが、Windows Insider Program参加者に提供された。これの意味することを考えてみた。(2019/3/13)

デル、第8世代Coreシリーズを搭載した21.5型液晶一体型PC「Inspiron 22 3000」新モデル
デルは、21.5型フルHD液晶ディスプレイを搭載した一体型デスクトップPC「Inspiron 22 3000」新モデルの販売を開始した。(2019/3/12)

Windows 7に未解決の脆弱性、Google Chromeのゼロデイ攻撃で組み合わせて悪用
Google Chromeで発覚したゼロデイ攻撃では、その時点で未解決だったChromeの脆弱性と、Windowsの未解決の脆弱性を組み合わせて悪用していた。(2019/3/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(131):
Hyper-V Server 2019ってどうなの? どうしたの?
「Hyper-V Server」は、Microsoftが無償提供しているハイパーバイザー製品です。その最新バージョンとなる「Hyper-V Server 2019」は、2018年10月初めに数日間提供されたものの、その後配布が停止され、いまだに提供が再開されていません。提供再開を待つ間、Hyper-V Server 2019について知っておきましょう。(2019/3/12)

PR:若手社員が役員にITツールを指南する? 資生堂が取り組む「ワークライフビューティー」という考え方
(2019/3/12)

ハイパーブレイン、PC内蔵型電子黒板「ANSHI Touch」を教育機関向けに販売開始
ハイパーブレインは、ANSHI JAPAN製電子黒板「ANSHI Touch」を教育機関向けに発売する。(2019/3/11)

TSUKUMO、GeForce GTX 1660 Tiを搭載したミドルタワー型ゲーミングPCを発売
Project Whiteは、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズにGeForceGTX 1660 Ti搭載のミドルタワー型モデルを追加した。(2019/3/11)

知っトクWindowsツール:
脱Excelについて考える:無料Excel互換アプリ4種基本評価
Microsoft Office 2010の延長サポートが2020年10月13日に終了予定だ。新たにOfficeのライセンスを購入する前に、無料のOffice互換アプリの導入を検討してみてほしい。(2019/3/11)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(44):
迫るWindows 7のサポート終了、Windows 10への乗り換えの鍵は“マインドチェンジ”
2018年12月末、Windows 10の導入後の運用に関する1つのホワイトペーパーが公開されました。これからWindows 10に本格的に移行しようと計画している企業の担当者はもちろん、既にWindows 10を導入した企業の担当者にもぜひ一読していただきたいドキュメントです。何かヒントが得られるかもしれません。あるいは、途方に暮れてしまうかも……。(2019/3/8)

テクトロニクス AWG70000Bシリーズ:
レーダーテストに適した任意波形ジェネレーター
テクトロニクスは、任意波形ジェネレーターの新製品「AWG70000B」シリーズを発表した。高性能任意波形ジェネレーターに、ストリーミング波形ID機能を追加し、無線通信やレーダー、防衛関連システムのテストに適している。(2019/3/11)

生体認証普及の道筋が整う
10億台のAndroid端末が「パスワードのない世界」へ FIDO2取得でログインはどうなる?
FIDO Allianceは、Android 7以降の全デバイスがFIDO2認定を取得したと発表した。これにより、パスワードの代わりに生体認証を使ってWebサイトやアプリへのログインを実現できるようになる。(2019/3/10)

MSI、Core i7+GeForce搭載の軽量スリム14型ビジネスノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、軽量14型ビジネスノートPC「PS42 Modern」シリーズにGeForce MX250搭載のバリエーションモデルを追加した。(2019/3/8)

くまモン好きにはたまらない? 「VAIO S11」限定コラボPC
VAIOは、“くまモン”デザインが刻印された天板を採用する「VAIO S11 くまモンバージョン」を発売する。(2019/3/8)

そのコスパにしびれる:
“スマホのファーウェイ”が作る新モバイルPCはどうだ? MateBook 13の実力を確かめた
ファーウェイ・ジャパンが3月15日から順次発売する新型ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を、いち早く入手できた。その性能をチェックしてみよう。(2019/3/8)

FAニュース:
高速化と拡張性を追求したファンレス組み込み用PC
コンテックは、ファンレス組み込み用PC「ボックスコンピュータ BX-M1000」シリーズを発表した。インタフェースが豊富で拡張性に優れ、マルチコアCPUを搭載しながら、ファンレスで稼働する。注文時にCPUやストレージ、OSを選択できる。(2019/3/8)

Tech TIPS:
【Windows 10】「クリップボード履歴」を活用する
Windows 10 October 2018 Updateで導入された「クリップボードの履歴」機能の使い方を紹介する。「履歴」機能を使えば、クリップボードに保存した過去のデータを利用したり、よく使うデータをクリップボードに保存しておき必要に応じて呼び出したりすることができる。(2019/3/8)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:部門単位のクラウド導入が失敗の始まり
特集は、クラウドコスト削減Tipsの前編。今回はクラウド導入最大のミスを指摘する。他にコラボレーションツールによる生産性の低下を防ぐ方法、Windows 10の新機能、Apple対Amazonの戦いで勝敗を左右する要素などの記事をお届けする。(2019/3/8)

Microsoft、「Windows電卓」をGitHubでオープンソース化
Microsoftが、Windows付属の電卓アプリ「Windows電卓」をGitHubで公開した。開発者は機能追加を提案したり、自分のアプリに機能を取り入れたりできる。(2019/3/7)

ユニットコム、「THE DIVISION2」推奨のRyzen搭載ゲーミングPCを発売
ユニットコムは、最新アクションゲーム「THE DIVISION2」推奨をうたったRyzen搭載ミドルタワー型ゲーミングPCを発表した。(2019/3/7)

業界特化型、ゼロクライアントなどさまざま
主要15社のシンクライアントを徹底比較 Chromebook、Raspberry Piもあり?
本稿では、市場に出回る主要シンクライアントシステムを取り上げ、業界、コスト、データ使用に基づき比較する。どのシステムを購入するかを正しく判断する参考にしてほしい。(2019/3/7)

PR:PCにもっとこだわりたい人へ 「富士通品質」という回答
日本のユーザーにとって、安心して長く使い続けられるPCとはどういったものか。富士通クライアントコンピューティングの「FMV」ブランドは、その一つの答えを提示する。(2019/3/16)

ASUS、光学ドライブ搭載ミニPC「VivoMini VC65-C1」に5年保証の法人向けモデル
ASUS JAPANは、同社製省スペースPC「VivoMini VC65-C1」シリーズのラインアップに法人向けの長期保証モデルを追加した。(2019/3/6)

Mouse、光学ドライブも装備したCore i3搭載15.6型ベーシックノート
マウスコンピューターは、「mouse」「MousePro」の両ブランドからCore i3搭載の15.6型ノートPCを発売する。(2019/3/6)

テレメトリー無効化から多要素認証の利用まで
「Windows 10」を“危ないOS”にしないための4つの設定
初期設定のまま「Windows 10」を放置すると、組織が危険にさらされる可能性がゼロではない。Windows 10のセキュリティをできる限り高めるために変更すべき設定を紹介する。(2019/3/6)

従来手法の機能を補完する
バックアップとスナップショットは万能薬ではない データ喪失の悪夢を避けるには?
従来のバックアップ手法、あるいはスナップショット単独では、現在の企業が抱えるデータ保護と災害復旧(DR)のニーズは満たせない。両者を組み合わせる必要がある。(2019/3/6)

PR:編集長も納得 至高の空間が広がるFMV「ESPRIMO FH-X/C3」で自分だけの世界を手に入れる
平成が終わろうとする中でライフスタイルの多様化が進む一方、個々人の生き方や時間の過ごし方にこだわる層が増えている。そんな“最高の自分時間”を追い求めている人に最適なPCをお届けしよう。(2019/3/16)

税別10万円切り“フルディスプレイ”ノートPC「HUAWEI MateBook 13」を日本投入
ファーウェイ・ジャパンが新型ノートPC「MateBook 13」を発表した。スペインで行われた「MWC19 Barcelona」において発表されていたモデルで、3月15日から順次発売される。(2019/3/5)

山市良のうぃんどうず日記(148):
「IEを使わないで」ではなくて「IEを既定にしないで」
2019年2月初めに「“IEを使わないでください”とMicrosoftが警告」や「IEの使用は技術的負債をもたらす」のようなタイトルのニュース記事を目にしました。タイトルだけ見ると「やっぱりIEはセキュリティが不安」とか、「技術的負債って何?」とか、「IEがなくなると困る」とか、思ったりしていませんか?(2019/3/5)

MSI、RTX 2060を搭載した薄型デザインの15.6型ゲーミングノート 一部Webショップ限定販売
エムエスアイコンピュータージャパンは、GeForce RTX 2060を標準装備した15.6型ゲーミングノートPC「GS65-8SE-255JP」を発売する。(2019/3/4)

サードウェーブ、各種業務に向くXeon搭載のミドルタワー型WS
サードウェーブは、業務向けのXeon搭載ミドルタワー型WS「THIRDWAVE Pro WORKSTATION X2610」を発表した。(2019/3/4)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(12):
Windows 10のアップデートがよく失敗するんですが、どうすればいいですか?
これからWindows 10を全社導入するという企業も多いと思いますが、「アップデートがよく失敗する」「なぜか古いバージョンに戻ってしまう」といったトラブルに見舞われてしまうケースも少なくありません。今回はこうしたトラブルの解決方法を解説します。(2019/3/4)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10更新の時間を短くする方法とツール4選
Windows 10は更新によって最新の状態に保つ必要がある。しかしWindows Update、特に機能更新プログラムの適用には不具合が付き物だ。今回はスムーズな更新のために、更新時間短縮の方法と、更新プロセスを管理する便利なツールを紹介する。(2019/3/4)

サイコム、ゲーミングPC「G-Master Spear」に“Division 2”推奨モデルを追加
サイコムは、オンラインRPG「Tom Clancy's The Division 2」推奨のミドルタワー型ゲーミングPCを発売した。(2019/3/1)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:Windows 10からWSL上のLinuxのファイルシステムへのアクセスが可能に
これまでWSLからWindows 10のファイルシステムへのアクセスは可能であったが、逆にWindows 10からWSLのファイルシステムへはアクセスできなかった。しかし、2019年4月にリリース予定の次期機能アップデート「19H1」では、この制限が取り除かれる。(2019/3/1)

Windows 10管理者であれば知っておきたい
「Windows Update」でデータ消失 顔を真っ青にしないための事前準備
「Windows 10」をアップデートするとき、IT担当者やエンドユーザーにとってさまざまな問題が発生する可能性がある。そのような場合に役立つトラブルシューティングのヒントを紹介する。(2019/3/1)

サイコム、カスタムBIOSで5GHz動作に対応したCore i9搭載ゲーミングPC
サイコムは、ASRockとのコラボレーションモデルとなるミドルタワー型ゲーミングPC「G-Master Spear Z390-Taichi OC」を発表した。(2019/2/28)

3万円台で登場したTuring 「GeForce GTX 1660 Ti」の実力は?
これが僕らの求めるメインストリーム。GeForce GTX 1660 Tiの性能をベンチマークテストで確かめた。(2019/2/28)

マウス、144Hz駆動液晶とメカニカルキーボードを備えたRTX 2070搭載の17.3型ゲーミングノートPC
マウスコンピューターは、17.3型フルHD液晶ディスプレイを搭載したゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE i7940」シリーズの販売を開始する。(2019/2/28)

Tech TIPS:
MicrosoftアカウントなしでWindows 10のユーザーを新規作成する
Windows 10のPCにサインインする場合、ユーザーアカウントが必要になる。デフォルトではMicrosoftアカウントが要求されるが、実際にはMicrosoftアカウントである必要はない。ローカルのユーザーアカウントを作成する方法を解説する。(2019/2/28)

PR:新生活にオススメのモバイルノートPCはズバリこれ! FMV「LIFEBOOK UH-X/C3」の魅力を徹底解剖
この春、パソコンを使ってさまざまなことにチャレンジしたい……そんな人にぴったりなのがFMV「LIFEBOOK UH-X/C3」。ビジネスもプライベートも支えてくれる頼もしい相棒だ。(2019/3/25)

備えあれば憂いなし
サーバのトラブルシューティングを極める6つのポイント
範囲特定、状況把握、文書化、コミュニケーション、監視とログの確認、サポート依頼。このガイドラインに従えば、サーバに発生した障害のトラブルシューティングを迅速かつ簡単に実行できる。(2019/2/28)

充実スペックで10万円切り! デスクトップ向けCPUを搭載した超高コスパノートPC「m-Book G」シリーズ実力診断
デスクトップ向けの6コアCPUに、240GB SSDと 1TB HDDのデュアルドライブ構成で税別10万円を切るノートPCが登場。m-Book G550SN-M2SH2のコスパが高すぎる!(2019/2/27)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeの閲覧履歴をWindows 10のタイムラインで参照できるようにする
Windows 10バージョン1803以降に搭載されている「タイムライン」は便利な機能ですが、デフォルトではGoogle Chromeで過去に開いたWebページはタイムラインに残りません。これをMicrosoft純正の拡張機能で解消する手順を説明します。(2019/2/27)

PR:第9世代Core×GeForce RTX 2060×超静音 「Silent-Master Pro Z390-Mini」がコンパクトなのにすごい!
サイコムの「Silent-Master Pro Z390-Mini」は、最新の第9世代CoreとGeForce RTXというイマドキの旬なパーツを使い、無音に近いレベルの優れた静音性を実現したコンパクトデスクトップPCだ。(2019/2/25)

PR:ゼロからの新規設計でニーズに応える――PC-POS市場向けタブレットはどのようにして生まれたか
キャッシュレス化が推し進められている日本において、PCを活用したPOSソリューション、いわゆる「PC-POS」が小売業向けに注目を集めている。そんな市況の中、エプソンダイレクトは「タブレットPOS」として「Endeavor TN40」を投入。これまでのタブレットとの違いは何か? 製品担当者にその特徴を聞いた。(2019/3/13)

エプソンダイレクト、Core i9やQuadroも選択可能なハイエンドミドルタワーPC「Endeavor Pro9000」
エプソンダイレクトは、カスタマイズでハイエンド構成も選択可能なミドルタワー型PC「Endeavor Pro9000」の販売を開始する。(2019/2/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの「HoloLens 2」でコンピュータの未来はどうなる?
2月24日(現地時間)、Microsoftはスペイン・バルセロナで開催されるMWC19 Barcelonaに先がけてプレスイベントを開催、第2世代のMRヘッドセット「HoloLens 2」を発表した。(2019/2/26)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(130):
さようならSAC-T! これまでの、これからのWindows 10の更新チャネルをざっくりと解説
2019年春にリリースされるWindows 10の新バージョンから、ブランチ準備レベル「半期チャネル(対象指定)」が廃止されることが発表されました。これにより、どのような影響があるでしょうか。Windows Update for Business(WUfB)を利用していない限り、何の影響もないでしょう。WUfBを利用しているなら、更新後に設定を確認しておきましょう。(2019/2/26)

PR:プロユースの環境を持ち運べるモバイルワークステーション「MousePro NB9」シリーズ実力検証
Mouse Pro NB9は、パワフルなCPUとプロユースのGPUをスリムなボディーに搭載したモバイルワークステーションだ。CADツールなどプロ向けのツールを駆使した開発・制作の現場での利用に耐えうるパフォーマンス、クオリティーを備えている。(2019/2/26)

サードウェーブ、RTX 2060/2070搭載のハイスペックゲーミングノートを発売
サードウェーブは、同社製ゲーミングノートPCのラインアップにGeForce RTX 2060/2070搭載モデル2製品を追加した。(2019/2/25)

MWC19 Barcelona:
HUAWEIが“いいとこ取り”の「MateBook 14」と新型「MateBook Pro X」を発表
Huaweiが2月24日(現地時間)、スペインのバルセロナで開催されるMWC19 Barcelona(2月25日〜28日)の開幕を前にプレスイベントを実施、新型ノートPC「MateBook Pro X」と「MateBook 14」を発表した。(2019/2/25)

FAニュース:
マシンの制御情報を迅速な業務決定に活用できるコントローラー
ロックウェル・オートメーションは、Logix制御とWindowsベースのコンピューティングを単一のプラットフォームに統合した「CompactLogix 5480コントローラー」を発表した。マシンの制御情報を、迅速な業務意思決定に活用できる。(2019/2/25)

Tech TIPS:
WSLのrenameコマンドでファイル名を手軽に一括変換する
ファイル名のルールが変わったなどで、ファイル名をまとめて変換したいようなことはないだろうか。このような場合、エクスプローラーで手動により変更するのは大変だ。コマンドプロンプトのrenコマンドでは、拡張子を変えるような場合はいいのだが、ファイル名を柔軟に変更できない。このような場合はWSLのrenameコマンドを使うとよい。その方法を紹介する。(2019/2/25)

「SORCERIAN COMPLETE」がWindows 10対応になって登場
 レトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」を運営するD4エンタープライズは2月22日、「SORCERIAN COMPLETE(Windows 10対応版)」を発売した。価格は9801円(税別)。(2019/2/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの開発コード名から考える新たなデバイスたち
Microsoftがプロジェクトなどに付ける開発コード名が話題を集めている。そこにまつわる命名法則や今後登場する見込みのデバイスについて考えてみた。(2019/2/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
アプリを通じてモバイル市場を攻略するMicrosoft
Microsoftが、「MWC 2019」の開催直前にプレスイベントを実施する。そこで新製品だけでなく、今後に向けた発表も行われる見込みだ。(2019/2/23)

Publickey:
NTPサーバと時刻同期するセイコーの掛け時計「NTPクロック」発売 電源はPoE対応
NTPサーバから配信される時刻と同期し、オフィスや工場で掛け時計などとして使える「NTPクロック」をセイコーソリューションズが発売。イーサネット経由で多数の時計の時刻などを集中管理でき、時計をシステムとして運用できるようになる。(2019/2/23)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
Intel NUCで最新SSDを比較してみた
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。今回は完成したNUCを使ってNVMe SSDの最新モデルをチェックしてみました。(2019/2/22)

サードウェーブ、Atom x7を搭載したスティック型PCエントリーモデル
サードウェーブは、同社製スティックPC「Diginnos Stick」シリーズのラインアップにAtom x7搭載のエントリーモデルを追加した。(2019/2/22)

Windows 10とWindows Server 2016に影響:
CPU使用率が100%に急騰も、Microsoftがセキュリティ情報公開
Microsoftによると、IISを実行しているWindows Serverに不正なHTTP/2リクエストを送り付けることにより、一時的にCPUの使用率を100%まで上昇させることができてしまう可能性がある。(2019/2/22)

Tech TIPS:
【Windows 10対応】ページファイルを別ドライブに移動してパフォーマンスを向上させる
通常、仮想記憶を実現するためのページファイルは、システムドライブのルートディレクトリに作成される。しかしシステムに複数のディスクが装着されているなら、ページファイルをシステムとは別ドライブに設定することで、パフォーマンスを向上させることができる。(2019/2/22)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第1回):
PR:Windows 10の展開はMicrosoft 365におまかせ
本稿では、Windows 10の「モダン管理」を3回にわたって解説します。モダン管理は、IT管理者の負担を軽減するだけでなく、ユーザーのPCの選択肢も広げる最新の運用管理手法です。また、Windows 10は常に進化しており、このモダン管理を最適化し次々と新しい機能を提供しています。この機会にモダン管理を実現し、Windows 10へとアップグレードしましょう。(2019/2/22)

MARSHAL、Celeronを搭載した14.1型エントリーノート 100台限定2万9800円で発売
MARSHALは、14.1型フルHD液晶ディスプレイを装備したエントリーノートPC「MAL-FWTVPC01BB」を発売する。(2019/2/21)

Microsoftが全てのOffice文書を扱える新「My Office」アプリを発表
Microsoftが新しい「My Office」アプリを公開した。アプリ内でOfficeツールの切り替えや共有、検索などが行えるようになるという。提供はMicrosoft Storeを通じて順次ロールアウトされる。(2019/2/21)

Windows 10 The Latest:
【新元号発表目前!】Windows 10/Officeの新元号対応どうするどうなる!?
新元号への切り替えが2019年5月1日に行われる。Windows OS/Officeでこの新元号に対応するにはどうすればよいのか、注意すべき点はあるのかなどをまとめる。(2019/2/21)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(43):
目に見えるようになったWindows 10の「配信の最適化」の効果
Windows 10は、ストアアプリやWindows Updateのダウンロードを効率化するP2P配信技術「配信の最適化」機能を備えています。多数のWindows 10クライアントを導入している場合は、この機能が有効に働いているかどうか、どの程度の効果があるのか気になるところでしょう。(2019/2/21)

ASUS、Core i9+RTX 2080を搭載した水冷ゲーミングPC「ROG STRIX GL12CX」など2製品
ASUS JAPANは、水冷CPU機構とGeForce RTXシリーズを標準搭載したゲーミングデスクトップPC「ROG STRIX GL12CX」など計2製品を発表した。(2019/2/20)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
最新のIntel NUCで自作して分かった2つの驚き
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。すっかりさび付いていた“自作魂”に火をつけたものとは何だったのでしょうか。(2019/2/20)

Google Chrome完全ガイド:
【Google Chrome】邪魔な翻訳ツールバーが表示されないように設定をオフにする
Google Chromeで英語など日本語以外のページを開くと「翻訳ツール」が表示されることがあります。翻訳が必要ないページでこれが繰り返し表示されるのは邪魔ですよね。そこで、設定を変更して翻訳ツールをオフにする方法を紹介します。(2019/2/20)

社内専用アプリ利用時に使いたいテクニック
Windows 10 PCに社内UWPアプリを導入 サイドロードとは?
開発中のアプリや社外秘作業を伴うアプリなどを使いたい時、「Microsoft Store」を使わずに、基幹業務(LOB)アプリをWindows 10搭載PCにサイドロードする方法がある。幾つかのやり方があるが、注意も必要だ。(2019/2/20)

GPD Pocket 2の低価格モデルがメモリ倍増、3月発売
GPD Technologyの超小型ノートPC「GPD Pocket2」の下位モデル「GPD Pocket2 Amber Black」にバリエーションモデルが追加される。具体的には、メモリが4GBから8GBに増加した。(2019/2/19)

マウス、4コアCeleronを搭載した法人向け12型Windowsタブレット
マウスコンピューターは、高解像度12型ディスプレイを内蔵した法人向け12型WindowsタブレットPC「MousePro P120B」シリーズを発表した。(2019/2/19)

DMS2019:
PC-9801で制御する古い生産設備のソフトをバックアップ、経費で落とせる価格帯で
Zion(ザイオン)は、「第30回 設計・製造ソリューション展(DMS2019)」において、工場などで長年稼働してきた生産設備を制御するNECの「PC/FC-9800シリーズ」のエミュレータとなる「Neo」と「Neo Lite」、フロッピーディスクなどレガシーメディアのデータをバックアップするサービス「Link」などを展示した。(2019/2/19)

山市良のうぃんどうず日記(147):
Windowsファイアウォールを肥大化させている犯人は誰だ!
Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)を実行しているPCで、Windowsファイアウォールの「受信の規則」に「DNS Server Forward Rule……」から始まる似たような規則が大量に存在するのを発見しました。他のPCにはありません。何だか気持ちが悪いので調査開始!(2019/2/19)

さらば平成、さらば水冷、いくぜNUC:
Intel NUCの最新モデルに触って分かった2つのこと
Intelの超小型PC「NUC」を手に入れたとあるユーザーが、ほぼ5年ぶりにPCを自作。すっかりさび付いていた“自作魂”に火をつけたものとは何だったのでしょうか。(2019/2/18)

FAニュース:
処理能力が2倍以上向上した、スリムな産業用コンピュータ
東芝インフラシステムズは、スリム型産業用コンピュータシリーズの新モデル「FA2100T model 600」を発売した。長期の供給、保守サービスに対応し、従来機種に比べて処理能力が2倍以上向上している。(2019/2/18)

管理者なら知っておきたい
Windows 10の更新作業を軽くするTips ユーザーのストレスを軽減する方法とは
Windowsの最新の更新プログラムを都度適用するのは管理者、ユーザー双方に負担がかかる。グループポリシーの使用やストレージ空き容量の計画的な確保によって、ユーザーへの負担を最小限にとどめられる。(2019/2/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
「iPad Pro」か「Surface Pro」か 比較で分かったその答え
市場にはさまざまなタブレットがある。その中でも「iPad Pro」と「Surface Pro」は知名度という点で間違いなく2強といえる。どちらも高水準の性能を持っているが果たしてビジネス利用に最適なのはどちらなのだろうか。(2019/2/18)

「協力」こそ「強力」な力:
PR:Windows 10時代のセキュリティを守る「MVISION」というビジョン
Windows 10に搭載されているマルウェア対策ソリューション「Windows Defender」に注目が集まっている。既存のセキュリティ製品と肩を並べるOS標準機能があるならば、それだけで対策は問題ない――これは正解でもあり、「大きな誤解」でもある。(2019/2/6)

IT管理者なら必ず押さえておきたい
「Windows 10 Enterprise」を理想の姿にする5つのカスタマイズ機能
システム管理者が「Windows 10」をカスタマイズするための5つの機能「カスタムログオン」「フィルターキー機能」「Shell Launcher」「ブランドではないブート」「統合書き込みフィルター(UWF)」について紹介する。(2019/2/16)

プリンストン、4K対応HDMI出力も使えるUSB Type-C外付け拡張ドック
プリンストンは、USB Type-C接続時対応した外付け型拡張ドック「USB Type-C ドッキングステーションミニ」を発売する。(2019/2/15)

高品質アニメ、リモートデバイス選択、画像トリミングに対応:
Microsoft、「Windows Community Toolkit v5.1」を公開
Microsoftは、オープンソースのUWPアプリ開発ツールキットの最新版「Windows Community Toolkit v5.1」を公開した。画像処理関連の拡張などを施した。(2019/2/15)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新型HoloLens、Windows CoreにLite? Microsoftの次の一手を予測する
2月24日(欧州時間)にスペイン・バルセロナの「MWC 2019」において、Microsoftがプレスイベントを開催する。当日発表されるであろう次期「HoloLens」と思われるティーザー動画が公開された。(2019/2/15)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット会員 共同アンケート
「Windows 10移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2019/2/15)

サイコム、Ryzen APUを搭載した省スペースデスクトップPC
サイコムは、ASRock製小型ベアボーンキットをベースにした省スペースデスクトップPC「Radiant SPX2700A300A」を発売した。(2019/2/14)

サードウェーブ、税別2万9980円の14型フルHD液晶搭載エントリーノートPC
サードウェーブは、14型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したエントリーノートPC「Diginnos Note Altair VH-AD3S」を発表した。(2019/2/14)

CAEニュース:
3次元CADの環境上でプロセスの操作ができる粒子法流体解析ソフトウェア
構造計画研究所は、粒子法流体解析ソフトウェア「Particleworks for SOLIDWORKS」を発売した。3次元CADの環境上で、粒子法による流体解析のための解析条件の設定、計算、可視化のプロセスの操作ができる。(2019/2/14)

Microsoft Security Forum 2019レポート:
チャンスも増えるが、リスクも大きくなる――DX時代のセキュリティ対策をMicrosoftはどう支えていくのか?
日本マイクロソフトは2019年2月12日、都内で「Microsoft Security Forum 2019 〜デジタル革新の時代に取り組むべきサイバーセキュリティ対策とは〜」を開催した。本稿では、基調講演の模様をお伝えする。(2019/2/14)

知っトクWindowsツール:
Excelの確認・編集もできる無料オンラインサービス「Office Online」とは
Microsoft Office 2010の延長サポートが2020年10月13日に終了予定だ。新たにOfficeのライセンスを購入する前に、無料のオンラインサービス「Office Online」の利用が可能か検討してはどうだろうか?(2019/2/14)

隔離環境でコードを実行
「Windows Defender」のサンドボックス機能とは? メリットとデメリットを説明
Microsoftは「Windows Defenderウイルス対策」にサンドボックスネットワークセキュリティ機能を追加した。この機能はなぜ重要なのか。企業がこの機能を利用する場合のメリットとデメリットとは。(2019/2/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
延長サポート期間が過ぎたWindows 7の維持費はどれだけ高くつくか
2020年1月に延長サポートが終了するWindows 7だが、Microsoft自身が有償のサポートメニューを用意している。現時点で判明している価格と仕組みをチェックしよう。(2019/2/13)

レノボの大和研究所がアジャイルで開発した「ThinkSmart」とは?
レノボ・ジャパンがオンライン会議システム「ThinkSmart Hub 700」を発表、3月より販売を開始する。価格は税別39万8000円となっており、2年目以降にフル機能を使う場合は「ThinkSmart as a サービス利用権」の購入が別途必要となる。(2019/2/13)

Tech TIPS:
Windows 10でIME切り替え時の「あ」や「A」の表示をオフにする
Windows 10で文字入力の切り替え時に、デスクトップの中央に「あ」や「A」といった「IME入力モード切替の通知」が表示される。この表示が煩わしいなら、「IME入力モード切替の通知」をオフにすればよい。その方法を紹介する。(2019/2/12)

CPUと「ふくまろ」の高速化を実現 15.6型ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズがラインアップを一新
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)が、15.6型A4ノートPC「LIFEBOOK AH」シリーズのラインアップを一新した。CPUの高速化や最新版Officeスイートの採用がトピックだ。(2019/2/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(129):
Windows Server 2019 Essentialsってどうなの?
Windows Server 2019は、Windows Serverの長期サービスチャネル(LTSC)の最新バージョンとして2018年10月にリリースされ、同年11月中旬に再リリースされました。製品ラインアップは「Datacenter」「Standard」「Essentials」の3エディション。今回は、“Essentialsエディションの実体”に迫ります。(2019/2/12)

「Adobe Photoshop Elements 2019」が30%オフでセール中 10台のPCに導入可能なMicrosoft Store版
アドビ システムズのフォトレタッチソフト「Adobe Photoshop Elements 2019」が、アプリストア「Microsoft Store」で30%オフのセール中。通常、税込1万1700円が2月16日まで8150円で購入可能だ。(2019/2/10)

ライバルに差をつける外観
Samsung Notebook 9 Proレビュー 性能のためにスタイルを犠牲にしないは本当か
「Notebook 9 Pro」の最新モデルはハイエンド「Windows 10」ノートPCのスペックを備えながら、他のビジネス向けノートPCとは一線を画すスタイリッシュな外観デザインを採用する。(2019/2/9)

アーク、ASRock製ベアボーンを採用したRyzen搭載コンパクトPC
パソコンショップアークは、Ryzen搭載コンパクトデスクトップPCを発売した。(2019/2/8)

日本マイクロソフト、新生活を応援する「ENTER!キャンペーン」
日本マイクロソフトは、春からの新生活や新しいチャレンジを応援する「ENTER!キャンペーン」を開始した。(2019/2/8)

ECS、ミニPC「LIVA Z2」にWindows 10 Pro搭載バリエーションモデルを追加
リンクスインターナショナルは、ECS製のコンパクトデスクトップPC「LIVA Z2」のバリエーションモデルの取り扱いを発表した。(2019/2/8)

Razer、スリム13.3型ノート「Razer Blade Stealth」日本語キー採用モデルの販売を開始
Razerは、薄型筐体採用13.3型ノートPC「Razer Blade Stealth」の日本語レイアウト採用モデルを発表した。(2019/2/7)

マウス、デスクトップ向けCoreプロセッサを装備したハイパフォーマンスノートPC 税別7万4800円から
マウスコンピューターは、デスクトップ向けCoreプロセッサを標準装備する15.6型ノートPC「m-Book G」シリーズの販売を開始する。(2019/2/7)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(42):
開発者に朗報! Windows 10でWindows Serverコンテナが実行可能に
Windows 10の開発者向け機能として、Dockerによる「Windowsコンテナ」のサポートがあります。これまでは、Hyper-Vで分離された「Hyper-Vコンテナ」だけがサポートされていましたが、最新の「Docker Desktop for Windows」では、「Windows Serverコンテナ」もサポートされました。(2019/2/7)

FAニュース:
最新の組み込み用OSをプリインストール、組み込み用PCの新シリーズ
コンテックは、組み込み用PC「ボックスコンピュータ BX-T1000」シリーズに6モデルを追加した。デュアルコアのインテルCore i5およびCeleronプロセッサを搭載し、最新の組み込み用OSをプリインストールする。(2019/2/6)

待ったなし!組み込み機器のWindows 10 IoT移行(6):
Windows 10の最新アップデート「Version 1809」による組み込み機器開発への影響
2020年10月13日にサポートが終了する「Windows Embedded Standard 7」から最新の「Windows 10」世代への移行について解説する本連載。最終回の第6回では、Windows 10の最新アップデートである「Version 1809」と組み込み機器の関わりについて説明する。(2019/2/6)

エプソン、Windows 10 IoT搭載のインテリジェントレシートプリンタ
エプソンは、PC一体型レシートプリンタのラインアップにハイスペック仕様モデル2製品「TM-T88VI-DT2」「TM-T70II-DT2」を追加した。(2019/2/5)

「Windows ファイルマネージャー」がWindows 10搭載PCやXbox Oneで手軽に体験可能
かつてのWindows 3.0などで利用されていたファイル管理ツール「Windows ファイルマネージャー」がMicrosoft Storeで無料ダウンロードが可能になった。(2019/2/5)

TSUKUMO、TITAN RTXを標準搭載したハイエンドミドルタワーPC 49万9800円から
Project Whiteは、同社製ミドルタワー型PC「G-GEAR neo」のラインアップにTITAN RTX搭載ハイエンド構成モデルを追加した。(2019/2/5)

特選プレミアムコンテンツガイド
純製品 vs. サードパーティー製品 Windows 10のセキュリティ対策には何を使うべき?
Windows 10の純正セキュリティ機能と、サードパーティー製ツール。自社のセキュリティ対策にはどちらが適しているのか。バッチ管理や暗号化ツール、ファイアウォールなどの観点から比較検討する。(2019/2/5)

山市良のうぃんどうず日記(146):
2019年もWindows Updateとの格闘は続くらしい……
新年早々の2019年1月2日(日本は3日)に、Office 2010(MSI)向けに新元号関連の4つの更新プログラム(もちろん新元号は含まれていません)がリリースされ、数日後に配布が停止されました。これらの更新プログラムの影響でExcel 2010がクラッシュするなどの問題が発生したからです。2019年もWindows Updateに油断は禁物。新元号に関連したWindows/Officeの更新問題は今後も散発、あるいは続発するかもしれません。(2019/2/5)

クラウドかオンプレミスか
「Windows 10」移行がVDI導入の絶好のタイミングである理由
「Windows 7」の無償延長サポートが1年以内に終了する。Windowsをアップグレードするなら、同時にクライアント環境の見直しを検討すべきだ。その理由とポイントとは。(2019/2/5)

Googleのメッセージは届いていない
君は「Chrome Enterprise」という選択肢を知っているか
企業デスクトップの選択肢の一つとして「Chrome Enterprise」がある。だが、Googleは顧客にメッセージを十分に伝えきれていないようだ。(2019/2/5)

マウス、狭額スリムデザインを採用した15.6型ノート「m-Book B508H」など2製品
マウスコンピューターは、狭額スリムデザイン筐体を実現する15.6型ノートPC「m-Book B508H」など計2製品の販売を開始する。(2019/2/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftの決算に見るWindows 10への移行とIntel製CPU供給量の関係
Microsoftが2019年度第2四半期の決算を発表した。そこから読み取れるWindows 10の現状と、当面は影響があると思われるIntel製CPUの供給量に関する部分を見ていこう。(2019/2/4)

Tech TIPS:
Windows 10でMicrosoft IMEを削除して、勝手にIMEが切り替わるのを防ぐ
複数の日本語入力システム(IME)をインストールしていると、いつの間にかMS-IMEに戻ってしまうことがある。これを防ぐにはMS-IMEを削除すればよい。その方法を紹介する。(2019/2/4)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(11):
「ウチの社員はITリテラシーが低すぎて、Windows 10の運用はムリ」 それって本当ですか?
2019年になり、いよいよWindows 7のサポート終了まで1年を切りました。今回はこれまでの記事を振り返りつつ、移行に関してよく聞かれる疑問や悩みに答えていきます。(2019/2/4)

AI(人工知能)開発にも活用できる
VDI環境で進むGPU利用 より経済的になって支持が拡大
VDI(仮想デスクトップインフラ)環境でのGPUの利用が進んでいる。GPUの共有やCPUリソースの解放といったさまざまな技術進化や新たなユースケースの登場が背景にある。(2019/2/4)

【PR】デル株式会社×アイティメディア株式会社 共同アンケート
「Windows 10移行」に関するアンケート
本アンケートでは、「Windows 10移行」や「クライアント端末導入」について模索されている方を対象にご意見を伺い、主催者による今後の情報提供の貴重な資料といたします。(2019/2/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
最初のWindows 10「19H2」ビルドが間もなく登場
4月には一般公開が始まると予想されるWindows 10の次期大型アップデート「19H1」だが、速くも“次々期”に提供されるバージョン「19H2」が間もなく姿を現すようだ。(2019/2/2)

サブスクリプションで提供
常に最新PCを使える 「サービスとしてのデバイス」のメリットとデメリット
「サービスとしてのデバイス」の利点は、手厚いサポートサービスや、最新の高機能デバイスを短期間で調達できることなどだ。だがメリットばかりではない、想定外の影響も考慮する必要がある。(2019/2/2)

2019年PC春モデルのトレンドを考察 「ノートPCの地味ながら着実な進歩」とは
PCメーカー各社の2019年春モデルがほぼ出そろった。モバイルノートPCのトレンド?(2019/2/1)

アーク、静音ミドルタワー筐体を採用したCore i5搭載ゲーミングPC
パソコンショップアークは、静音設計のミドルタワー筐体を採用するゲーミングデスクトップPC「CY-IC6Z39A-Co」の販売を開始した。(2019/2/1)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:東京五輪でも活躍!? 5G最新動向
特集は、各国の5G最新動向。5Gは東京五輪で何を実現するのか。他に機械学習が内包する弱点、SCM/永続メモリの技術解説。今改めて「Windows 10(Sモード)」をオススメする理由などの記事をお届けする。(2019/2/1)

第5世代V-NANDの優位が歴然! PCI Express SSDの新定番「970 EVO Plus」の爆速性能を確かめる
90層クラスの3D TLC NAND(第5世代V-NAND)を採用した新型SSD「970 EVO Plus」を徹底検証。(2019/1/31)

Tech TIPS:
Windows 10にフォントを追加インストールする方法と注意点
Windows 10では管理者権限がなくてもフォントをインストールできるようになった。ただしその場合は他のユーザーがインストールしたフォントを利用することはできない。必要ならば他のユーザーからも利用できるようにインストールする必要がある。その方法をまとめておく。(2019/1/31)

PR:働き方改革のために生まれたビジネス2in1 PC「HP EliteBook x360 1030 G3」
12型クラスのボディーに13型ディスプレイを搭載したビジネス2in1 PC「HP EliteBook x360 1030 G3」は、自ら働き方改革に取り組み、早くから働き方改革を強く意識したビジネスPCを展開してきた日本HPならではのノウハウが詰め込まれた製品だ。(2019/1/31)

サードウェーブ、RTX 2060/2070を搭載したゲーミングノート3機種を発売 120Hz駆動ディスプレイを装備
サードウェーブは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズのラインアップにGeForce RTX 2060/2070搭載ゲーミングノートモデル3機種を追加した。(2019/1/30)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
地球を12周した、あるスマホの引退
Microsoftが、ついにWindows 10 Mobileのサポート終了日をアナウンスした。2016年から常に海外に持ち歩いていた、筆者のWindows 10 Mobile端末と別れの時が来たようだ。その思い出話を紹介しよう。(2019/1/30)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(128):
Windows 10の“あの機能”は今――廃止予定リストに掲載された機能はその後どうなった?
Windows 10では新しいバージョンが登場すると、削除される機能と廃止予定として非推奨になる機能のリストが公開されます。今回は、廃止予定リストに掲載された機能のその後を追跡してみました。(2019/1/29)

ユニットコム 3D CAD編集・解析向けパソコン:
初心者からプロまで幅広く対応、3D CAD/解析業務に最適化されたデスクトップPC
ユニットコムは、iiyama PCブランドのSENSE∞から、CG・MOVIE GARAGEシリーズ「3D CAD編集・解析向けパソコン」の販売開始を発表した。(2019/1/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows Lite」の到来とWindows 10“次々期”大型アップデート「19H2」の姿
Windows 10の次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)がいよいよリリースに向けてカウントダウンを開始したようだ。というのも、次の次となる「19H2」の姿がおぼろげながら見えてきてからだ。(2019/1/28)

Tech TIPS:
Windows 10対応:MS-IME日本語入力のオン/オフ切り替えキーを追加・変更する
Windows 10に標準で実装されている日本語入力システム「Microsoft IME」は、デフォルトで[半角/全角]キーがオン/オフの切り替えキーとなっている。このキーはホームポジションから遠く、少々使いにくい。そこで、オン/オフの切り替えキーを[変換]キーなどに変更する方法を紹介する。(2019/1/28)

ITはみ出しコラム:
教育市場で火花を散らすGoogleとMicrosoft 日本の覇権争いは2020年が本番?
毎年ロンドンで開催される教育関連のICTイベント「BETT」にて、MicrosoftとGoogleが自社のデバイスとクラウドサービスを教育市場向けにアピールしました。教育のICT活用が遅れている日本でも、2020年以降に覇権争いが本格化しそうです。(2019/1/27)

Appleがセキュリティアップデートの「iTunes 12.9.3 for Windows」を配布開始 
Appleは1月24日(現地時間)、フリーのメディアプレーヤー「iTunes 12.9.3 for Windows」を公開した。セキュリティ関連のアップデートとなる。(2019/1/25)

机の上ではコンパクト、そしてCPU性能はトップクラス――現代のスリムPC「LUV MACHINES Slim」レビュー
CPU処理性能の高い省スペースPCを探している人は、最新の第9世代Core i7を搭載した「LUV MACHINES Slim」シリーズに注目だ。(2019/1/25)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:小容量ストレージでも機能アップグレードできる「予約済み記憶域」とは?
Windows 10の次期機能アップデート「19H1」に搭載予定の機能「予約済み記憶域」とはどういったものなのか? その他、最新のプレビュー版から次期Windows 10の新機能を見ていこう。(2019/1/25)

PR:ビジネスを変える即戦力 最新CPUで総合力が高まった「レッツノートSV8」徹底検証
日々の業務を快適にこなせる最新CPUによる性能、レッツノートが長年磨き上げてきたモビリティ、あらゆる場面に対応できる機能。レッツ史上最速レベルの「SV8」は働き方改革の即戦力として活躍してくれるはずだ。(2019/1/25)

これまでのサポート終了とは全く違う
「Windows 10」移行、運用負荷を肥大化させないPCとサポートの選び方
「Windows 7」の延長サポート終了まで1年を切り、更改準備に追われる担当者は少なくない。短い期間で機器選定から導入作業、運用までをしっかりと計画し、確実に移行するための鍵は、ハードウェア選定とパートナー選びにある。(2019/2/6)

アーク、水冷RTX 2080 Ti搭載のハイエンドゲーミングPC計2機種を発売
パソコンショップアークは、水冷GPUクーラーを採用したRTX 2080 Ti搭載ゲーミングPC計2機種を発表した。(2019/1/24)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Bali」と「Bari」、そして「Cortana」の行方
Microsoftが開発を進めている音声アシスタントの「Cortana」だが、最近ではその重要度を落とす動きが相次いでいる。このままフェードアウトしてしまうのか、新たな動向があるのかを整理してみた。(2019/1/24)

工作機械の支援サービス「CELOS Club」をAzureでクラウド化 エッジのインテリジェント化も視野に――日本マイクロソフトとDMG森精機が協業
DMG森精機は、日本マイクロソフトと協業し、工場の生産性を継続的に向上するソフトウェアソリューション「CELOS Club」を「Microsoft Azure」上に移行する。工作機械のデータをAzureのAIで分析し、機器の予防保全や生産工程の効率化などにつなげることも可能になる。(2019/1/24)

Microsoft、Surfaceで使える小学生用スタイラス「Classroom Pen」を約40ドルで発売へ
Microsoftが、教育市場向けの丈夫で安価なスタイラス「Classroom Pen」を発表した。Surfaceシリーズでの使用が前提で、20本パックを799.80ドル(約8万8000円)で2月に発売する。(2019/1/23)

リンクスが超小型PC「GPD Pocket2 4GB」の取り扱いを開始
リンクスインターナショナルが、超小型ノートPC「GPD Pocket2」の低価格モデル「GPD Pocket2 4GB」の取り扱いを発表した。全国の家電量販店での購入が可能になる。(2019/1/23)

ITmedia NEWS TV:
Windows 10 Mobileサポート終了とPC春モデルに感じること
(2019/1/23)

情シスのためのリアル交流会、開催:
2月27日(水)「俺情」開催! クラウド時代の“不安定なネットワークの悩み”を話し合ってみませんか?
不安定なネットワークに困っている情シス、集まれ!2月27日(水)、ITmedia エンタープライズ編集部主催の情シス交流会、「俺たちの情シス」を開催します!(2019/1/23)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(41):
HTML5ベースのサーバ管理アプリ「Windows Admin Center」では何ができるのか
前回は、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)で変更された「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」の導入方法を説明しました。今回は、Windows 10 バージョン1709以降で利用可能な新しい管理ツール「Windows Admin Center」を紹介します。(2019/1/24)

学生向けの12.5型モバイルPCとボイスで起動する液晶一体型PC LAVIE 2019年春モデルまとめ
NEC パーソナルコンピュータが2019年PC春モデルを発表。見どころをまとめた。(2019/1/22)

マウス、クリエイターPC「DAIV」にCore i9-9900X搭載のハイエンドモデルを追加
マウスコンピューターは、クリエイター向けPC「DAIV」シリーズのラインアップにCore i9-9900X搭載タワー型モデルを追加した。(2019/1/22)

「Windows 10 Mobile」のサポートが2019年12月10日に終了
Microsoftが、Windows 10 Mobileのサポートを2019年12月10日で終了する。12月10日以降はセキュリティ更新プログラムが提供されなくなる。同社はAndroidやiOSデバイスに移行することを勧めている。(2019/1/22)

山市良のうぃんどうず日記(145):
更新プログラムのダウンロード/インストール進捗状況が知りたい――Windows 10(バージョン1709以降)の更新用スクリプト解説
Windows 10 バージョン1709以降では、「WindowsUpdateProvider」モジュールが利用可能になりました。今回は、このモジュールのWindows Update用コマンドレットを利用した、汎用的に使える筆者自作のPowerShellスクリプト「SearchAndInstallUpdates.ps1」を紹介します。(2019/1/22)

「LinuxとWindowsの違い」だけではない
いまさら聞けないファイルシステム 「NFS」と「CIFS/SMB」の違い
NFSとCIFS/SMBとはどのような違いがあるのだろう。NFSとCIFS/SMBをどのように使い分けるかを説明できるだろうか?(2019/1/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
Windows 7サポート終了まで1年を切るもアキバが無風な理由
Windows 7のサポート期限が1年を切ったということで、PCパーツショップにはWindows 10への移行を進めるキャンペーンが始まっている。しかし、Windows XPのときとは空気が違うようだ。(2019/1/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
新たなモバイル戦略を発表か? MWCに復活するMicrosoftの思惑
Microsoftが、2019年2月にスペインで開催される「Mobile World Congress 2019」(MWC19)にてプレスイベントを開催する。Windows Mobile 10の終了以降、再びMWCに戻ってきた同社が何をアピールするのだろうか。(2019/1/21)

「Windows 10 Mobile」12月10日にサポート終了「AndroidまたはiOSへの移行をお勧め」とMicrosoft
MicrosoftのモバイルOS「Windows 10 Mobile」のサポートが12月10日に終了することが明らかになった。Microsoftはサポートページで、「AndroidまたはiOSデバイスに移行することをお勧めします」としている。(2019/1/20)

「Cortanaは他のAIアシスタントと競合せず、協調する」とMicrosoftのナデラCEO
Microsoftのサティア・ナデラCEOがメディア向けイベントで、同社のAIアシスタント「Cortana」をAlexaやGoogleアシスタントと競合させるのではなく、スキルやアプリとして連携させていくと語った。(2019/1/19)

税込6万円を切る「GPD Pocket2」の低価格モデルが登場
超小型ノートPC「GPD Pocket2」に低価格モデル「Amber Black」が追加された。CPUやメモリといったスペックがダウンする他、ボディーカラーがシルバーからアンバーブラックに変更されている。(2019/1/18)

NEC、テレワーク向けの12.5型軽量・薄型モバイルノートなど、ビジネス・教育向けPCの新製品17機種を発表
NECは、12.5型フルHD搭載の軽量・薄型モバイルノートPCなど、ビジネス・教育向けPCの新製品17機種63モデルを発表。ワイドキーボードやACアダプターポート兼用USB Type-Cポートの採用、顔認証対応など、操作性と利便性の向上、セキュリティ面の強化を図っている。(2019/1/21)

CADニュース:
NVIDIA Quadro P3200を搭載したモバイルワークステーション
マウスコンピューターは、法人向けPCブランド「MousePro」から、NVIDIA Quadro P3200を搭載した15.6型モバイルワークステーションを発売した。現行製品と比較して、システムのパフォーマンスが24%向上している。(2019/1/18)

さらに軽く、大画面に――4K対応の14型モバイル機「VAIO SX14 ALL BLACK EDITION」詳細レビュー
14型液晶ディスプレイを搭載したハイモビリティノートPC「VAIO SX14」が登場した。個人向けの特別仕様モデル「VAIO SX14 ALL BLACK EDITION」をレビューする。(2019/1/18)

知っトクWindowsツール:
Robocopyより高機能。ファイル同期ツールの決定版「FreeFileSync」
クラウドストレージが普及した現在だからこそ役立つファイル同期ツール。Windows OSには標準でRobocopyというミラーリングツールが付属しているが、それよりも断然高機能な「FreeFileSync」を取り上げる。(2019/1/18)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「19H1」で目指すもう1つの方向性
2019年初となるWindows 10の次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)では、セキュリティ関連以外でどのような強化が行われるのだろうか。(2019/1/18)

移行前の現状、移行後の課題は見えているか
Windows 10移行と運用の負荷をどう削減するか、情シス部門の選択肢
アップデートの方法などが従来と大きく異なる「Windows 10」。移行計画の検討方法はもちろんだが、移行後の運用業務をどう設計すべきだろうか。把握すべき情報、利用すべき道具は何か。(2019/1/21)

「Windows 10」、次期アップデートでタスクバーのCortanaと検索を分離
Microsoftが4月ごろにリリースするとみられる「Windows 10」の次期大型アップデート(コードネーム:19H1)で、タスクバーに検索ボックスがつき、Cortanaとは別になる見込みだ。(2019/1/17)

6社などが中小企業向けに提供:
Windows 7やWindows Server 2008のサポート終了、日本マイクロソフトが移行支援策を発表
日本マイクロソフトは、サポート終了まで残り1年程度となった製品のユーザーに向け、移行支援策を発表した。Windows 7とOffice 2010向けには、PCとMicrosoft 365を月額課金モデルで提供する。(2019/1/17)

Tech TIPS:
Windows 10対応:タスクマネージャの「パフォーマンス」タブの見方
システムの動作状態をチェックしたり、必要なメモリサイズやCPU/ディスク性能を見積もったりするには、タスクマネージャーによるシステム状態の把握が必要だ。Windows 10のタスクマネージャーの見方を解説する。(2019/1/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
現実味を帯びてきたMicrosoftの2画面折りたたみ型デバイス「Andromeda」
以前から話題に挙がっているMicrosoftの2画面折りたたみ型デバイス「Andromeda」だが、Windows 10の最新動向を伝えるWebサイトの閉鎖がきっかけで再び話題に上っている。(2019/1/17)

エイサー、Core i5を搭載した2in1設計の法人向け12型タブレット
日本エイサーは、着脱式キーボードを備えた2in1設計の12型タブレットPC「SW512-52PF58U」を発表した。(2019/1/16)

国内Windows 7 PC、法人1600万台、個人1100万台 サポート終了まで1年、移行支援強化
「Windows 7」のサポートが来年1月14日に終了する。昨年12月時点で、国内で稼働しているWindows 7搭載PCは、法人で1600万台、一般家庭で1100万台と日本マイクロソフトは推計。Windows 10への移行支援を加速する。(2019/1/16)

エプソンダイレクト、POSレジ向けの業務用11.6型Windowsタブレット ドッキングステーションも用意
エプソンダイレクトは、各種業務向けの11.6型WindowsタブレットPC「Endeavor TN40」を発表した。(2019/1/16)

エプソンダイレクト、GeForce RTXも搭載可能な第9世代Core採用のミニタワーPC「Endeavor MR8200」
エプソンダイレクトは、同社製デスクトップPC「Endeavor」シリーズのラインアップに第9世代Core採用のミニタワー型モデルを追加した。(2019/1/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
サポート終了まで1年を切ったWindows 7のOSシェアは36%超 トップはかろうじてWindows 10が逆転
Windows 7の延長サポートが終了を迎える2020年1月14日まで、1年を切った。このタイミングで、ついにWindows 7とWindows 10のシェアが逆転したという。(2019/1/16)

PR:働き方改革、隠れ残業抑止にMDMは本当に有効なのか? 悩めるアイティメディア情シスが聞いてみた
モバイル環境からの業務利用が広がっている。情報流出を防止するツールを導入するのも一つの手だが、「あまりに自由度が低ければ使いにくくなるし……」と悩むIT管理者は多い。かくいうアイティメディアも例外ではない。そんなIT管理者がMDMの専門家であるアイキューブドシステムズに悩みをぶつけてみた。(2019/1/16)

関連する認証局をまとめて扱う
「信頼の連鎖」を活用したWindows 10の証明書管理とは
Windows 10の証明書は「信頼の連鎖」を作り出す。これにより自社のリソースにアクセスするユーザーの身元が確認され、そのユーザーが信頼済みの接続を経由してリソースにアクセスできるようになる。(2019/1/16)

買い切り版「Office 2019」が1月22日発売 ソフトの単体売りもあり
ライセンスが永続する買い切り版の「Microsoft Office」が、最新版に移行。スイート製品だけではなく、ソフトの単品製品も用意する。【一部価格を訂正】(2019/1/15)

サードウェーブ、ゲーミングPC「GALLERIA」にGeForce RTX 2060搭載モデルを追加
サードウェーブは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズのラインアップにGeForce RTX 2060標準搭載モデル2製品を追加した。(2019/1/15)

CES 2019:
意外と大人しい“カーボン柄” 写真で見る「ThinkPad X1 Carbon(第7世代)」
CES 2019に合わせて発表された「ThinkPad X1 Carbon」の第7世代(2019年)モデル。初めて“カーボン柄”の天板を持つ構成を選択できるようになった。この記事では、写真を交えてカーボン柄天板などをチェックする。(2019/1/15)

Windows 7のサポート終了まであと1年、今こそ移行に着手を
Windows 7の延長サポートは2020年1月14日で終了する。以後はたとえ脆弱性が発覚しても、修正のための更新プログラムは提供されない。(2019/1/15)

Tech TIPS:
Windows 10でリモートデスクトップ接続を許可する方法
リモートデスクトップ接続を利用するためには、あらかじめ接続を許可しておかなければならない。Windows 10でリモートデスクトップを有効にする方法を紹介する。これで、ネットワークを介して、リモートでPCを操作できるようになる。(2019/1/15)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(127):
Windows Server 2019は本当に完成したのか、それとも完成していないのか?
2018年10月2日に正式リリースされ、11月13日(いずれも米国時間)に再リリースされたWindows Server 2019ですが、この最新サーバOSは本当に完成したのでしょうか。リリース時のごたごたの話ではありません。それとは別に、Windows Server 2019の新機能の幾つかは、正式リリース時点では利用可能になっていないからです。(2019/1/15)

今こそ使い方を見直す好機
「Windows Virtual Desktop」の影響は? VDI/DaaS市場の変化を予測する
新年を迎えた今こそ、VDIの使い方を見直し、台頭するDaaS(Desktop as a Service)や、VDIエンドポイントとして使い勝手が向上しているモバイルデバイスに目を向ける好機だ。(2019/1/15)

ユーザーニーズと業務環境のズレ
働き方をモバイル中心へ変える「デスクトップトランスフォーメーション」注目の訳
最新の業務環境では、働く上でのデバイスを限定しないことが重要になっている。IT部門は、デスクトップ環境を中心とした管理手法から脱却し、最新のユーザーニーズに合わせて業務環境を進化させなければならない。(2019/1/14)

ケガをしたときに役立つアイデアも紹介
旅行や出張で大活躍しそうなモバイル活用テクニック
IT、なかでもスマートモバイル関連技術の進歩を特に実感するのが、旅行や出張の時と、ケガをした時だろう。本稿では、筆者自身の経験から気付いた便利なテクニックを紹介する。(2019/1/12)

サードウェーブ、Celeron採用のWindows 10スティックPC
サードウェーブは、CPUとしてデュアルコアCeleronを搭載したスティックPC新モデル「Diginnos Stick DG-STK5S」を発表した。(2019/1/11)

CES 2019:
Huawei、「MacBook Air」のようなスリムノートPC「MateBook 13」、999ドルから
HuaweiがスリムノートPC「MateBook 13」を発表。「MacBook Air」に似たデザインで、ハイエンドは第8世代i7搭載とNVIDIA GeForce MX150を搭載する。(2019/1/11)

Tech TIPS:
【まとめ】WSLでプロセスの一覧を確認する方法
WSL上でプロセスの動作状態を調べるために使うコマンドは? Windows OSユーザーのための、プロセス管理コマンドの基本をまとめておく。基本的にはLinuxのものと同じだが、WSLの実装上の制限などにより一部使えないコマンドもある点に注意してほしい。(2019/1/10)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(40):
オンデマンド機能になった「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」、そのインストール方法は?
Windows Serverをリモートから管理するためのツール群「リモートサーバー管理ツール(RSAT)」は、Windows 10 October 2018 Update(バージョン1809)からWindowsの「オンデマンド機能(Features on Demand)」に変更されました。(2019/1/10)

Microsoft製以外にも広がる選択肢
リモートサーバ管理ツールを比較 本当に役立つ製品は?
リモートサーバの監視と保守に最適なツールは、IT環境や予算によって異なる。本稿ではMicrosoftの提供サービスからサードパーティー製ソフトウェアまで、便利なリモートサーバ管理ツールを紹介する。(2019/1/10)

Windows 10の功罪は「更新」にあり:
Windows 10への期待は高いが、機能更新プログラムに説明が必要――ノークリサーチが調査
ノークリサーチは中堅中小企業向けに2019年のPC環境やサーバ環境の活用ポイントをまとめた調査結果を発表した。今後はWindows 10の導入が加速し、オンプレミスのサーバ環境ではハイパーコンバージドインフラに注目すべきだとしている。(2019/1/9)

更新プログラムやEdgeの動きをどう捉える
「Windows 10」と「Microsoft Edge」、2018年の陰と陽
2018年は良くも悪くも「Windows 10」の話題が目立った。Microsoftは機能更新プログラムの不具合の対処に追われる一方、ブラウザ「Microsoft Edge」に関する歓迎すべき計画を発表した。(2019/1/9)

身近な課題から学ぶ「IoT手法」(2):
扉の傾きで検知――「加速度センサー」を使ったポスト投函の検知術
複数の実装手法があるIoT。今回は、身近な課題として、ポストの開閉検知を「加速度センサー」で実現する方法を紹介していきます。(2019/1/10)

レノボ、第8世代Core搭載のビジネス向けスタンダードノート「ThinkPad E490/E590」
レノボ・ジャパンは、ビジネス利用に適したスタンダードノートPC「ThinkPad E490」「同 E590」の販売を開始した。(2019/1/8)

山市良のうぃんどうず日記(144):
Windows Server 2019の新規インストールはWindowsセットアップに任せてはダメ!
2018年11月13日、10月初めにいったんリリースされたものの重大な問題のために配布が停止されていたWindows 10 October 2018 Update(バージョン1809)、Windows Server 2019、Windows Server,version 1809が再リリースされました。もし、これらのOSを新規インストールする予定なら、今回の記事を一読してください。既に新規インストールして、まだ日がたっていないなら、インストールをし直すことも検討すべきかもしれません。(2019/1/8)

GeForce RTX 2060の性能は? ベンチマークテストで徹底検証
2018年はTuringコアがメインストリームにやってくる! 第4の「RTX」として登場したGeForce RTX 2060の性能をチェックする。(2019/1/7)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「19H1」でさらなるセキュリティ強化を目指す
2018年に行われたWindows 10の大型アップデートでは、さまざまな課題が噴出した。2019年初となる次期アップデート「19H1」(開発コード名)では、どのような強化が行われるのだろうか。(2019/1/7)

Tech TIPS:
不要な自動起動アプリの無効化でWindows 10の起動を高速にする
アプリによっては、Windows 10の起動時に自動的に実行され、システムに常駐するものがある。中には常駐する必要のないアプリもある。こうした不要なアプリが起動時に自動実行されないようにする方法を紹介する。(2019/1/7)

PR:人気イラストレーターのrefeia氏が「Endeavor MR4800E イラスト・マンガ制作Select」をレビュー
エプソンダイレクトの「Endeavor MR4800E イラスト・マンガ制作Select」は、イラスト制作の定番ソフト「CLIP STUDIO PAINT」や、イラストレーターから広く支持されているワコム製液晶ペンタブレットの動作検証を独自に行っているカスタムモデルだ。人気イラストレーターのrefeia氏に使ってもらってみた結果は……(2019/1/7)

IT担当者共通の願い
「Windows 10」デスクトップ管理で2019年にやりたい3つのこと
2018年には企業の「Windows 10」デスクトップ管理者がアップデートや修正プログラムなどのトラブルに悩まされることがあった。Windows 10の改善に関する願い事リストをまとめてみた。(2019/1/6)

日本マイクロソフトが「Surface Headphones」の予約販売を税込4万円で開始 「Surface Studio 2」は48万円〜
日本マイクロソフトが、同社の直販サイトでワイヤレスヘッドフォン「Surface Headphones」と液晶一体型PC「Surface Studio 2」の予約注文を始めた。直販価格は前者が税込3万9938円、後者は同48万384円〜となっている。(2019/1/5)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
2019年、Microsoftが飛躍するために取り組むべきこと
WindowsやMicrosoftの最新情報を独自の視点でお届けする本連載。2019年の第1回は、筆者の鈴木淳也さんが「今後Microsoftが飛躍するために取り組むべきこと」と題してお届けする。(2019/1/3)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
激化するオンライン vs. リアル店舗のはざまでMicrosoftが生き残るためには
WindowsやMicrosoft関連の情報を日々追いかけている本連載。鈴木淳也氏がPC市場とMicrosoftの今とこれからを考える。(2018/12/28)

温泉旅館、RPA、退職予測AI――働き方改革が席巻した2018年「年間アクセスランキング」トップ10
2018年に掲載したエンタープライズの記事で最も読まれたのは? トップ10をランキングでまとめました。(2018/12/28)

Windows 10 The Latest:
次期Windows 10最新動向:セキュリティ新機能「Windows Sandbox」とは?
Windows 10の次期機能アップデート「19H1」に搭載予定の機能を紹介する。新機能として、安全にアプリの実行テストなどが行える「Windows Sandbox」が実装されるなど、19H1ではさまざまな機能拡張が予定されている。(2018/12/28)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット・TechFactory会員 共同アンケート:
PR:「Windows 10移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2018/12/28)

【PR】TechTargetジャパン・キーマンズネット・TechFactory会員 共同アンケート
「Windows 10移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様に「Amazonギフト券(3000円分)」をプレゼント。(2018/12/28)

「ThinkPad L390」「ThinkPad L390 Yoga」登場 ThinkPadのエントリーモデル
レノボのノートPC「ThinkPad」のエントリーモデルが2019年モデルに移行。クラムシェルタイプと、2in1タイプから選択できる。(2018/12/27)

Tech TIPS:
WSL上のXサーバで、Windows 10にインストールされているフォントを利用する
WSL環境でGUIのアプリを利用するためにXサーバを導入した場合、Windows 10側にインストールされているフォントを全てそのまま利用できると便利だ。これは、フォント用の設定ファイルを用意すれば簡単に実現できる。その方法を紹介する。(2018/12/27)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(126:年末特別編):
年末恒例、ゆくWindows、くるWindows[2018年版]――2019年にサポートが終了するのは?
平成最後の年末は、2018年の振り返りと2019年の展望で締めたいと思います。2017年末は筆者の別連載『うぃんどうず日記』でこのタイトル記事を書きましたが、今回はタイミング的にこちらで。(2018/12/27)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
セブン銀行のCSIRTは「商品開発部門」がカギ――マーケティングの知見を生かしたセキュリティ対策とは?
ITmedia エンタープライズのセキュリティセミナーにセブン銀行のCSIRT「7BK-CSIRT」が登場。システム部門だけではなく、商品開発部門をメンバーに加え、マーケティングの視点を持って、金融犯罪対策を進めているのだという。(2018/12/27)

次に来るのは「AIOps」?
2019年はVDI管理をもっと簡単に IT担当者に意識してほしい「3つの抱負」
企業でVDI管理を担当している管理者は、新年目標としてVDI管理戦略の見直しと「AIOps」などの技術による改善を検討しみてはどうだろうか。(2018/12/27)

PR:人気爆上げ中のRyzen 7 2700搭載コスパモデル――TSUKUMO「G-GEAR GA7A-B181/T」
Ryzen 7 2700とGeForce GTX 1060を組み合わせた高コスパ構成の鉄板モデル「G-GEAR GA7A-B181/T」。今なら「SSD倍増キャンペーン」でさらにお得!(2018/12/25)

CloseBox:
[半角/全角]キー不要に? WindowsのIME切り替えがMac方式に
Windowsの日本語入力がMac風になる。[無変換]は[英数]に、[変換]は[かな]に読み替えよう。(2018/12/26)

トレンドマイクロ、Windows 7の延長サポート終了後もエンドポイント製品を継続サポート 安全なOS移行を支援
トレンドマイクロは、Windows 7の延長サポート終了後も、エンドポイントセキュリティ製品のサポートを継続する。法人向け「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」は2024年1月まで、個人向け「ウイルスバスター クラウド」は2021年12月まで、サポート期間を延長する。(2018/12/26)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
200人が参加した“絶対に負けられない戦い” みずほFGの社内セキュリティコンテスト「MC3」の舞台裏
金融機関を狙うサイバー攻撃を後を絶たない中、日本企業の中では早くからセキュリティ対策に注力してきたみずほフィナンシャルグループ。最近では、人材育成に力を入れており、200人を超える規模のサイバーセキュリティコンテストを実施したという。(2018/12/26)

山市良のうぃんどうず日記(143:年末特別編):
2018年、Windowsの重大ニュース……それはWindows Update問題
2018年ももう終わりが近づいてきました。Windowsを使用してきたこの1年を振り返ってみると、Windows Updateに始まり、Windows Updateに振り回された年だったような気がします。2018年の最後も、Windows Updateで締めくくりたいと思います。(2018/12/25)

サードウェーブ、データを本体に残さないセキュアツールを導入した社外業務向けノートPC
サードウェーブは、社外業務に向くデータレスPCソリューションを標準で導入したノートPCを発表した。(2018/12/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Arm版Windowsがパワフルに動く「Snapdragon 8cx」で「Windows on Snapdragon」は離陸するか
12月にハワイで開催された米Qualcommの「Snapdragon Tech Summit 2018」において登場したのが、PC向けSoCの最新版「Snapdragon 8cx」だ。この情報を含め、Windows+Armのエコシステムに関する最新情報をお届けする。(2018/12/21)

Publickey:
マイクロソフト、Windows Sandbox発表 デスクトップアプリを分離した環境で安全に実行可能に
マイクロソフトがWindows 10の新機能「Windows Sandbox」を発表。デスクトップアプリケーションを通常の環境とは分離された環境で、安全に実行できる機能だ。(2018/12/21)

マウスの各ブランド担当者がオススメ構成を解説 冬ボでPCを買うならこれを選べ!
マウスコンピューターの製品ブランド「マウスコンピューター」「G-Tune」「DAIV」を担当する3人がイチオシPCをピックアップ。それぞれの特徴やこだわりを聞いた。(2018/12/21)

マウス、第9世代Core搭載のビジネス向けミニタワーPCを発売 GeForce RTXも搭載可能
マウスコンピューターは、ビジネス向けミニタワーPC「MousePro T」に第9世代Coreプロセッサ採用の上位モデルを追加した。(2018/12/20)

4KノートPCに8コア・16スレッドの第9世代最強CPUを搭載! クリエイター必見のゴージャスマシン「DAIV-NG7630H1-SH2」
マウスコンピューターがクリエイター向けに展開する「DAIV」ブランドには、第9世代最強のCPUをノートPCに搭載したモンスターマシンが存在する。その実力は?(2018/12/20)

Tech TIPS:
Windowsのコマンドプロンプトの代わりに、高機能な「Cmder」でLinuxライクに使う
CUIで作業する場合、Windows OSならば、通常はコマンドプロンプトを利用する。しかし、コマンドプロンプトは機能が非常に限定されている。もっと機能が豊富で便利な端末エミュレーターを導入して、環境を改善しよう。(2018/12/20)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(10):
Windows 10の面倒な動作検証とバージョンアップ、横河レンタ・リースはこうして切り抜けた
前回の記事でもお話しした通り、今回はいよいよ横河レンタ・リースがWindows 10の動作検証と新バージョンの配布をどのように進めているのかを紹介します。そのポイントは、動作検証も配布も「3つのグループ」に分けて行うことです。(2018/12/20)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(39):
Windows 10のキオスクモードとWDAGの導入がより簡単に、より柔軟に
前回の最後に、Windows 10 バージョン1809の「キオスクモード」について少しだけ触れました。Windows 10 バージョン1803以前と何が変わったのか紹介します。また、Windows Defender Application Guardの導入と構成が簡単になり、機能拡張が行われていることについても紹介します。(2018/12/20)

サイコム、フルカラー発光ギミックを楽しめるミドルタワーゲーミングPC「G-Master Luminous Z390RGB」
サイコムは、LED発光パーツを標準装備したゲーミングデスクトップPC「G-Master Luminous Z390RGB」を発売する。(2018/12/19)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(68):
Azure Information ProtectionとAdobe Acrobat/Readerのネイティブな統合
Azure Information Protectionの分類と保護に対応したAdobe Acrobat DC/Adobe Acrobat Reader DC向けのプラグインが一般提供され、これらのネイティブアプリケーションを使用したPDFドキュメントの分類、保護、参照が可能になりました。(2018/12/19)

PR:さすがサイコムRTX 2080もいち早く水冷化しちゃうぜ! 「G-Master Hydro Z390II」徹底検証
サイコムの「G-Master Hydro Z390II」は、NVIDIAの最新GPUであるGeForce RTXシリーズを国内で初めて水冷化した製品だ。第9世代Core+GeForce RTXのデュアル水冷による強力なゲーミング性能を明らかにしていこう。(2018/12/18)

「サービスとしてのWindows」は道半ば
Windows 10更新プログラムの不具合はなぜ発生? Windows as a Serviceの課題を指摘する声も
アナリストや開発者は、「Windows 10」更新プログラムの不具合問題で苦慮するMicrosoftについて、その品質管理プロセスや「Windows as a Service」における課題を指摘する。(2018/12/19)

他ベンダーから購入したOffice 365も対象に
必要であれば海外まで同行 Office 365の「真の力」を引き出すサービスとは
さまざまな機能を搭載したOffice 365だが「宝の持ち腐れ」になっている企業は少なくない。利活用を進めるために必要なものとは何なのか。Microsoft製品に詳しいティーケーネットサービスの取り組みについて紹介する。(2018/12/20)

Apple、TeslaでModel 3の設計に従事したアンドリュー・キム氏を引き抜き
Appleが、Teslaで「Model 3」などのデザインを担当したデザイナー、アンドリュー・キム氏を採用した。自動運転プロジェクトに参加するとみられる。(2018/12/18)

特集:EDRの理想と現実(1):
あらためて「EDR」とは? エンドポイントセキュリティ、2019年はどうなる?
本特集では、EDRが指す挙動や役割をしっかり理解し、あなたの理解していた“EDR”との差分を可視化することで、「本当のEDR」を実現するために足りなかった機能や知識をアップデートします。初回は、「Gartner Symposium/ITxpo」からエンドポイントセキュリティにフォーカスを当てた2つのセッションの内容をレポートします。(2018/12/18)

PR:有休を使わずに子供を病院へ連れて行ける――コニカミノルタジャパンが働き方改革で達成できたもの
(2018/12/18)

PR:「ほとんどの人がオフィスで仕事に集中できない」 JINSがメガネ型デバイスで可視化 見えてきた真の働き方改革は
(2018/12/18)

現場の脱アナログ作業、効率的に展開するには
「現場の脱アナログ化」支援ソリューション「Microsoft 365 F1」とは何か
これからの企業のデジタル化は、いかにオフィスの「外」を情報化するかが肝要だ。アナログなコミュニケーションや情報の分断を回避すべく、マイクロソフトが「現場のためのソリューションセット」を展開する。これで現場の何が変わるのか。(2018/12/19)

Tech TIPS:
もう悩まないWindows 10「ディスク管理」ツール起動方法
Windows 10でディスクにパーティションを作成するなどの操作を行う場合、「ディスクの管理」ツールを使う。これを起動するには複数の方法がある。それを整理する。(2018/12/17)

超小型PC「OneMix 2S」に赤い限定モデル「Koi Edition」が登場
コンバーチブル型の2in1 PC「OneMix 2S」に、限定モデル「OneMix 2S Koi Edition」が追加された。赤いボディーとニシキゴイの模様が目を引く。(2018/12/14)

サードウェーブ、筆圧感知ペン付き“お絵かきタブレット”「raytrektab」に10型モデルを追加
サードウェーブは、同社製タブレットPC「raytrektab」のラインアップに10型液晶搭載モデルを追加した。(2018/12/14)

AI技術の活用も進展
「仮想デスクトップはクラウドで」が常識に? 2018年のクライアント環境動向
クライアント環境は2018年にどのように進化したのだろうか。人工知能(AI)技術の飛躍的進歩やホスト型デスクトップの進化、新しい管理方式の登場などを振り返る。(2018/12/14)

Win 10導入における働き方改革のポイント
働き方改革に向けたシステム対応の死角はどこにあるか
働き方改革に向けたシステム整備は、考える以上にやるべきことが多い。だが、最も基本的なクライアント端末のOSを忘れてはいないだろうか。OSが大きなセキュリティリスクとなり得る。(2018/12/18)

PR:「OS標準のセキュリティ対策ソフトで十分」ってホント? 専門家に聞いてみた
(2018/12/14)

幅広いOSを使用する企業に役立つ:
Microsoft、「OpenSSH」をWindows Server 2019の追加機能として提供開始
Microsoftは「OpenSSH」クライアントと同サーバを、「Windows Server 2019」のFOD(オンデマンドの機能追加)として2018年12月11日に提供を開始した。(2018/12/13)

Tech TIPS:
WSLのコンソールを便利で高機能な「wsltty」に置き換える
WSLで利用できるデフォルトのコンソールは、コマンドプロンプトをベースにした、非常にシンプルなものにすぎない。もっと機能が豊富で便利な端末エミュレーターを導入して、環境を改善しよう。(2018/12/13)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Microsoftからのクリスマスプレゼントは欧州に舞い降りる?
日本ではまだ展開していないMicrosoftの公式ストア「Microsoft Store」だが、米国外ではどのような状況になっているのだろうか。さまざまな情報をまとめてみた。(2018/12/13)

ASUS、液晶タッチパッド“ScreenPad”を内蔵した14型ノートなど4製品を投入
ASUS JAPANは、液晶タッチパッドを装備した14型ノートPC「ASUS ZenBook Pro 14 UX450FDX」など計4製品の販売を開始する。(2018/12/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の“おせっかい機能”はマネタイズのため?
Windows 10では、従来からユーザーが意図しない形でアプリケーションが“勝手に”導入されていた。今回、新たにLINEアプリなどが加わったことで物議を醸しているようだ。(2018/12/12)

「Edgeで既存のChrome拡張機能をサポートする意向」とMicrosoftの担当者がRedditで
MicrosoftのEdge担当プロジェクトマネジャーがRedditで、ChromiumベースになるEdgeについての質問に答えた。Chromeの拡張機能をサポートする計画としている。(2018/12/11)

半径300メートルのIT:
「セキュリティソフトさえ入れれば安全でしょ」という考えが、むしろ危険な理由
新しくPCやタブレットを買う時、「○○のセキュリティソフトを入れればお得ですよ!」などと薦められるまま、何となくセキュリティソフトを買って入れた経験はありませんか? こうした“受け身のセキュリティ対策”、むしろリスクを呼ぶ可能性があるんです。(2018/12/11)

オープンソースを基盤に:
Microsoft、「Microsoft Edge」を「Chromium」ベースに――互換性を高め、Web開発者のテストを軽減
Microsoftは、PC向けの「Microsoft Edge」ブラウザの開発にオープンソースプロジェクト「Chromium」を採用する。(2018/12/11)

山市良のうぃんどうず日記(142):
Windows 10のIME、郵便番号辞書の更新はどうなっている?
平成最後の師走となりました。年賀状作成の時期でもあります。最近は年賀状を出す人が減ったようですが、年賀状の文面や宛名書きのために、この時期だけ自宅のPCとカラープリンタが大活躍、という人もいると思います。宛名書きで重要なことと言えば「郵便番号」です。Windows 10標準の「Microsoft IME」には郵便番号辞書が付属していますが、この辞書の更新はどうなっているのでしょうか?(2018/12/10)

待ったなし!組み込み機器のWindows 10 IoT移行(5):
Windows 10 IoTロックダウン機能の個別解説:Shell LauncherとKeyboard Filter
2020年10月13日にサポートが終了する「Windows Embedded Standard 7」から最新の「Windows 10」世代への移行について解説する本連載。第5回は、ロックダウン機能に用いられる各機能のうち、Shell LauncherとKeyboard Filterについて説明する。(2018/12/11)

マウス、Athlon搭載のビジネス向け省スペースPC「MousePro SA320E」
マウスコンピューターは、法人向けPC“MousePro”シリーズにAthlon搭載のコンパクトデスクトップPCを追加した。(2018/12/10)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 October 2018 Update」の再配信でMicrosoftが失ったもの
ファイル消失問題などで世間を騒がせた「Windows 10 October 2018 Update」だが、Microsoftにもたらした課題は何だろうか。Windows 10のバージョン別シェアから読み解く。(2018/12/10)

PR:Windows 10のアップデートでデータが消えた? いざというときのためにNASを使ったバックアップ手順を解説
2020年1月のWindows 7サポート終了に向けてWindows 10への移行が進んでいる中、Windows 10の大型アップデートでユーザーのデータファイルが消失するという問題が発生した。いざというときのためにNASを使ったバックアップ方法を確認しておこう。(2018/12/10)

ITはみ出しコラム:
EdgeブラウザがついにChromiumを採用へ Mozillaは「独占は危険」と警告
「Edge」が「Chromium」ベースのブラウザになる――ウワサは本当でした。Googleの「Chrome」と同じエンジンになることで、警戒を強めているのが「Firefox」のMozillaです。(2018/12/9)

VDIとDaaSの技術進化
Microsoft「Windows Virtual Desktop」が示す仮想デスクトップの未来とは
Microsoftが2018年に発表した「Windows Virtual Desktop」は、クラウド時代の仮想デスクトップとして大きな進歩を示している。(2018/12/9)

管理方法を中心に解説
Chrome、Firefox、IE、Edgeを比較 ビジネス利用の視点で見ると?
主なWebブラウザであるGoogle Chrome、Mozilla Firefox、Internet Explorer、Microsoft Edgeについて、それぞれの管理方法や機能を紹介する。(2018/12/8)

ASUS、カラバリ3色を用意したCore i5搭載15.6型ノート
ASUS JAPANは、Core i5を標準搭載した15.6型スリムノートPC「ASUS VivoBook S15 S530UA」を発売する。(2018/12/7)

インバースネット、キーボードカバー付きで税別2万9800円のAtom搭載10.1型タブレット
インバースネットは、Atom搭載10.1型タブレット「FRT210P」の販売を開始する。(2018/12/7)

Microsoft、Webブラウザ「Edge」をChromiumベースに ブランドは保持
Microsoftがデスクトップ版Webブラウザ「Edge」をオープンソースのChromiumベースにシフトすると発表した。一般ユーザーが何かする必要はない。開発者向けプレビューを2019年初頭にリリースする計画だ。(2018/12/7)

「働き方改革」で気づくべきポイント:
PR:このITツールには、従業員の業務環境を形作る力がある
日本で働いたことのあるコートニー・バリー氏が気になっているのは、日本の組織における「働き方改革」への取り組みが、目的と手段の双方で、的外れになりかねないということだ。同氏の示す処方箋とは。(2018/12/7)

モバイルとWindowsのアプリをシームレスに
仮想デスクトップが次に目指すのは「レガシーなWindowsアプリとの融合」
仮想デスクトップのユーザーが、アプリの機能を最大限に引き出せる形でそのアプリを開くことができれば理想的だ。実現のためにすべきことは何か。(2018/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。